やる夫は魔女の騎士になるようです。 #12 それぞれの動向

やる夫は魔女の騎士になるようです。【その4】(現行スレ)
------------------------------------------------------

 やる夫は魔女の騎士になるようです。 #11 魔女と商人




790 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:00:10 ID:hkT3lvhI [3/110]
                       _
                        ||国ニl .           i、_,,-ソ
                        |||,_l__ノ.         .| 十 <
                    i-、,_||             |~'~
                   〆   ~''‐、_          ||
                 ∠       ~、      ''-=、
             _      ̄~'''=‐-、_   .\.        |.| \
             ヽ~、,_      ||  ̄~'ヽ、ヽ、.     |.|  ヽ、
             /.\  ''-、,_  ( ⌒ )   \λ    |.|   λ\
 .            ∧ λ    ~ヽ三 ノ    λl .     |.|     λ \
              / λ λ      ~'-、_     | .     |.|     | λ\
            /  λ  |     、,,_   '~、,_       | |     | l ニ.\
.           |二<   |  |     ヽ ,~i'    ~~、     | |     λ. V  ヽ lヽ
         || /   λ |   λ 、,_l l_,,/l    ヽ、  | |     ノ    ∠_l λ        /
          || ./    | λ    λ _,- - 、λ    λ | |    /        λ      ./
           ||./   λ/.       l/ l l  ヽl.       ヽ| |   /         |    /
          .||/    V       ∠,,_ヽ、         | |   ~'''''--、_         |  \、
 .          |/    λ          ~''.          |λ       ~'~、_   λ ./ ヽ\
          /    /                       | |λ         '~、/./    λ \
         /   、-ーー--、                   | | |           /      |  \
        /-ー'''''~~~'      ̄~''┬┬-、,_        | |  |   _,,,、=iーi''''''~|       λ   \
   ___________| |            |-|    ̄~''~、_,,,,,、=-iー'''l''|~~| |  | l、,,ノ  |      /     λ
  λ| | | ノノ λ|ー---、,,,__.        | .|        //. |  |.|、_,,|└┘ヽ-' __、=-'''~      ~、_     λ
  . |三三| | λ__,,,,,,λ      |-|       //.  '~'  _,,,、=-''''~_,=''~          ~'-、   |
 .   |.|.|.|.|.| | .|  l  l λ乂_ .     |-|      //==‐'''''~~ ̄  |  /               ヽ、λ
   |二___| | .| ∝∝∝ 乂__にニ__,,,,,,,,,==--ー'''''/ _,,,、=‐ー'''''~~| /                    ヽl
    |.   ̄|~~|'''''|ー|--|--|---|---|-ー|''''''''|~~~|~ ̄         | |
   .|、,,,,,,,,,,_|,__|,,__|___|___|_|____,,|_,,,,,,|,,,,,、|、--|‐ 三|,,,,,,、=-ー'''''三三~| |
    )ー―-|--|-'|--|--|--|---|ー‐|-ー|'''''~|~  |三三三三三三三| |
   λ 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 | |
    ヽ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三| |
     ヽ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/ /
      ヽ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ノ ノ
         |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ノ /
 .      |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三//<

791 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:01:18 ID:hkT3lvhI


         ──────────────────────
              船は大型の帆船が川を登っていた。
             舵を取る者、帆を制御する者、櫂を漕ぐ者、
          船では多くの者が真剣な眼差しで動き回っている。
              甲板の一歩外は流れの早い川だ。
             彼らは急な流れを船が逆らって進めるよう、
         汗水垂らして、この巨大な存在を必死に制御している。
         ──────────────────────



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /i/: : : 〃: : : : :.|l l|! | | !il:  : }_ノ{ : : :  : : : : |!
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /i/ : : : 〃: : : : : |l l|! | | !i| : : }_ノ{: : : : : : : |!
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  /i/: : : 〃..: : : : : |l l|! | | !i| : : }_ノ{: : : : : : : :|
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :   __ : : : /i/_∧ 〃 : : : : : |l l∧_∧ : :}_ノ{: : : : : : : :
: : : : : : :. : : :  : :  : : : : : : : | |_~^"''¬/i/u ´Д)つ ,,_: : : : : |l.(・Д・; )_ : }_ノ{: : : : : : : :
: :  : : . : : : : : : : : : : : : : : : :| |   ~^"'' /i/,○==='" ..,,_`~^"''¬─|l/┌-- ...,,,_○}_ノ{: : : : : : : :
: : : :._;::-‐‐:‐:‐:ァ : : : : : : :  : :  : | |      /i/〃 .〉  ト、 \ `~^"''¬‐.=○|       .|=::}_ノ{ - ...,,,_: : : : :
: : :/::.:.:.:.:.:.:.:.::(: : : : : : : : : : : :| ├┬ .../i/    l__,ノ \ _)       .|l! |       .|`"}_ノ{-- ...,,,_`~^"''¬‐
: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::ヽ : : :  : 「 >ww< ̄!   .|  |/i/|`~^l"゙''≡‐┬ 二 ..,,,_.   |l! |       .|! .}_ノ{     `~^"''¬
,,,,ノ:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.::\;_;_; : :.∨  u    ∨r─- 、/i/ .|  |  |  |  |  |`~^!"¬┴┬ ...,,, L__ }_ノ{
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.:.:.} lj     O{ /^)  }/  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | `}_ノ{゛''¬─ r- ...,,,_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.: :.:.,,..-‐─=-:.:厶_し_ 人,.イ   | | . |  |  |   ∧_∧ |  |  |  |  |   |  }_ノ{   .|  |  |
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/.:.:.:.:.:γ´. : /     ヽ  |    || .|  |  l  ( ;´Д`)   .|  |  |  |  |  }_ノ{  . !  r─- 、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.::.:.ゝ :./  /     /^\.|    |─- - l...,__l  ( つ  O  |  |  |  | __ .}_ノ{   |  .|   \
:.:.:._ノ⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::. .//  ./      {    \   |       `~〈  r 、 ヽ‐- .l...,,,_|  |  l´     ̄>──┴-     \
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;: -"´〈 .|   |     /\      .|       └‐′ ヽ__,)     `~^"''¬ 、    /
:.:.:.:.:.:.:.::._;: -"´    _,.ヽ|   |      {  \___ノ                          \         U
:.:._;: -"´    _,. -"´  |   |      \                               ∨  |
:´    _,. -"´      .|   |       \                                   |  し          lj


793 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:02:13 ID:hkT3lvhI

         ──────────────────────
               他の者が必死の作業をしている中、
            船の持ち主であるナギとその騎士できる夫、
             そしてその客人である梨花とやる夫は
        それぞれ思い思いの方法で船内での生活を過ごしていた。

           梨花はナギから購入した大量の本を読み潰し、
         ナギは帳簿につけた数字を幸せそうに眺めている。
                そしてやる夫とできる夫は
         移動の間すら暇は無いとばかりに会談を続けていた。
         ──────────────────────


=======================================

         ヽ/:::/:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::i
         く::::::/::::/::::/:::::/::::::::::::::::::::ヽ::、:::ヽ::::::::|
       .   \:::/::::/:::::/|:::::::::|::::::::!::::::',::ヽ:::',::::::|
            \__l__斗:|:::::::、!__::::|::::::::|l::::∨::::::!
              |:::|/fテミ ー‐r=ミl、_」!イ::/:::l:|
              |:::l ヒ:リ     トッ:ハY::::::/|::l::::::!!
              |::::\   '__   `´ /:::::/、|::|::::::l!
              ,. -- 、:> --r_ァ'´!:::://ヽ::::::ハ
        彡三三ミY彡三三ミ\--、|::::|'/⌒ヽ::::ハ
       .\    \\    \E |丶:!/    i:::::ハ

=======================================
              _ ___
  _人_       ,. :'´: :,. -―‐-ミ:ヽ、
  `Y´     /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\    *
         /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\
        i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ!
      ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト
      `ー‐!: : :!: : : :! z=≡   ≡z.{: :.ハ    _人_
         ',: :.ハ :_Nとつ \\\ C VVリ   `Y´
         i: :弋こ \ヽ __,.   }
         |: ハ: : :}\  /   1  /    _!_
        />=くf⌒Y ` {_  _,ノイ|      !
 _!_     /:.|   ヽ ヘ,、  _「 |::!:::}

=======================================
         ____                    ____
       /      \                 /     \
      /  _ノ   ヽ_  \                 /ノ   \  \
    /   (●)  (●)  \            /(●) (●)  u \
    |      (__人__)     |           | u  __´__   U    |
     \    ` ⌒´    ,/           \_ `ー'´    _/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ         ⊂ ヽ∩ /        \
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |          '、_ \|         |
   /    / r─--⊃、  |             \ \  /  /
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

=======================================

794 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:03:18 ID:hkT3lvhI


                        、-´\,_ _,,,-"i
          _,,,,-‐----、,_     ヽvvvvvvvv|,_,,,、,_ _,,、
         /∧∧∧∧∧`'‐-‐i ,-´vvvvvvvvvvvvvv  (´,,、,
   ,,-‐,>_,, i∧∧∧∧∧∧∧∧vvvvvvvvvvvvvvvvvv  ,ノ
  、-´vvvvvv´ ∧∧∧∧川∧∧∧vvvvvvvvvvvvv☆vv  .!,
  }vvvvvvvvvv ∧∧∧∧川∧∧∧vvvvvvvvvvvvvvv    ヽ,
  }vvvvvvvvvvv      川▲                      |
  !,vvvvvvvvvvvv     川◯                      !,
   `'-、,vvvvvvvvvvv    川 川川川川                 ヽ,
    /vvvvvvvvvvvv  川川      川川川★         )
     ,ヽ     vvv川川川 川         川        /
    ,ノ,~      川vvvv   川            川      i´
    {      川vvvvvvv   川          川      .}
    ゝ 川川川川vvvvvvvvv   川.i´{,/_',-´ ̄ ̄´‐, ● !
    {,川       vvvvvvvvvvvv  i'  `´      `‐-‐´
     }      vvvvvvvvvvvvvv !
     `~`‐-、 vvvvvvvvvvvvvvvv}
         `'‐、vvvvvvvvvvv  {
           `‐-,vvvvv      {,                  ☆:梨花の家
             ヽ        」 __,,,、              ★:ニューソック領街
                  ヽ,_        `‐´  ゝ               ●:王都
                `フ   _,,,_    ヽ             ▲:商都
                ´'-‐‐´~  `'‐-、. ,コ            ◯:現在地
                         `´

                   ──────────────────────
                         船は商都に向かっている最中だ。
                    特に魔物に襲われる事もなく船は順調に歩を進め、
                     まもなく商都に辿り着くといった頃合いである。
                   ──────────────────────

795 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:04:19 ID:hkT3lvhI

          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\      ふぅ…
     /   (● )  (<) \     これで契約は全てですね。
     |       __´___    |     お疲れ様です。
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\      うむ。
/    (●)  (●) \    後は実物を確かめて、印を契約書に押すだけだな。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       ──────────────────────
  \ /___ /           商都が拠点のナギ組はともかくとして、
                       梨花組が彼女らの船に同船している理由。

                   その理由の一つはナギ達から購入する武具の検分だ。
                   ──────────────────────

797 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:05:14 ID:hkT3lvhI

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \      別に不良品なんて売りつけませんよ。
     / u (=)  (=)  \     そんなことしたら信用を失くして、
    |      __´___      |    客が寄りつかなくなるじゃないですか。
    \     `ー'´     /




         ____
         /     \
.     /  _ノ '' 'ー  \      まぁ、一応だ。一応。
    l^l^ln  (●)  (ー) \     貴様が律儀過ぎて融通が利かないことは良く知っているさ。
    ヽ   L  (__人__)    |     今回も契約以上でも以下でも無く、事を収めるだろうとは思っている。
     ゝ  ノ  ` ⌒´   /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.        ──────────────────────
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))           梨花とナギは対等な取引相手ではなく、
                                     対立するライバル同士である。

                                   従って実用に耐えない粗悪品を
                               意図的に渡されるという可能性は捨てきれない。
                            そのため、取引成立の前に商品を確かめる必要があった。
                              ──────────────────────

798 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:06:12 ID:hkT3lvhI


         ____
       /      \
      /  _ノ   ヽ_  \
    /   (●)  (●)  \     商都への用向きは別にもある。
    |      (__人__)     |     そこで貴様に一つ頼みたいことがあるのだが…
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




          ____
        /     \
      /        \      頼み、ですか?
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \      ──────────────────────
                       しかしやる夫はその事に関しては然程心配はしていない。
                     目の前の男はこういった約束事を破ることを酷く嫌うということを、
                      近衛騎士として一緒に過ごすことで実感として知っているからだ。

                         従って、商都へ向かう本筋の理由は他に存在する。
                        ──────────────────────

799 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:07:13 ID:hkT3lvhI


           ____
         /       \    ./ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /   ─   ― ヽ   |  チラッ   .|
      /    (● )  (● )'  .\____/
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ




       /:::::::::::/:::::::::: : /::::::::: /::::::::::::::|:::::::\:::::::ヽ
      /::::::: : /:::::::::: : /::::::::::::::/:::::::::::::/:|:::::::::::ハ:::::ハ
    ,.イ::::::::::./:::::::::::::::〃::::::::::::::: /:::::::::::::/::::!::::::::::::::ハ::::ハ
  _,イ-=イ::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::: /:::::::::::::/:::/}::::::::::::::::::::V:::::ト、
       /:::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::〃:::::::::::::/|: /',ィ!::::::::::::::::::::i:::: | ̄
.     /イ::/::::::::: ̄≧ミ;、::::イ::::::::::::::≠≦_ |::::::::::::::: : |: : |
      /:ィ::::::::::::/ 不示ミ=ー::::::::/ ̄Y:r尓ケ!:::::::::::i::::ハ::::|
.     /ハ!::::::::://ゝ_辷ソ/::::/ / ゞニz斗|:::::::, イ/ iハ|
         |::::: // ,,,,,, ̄ ./:.イ.  /    ̄ ,,,,,,,レ/   //
         レイ .{ハ   ./ ./           , /ハ!    ──────────────────────
           ,     ヽ;,            i::::::/            やる夫は言葉を切ると
           ヽ              ,.イ:::/      できる夫の傍らに不動で立ち尽くす男に目を向けた。
               \   ´ ̄ ̄`  ヽ/ .<:..|:/
                 \    ̄   / >´  |フ}、                    若い。
              ハ >、     ,.ィ    /: :∧    未だ齢20に届かぬやる夫よりも男はさらに2,3歳程若く見える。
             /: : :}  ー-"     /: : : :∧             しかし顔つきは精悍で、
             //: : : ハ           /: : : : : :/7    その身のこなしからは少年特有の甘えが既に消えている。
                                   若年ながらも既にそれなりの場数踏んでいるのだろう。
                                   ──────────────────────

800 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:08:13 ID:hkT3lvhI

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      そこの…
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     ええっと…
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /




            /| ,//
         |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
       \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
      ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
     /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
     フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ    はっ!
    〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ    傭兵団『ミスリル』所属!
.   / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|     宗介・サガラ重装兵であります!
    〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r
    / /|:「|「l〃   < 、       / !|
      l∧ い    ,-- 、     lイ/
         ヽ、   l7 ̄ヽ  メr==-、
         ,- 、ヽ、 ヽ- ´  冫::::/ /i                  名前:宗介・サガラ
        /:::ヽ ̄ヽ、  ̄ , イ |:::<  \                 種族:人間
        /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、          年齢:16
        /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、        性別:男
   ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ         職業:傭兵団ミスリル所属、重装歩兵

                      ──────────────────────
                      少年の名を知らないやる夫が呼びかけようと口ごもると、
                        少年はそれを察したのか敬礼と共に名乗った。

                        彼の言う重装兵とは全身を覆う全身甲冑を纏い、
                           戦場の最前線で戦う戦士のことだ。
                            全身甲冑は高価であるため、
                            傭兵においては往々にして
                          実力のあるベテランが務めることになる。
                      ──────────────────────

801 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:09:05 ID:hkT3lvhI

         ____
       /      \
      /  _ノ   ヽ_  \
    /   (●)  (●)  \     そうか…
    |      (__人__)     |     ここからの話は傭兵の耳には入れたくない。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      席を外してくれ。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |     ──────────────────────
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |         だが、実力があるとは言え少年は傭兵。
                           傭兵は金で雇われ、金で裏切る
                           私兵としては信用し難い存在だ。
                        傭兵が金で他勢力に情報を漏らすことは
                            可能性として決して低くない。

                                それを嫌ったやる夫は
                          当然の権利として少年の退出を要求した。
                      ──────────────────────

803 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:09:56 ID:hkT3lvhI


            /| ,//
         |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
       \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
      ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
     /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
     フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ    申し訳ありません、閣下!
    〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ    その要望には応えられません。
.   / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
    〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r
    / /|:「|「l〃   < 、       / !|
      l∧ い    ,-- 、     lイ/
         ヽ、   l7 ̄ヽ  メr==-、
         ,- 、ヽ、 ヽ- ´  冫::::/ /i
        /:::ヽ ̄ヽ、  ̄ , イ |:::<  \
        /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、
        /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
   ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ




            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \     え?
     / (●)  (●)    \    そ、宗介君?
     |    __´___    u.    |
      \ u. `ー'´       /
      ノ           \    ──────────────────────
                            だが、傭兵はやる夫の当然の要求を
                               一顧だにせず拒否した。

                           できる夫は驚いて傭兵に視線を送る。
                       ──────────────────────

804 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:11:20 ID:hkT3lvhI


    ー=彡,..イ::::::::,::.:<::::/:::::::/:::I!:::::::::::::`>、
      /::::::::/:::::::::::: /::::::::::/::::/::::}!::::::\:::::\
.      /:::::: /:::::::::::: /:::〃:::::/::::/::::川::::::::::::ヾー`ー
    /:::::イ:::::::::::::/:://:::::〃::::::::,':/小::::::::::ヾハ
     }::/::::/:::::::::/::::イ::::/:::::/::::::::::://Vハ:i:::i::::ヽ:ハ
    Ⅵ /:::::::::/::≧≠=x:/::::::::≠=≦ニ!:::l::::i:::}::ハ   できる夫様を何があってもお護りするのが自分の任務です。
.      八:: r7///{弋zツ./:::::/ 弋zソ,} 川::::l!::!
.       介// / ` ̄ /::/!   ` ̄  从{::/リ     護衛無しで二人切りすることは安全保障上、承諾しかねます。
       川ト }   ″ :|      レ.イV
         }::ハ      `       /:::/
       ,.-=>、  , - ― 、  メイハ:{
      イ{=-  .ト \   ̄  ./,ノ= >、
 ___|::> _.     \__ /三彡 /|ト..._
イ三三三三≧、::::: ̄::`:::ー───==テリ:: ||:::::::::>.、




         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\       宗介君!?
    /     _´_    \     失礼ですよ!
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /      ──────────────────────
                               「お前は信用できない」
                        そう言ったのに等しい言葉を傭兵は口に出した。
                              そしてやる夫は大貴族だ。
                               通常ならできる夫ですら、
                      顔を合わせて会話することはできない身分の存在である。

                       今、できる夫がやる夫と対等のように話せているのは
                        できる夫には近衛騎士の同僚としての立場があり、
                        気の知れた相手同士であるということに過ぎない。

                        そして貴族への非礼は、時に死でもって贖われる。
                       ──────────────────────

805 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:12:16 ID:hkT3lvhI

         ____
         /     \
.     /  _ノ '' 'ー  \
    l^l^ln  (●)  (ー) \      …見上げた職務意識だが、
    ヽ   L  (__人__)    |      私は出ろと"命令"したんだ。
     ゝ  ノ  ` ⌒´   /
   /   /         \      もう一度言うぞ。部屋を出ろ。
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))




          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐::::´:::::::::::::::::::::|´:::\::::\ー-ヽ
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::;}\:::ヽ
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `     申し訳ありません、閣下!
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l          自分は雇い主であるナギ様より、
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/           「年頃の娘子にするかのように護衛せよ」
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /           と命令を受けております。
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /
      _ ̄ \  /    \   丶       /l             従ってその要望を受け付けることはできません。
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |

                           ──────────────────────
                                    やる夫は警告を兼ねて、
                              「命令」ということを強調して指示を出した。
                         "王国"では貴族の命令にそれ以下は逆らうことは通常できない。

                               だが、傭兵は雇い主の命令を理由にし、
                                     頑として譲らない。

                                    傭兵は頑固というか、
                                相当に融通の利かない性格のようだ。
                           ──────────────────────

806 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:13:17 ID:hkT3lvhI


┌──────────────────────────────────────────────┐
│           //ニニニニニ \                                              ......│
│         /: :/: /: : :ハ: :}: \:\                                             ....│
│         ,': : {:_/」ー┘ー'、ノ :! : :'.                                             ..│
│      ,、_j:│「  イ  ヽ ヽl: l:N    お主はこやつの護衛をしてくれ。                      │
│       ヽ_|: l;ハ弋::ナ  弋:ナハ」´     年頃の生娘を守るくらいの勢いで頼むぞ。                 .│
│         |:((`  r、_   j゙:|      なんせこやつ、弱いにも程があるからのう。              .....│
│         |: :Y^ト、 `ー'´  イ: |                                                   .....│
│.           / :│ | >ーァ个'| :|                                                │
│          /:∠:| |   ん、l |_:|           ____                                 .│
│        /`\::「: |ー、   >「: | \         /      \                             .....│
│                           /  _ノ  ヽ、_  \    いつまでそれ言い続けるんですか…  ....│
│                          /  o゚⌒   ⌒゚o  \   そろそろ勘弁してください。          │
│                          |     __´___      |                           .│
│                          \     ` ⌒´     /                          .....│
└──────────────────────────────────────────────┘
              ◯
              O
             o
         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\      ちょ…っ!?
    /     _´_    \    それジョークですよ!
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    真に受けちゃ駄目ですって!
    \    |ェェェェ|     /
                    ──────────────────────
                  しかし、ナギは息をするかのようにできる夫をからかう女だ。
                   傭兵に指示を出した時も、戯れ混じりで指示を出している。
                   「娘を守るように」というのは冗談であることは明白である。
                    ──────────────────────

809 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:14:22 ID:hkT3lvhI

    /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:./:.:.:.:. .;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.从:ハ:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.}ハ:.:.i:.:.',
.   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:. .;':.:.:.:.:.: i::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./!:.i ._L;;_:.:i:.:.:.|:.:.|}:.:.:.|ヽ:i
.  ,':.:.:..ィ:.:.:.:.:.:.: . /:.:.:.::..:i:.:.:.:./:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:/}: /x}:.{=¨下`:j:.:. |ハ:! }:.:.|
.  /:/.,':.:./:.:.:. .:;':.:.:.: . /|:.:.:/! :/!:.:.:.:.:.:.:./=}/''" }i ̄_,,}:.:.:|:.:..|人/:.:.;'
      !::/!:.:.:.:.:.i:.:.:.:./7=j:.:/〒=+:.:.:.:.:.:/ / z==''¨ |:.:/}:.:リ ./:从i    しかし、失礼ながら
.    |/ |:.:.:.:.: |:.:.:/.  _|/_!z=-:.:..: /      ,, ,, |/ !/iノ://     模擬戦で見せて頂いたできる夫様の腕前から見るに、
      |:.: . /|:.::∧   ̄ ̄   |//,               } //      妥当な判断と思われます。
      .V从::!:./>∧ '' ''     i:::',           从{
.          |;'.   ∧       ヽ:i  _        //
             ∧        `        .v' /|ュ、
               >、      ィニ==    /У ! ヽ
             /{::::: >.    ー-    ., ' , イ /∧
             /  \   >.       /イ   /  ',




     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \     模擬戦?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /     もしかして…
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                ──────────────────────
                       できる夫との模擬戦、
                 その事に心当たりのあるやる夫は顎に手を当てる。
                ──────────────────────

811 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:15:17 ID:hkT3lvhI

       . ─―─‐ 、
      , "          \
    /           \
.    /        _/::::::\_ヽ     あ、はい…
    |            :::::::::::::: :..     例の模擬戦で僕をぼっこぼこにしたというのが彼です…
    |  u    ( ー):::::::::( ー)
.    \             ´   /
     ,\        ` ー‐‐/
    /  ` ー─         \




     ____
   /      \
  /         \
/ U  _ノ    ヽ_  \     なに子供相手に負けてるんだ貴様…
|     (一)|lil|(ー)  |     曲がりなりとも近衛騎士だろうが…
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  \ /___ /             │  お言葉ですが閣下。   >
                         \__________/


     ──────────────────────
      先日の会話で出てきた、できる夫を倒した傭兵。
           それが目の前の少年のようだ。

          近衛騎士は"王国"の最高戦力だ。
     できる夫は戦闘向きではないという言い訳はあるにしろ、
      子供に負けたという事実にやる夫は溜め息を吐いた。

         そんなやる夫の様子に傭兵が口を挟む。
     ──────────────────────

813 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:16:22 ID:hkT3lvhI


         /:.:.:.:.:.:.:..:./:.:.:.:.:/::.:..:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:ヽ:.:∧
         /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:/:.:./: /:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.∧
        〃:.:.:.:.:.:.: /_:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.;.:':.//从:.:.:.:.:.:.:.:.:..i:.:}、_\
      / イ:.:/:.:.:´ ̄¨=≧x、_:/:.:.:.:.:.://x≦イ下:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:ハ  ̄
       /ィ:.:.:.:.::.:://忙テY;:.:.:.:./≧イ忙テYテ ';.:|:.:.从ハ:.:.:.:i     自分はプロフェッショナルです。
        |:.:./:.::/V∧ゞzンィ:.:.〃  /ゝ弋zンノ .}:.i:.:.:ハリ }ハ: |     子供と見くびるのはよして頂きたい。
        | /|:./ i    ̄ //.}:       ̄  j:∧/  / ハ!
        |{ !' .ゝ.',   /   :!         i' / ィ1        例え相手が近衛騎士であろうと、
.              ,      {:.. _        rvイ/         後れを取ることはありません。
              从               /:.:/
              {}ト.    ´ ̄ ̄`   i/ ..イ://
               |ヽ     ̄   // ,'/
             / ̄リ  \     ., ィ   ハ>.
            /  {!    `ー‐ ''      {::i .∧
         ,.<     \          У.  ∧



         ____
         /     \
.     /  _ノ '' 'ー  \
    l^l^ln  (●)  (ー) \     ほう…?
    ヽ   L  (__人__)    |
     ゝ  ノ  ` ⌒´   /
   /   /         \         ──────────────────────
  /   /            \               近衛騎士にも負けない。
. /    /         -一'''''''ー-、.       その傭兵の言葉に、やる夫は驕りの色を見た。
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))   ──────────────────────

814 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:17:25 ID:hkT3lvhI

          ___
         /::::::::::::::: \
        /::::::::::::::::::::::::::::\                     ・ ・
      /::::::::::::::::::::::::::::::   \    そうか。試してみるか?少年。
     .|:::::::::::::::::::::::::::(●) .  |   本当の近衛騎士の実力を。
      \    (__人__) .  /




            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \     え?
     / (●)  (●)    \    じょ、冗談ですよね?
     |    __´___    u.    |
      \ u. `ー'´       /    落ち着きましょう? ね? ね?
      ノ           \
                     ──────────────────────
                          "王国"の最高戦力が舐められている。
                                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            そのことに気づいたやる夫は
                           傭兵に威圧をかけながら席を立つ。
                     ──────────────────────

815 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:18:26 ID:hkT3lvhI


                    /| ,//
                 |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
               \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
              ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
             /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
             フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ
            〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ   それが閣下のお望みとあらば!
             / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
            〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r
            / /|:「|「l〃   < 、       / !|
              l∧ い    ,-- 、     lイ/
                 ヽ、   l7 ̄ヽ  メr==-、
                 ,- 、ヽ、 ヽ- ´  冫::::/ /i
                /:::ヽ ̄ヽ、  ̄ , イ |:::<  \
                /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、
                /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/    ヽ、
           ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l       ヽ
          /─、   イ          r.....:::/   ><       |
        ┌┘:: イ           ::::|::::::::|ヽ、/.......          |
      ┌┘>イ        / / .::::::::>─´ ̄ ヽ 、 \      |
      / /            /....:::::::::/::....    ヽ..  ̄ヽ、     |



          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \     そ、宗介君!?
     /      u (●)  \
     |           __´_ |
      \    u   .``ー/    ──────────────────────
     ノ           \        やる夫の剣呑な雰囲気を察した傭兵は
                               瞬時に構えを取った。
                      ──────────────────────

817 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:19:26 ID:hkT3lvhI


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          !                                       l
    .キッ!  .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !
  ___∧,、 |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       ! ___
   ̄ ̄ ̄`'`  l         广''┬--v-‐.   ゛    'i-----r‐''゙]         i!  ̄ ̄ ̄
       ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,
      ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./             ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
           .\       │                l              /
             .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                      ,r‐┐/)
                     / ////>
                    / イ └'´/
                   ./  .\_.ンニニス_(\(ヽ
                  ../  .__...二つヽ、_(._'弋 \\
                  (   / o゚( > ) ( <)\`┘ ヽ\
                  .ヽ  .ヽ、 .  __´,_┌─‐' /   .ヽ、
                    \ ヽ  ノ  (`¨乙二..__/ ノ
                    . |    ` ⌒´    `ー‐- ィ'





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   /:::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::〃:::::::::::::/|: /',ィ!::::::::::::::::::::i:::: | ̄
            .     /イ::/::::::::: ̄≧ミ;、::::イ::::::::::::::≠≦_ |::::::::::::::: : |: : |
             .キッ!   /:ィ::::::::::::/ 不示ミ=ー::::::::/ ̄Y:r尓ケ!:::::::::::i::::ハ::::|
.            ___∧,、 /ハ!::::::::://ゝ_辷ソ/::::/ / ゞニz斗|:::::::, イ/ iハ| ___
           ̄ ̄ ̄`'`    |::::: // ,,,,,, ̄ ./:.イ.  /    ̄ ,,,,,,,レ/   //   ̄ ̄ ̄
                     レイ .{ハ   ./ ./           , /ハ!
                       ,     ヽ;,            i::::::/
                       ヽ              ,.イ:::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

819 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:19:51 ID:I9nefMT6 [2/9]
できる夫に吹くwwwwwwwwwwwwww

820 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:20:14 ID:xKSV3w0g [3/3]
できる夫wwwwwwwwwwww

822 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:20:23 ID:hkT3lvhI


  l.ヽ.l.l !| || .|.! .|.! .|.l.!  | ! l゛ / .l゙ ./ / ,i|′.〃  ./ ./ /    . /      / . ,, ‐     ,..-'´
、  l ゙/Λ.l ! .l.! !.! l | i|.!|  l゙,! ! 〃 ! ./  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
..l;; ..l .゙ll,.゙ll│,!|.! l ! ! .il]l゙,/l゙.l !.// ./ /    ┃/: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ       _..-''
゙'ヽヽ ゙l、゙‐ ".l !.l!│l .| .|l|.l/.ll゙ !゙/ l l゙ / ./  .┃: :/: /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : :∧: :: :: :: :: :: :: :: ::   _..-'"゛
, .゙'ム'、 .l   l.l│.l.| .,! !l |! .「 l/ ! / / / ./ .┃/: : /: : : /: :/: : : : /7: : : : : : : ィ::/ ∨: : : : : : : : : ::-'"゛
ヽ ゙ヽヽl   !!│|l゙ .| !|    |" ,! / /./ ,i′ ┃、:::/: : : /: : イ: : : : //: : : : : : : ///  .il: : : : : : : : :: ::    ,.. -''″
 ヽ   '♭  リ│l .|.!ゝ     ゙ / / /    ┃i:/: : : イ: / /: : : ://: : : : : : : ///  __ll∨: : i: :: :: :: ::_.. -''″
  .ヽ   .゙.    .ゝ.|l        ,i"/   ...┃l: : : ミ//ミ/://://: : : : : :: ::/ l/-=ニ-ll¨l: : ::l: :: :: :: ::
、.ヽ ゝ           !         / /      .┃l: : /7/=tォ≧ミ/: : : : :///彡'≠tォPjヾ l: : イ: : イ::: ::
.ヽ. "            ゙ ッ-‐、   ./ ゙       ..┃l:::/ ∧ ゞ、ツ__//7: : :///  ´__ゞ_ ツノ l: /l: :/l:: ::/         _,,..
.., .ヽ        、.l!i{   }-、,,         ┃l/   `  ̄ .///: : ://′       ¨´、. レ'/∠ l:::/  _,,, -‐''"゛
.,.\ ゙-      、シ⌒゙ト→′ ヾ,,       ┃l i // / i  /' /: /i        `ヽヽ /〃 /l::j"゛
         八 _ ハ     `l、_     ┃ト,l       /:/ ..l| l          j´,,.イ .l/    _,,,.. -ー''
       ミ/⌒.、   \   .ノノ .     ┃lト、         l/  i: l| !           l¨l/.. -ー'''''"´
'ー..   _ニ/__  .人    `ァt'/  ,    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   / .Ξ}  `<  `ヾ、__/: !  ,.イ:    _______  / ̄/____
 ..=/   .三|_  ._ト、   ,ノ: /〉´ハ.〉:゙   /           / / /''''^゙゙´
 .手   Ξト ̄  ` ̄フ: :_|ミ./:| {     /             / /レ/ / ̄/ニニニニニニ===──────
 豸     彡|、 `ー一'´: :,ノ:/       /_____   /     / /―――――――――――――――‐
 斗    彳l、`ー一 '´-':/              /  /     iY/――-
 .汁      !`liTl!爪l|/                  ,,/  /       ̄ ゙̄^'''''''''――-..........,,,,__
-彡!      〃 /  l      _____/   /''ー-..,,_                        ̄ ゙゙̄"'''''¬ー
 . 亥      /!  .! || l   .、 /             /`゙''ー ,,_  .`゙'''ー-..、
  /`ー‐卅_/ /!  | |.|..|l .ヽ .  /_______/    .`゙''ー ,,_
                          _从
                         / / _从__  ──────────────────────
                        ./,.,// //  /       先手を取ったのは傭兵であった。
                        ." /,、/'´ /      全身のバネを利用した勢いのある右の拳が、
                          ゙ //         やる夫を目がけて矢のように放たれる。

                                             たかが子供。
                                     そう侮ってきた幾多の大人を沈めて来た、
                                            彼の自慢の拳だ。
                                   ──────────────────────

824 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:21:24 ID:hkT3lvhI


                       ┌────────────────
                       │          ___
                       │         /::::::::::::::: \
                       │        /::::::::::::::::::::::::::::\
                       │      /::::::::::::::::::::::::::::::   \
                       │     .|:::::::::::::::::::::::::::(●) .  |
                       │      \    (__人__) .  /
                       └────────────────

                   , - 、 __,- 、
              , ー 、 /、 丁  ,.ノ_
            , ー、f   `l l  |_,ィ'´  ノ
           |ヽ `〈l   ド、 l  _/_            、  ,ィヽ _,,,
       , -、  / ` 、 ゝ   ! `´rゥ- '´ j      ,    / i_/ //  /
     __/ `ュ >_/    1_,/`‐'  ''"   _.../     /l  , '" _,/ // ./
        |            r' ´        l iー二-ォ '7 ///.ィ
          l      _, -‐ '´厶_         l ! /,,.ァ .i7/  /´/
         ト-‐ゥ-‐' \   ィ´  `t┼      !./( く,_l l     / i  ,..ァ
         `ゝ_| !   」   ヽ   / 1      レ  `''ー- '′  .〈  'ー'"/
         ___」   |∧    / 勺               ヽ,__,/ ,r'"`ヽ
        "      !ヽヘ  _/ ゙;`                     ‐''´ヽノ

──────────────────────
     しかし、そんな彼の渾身の一撃を
      やる夫は無造作に掴み取った。

           そして───
──────────────────────
.

825 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:21:55 ID:hkT3lvhI



.         _|      /.:.:.:.:.:.:.:.:行三三三i        .,-イ .,,,、、 ,,,,、
.         \    ,イ.:.:.:.:.:.:.:.:/ 川三三ミ,′      .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|
       <    ,ィ.:.:.:.:.:.:.::.jl/ /三三三ミ      ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""
.       /   ,ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:' ,イ三三三ミ,′     .ト'",l゙ l゙ l゙ │
          ,州.:.:.:.:.:.:.::.j/ ,'三三三三,'        l゙ ,l゙ .l゙‐'"
  _____ィ彡.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.' /三三三三{        .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
/  {ノミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;' /三三三三,イ.           {-!ト''゙l゙,i´
\\  {ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/_/三三三三ミ;′             ,レ"
.  \\  弋彡"´⌒ヾ三三三三三ミ」              l"
    \\」ム⌒ヽ、.  \三三厶元ミ!              て_
     `ー―ヽ. \   ∨三|ヒ:∴| ==≡≡==―     そ
           丶、 \_」三入ミミリ 三三三二二=――    (
             `ー―"ー=''"





────────────────────────────────┐
:::::::::::::/..:..:.彡ヒ7 フ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..                      ..│
::::::::::/!..:..i / Y/../==¨ ̄下三ミメ}iii{_ > .                          .│
:::::::/:::|..:..| ヽ /イ      {i! γ=≠≦_..:..:..:..:.                   ...│
::::/::::::|7::j  ij     彡ィ 人 ( ・c)Ⅶ_.<..:..:..:..       な…っ!?     │
::;':::::::::|..:{  /       i./  ヾ="x..:..:_,..:..:..:..:..:..:..:..:
: :::::::::;'..:.77      u       >,.ィ..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..           / ̄ ̄ ̄ / [][] /'''7'''7    / ̄/ ./''7
::::::::::;'.. //        u     /.:..:..:..:..:_;..:ニ=≠ :..:. : :..         ./ ./ ̄/ /    / / /._    ̄  / /
: : :::;',イ /  u    _     〃  ̄ ̄下ミ ,≧´..:..:._.-=ニ::癶     'ー' _/ /   _ノ /i  i/ ./   ___ノ /
:: :::;'  ,'              ....::::: / /≧テメ≦≧x彡ニ ヲ::      /___ノ   /__,/ ゝ、__/   /____,./
:::::从 ,'     ..:_ -―、   .:}   /:: / .爪 ( ・c) く ̄ ヾУ:..:..:.
::∧ }!     <_ーミメ \   ,,ィ<_ノ    ヾ;、ー''  }》 ./..:..:..:..:./..:..        │
:::::::} :||       ヽ .\\\   ̄       __ミ=="/..:..:..:..:..:;..'..:..:..:./      .│
:::::::| :||       ヽ \ \\\       u 彡ハ /..:_..:..:..:..:,.:'..:..:..:..:/}::.:.::.     │
:::::::|:从        \ \ \У ノ   u    -=≦イ /..:..:.,ィ..:..:..:..:〃 リ..:..:.   ....│
:::: //.∧          ,ヽィ'         , .<イ .ィ..:..://..:..:../  ,'..:..:..    .│
::://./ .ゝ            u    _,.<_ェ.イ/../ ,'..:../   /..:./   .....│
────────────────────────────────┘

826 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:22:43 ID:hkT3lvhI


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,
       /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、
       l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `  がっ!?
       |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ
    _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l              ,,,,、                 ,,,,,、
    !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/ u.        u.   _.ン/              ,! .,i´:iー匸l  ┬-、        /` ,l゙
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━│.l_ ゙‐'゚″  .|,,,ノ  .,,,ο    | ,i´
            |,r':::::::::::::::::::::::::::l                      ,l゙ /i、`,!      _,,-'彡'"`    .|丿
       |\   |:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                    / / `"   ,―''''゙ン'"`      _レ゙
     _|       .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::l                    l゙丿     `'-‐"           ,i´丿
     \      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l                   ``                 `"`
     ∠      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l             _,,,,,,
     /_    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         _,,-''"  _,,'-''""'"''- ,,_
      ̄ /    .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     _,,-''"  _,,-''"::::::::::::::::::::::::::::"ー- ,,_:
       //   .|i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _,,-''" _,,-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"''ー-,,_
            |ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _,,-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ''ー-
            |  `、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-''"""''ー - ,,_-_::::::::::::::::::::::
            |  ヽ:::::::::::::::::::"''ー- ,,_:::::_____::::::::::::::::::: _,,-''"     "''ー- ,,"''ー- ,,::::::::::::::
            |    ''-,, :::::::::::::::::::::::/ :::::::::ヽ   _,,-''"            "''ー- ,,_"''ー-
            |      "''ー- ,,___:::: :::::::::::::)_,,-''"                   "''ー-
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

──────────────────────
やる夫は傭兵の手を掴んだまま足を引っ掛ける。
 すると傭兵の身体はやる夫の手を支点にして
         綺麗な弧を描いた。

         そして傭兵の身体は
   勢いはそのままで壁に叩きつけられる。
   部屋を揺るがす大きな音が辺りに響いた。
──────────────────────

828 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:23:44 ID:hkT3lvhI


         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\      そ、宗介君!
    /     _´_    \
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /







     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/ u.        u.   _.ン/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ .,::;;;#.      ´_. /    |   げほっ!   .|
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \   u.  '" 二 /    .\______/
      _ ̄ \  /    \   丶      ;;# /l
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉      |   げほっ!   .|
  /      /  \ \           l | /        \______/

                       ──────────────────────
                           受身の取れぬまま背中を強打したため、
                             肺の中の空気を全て吐き出し、
                               傭兵は激しく咳き込んだ。
                       ──────────────────────

830 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:24:25 ID:hkT3lvhI



                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                              │   さて。     >
                               \______/
 | ,r'::::::::::::::::::::ヽ                                            l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
 |,r':::::::::::::::::::::::::::l                                         ノ,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,,_
 |:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                                           .i;;;;;;''ーー-‐ー,,__;;;;;;;;;;;;\
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::l                                           {;;;;;;;;;;;;;;;;;〈;;|   ~"''-''~
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l                                           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:i;;|
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l             _,,,,,,                          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;|
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         _,,-''"  _,,'-''""'"''- ,,_                     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     _,,-''"  _,,-''"::::::::::::::::::::::::::::"ー- ,,_:               |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|
 |i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _,,-''" _,,-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"''ー-,,_               |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|
 |ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _,,-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ''ー- ,,_    _  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;|
 |  `、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-''"""''ー - ,,_-_:::::::::::::::::::::::::::"'' /::::::ヽ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;|
 |  ヽ:::::::::::::::::::"''ー- ,,_:::::_____::::::::::::::::::: _,,-''"     "''ー- ,,"''ー- ,,::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/  レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;j;;;;;;;;;;;ヽ ) ) )
 |    ''-,, :::::::::::::::::::::::/ :::::::::ヽ   _,,-''"            "''ー- ,,_"''ー- ,,_:::::/:::::::::::/ _,,-';;;;;;;;;;;;;;;;;j;;;;;;;;;, ,r'
 |      "''ー- ,,___:::: :::::::::::::)_,,-''"                   "''ー- ,,/::ゝ::::::::/ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」;;;;;;;;;ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

831 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:25:35 ID:hkT3lvhI


         ____
         /     \
.     /  _ノ '' 'ー  \
    l^l^ln  (●)  (ー) \      貴様の仕事は雇い主の取引相手に喧嘩を売ることか?
    ヽ   L  (__人__)    |
     ゝ  ノ  ` ⌒´   /      それともできる夫だけを見て、近衛騎士も大したことはないと思ったか?
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))





.      /:::::: /:::::::::::: /:::〃:::::/::::/::::川::::::::::::ヾー`ー
    /:::::イ:::::::::::::/:://:::::〃::::::::,':/小::::::::::ヾハ
     }::/::::/:::::::::/::::イ::::/:::::/::::::::::://Vハ:i:::i::::ヽ:ハ
    Ⅵ /:::::::::/::≧≠=x:/::::::::≠=≦ニ!:::l::::i:::}::ハ   ひ、否定であります…
.      八:: r7///{弋zツ./:::::/ 弋zソ,} 川::::l!::!
.       介// / ` ̄ /::/!   ` ̄  从{::/リ
       川ト }   ″ :|    ;;# レ.イV
         }::ハ .,::;;;#.  `       /:::/         ──────────────────────
       ,.-=>、  , - ― 、  メイハ:{                やる夫と自分の実力の差。
      イ{=-  .ト \   ̄  ./,ノ= >、            それを傭兵は己れの痛みで実感した。
 ___|::> _.     \__ /三彡 /|ト..._            今、やる夫が剣を持っていれば
イ三三三三≧、::::: ̄::`:::ー───==テリ:: ||:::::::::>.、      一瞬意識を飛ばした傭兵は既に死んでいる。

                                           やる夫の指摘に
                                       傭兵は視線を落として応えた。
                                 ──────────────────────

833 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:26:31 ID:hkT3lvhI

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      頭は冷えたな?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     理解したら次はどうする?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /











::.:\!>、 .V/ }::!            _...:.ノ
::.::.::.iヘ   }!                  /
:.:.ト、:! `ー.ヘ             _ _ ノ
:.::}:ハ|   .∧           ´  ̄ }
::.:}ハ!    .∧                i   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
从        > ..             !   |   ギリッ…    |
ト ._    ',      >  ._     |   .\______/
   .> ._ ',       Y─── ''¨
       >.       j
          \   ./       ──────────────────────
           \_ /、            だが、理解と悔しさは別の話だ。

                               彼の自慢の拳が、
                       文字通り児戯のように軽く流されたという事実に
                               傭兵は唇を噛む。
                     ──────────────────────

834 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:27:16 ID:hkT3lvhI


      /::::::: : /:::::::::: : /::::::::::::::/:::::::::::::/:|:::::::::::ハ:::::ハ
    ,.イ::::::::::./:::::::::::::::〃::::::::::::::: /:::::::::::::/::::!::::::::::::::ハ::::ハ
  _,イ-=イ::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::: /:::::::::::::/:::/}::::::::::::::::::::V:::::ト、
       /:::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::〃:::::::::::::/|: /',ィ!::::::::::::::::::::i:::: | ̄
.     /イ::/::::::::: ̄≧ミ;、::::イ::::::::::::::≠≦_ |::::::::::::::: : |: : |       申し訳ありませんでした、閣下…
      /:ィ::::::::::::/ 不示ミ=ー::::::::/ ̄Y:r尓ケ!:::::::::::i::::ハ::::|       自分の理解が不足していました。
.     /ハ!::::::::://ゝ_辷ソ/::::/ / ゞニz斗|:::::::, イ/ iハ|
         |::::: // ,,,,,, ̄ ./:.イ.  /    ̄ ,,,,,,,レ/   //
         レイ .{ハ   ./ ./           , /ハ!
           ,     ヽ;,     .,::;;;#. i::::::/
           ヽ.:,:;':           ,.イ:::/
               \   ´ ̄ ̄`  ヽ/ .<:..|:/
                 \    ̄   / >´  |フ}、
              ハ >、     ,.ィ    /: :∧
             /: : :}  ー-"     /: : : :∧
             //: : : ハ           /: : : : : :/7




          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \     よし。次からは気をつけるように。
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/     だが、見上げた忠誠心と度胸だ。
      ノ          \     傭兵稼業に飽きたらニューソックに来い。
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ    剣と飯は与えてやる。
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

835 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:28:17 ID:hkT3lvhI


       /´ /  /    ./      /        ハ     \ ̄
          /  /    ./   /    /    /  ,仏ム    ト-\
         ;  ′  / ∠ファ'zxイ_   厶ィ/斗<i  ト、 |
         l ;|   /  /,不乃Y¨´ /^゛/ヘ必ソノ| ハレヘ|      ………っ!
         レ1小 / |  /へゞ=' 1 , /     ̄ 小lイ' ハ
          亅 | ;ト、!'レ′ハヽ  jイ / |        !イ
           /Ⅵ弌ーヘ  ゛゙  j/   !       ハ!
       __//〉 〉 〉 ヽ ヽ         ` _,   メ∧
      /´ / ./←←'<./ i\   ヽニ二ニノ    イ 丶
    /     /    /    ', \   ー一   / /   ∧
   /  ;    ′   /     ∧   丶     / /  厶__\
__/   |   i  ∠ニヽ   ノ }    `¨´ /   / ⊆) ̄\




            /| ,//
         |ヽ、/:::::::::   ̄ ̄フ 、_
       \-ゝ /::::::::::^~|::::::::::::::::<、
      ∠ ̄::/       7::::::::::::::::<
     /::/:::::::::::::::::::::::::::::/,      ヽ、
     フ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽD_:::::::......::ヽ    光栄であります閣下!
    〃/::::::::::::::::::/l〃::::/|斗< |::,、::::::::::::ミ
.   / /::::::::::::::-テ=t| /  (:;::)/l/ヽへ、::|
    〃|::::::::::/、(::ツ レl    〃  ||> } |r
    / /|:「|「l〃   < 、       / !|
      l∧ い    ,-- 、     lイ/              ──────────────────────
         ヽ、   l7 ̄ヽ  メr==-、             やる夫の言葉に、傭兵の顔はにわかに喜色に溢れた。
         ,- 、ヽ、 ヽ- ´  冫::::/ /i             圧倒的強者である近衛騎士に認められることで、
        /:::ヽ ̄ヽ、  ̄ , イ |:::<  \                  彼の自信が再構築される。
        /:::::/:::::::::::|`─ ´/ ソ:::::::ヽ /────、
        /:::::::ヽ::::, へ──<^\_∨ ̄ ̄/          さらに自軍に加えても良いというやる夫の言葉。
   ,──//_ ̄イ     /__  ヽ ヽ 、 l        高い練度と高待遇で知られるニューソック軍に誘われることは
                                       それだけで戦士にとって名誉なことだ。
                                           傭兵としても"箔"がつく。
                                    ──────────────────────

836 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:29:27 ID:hkT3lvhI


         ___
       /     \
      /   \ , , /\      よし。
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |     宗介・サガラ退出せよ。
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |




::.::.::.::..;'::.::.::.::.::./::.:/:::.::.::.::.:/::.:/}:://::.::.::.:: ト、::.::.'., ヽ
::.::.::.: ;'::.::.::.::. /::.:/::.::.::/:::/::.:/_ノイ}::.::.::.:: |ハ、::.ハ
::.::.::::.i::.::::.::/::.:;'::.::.::./::7 ̄≧ミメ._}::.::.::/リ::.:', \:',
::.::./!::.::./:/::. ;'::.::.::/: /!:.:ィチ:じ! } テ-:/Y人::.i   \    はっ!
::./ ,'::. ∧{::.::.i::.::.:;イ / j:/ ゞtjソ/ 从∧.リ .ハ!
/. )!:.:/八!::.从::.::/|/      ̄`// /\
}、 ( |/ヽ i!::.::ハ::.:!   〃〃〃       `ー,
::.:\!>、 .V/ }::!            _...:.ノ
::.::.::.iヘ   }!                  /
:.:.ト、:! `ー.ヘ             _ _ ノ
:.::}:ハ|   .∧           ´  ̄ }
::.:}ハ!    .∧                i
从        > ..             !      ──────────────────────
ト ._    ',      >  ._     |             やる夫の三度目の指示に
   .> ._ ',       Y─── ''¨         傭兵は最敬礼で応えると足を扉へ向けた。
       >.       j             ──────────────────────

837 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:30:08 ID:hkT3lvhI
                      ____
                    /     \
                   / _,ノ  ⌒ \
            .     /   (一)  (ー)   \
            .      |        ´    ij  |
                 \     ⊂つ     /       ____
                 /           \      /     \
                                   ‐   ─     \
                                  (  ( ●)     \
                                  (人__)         |
                                  `⌒´         /
                                   `l          \
                                    l           \





               ヽ 「      /___  _
               i 廴....、  _/ 、 ゛ ┐|
              r''リ-、 `'、 '''´   、 ナ |
              ヽ|?・ `'ン' ,,....-=" -∥
               ヽ┘ / `''''´ヽ、 ! -,,. !i
               ヽ.ィヽヽ lノ `/ 八  |
                 ヘ\_|   i   lソ
                  ヘ     ゝニ,'′
                   ヘ'    !
                    ヘ    i
                     ゝ、,, -
                     / ̄‐ -l
 ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       _ムユ 、  〕
 |   ガチャッ    |      ..く- ∟..l/
 .\______/

      ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |   バタン   |
      .\_____/

838 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:31:05 ID:hkT3lvhI


       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \      すみません…
   /  (●)  (●)  ヽ
   |         '       |     正直助かりました。
   ヽ、    ‐‐-‐    /      どうも甘く見られていたようで…
    /             \




       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \     まったく。
  /(●)三(●))   .\    近衛騎士が負ければ舐められるのは当然だ。
  |   (__人__)      |    剣を鍛えろとは今更言わんが、もっと上手くやれ。
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \    貴様が舐められることは、近衛騎士団が舐められるのと同じことだぞ。

              ──────────────────────
                   "近衛騎士"は"王国"の最高戦力だ。
               故に「近衛騎士は弱い」そんな噂が立ってしまえば、
                王国の治安や国防に無視できない影響が生じる。

               なぜならば近衛騎士の弱体化しているということは
                 王軍自体が弱体化していると見なすことができ、
                  結果として王国を侮る者が増えるためだ。
                そしてそれが盗賊の跋扈による治安の悪化や
                    貴族の反乱に繋がることになる。
              ──────────────────────

839 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:32:04 ID:hkT3lvhI

         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\       でも、彼を引き抜くのは勘弁してくださいよ。
.  / /)(ー) (ー)u\     信用できる傭兵を探すのに相当お金をかけてるんですから。
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ




         ____
       /      \
      /  _ノ   ヽ_  \       金が切れれば去るのが傭兵だ。
    /   (●)  (●)  \      せいぜい金を切らさないようにするんだな。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

840 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:32:25 ID:hkT3lvhI









              γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
             <    さて    )
              ヽ、_____ノ







.

842 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:33:07 ID:hkT3lvhI

         ____
       /      \
      /  _ノ   ヽ_  \
    /   (●)  (●)  \     本題に入るか。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`      ああ、頼み事でしたっけ?
    /   ( ●)  (●) \
    |      ___´___    |      ミクリヤ商会は大抵の物は仕入れられますよ。
    ヽ、    `ー '´   /
                  ──────────────────────
                            傭兵を追い出すと、
                       やる夫はようやく本筋を切り出した。

                       やる夫は服についた埃を払うと、
                          席について両手を組む。
                  ──────────────────────

843 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:34:16 ID:hkT3lvhI


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      … "ドワーフ族"との接点が欲しい。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     それもできるだけ上位の個体とのだ。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /     可能か?





       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\     …へぇ?
   i   ::::::*  __´___ *  .i
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \   ──────────────────────
                           やる夫の「頼み事」に
                          できる夫の口元が緩む。
                  ──────────────────────

845 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:35:10 ID:hkT3lvhI









     ____                                      r‐┐
   /      \             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         /\   |  |
  /   _ノ ヽ、_.\           │  なるほど   >       \  \ |_|
/    (●)  (●) \          \_____/       <\ \/
|       (__人__)    |                            \>
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.\ “  /__|  |                │  なるほど   >
  \ /___ /                 \_____/

846 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:35:57 ID:hkT3lvhI

              ____ _
            /          \
          /              \
         /    _            丶
         l    ノ }    ⌒\   /⌒ l     可能ですよ?
         |   / .ハ ::;;(  ●)  ( ●)|
        .l   // .ム-,..,. ´"''"  , "''"´ l     確かに僕等には彼らとのコネがあるし、
         \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /     実際、君に売る武具の多くはドワーフ製の物です。
          |フ入     l       /
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }     ──────────────────────
     / ,..........    ',       l}_|./   j           できる夫は笑顔でそう応えた。
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /      ──────────────────────

847 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:37:47 ID:I9nefMT6 [4/9]
頭の回転はいいな。
天才とはいわないまでも、自分の得意分野ではそれに近い能力を持つのか

848 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:38:40 ID:hkT3lvhI


          /       /ミト。、          ㎞圭小           /三ミト、    ヽ
.         /       /三三三ミト。.      Ⅷi圭i小     __,.ノ三三三ト、     、
        /       /三三三三三込    Ⅶ圭圭i〉  ,.ィ三三三三三云    ∧
.       /      /三三三三三三三ト。,.___乂圭圭スク三三三三三三三〈     ',            ,. --‐- 、.
.       ,      ./三三三三三三三三三三Ⅶi圭i圭iⅦi三三三三三三三i      i           ,. ' ´       ` 、
      i     ,'三三三三三三三三三三ニⅦi圭i圭iⅦ三三三三三三三込,_   |      /   ,. -- 、,. -. 、.   ヽ
        i       .i三三三三三三三三三三三iⅦi圭i圭iⅦ三三三三三三三三l   i       /   /: : : : : : : : : : : ヽ
        |       i三三三三三三三三三三三ニⅦi圭i圭iⅦ三三三三三三三ニi!  i   ,'´ミ:.i  , ': : : : : : i: : : : : : : : : :.
       i      i三三三三三三三三三三三ニiⅦi圭i圭iⅦi三三三三三三ア゙   , __/`ミト:! i: : : :./:.:.:人: :i :、: :i: :i:.:.:i
.        i     i三三三三三三三三三三三三Ⅶi圭i圭iⅦア''´ ̄      ̄` < ,′: :.ミト/ミヽ!: i: :/:イ:/  Vト: ト、i:リ: :.i
.      i.       Ⅶ三三三三三三三三三三三iⅦi圭i圭i}'´              `r、: : : _: i: ミ: :ヽⅥ了≧   ≦了 レ/7:
       V      V三三三三三三三三三三'⌒'''守圭坏!               i: :ミニi: : ̄: :ーi :.:. 弋ソ   弋ソ : :i/マ
.        .       寸三三三三三三三三iア     ヽ圭i圭!              j: : j: : ミ: ー==i: :八    '     ,:i: i: :
         、     `寸三三三三三三三/     Ⅵiif圦             ゝ-'i: : ;.___:人: ヽ:.>... ` ´ ィ: :.i:/: :.
          ヽ         寸三三三三三三'       Ⅵiif圦                  弋,'      ヽ人:/ ` ´ ヽ: : ';: -
           \         `'寸三三三iⅣ        Ⅵiif圦               |         / / \__/ i` i
            \         `''寸三iⅣ         Ⅵiif圦      , - ..   /ヽ        / /     弋..i
             \         `'''寸!           Ⅵiif圦.       /:.:.:.:.:.:`ヽィ ヽ  V      / /\     / V.i
                   丶        i.             Ⅵ圭圦_,.. /ミ:.:.:.:./ /、 ヽ,.斗'ー-‐'´ ! i!   ヽ__, ' .  i i!
                   `  .    i          |圭iアヽヘミ:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:弋込i!.         i ゝ..__天__..ノ /ゝ
                          ` ー         人圭!--、〉: :ヽ:.:.:.:.:.:.:.:i>、i:.:.:i         i: i: i: i: i: i: i: i: i: ;'
                                  ,.イ/ ァェマニ入__ハ:.:.:.:.:.:.j:.:.:./:.:.:i     /´`ヽ: i: i: i: i: i: i: i: :i   ,
  ──────────────────────     /∠i i i:.:.:/  ̄  ̄     /ァッ / ゝ‐‐=ニ二三弋 <
                                ヒ ト        ノY.ノ _,ツア             ,. 弋 ー'./ ミ三三三彡乂 ト.、
ドワーフ族は土と鉱石を好み、山で暮らす"知恵ある種族"だ。
        手足が短く、ずんぐりとした体型で、
   身の丈は1.4ミルトを越える個体が稀なくらいに低い。
     手足が短いせいで素早く動くことは難しいが、
 小さい身体で大斧や大剣を振り回す、高い筋力を持っている。

そして特にドワーフ族は手先が器用であることが知られている。
    彼らの作る武具や魔道具は非常に優れており、
  彼らの職人としての腕を欲しがる者は後を断たない。

そのような背景もあり現在では彼らの住む山の近くにある商都で、
  人間族とドワーフ族の商取引がさかんに行われている。
       人間族とは特に友好的な種族だ。
  ──────────────────────

849 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:40:35 ID:hkT3lvhI

         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \      「ニューソックは貴族の協力得られず、孤立化している」
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |    噂は本当のようですね。
   \      `ー'´    /     ドワーフ族にまで手を伸ばそうというくらいですから。
    ノ           \     確かに、人間は魔女を恐れてもドワーフ族は───

                                     / ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    .│  それで   >
                                     \____/




        . _
    ,. '     ` 、
   /        ヽ
  ./       、_ノ,゙l     紹介するのか?
  /   \___,  ヽ.ノ     しないのか?
  |     (●)  l、ノ .|,r、_
  ゝ、_     (__ノ〈 〈  `〉
   / ̄ `ヽ. ゝ彳 / ヽ.メ    ──────────────────────
   ヤ    '゙ヽ. ,.ィ'  ./      目の前の己れよりも遥かに実力も地位もある男でも、
                    自分に弱みを見せる必要があるほど切羽詰まっている。
                     その事を察したできる夫は嬉しそうに舌を転がした。

                        いつまでも喋り続けそうなできる夫を
                         やる夫は威圧をかけて黙らせる。
                    ──────────────────────

850 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:41:26 ID:hkT3lvhI


          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \     おっとっと!
     /      u (●)  \    そう怖い顔しないでくださいよ。
     |           __´_ |
      \    u   .``ー/    しますします。
     ノ           \




           ____
          /     \
   .     / _,ノ  ⌒ \      いやぁ。
       l^l^ln  (●)  (●) \     焦ってますね、やる夫君。
       ヽ   L   、 `       |
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \
     /   /             \       ──────────────────────
   . /    /         -一'''''''ー-、.          やる夫の威圧に怯えたできる夫は
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))            慌ててやる夫に謝罪した。

                                    そして少し困ったように頭を掻く。
                              ──────────────────────

851 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:43:03 ID:hkT3lvhI


     ____
   /      \
  /         \      …そう見えるか?
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \       イライラしてますね。
     /   (●)  (●)  \     宗介君の件も、いつもの君ならもっと上手く片付けるでしょう?
     |      __´ _     |
     \        ̄    /      まぁ、いつもと比べると、随分と人間らしくて好ましいですけどね。
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /    ──────────────────────
                         自分の苛立ちに自覚していなかったのであろう。
                           できる夫の指摘にやる夫を頭を抱えた。

                           できる夫はそんなやる夫の様子に、
                        さも珍しい物を見たと言うような表情を浮かべる。
                       ──────────────────────

852 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:43:48 ID:hkT3lvhI
     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |     貴様も、か…
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




     _____     ━┓
   / ―   \    ┏┛
 /ノ  ( ●)   \  ・      も?
.| ( ●)  ,      |
.|           /
.|      '~   /
 \_    ⊂ヽ∩\
   /´     (,_ \.\
    |  /     \_ノ

853 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:45:00 ID:hkT3lvhI

         ____
         /     \
.     /  _ノ '' 'ー  \
    l^l^ln  (●)  (ー) \     3交差月前のことだが、やらない夫にも言われたよ。
    ヽ   L  (__人__)    |     「人間らしくなった」とな。
     ゝ  ノ  ` ⌒´   /
   /   /         \
  /   /            \                 / ̄ ̄ ̄ ̄\
. /    /         -一'''''''ー-、.              .│  へぇ。   >
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))             \____/





          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\      3交差月前ですか…
     /   (● )  (<) \    ということは…、原因は梨花様ですか?
     |       __´___    |
    \       `ー'´   /     もしかしたら惚れちゃいました?
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)  ──────────────────────
                             できる夫は興味を隠さないまま、
                            揶揄を込めて理由の見当をつける。
                        ──────────────────────

854 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:45:32 ID:hkT3lvhI


          ____
         /\  / .\
        /(○) (○.) \     馬鹿を言え!
      /   (__人__)    \    不敬にも程がある!!
      |      |::::::|      |
    ! |!l\    l;;;;;;l     ,/
     i| /    ー´    \
     i/ l!           \
    そ|彡∪           , --、  )
   ∑ !彡,l <        (   _/
    レY^V^ヽl.        ̄




        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \       残念。外れてしまいましたか?
     /   (●)  (●)  \
     |      __´ _     |     女の子にまるで興味を示さない君に、
     \        ̄    /      ようやく春が来たと思ったんですけどねぇ。
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /
                      ──────────────────────
                               できる夫の揶揄に
                          やる夫は机を叩いて即座に否定した。

                            できる夫は残念そうに首を振る。
                      ──────────────────────

855 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:46:23 ID:hkT3lvhI


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \    まったく。
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |   で? ドワーフ族の件は?
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \




         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`      まぁ、武具を見せる時に会わせざるを得ないので、
    /   ( ●)  (●) \      その時にでも紹介しますよ。
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /
                  ──────────────────────
                         やる夫の不機嫌そうな声色に
                    できる夫は紹介を快諾することによって応えた。
                  ──────────────────────

856 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:47:28 ID:hkT3lvhI


          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,    それに対する報酬は…
          ( ●)   `―    ..i    そうですね。
        i.      ( ●)    |    他の勢力の情報で手をうちましょう。
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/




         ____
       /    \
.    /   ノ '  ヽ\     実は、商人間の繋がりはあるので
.  / /)(ー) (ー) \   大体は把握できてるのですが
  | / .イ    '       |
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /   貴族のコネがあまり無いので、そこら辺を補完したいんですよ。
.   | ≧シ'        \   その代わりこちらも話すので、情報交換と行きましょう。
 /\ ヽ          ヽ

                 ──────────────────────
                    だが、タダでは物を売らないのが商人だ
                  できる夫は騎士だが、性根は商人そのものである。
                        対価を求めるのは当然だ。

                     そしてできる夫は対価に情報を求めた。
                 ──────────────────────

857 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:48:35 ID:hkT3lvhI











    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |     ふむ…
 \  ∩(__人/777/     それはこちらとしてもありがたいな。
 /  (丶_//// \

858 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:49:23 ID:hkT3lvhI










              γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
             <  では、まずはみゆき派の動きからいこう。    )
              ヽ、___________________ノ









.

859 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:50:20 ID:hkT3lvhI

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

                        、-´\,_ _,,,-"i
          _,,,,-‐----、,_     ヽvvvvvvvv|,_,,,、,_ _,,、
         /∧∧∧∧∧`'‐-‐i ,-´vvvvvvvvvvvvvv  (´,,、,
   ,,-‐,>_,, i∧∧∧∧∧∧∧∧vvvvvvvvvvvvvvvvvv  ,ノ
  、-´vvvvvv´ ∧∧∧∧川∧∧∧vvvvvvvvvvvvv☆vv  .!,
  }vvvvvvvvvv ∧∧∧∧川∧∧∧vvvvvvvvvvvvvvv    ヽ,
  }vvvvvvvvvvv      川▲                      |
  !,vvvvvvvvvvvv     川川                      !,
   `'-、,vvvvvvvvvvv    川川川川川川                 ヽ,
    /vvvvvvvvvvvv  川川      川川川★         )
     ,ヽ     vvv川川川:;::川         川        /
    ,ノ,~      川vvvv◯;:;:;:;川            川      i´
    {      川vvvvvvv;:;;:;:;:;:川          川      .}
    ゝ 川川川川vvvvvvvvv;:;;:;:川.i´{,/_',-´ ̄ ̄´‐, ● !
    {,川       vvvvvvvvvvvv  i'  `´      `‐-‐´
     }      vvvvvvvvvvvvvv !
     `~`‐-、 vvvvvvvvvvvvvvvv}
         `'‐、vvvvvvvvvvv  {
           `‐-,vvvvv      {,                  ☆:梨花の家
             ヽ        」 __,,,、              ★:ニューソック領街
                  ヽ,_        `‐´  ゝ               ●:王都
                `フ   _,,,_    ヽ             ▲:商都
                ´'-‐‐´~  `'‐-、. ,コ            ◯:タカラ領
                         `´             :;:;:;:みゆき派勢力地域

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 │   みゆき様が貴族であるというのが強いのだろうな。         .|
<    大貴族こそ味方にはつけていないが、               ......|
 │   中小貴族を取り込んで順調に拡大傾向にある。            |
 │                                           .|
 │   大陸南西"赤の森"のすぐ傍にあるタカラ領を中心として、    ....|
 │   "赤の森"と川に挟まれた地域は既にみゆき派の勢力地域だ。  |
  ヽ、___________________________.ノ

860 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:51:19 ID:hkT3lvhI


一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 │   みゆき様は穏やかそうな外見と裏腹に、結構なやり手だな。 .....|
<    貴族の欲を上手いことついて仲間に引き入れている。     ....|
 │   でっていうの宣伝工作もあってか、民衆のウケも良いようだ。  |
 │   気の早い者は王位の第一候補だなんて謳っているそうだ。    .|
 │                                         ..|
 │   …表向きはな。                              .|
  ヽ、__________________________.ノ

862 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:52:20 ID:hkT3lvhI


          ____
        /     \
      /        \      裏があると?
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \      ああ、やることなすことが上手く行きすぎている。
|       (__人__)    |     みゆき様は唯一の貴族としての教育を受けていた候補者とは言え、
/     ∩ノ ⊃  /      タカラ家はせいぜい中の上くらいの貴族だぞ?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       勢力拡大のスピードが早すぎる。
  \ /___ /
                 ──────────────────────
                       王選は『王』を決める争いだ。
                    すなわち最終的な勝者を指示した貴族は
                   その『王』に利権を約束されると思って良い。

                 だが逆に自分の指示した候補者が王選で負けてしまえば、
                    次の王の治世での衰退は免れないだろう。

                        故に勝ち馬に乗りたい貴族は
                 本来ならば支持先を選ぶのに慎重になるものである。
                 ──────────────────────

864 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:53:25 ID:hkT3lvhI


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \     まぁ…
  /:::  __´__   :::::: \    そこらへんはでっていうが居るからでしょうね。
  |  l^l^lnー'´       |    裏工作なんて彼の得意技でしょう。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ            でっていうが裏に居るならば順調なのも頷けます。
   /   /




         ____
         /     \
.     /  _ノ '' 'ー  \       だが、でっていうだけでは行動の速さに説明がつかん。
    l^l^ln  (●)  (ー) \      例えば王選開始直後にばら撒かれた宣伝工作。
    ヽ   L  (__人__)    |     あれなんかはでっていうの力だけでは無理だ。
     ゝ  ノ  ` ⌒´   /
   /   /         \     聞くところによると、あれは大陸全土で行われたようだな。
  /   /            \    そんな人手がどこから湧いて出てきたんだ?
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

                      ──────────────────────
                          でっていうは策を考えるのは得意だが、
                         配下の者の数は大したことがないはずだ。
                       だというのに、みゆき派の手はあまりに長すぎる。

                           なにか裏があるのは明らかである。
                      ──────────────────────

866 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:54:27 ID:hkT3lvhI


        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \       ふむ。
     /   (●)  (●)  \      表に出てこない協力者が居ると?
     |      __´ _     |
     \        ̄    /
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /




         ____
       /      \
      /  _ノ   ヽ_  \
    /   (●)  (●)  \     …いや、みゆき様本人が怪しいと思う。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |               / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /    / r─--⊃、  |             .│  は?    >
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |              \____/

868 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:55:24 ID:hkT3lvhI

           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \
.     /   (一)  (ー)   \    流石に考え過ぎではないですか?
.      |        ´    ij  |    身元もはっきりしていますし、
     \     ⊂つ     /    裏のありそうな人ではありませんでしたよ?
     /           \




           ___
       /      \
      /ノ  \    \
    / (●)  (●)    \     グレーテル様だ。
     |   (__人__)        |
     \  ` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ




     _____     ━┓
   / ―   \    ┏┛
 /ノ  ( ●)   \  ・    はい?
.| ( ●)  ,      |
.|           /
.|      '~   /
 \_    ⊂ヽ∩\          ──────────────────────
   /´     (,_ \.\       王選で見たみゆきは見た目は完璧な貴族の令嬢であった。
    |  /     \_ノ       できる夫は流石に考えすぎだろうと呆れた様子だ。

                    しかしそんなできる夫にやる夫は一人の候補者の名を告げた。
                       唐突に出てきた名前に、できる夫は首を傾げる。
                      ──────────────────────

870 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:56:25 ID:hkT3lvhI


         ____
       /      \
      /  _ノ   ヽ_  \
    /   (●)  (●)  \     グレーテル様の通り名
    |      (__人__)     |     "血塗れ"グレーテル。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      裏社会においても都市伝説扱いという話だったな。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      つまり、知る人ぞ知る程度で名の知れた存在ではないということだ。
   /    / r─--⊃、  |      実際、私は王選会議で初めて聞いた。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \    え? あ、はい。
   /  (●)  (●)  ヽ   そうですね。
   |         '       |   僕も商人に顔が利くお陰で、噂としてかろうじて知っていただけですし。
   ヽ、    ‐‐-‐    /
    /             \
                                / ̄ ̄ ̄ ̄\
                               .│  ならば   >
                                \____/

871 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:56:46 ID:hkT3lvhI

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
.       l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ
      /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |
.   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!    うーん…
  /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|    彼女のことをどこかで見たことがある気が…
  " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|
    \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
       /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |
    __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|
    ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
.    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\




     //    //   / ∧/ ||  |    |斗─-<,_  ! ヽ l  | ! ',
     //    l //   ,斗- ┼ー||  |    | !    l} ` ト、 || ,' ∧. l
     / | l  |/ l /  ll   |   ||  |   / |__l|___|L. / / / ', l
    ,′l |  | イ   ||__ヽ_レ'  ̄ ̄´,. -─ー   ` / / ∧  l l       はじめまして。お爺様方。
.、  /  ハ ヘ   ', ヽ__/ - ── 、      ,ィ千天卞ミ >/ ∠、l  l l       私の名はグレーテル。
 ヽ/ ./ ∧ \ \  l,ィ扞弌ミト、        ┴ゞ'ー'  //ヽ} 〉 l  l l       ただのグレーテルですわ。
  \/ /  \ \ ∨厶⊥ゞ'┴                 ´ ,'Y´ノハ. l  l l      家名はありませんの。
    \  //{\{ \ゝ          i            /´ ,イヾ, l  l l
´:: ̄::`ヽ\厶ヾ `ゝハ                        //| |  | l  l ',
::::::::::::::::::::\>、__\\∧       ー- -ー '゙     / ̄\l | l  l  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::´::/ ` ーヘ                 ,. ′    ヽ | |  ',
::::::::::::::::::::::::::/       ` 、                /       \ !  \
::::::::::::::::::::/         ∧ > 、       ,.イ>            \

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

872 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:57:08 ID:hkT3lvhI

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

             //  /   /::/ / /  ∧::,\::イ
            / ,'   '  /  L/ / '  ! ハ::', ヽヽ       私の好きな物は血と悲鳴。
        // {   {  |  |   ! l   l l T  ハ ハ      友達は"この子"。
          //   '   l  |斗┤- l  l   | ! !  ! | ハ      趣味は人殺しですわ。
       //   ハ ハ 从 A |   |  l  斗| 、|  | i| |
.       //   ∧ V  弌之外 ̄ ` ≦_// ' / / '              /
.     //    ' ∧ N ゝ  ̄`    代 fミ/イイ ィ                /
     //   / /_iハ       ,  ` ̄ / イ |                /     /
.  //   / / 、 ハ     {`  ァ     /ィ  l  !             ,<     /
../ /  , ´  ̄ ̄ヽ ヽ ヽ   ー    , 个 |  |  |            /  \/
.  / / : : : : : : : : : : \\>  -‐<   | |  |  |       /     ト 、r 、
  / /::: : : : : : : : : : : : : : :\}、!  ̄\__'  |  |  |      /      r 、ヽ ヽ
. / {::::: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽゝ=、 、\:: : :ヽl  l  |   __/ / `      ,\ \ ヽ
,'   !:::: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽゝ ヽヽ ヽ:: : :\l  |  /  /ヽ /   / / ヽ
   l::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ V/    ヽ: : : \ /  /  /   / /



                             /|____
              ____,.-‐──-,ィ´|-‐─_'l   \  /
          ,ィ´       ∪     |::   ゛`ヽ、  |_>
        /  ノi    |     :. |::.       \
       /  (_,ノ  | |、  i  i: |、: i     \、\
        /  /    | | ∨ |  |: | | |     ヘ ̄`     まさか!?
     /   :,'    ,.-‐|‐/  V  人{‐|-|、     :.ハ      ブラッドバス・グレーテル!?
      |  :/  i:::  / j/   |  /   j,/::∨    i: |      あの殺人鬼がまさか王族だっただなんて!?
     | /   |::: /  r'ュ  j/ r'ュ |:::::::∨   |: |
     ∨,'   |l'Ylヘ. |l l|       |l l| l:::::::::|   ∧:|
      | |   || | l l _゛"  }‐{   ゛" |^lヘ:::|  /  `
      | |   || | | |/ノ‐-‐" ` ー-‐" j ,| |::j,.ィ´
      ∨`ヽ、.||   /   / ̄::}   ,ィヽ. |:::: ト、
      `ヽ、  _ヽ  ,}、>'‐-:r┴<:::{ .ノ ,/::::: |ヽ.\
          ̄/`}  | `ゝ-、  ,-‐/ `〉  |:::::: :|::∧: 〉

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

874 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:58:05 ID:hkT3lvhI


         ____
         /     \
.     /  _ノ '' 'ー  \        ・ ・ ・ ・                     ・ ・ ・ ・
    l^l^ln  (●)  (ー) \      貴族の娘が、しかも世にも出たことのない箱入り娘が。
    ヽ   L  (__人__)    |
     ゝ  ノ  ` ⌒´   /      どこで、どうやってグレーテル様のことを知ったんだ?
   /   /         \       ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))






         ____     l_
       /   u \    /
      /  \   / \   >    ああっ!?
    / U (○)  (○) \ \
    |    u  __´,_  U |
     \u    /__/   /      ──────────────────────
                         知り得るはずの無い知識をみゆきが持っている。
                           それも一握りの者が噂しか知らない中で、
                             姿さえも覚えがあるという矛盾。
                      できる夫は指摘されて初めてそのおかしさに気づかされた。
                       ──────────────────────

876 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 21:59:15 ID:hkT3lvhI


                                                ・
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l      そしてなにより、あの目だ。
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \




                   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : : ',
                        / : : /: : ,'/: /::::l: : : :l:!::::::::'、\: : `' !: :!: :!
                        /: : : ,': : .:l: : :/:::::::l: : : :l|::::::::::::ヽ、.: .: ヽ |: :|
                       ,': : : :l:i : : |: :/:::::::::: ! : : :!::::::::::::::::ヽ.: : : ヽ: :!
                       l: : : /!l: .: ,L/r レ=:、ヽ: : :l::::ィ=‐-、ヽ_ヽ.: .: :',:l
                       ヽ: :l. l|: :::: :: 代::::::ノ !`-l::::弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
                        ヽ! ヾ: :: :: ::ト---、ノ 、, 丶、 二 ノ: : l: : : /l
                   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \      腐った泥沼の底のような、濁りきった目。
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l    貴族の娘が、
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |    否──、普通の暮らししか知らない人間があんな目になるものか。
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /     絶対にあの女には裏がある。
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /       それもグレーテル様なんて子供騙しに思えるような裏が。
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \

878 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:00:16 ID:hkT3lvhI


         ___
      /)/\  /\
     / .イ ' (●)  (●)\      なるほど、ね。
    /,'才.ミ).   、_',__,    \     君が言うんなら注意したほうが良さそうですね。
    | ≧シ'           |
    \ ヽ           /





          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i    まぁ、こうも簡単に尻尾を掴めるようなら
        i.      ( ●)    |    案外大したことは無いのかも───
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/
                                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                               .│   違うな。   >
                                \_____/

──────────────────────
         計算高いでっていうが、
   いとも簡単に裏を暴かれたということに、
     できる夫はみゆき派を侮りかける。
──────────────────────

879 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:01:04 ID:hkT3lvhI


         ____
       /      \
      /  _ノ   ヽ_  \
    /   (●)  (●)  \     掴んだんじゃない。
    |      (__人__)     |     恐らくは掴まされたんだ。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \    え?
   /  (●)  (●)  ヽ
   |         '       |
   ヽ、    ‐‐-‐    /
    /             \      ──────────────────────
                           だが、やる夫はそれを否定した。
                     ──────────────────────

882 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:03:47 ID:hkT3lvhI

         ____
       /     \
.    /       \     あのでっていうだぞ?
.  / /) ノ '  ヽ、 \   他人を騙すことが大好きな性悪トカゲ。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   あいつがこんなあからさまに拙いことをしでかすわけがない。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \    しかもいくら調べてもみゆき様の現実の尻尾は見えてこない。
 /\ ヽ          ヽ




         ____
         /     \
.     /  _ノ '' 'ー  \      もしかしたらみゆき様が怪しいという推測すら、
    l^l^ln  (●)  (ー) \     でっていうの誘導かもしれん。
    ヽ   L  (__人__)    |     もしかしたら小さい策でもっと大きな陰謀を隠しているのかもしれん。
     ゝ  ノ  ` ⌒´   /
   /   /         \     こちらとしてはどこまでが、でっていうの狙い通りなのかさっぱり分からん。
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))  ──────────────────────
                               でっていうの嫌らしい所は
                              相手の裏をかくことも得意だが、
                           相手の裏の裏をかくことが大得意であることだ。

                              自分の頭が良いと思っている人物、
                                             ・ ・
                              それこそがでっていうのカモである。
                         ──────────────────────

885 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:04:57 ID:hkT3lvhI


            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \     相手のことを良く知りすぎているのも問題ですね…
     / (●)  (●)    \    そのせいで逆に身動きが取り辛くなってくる。
     |    __´___    u.    |
      \ u. `ー'´       /
      ノ           \



          ___
         /     \
       /   \ , , /\      だが、
     /    (●)  (●) \    考えれば考えるほど、時間が経てば経つほど、
      |       (__人__)   |    でっていうは手がつけられなくなる。
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \    確実なのは、奴が策を立てる前に叩き潰すことだ。
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /    ──────────────────────
                             裏の裏、裏の裏の裏。
                        考え過ぎて混乱したできる夫は頭を抱える。

                     だが、そんなややこしい事態を断ち切る手が一つある。
                          策が完遂する前に叩き潰すことだ。
                          陰謀と言う物は時間がかかるものだ。
                      いくらでっていうが人を操ることを得意としていても、
                             時間を操ることはできない。
                     ──────────────────────

886 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:06:04 ID:hkT3lvhI


           ___
       /      \
      /ノ  \    \      しかし、だからと言って先に剣を振ることはできん。
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)        |    世論を敵に回し、正当性が失われる。
     \  ` ⌒´       /    …それこそでっていうの思惑通りだろうな。
    ノ            \
  /´               ヽ




         ____
       /      \
      /  _ノ   ヽ_  \       だから、まぁ、次善策として、
    /   (●)  (●)  \      でっていうの事は候補者全員に忠告しておいた。
    |      (__人__)     |                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     \    ` ⌒´    ,/      やらない夫には直接、団長には手紙で、
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       貴様には今言ったな。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |    ──────────────────────
                       だが即座に叩き潰すというのにも問題がある。
                        剣で戦うことには大義名分が必要なのだ。
                         それが無く一方的に攻めてしまえば、
                        相手が正義でこちらが悪になってしまう。

                          それではでっていうを倒せても、
                           他の候補者には負けてしまう。
                     ──────────────────────

889 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:06:57 ID:hkT3lvhI

         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`      なるほど! 緩い協力体制ということですね。
    /   ( ●)  (●) \      それぞれの得意分野で圧力をかけようと。
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /




         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      ああ、私が貴族に対する圧力を、
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     貴様が経済的な圧力を、
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |     団長が武力的な圧力をかけ続ければ多少はマシになるだろう。
  . \ ヽ           /

                   ──────────────────────
                          だから取るのは次善の策だ。
                     でっていう以外の候補者が圧力をかけることで、
                           身動きを取れなくさせる。

                          その隙に勢力を拡大させ、
                       陰謀など無意味、という所まで持っていく。
                   ──────────────────────

890 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:08:39 ID:hkT3lvhI


       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \          まぁ、一番良いのは団長が策とか世論とか気にせず、
  /   (●)  (●)   \         武力で潰してくれるのが一番ですがね。
 |     、 ´       |  (( ∩))   あの人なら普通にやりかねませんし。
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
  /          \




     ____
   /      \
  /         \
/           \     あー…
|     \   ,_   |     そうなれば万々歳だが、
/  u  ∩ノ ⊃―)/      あの人は読めんからな…
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /       ──────────────────────
                         できる夫の希望的観測に、
                         やる夫は額に手を当てた。

                         でっていうとは別に意味で
                      ダディもまた考えの読めない男である。

                   彼は"騎士の理"ではなく、"戦士の理"で動くためだ。
                    下手をしたら強者と戦いたいという理由だけで、
                   真っ先にニューソックに攻め入る可能性だってある。
                  ──────────────────────

893 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:09:56 ID:hkT3lvhI






              γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              (  あ、そうそう。その団長なんですが…     >
              ヽ、_________________ノ





.

894 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:11:14 ID:hkT3lvhI


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\     あの人の勢力拡大、 というより武力拡大なんですが、
.  / /)(ー) (ー)u\   それの速度もちょっと異常ですよね。
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /    どうも正騎士団の一部と、王国兵の丸々を抱え込んだみたいです。
.   | ≧シ'        \    どっからそんなお金出てきたのやら。
 /\ ヽ          ヽ





     ____
   /      \
  /         \
/ U  _ノ    ヽ_  \     あー…
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /      それはだな…
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |      ──────────────────────
  \ /___ /      ダディの話が出た所で、できる夫は疑問を口にした。

                           王選開始から3交差月。
                  開始して間もなく、ダディは急速な速度で武力を整えた。
                だがしかし、普通ならば武力を集めただけでは崩壊してしまう。
                        兵士への食事や給料、武具など、
                        軍には莫大な金がかかるためだ。
                   だというのになぜかグレーテル派は崩壊していない。

                 やる夫はその理由を、顔を少し青くしながら話し始めた。
                  ──────────────────────

895 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:12:02 ID:hkT3lvhI


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



.

896 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:12:59 ID:hkT3lvhI

    8γ。o    (☆)☆)   |i::::::::::::::::i|  .|;;;;|
   , ヽiij.〃―――ヽiij.〃―――――,..___ . |;;;;|
  / ( : ::)     ( : ::)       /  .|_ |;;;;|
(Y(Y)    / ̄二二二二二二二二l   | |;;;;|
ヽiij.〃  /:::/:::,ィ――――――― l,,.  ´  `´
( : ::) /:::/::::/::/ ̄(i(ii)i) ̄ ̄ ̄
__/:/:::::/::/ ,.,.., ヽiij.〃,.,.,.,.,.,.,.            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
::::::|/:::::/::/  ,,,.-E!=( : ::)ry==-、;:;巡        │ 協力は無理、ですか。   .>
::::::|:::::/::/ 彡;:;::!l   E!. (__)> ! i;:;:;:;:巡/!       \__________/
::::::|/::/ 彡;;:;::;:;;i`===------==.'´.!;:;:;:;:;:;::| i巡
_,|/  i!;:;:;:;:;:;::;::i_ノ_ハノl  l ̄ ̄l__i;:;;:/二」lj;;巡
     .i!;:;:;:;:;:;:;:; l |''~~"^ |    |;:;:;:;:l」;:;:;:l」;;彩
      i!;:;:;:;::;:;:;:;l__l :;::;:;:;:;:;|~l_「l |:;:;:;;:;;:;:;:;:;彩
      ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:」 ..l:」;:;:;:;::;:;;:;:彩
      ∨;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:彩
       マ杰杰杰杰杰杰杰杰杰杉     ──────────────────────
                                   調度品の整った高級な一室。
                              そこからは二人の男の話し声が聞こえてくる。
                            ──────────────────────

897 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:13:30 ID:hkT3lvhI


    /\___/\
  / /    ヽ ::: \
  | (●), 、(●)、 |     う~ん…
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |     ならせめて出資だけでもお願いできませんか?
  |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|     カツカツで兵達の食事にも事を欠く有様なんですよ。
  \  `ニニ´  .:::/
  /`ー‐--‐‐―´´\



       /\___/ヽ
      /:::::::       \
     |:::.   ''''''   ''''''  |
     |::::.,(>),   、(<)|    どうか! この通り!
     |::::::: ノ ,,ノ(、_,_.,.,_、,, |
       \:::::.ヽ`-=///;ト, /
     /   `一` ////゙l゙l´
           l   .i .! |
           {   .,).,)     ──────────────────────
           !/   / |         男の一人は近衛騎士団長であるダディだ。
                     彼は目の前の男に両手を合わせて拝み倒している。
                    ──────────────────────

898 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:14:22 ID:hkT3lvhI


            /.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /: .:.:.:./ ..:.:.:.:.:./:.:.:.:.: .i:. :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
           ':.: .:.:./ .:./.:.:/:.:.: .:.l .:.l:.: .:',:.:.:.:.:.:.:.l        |\     /\     / |   //  /
           ,'.:.| :.:.l. :.:.//:/:.:.,':.: .:|:.:.:!:.:. .|:..:.:.:.:.:.:|      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
            /:.: l:.:.:.|:.:.//:/:.:./.:.:. //∧'.:. !:.:.:.:.:.|:.l       \                     /
         /イ.: .|:.:.:.l://l//:./.:.:.:./// _ヽ:l:.:.|:.:.:|'.!       ∠   駄目だ駄目だ駄目だ!!  >
          / /:.:.:.r':.:.|ド㍉、'/}.:.:.///_,∠zミ.|:.:l.:.!:{ ヽ      /_                 _ \
         /´|:.,:.ヽハゞfェ'イト.|:.//廾ゝュ'イフ:./ }:.lヽ、       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
           |:.{ヽヽ:ヽ  ̄i!´リ ,'    ̄ //イ:.l'.!         //   |/     \/     \|
           ヽ! ヽ:.l:ヽ.    i!    /':.:.ハ:.| ヽ
                l:.|:.:.\  !ニニ! /l:.:.| ',{
              リ.ソ}Fr>、`=´イ/ヲ.:.{  `
               ノl`=r ≧≦ヲ/f |`ヽ         _ -‐ ' ̄}
               / 艸 | |: : : : | | 圸`ー---‐´ ̄ ̄ ̄: : : : : : : /: : ̄¨}_____
        _ -‐ー‐ ´: : : 丱 | |: : : : | |: :卉: : : : -─= : : : : : : : : : /: ://: : : : : : : : : : : :
  r──' ̄: : : : : : \: : : : : : : } }: : : : { { : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : /´: : : : : : : : : : : : : :
  ',: : ヽ: : : : : : : : : : : `ー- : : | |: : : : : :.| |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: / : : : : : : /: : : : : : :
   ∨: :', : : : : : : : : : : : : : : : : | | : : : : : | |: : : : : : : : : : : : : : : : /: /: : : : : : : /: : : : : : : : :
   ∨ : ヽ : : : : : : : : : : : : : __| | : : : : : |└──二二才: : : : ://: : : : : : : _/_--───
    ∨: : ', : : : : : r───´__l : : : : :  ̄ ̄ ̄__ : : | | : : : : /: : : : : : : : イ
    ∨: : ヽ: : : : | | ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : ( ): :| |: : : : : : : : _ -‐´
     | : : : : : l: : :| | { ): : : : : : : : : : : : : : : : : / : : | |: : : /: :/
     l: : : : : : ',: : | |: : ¨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| |: : /: :/      ──────────────────────
     |: : : : : : l: : :| |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | | : : : /          もう一人の男は紅顔の美男子と言って良い、
     |: : : : : : | : : | | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | | : : /                    目鼻の整った男であった。
     |: : : : : : | : : | | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | | : /              髪はくせ毛の一本も無く整えられ、
                                           皺一つ無い仕立ての良い服を身に付けている。

                                            戦いに向いた身体つきをしていないため、
                                        領土を治めて暮らす一般的な貴族であることが伺える。
                                         ──────────────────────

899 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:15:14 ID:hkT3lvhI


:.::.::::::::/.:.:.:/ ,::::八.:.:.{ :.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.l ヽ',
: :.::::::/,'.:::/ /::/  V ト、.: .: |.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.: |  \
:.:.::::/〃/  .:::/ , イ::| \ l.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:. |
: ::://::/  /::// 彡ぅi冖V.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.リ{:l      バラ撒かれた宣伝を鵜呑みにするわけではないが、
.:://::/  /:/ィf[_::::::_」} jノ.:.:.:.:/│.:.:.:′':,      ダディ殿の支持するグレーテル殿が犯罪者、
ヾ.:::/{_,.イ/ '弋::::V:::ノ '/.:.:.:∧ | .:.:,′       それもとびきり凶悪な殺人鬼というのは事実ではないか!
' /  /   ー-ニニ´-‐/.:.:::/ ノ}.:.:,′
  :l           /.:.:::/  人::.′
  :|             //:::/ /.:.:.::::{
  :|         / イ厂.:.:.::∧::|                      名前:ルルーシュ・ブリタニア
           /イ.:.:.:.:. ハ{ '::|                      種族:人間
-‐……‐-、      / |.:.:.:.:./ }}  ヽ                     年齢:26
' -─‐- `ノ   /|.:.:.:|.:.:.:/ ″                       性別:男
   ̄      /  |‐-┐:,′                         職業:ブリタニア家当主




    /\___/ヽ
   / ,,,,,,,ノiヽ,,,,,,:::i|li:\
  . |(●),   、(●)、.:|    あっちゃぁ…
  | ⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒ u.:::|    ここでも知れ渡ってるのか…
.   |.u   (^ー^>  。.::::::|    でっていうも余計なことしてくれるな…
   \ ゚  ⌒´ u .:::/
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.

900 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:16:04 ID:hkT3lvhI

                                       ──────────────────────
                                            ダディの居る場所はブリタニア領だ。
                                           王都に近い場所に位置するこの領は
                        、-´\,_ _,,,-"i            海産物を王国に卸す豊かな地域である。
          _,,,,-‐----、,_     ヽvvvvvvvv|,_,,,、,_ _,,、
         /∧∧∧∧∧`'‐-‐i ,-´vvvvvvvvvvvvvv  (´,,、,      そしてその領を治めるブリタニア家は
   ,,-‐,>_,, i∧∧∧∧∧∧∧∧vvvvvvvvvvvvvvvvvv  ,ノ     古くから王国に仕える名門として知られている。
  、-´vvvvvv´ ∧∧∧∧川∧∧∧vvvvvvvvvvvvv☆vv  .!,   ──────────────────────
  }vvvvvvvvvv ∧∧∧∧川∧∧∧vvvvvvvvvvvvvvv    ヽ,
  }vvvvvvvvvvv      川▲                      |
  !,vvvvvvvvvvvv     川川                      !,
   `'-、,vvvvvvvvvvv    川 川川川川                 ヽ,
    /vvvvvvvvvvvv  川川      川川川★         )
     ,ヽ     vvv川川川 川         川        /
    ,ノ,~      川vvvv   川            川     ◇i´
    {      川vvvvvvv   川          川      .}
    ゝ 川川川川vvvvvvvvv   川.i´{,/_',-´ ̄ ̄´‐, ● !
    {,川       vvvvvvvvvvvv  i'  `´      `‐-‐´
     }      vvvvvvvvvvvvvv !
     `~`‐-、 vvvvvvvvvvvvvvvv}
         `'‐、vvvvvvvvvvv  {
           `‐-,vvvvv      {,                  ☆:梨花の家
             ヽ        」 __,,,、              ★:ニューソック領街
                  ヽ,_        `‐´  ゝ                   ●:王都
                `フ   _,,,_    ヽ             ▲:商都
                ´'-‐‐´~  `'‐-、. ,コ            ◇:ブリタニア領
                         `´

902 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:17:01 ID:hkT3lvhI


       /\___/ヽ
      /:::::::       \
     |:::.   ''''''   ''''''  |
     |::::.,(>),   、(<)|     もう、貴方で頼むのは5人目なんですよ。
     |::::::: ノ ,,ノ(、_,_.,.,_、,, |    確かにグレーテルは少しだけ、じゃじゃ馬かもしれませんが、
       \:::::.ヽ`-=///;ト, /    近衛騎士団長である僕が見込んだ御方なんです!
     /   `一` ////゙l゙l´
           l   .i .! |
           {   .,).,)
           !/   / |




                 , ...'.:´  ̄`:丶、
               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              /.::::::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             j : :::: : .::::::::::: .:: .:::::::::::::::::::::::: ::i!
             ! ..i:: :: .: .:: : .::: ..: :::: .:! ::::::::::}: :::!      確かに、26年前のオーク族大征伐で、
             .'.::::!.::.{: ..::.::::イ;ィ::.: .}.:!}!::::. :: ::!::. {      父上が助けられて以来、
               /イ::::!::::!::メ、´〃}!.::/:/ハ{!:::} ::!i!:i:ヽ     当家は貴殿と懇意にさせて貰ってきた。
           /./イ:::{!:{K辷_メ///斗≠ミ/::..:i::!:ト、ヽ、
           ノ´ハ{:ハ:ト、`¨´/ イ ヒェz/}ノ::ノ:ハ、`
            / i!:!ヘヽ、    !   ノイ:::/{:{:{
              リハ}ヽ、 -_ 、  //:/{ハ|.ヽ
               {!` =.\   .イレ'/ リ ! ヽ
         ,  -  、  j!: :._∧_:.}!´¨¨〒}
       /´ ̄`ヽ: : `丶: ヘ}{∩!!: : : {{:{        ──────────────────────
      !: : : : : : : : '. : : : : :.`Y´: {!: : : {!ハ、              一回りも年上のダディに
                                      貴族の男は冷たい目を向ける。
                                ──────────────────────

903 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:18:21 ID:hkT3lvhI


    //: : : : : : : |:.:r‐、r‐、: : :/: :/: : : : : :.|: : : : : : : |: :|: :|
   ./: !: !:. : : : :.r‐、! .|  |:.:/: :/: : : /: : /!: : : ! : : :.|: :|: :|
   /: : |: |.: |: : : :|  i  |  |/: :/: : : /: :.:/ .i: : : |:.: : :.|: :|: :|
  ./: /: |: |.: |: : : :|  |  !  !:.:/: : : /: : :/  \:. ! : : :.|: :|: :ヽ、      だが!
 //: /|: |.: |: : : :|  |  |  |/: : : /|: : /  , ィ≦!:.:.:.:. !:. !` ー`‐     今回ばかりは無理だ!
/ /: / ヽヽ:ヽ: : イ  i  |  |: : : /.// イj } .} .|: : : /:.:.|
 .//  |\: / l.  !  !  !: :.///夂ェシノ |: : /: :.:.|         名門、ブリタニア家が罪人に手を貸したともなれば、
./    .|:./ ./!  |  |  |: / !    ̄ ̄   ノ/:.: :|:ヘ         祖先に申し訳が立たん!
      |ヽ ヽ !  |  |  |/ |        /: : :|:.: |: :.ヽ、
     ノノヘ. ∨.     !  ヽ   , -‐‐、/:. :.: !: :.!` ー `-
    /  |         ヽニ二ン´ , ' ´|: /|:. !:.: !
        |               /    !/. !:∧: |
        |           /   ._!))/ ヽ|
        |          /ニニニ.|─‐' |
        |         /: : : : : : | |: : : : |




  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |     兵達の士気は高く、
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |     グレーテル様に心酔しています。
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/     物資さえあれば、戦に勝つ見込みは充分にありますよ?
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|      ──────────────────────
      |: ::  ! }  {! ::: :|           貴族の男は近衛騎士団長に対し、
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ        一歩として譲歩せずに強い拒否を示す。

                            貴族の男を説得するため、
                    ダディは自勢力の勝算を諭すが、無意味な行動であろう。
                     ──────────────────────

906 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:19:29 ID:hkT3lvhI


             j::::::::::/:::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::i:::::i:::::::::::i::::::::::::::::::::::ヘ
             7::::::::/:::::::::::::::::::/::;:::::::::::::::::::i:::::i:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|     その乱を好む気質が危ういのだ。
            7:::::::7:::::::::::::::::::/::/:::::::::::::::::::i::::::i:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::i
            7:i:::::::i:::::::::::::::::::7::7ハ::::::::::::::::7:::::i::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::!     ダディ殿、お引き取り願いたい。
           ,ィi:i.i::::::i:::::::::::::::::7_/i-‐',:i、:::::::7:::::/:::::::::::/⌒',::::::::::::::::iヤ
                |:ij::::::i:::::::::::::///./  __',iA:::7::::/::::::::::/ヽ ノ/::::::::::7:ハ.ヘ
                |:i !:::::i',::::::::7 i|  テ弋;;;ソィ〉:::/:::::::::::/ノ::::/::::::::::::,'.i| ヽ `
            ヾ',:::i|ヘ:::::7 i!    ̄ /:::/:::::::::::/ ,--'::::::::::::::::i リ
                ヾ:iヽ .、′      /:::/:::::::::/ ./ j:::::::::::::::::|
                    ヽ     イ////  / 7::::::::::::::::::i
                  j:ハ` ‐-、  イ'" , イ  ノ7:::::::::::::::::',
                   ′リi',    , .<     _7:/ i:iニi::::::::i
                     ヽ- '::::ノ!  __, ...-‐'ニ〃‐'i:iヘ::::::::ヘ
                         リハ----=i i:::::::::::::::::::::::::::ヘヾ、:ヘ




     ∧-─-、
   / ─    \
  /   (●)   ゙i      どうしても無理ですかね?
< |   (、_,.)''ー 、   |
  ゙i(●) ) /`) ) /
    \   ヽ `ニ´ノ/\    ──────────────────────
    `''ーr -一''´   ゙i     ダディに恩があるから義理で家に招き入れたが、
       | 、.     |  |    貴族の男にダディへ肩入れするつもりは毛頭無かった。

                       貴族の男は会話の終わりを促したが、
                          ダディに席を立つ様子は無い。
                   ──────────────────────

908 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:20:26 ID:hkT3lvhI

       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:\:\
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:. :. :.:.:\:.`ニニ=ー
     /.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.: .:.:.:.:ヽ:.:ヽ ヽ :.:.:.: ..:. :.:.\:.`ー-、_
    /:.:.:./ .:..:.:. /:.:.:.:/:.:.:|、\ :.:.:.:.ヽ :ヽ ヽ :.: .:.:. :.:.:.:.\ ̄
    /.:.:./ .:.:.: /:.:.:.:/ .:.:.:| \:.\. :.:.l :.:| :.|: .:.:.:.:ヽ:.ヽヽ:.:\
   /:.:.:.|l .:.:.:. /:.:.:.:/ .:.:./|  \:.\:l :.:|: .|r 、:.:.:.:l|:.:|:.|`ヽ、`ー、_
   ノ/|:.:.||: .:. /:.:.:.:/ :.:./|:.|  ∠弌ヽl .:.|:.:| ノ.:l:.:.|:.:.|:.|    ̄       くどい!
 /'´ |:.:.|l:. :.:.{:.:.:./ :.:./ .|:.|_//_j },ノ|:.:.|:.:|/|:.:.|:.:.|:.:.|.i|
    l:.:l ヽ:.:.|:.:./ :.:./、 |.l´彡>=´ |:.:l:./l }.:.|:.:.l:.:.l|リ
    |:,'  ヽ:|、{:.:.:.{,孑ゝヽ、     /イ/// イ/ヽヽ:.`ー-、_
    {l   ヽ{ヽ ヽ¨´|      ´ //  /  ヽヽ ̄
    ヽ、   ヽ.{:.:.|ヽヽi!  _ ,__  ∠    //',
          |{ヽ{  |:.`> 、   /===Fイ´: : :ヘ
           `  }ノ ソ ン ` ‐´Ⅵ: : : : : : :||: : _∧ : :ヽ
          _ - ‐´──== ̄冫||: : : : : : ||: ((升〉〉 :\
         /: : : : : : : : : : : : : : :托: ||: : : : : : ||: : 〈卅〉: : : :`丶 、_




┌────────────────┐
│           f;√三三三ミミメ、   .....│
│          H      `マ∧  ......│
│       . ‐<_,>‐:.、      V   .....│
│.     /:::::::.::::.:::.::.::::\        ..│
│.    /::::::.:.:::.:.:....:.:.:::.:.::::::ヽ      .....│
│.     ,':::::.:::.:.:. . . . . .:.:.:::.:::::',   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
│    i::::.::..:. .      . .:..::.::::i   |  チリンチリン  .|
│    |:::.:.. .       . ..:.:::|   .\______/
│   _人::.:.. .       . ..:.::人_     ...│
│  {::::.::.`::.:.. . _ _ _ _ . . ..:.::´.::.::::}      .│
│  ヽ-へ.:.:.:...:...:...:..:..:..:.:.:.:.::.:.:/ ,   .....│   ──────────────────────
│      _`ー─ '´ ̄` ー ' ,       │   なおしつこく言い募るダディを不快に思った貴族の男は
└────────────────┘           手元のベルを鳴らした。
                             ──────────────────────

910 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:21:27 ID:hkT3lvhI



              /: .:.:.:./ ..:.:.:.:.:./:.:.:.:.: .i:. :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
           ':.: .:.:./ .:./.:.:/:.:.: .:.l .:.l:.: .:',:.:.:.:.:.:.:.l
           ,'.:.| :.:.l. :.:.//:/:.:.,':.: .:|:.:.:!:.:. .|:..:.:.:.:.:.:|
            /:.: l:.:.:.|:.:.//:/:.:./.:.:. //∧'.:. !:.:.:.:.:.|:.l
         /イ.: .|:.:.:.l://l//:./.:.:.:./// _ヽ:l:.:.|:.:.:|'.!      誰かあるか!
          / /:.:.:.r':.:.|ド㍉、'/}.:.:.///_,∠zミ.|:.:l.:.!:{ ヽ
         /´|:.,:.ヽハゞfェ'イト.|:.//廾ゝュ'イフ:./ }:.lヽ、      ダディ殿がお帰りだ!
           |:.{ヽヽ:ヽ  ̄i!´リ ,'    ̄ //イ:.l'.!
           ヽ! ヽ:.l:ヽ.    i!    /':.:.ハ:.| ヽ
                l:.|:.:.\  !ニニ! /l:.:.| ',{
              リ.ソ}Fr>、`=´イ/ヲ.:.{  `
               ノl`=r ≧≦ヲ/f |`ヽ         _ -‐ ' ̄}
               / 艸 | |: : : : | | 圸`ー---‐´ ̄ ̄ ̄: : : : : : : /: : ̄¨}_____
        _ -‐ー‐ ´: : : 丱 | |: : : : | |: :卉: : : : -─= : : : : : : : : : /: ://: : : : : : : : : : : :
  r──' ̄: : : : : : \: : : : : : : } }: : : : { { : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : /´: : : : : : : : : : : : : :
  ',: : ヽ: : : : : : : : : : : `ー- : : | |: : : : : :.| |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: / : : : : : : /: : : : : : :
   ∨: :', : : : : : : : : : : : : : : : : | | : : : : : | |: : : : : : : : : : : : : : : : /: /: : : : : : : /: : : : : : : : :
   ∨ : ヽ : : : : : : : : : : : : : __| | : : : : : |└──二二才: : : : ://: : : : : : : _/_--───
    ∨: : ', : : : : : r───´__l : : : : :  ̄ ̄ ̄__ : : | | : : : : /: : : : : : : : イ
    ∨: : ヽ: : : : | | ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : ( ): :| |: : : : : : : : _ -‐´
     | : : : : : l: : :| | { ): : : : : : : : : : : : : : : : : / : : | |: : : /: :/

911 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:22:20 ID:hkT3lvhI



 |\                                 /7
 |  |                                /  /
 |  |            ___               /  /
 |  |          / __ \      __      /  /
 |  |         (__/   \ \__/ )     /  //⌒i       ◯ ◯ ◯
 |  |      ∧          \___/     /      |   ∧
 \ \__ノ ノ                     /    /|  \_ノ ノ
   \___ノ                     (___/  \____ノ








                                  ━┓
              /: .:.:.:./ ..:.:.:.:.:./:.:.:.:.: .i:. :.:.:.:.:.:.:.:..ヽ    ┏┛
           ':.: .:.:./ .:./.:.:/:.:.: .:.l .:.l:.: .:',:.:.:.:.:.:.:.l    ・
           ,'.:.| :.:.l. :.:.//:/:.:.,':.: .:|:.:.:!:.:. .|:..:.:.:.:.:.:|
            /:.: l:.:.:.|:.:.//:/:.:./.:.:. //∧'.:. !:.:.:.:.:.|:.l
         /イ.: .|:.:.:.l://l//:./.:.:.:./// _ヽ:l:.:.|:.:.:|'.!
          / /:.:.:.r':.:.|ド㍉、'/}.:.:.///_,∠zミ.|:.:l.:.!:{ ヽ
         /´|:.,:.ヽハゞfェ'イト.|:.//廾ゝュ'イフ:./ }:.lヽ、
           |:.{ヽヽ:ヽ  ̄i!´リ ,'    ̄ //イ:.l'.!
           ヽ! ヽ:.l:ヽ.    i!    /':.:.ハ:.| ヽ
                l:.|:.:.\  !ニニ! /l:.:.| ',{
              リ.ソ}Fr>、`=´イ/ヲ.:.{  `
               ノl`=r ≧≦ヲ/f |`ヽ         _ -‐ ' ̄}
               / 艸 | |: : : : | | 圸`ー---‐´ ̄ ̄ ̄: : : : : : : /: : ̄¨}_____
        _ -‐ー‐ ´: : : 丱 | |: : : : | |: :卉: : : : -─= : : : : : : : : : /: ://: : : : : : : : : : : :
  r──' ̄: : : : : : \: : : : : : : } }: : : : { { : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : /´: : : : : : : : : : : : : :
  ',: : ヽ: : : : : : : : : : : `ー- : : | |: : : : : :.| |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: / : : : : : : /: : : : : : :
   ∨: :', : : : : : : : : : : : : : : : : | | : : : : : | |: : : : : : : : : : : : : : : : /: /: : : : : : : /: : : : : : : : :
   ∨ : ヽ : : : : : : : : : : : : : __| | : : : : : |└──二二才: : : : ://: : : : : : : _/_--───
    ∨: : ', : : : : : r───´__l : : : : :  ̄ ̄ ̄__ : : | | : : : : /: : : : : : : : イ
    ∨: : ヽ: : : : | | ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : ( ): :| |: : : : : : : : _ -‐´
     | : : : : : l: : :| | { ): : : : : : : : : : : : : : : : : / : : | |: : : /: :/
                                     ──────────────────────
                                       だが、ベルを鳴らしても使用人の返事は無く。
                                               現れる様子もない。
                                     ──────────────────────

914 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:23:11 ID:hkT3lvhI


: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.l::.
/.:.:.:.:.::::::::.:.:.:.:リ:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:. }.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.}:::'
: :.:.:.:::::::/.:.:.:/ }:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.{::::',
:.::.::::::::/.:.:.:/ ,::::八.:.:.{ :.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.l ヽ',
: :.::::::/,'.:::/ /::/  V ト、.: .: |.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.: |  \
:.:.::::/〃/  .:::/ , イ::| \ l.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:. |
: ::://::/  /::// 彡ぅi冖V.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.リ{:l         どうした! 誰か!
.:://::/  /:/ィf[_::::::_」} jノ.:.:.:.:/│.:.:.:′':,
ヾ.:::/{_,.イ/ '弋::::V:::ノ '/.:.:.:∧ | .:.:,′
' /  /   ー-ニニ´-‐/.:.:::/ ノ}.:.:,′
  :l           /.:.:::/  人::.′
  :|             //:::/ /.:.:.::::{
  :|         / イ厂.:.:.::∧::|
           /イ.:.:.:.:. ハ{ '::|
-‐……‐-、      / |.:.:.:.:./ }}  ヽ
' -─‐- `ノ   /|.:.:.:|.:.:.:/ ″
   ̄      /  |‐-┐:,′
、         // {:::{             ┌────────────────────────────
ー` _, イ -‐冖T_/: : : ljノ              │:::::::::::::_______________:::::
─-----─┐ |: : : : : : |              │::::::::::::|\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 : : : : : : : : :| |: : : :「|: {                  │::::::::::::|:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::     ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 : : : : : : : : :| |: ⌒l| し}              │::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::     |   ガチャッ    |
                           │::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::     .\______/
                           │::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                           │::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                           │::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                           │::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                           │::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                           │::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
                           │::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::
                           │::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
                           │ ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           │::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           │:::::::::::::::::::::: \:::: !lll!     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           │:::::::::::::::::::::::::::::\|lll|       ::::::::::::::::::::::::::::::
                           └────────────────────────────
──────────────────────
      貴族の男が声を張り上げると、
        ようやく扉が開かれた。
──────────────────────

917 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:23:51 ID:hkT3lvhI

  |\     /\     / |   //  /
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
\                     /
∠       遅いぞ!        >
/_                 _ \
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  //   |/     \/     \|



                |\     /\     / |   //  /
              _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
              \                     /
              ∠    なにをやっ…        >
              /_                 _ \
               ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                //   |/     \/     \|















.

919 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:24:49 ID:hkT3lvhI

                            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                            l    て………    │
                            ヽ、___  ___ノ
                                   ∨




      i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:://.:./l.:.:.:.:.:/メ ,// //.:.:.:.:./l.:/ i:.,!l.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:::|.:.:.:.:.::i
.      ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.:.:.:.:/ /.:/./.:.:..:/メ/,/ ///.:.:.:././/  |.,! l.:.:.:.:i.:.:.:.:.:|.:.:.:.::|.:.:.:.:..:.:|
     l.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|..:.:./..:.:. / /.ノ /.:.:.:/ / /./..//./:.:.:./ //    ヽl.ヽ:.:.:|.:.:.:.:.!.:.:.:.:,!.:.:.:.:.|..:l
.    ノイ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:/.:.:.:./-、/;、,,,/.:/,,,,メ_//..:. //. /..:.:/.:.://__,,,、--''ヾヽ:.:l.:.:.:リ.:.:..:.!.:.::|.:.:!、.:|
.       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|.:/.:.:./  /   l:/.:゙゙`''''''"/ヽ,l./.:/.:/.:ッテ/""ィ ̄_,,,,.:.:`.:ヽ:|:.:ノ.:.:.:.ノ.:.:.: ノ.:|.:、.:i
.       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/.|.:/ッ=/ー‐‐-ノ、   // .∥./:/.  ∥  /´  `゙ミァ |/l.:.:../.:.:.:/l.:.j  `j
      j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|. .!/《:.   ,:-c;. \`、l/ .∥ //  ノ  /. r ‐c,  リ ,l/l゙.:.:;/.:.:.::./|.:,!   \
       i.ト.:.:.:,,-、...:.:.:ト、ヘ `.  弋 ・ノ  `l/   .|. l /  ./ イ. 弋 ・ノ    リ l.:.:/.:.:.:.:/ |.:,!
       .リ-ッ|ヽ;;ヽ.:.:..`ヽヘ  、_     _/ .   .| |/ .l      、___ ノ   //l.:.:.:.:./ |,!
     . /j 入;ヽ;;.ヽ.:.:.`,\`、 `゙゙ ̄        ノ.  |!            .//./l.:.:.:./ . .|!
      /  ./.|;;;;;;;`、;;`、.:.\ヾ゙、.            .l!            //./.ノ.:.:/  /
    /  ./ |;;;;;;;;;.ヽ;;'ヽ.:.:\ ゙\             |!,           ノ..:/ /.:./
   / . /  |;;;;;_,,ィ"´゙`.ヲ.:.:.:\  ヽ .            |リ        .//.:./ .//
  '、   く,,--`""´  ,,,/`、.:.:.:ゞ\           l!         イ.:.:,! .!/
   |  l´    ,,,-;;"´`、;;;;;.ヽ.:.:.:\`ー       _____.       //.:./l'!
.   .l  |   r'´ヽ;;;;;;;;;;;;;;;>-"ヽl.:.:.:.|.        .--"―――‐‐`‐   /.:.:.:l.:.:| リ
.   .|. .|   |  .ノ、;;;;;;;./::::`、::::ヘ..._,}   \      ー―    / |.:.:.:i / l,!
.   .| ノ  / ,l´ .ヾ、,/:::::::::`、::::ヘ| ヽ_ .   ヽ、.         ./   {-、 |l
  .ノ /   }  |  /`"`――――ッァ``-、_. . ` 、      /   ,-ィ'' .| 入
  レ    i、___l/  ,,______ ノー―ヽ、` - ヽ、 ./---勹 __,,--| |从
 . |    /    /,-ー―亠゙゙゙ ̄''ア ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ;| |;;;;;;;;;;;;;{} ,!
 /        / /  ------- '";;;;;;;;;;;.;;;;;;;| |...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;{} 入



















.

920 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:25:30 ID:hkT3lvhI


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────
     \\                  /===!垈"´,__為lll心洲リ\
      \\               /  ─為llll},ィ淤l圭l丞為Ⅳ   }代
        \>、            /   ィ圭圭圭圭圭才´守   為lll心
\      /\\         /    ===!垈"´,__為lll心  \ 〔淤圭圭丞
  \   /   \\      /      ─為llll},ィ淤l圭l丞   '守圭ik会ュ。丶
   \/   /´\\\   /       ィ圭圭圭圭圭才´     '守圭斧㌢ ヽ',
     \ <´    \\\/                        `'冬淤冬淤t ',
      \\     \\\            ===!垈"´,__為lll心   ゙'廷i代冬淤,'
        \\     \\\           ─為llll},ィ淤l圭l丞 ,' 》i淤〉冬淤,'  ))
          \\     \\\         ィ圭圭圭圭圭才´k,' '為ソ´ \/
           \\     \\\               _..' }代   Ⅶ / ξ
             \\     \\\      二====!垈"´. / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              \\     \゙' 、゙' 、_    ──為llll},ィ  |  ズルッ…   |
                \\     \ `'ll≧ュ。_   ィ圭圭圭.  \_____/
                 \\     為圭圭丞二,ィ劣圭㌢ 寺/''´
                   \\  為圭圭圭丞 劣lll斧   ./    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                    ゙'、_゙',炸,圭l圭l圭l丞     /      |  ズルッ…   |
                      \\   圭Ⅳ\\\         \_____/
─────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     <  あら、おじさま。   │
      ヽ、________ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────
              | /\_   |r‐' ノ ヽ`ー、  .!     l //V
              レ | /ヽヽ_}´ ̄ ̄ ̄`ヽ\|     l/| /
 ./ ̄ ̄ ̄ ̄\      レ  V Y r' ̄ ̄ヽ-、 |ノ     l "
 |  ヌチャ…  |          lコ{    ノ⌒ヽヽ       |
 .\____/        _/  `ー―'´   ', |     .|
                 |           |l __ j
                 |     ____  ,j l|丁l 「ヽ!   ./ ̄ ̄ ̄ ̄\
,! ./  ,i";;{_           v´ ̄::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ| | |-|l. |    |  ヌチャ… | ;;;;゙゙''''''";;
!     ゙L;;;;;゙>         `ー――――――┬' ノノ-||__ !    .\____/'´;;;;;;;;;;;;;;;;
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ         i'''jVl ̄j⌒lヾ>ー、        `''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア   ,......、   ,iミ;;//l/弋ノ`ヽ〉;} ._.. ;;i       .};;;;;;;;;;;;;;;;
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-. : '!''L,l゙    l.;;;;;;゙ゝ、,i''";;;;; !l/        \!´二..,,,_,..--'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,    `''''''i_;;;;;;;;;i;;,゙ `ー‐-----―';;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''″  .,/;;;;;ゝ..r‐┐   i";;;;;;;;i┘  ゝ、;____,,/´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! ---'''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !   .〔;;;;;;;;;;;;ヽ :lニ二'゙'';;.    .,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;
─────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

921 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:26:24 ID:hkT3lvhI


     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丶
     l  あんまり遅いから、待ちくたびれちゃったわ。  │
     ヽ、______________  ____ノ
                            ∨
             .  ャ――z
             .  /  /
゙'-,;;;;;~゙''''ー.  lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、             i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
  \;;;;;;;.  ∠,,、 -z    ,r――― ''"    i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;. 、 '"´,、ィ   /     _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ヽ\.  、 '" ,、 '":ツ   /      |^l;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
 .  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡 ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、 | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │ .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.! .      .\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;..  .'´    / /l/     .,/,_ |        ;‐i゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;;. ,. -ォ大、-、 _ .\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;.  //       l_,'" | .|      lニ ニl    .. / ´iV//| ハVハヽヽ .;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し.  {_,l゙       .〈/!_|    . // i.:.i ` |i |! |` |! :i ',:ヘ .;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  .!;;;;;,./ '´ `''i;;;}    .!;;;;;;;;.!  /;ヾヘ;i、;;; l  ./ ;;;. .. | i |斗ニ―-ニ‐-|:. i:} .ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、.!;;l゙  _,,!;;;;;;;;;;;| .l゙;;;;;;;;;;;;;;;.│  ,!;;;;;;;;;;;. ハ:.:. k七i`  ´亡ハイ /イ .   `''-、;;;;;;;;
;;;;;;;;;!  .!;;;|、 〃 |}.!;;゙''i .!;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;;;;;;;; |  |;;;;;;;;;;.. l (ハ、ゝ  __'_  /イィ:.| .; ̄ヽ  ゙'、;;;:
;;;;;;;;;!  .|;;; !    ‐r .!;;;;;.!  !;;;;;;;;;;;;;;;;!.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! _.!、;;;;;;;. l :i `ー'、  `ー ´  ./,ノ | .;;;;;;;;;ヽ  `‐
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~''"| .!;;;;;;;! .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l, リ、'│. l :i i  i:ゝ、    イ:.i :i | .;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;xv、 _;ヽ.l} .. l :i i  i:.:.:.|  ̄ |:.i:.:.i:. :i i .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;_.;;;;;;;;`'' |>,゙l|/.. l :i :i  i:./     `ヽr- _ i .;;;;;;;o ィ″
;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙゙゙";;;;;;;;;;;゙゙ー ,_`゙''ー、.;;゙ '.l'. l :i :i_ - ´_ 、   -‐ ´:i|   ヽ .ゝ;;;;;;;.\.
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ..,,;;;;;;;;;;;;;;;`''-、 ゙く;;. /://     ` ´    ,r| .i  } .;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .,,、 `'''、.;;;;;;;;;;;;;;;゙'、 .l. //.{  Y     :i  _,.rrvく_.Y  ハ .;;;;;;;;;;;;;;;
ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′  ヽヽ  `ぃ;;;゙ミi.;;;; . // /ト、ェrv‐r-rv:{ィくv ´ ̄ `i:  i ', . ゙゙̄''-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,    !ヾ   〟 _.`マ   ヽ; l. };;;. /  / i :{´ ̄ ̄` Y ´     i: /i   .ー ,,.
;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八〟   .,..,ii''7ニ'>i、   _,r、/;;;l/. ノ :/  ハ :',           /: ハ:.i  ',、 .;゙'、
'.!;/./;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;l   .,i'゙‐';~丶;`;;;/  /丶;;;;;;;;;. / :/  /:ハ :',         イ:. ハ:.ト、   \ .

924 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:27:07 ID:hkT3lvhI





    :/\___/ヽ .
  ..:/|||''''   '''''':::::::\:          \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
  :.| ( ),   、(  )、..::|:          )                  >
  :.| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,""..:::|:          <   グレーテル!!     >
  :.|   ´,rェェェ、` .:::::::::|:           <                 (
  :.\  |,r-r-|  .:::::/…          /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
  :/  ヾ`ニニ||´ / ̄"''''ヽ:



.

925 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:27:47 ID:hkT3lvhI


    /\___/ヽ
   / ,,,,,,,ノiヽ,,,,,,:::i|li:\
.  |(○),   、(○)、 :| +      女の子がなんて恰好をしてるんだい!
.  | ⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒ u.::|         はしたない!
.  |.u   (^・^>  。.:::::::| +
   \ ゚  ⌒´ u .::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




            ,. -ォ大、-、 _
.          / ´iV//| ハVハヽヽ
          // i.:.i ` |i |! |` |! :i ',:ヘ
.         | i |斗ニ―-ニ‐-|:. i:}
         ハ:.:. k七i`  ´亡ハイ /イ     だってぇ…
.         l (ハ、ゝ  __'_  /イィ:.|
         l :i `ー'、  `ー ´  ./,ノ |     返り血でドロドロになってしまったんですもの。
        l :i i  i:ゝ、    イ:.i :i |     濡れている間は良いんだけど、
.        l :i i  i:.:.:.|  ̄ |:.i:.:.i:. :i i     乾いたら気持ち悪いわ。
.       l :i :i  i:./     `ヽr- _ i
       l :i :i_ - ´_ 、   -‐ ´:i|   ヽ
       /://     ` ´    ,r| .i  }
      //.{  Y     :i  _,.rrvく_.Y  ハ
     // /ト、ェrv‐r-rv:{ィくv ´ ̄ `i:  i ',      ──────────────────────
     /  / i :{´ ̄ ̄` Y ´     i: /i            扉を開いて現れたのは使用人では無く
    ノ :/  ハ :',           /: ハ:.i  ',、      両腕と髪を真っ赤に染めたグレーテルであった。
   / :/  /:ハ :',         イ:. ハ:.ト、   \       彼女はなぜか服を身に纏わない肌着姿で、
                                       歳相応の身体を晒している。
                                ──────────────────────

926 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:28:00 ID:mG1egcU.
宇和ぁぁぁぁあああああああああああ

927 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:28:23 ID:TeFvJWpc [5/5]
わー……

930 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:29:17 ID:hkT3lvhI


     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/l:/:.:.:.:./.:/l.:l.:.:.:l.:.:.:.:l.:.:.:.l:.:.:.l
.    j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:/:.:.:.//.:/l.:.:/ .メ //:.:.:/:./ |:l.:.:.:|.:.:.:.:|.:.:.:.|.:.:.:l
    ノ.:.:.:.:.:.:.:.: .l.:./.:.:../ ./ノ /.:/.///.//.:.:/.:./   ヽ.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.|.:.:.:l
    イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/.:.:.:./ーメ,,_//__ノ.:.://.:./.:.//,,-‐'''ヽ:l:.:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.l
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/.:/y=‐‐-/、  // l:.l.:./ l.:l  ,r‐''"ヽ`ヽ/:.::.:/リ.:`j
    .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l/{   ,.-c、ヽ l/ l//   lノ/ r‐c、 .リ /.:.:.:/./ l/ヽ   な…な…
     l.:.:.:.:.:..:.:.:ヾヘ`、 ゝ゚-' , ./  / .i ´イ 、 ゝ゚-'ノ ノ./.:.:/ l
.      lヽヽ.:.\ヽヽ  ` ̄´     ノ . li    ` ̄´  ///.:./ /
       ヘ.:.:ヘ.:ヘヽ\          |i        /.:/.::./
         ヘ.:.:.ヘ.:.:.:ヽヾ        lリ      //.:.:.:/
          ヘ.:.:.ヘ.:.:.:.:\_     ___      イ.リ l/
           ヘ.:.:.ヽ.:.:.:. \   -'――‐‐`- /.:l.:.l .リ
          ヽ:.:\.__  \   ー‐‐  / l.:.i./ リ
            \ノ `ヽ_ `ヽ    / ,=-'`i入
             i´`ー---ヽ_ `  イ_ノ_,,-‐'ヽ从
              ノ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;|}入



.

931 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:30:11 ID:hkT3lvhI

     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|    あーあー。そんなに返り血を浴びて…
  |    /,.ー-‐、i  :::::|    髪までべっとりじゃないか。
  |    //⌒ヽヽ  .::|
  |    ヽー-‐ノ  :::::|    もうちょっと女の子らしく、お淑やかに待てなかったのかい?
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\




                    _,. -─‐- .._
               ,. ´´ ̄,>>ニヘへゝ.._
              // /./// /l lヘ. \`
                / /  /<,.イ / / ! l ヘ l 、 ヽ
            / l , l {.__,厶/ {  |│l |l l ハ
             / イ_{ |リV /ノ` ゝノ 」_j. 川  }
          /  / ヘ! r‐==、     `メリ  イ   やぁね、おじさま。
            /  ,ハ           ,! ‐=ミ //ノ'′  お話しなんて回りくどいことせずに、
          /  ,/ /`ヽ.    ._       /イ「     ・ ・ ・ ・ ・ ・
        /   / / ,ハ、    `¨´   ノ l |     いつもどおり、これのほうが手っ取り早いでしょう?
       /  / / / /イ{、丶     ,. ´l| _ -ヘ
      /⌒ゝ'‐-一/  |'ゝjハrゝ-ァ´\-,ニ‐  ̄ `\
    , イ:.::.::.::.::.::.::.:/   l、v  ̄j「、,ゝ、/ \:.::.::.::.::.::.\

                           ──────────────────────
                                  貴族の男が呆然とする隣で
                            ダディとグレーテルはにこやかに言葉を交わし合う。
                           ──────────────────────

933 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:31:02 ID:hkT3lvhI


                        - .ニ -   ,.-‐
                       / /     /v_´,.
                           ./ ./      ヘ__/
                         / :/         //:
   _                  / /  /       /く:
   、  ` 、                / i  i //-―- _:/  `     ああ、そこの麗しいお顔立ちのジェントルマン。
.    \  \             /  |  i :il     /`ト、      お土産よ。
      \  ヽ          /  :|i :i _i|_i   .:.|.:
      ,ゝ  \        /  /|ハ :i トてノ`ドミヾ-`_/
     (   ̄ ̄ ヽ    ./  ゝ` :.N: | ` ‐-´ `ヽ
     .ノ` ー―- 、 i `、 /   /ヘ ー\!
     ',  、__. ', l ∨   ://  `-!
     {      `, V  |   ://   人        /
       ゝ ー-z、  、.ゝ | ̄ ̄` 、 /:il.|\   `ー _    ──────────────────────
       `ト、  ゝ、ゝ  |:.:/|:.:.:.:.:.::\ |'ヘ  \   `       グレーテルは思い出したかのようにそう言うと
      ト、ヘ\  ノ ∧|//|:.:.:.:.:.:.:::::ヽ `ヘィ:.:` _ -‐   手に掴んでいたそれを貴族の男の目の前に落とした。
                                   ──────────────────────


┌─────────────────────────────────
│               /  /   ,,-''"       ,  ...........
│.           /  /   /       _,,-ー'''"}::::::::::::::::::.............
│          /  /   /    .::ヽ,,-''":.:.:..::.:.:.:..};;:::::::::::.......        ノ
│          / /::...  /.::   .:::::/ー-,,_.::..:.::..:.}ノ      .::::::_,,-'ー-''
│         /:::... /     .::/. . : : :    ~"' 'ノ     ..::::::,,-'.::::       .
│       / ゝ /ヽ     ,,_ /. . : : : :      /    ヽ.::::/...::::::
│       /  ノ /   ノ   ..:ノ.: : : : :      /::.      ..::/.::::::
│       } -'  'ー''"  .:/.:::        /,,r、    ..:./.:::::::::
│       "''ー  "''ー-''~...:::          { .(  `ヽ .:.:/.::::::
│                            ヽ .ヽ、_,,ノ.....:::::     「|
│                               `''ー''        | l r n
│            |l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!    | l |_| l
│            |l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!    l ヽ└'
│            |l!1!|!l           | |l!1!|!l|!l!    | lヽ \
│            |l!1!|!l             i| |l!1!|!l|!l!    | l  ヽノ
│            |l!1!|!l |          l| |l!1!|!l|!l!    |_j
│            |l!1!|!l |          l| |l!1!|!l|!l!    _「l「L. _
│            |l!1!|!l |!           .l| |l!1!|!l|!l!   └‐┐i r‐┘
│            |l!1!|!l |!         || |l!1!|!l|!l!      L| |
│            |l!1!|!l |!         || |l!1!|!l|!l!     └‐'
│            |l!1!|!l |!,         .|| |l!1!|!l|!l!      n
│            |l!1!|!l |!i     i    i.|| |l!1!|!l|!l!      U
│            |l!1!|!l |!l     l    l:|| |l!1!|!l|!l!       0
│            |l!1!|!l |!l     l    l:|| |l!1!|!l|!l!       O
│            |l!1!|!l |!l     l    l:|| |l!1!|!l|!l!
└─────────────────────────────────

935 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:32:02 ID:hkT3lvhI

─────────────────────────────────────────┐
         ,,..、._,ii、 -,,..-'';,i'   |;;;;;;;;;;;;;.;v―ーi;;,,v-ー'"          ,,-- 、               ....│
         ヽ./   `゙ヽ,;;;;__ゝ,, ..,,l゙;;;;;;;;;;./              _,,iiiニソ一'" : ii、             ....│
、             _,,ミ/゛  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐'―― .... r;;;;ッr‐'''''"゛  .y、_                   ......│
;ヽ、  .,ノ7       ヽ‐゛   ,r''゙;;;;;;;;;_,.-───‐- ,.、       ヽ;.|                    │
'''-、゙゙ア'"             {,゙二、,,-/_,.,. ──.、_,. -─‐-、`'‐、      ゛                  .....│
  ...l′   :l";二゙''''┐      ,,´‐'"            `'‐ヽ      ['l、                .│
._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,//, _,. ‐ ‐.、  、   i   _,. 、.._  i、      `゙"              ....│
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l/ フ _,.、._  \ ヽ /,.‐''"    ヽ、i、              _,,           │
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"  i ./‐'" ̄`'‐、 、_i、i | |/,.  _,. -,,=.,、 i、|            ゙‐' |.l       .│
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ   ,.‐'i /   ‐'," ̄ヽ‐、ヽi //二ニ‐''"‐、   | i \     .,,,     . l、;゙¬.    .│
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  `/ / i,  /"    > > | <∠   >   | i,  \   !;;゙''┐    .゙'ー'"      .│
    ,-シ、;;_ノ   ,i´    i. | '‐二-‐''" /  | i‐-、ニ二-‐  | 'v   ヽ !、;;;丿            .│
;/  ,r./  l;/   ‐'     i. | i、     _,  ,.  、 ヽ      | |    ',  ´   ,,、   ,、     │
,! ./  ,i";;{_    |      | |、i、   _/`'     '' \_    / | /,     i    .|;;;;゙゙''''''";;.l、      │
!     ゙L;;;;;゙> i     `、 i. l   '   ____  `   / / i/       |;;-一'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     │
..,i¬―''>..     |        '、i  r _,. ‐''" ,----- 、``'‐.、ヽ, ' ./ /      | `''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ    .....│
: };;;;;;;;;;;'\.    l        ヽ    ‐'"  ∧  ``''    / /       |   .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、    ..│
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-. ,.‐' ``'‐、`iM    ,.イ / ',  i\    ト'V ,. ─.、,,,_,..--'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛      │
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;.    i.  '      | \ / / ./   i  ', \/ /    `ヽ  i゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     │
..!、_;;;;;;;;;;;;;.       ',        |   `   ̄     ̄     /       i /  : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     │
 .ィ";;;;;;;;;;;.       i、      ノ \      __     / .|       /=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;    ..│
.ー'゙;;;;;;;;;;;;;;.       'i'-.,,._,.‐'"    \_,.=ニ-─-ニ=、/   ヽ、   _,.'    ..   . l-x,;;;;;;;;;     .│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;v ..,,,,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'―- -ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'---、                "  .'|゙゙''、    .....│
.l´|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ン- /     ゝ-..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬';;ナ'             l7   l       .│
;;;;;;.,,_.;;;;;;;;;;;;;/             |;;;;;;;;;;i¬ー-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{´                    !        │
─────────────────────────────────────────┘

  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
<   ち………   │
  \______/

936 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:32:46 ID:hkT3lvhI


::::::::::::::,:イfkァ.:::∠ミ 、V.:::/ /.::::.:::: イ____,/.::::/-‐ ¬.::
.:::::::/ff /∠    vハ}イ /.:::ィ7 //.::::::/.:::::/-──‐ァ.:::i
:::::/  {L//{{℃ik}} vハ/.:::/ { レ'/⌒`イ.::::::/_ ー──ァ.:::/|
.::/ \メ、 `¨¨¨´  v.:::イ   ゝ一ァ' /.::/  _xkァ==イ::::ムミ
:/  ` `三≡==一zl.:/     / //  >'"´ _   _」:/       |\     /\     / |   //  /
′      ‐ ==ァ斗 ´        /L_ イ    {{℃fL}{}      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
          |          /   ヽ、ヽ、  `¨¨¨|l ,ィ/    \                     /
、         {               \ `≧xz={彡イ:    ∠      父上!!         >
::ヽ         |   、             `   `≧´.::::    /_                 _ \
\l                       ー==ニ二:::__::,:::::     ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
          /` ‐-  _               /.::::::      //   |/     \/     \|
         ハ、      `丶、           /.::::::::::::
',       ∧_」三三ニ=‐ .、 ハ        /.::::::::::::::::::
∧      /三三三三三==三L」        //.::::::::::::/.::
/∧    /三三三三/       l     /イ.:::::::::::::/.:::::

                                ──────────────────────
                                    はたしてそれはブリタニア家の前当主。
                                      貴族の男の父親の首であった。
                                     豊かな白髪は血で真紅に染まり、
                                白目をむいて青ざめた顔に生前の威厳は欠片もない。

                                 彼女の持つ斧で乱暴に切り離されたのだろうか。
                                     首の付け根の肉と皮は剥がれ、
                                        ぐずぐずに潰れている。
                                ──────────────────────

937 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:33:41 ID:hkT3lvhI

    /\___/\
  /        ::\
  |               :|    グレーテル、他は?
  |   ノ   ヽ、   :|
  | (●), 、 (●)、.:::|
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
  /`ー `ニニ´一''´ \




             //  /   /::/ / /  ∧::,\::イ
            / ,'   '  /  L/ / '  ! ハ::', ヽヽ
        // {   {  |  |   ! l   l l T  ハ ハ
          //   '   l  |斗┤- l  l   | ! !  ! | ハ
       //   ハ ハ 从 A |   |  l  斗| 、|  | i| |      ・ ・ ・
.       //   ∧ V  弌之外 ̄ ` ≦_// ' / / '      偉そうだったのはソレだけよ。
.     //    ' ∧ N ゝ ¨¨`    代 fミ/イイ ィ
     //   / /_iハ       ,  `¨¨ / イ |
.  //   / / 、 ハ     {`  ァ     /ィ  l  !
../ /  , ´  ̄ ̄ヽ ヽ ヽ   ー    , 个 |  |  |
.  / / : : : : : : : : : : \\>  -‐<   | |  |  |
  / /::: : : : : : : : : : : : : : :\}、!  ̄\__'  |  |  |
. / {::::: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽゝ=、 、\:: : :ヽl  l  |
,'   !:::: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽゝ ヽヽ ヽ:: : :\l
   l::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ V/    ヽ: : : \

938 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:34:27 ID:hkT3lvhI


    /`ー──一'\
   ,r(●)(、_, )、(●)\
  .|  '"トニニニ┤'` .:::|     そうか!
  .|   |   .:::|  .::::::|     ルルーシュ殿、良かったですな!
  .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|
   \   `ニニ´ ..::::::/
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



           ':.: .:.:./ .:./.:.:/:.:.: .:.l .:.l:.: .:',:.:.:.:.:.:.:.l
           ,'.:.| :.:.l. :.:.//:/:.:.,':.: .:|:.:.:!:.:. .|:..:.:.:.:.:.:|
            /:.: l:.:.:.|:.:.//:/:.:./.:.:. //∧'.:. !:.:.:.:.:.|:.l
         /イ.: .|:.:.:.l://l//:./.:.:.:./// _ヽ:l:.:.|:.:.:|'.!
          / /:.:.:.r':.:.|ド㍉、'/}.:.:.///_,∠zミ.|:.:l.:.!:{ ヽ      ふ、ふざけるな!
         /´|:.,:.ヽハゞfェ'イト.|:.//廾ゝュ'イフ:./ }:.lヽ、      なにが良かっただ!!
           |:.{ヽヽ:ヽ  ̄i!´リ ,'    ̄ //イ:.l'.!
           ヽ! ヽ:.l:ヽ.    i!    /':.:.ハ:.| ヽ
                l:.|:.:.\  !ニニ! /l:.:.| ',{
              リ.ソ}Fr>、`=´イ/ヲ.:.{  `
               ノl`=r ≧≦ヲ/f |`ヽ         _ -‐ ' ̄}
               / 艸 | |: : : : | | 圸`ー---‐´ ̄ ̄ ̄: : : : : : : /: : ̄¨}_____
        _ -‐ー‐ ´: : : 丱 | |: : : : | |: :卉: : : : -─= : : : : : : : : : /: ://: : : : : : : : : : : :
  r──' ̄: : : : : : \: : : : : : : } }: : : : { { : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : /´: : : : : : : : : : : : : :
  ',: : ヽ: : : : : : : : : : : `ー- : : | |: : : : : :.| |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: / : : : : : : /: : : : : : :
   ∨: :', : : : : : : : : : : : : : : : : | | : : : : : | |: : : : : : : : : : : : : : : : /: /: : : : : : : /: : : : : : : : :
   ∨ : ヽ : : : : : : : : : : : : : __| | : : : : : |└──二二才: : : : ://: : : : : : : _/_--───

                               ──────────────────────
                               グレーテルの言葉にダディは喜色を含んだ声を上げた。

                             その言葉を聞いた貴族の男は取り乱したかのように激昂する。
                               ──────────────────────

939 名前: ◆ja6Rq/0cd6[] 投稿日:2010/12/04(土) 22:35:29 ID:hkT3lvhI


        /\  , 'ヽ
.      /   ゝ、__ヽ
    /          ̄¨'''_‐-_、
    , '             =≡=ヽ _
  /               ,',r:ミ〟  /         良かったではないですか。
 /              ,-‐{ {::::j i  {          一族の被害が引退した前当主だけで。
...′                ヾニン __`ヽ
..i                    j、_,, ノ       大事な大事な妹御がご無事なのですよ?
. i         ヽ、      -rイ_ , ‐ゞ,
 i.          i       | `‐‐-く
. 〉─-        i       `_,,`ニ>'
..,,}─- 、   ',    `          ヽ              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.i::::::::`::::::`ミ、ヽ`ー‐- 、  ヽ、_     j             │   なっ!?      >
l:::::::::::::::::::::::::::`丶`丶 、       ,r‐''"               \________/
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、 ` 、 _ ィ´
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、 `ー'r-、
゙;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、   i  ヽ





  l      /     /     /::::/  / /
  |      ./     /   / /:::::::/ /:: / /   /
  |      l     /   /xヘ  / / :::::/ /:/  /
  |      │     ./ </   X /: :::::::./ /:/  /
  |      |    /〃え≧仆く/\ ::::::../ /:/  /            貴様!
  |      |   :Ⅳ /圦;;;;;;;;;必\ \:/ /:::l. /
  |      |   lY fう;::ゝ;;;(⌒\\::/x'::::│/ /!   !         ナナリーを、俺の妹をどうした!?
  |      |   |{ 弋ヘ:::::::::ヽ  ハ、//::::\l/ /│   | │
  |      |   小、 夊三三:ゝ'′/∧ ::::::::〉∧│   | │
 ∧.    ll    l  ヾ、.        //::;ヾ、:::/∧∧!  :| │
 l ∧    |l    |     `ー==≡≠≦. ∨/ ヘ ∨  |l  |
 l ∧    | l  │   __ ニ二三V;三ニミ/∧:ミミヾ∨./ \!
 l  ∧  | l  |               V.::::::::::ヾミ=l l三彡    ──────────────────────
    ∧. l  \ |                   ヾマリ三彡              ダディの言葉に
                                     貴族の男はグレーテルに喰いつかんばかりに詰め寄る。
                                     ──────────────────────

940 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:36:27 ID:hkT3lvhI


       /// ,イト、ノ  \ \ \
      / ./ / // l  |   ヾ\\ \
     /// /  | l  |  |    |:ト、\\ \          あら怖い。
     l l | |__,斗─┴ー|/ / //、 \\\ \         手は出してないわよ?
      L!<ト、 `z=≠' / /从〉 }ヽ  ヽ \ヽ ヽ
        ヲ     //  厶ハ ',   ', ', \        まぁ、少しだけショッキングな光景を見せてしまったけど。
        \ __ ,      /  | |  l   | | | ',
          ヽ-──-く/´二l l  |   | | |  l
         /.:.:.:.:.::::::::::::::: ̄`// ,.|   | | |   l
   _ / ̄`ヾ=ー-::、::::::::::::::::// /:|   | | |
   '..:.`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ l /  |   | | |
                               ┌────────────────────
                               │              ; }    j     / ;
                               │            ; ,'     ,'     、 ;
                               │              ; /    ハ ⌒  ヽ ;
                               │            ; /    / ; ; ヽ.   ハ ;
                               │           ; ,':.ヽ _,/ ;   ; ヽー'::::::ヽ ;
                               │.          ; i:.:.:.:.:.:.:/ ;      ; ヽ::::::::::\ ;
                               │          ; , :.:.:.:.:./ ;      ; ヽ::::::::::ハ ;
                               │         ; ,':.:.:.:.:./ ;         ; l、___;/ |! ;
                               │         ; /:.:.::.:./ ;        ;l r―; ,!l ;
                               │         ; /:.:.:.:.:/ ;        ; {ヽ二.ノノ ;
                               │.        ; /:.:.:.:.:.:{ ;         ;ヽ--‐''′;
                               │         ; ,l:.:.:.:.:.:.:ト、;
                               │      ; l l:.:.:.:.:__l { ;      ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                               │         ; ! `二 -, l ;      |    ガタッ    .|
                               │        ; l:、_ー‐'_ノ! ;     .\______/
                               │       ; ヽ、: ̄:::ノ ;
                               │            ` ̄
                               └────────────────────
                               

              // /./// /l lヘ. \`
                / /  /<,.イ / / ! l ヘ l 、 ヽ
            / l , l {.__,厶/ {  |│l |l l ハ
             / イ_{ |リV /ノ` ゝノ 」_j. 川  }   あら?
          /  / ヘ! r‐==、     `メリ  イ   噂をすれば。
            /  ,ハ           ,! ‐=ミ //ノ'′
          /  ,/ /`ヽ.    ._       /イ「
        /   / / ,ハ、    `¨´   ノ l |
       /  / / / /イ{、丶     ,. ´l| _ -ヘ
      /⌒ゝ'‐-一/  |'ゝjハrゝ-ァ´\-,ニ‐  ̄ `\
    , イ:.::.::.::.::.::.::.:/   l、v  ̄j「、,ゝ、/ \:.::.::.::.::.::.\
   / ノ.::.::.::.::.::.::.:/    l ^^'1| _リ >′   \:.::.::.::.::.::.\

942 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:37:17 ID:hkT3lvhI


      .,イ.  .|   .|  〃 ," .l    .| |  .、        ヽ! l    l,'
.     ,' |.   .:|   |  〃 /l  |   _,,,l l-‐'' !   ‐、_    . l /    /
    .l |.   .::l  .l . /.l ./.|-‐‐キ", ̄ | l        `ヽ、_ .l./     /
.     .l  |  .:::l  / ./ .|./ |______ヽ.!   .|.l     ‐,- 、_ //   /
   ./ . .:|  .:::::| /...il .l.l ___lヽ___,,,,|`   l.|    _'´   `〃    ./       お兄様…
  .ノ  .::i! .:::::/´.: l|: ..|l゙〃::::::廴_lヽ    ||    ‐-二__‐ .l.| |  /
. /  .:::i|. .:::/  :::.||:: ハ_ゝ:::::::::::ノ_     ll     7::::c`ヽ、|、| .//        お父様が…お父様が…
' ′  .::::/:!..::∥.  ::::l:::.. .ハ ̄|~||~|| .     i!     _込::::`‐:ノ .|ヘ/.l
  ..::::/_ノ;;;;;;l:.   ::`、::.  | li .ll .l!.    |        ¨¨ド、 .l./.l.l
....::::;;r"´._,,..-.ヽ、:...  ::::|:::: l .l ,′l     .ノ l        〃ィl.|
:::;rニx‐"     ヽ、;:::l:::: .|ト`、i  l .ノ.   ′  l   /'´/ノ.l
‐"´          :ヽl::: l、ヽl`ー'.l´ くニコ   `ー/〃≠'´:::|
、_            :ヽ;:. ヽヽ\  l          _,xl.l::::i:::::::::: l
:〃ヽ、           l ヽ;:. iヽヽ...ヽ|      .ィ'/ .`.|l、':::::::::  l  ./





  l.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.':.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:/.: /.:.:.:.:.:.:/.:.::/ }:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:リ.:.:.:l:.:.l \
   |.:|.:.:l:.:.:.l :.:.:.l.:.:.:{:.:.:.:/: :.///.:.:/.:/.:.:.:.:.:〃.:.:/ リ  V、 .:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.: /.:.:.:,'.:.:.{   丶
   l/!: :|.:.:.:|.:.:.: |.:.:..l.:.:./\{_.//:/!:/:.:.:.:.:.:/.::/ 〃  ノ"ヘ.:.:.:..:l:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:ハ
  ./ |.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:l.:.:.:l:./L∠=ミ 、 |.:.:.:.:.:.://  / 彡>=ミ∨.:.l.:.:.:/:.:.:.:ハ:.:/  ヽ
 /   V:.l.:.:.:l.:.:.:.:∨:l〃   〃\\|:.:.:.:.://{   //〃    ヽ∨/:/.:.: /:l:∨
./   |.:.|.:.:.:l.:.:.:.:.:.', {    ィだハ`ヽ|.:.:.:.//八 // /  ィだハ  /}.:./.:.: /:.:l.:.|
    |.:.l.:.:.:∨.:.:..:∧\,c弋Yソ  |.:.:.//   〃'"ヽ.c弋Yソ ノ/レ'.:.: / }:.:l :.!        ナナリー!?
    |.:.l.V.:.:.V:.:.:. 人 ;; ̄ ̄ ´彡'|:.:/`ヽ ^ /  `ミ、` ̄ ̄'''//..:.:./ / リレ′
    |.:.l V.:.:.',:.:.ハ ;;      l/   l              //:.:.:./ィ∨           来るんじゃない!!
    l.:.l   い:.:V ハ.;; \         |           /.:.:/イ.:./l:.|
    ヾl  `ヽ.:.:\.:.\          l           /_彡l.:.:.:/ |:.|
          V .:.:.\.:ヽ      , ‐ - 一 、      /.:.:|.:./ .|:.|
           V.:.:.:.:.:l:.:.:.\     /   ̄ ̄  ヽ    /.:.:.:.|.:l  レ' ──────────────────────
            Vハ:.:| l.:./.:}\ 〈廴__ __ノ〉 /{ ヽ.:.:.:|.:{          扉に身体をもたれかけながら、
           } }.:.} {:.{:.:{   \   ニ二ニ   / .ノ.:.)}、:.:lV           一人の少女が姿を表した。
           ノ ノ リィ∧:.\   \       / /::/ >\}          彼女もまた全身を血で濡らし、
                                        そして足は小刻みに震えて彼女の心情を表している。

                                             すぐさま駆け寄りたい貴族の男だが、
                                            この部屋には他に殺人鬼が存在する。
                                         彼女を危険から遠ざけようと制止の声を上げた。
                                        ──────────────────────

944 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:38:18 ID:hkT3lvhI


             i! ./ .:   /:,r‐彡‐'~´ ̄``´      `i   |   .i i|
           .| / ..::  i::'彡'´          _____|:  i、.l;.   { .|
             Y .:::: ヽ、!:::i  _,,,..-‐"`     '     l|:. :ヽ lヽ、...|  ト、
           l :::::: :::i ヽ!‐'"´,.r-t       Z二`‐!l:::. :.ヽ、`ヽl、 .lヘ
          ヽ::::::. :::| .`、´_,,.==ミ-     .7',二ミlハ;::. :::. .ヽ、 .ヽハハ       お兄様の声…
            lヽ;:i:::l .:: .l/'.,イてヽ      .´i:::::廴i.l.}∨ i:::: ∧. .}.ハ,ヘ
               l 〉:/ /: イ .l::::::::::::l       l::::::::::::l ’ヘ;l..|::::  ハ !: lハ      お兄様、どこにいるの?
              |./:/: ,': ./.゙ ∨;;;;;;ノ         ゝ-- '  l ll ,!:::  .ィ lノ: .i! l
             |':;': .|: ilヽ   ̄       i;:        l/ノ::  ノ:! ,!:::..ハ . l
              l:l::  ヘ;.!ミ,ヘ       _    `ー-=彡';  _∠イ-'=、;_ ヘ. l
           i`l;:.  ::..ヽミ=--イ    ´―`     ,イィ'´,r'"      ` .、ミl
.            i! .ヽ、..i::::::...:ヽ'´:.,,、           ィ ィ!'/,r"           .ヽヽ、
            /!.....| ::`i:;::::::l  l'":::::::/  _   ,ィ_,.イ i//' ..   / .: .:      ヘミ、.ヽ、
           ,イ,'.. .l 、ノ'/:;:::;'.:/.:::::: ,':   ヽ ̄ ヽrイl l :::::::.. ,'...: .:       ヘ \...ヽ、
.         ,イ,'.i.  .:l  '::l:i::::i./::   i:::   ....`i ̄~.::::l|/l l::::::::i .:: ::     _,,r-'"/  :ヽ、ヽ、
       /イ' l  .:::l  !λ!;:トミ=-  〈`ー-- 、::::′.:::_,,,/ .l`|::::::l.::::     ,r.'"::::::| /::.    .、 }

946 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:39:24 ID:hkT3lvhI




                                                   _,..-.,,、
                                                  /:::::::::_::ヘ
                             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\          レf/}/ リゞ
                            │  ナナリー?   >       _,>.-,イ-::::f^
                             \______/         f::::::::::::{ }_:::::|
                                                |:::::{c    c::::゙i,
                                               ,/:::::{:|.    l゙i::::{
                           r 、  i´Y    ! /           }::::/.|::|   l'.゙i::゙i
                           ヽ \j |/7 /リ           /::/ }::|    | | }::::f
                             ',   _>'´            f::::{  .}:|    | i  |::::゙i
                             ノ .//              /::::|  /::-―ー.:::{  |:::::|.
                          . / _〈  l     _/
                           ¨´  \_>一 ´/:
        ,‐、
      .rヽ, i i /´i
      .ヽ '゙ '゙ ./      ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    , -―ヽ._ /      |   ウロ…     |           ──────────────────────
、-‐ '     ヽ::} _`ヽ     .\______/                貴族の男の声に少女は顔を上げた。
        j:レ' `¨                                 そして兄の下へ行こうと歩きだすが、
/       .リ                ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\           その足元はおぼつかない。
     _ .. - '                |   ウロ…     |     そしてそれどころか両の手を前にかざしたまま、
-―  ´                     .\______/        見当違いの方向へと歩を進める。
                                        ──────────────────────

949 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:40:17 ID:hkT3lvhI


    /\___/ヽ
   / ,,,,,,,ノiヽ,,,,,,:::i|li:\
.  |(○),   、(○)、 :| +      あー…
.  | ⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒ u.::|         あれは目が見えてませんな。
.  |.u   (^・^>  。.:::::::| +
   \ ゚  ⌒´ u .::::/     +   強いショックとストレスのせいといった所ですか。
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.        余程酷い物を見たんでしょうなぁ。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/l:/:.:.:.:./.:/l.:l.:.:.:l.:.:.:.:l.:.:.:.l:.:.:.l
.    j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:/:.:.:.//.:/l.:.:/ .メ //:.:.:/:./ |:l.:.:.:|.:.:.:.:|.:.:.:.|.:.:.:l
    ノ.:.:.:.:.:.:.:.: .l.:./.:.:../ ./ノ /.:/.///.//.:.:/.:./   ヽ.:.:l.:.:.:.:.|.:.:.:.|.:.:.:l
    イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/.:.:.:./ーメ,,_//__ノ.:.://.:./.:.//,,-‐'''ヽ:l:.:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.l
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/.:/y=‐‐-/、  // l:.l.:./ l.:l  ,r‐''"ヽ`ヽ/:.::.:/リ.:`j        なんだと!?
    .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l/{   ,.-c、ヽ l/ l//   lノ/ r‐c、 .リ /.:.:.:/./ l/ヽ
     l.:.:.:.:.:..:.:.:ヾヘ`、 ゝ゚-' , ./  / .i ´イ 、 ゝ゚-'ノ ノ./.:.:/ l
.      lヽヽ.:.\ヽヽ  ` ̄´     ノ . li    ` ̄´  ///.:./ /
       ヘ.:.:ヘ.:ヘヽ\          |i        /.:/.::./
         ヘ.:.:.ヘ.:.:.:ヽヾ        lリ      //.:.:.:/
          ヘ.:.:.ヘ.:.:.:.:\_     ___      イ.リ l/
           ヘ.:.:.ヽ.:.:.:. \   -'――‐‐`- /.:l.:.l .リ
          ヽ:.:\.__  \   ー‐‐  / l.:.i./ リ
            \ノ `ヽ_ `ヽ    / ,=-'`i入      ──────────────────────
             i´`ー---ヽ_ `  イ_ノ_,,-‐'ヽ从               少女のそんな様子に
              ノ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;|}入       ダディは目が見えてないのだと他人事のように指摘する。
                                    ──────────────────────

953 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:41:20 ID:hkT3lvhI

                 ____
           ,  ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.
       , '´:.:.:.:v'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.'.
.      /.:.:.:.:._:.:{:.:rァ≠ミ、:.:.:.:.:.、:.:.}:.:.:.:.|:.:.:.      お兄様…
      /.:.:.:.:.厶≧f´ ̄`ヽ}:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:}:.:.:.'.
     {:.:.:.:.:.:,|        ',:.:.:.:.:.:.:.ヽ 、|:.:.:.',        お兄様…
      ヽ、:.:.{レ'    ̄ ̄`}:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ノ:{:.:.:.:.:.:.、
       ∧:.ヽ -‐     ¬、:.:.i:.:.:.:.:.|:.:.:、:.:.:.:.:.ヽ、
        /.:.:.}:.ハ-=ミ   ==ミ}:.:.:.:.ノ:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.ヽ、
      {:.:.://.:.∧   }     ノ小:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:}>、:.:.:.:.:.\
       ヽ{:{:.:.:{:.:.i> r‐  _,r‐〈}:.}/.:.:.:.:.:.:./   ',:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /.ハ、厂i{   {Y´} | |Y:.:.:.:.:.:.:./    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.     /:/:/.:{ ̄ト、  }     ハ廴:.:.:., '     |:.:.:.:.`ヽ、:.






───────────────────────┐
              ; }    j     / ;          ...│  ──────────────────────
            ; ,'     ,'     、 ;           │    目が見えて無ければ当然、足元はおぼつかない。
              ; /    ハ ⌒  ヽ ;         ..│     少女は何かに足を引っかけ転びそうになる。
            ; /    / ; ; ヽ.   ハ ;         │
           ; ,':.ヽ _,/ ;   ; ヽー'::::::ヽ ;       ..│     だが、その身体は地面に接することは無く。
.          ; i:.:.:.:.:.:.:/ ;      ; ヽ::::::::::\ ;     ....│           誰かに抱きとめられた。
          ; , :.:.:.:.:./ ;      ; ヽ::::::::::ハ ;    ......│  ──────────────────────
         ; ,':.:.:.:.:./ ;         ; l、___;/ |! ;      .│
         ; /:.:.::.:./ ;        ;l r―; ,!l ;      .│
         ; /:.:.:.:.:/ ;        ; {ヽ二.ノノ ;     .│
.        ; /:.:.:.:.:.:{ ;         ;ヽ--‐''′;    .....│
         ; ,l:.:.:.:.:.:.:ト、;                     │
      ; l l:.:.:.:.:__l { ;    ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ....│
         ; ! `二 -, l ;    |    ガツッ    .|   ...│
        ; l:、_ー‐'_ノ! ;    \______/     │
       ; ヽ、: ̄:::ノ ;                    .│
      <(      )>                ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       Y⌒YWWY                  <    きゃあ!     │
──────────────────────\________/

                                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                        │   おっとっと     >
                                         \________/

954 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:42:17 ID:hkT3lvhI


          ,, -イ´  ̄ ``ヽ、
        ,.ィ'´  _ ,r'´ ̄`ヽ、 `ヽ、
      ,.イ  .,-―ミ ,彡ー 、   ヽ、.ハ
      ./ .,イ." ,ィ=-、,r‐''''''''`i  .l  i i
     ,' .::: /i i:,r'´      l  .l  i .l         あ、ありがとうござ───
    .i .::::i l ll      __| . ヘ, .i .l
    l ::::::| ,' .::i!  ,,r'     l   ヽ,l .ト、
    | ::::::ソ.::::::`i'" _     ;'´ヽ、  .゙i |.iヘ               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | . ;/.::i:::::::;l " .`    ==-‐iヽ.  l l i. ヘ             │   駄目よ?      >
     ,!.〈.:::::l::;;イ _,ィ彡         l'’l ,イ .i .l . ヽ            \________/
     l ヽ;::l,'.r‐,っ、     ′   / / il l l! .lヽ、ヽ
    i! .::、_):l l ノ,ィヘ、_.   ` ´ ,イ //ノ` l .li l ヘ、ヽ
    l..:::::`i:::::l ./>i  ト'、-'/.li/  ィ ! . l.ヘ ヘ、 ヘハ
    ノ.:::/.:::l::、\ <!j. .| 〉‐〈  /ト イ ./ ノ‐.、\`ヽ、i.ハ
  .,イ.::;イ.::: /`ー ヽ ヽ, . | /l:::l∨i/ /,.イ/ ` ヘ .ヽ ヽ i
. / ::,'::|.::::l  ’i |i `i  `i l' .l:::l ,イ  ,´イ i.l    l   i l iヽl


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         }‐}‐=}  .:: .::l          `l      l
                        _____/,..r",コ  :::.:::l‐-__--‐ノ,.l 、     l     l     ──────っ!!!??
                     ,r'"´ ._,.r-‐/ .l .::::::/-‐‐、    `_三 ̄l    ,!
                  ,r"  ,r'" .,r'"/:     :::::l .i´必i`    イ-,、`、.l:..  :. ./              __ ,,、
                /  /‐-<____l::. ::.   :::l `ゞ-'       .!沙ノ l λ:.. ::.ヽr'"ヽ、,,. -‐‐.'."´,   ハ
               _,r,イ  イrィ-.、______>、:l、. :. .ヽヽ、_    l   `´  /ノ.l;:: :::.ハヲ  l i   .,,r" ,r / l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────
        少女は目が見えない。
          見えない、が。
──────────────────────

955 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:43:09 ID:hkT3lvhI


     //    //   / ∧/ ||  |    |斗  <,_  ! ヽ l  | ! ',
     //    l //   ,斗-   ||  |    | !    l} ` ト、 || ,' ∧. l
     / | l  |/ l    ll   |   ||  |   / |ィ彳_l|___|L. / / / ', l
    ,′l |  | イ   ||__ヽ_レ'  ̄ ̄´≦-─ー   ` / / ∧  l l
.、  /  ハ ヘ   ', ヽ__ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,z≦示z、|:::>/ ∠、l  l l     目が見えないのにウロウロしちゃ。
 ヽ/ ./ ∧ \ \   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´´::|{0.}l|〃 //ヽ} 〉 l  l l
  \/ /  \ \ ∨ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ三‐'  ::::: ,'Y´ノハ. l  l l
    \  //{\{ \ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::i            /´ ,イヾ, l  l l
´:: ̄::`ヽ\厶ヾ `ゝハ ::::::::::::::::::::::::::::::::           //| |  | l  l ',
::::::::::::::::::::\>、__\\∧   ァ ,_ ー─ー ー─ー _, ァ'::  / ̄\l | l  l  ヽ
:::::::::::::::::::::::::::´::/ ` ーヘ   :::::::::゙' ─ ─ '゙:::::::::::: ,. ′    ヽ | |  ',   \
::::::::::::::::::::::::::/       ` 、                /       \ !  \   \
::::::::::::::::::::/         ∧ > 、       ,.イ>            \    ヽ,   \
::::::::::::::/           /  \  `ミューィ≦´//          〈:\ _ \
::::::::/             〈.    \ _ヽ/__,/ /            }:::::ヽ::::::: ̄:::::

                                 ──────────────────────
                                       自分を抱きとめた存在の声には
                                       恐ろしい程の聞き覚えがあった。
                                 ──────────────────────

956 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:43:50 ID:hkT3lvhI








                    ________
                ,.r'" ,..--ミミ`.‐‐‐‐ 、
.              ,r" /       ミ、 ,r." ̄ヽヽ、
               / .,r"     _   、,r" ̄`ヽ .ヽヽ          ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
            / . /  .:  /三ミ=、 ,r--.、   `ヽ        <                             >
.          ,、,L,__i  .:: ./.´ ̄``‐.`´= 三ミl      l       <   嫌ああああああああああああああ!!     >
          }‐}‐=}  .:: .::l          `l      l        <                             >
.      _____/,..r",コ  :::.:::l‐-__--‐ノ,.l 、     l     l         Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
.   ,r'"´ ._,.r-‐/ .l .::::::/-‐‐、    `_三 ̄l    ,!
. ,r"  ,r'" .,r'"/:     :::::l .i´必i`    イ-,、`、.l:..  :. ./              __ ,,、
.   /‐-<____l::. ::.   :::l `ゞ-'       .!沙ノ l λ:.. ::.ヽr'"ヽ、,,. -‐‐.'."´,   ハ
  イrィ-.、______>、:l、. :. .ヽヽ、_    l   `´  /ノ.l;:: :::.ハヲ  l i   .,,r" ,r / l
. `´i .,'   `ー‐‐"ハi::.:..:::. \.  , ‐‐-、   ./´/ノ;;::::::::: l  .ノ,'  ./ ,r='-イ .: .|
ヽ、i! .l       _ノノl::i:: λl. ヽ___..ノ  ィ ‐=彡'::: ::/ノ//,.r_彡イiー     l |
ミー.ヽヽ___,、    ̄ノノ! /ヽ.l > - <>='´   __r‐'´ /‐'´!   ヽ、  .i! ト、
  ̄/ ̄::::::`iヽr'".  ̄ .|!./_,r'ノ.ヽ,  ,.r ヽ-l′ ,r " ,>-'´:::. `i .i!     l   i!  ヘ

6 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:49:56 ID:hkT3lvhI








                    ________
                ,.r'" ,..--ミミ`.‐‐‐‐ 、
.              ,r" /       ミ、 ,r." ̄ヽヽ、
               / .,r"     _   、,r" ̄`ヽ .ヽヽ          ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
            / . /  .:  /三ミ=、 ,r--.、   `ヽ        <                             >
.          ,、,L,__i  .:: ./.´ ̄``‐.`´= 三ミl      l       <   嫌ああああああああああああああ!!     >
          }‐}‐=}  .:: .::l          `l      l        <                             >
.      _____/,..r",コ  :::.:::l‐-__--‐ノ,.l 、     l     l         Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
.   ,r'"´ ._,.r-‐/ .l .::::::/-‐‐、    `_三 ̄l    ,!
. ,r"  ,r'" .,r'"/:     :::::l .i´必i`    イ-,、`、.l:..  :. ./              __ ,,、
.   /‐-<____l::. ::.   :::l `ゞ-'       .!沙ノ l λ:.. ::.ヽr'"ヽ、,,. -‐‐.'."´,   ハ
  イrィ-.、______>、:l、. :. .ヽヽ、_    l   `´  /ノ.l;:: :::.ハヲ  l i   .,,r" ,r / l
. `´i .,'   `ー‐‐"ハi::.:..:::. \.  , ‐‐-、   ./´/ノ;;::::::::: l  .ノ,'  ./ ,r='-イ .: .|
ヽ、i! .l       _ノノl::i:: λl. ヽ___..ノ  ィ ‐=彡'::: ::/ノ//,.r_彡イiー     l |
ミー.ヽヽ___,、    ̄ノノ! /ヽ.l > - <>='´   __r‐'´ /‐'´!   ヽ、  .i! ト、
  ̄/ ̄::::::`iヽr'".  ̄ .|!./_,r'ノ.ヽ,  ,.r ヽ-l′ ,r " ,>-'´:::. `i .i!     l   i!  ヘ

7 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:50:49 ID:hkT3lvhI


  ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
 <                             >
<   助けて! 助けてお兄様!!           >
<   この人が、この人がお父様を!!         >
 <                             >
   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   │   あら        >
                    \________/

                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                        │   受け止めてあげたのに失礼ね。   >
                         \________________/








  l.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.':.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:/.: /.:.:.:.:.:.:/.:.::/ }:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:リ.:.:.:l:.:.l \
   |.:|.:.:l:.:.:.l :.:.:.l.:.:.:{:.:.:.:/: :.///.:.:/.:/.:.:.:.:.:〃.:.:/ リ  V、 .:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.: /.:.:.:,'.:.:.{   丶
   l/!: :|.:.:.:|.:.:.: |.:.:..l.:.:./\{_.//:/!:/:.:.:.:.:.:/.::/ 〃  ノ"ヘ.:.:.:..:l:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:ハ
  ./ |.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:l.:.:.:l:./L∠=ミ 、 |.:.:.:.:.:.://  / 彡>=ミ∨.:.l.:.:.:/:.:.:.:ハ:.:/  ヽ
 /   V:.l.:.:.:l.:.:.:.:∨:l〃   〃\\|:.:.:.:.://{   //〃    ヽ∨/:/.:.: /:l:∨        貴様ぁぁぁぁぁぁ!!
./   |.:.|.:.:.:l.:.:.:.:.:.', {    ィだハ`ヽ|.:.:.:.//八 // /  ィだハ  /}.:./.:.: /:.:l.:.|         ナナリーから離れろ!
    |.:.l.:.:.:∨.:.:..:∧\,c弋Yソ  |.:.:.//   〃'"ヽ.c弋Yソ ノ/レ'.:.: / }:.:l :.!
    |.:.l.V.:.:.V:.:.:. 人 ;; ̄ ̄ ´彡'|:.:/`ヽ ^ /  `ミ、` ̄ ̄'''//..:.:./ / リレ′
    |.:.l V.:.:.',:.:.ハ ;;      l/   l              //:.:.:./ィ∨              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    l.:.l   い:.:V ハ.;; \         |           /.:.:/イ.:./l:.|             │   おやおや…    >
    ヾl  `ヽ.:.:\.:.\          l           /_彡l.:.:.:/ |:.|              \________/
          V .:.:.\.:ヽ      , ‐ - 一 、      /.:.:|.:./ .|:.|
           V.:.:.:.:.:l:.:.:.\     /   ̄ ̄  ヽ    /.:.:.:.|.:l  レ'
            Vハ:.:| l.:./.:}\ 〈廴__ __ノ〉 /{ ヽ.:.:.:|.:{
           } }.:.} {:.{:.:{   \   ニ二ニ   / .ノ.:.)}、:.:lV
           ノ ノ リィ∧:.\   \       / /::/ >\}
            /:/  \::\    ̄ ̄   ./::/ / ハ:::.\    ──────────────────────
             /.::::∧\  \rヘ`===彡ヘく  〃   〉、:::::.\      少女は半狂乱になりながら兄を呼んだ。
                                           貴族の男は激昂してグレーテルに手を伸ばす。

                                                     しかし───
                                         ──────────────────────

8 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:51:29 ID:hkT3lvhI


                       `ヽ       ∧
        {ー―一ヽ        ``ヽ`ヽ    ∧ ヽ
         `  ̄ / /        _  ``ヽ`ヽ   /  ', ',
           /メ 、 ゞ ヾ )} `ヽ `ヽ'   /    ! !
         /  \〉  _ ノ '     `ヽ'  /   ││      ∧__
                           /     | |        ̄1i
     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/l:/:.:.:.:./〈     | .!:.:.l:.:.:.l      《.
.    j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:/:.:.:.//.:/l.:.:/ .メ //:.:.:/:./}      ,' ,'.:.:.|.:.:.:l       ≫
    ノ.:.:.:.:.:.:.:.: .l.:./.:.:../ ./ノ /.:/.///.//.:.:/.:.//     / /.:.:.:.|.:.:.:l
    イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/.:.:.:./ーメ,,_//__ノ.:.://.:./.:.//    / /:l:.:.:.:l:.:.:.l
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/.:/y=‐‐-/、  // l:.l.:./ l.:/    / //:.::.:/リ.:`j
    .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l/{   ,.-c、ヽ l/ l//   /    / / /.:.:.:/./ l/ヽ
     l.:.:.:.:.:..:.:.:ヾヘ`、 ゝ゚-' , ./  / .i /    / / ノ./.:.:/ l
.      lヽヽ.:.\ヽヽ  ` ̄´     ノ . li/    / /  ///.:./ /
       ヘ.:.:ヘ.:ヘヽ\         /    / /  /.:/.::./
         ヘ.:.:.ヘ.:.:.:ヽヾ       /    /   //.:.:.:/
          ヘ.:.:.ヘ.:.:.:.:\_     /    / /  イ.リ l/
           ヘ.:.:.ヽ.:.:.:. \   -/    / //.:l.:.l .リ       ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          ヽ:.:\.__  \ /    ∨ / l.:.i./ リ      <   ぐっ…     │
            \ノ `ヽ_ ∧     / / ,=-'`i入        \______/
             i´`ー---/  \__,/ /ノ_,,-‐'ヽ从
              ノ´;;;;;;;;;,__ノ⌒ヽ  / /;;| |;;;;;;;;;|}入

                                ──────────────────────
                                      貴族の男の歩みを止めるように、
                                        眼前に剣が差し込まれた。
                                ──────────────────────

10 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:52:31 ID:hkT3lvhI

    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |     で? 我々に協力しますか? しませんか?
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




            ,ヘ           ,:ヘ.
               /: : \       /::  !
            /::::.....  \--―‐'.:.:::...  !
           /::::::                 ',
          ,'::::                    i         ちなみに先ほど貴方で5人目と言いましたがね。
           .i::::      '''''''        '''''''   !         先の4人は快く協力してくれましたよ?
           !:::.       (●),       、(●)、 !  +
        |::::..         . ,,ノ(、_, )ヽ、,,    l             _,-,.、
           i;::::..         ノ    ___,,,:: -イ   !       i´ヽ    い {,-ゝ.
          ':;::::...      ヾ二--‐</   /  +     l ,人 __,!...!_}ゝ l
         _  \:::::....       ヽ..__,,/   /    +    ヽ. '´    ` /
     /   `ヽ `ゝ:::::........      ....../_             /    ァ-- '
     i::.....    ;\!..-ー 、 /⌒ヽ      、\      /    .:/
     ` '''''ー- 、::::/ ,.. .  `/:::   〉‐ 、   \ \   /     ..::ノ
           .ソ'    : /::.   /::  〉     \\,/      .:/
         /i:.       :,'::.   /::  ./ヽ       \!     ..:;'
         / |::       |ヽ.:..    :'::/       \    .::/
          /  !::.    i::.:.:`:‐"ー、_,ノ          \:::/
       / ,/ヾ;:....   /:.:.:.:.:/:::.:..             ヽ、
         | :i   `ー::':.:.::.:.:./\:::::.:.:.               ':;

13 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:54:13 ID:hkT3lvhI

















::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        |::::..         . ,,ノ(、_, )ヽ、,,    l     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           i;::::..         ノ    ___,,,:: -イ   !    <  ええ。それはもう。  │
          ':;::::...      ヾ二--‐</   /  +   \_________/
         _  \:::::....       ヽ..__,,/   /    +    ヽ. '´    ` /
     /   `ヽ `ゝ:::::........      ....../_             /  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     i::.....    ;\!..-ー 、 /⌒ヽ      、\      /  <  家族仲良く。   │
     ` '''''ー- 、::::/ ,.. .  `/:::   〉‐ 、   \ \   /     .\二二二二二二_/
           .ソ'    : /::.   /::  〉     \\,/      .:/
         /i:.       :,'::.   /::  ./ヽ       \!     ..:;'
         / |::       |ヽ.:..    :'::/       \    .::/
          /  !::.    i::.:.:`:‐"ー、_,ノ          \:::/
       / ,/ヾ;:....   /:.:.:.:.:/:::.:..             ヽ、
         | :i   `ー::':.:.::.:.:./\:::::.:.:.               ':;

14 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:55:12 ID:hkT3lvhI

     〃.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    .〃.:.:.:.:.:.:.′ .:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   _〃.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:..:′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
―´/.:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
  /.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..′.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、
. /.:イ.:.:.:./|.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/7.:.: /.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:}.:.:../.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.′ゝ
. |/}.:.:.:.:ヘ  |.:.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:..′}:/7.:.:}.:.:.:.:.:.:.:../|.:.:.:.:.:./.:.:..′.:.:.:./.:{.:.:.′´:
..j' .|.:.:.:.:.:.マ|.:.:.:.:.:.:..|.:.:.:.:.:.:.:/=//、_}.:./.:.:./.:.:.:/ .}.:.:.:.:./.:.:.:/.:.:.:.:../.:.:|.:.:{.: : /     分かった!
  |.:.:.:.:.:.:}|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:/-// >:/.:.:./ }.:./ , '.:.:/./}.:ソ.:.:.:.:.:.′.:ハ:.:|/       協力する! 否、させてくれ!
  |ハ.:.:.:.:..|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:仆 '、u/:/}.:.:/ イ./'/.:.:ィ.:.:.//./_}.:.:.:.:/.:.:/ } .1:
  ヽ}.:小 .:',:ト、:.:.:.|.:.:.:代芝ソ外z |.:イ/.:/ /.:∠}.:./´}ム '.:.:.:.:.′/ //
  _ノ  ハ ヽ{ :.:.{.:.:.{  ¨¨¨` U.|ハ.:./ /.:/ォタ丞ア.:.:.′.:./.:.;            だからナナリーは…
   ハ  ハ u.|.:.:.:ト:.:{      u }/彡イ `^¨´.:.:.:/.:.:.:./.:/             ナナリーだけは………
    ハヽ_ ヽヘ ハvハ    U   ´ .{ U/}.:.:.:/.:.:.:./.:/
    V  T ‐‐マ ト ヾ  rェ、__  ‐_' イ: : /.:.:/.:.:.イ.:/
ハ   /   |   vハヽ  ー‐ '_ -‐´: : : : :/.:.:/.///
. ハ /    .|   } vハ ` ー ´: : : : : : : :/ハ// ./´
  ∨    1  /  ヾ./ ./: : : : : : : :/ _ノ
 /      |  .′ //i /: : : : : : /





    /`ー──一'\
   ,r(●)(、_, )、(●)\    おお!
  .|  '"トニニニ┤'` .:::|
  .|   |   .:::|  .::::::|    それはそれは。
  .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|    ありがたい。
   \   `ニニ´ ..::::::/
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||   ──────────────────────
                      ダディの言葉に、貴族の男は膝を折った。
                  ──────────────────────

19 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:56:08 ID:hkT3lvhI


    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |     モンティナ君!
  |::::::::      ,,イ_,`)     入ってきなさい!!
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i                │   はっ! モンティナ・マックス入室致します!   >
    |  \/゙(__)\,|  i |                \_____________________/
    >   ヽ. ハ  |   ||

                                    ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                    |   ガチャッ    |
                                    .\______/

──────────────────────
 貴族の承諾を得たダディは一人の男の名を呼んだ。
     扉が開かれ、呼ばれた男が入ってくる。
──────────────────────

24 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:57:31 ID:hkT3lvhI


            >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\
           /           ヾ ノ l   i i |
         /            ∨ / ノ| l |ハ
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// ||      ダディ殿、ご用件は?
   / //^l |  ̄  ─  y; -‐=ミ、_Ⅵ;ノ|//// / ,′
.  |  |;'r‐{           |{   \{{i;jメ}zt|/// /|/       あと、私のことは通称の
.. 八 ヽ! /     _    {l   ⌒`ミ1厶7i^V|/         "少佐"とお呼び下さいと申したではありませんか
   〉、 Y      { r‐、    ヽ __ ノ¨⌒{_ノ
..  彡 }_j        \            ヽ
 ̄                   ‐t=‐-    ー─一〉               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
─、    i           \ ` ‐=ニ‐   r  ´               │  はっはっは。すまないね少佐君。  >
  >x、八          \ `‐=ニソ__」                  \_______________/
\    `>、          `ー‐ {´
  \     `  、         √
   \       `  、     /
     \         ` 、 ィ´                 名前:モンティナ・マックス(通称:少佐)
                                     種族:人間
                                     年齢:30
                                     性別:男
                                     職業:王国軍団長

    ──────────────────────
         入ってきたのは小太りの男であった。
      この男は剣など振れぬような体型をしているが、
    その実、王国の通常兵を率いる立場に立つ男である。
    
  少佐と呼ばれた男は部屋の様子を見て笑みを浮かべている。
    ──────────────────────

26 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 22:58:33 ID:hkT3lvhI


    /\___/\
   /''''''     ''''''::\
   |(へ),    、(へ)、.|    喜びたまえ。
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|    ここにいるルルーシュ殿が協力を約束してくださったよ。
   |   `-=ニ=- '  .:::::|
   \  `ニニ´ ._/
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ




                     ∠`ヽ    \\\  \
                   ∠ミミvWヘ ヽ  ヽヽヽ ヽ   ∧
                    ムニミ`````ハ l l l } } } } l| l|ハ
                {///' , -‐=- }ハハハハ二ヽハハl| l| |      はっは!
                     V//〃'´ ̄ `Y二 く(?卯Yリリリリリリ      それは素晴らしいですな。
                 jニ}'^i{{     ノY⌒ヽ`ニ彡''ルムイ
                  〃う} ` ニニ彡rゝ‐ _ー- 、 「リ       我らが軍がまた精強になります。
                    { ( ハ  r、_,.tt=ニニニ=ァx_フ丿 ル′
                \从  マ、ェェェェェェェェァ'   /´
                   `込  `ニニニニニ´  イ__
                  _/ {\>、 、 ___ . '/ノ }ト、
                  / /{ {  \≧=‐--‐=≦ ´ /| }ト ._
.       _____ 。≠/ / リ 八   `7/{//{     / l| {{   {{ニ=‐- . _

                                ──────────────────────
                                       ダディと少佐が楽しそうに嗤う。
                                ──────────────────────

34 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:00:04 ID:hkT3lvhI


           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |     いやいや。まったく、まったく。
        レ   ミ/:::::::::i    |  | | |  |  |     良い時代になった物ですなぁ。
       〈   ;^::::::::::::::::::|| |  ||  ||||| | | | |     今までは敵と言えば魔物か盗賊程度。
        .レ/i::::__x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/      そのお陰で見ての通りの体つきになってしまいましたが…
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/      それがまさか軍団規模で戦いが起こりうる時代になるとは。
         \::|::\_:::::::_,/^|::: ::::::::: _ヘ .| \,,,...,,
          ゝ.|:::::::::二:::::::;;;;;___;/_,,,ェヲ  .|\ \:::::
          /.∧:::::`ヾ-=;;;ー二二ノ´ /||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\;;::::::::- ̄:::::"  /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::




             ,. =i/∨i i iへ.,
            ハ丶丶//∨i i i i i i へ
           ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,     皆、子供のような顔で心待ちしていますよ。
          ハ ,.=ー=.,  ,.=-^レi i i i i i i i i i     「敵はまだか」とね。
         ├(   ノ二(    'iシi i i/i i i i
         ( }  ̄ く _ 丶_ へレ/ハi i i |
.          v ,',._   丶     !.i'’ソ /
          i  i 彑彑彑彑彑 )  , ノノ,/
          人 ,、册册册册’,  /テテ
.           /'-,ヾ二 二 ̄  ノ彡’ヾ.,_
        /  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _
        ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ

36 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:01:30 ID:hkT3lvhI


     _ _
    r、ヽヽ ,..
      l.i^iヽヽ! l
     `、ヽ   `!
       `、 `  {
      ヽ  , ヘヘ
       ヽ' /  \
        く 。.    \          ,.-、、ヘ
         \゚ 。    \       ,.._彡ミ',ハ、
            \     `ゝ、._  ,イヽ (_ノ彡,  ヽ      グレーテル様は女神のようですな。
           \       __ヽ.l. ヽi、 `i彡ノ// `;-
          _ ヽ-─   ̄__,..-l、     L./// ,F`    そう我々を地獄へ誘う、死の女神!!
        ヽ´     _. -‐'ニィ○l `` ‐_,ーイ//,ト
        /ヽ`=i ,.-'´, - '´,. ヘ. _,!‐.ニ∠._,.-`  !、
        /   //_..i'  /'"l∠ _,.-─‐,.、 `_ヽ、 ヽ
        /  /‐-´-〈 イ ...._i'_     i' r(ヽ! l'´  .i
       ,'   /      i ヽ   l、`ヽ-、/{ヽヽヽ!ミミ、`、
      ,'   i'      i.  ヽ   l、  ̄li. i `   lトl `゙ ヽ
        i  /l      ヽ,.-'′   l、   lヽ   ノ ,!   `、
      ,l. /.{             _   l、  ! `l,.'- ´    /   ──────────────────────
     ./l/  ! l       _.- '´ ヽ. i、 l.\--  ..._ /          少佐を陶酔しながら膝を折り、
    / l  l  l      ヽ ,.- ´   i、 l  \                 グレーテルを仰ぎ見る。
    ,' l   l  l.i      ´       i、l.   \
   ,'  l  l.  l. l、        _. - ´  i、l.     ヽ           少佐の言葉を信じるならば驚くべきことに、
   ,'  l. ヽ、_j  l、  __.. - ´    l     l、    ヽ    王国軍はこの暴力に満ちた少女を敬愛しているようだった。
  i   l.   `、 `、 ´        l.    l、   /ヽ,    ──────────────────────
   `ヽ、l   `、 ヽ         l    l、 ヽ. / ヽ
   ` / l   `、  ヽ           l      l、     `

39 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:02:12 ID:LljnL9.Y [1/6]
戦争狂と戦闘狂ばっかりか・・・ある意味分かりやすいが

40 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:02:38 ID:hkT3lvhI


                   / / 〈 〈/, /  ' \\/ /   \      ∧
                    // ′/ ヽ .ィ /    ヽ ー ' \   ヽ    ∧
                    〃 / /   / /.|     ! ヽ \    ヽ    ',     ∧
                    /,' |  |    l_,' l     |   \_〉ヽ  .!   ト.     ∧
                / |  |  l    |  l     l   |   .!  |   |  、   ∧     あら。
                  /  ', ヘ |   .!  l     l   |   .!   '   ,   \  ∧    死の女神だなんて。
               /  / V ∨  ̄ .|`  |   ´|  ̄ |`  | /   ハヽ    \ ∧
                /  /   > ヽ z==<  ̄ ̄ ̄ ̄  二 .. ̄/   イ 〉l     \',   少佐さんはおべっかが上手ね。
             /  /  /| l ヽ' '´ ̄ヾ      zク ⌒ ー` _ ィ / ∧
          /  ,'  /  l `辷 xxx           xxx    ニ <´  ∨
            //: : ̄:ヽゝ__\_ヽ    _' ___     /|   \  ∨
           /': : : : : : : : : : : : : : : :_> .  ヽ  ̄∨    .ィ /|     T‐┴―――
:::::::::::::::::::::::::::::ヽ : : : : : : : : : : : : : ::_〉  > .`='  . < / ィ       ア: : : : : : : :
::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : : : : : : : : : : :l      /` Tr 、_,、 // |      `r: : : : : : : :




           r、                       ,ィx
         (\\(^}                   /)///7
         {^ヽ^ヽ {                  / 'ヽ /
           \ `Y ノ}_                  {. 〈 /
              〉,r彡ハ                 人_ノ〉
              V   ∨               /  7 /
             'v   V            /    /
                'v   V .          ./    /
              V   V rfテ弐ミk /   }'       いやいや! 世辞などではないですよ!
                    'v   ',仔r=r弌リ'   /        美しさと強さを兼ね揃えた貴女は
                   'v   '({ ヾ二フ,j'   /         まさしく我らが女神にふさわしい!
                  }    j个ー‐个ト,  /
                }> / />ュ<ト、\ノ{     ──────────────────────
                   _j/  / | / :| | \\      それは兵は王国の治世を好まないためであろう。
                  _,>、__, イ>\/ _」/\ ̄{_
             /  /:::::| \/__,>|:::::∧  {  騎士とは違い、王国兵はその構成を平民が占める。
                /|  ./:::::/  厂     |::::::::∧ |  その目的は殆ど金が欲しいか、戦いを好むかの2択だ。

                                    そして兵は戦が無ければ出世ができない。
                                       兵は戦が無ければ戦えない。

                                    王選後の乱をも約束するグレーテル派は
                                    荒くれ者の兵達の利と好みに合致していた。
                                 ──────────────────────

44 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:04:28 ID:hkT3lvhI


    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |     こらこら。
  |::::::::      ,,イ_,`)     遊んでるんじゃないよ。
.   |:::::::::      ノ.-=ラ
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



    /\___/ヽ
   /ノ⌒'" `'ー-、::::\
.  |  (●),、(●)、  .:| +   では、ルルーシュ殿。
.  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|
.  |   {,`ト===イ ,} .:::::| +    後はこの少佐が引き継ぎますのでよろしく頼みますよ?
   \  ヾニノ  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
                   ──────────────────────
                            故のグレーテル軍。
                   ──────────────────────

46 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:05:35 ID:hkT3lvhI


     〃.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    .〃.:.:.:.:.:.:.′ .:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   _〃.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:..:′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
―´/.:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}         くそっ…
  /.:/.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..′.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、
. /.:イ.:.:.:./|.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/7.:.: /.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:}.:.:../.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:.′ゝ⌒:.、   この戦狂いの悪魔どもが…
. |/}.:.:.:.:ヘ  |.:.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:..′}:/7.:.:}.:.:.:.:.:.:.:../|.:.:.:.:.:./.:.:..′.:.:.:./.:{.:.:.′´: : _: : \_____
..j' .|.:.:.:.:.:.マ|.:.:.:.:.:.:..|.:.:.:.:.:.:.:/=//、_}.:./.:.:./.:.:.:/ .}.:.:.:.:./.:.:.:/.:.:.:.:../.:.:|.:.:{.: : /: : : : : : : : : : : : : : :
  |.:.:.:.:.:.:}|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:/-// >:/.:.:./ }.:./ , '.:.:/./}.:ソ.:.:.:.:.:.′.:ハ:.:|/: : : : : : : : : : : : : : : : : :_
  |ハ.:.:.:.:..|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:仆 '、u/:/}.:.:/ イ./'/.:.:ィ.:.:.//./_}.:.:.:.:/.:.:/ } .1: : : : : : : : : _ ― 二 ―
  ヽ}.:小 .:',:ト、:.:.:.|.:.:.:代芝ソ外z |.:イ/.:/ /.:∠}.:./´}ム '.:.:.:.:.′/ // : : ― 二 ―  ̄: : : : : : :
  _ノ  ハ ヽ{ :.:.{.:.:.{  ¨¨¨` U.|ハ.:./ /.:/ォタ丞ア.:.:.′.:./.:.; ′´: // ̄: : : : : : : : : : : : : : : :
   ハ  ハ u.|.:.:.:ト:.:{      u }/彡イ `^¨´.:.:.:/.:.:.:./.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : :
    ハヽ_ ヽヘ ハvハ    U   ´ .{ U/}.:.:.:/.:.:.:./.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : :
    V  T ‐‐マ ト ヾ  rェ、__  ‐_' イ: : /.:.:/.:.:.イ.:/ー――――――――――――
ハ   /   |   vハヽ  ー‐ '_ -‐´: : : : :/.:.:/.///
. ハ /    .|   } vハ ` ー ´: : : : : : : :/ハ// ./´
  ∨    1  /  ヾ./ ./: : : : : : : :/ _ノ
 /      |  .′ //i /: : : : : : /
                           ──────────────────────
                              死の女神を崇め血に酔う、戦鬼達の軍団。
                           ──────────────────────

48 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:06:30 ID:hkT3lvhI


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



.

50 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:07:37 ID:hkT3lvhI


       ,. -―- 、
      /        \
    /  -‐    ‐-  \
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ     ………
   {       `      }
    ゝ   `‐‐--   ノ
     >ー       ゝ、
   /´             ヽ
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i




     ____
   /      \
  /         \
/ U  _ノ    ヽ_  \     ………
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |    ──────────────────────
  \ /___ /            やる夫が話し終わると、
                      場を気まずい沈黙が支配した。
                ──────────────────────

51 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:08:28 ID:hkT3lvhI



         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`      あ、もしかして冗談───
    /   ( ●)  (●) \
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                           │   残念ながら、純然たる事実だ。   >
                            \_______________/




.

54 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:09:18 ID:hkT3lvhI


         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\       なんですかそれ!?
    /     _´_    \     あのオッサン、完っ全に暴走してるじゃないですか!
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /      王国軍まで抱き込んで、でっていうよりもタチ悪いですよ!




     ____
   /      \
  /         \
/           \     まぁ、幸いなのは
|     \   ,_   |     脅し以外は、戦で全て決めるというある意味で真正直な正攻法であることだ。
/  u  ∩ノ ⊃―)/     あの人は絶対に搦め手ではこないな。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




       / ̄ ̄ ̄\
     / ―   ― \    選挙とかする気ゼロですね…
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\
  |      __´___    |   うわぁ。巻き込まれた貴族の方々も可哀想に。
  \     `ー'´   /    うちの実家が貧乏で良かったって初めて思いましたよ。


     ──────────────────────
   最早グレーテル派とは戦でぶつかる以外の手段は無いだろう。
           初めから分かっていたこととは言え、
    ダディの行動はできる夫の想像の遥か斜め上を行った。
     
          武だけを求め、資金は脅迫で奪い取る。
       最早これは騎士ではなく盗賊や山賊の行動だ。
     ──────────────────────

57 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:11:07 ID:hkT3lvhI


           ___
       /      \
      /ノ  \    \
    / (●)  (●)    \     今のところ私の知り得る情報はこんな所だな。
     |   (__人__)        |
     \  ` ⌒´       /     やらない夫は…
    ノ            \     テト様のご実家に居ることくらいしか調べていないな。
  /´               ヽ




         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      あっ。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    そういえば前に貸した金を返しにきたな。
  . \ ヽ           /     金に疎いあいつが、一体どうやって稼いだのやら…


                  ──────────────────────
                         グレーテル派の話が終わると、
                         話はテト派の話に移り変わった。
                         だが、他の勢力に比べると、
                    やらない夫は危険度も行動力も段違いに低い。

                        従って他の調査に注力した結果、
                    やる夫は彼の行動をあまり把握できていない。
                  ──────────────────────

60 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:12:10 ID:hkT3lvhI


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \      やらない夫君ですか…
     / u (=)  (=)  \     彼もある意味凄いですよ?
    |      __´___      |
    \     `ー'´     /     彼、今は冒険者の真似事をしているみたいです。




      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \    は?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /

               ──────────────────────
                 しかしその情報はできる夫が持っているようだ。
                 やる夫に代わり、今度はできる夫が話し始める。
               ──────────────────────

64 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:13:13 ID:hkT3lvhI




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



.

66 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:14:09 ID:hkT3lvhI
                         _________
 .         __   _____. |\._______\
    ,       |l└|   |:: :::::: ::::::::| .| |;;;;| i――――――‐ |:: .
               ̄    |::::::::::: ::::: |' | |;;;;| | II .II   _ :::|::;;;| |:::::      ,        .
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ; ||:;;|ロロ|_|iii.Å、| |:::
          |    ガヤガヤ       |―――――― |::
          \__________/ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| |
          _/――l_ |.  ヽ| д^,,). |;;;;| |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    .
______( ̄ ̄_ゝ ̄\   |∞ |)_|;;;;| |___|    ガヤガヤ      |
          / ⌒ ⊃cロ  \_ |   )~         \___  _____/       ;
          ノ____/\\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |/ ̄ ̄\
        └┬┬(_ノ::\\.__________________\
          └┘_\_.\___________________|::
              └┬┬┘::   ___     ___    ___  |;;
                └┘\_  └┬┬┘   └┬┬┘   └┬┬┘ . |::      .
                       ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄\,;
                       ∧ ∧  モフー       ∧_∧         \
―――― 、  i\         i\(,*''∀) =3 ―――‐ (∀・  ,)          \'
        \|\i       |\i  つ (:: )  .  ◎ と   )i           .\  .
         \.|        |\|、  ,\  ◎     (:: )  \ノ_|            .\ .
.――.i.ニニi―┰'|   .      | ̄ |-' `┰――.i.ニニi―┰ |              \
,. |\|__|  ┃                   ┃. |\|__|  ┃              .  \.,
    |    |                           |    |                         \

    ──────────────────────
    そこは昼間から多くの人が会話をし、酒を飲んでいた。
          店内は簡素な作りをしており、
    狭いスペースに多くの人が収容できるようになっている。
    奥にはカウンターがあり、一人の男がグラスを磨いている。
    
               冒険者宿だ。
ここは宿、酒場、冒険者への仕事の斡旋所が一体になった施設で、
  ある程度の大きさの街にならば確実に存在する施設である。
    ──────────────────────

69 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:15:32 ID:hkT3lvhI

                               |┃三   / ̄ ̄\
                               |┃三 /  \,_.  \
                               |┃  (●)(● )    |
                               |┃  (__人__)      |
                           ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´     |
                               |┃   {         |
                               |┃三  {        /
                               |┃    ヽ     /
                               |┃  .   ン    ヽ
                               |┃三   /     |
                               |┃(⌒二_/|   . |


     /\
   /  /
   \/ />
     </
     ┌─┐
     └─┘


  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
<   お? おい。やらない夫だぞ。   │
  \______________/


             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           <  やらない夫って…、近衛騎士のか?   │
             ヽ、________________ノ
           
                    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                  <  なんでそんな奴が冒険者宿なんかに?    │
                    ヽ、__________________ノ


                 ──────────────────────
                             冒険者。
                    それはようするに街の外で働くなんでも屋だ。

                 この時代、街の外に出ることには大きな危険が伴う。
                       それは魔物などの外敵であったり、
                過酷な自然環境、食料などの生活物資の不足といった所だ。
                 従って普通の人間が街から出ることは極端に少ない。
                 ──────────────────────

70 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:16:39 ID:hkT3lvhI


                           / ̄ ̄\
                          / ヽ、_   \
                        . ( (● )    |   )))
                        . (人__)      |
                        r-ヽ         |
                        (三) |        |
                        > ノ       /
                       /  / ヽ     /
                      /  / へ>    <
                      |___ヽ  \/  )
                          |\   /|
                          |  \_/ |



  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
<   ばぁか。知らねぇのかよ。    │
  \_____________/

        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      <  最近は冒険者の真似事してるって、もっぱらの噂だぞ    │
        \________________________/




             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           <  最近? なら知るわけねぇだろ。    │
             ヽ、_______________ノ
           
                    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                  <  俺がここに帰ってきたの1交差月ぶりだぞ   │
                    ヽ、__________________ノ


                ──────────────────────
                しかし実際には人間は一つの街だけでは生きられない。
                 手紙の配達や、貴重な薬草などの採取、通商など、
                  街を出なければならない用事には事欠かない。

                 その街の外で行う仕事のエキスパートが冒険者だ
                  彼らは戦闘技術に加えてサバイバル技術など、
                         様々な技術を身に付け
               街から街へと移動して仕事を請け負うことで生活をしている。
                ──────────────────────

71 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:17:45 ID:hkT3lvhI


        ,. -‐''~´   _,/ )          _,. -‐ミミ
       | ̄ ̄ ̄`~/ヽヽ_ノ____,,,._-='_二-ヘミミ/
       ヽ;;;;;;;;;;;;/,_  レ'<弋;;;ッ、 ヽ_,/,./i;;;;;;ラヽ .//|     ようこそ、騎士やらない夫。
         `'''''/ `ヽY/  . ̄ ̄/| /ヽ `'―'''´‐ !/ |
         /   ノ! !_   _;;;|  | |  |;';;;  ,| |//./     今日の用件はなんじゃ?
        l´/´‐'''‐'-‐'''~ヽ' ̄ ヽ__i'''ヽ__ノ   ̄| | |/
       .// (´`´   _,.ノ彡彡 ,`ヾ''´'´ミミ_ / //ミミ
       / /    '‐''~   )/''‐-----‐''~´|川 iミ/川ヽ
      /  /     j‐' _,. く  :;;;,,,,,,,,,,,,,,   /川 /|川
     ./ /        '´  ノ彡〃川川ヽミ川,.-'´/lll/
    / /        )) /ノ〃川川川ヽ,.-'´  |/
  ,.-''''~~~''-、       ノ~´ ヽ,,,,,,__/    /





       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)     ああ、こいつの換金に来た。
     |     (__人__)      賞金かかってたよな? 確認してくれ。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)    ──────────────────────
  \   \ /| JJJ (          やらない夫がカウンターに近づくと、
   \  /   /⊂_)          グラスを磨いていた男は顔を上げた。
                     ──────────────────────

72 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:18:47 ID:hkT3lvhI


┌──────────────────┐
│           /./             .│
│         /_/_,__           │
│       r/   _.. -<_∠__         ..│
│      /_,ィ_ラ´    `、  ̄_フ      .│
│      └、‐--、      'r_'´_         .│
│       /r_ノ `     ',   ̄_フ     .│
│       ``i        i=ニ二...___    │
│         〈    /;;`、 ー-=ニ二´  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
│       rく;j  ∠''--'  、   /   |   ゴロン     |
│       丶───────´     \______/
└──────────────────┘


                                            ;;;;;;;;;;;;,.‐''´‐''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                ヽ        ;;;;;;;;;;_,.‐''´/ミ三三彡ミミ刈、:::::::::::/
                                 丶  //;;;;;;;;_,.‐''´ /ミミ三三三彡ミミ刈::::::::::/
                                  ヽ//;;;;;;;;// /ミミ三三/ ,へヽ三ミ笊::::/
                                   r';;;;;;// べ   ミ三三{ /へ !|三三:爪
                                   {;;//r'/ `ヽヾ   ミ三} 〉 ! |三三ミ三}
          おっほ!                   //〈≧戈) ノf fミ    ミ 〈_,,ノ /ミ三三三ミ>
          こいつは驚いた!            //〈ヽ 丁`ヽ"′  fミ     (  /ミ三三三三彡ト、
          金貨5枚の大物じゃないか    //::::::`゙'',,'  `爪_ノ      ミ厂  `ヽ三三三彡}ヽ
                             //::::::::::::::::/i   /         ミ| i!    }三三_,.‐''´_ヽ_
                            ,//::::;;;;.-‐''´`ヽ、フ             ミ|  〉   ≧.''´  /
                          / ;:::-‐''´       {し乂ハ)`)ヽヾ`ヽ ヾミ| 〈 _,.‐''´   /
                           ̄            ゝ-‐==ー、`ヽ ヾミ/ /      /  ー‐-っ
                                       丶ー= `ヽ`ヽミミ//      /     /
                                        爪 i `ヽ)〉ヽ//      / :} >>1(__っ
                                 -‐ーーー 〈 ! ノノヽ/ !ヽ    //  :;l
                              /         \' ,ノノへ  i \  //

──────────────────────
やらない夫はそう言うと背の大きな荷物を降ろした。
         そして布を開くと、
そこには一抱えもあるサンドリザードの頭部が現れる。
 簡単な剥製になっているのか、血は出てこないが、
鋭利な牙と凶悪な顔は生前の恐ろしさを表していた。
──────────────────────

82 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:23:26 ID:mBuaaP62 [1/2]
>>72
例のキノコのパネェっぷりが強調される価格だなぁ・・・

75 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:19:47 ID:hkT3lvhI


                 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 l   おい… あれ"隊商喰い"か?    │
                 ヽ、___  ___________..ノ
                        ∨
                               ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   λ_λ.    .____                |   げっ。マジだ。あれを一人で狩ってきたのか?   |
  (`ー´ ,,)∀./   _/                  |   どんな化け物だよ…                   |
  (つ  つ⊥  / //                .\____ _________________/
  ∧ ∧ /  / //                        ∨
 ( ‘∀).▼./ //
 (   つ⊥ .//    __
  /  /  \    ) (
/  /     ̄ ̄ ̄| | ロ ̄(∞-) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄c(__ア 旦 ̄ ̄ ̄/┗(;;;;;;;;;;;) /|__
.   |ニニニニニニニニ.ニニニニニニニニニニニニニニニ.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニξニ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/  /|
     ∧_∧   ∧_∧ 、,,  /■\     ∧∧  ξ   ζ   cヽ_フ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  //
     (,, ・∀)cU ( ´∀`)∀ (∀`  )c■ ( ,,゚Д) c目  c□ ∧∧.  ̄          //
ニニニγ   つニニ(    つニニと  \ニニ /   つニ(-   ) ニ(ω^=).ニニニニニニニニ |/
    oゝ_.⌒)   .(    )   ( ___.) ~(__ノ   ( ∪)_  ( ._)~          |
     (_____し    .( ̄ (_)   .し__)  (__)    U ̄ _)  U__)/            .|
     ∥ ∥     || ̄||      ∥ ∥   ∥ ∥     || ̄||   ∥∥              |


──────────────────────
  それを見た周りの冒険者はにわかに騒ぎ出した。
           "隊商喰い"
  それは近頃の賞金首でも上位に入る魔物だ。
今まで幾多もの隊商に襲いかかった悪名高い魔物である。
  人間の身の丈を優に越える巨体も脅威だが、
なにより砂嵐を操るという下位の魔物には見られない、
マジックユーザであることが高額賞金の理由であった。
──────────────────────

76 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:20:46 ID:hkT3lvhI


          _,,、_,,.、、,,..,_,、
       ,_ー''"        ゙´`'ー_、
       ミヾ.ヾ゙ il!|| il|  j| 〃/ イ
       i ミ   rー;L!|| ||レーv〃 彡
      }ミ リ八i{    ;; 7'ノ ヽ.ミl       頭だけか?
.       |、yー-⊥L jー_´∟-ーY;|       こいつの身体はどうした?
      _lミi"r五ニ゙テi'Yr五三¨jミ!
.     frヲ:}  -‐''ラ l_j. }`ー- }ドi
      !h};{ ッ彡   /小〉     |:l,リ
.      `テj} i}! ,rf;巡巡去ミ:、 l:fく
.      〈リji、l{ 'ル7'"-─‐‐ )}i |jミ}
    r;-‐ヾト.llvリ j{ _,,リハ、、,リレ'ル' ̄ヘ
   _」 ハ |li | `ミ、}l ;i!j } {li ,.イ |/ / l.L
   -U; ヽニL_ミ `ミ'ー- -‐彡 / /'/ニ|」
   ヽ-‐ ` Tヽ\ ミ    r´/∠




      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・      身体?
. | (./)   ⌒)\       あんな重いもん持ってきてねーよ。
. |   (__ノ ̄   \
  \          |     別に確認は頭だけでできるだろ。
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \    ──────────────────────
      ./   /       |. \ソ        宿の主は頭を検分しながらそう訪ねた。
    (  y'      .|       やらない夫はその質問の意味を測りかねて首を傾げる。
                     ──────────────────────

77 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:21:37 ID:hkT3lvhI


                        _,,. .,_
                   ∠、: :__`\
                       | i 下川ノノフl
                      ト/《`丁フハノl
             二      rNrtト、、r≦Vi)     はっはーん?
              力    トli ̄〈ljノー lミ!      さてはお前さん知らんな?
                ッ  _l |lli「f三ヲリlミ!
                 _/ \_l\li⌒リノlミ!____
        ∠二>'´ ̄ ノヽ  /∧:: ̄´ l  //l |
      , '´‐─- 、 \ ̄   \/ :\___l//::Lト、
     / / ̄ ̄\ \ ヽ   -─== /./__ \ヘ-、
      | l:|    / \.\ 、    ´ ̄ ̄ ̄.:::::::::´ ̄ `ヽ \
   \l// ,.イフヌヽ  ハ ヽ\        :::::::::::.     \ ヽ
    \ヽ / // /∧.ノ }  |: : ヽ.,  __.:::::-‐-:::::..,,__    !人

                            ──────────────────────
                                 宿の主はその言葉に唇の端を上げた。
                            ──────────────────────

80 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:22:38 ID:hkT3lvhI


    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 / ̄ ̄ ̄        /|
 |\_______/ |
  |          __ ヽ_
  |   |     /     / |`'''ー------‐'''''フ
   |   |    /    /: :ノ        /      サンドリザードの皮や肝は高く売れるんじゃよ。
__|ヽ \  |   ,.-'´: :/     _,.-''´
    | :`'ー----‐''´: : ,.-'´  _,.-Tミ ̄           これだけ立派なサンドリザードのならば…
'‐-、_ \____,. -二-‐<ミ( ) |ミ、            そうじゃな。収入は2倍にはなっておったな。
   `''‐-、__,._- ,=tラフ  ミkノ /ミミ、
   /,.ヽくゞク!T ヽ ̄´ )  ミr'くヽヽミ、i
 / / >、-‐|ヘ ノ`''''''´l  ミミ|  ヽヽ/ |ヽ、
_/ / /  ヽ ゞブ 、、、  、ミミノ    /  ヽl
  / く、   ヽ〃‐‐--ヽ川/   /   !
    ||ヽ   ! ''''''ミ、ヽ/   /    /
    | | |   ヾ川川/   i´     /
    `' ヽ   !ヽ ̄: : /   |ヽ    /




     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ) ( ) ((●  ((●     2倍!?
   |∪(__人__)   |           てことは金貨10枚か!
   |   |   |   }
    |   |   |   }
    ヽ |r┬-|  /
    __ヽ `ー'´ ノ__       ──────────────────────
                            魔物の死骸、という物は
                      時に道具に利用できる貴重な材料となるため、
                         そこそこの値段で取引されている。
                     しかも魔法を操るサンドリザードの物となれば、
                 宿の主が言った金額には投げ売りしようとも届く代物であろう。
                   ──────────────────────

83 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:23:41 ID:hkT3lvhI


       l:::_        ..:          l
       l:::_      :::_,... -‐"""""=‐‐'''''''二
       l:::_    .-‐'"":::::_,. -‐' 二 -‐=ミ´ ̄: :,
       l -‐'""._,::: -‐ '" _,.-._´ィ  ./、 iミl: :/        魔物の売れる部位を見極めて持ち帰るのは、
       l_, -‐'´   ._,. -‐´, ='‐ ´`.ミl^i lミl_'_         冒険者の基本じゃよ。
       -'" _, 、_-‐ ,_-='r tォ`  、 ミlkノ !.└、\
   ,. ‐' , -‐ '".i '、fォ,.i   、  ̄´ `  .|_ノ、 ミ `l i"\     き・ほ・ん!
. , -' ‐ ´: : : : : : ハ  ̄/l   丶_.ノ  ミ!   \ ノ .! .::|
  ̄ ̄ ̄`,.'""""ヘ. ̄ .!:::.       !   ミ|.   `l |  ::!     損したのう、お前さん。
    , -'フ , '´.   ',  ヽ._/、、__、-, .!   .l:    ::ノ `、  i
-‐ ' ´./, '     _,V !===-‐ノ リミミ/::   /   !  i`、
 ::. /| ,'    ,-‐'  V/`─‐‐'´  ミ./ ::  ノ     i  y
  / .Y     、 :::  V.  ̄ ̄  ミ/ .::: /    .ノ  '
  .i  !  __i :::::   V/ l  ミ /  _/     /-‐,
  .!  / ̄/  `、‐、::. '、 ̄ ̄ ̄ 、‐´     / , ‐'  ,.-‐
.  ┌::´ i:|   l `‐、: \      l. ,、   / , ‐' ,. ‐ ´
  / :. `、_ ...//  :::l :. \   / .リ /   ,. ‐ ´
 /.\...   ` ‐'、   /    \ /  レ´ ,.‐´
/.:  / _.   ', i  l               ,‐'          .::
. : /   ` ‐---' ‐'          , '         .::
:.-‐` 、      iノ、           ,'       .::




        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |      ああ…
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |       勿体ないことしたな…
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、    ──────────────────────
         \      |.i          冒険者が初めに学ぶことは、
           |    .   | |            魔物の解体の仕方だ。
                            討伐依頼は無くとも、
                     単純に魔物を狩るだけでもそこそこの金になる。

                         例えば、コボルトの毛皮なんて物は
                       低品質の防寒具やカバンに使われるため、
                       駆け出しの冒険者がよく世話になる代物だ。
                    ──────────────────────

86 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:24:49 ID:EEwwjSkc [3/3]
ない夫wwwアホスwwwww

88 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:25:09 ID:KZlp2odk
詰めがあめぇwww

87 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:24:58 ID:hkT3lvhI

             |/::::::::::::::::::::__  -─ -- ∟.__
          _..L -─   ̄ ______,,、--、 .,___ ̄ ‐- .._
   _,.. -‐ 二 .....::-┬<二,l___に二二 -<ヽ\`ヽ::::::::::::: ̄:::::`ソ
     ̄::::::::::::::::::::::∨,ィ弋tタン /ヽ 、弋タ ン, ミ!ヽ\ハ::::::::::::::::: /    まっ。
    :::::::::::::::::::::::::::::l,   ̄´トへ \` ̄  / ミl-‐、ヽ.}::::::::::::::;.'
     ヽ::::::::::::::::::::::::_l/`ー'´\ソー‐'`ー一' 、.!/ヽ!ミl:::::::::::::/       次からは気をつけるんじゃな。
.     \::::::::::::::/-l/, , ,ィ ll´ ll l゙iト、  l  ミl )ノ,!ヽl::::::::/
        丶、::::{ l l///l, '´ ̄ ̄`゙ヽlヽィ{、ミl(_ノミミ)/
           `¨ \l }リ   ,=- .,__ リl\ヽ,! l| ヽ〈           ほれ、懸賞金じゃ。
             ハ/ /// |l |l llヽl lハミミ/  l|\、}
              〈/|∨l | _リ リ リ川 ll─-- ⊥.__l__
         ┌─---ヽ! \/:::::::`Tフノノl/、 l    ,. -‐‐}
.        ;  l   ノ:!   丶:::::_j;ィ'" //:ヽ. l  /
.        ,'/| l  ./ : |  l  /   /./::::::| l (__ノ
       // l l /: : : l    /  _/ / :..:::| L.____
.       //::::l l_/__-‐┴─=  ̄      ̄
     /:// ̄`ソ´⌒ヽ∠ニニ>-──‐-、     /´ ̄ヽ
        /    |    /─-<¨ ̄ ̄ ¨ヽノ   .l    {
       f⌒゙ヽ  l    〈    \____〔二二二|    '、
       |   ∨|    ',     V-───┤ ハ.    ヽ
     ,r‐|   l ',j    ',      ト、{二二二}/ ヽー== 〉
      .│!  _l ト、__ー‐ハー--- ノ、 \   /     `/




      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)      おっ。ありがとさん!
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ      これで孤児院の奴等に服買ってやれるだろ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く        ──────────────────────
i !l ノ ノ    |                  金貨5枚は大金だ。
⊂cノ´|     |            検分が終わり、宿の主が金を渡すと、
                     やらない夫の気分は目に見えて上がる。
                 ──────────────────────

89 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:26:02 ID:hkT3lvhI

                                 _ _ _
                                ´      丶
                             /         丶
                            /             丶
                             /             |
                          /           _..,,ノ   |
                           /          (● )   ノ     それじゃ、爺さん。
ヽ                        /           /   |ヽ     また仕事貰いに来るよ。
:::::`ヽ、                       !           丶_ / /
_, ‐、:::::: ̄ )           | ̄ ̄ ‐ '─ !_               ノ ´      その時はよろしくな。
:::::::::::レ'  ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /
:::::::::::|              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、 _   /
:::::::::/       __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <
:::::V        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、 _:::::::::::::::::::::::::::>
::::::〈       __|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:::::::::::::::/        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
::::::::}_r──´ ̄::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/         │   ああ、とびきりのを用意しとくわい。   >
::::::´::::::::ヽ:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、       \_________________/
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::\:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、_______|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: {:::::::::::-‐‐‐:::::::::::::::::::::::::/

96 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:27:14 ID:hkT3lvhI

                                               / ̄ ̄\
                                      (((      /     _ノ ヽ
                                              |     ( ●) |
                                              |      (__人)
                                              |        ⌒ノ
                                              ン        ノ
                                            /⌒ヽ、    _ノ
                                           /   ノ \__ィ ´
                                          /  /    '|.
                                          (  y      |.
                                           \ \    |
                                             \ィン、__)、
                                             .|     ij ,ノ





          _ ,,... -- ‐ ''"~゙ '"´`ヽ
     ,-‐ ¨            / i
     /、             、  ,.'  , l
    l \     _, ィ i l  / / ,i
 .    i   ト、- イ lヽ  リ/ //  /L
      li 、 i ヽ i l リ 、ム,ィ´ヽ//ノ!
     ヽミ、 「 ̄ニヽ!"〃,.、 i   i /⌒!.!、    しかし。流石じゃのう。
      〈  l 〈`ヽ "´  } ノ  ,、V i^ l ハ\                            ・ ・ ・ ・ ・
    / lV!、`゙  ,j    '" ,,. ' ノ l  } ノ  i    あの"隊商喰い"には結構な数の冒険者パーティーが
   ,.'  i V 、 \   _ -,.ニィテン  〈/\._j、   喰われてるんじゃが…
 . /  / ヽi  '¨fゥ,、v‐'" ‐''¨´ ,  ミi   /    それを一人で…
  ;  /   ', ` ̄/!,、  ヽ.,_ノ   ヽi.  /
  i  ,'    バ ̄ 、! ,.      ミj  /    これがただの冒険者と近衛騎士との差かのう…
 . ! i.    / ,ハi , ,`Y i 、、、、 ミ/, '
   i l    /  V//-‐ -ヽ l `y /
  ./ヽ i   /   V/´7Tヽ リ/ ヽ i、      ──────────────────────
  ト、 ',\ ( 、.   V__!__ゾ    | lハ  /       やらない夫の去る姿を視界に収めながら、
 . ! \ヽ. \i l:、    / \     i l:: ∨           宿の主はポツリと呟いた。
                            ──────────────────────

92 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:26:31 ID:xKSV3w0g [2/2]
眩しいwwダディと比べて眩しすぎるwww

93 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:26:32 ID:TeFvJWpc [6/9]
これはうわさになる

98 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:28:23 ID:hkT3lvhI


.:i|.:i|.:i|.:i|            ;|
.:i|.:i|.:i|.:i|            ;|
.:i|.:i|.:i|.:i|二二二二二二二二二l.
.:i|.:i|.:i|.:i|___  _,,....,, _  ...:::;;| ,;;.
.:i|.:i|.:i|.:i| ,/|(( ..,, _ ,,. ))...:::;;| .;;.                , -―- 、
.:i|.:i|.:i|.:i|/ :| | ~"'' ''"~.]....:::;;| .;;.             /     \
.:i|.:i|.:i|.:i|  | | l l l |.....:::;;| .;;.             /  \_   |
.:i|.:i|.:i|.:i|  |_| l l l |.....:::;;| ;;..             (●) (●)   |
.:i|.:i|.:i|.:i|;../ :l #i; ;l;;;;l;;;| ̄ ̄\_____       (_人__)    /
,.i|,.i|,.i|,.i|,/  ~"'''''''"~                    l`⌒´    /
_,,..,.,,,._ >┿、                      |      ヽ
ヽ  /_  /'ヽi|.                      __!、____/  \
 ゝー( ヽ| ;;|i|.                    /、 ヽ     r 、 ヽ
/   ヽ::ヽ |i|.                    ハ ヽ Y`l     |  >  Y
/;;;..:::i;;:..,) ;) :|{}.                    { ヽ_ゾノ     | レi i i}
;;:::.....、。)_,,)"..                   `¨´  ヽ    ハ  `'''
 ̄ ̄ ̄;;;:"                           >   / ヘ
                                /  /ヽ  ヘ
                                _,/  / ご_ノ  モキュモキュ
                              ( ヽ /
                               \__ノ


──────────────────────
   冒険者宿を出たやらない夫がしばらく歩くと、
      通りは目に見えて汚くなっていく。
         ゴミが道端に溢れ、
   道や壁の塗装は剥がれているのが目につく。
──────────────────────

99 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:29:23 ID:hkT3lvhI

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

                        、-´\,_ _,,,-"i
          _,,,,-‐----、,_     ヽvvvvvvvv|,_,,,、,_ _,,、
         /∧∧∧∧∧`'‐-‐i ,-´vvvvvvvvvvvvvv  (´,,、,
   ,,-‐,>_,, i∧∧∧∧∧∧∧∧vvvvvvvvvvvvvvvvvv  ,ノ
  、-´vvvvvv´ ∧∧∧∧川∧∧∧vvvvvvvvvvvvv☆vv  .!,
  }vvvvvvvvvv ∧∧∧∧川∧∧∧vvvvvvvvvvvvvvv    ヽ,
  }vvvvvvvvvvv      川▲    △                |
  !,vvvvvvvvvvvv     川川                      !,
   `'-、,vvvvvvvvvvv    川川川川川川                 ヽ,
    /vvvvvvvvvvvv  川川      川川川★         )
     ,ヽ     vvv川川川 川         川        /
    ,ノ,~      川vvvv   川            川      i´
    {      川vvvvvvv   川          川      .}
    ゝ 川川川川vvvvvvvvv  川.i´{,/_',-´ ̄ ̄´‐, ● !
    {,川       vvvvvvvvvvvv  i'  `´      `‐-‐´
     }      vvvvvvvvvvvvvv !
     `~`‐-、 vvvvvvvvvvvvvvvv}
         `'‐、vvvvvvvvvvv  {
           `‐-,vvvvv      {,                  ☆:梨花の家
             ヽ        」 __,,,、              ★:ニューソック領街
                  ヽ,_        `‐´  ゝ               ●:王都
                `フ   _,,,_    ヽ             ▲:商都
                ´'-‐‐´~  `'‐-、. ,コ            △:やらない夫現在地
                         `´

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

──────────────────────
やらない夫が今居る街は商都に近い中規模の街だ。
  景気の良い商都に近い位置に存在するため、
    その恩恵を受けてそこそこ繁栄している。

   しかしこの街は商都の正の面だけではなく、
      負の面も預かってしまっている。
        商都に辿り着けなかったり、
商都から出てきたはいいが立ち往生した貧民が多く
 小スラムと言って良い区域がこの街には存在する。
──────────────────────

102 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:30:22 ID:hkT3lvhI


           _     _
      /\  │ |  /ヽ
      \/  └ ┘  ヽ/
_____________________       /\
_/_/_/_/_/_/_/_/_/.,:;./_/_/_∧     /  /
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ .ヘ     \/ />
_/_/_/_/,.;::./_/_/_/_/_/,.:;,./_/.γヽヘ.      </
_/_/_/_/_/_/_/;::::.,/_/_/_/_/  ゝlノ ヘ      ┌─┐
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|,..:  ,;:  |     └─┘
____        ゙;;:    ____ |   _,. -i |
ニニニニニil   / ̄ ̄ ̄ ̄/l liニニニニニニil. |  |´ | ,..| !
_||_| l|  l二二二二二l/. l l|_||_| l|. |  |-''!´ | !
 ̄|| ̄| l|   | | |l     | ||    l l| ̄|| ̄| l|, |  |_,..レ''  |
ニニニニニil   | | |l___| ||    liニニニニニニil|       |
 ̄ ̄ ̄ .   | | |    0| ||;:;,.    ̄ ̄ ̄ ̄ |   ;:;:, .   |
,.:;       | | |l ̄ ̄ | ||     ゙゙      |  , _,. - '´
____,,wiiv| |_|l___| |l_______|_,,-'´
,,       | | ,,    ,,| | ,,
      , -―- 、   ゙;^"" ""''´''
.     l:::::    l   ゙'' vw,,'wii,,..
.     |::::::::::  |           ゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、
.      ヽ   .ノ
      /   .ヽ
     ( |   | |
      ゝl  |'         ──────────────────────
      `.|_)              そんな小スラムの区域の片隅に
                        一軒の粗末な家が立っていた。

                            見た目は貧相だが、
                    中からはなにやら騒がしい声が外まで聞こえてくる。
                   ──────────────────────

103 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:31:23 ID:hkT3lvhI

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|   <   ただいまー。   │
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |    \________/
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||               \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
 |:::::::::::::::||/    ||                )                  >
 |:::::::::::::::||      ||               <  あーっ!やらない夫!  >
 |:::::::::::::::||      ||                <                 (
 \:::::::::::||      ||                /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||                          \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                                 )                  >
                                <   おかえりなさーい!  >
                                 <                 (
                                 /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^

  ──────────────────────
 扉を開けると、多くの子供の声がやらない夫を出迎えた。
  ──────────────────────

104 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:32:16 ID:hkT3lvhI


                        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                        l    お土産はー?   │
               _.. -───- .ヽ、___  _____ノ
               , '".:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:.`丶、   |/
           /.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.\
         /.:.:::::::::::::/:ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ
           /.:::::::::::ィ7フ:/ '::::::::::::⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::、          /⌒ γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.          /.::::::::::〃// :{  '::ト、::ヘ::ト、 `:::::::::::::::::::::::::,            /    l   お土産♪お土産♪  │
        /.::::::::// /jム、   ':{ ヽjム从::::: }::::::::::::::::::::,       /⌒フ /7⌒ ヽ、___  _____ノ
        ,'.::::::::::l:ハン゙ん):,    ヽ. ん::)\}:リ:::::::::::::::::::::i     _{:_:(/`⌒ヽ、       |/
.       '.::::::::::::l∨ {゚::::リ       {゚::::::j V ::::::::::::::::::::::_.. -´――ヘヘ: : : : : : \
      l::/:::::::::::}  `ー'  .     ー-'  | :::i::::::::::::::´           \ : : : : : ヽ        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        l:ハ::::::::: リ ''    _,... 、    ''' |.:::j::::::/ / /         \: : : : ノ        .l    ………♪    │
.      l' ;:::::{:: {     {     ',      |::/:/  / /⌒ /  {      ヽィく         ヽ、___  ___ノ
.       l  i:: ハ::::\    、__ .ノ    」//  {/___|/{   イ⌒ヽ     i::::ハ      -───-    |/
        V V{ぃ `''‐-  ..__,.....::j'[:::::::/   / '~⌒`  \/ |八   '   |::::::::| /:::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
              \ヽ:::斗-イ{_/ /ー< /   ⊂⊃  .     -=ミ ∨ /   |:::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               l~フメ、 レvィ'⌒l  /′ /Y           ヾ∨   │/:::::/:::::::::: i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               人__丿  ト-‐( /  |/ |人   /`ー┐   ⊂⊃′    リ:,′:∧ :::::::: |⌒ヽ:::::::i:::::::::::::::::::::::i
               /    }  〈   ',}^ヽ  l   >、 、_:::::ノ     /    イ ::i:::::7::TV\::|\::ハ::::リ゙::::::|::::\:::::|
            {    丿    、       .l  L::::> ,...____/  ∠ノ|/::::|:::リl::::|   丁::::T ∨:::::::::|:::::::::::::リ
               \__/     ヽ._/   l  /{ ∨|  /  厶イ:::::::::::: ヘ|:::代:ノ   |:::::::| :::::::::::::|-=彡/⌒i
            /                 l/ 八 ヽ|∠二二ニ彡ヘ\/ _ |:( "    ヽ::ノ |::::::::::::|:::::::/:::::::::|
                          ∧ / rく>、_/ /  ヽ.と「 `⌒\      " │:::::::::ハ)イ::::::::::::|
                         く{{.∨ /   ∧  ∨   ハ |  \.  > ,.._____ |::::::::/‐' | :::::::::::|
                           ∨ 〈  ノ\\  ヽ、.      ̄ ̄\//〈 i_><|リ:::xく.   | :::::::::::|
                                                     V/ /   厶く.  ヽ ノ:::::: /iノ
                                                  /:| /    ´ | ∧.  ∨/|/
                                                   / |    (^^| / ∧  \
──────────────────────
           小さな子供達だ。
本来ならば親御からぴったりくっついて離れないような、
 そんな年頃の子供達がやらない夫にまとわりつく。
──────────────────────

105 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:32:57 ID:hkT3lvhI


                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (⌒)(⌒) |      まったく。帰ってくるなりお土産か?
.                |  (__人__) .|
                 |   ` ⌒´  ノ      ほら、喧嘩しないで分けるんだぞ。
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´

───────────────────────┐
                 r―-、__r―-、       ...│
                 |―‐z__,r:、__)       ..│
                 |  |   /  /___r-、   ..│
                 >―-、__ノr―‐┴'′  ....│
             ,. -‐'''" ̄ ̄`―〇ニニニヽ     .│
      .      /           \    `〇     │
           |              ヽ       ..│
           |              |        .│
           ヽ             /         .│
            \_______/        .....│
───────────────────────┘

                       ──────────────────────
                          やらない夫はそんな子供達に苦笑しながら、
                           両の手の平に乗る程度の包みを手渡した。
                       ──────────────────────

106 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:33:39 ID:hkT3lvhI

          ..-:::::: ̄::::::::-.、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::>
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::::::::/:::::::i:::i:::::::::::::::::∧
      /:::∧::::::::/::://:/レj:::jヾヾ:ヾ:::::::∧
    ,::::::iヽ〉:::/:::/,┼、´j::/ 'zナ、Vv::::::i    なんだろー?
   〈{:::::::! }:::::::://ハトム "   {ハム !:::::::}
     |:::::::V::::::〈 弋:ソ     ゞ‐' !::::::j
    、::::::::::::::::ハ w         xw j:::::/
     V::::::::::::::::ヽ_    ` ´ ....<::/ij
     V\:\::::く >へニフ/´〉::// /
      ` ``/` >ヘ_ノ  Y´ヘヽ       ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        〈 /   / ̄i ̄'、 ` 〉      |   ゴソゴソ    |
         \  /┌'┴┐ヽー´       .\______/
            /  ̄  l__ __l  |




 ────────────────────┐
  ,、_,、_,、_,、_,、  _____            /!/|│
 {:X:X:X:X:} /:》《=》《=》《:\    /o ̄〉 ̄ │
 {:X:X:X:X:} \:》《=》《=》《:/.|\〈o_oノ   │
  ^ ̄^ ̄^ ̄^   ~~~~~~~~~~~  .>〃|        │
  [}■□■{]   _____   ⌒         │
  [}□■□{]  |}\\◆//{|  /⌒candy   .│
  [}■□■{]  |}◆\\/◆{| .(∴:/⌒★.  .│
   . ̄ ̄ ̄    |}//◆\\{|   ̄(∴:,ノ   .│
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄      .│
 ────────────────────┘




       /         ′       ヽ:..:
      /     / __/   {  :ir― 、    ∧|
.     /   /  '/ ./'` ィ.ハ  :|\.   |   ハ
      ′, /  |  ./_|/ |′ 、 |, __\.:i.     .    キャー!お菓子だー!!
     i /}′. :| /´ぅミ、    ヽ/ィぅミyト:.     i
     |/ '! :..:∧《ん;;;n|     |:. ;;;n|》 V   ハ|
     / |  :ハ 乂__ソ     乂__ソ' ハ.  |:ハト、
    /.:八 i人i  ///    '    ///  iノi. .i:.:..|:..\        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    ` ̄ `|イ{.:.人    (`   ´)     人:|:..:厂 ̄ ´       │    待って。     >
         トイ>> .   ー   . <_厂}i/            \________/
   r‐yァァ= ´   { {{   i ̄ ̄/  ノノ}  `¨¨  TTY フ
   `{ { {       `iミ 、 、  / /.イ         } } |´
   人 、 、    ,.ィ 人 \=∨彡' ノ >、     ノノ|
    \_≧=/    \匸__厂´  |i |! ト ミ/' ノ   ──────────────────────
          i′      }  iト 、   |l |! |! ト》i ̄´        袋の中には様々な菓子が詰められていた。
                                    一人の子供が目を輝かせ、早速手を伸ばす。
                                 ──────────────────────

108 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:34:25 ID:hkT3lvhI


                 ,  ´ . : : : : : : : : : . ` 、
                 / . : : : : : : : : : : : : : : : : . \
                /. : : : i : : : : : : : : : : : : : : : : : . ヽ
             /. : : : : :.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
            ,<|. : : : : : :|:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
             /;;;;;;| : : : : :.:ハ⌒:、: : : : i:| :⌒ヽ、 : : i: : ト、
           ヽ;;;,| : : : : : i  ヽ: 丶:.: : 八 : : 、` : : :i: : |;ハ
               У|: : : :|ヽj   _ \:\: : ト`ヽ: ヽ : :Y : : !;;;/
               ′|: : : :| -―‐-     \i_ ヽハ :.:}:.: : レ′
           / : :| : :.:トヽ             `ヽ |:./: : : |    ほら、食べる前にやらない夫さんにお礼は?
              ′: :| : :.:i、               レi:.: : : |
          /: : : :| : :.:ト、        '         }ソ:.: : : |
         ハ i : :| : :.:i:.:丶    、  ,       イ: | : : : |
           //ハ」彡i : : :!´  ト、        . <: :i: :| : : : |
          ノ´ ̄|:::::::| : :.:|    `  ― ´ ′ ||`ヽ_i : : : |
        /     |:::::::| : :.:ト、             || ::::: |:.: :.: ト、
      ′   |:::::::| : :.:| `ー 、   , -――‐|| ::::: |:.: :.: | ヽ
     /  、  .|:::::::| : :.:|            ,|| ::::: |:.: :.: |:  \
      /   ヽ .人:::人: :人` ―――――‐ ´ .|| ::: 人:.: : レ     ヽ



                    _          ∧__
             ,. '"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、       ̄1i
.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\       《.  ハッ
          / : /.:.: 〃:.:.:.、:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.ヽ      ≫
       :.: : i:.: : :i|\:.ヽ\:.:.: i\:ヽ:.:.:.:.:.
       |:.:.:.|:.:.:.i:リ  \{\\:レ ヽ}: j: :.i
       ∧:.:.|:.:.:.リ┬─┐   ┌‐┬∨ : |     そうだった…
        :.:.:',:_j :.:.:|: | :::::: |   |::::: | |:.:.:.:!
.       |:.:.{ ハ:.: .! 乂:_::ノ    乂_ノ !: :.:.:
.       |:.: :`ー', :.:', '''      ''' ノ:.:.: ,′
.      |:.:.:.:.:.∧:.:.',≧=‐r r ‐=≦リ: :.:./
        |:.|i:.:.:.: :.>ーヘ、 .∨ ノヽ厶ィン′         ──────────────────────
.         !八:い/: :.:.l: : :.`?詐´: : :}:.ヽ                 その手を一人の女性が制止した。
.          ` /: : : :j: : : : ! !: : : :∨: ',                   笑顔の綺麗な女性だ。
                                     身体付きには女性らしい豊かさがあり、
                                   素朴な顔であるが表情の柔らかさのためか、
                                 会話する相手にどこか安心感を与える風貌をしている。
                                 ──────────────────────

110 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:35:13 ID:hkT3lvhI


               _.. -───- .                      |\     /\     / |   //  /
               , '".:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:.`丶、                _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
           /.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.\               \                     /
         /.:.:::::::::::::/:ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ              ∠  やらない夫、ありがとーう!   >
           /.:::::::::::ィ7フ:/ '::::::::::::⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::、          /⌒/_                 _ \
.          /.::::::::::〃// :{  '::ト、::ヘ::ト、 `:::::::::::::::::::::::::,            /    ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
        /.::::::::// /jム、   ':{ ヽjム从::::: }::::::::::::::::::::,       /⌒フ /7⌒ //   |/     \/     \|
        ,'.::::::::::l:ハン゙ん):,    ヽ. ん::)\}:リ:::::::::::::::::::::i     _{:_:(/`⌒ヽ、
.       '.::::::::::::l∨ {゚::::リ       {゚::::::j V ::::::::::::::::::::::_.. -´――ヘヘ: : : : : : \
      l::/:::::::::::}  `ー'  .     ー-'  | :::i::::::::::::::´           \ : : : : : ヽ
        l:ハ::::::::: リ ''    _,... 、    ''' |.:::j::::::/ / /         \: : : : ノ
.      l' ;:::::{:: {     {     ',      |::/:/  / /⌒ /  {      ヽィく
.       l  i:: ハ::::\    、__ .ノ    」//  {/___|/{   イ⌒ヽ     i::::ハ      -───-
        V V{ぃ `''‐-  ..__,.....::j'[:::::::/   / '~⌒`  \/ |八   '   |::::::::| /:::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
              \ヽ:::斗-イ{_/ /ー< /   ⊂⊃  .     -=ミ ∨ /   |:::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               l~フメ、 レvィ'⌒l  /′ /Y           ヾ∨   │/:::::/:::::::::: i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               人__丿  ト-‐( /  |/ |人   /`ー┐   ⊂⊃′    リ:,′:∧ :::::::: |⌒ヽ:::::::i:::::::::::::::::::::::i
               /    }  〈   ',}^ヽ  l   >、 、_:::::ノ     /    イ ::i:::::7::TV\::|\::ハ::::リ゙::::::|::::\:::::|
            {    丿    、       .l  L::::> ,...____/  ∠ノ|/::::|:::リl::::|   丁::::T ∨:::::::::|:::::::::::::リ
               \__/     ヽ._/   l  /{ ∨|  /  厶イ:::::::::::: ヘ|:::代:ノ   |:::::::| :::::::::::::|-=彡/⌒i
            /                 l/ 八 ヽ|∠二二ニ彡ヘ\/ _ |:( "    ヽ::ノ |::::::::::::|:::::::/:::::::::|
                          ∧ / rく>、_/ /  ヽ.と「 `⌒\      " │:::::::::ハ)イ::::::::::::|
                         く{{.∨ /   ∧  ∨   ハ |  \.  > ,.._____ |::::::::/‐' | :::::::::::|
                           ∨ 〈  ノ\\  ヽ、.      ̄ ̄\//〈 i_><|リ:::xく.   | :::::::::::|
                                                     V/ /   厶く.  ヽ ノ:::::: /iノ
                                                  /:| /    ´ | ∧.  ∨/|/
                                                   / |    (^^| / ∧  \
                                                   ,′ ∨       |'  ∧    〉
                                               │  |       |    \∠フ

111 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:35:53 ID:hkT3lvhI


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ⌒)(⌒)     はいはい。
   |      (__人__)
.   |        ノ      どういたしまして。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /





                 ,  ''^ ̄ ̄``丶
             /.:.::::::::::::::::::::::::::::::.:.\
.             /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
           /.:::::::::/ハ:::::ト、::\:::::::::::::::::l           |\     /\     / |   //  /
.           l.:::::{ ::ハ{ 、ヽ| \:ヽ::::::::::::::|         _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
          l:::::ハ/‐'    ̄  V::::::::::::::::|         \                     /
           l::::::} _>   <_ |:::::::::::::::::|         ∠      きゃー!!         >
           l:::::リ // _. -┐//|:::::::::ノ:::/         /_                 _ \
.            ',:ハ:\  ヽ _.ノ-tノ:::://:/           ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
              Vい(^_}匸ト-く \ レ′            //   |/     \/     \|
             ノ ̄} !  ヽ ヽ
                〈  丿  \  ) ヽ─┐  三二ニ=-
              `フ      ̄   V/┘    三二ニ= _____ , -─- 、
              /             V|   .三二/⌒ ̄´___  `     }
                             (_//::::::::::::::::::::::`丶、\__ノ
             「 ̄ >                 〉/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ',
           \ {__                 {/::::::ノ::::丶::\::ヽ:ヽ::::::i  |
           ,.-ヘへ-  `、  、          |:::i:{八{\:::\}\ハ:|:::::i|  |
        _ /         \'/\         |:小|T::::T \T:::::::T|::::::| ,′
       `,       ,:        ヽ/∧.          |:::レ代:::ノ   、::::::ノ:|::::::|:/
       /  ,.{- /{   :|- 、   ∨∧         |::::::{ '''      '''ヘ| :::i|
.      /  j ハ/    卜   |    ∨/ア..     i:::::i|⌒ヽーrーく.  ,':::::リ
     /イ  }厶ニ、  \]ニ\」、|  | V        ヽ八  }´j  ヘ 厶イ    三二ニ=-
.    / |  /' >     <  `:|  |\}           ー‐ァ′  `ー ',      三二ニ=-
      |: ∧ XX       ,XX |  } {            /          }    三二ニ=-
      レ }人     -┐     ,x| ハヘ〉
       ハ介::.... __ __ . イ、リイ ノ /
            レ/´ 弋乂丿  \´   j                       /  ̄ ̄ ̄ / .__
            く /  。      ヽ/   三二ニ=-              /_/ ̄/  /// 7
         / V   。   \/\      三二ニ=-                匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ
.        〈__/    。      `T     三二ニ=-                 / ./     l /l / / ./
                                               / ./        /./
                                                ̄          ̄
──────────────────────
     子供達はやらない夫に礼を言うと、
  歓声を上げながら部屋の奥へと走っていった。
──────────────────────

112 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:36:40 ID:hkT3lvhI


           -───‐-
       , .::´: : : : : : : : : : : : .丶、___
      / : : : : : : : : : : : `丶:: : : .\:::::::::ヽ
.     / : :/: : : : 、 : ヽ : : : : : ヽ: : : . ヽ:::::::|
    / : : :!:i: : : :i :ヽ⌒\:: : :\:\: : ,〈',::: {
.    ′:.;斗ミ: : :.ヽ: : \_: .、:: : :ヽ:ヽ//: ',:::}
    i | : : ハ≧、: :.:\ イ:.心ヽ:: :ハ} : i/:. : ∨       食べる前にちゃんと手を洗ってねー。
    | | i: :ト升心  ̄  弋;zリ ∨ノ: ::|: : : : |
    | i八从 Vリ     `¨´   | : : : |: : : : |
    |: : : : :ト ¨´  '     ""  | : : : |: : : : |
    |:.:/ : 人""  、   ノ   . イ : : : |: : : : |
    ∨: :: :.:个:.、      イzイ : : : :|: : : : |              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | : : :| : ヽ : >r- : ´/::::|: : : : :| : ヽハ              │    はーい!     >
    | : : :|: : : :\ : ヽ:/::::::::::|: : : : :|: : : :ヽi              \________/
    | : :八 : : :ヽ, <  ̄ ̄ ̄|: : : : :|: : : : :∧
    | :人: :ヽ.: :/        人 : : : | : : ヽ: :‘,
    | : :| \.:∨    -彡'イノノ: ::| : : : i: : : ',
    | : :|  ヽ|       -=彡' : : : :| : : : | : : : ヽ
    レ:八  ,イ   ___,   人: : : :| : : : | : : : : : \

115 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:37:28 ID:hkT3lvhI


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (⌒)(⌒) .|    大変そうだな、院長先生。
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |




              / . .: . .: . .: . .:/: . .: . : . .: . .:|: . : . : . : . : . : .  i
              ,.イ . .:! . : . : . : /ヽ. .: . .: . .: . .:|i. : . : . : . : . : . : . |
              / ;;;| . : |. .: . .:i: :/. :i . :ヽ . : . : . :|ト、 : . :ヽ . : i:. :. :. |
          〈;;;;;;;;;;| . : |. : . : | :|´⌒ヽ: .:ト、. .: . .:||´⌒`ヽ|: . :|: . : . i\
            \;;;;| . : |.: : .:∧:|   ヽ:j \ : .ハ:ハ: . :| :/:|: . : . |;;;;;ヽ
              ヽ| . :八i : .i ヘ____ ヾ  ∨_____ヽ:.Ⅳ: |: . : . |;;;;;;;;;〉   いえいえ。
              | . : . :ヽ: ,イ´ ̄ ̄       ̄ ̄`ヽ八:.:|: . : . |;;;/    子供たちの為ですもの。
              | : . .: . .:ト、ヽ                |;イ: . : . |´
              | : . .: . .:|  " " ´    '    " " ´  从!: . : . |      それに最近はテトちゃんも手伝ってくれますし。
              | : . .: . .:|、                 /八|:. . :. .|
              | : . .: . .:|.:ト、     ー-   -‐    /-‐´|:. . :. .|
              | : . .: . .:|.:|!: ヽ、             ∠: : : : |:. . :. .|
                 八 . : . : |.:|!: : :个 、       イ: : |: : : : :|:. . :. .|
               / . :|: . : . :|.:|! : : ノ  >― ´  |: : :|: : : : :|:. . :. .|      名前:菜々子・ヤマモト
           / : . :|: . : . :|.:|i:/      /∨} 八:. :|: : : : :|:. . :. .|      種族:人間
             / . : . :|: . : . :レ'       /ハYメ、  `く: : : : :|:. . :. .|      年齢:22
                                             性別:女
                                             職業:孤児院院長

116 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:38:00 ID:hkT3lvhI





                                     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                    <   誰か来たのー?   .│
                `}三=-: : :', ';: : : : : ゝ、        ヽ、__________ノ
                 r`ー: : : : :| 0|: : :,イヽ\`ヽ
             _,.イ`ヽ、___.|_,.-'": ヽ: : ',: ヽ:|
             |/: : /: : : |: : : : |: : : : : : ',: : :',:/ ゝ
             く\: :/ : : : |: : : : :|: : : : : : :ヽ:/Y
              ヽ /: : : : :|: : : : : |: : : : : :,.-'|_/Z!、
               く`ー-、|____|: : ,.-'"_,.イw=jZ|!
               /`ー─|___|,.==イ
              /`===/   /: : : :/
              /: : : : : :ノ   /: : : : }
              /: : : : : /    ;' : : : :/
             ,' : : : /    ,': : :/       ──────────────────────
            ,': : : ,'     /: : : {             子供達が去って行った廊下の奥から、
           /: : : /      |: : : : |                テトが顔を出してきた。
            {: : : :|      |: : : : |        ──────────────────────
           |: : : :|      |: : :,.イ
           ヽ_:|      `='"

117 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:38:30 ID:hkT3lvhI


        ,.-}: `ヽ: ー-、Y:/: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ::K_,.-': : : : : :/: イ
        }:`ー-、_,.≧/: : : : : : :}: : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : ',::ヽー-─ '": : ,.-'"{
        }: : : : : : : : :/: : :/: : : :,イ: : : : : : : : : : ヽ: : : : :ヽ: : : :',:::}: : :`ー<: : : : {
       r-!: : :ー-、_,/: : :/: : : :/ |: : : : : : : :\: : ',:ヽ: : : : ',: : : :}::!: : : : : :__:ノ
       ≧=-、__,.}: : : :} : : /  ヽ:',: : : : :|: : :\,.--ヽ: : :}:ヽ: : }:!: : : : : : `ー-ア{    あっ!
        }: :`ー'"/: : : : |: : { _,. -、: : : :{`/、ヽ;'  }ハ: |ヽ: ゝ:}!: : : : : : : : : : /    やらない夫様、帰ってきたんだ。
        ヽー-=イ:}: :}: :',: ::!´   ヽ、: : {  ィ ,.=''示ーァj: : : : : |、ゝ、: : : : : :/
         }: ィ≦}: !: ハ: : ト{_,.=''示ミ、\: {  ,.イ f::f:::C 〉イ: / : {::Y: : `ー┬'      おかえりなさーい。
          }: : : ハ:';: : ', ヽイ{ハ:::f::Cj  ヽ`  弋ータ/リ: /: : ::}::ハ: :,.-≦
          >--、リハ: :ト、:ヽ代c:::タ        ̄¨〃,.イ: : /:ノ  `ー/: ;ゝ
         く -、/  ヽ| }:Tヽ〃¨   ` _     イ }: :/ノ    く:∠,_
           ゝ、{    ,.-}トへ     f   }   /|}::/: : :T ー─、 7/
          く'"    / ノ ヽ: :> 、  ヽ _ノ /   /ノイ!: : : :}    ヽ
           `ー   /     }ヽ`=⊂⊃ ┬ '    /: :/:|: : : :|     }
               {     }: : : :|: {{: : : :> <: : : :/: :!: : : :!     !
                ',     }: : : :|: :ヽ: : /|:○:|ヽ: /: : ,': : : :{  /   /
                ハ   \!: :-: !: : ゝ'" ! : : |: : \:/: : : : :ヽ/   /




         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |      はい。
      .(__人__)      |       騎士やらない夫、ただいま帰還しました!
       l` ⌒´    .|
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|     ──────────────────────
       | ``ー―‐'| ..ヽ|           満面の笑みで出迎えたテトに
       ゝ ノ    ヽ  ノ        やらない夫も笑顔を帰還を報告する。
                     ──────────────────────

119 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:39:31 ID:hkT3lvhI


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●      俺の留守中、大丈夫でした?
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




               ,-、
              {{ ___   ,.--、
             ,.-'": : :`ー-、`ヽ/: : : : :}ヨ
       _,. - =y´: : /: : : ヽ: : : : \:__: {:7
       }彡: : : :/: : : |: : : : : :ト、: :}: : :', :-、  {::}
       }: : : : :イ: :} : ハ: : : : : |ニ}:|: : : }: : : `-{     いつもどおりだったよ。
       ≧=': |:}: ',: {示ヽ: :ノ弋ソ〉:ィ: リ: : : : : !
       く: : : : ',: : ヽ弋ソ 、   /: |': :__ : |     ねー、菜々子ちゃん。
        },. :≦-リ: :〃  r ┐ /:イ: :`=、ヽ!
         く: : :≦  `=っ`_ イ|: :,. f`ー、  ',-、
          ≧,-' /`ヽーく: : : /:| / `' //ノ /`ーヽ
          そ l   ', }: : V: :}:|,.┴-、 /:|': : : : }}
        ,.イ   ',   Y: : : : :l/: :  ̄ヽヽ::!=イ::/



        /                     \
      ′ /      イ              :.
      i  /    /|         `ヽ ハ
    /|  ,′   _L⊥、  、\  」_  ',   i
    \ト、|   ト´ |_八 、  ヽヘ }`ヽ} !|
      |\| 八 | Xr心ヽ{\  | f心ハ ノi ||   そうね。
      |\|  ヽ!/ r'::::::}   ヽl r'::::} V ノ |    平和なものでしたよ。
      | (|    i  ゝ-゚′    ゝ ゚ イ  |
       | |   |       ,      ;   |
     ,   |i    |      r―‐ァ     八 |
      /  |i   |`ト .   ー    .イ :   |
    〃   从   |Ⅵ| `   _ .. :介i |: :   |     ──────────────────────
   ' i    } i  |'フ      |ーく: l |: .  ,|             家、という守りがあるとは言え、
   iイ|    ∧ 、  〈       V.:::V.:|:  /.|      小スラムというお世辞にも治安が良いとは言えない地域に
                                       孤児院という女所帯だ。
                            やらない夫は少し心配ではあったが大丈夫であったようだと安心する。
                               ──────────────────────

121 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:40:27 ID:hkT3lvhI

    く:/ :/ : : : : : |: : : : : : : : : : : :ヽ: : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : }
      }:: ./ : i : : : : ト、: : : : {斗-…-: : : :.辷_,:ニ=…─ァ‐-=ミ:_;ソ
     ゞ;' : : i : : : : |小、: :∧  `゙< : : : : :Ⅵ‐;ィ'"´: : :‐-<,
      i;ハ: :|:.: : : '⌒ \: :_,:斗=ミ:、\: : : :.Ⅶ{: :‐=‐-: : : : 厶     やらない夫様はお仕事どうだったの?
       八: : : : :{ _  ヽ´弋:じ;:リ′.ヽ: : :} 辷ニ=‐ァ: : : : ノ
      く.:i: :` i : : '´心     ヾイ     Ⅵi ノ:>'": :ィ"´
       ヾi∧l : : : 弋:}          ,リ }:.:./: ∠____________
         ';彡7\:ハ. ′'   _         }:八: : : : : : : : :彡′
          く: : : : :ヽ、 .ィ´ノ   /   |′ ` ̄¨フ:/
           ヾ_彡: : :>.`¨  . : '    八    く´
             {廴._   `ニ´:i   ,.イ:::::::ヽ、____ `⌒ヽ
                7-‐:/::::丿r='´::::::::::::::::/    `ヽ
               /{ , '::::/:∧::::::::::::::::: /      ',
              /   /::/:://:::ヘ、:::::::/        }
            ′ ノ:::::::: //::::::::::ヽ/::i/         ,′




           *
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人     バッチリですよ。
  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´    ほら。
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
 | ___)  ::|+{          .|     十
 | ___)  ::|  {       _ |
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|      ──────────────────────
            ``ー―‐'| ..ヽ|             やらない夫はそう言うと、
                 ヽ ノ     懐から金貨を取り出して二人にそれぞれ一枚づつ手渡す。
                          ──────────────────────

              ┌───────────────────────────
              │            _.。ャぁて丕刀フ7ゎ。._          __人__
              │          ,.ィ炙ヲ㌍≠┴⇒弍j込ス>。        `Y´
              │ .        ,ィ升ヲナ'´           `゙'<弖心、       !
              │ .        ;夕フア´ .ィ_´ ̄`┴ 、       \ホi心.
              │       んfiУ  /ト、 =/ /_lト、 |      ▽ij∧
              │      从j'Y   N f/ ∧{:l レノ        ∨iハ
              │ .       斤W _. 「‐个、/ /l  -/           ㌣い
              │      |友カ /..へ|/L-ァT:‐:‐:‐:‐ァ‐‐:、    }ソ川
              │ .       い叭 /l::::::::::::7:/{ |。|゚|‐|_|_K}‐|‐|    仄ガ
              │ .     Wi从 \ 二Z:::::::ト、_.イ {_L|?〉    从ノリ
              │ .      ∀t△  T_/ ∧_.、 /ト‐‐|ニ|‐┘ ∧fリ/
              │       ゙マじへ、 Y´_l__|./  K>| /リiУ
              │        \夊i㌧、_             ,.イ!刋/
              │          `マ才i「≧ェ。。.。。っ夭テ少'゚
              │   i         `゚'' ミ芝玉竺壬云=‐'´
              │.. __人__             ̄ ̄
              │  `Y´
              │   !
              └───────────────────────────

122 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:41:29 ID:hkT3lvhI

               ,,: : : : : : 、
           ┌ァ^Y: : : : : : : : :\
           /:{ ∧: : : : : : : : : :‘,
              L入」、 \」: : /: :ノイ ]
              /|]: : >(|: :!{´ 倍 .|      これ…、もしかして金貨ですか?
          ∨凵´ : : /]: :|   > :|      私初めて見ました…
           //: : : :,厶] ト、_/j: .:|i
         /: : /: :/  ヽ:|    |: :八
         /,.: : :/: :/  \八   ,ノイ  ヽ
.      /: :/: : / ;く     ,>
     . : : :/: : / /  `卞、 {         O_
.    / /: :/.: : :' / 、/i:i, \     、_ ,/´ ⊥
  /弐 '.: :, : : : :厶イ:i:i:i:Lム  > ´  |」,=イ´
.,//:i〉i{: :,{.: :∧」:i:i:i:i/´   ‘,  _,,.. -┘
 <{:i:i`i:∨:、/L」_i:ーr'′   ゙¨´
 ハi:i:爪i:i:i:i:i:i:i:i:i:i┴ ¬-  ..,,_




          _  __\ヽ
       _,.-( ,、Y´: : : :`ヽ!_/´ ̄)
      |: : : :,.ゝ` |:ハ: : :/ヽ: |∩ |:`ヽ、
      }: :/: : ;Y/\ヽ://ヽヽ'": `i: {    しかも5枚もあるよ!
      }:/: : : /: :| ○  ○ |: |: : : :Y
      ,入: : :YiY〃 ,‐、 〃イ::|: : : :|     やらない夫様すごーい!!
 _    {'"Y´ ノ`ヽ、└┘_,イ-゙!: : : ノ
 >|      `ヽ/: |: :X: : /:| ヽヽ/
 >ヽ、      /ニ: V|o|Vニ:ト-'"
  ⌒)/\     |: : : : |o|: : :/
          |: : : : |o|: : :|
          |: : : : |o|: : :`ヽ、
          /: : : : :|o|: : : :/`ヽ、




         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)      いやー。
          |     (__人__)      なんも考えないで魔物倒すだけの楽な仕事でした。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ    ──────────────────────
       \ `'     く         院長の女性は金貨をまじまじと見つめる。
        ヽ、      |     平民にとって、金貨を取り扱う機会などそうそう無い。
            |       |       仮に金貨相当の金額を扱うことがあっても、
                        銀貨を集めて同じ額にして支払う。
                       金貨を扱う事は富む物の特権なのだ。
                   ──────────────────────

125 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:42:18 ID:hkT3lvhI


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)      あ、菜々子さん、
     |     (__人__)       とりあえずその一枚を渡しておくので、
     |     ` ⌒´ノ       孤児院の経営資金に充てて欲しいだろ。
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


                      ∧__
                        ̄1i
               ,,: : : : : : 、    《.
           ┌ァ^Y: : : : : : : : :\   ≫
           /:{ ∧: : : : : : : : : :‘,
              L入」、 \」: : /: :イ ]
              /|]: : >(|: :!{´ 伝 .|      
          ∨凵´ : : /]: :|   > :|      い、一枚!?
           //: : : :,厶] ト、_/j: .:|i
         /: : /: :/  ヽ:|    |: :八     一枚って金貨一枚ですか!?
         /,.: : :/: :/  \八   ,ノイ  ヽ    貰えませんよ! こんな大金!
.      /: :/: : / ;く     ,>
     . : : :/: : / /  `卞、 {         O_
.    / /: :/.: : :' / 、/i:i, \     、_ ,/´ ⊥
  /弐 '.: :, : : : :厶イ:i:i:i:Lム  > ´  |」,=イ´
.,//:i〉i{: :,{.: :∧」:i:i:i:i/´   ‘,  _,,.. -┘
 <{:i:i`i:∨:、/L」_i:ーr'′   ゙¨´        ──────────────────────
                                   その富む者の象徴を、
                              やらない夫は何の気無しに手放した。

                                そのあまりなやらない夫の態度に、
                              院長の女性は慌てて金貨を突っ返した。
                          ──────────────────────

126 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:43:03 ID:hkT3lvhI


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)       いやいや、子供たちの為に色々と入り用だろ?
. |     (__人__)        気にせず貰ってくれ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }        それにまた稼いでくるから気にするな。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄




        ,.-'": : : : : : : : : : :`ヽ、
       /: : : : : : : : : : : : : :\: : \
      ,-/: : : : : :|: : : \: : : : : : ヽ: : \
     |: :|:,: : : ー' : :-─'ヽ: : i: `ヽ、: : :───、
     |、: |: :/\: : : :| \: \:|: : : :,-、; : : : : : : >   す、凄いね。
      ,==/イf:ハヾ!/ ,=、\! i: : /:/ハ: : : : :ニK    冒険者ってそんなにお金になるんだ…
     |= : : !| 弋:! |! f:::::ハ;-Tヽ//::|::|: : : : : :/
     K二/|!  ャ-、  `ー" リ: : /|:::|::|二: : :ト、
      トKヾ\ `ー' u._,゙゙イリ/ヽ|:::ヽ!: : r'"
      |/  \o`ー i'"  |    く: ミ{
      `ヽ   _,.-'i_,.-'"`\   (( `
         ,.ハ |!/::::|: : : : : :,.-、       ──────────────────────
         i |:|/|:::○:|: :_,.="'_,.-`ヽ          菜々子と同様に、テトも驚いた様子だ。
         | |: : ヽ::::/|_,.-'"/ _,.-"ヽ       「また稼いでくる」そのやらない夫の言葉を
         | |ニ!|:::::|: : : : : : :/ 04 /         信じられないような気持ちで耳にする。
         | |: :|/:::::|: |: o: : /    /     ──────────────────────

128 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:43:45 ID:hkT3lvhI


           *
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
    | ::|   /   ⌒   \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人     いやー。
  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´     魔物を倒すだけで良いとか、
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|           冒険者は俺の天職かもしれません。
 | ___)  ::|+{          .|     十
 | ___)  ::|  {       _ |
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
            ``ー―‐'| ..ヽ|
                 ヽ ノ

.

129 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:44:05 ID:u2RtprWE [3/5]
( ;∀;)イイハナシダナー

でも、こんなことしてていいのか?

130 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:44:15 ID:hkT3lvhI




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



.

132 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:45:10 ID:hkT3lvhI


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \    …なにをやっているんだあいつは。
  /(●)三(●))   .\   王選のこと覚えているのか?
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /  トイウカ ナニガ テンショク ダ …
  /   `ー'´      \




          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \      いやー。
     / u (=)  (=)  \     実に生き生きと平和に暮らしているそうですよ?
    |      __´___      |
    \     `ー'´     /     ちょっとだけ羨ましい気もします。

                  ──────────────────────
                  冒険者としては順調でも、王に仕える近衛騎士としては
                       一歩も進まないやらない夫の生活に
                      やる夫は呆れ果てた様子で言葉を吐いた。

                           自らの主を王にするため、
                       死に物狂いで活動する二人にとって、
                  やらない夫はある意味で羨ましい生活を送っている。
                  ──────────────────────

134 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:46:06 ID:hkT3lvhI


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \      だが、こうなると王選は実質4組の争いか…
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




         ___
      /)/\  /\
     / .イ ' (●)  (●)\      ええ、王位の選出は貴族の投票で決まりますから
    /,'才.ミ).   、_',__,    \     彼はもう脱落したと見ても大差ありません。
    | ≧シ'           |
    \ ヽ           /




        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \       まぁ、彼はそのほうが幸せでしょう。
    /   ( ー)  (ー) ヽ      どう考えたってあのペアは王選には向かないでしょうし。
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /    ──────────────────────
                           冒険者としての名声がいくら高まろうと、
                           王を決める一票の投票にも届かない。
                       今がこの状態ならばやらない夫は実質リタイアであろう。
                             二人の考えは至極妥当である。
                       ──────────────────────

140 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:47:11 ID:hkT3lvhI


.::::::::::::_______________:::::::::::
.:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::
.:::::::::::|:::::| ̄ ̄ ̄ ̄l:::::!:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|:::::::::   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.:::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::   |   コンコン    |
...:::::::::!:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::::::.   .\______/
.:::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::
.:::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::
.:::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::
.:::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::
.:::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::::::
...:::::::::!:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
.:::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|:::::::::
.:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::
..::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




        ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`      おや?
    /   ( ●)  (●) \      どうぞ。
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /
                 ──────────────────────
                          会話に一区切りついた所で、
                  来訪を告げるノックの音が二人の耳に届いてきた。

                    できる夫がノックの主に入ってくるように促す。
                 ──────────────────────

141 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:48:02 ID:hkT3lvhI


     /    ゞ、;;;;;;;;;;/  / / /l       ヽヽ  \
     /     /ノヽ/   l  l  | |        ! ヽ ヾヽ
      {     ハ,. ノ/    |  |  l |       | | l ', ヽヽ、_,
     ヽ  / ト〈 〕,'     ハ l|__ ', ',       | l  |! ', `,` ̄
      ヽ / トY .l    l ト´l~゙__゙'ヾヽ    _,!_!_ /|  | |
      /.|  |ハ._|    | |/'ひ:;;::}`\   /ニ、`レ /| |       失礼します。
      /    l/-| l    | l、 {::ゞ:ノ   ヽ ノ'{ピ;}〉 イ∨ヾ、
      |    |`ハ l    | l `'ー゙       ヾンイ/!  |         そろそろ目的地に到着するので、
      ゙、    ヽ、ヾ、   l`‐ヽ       ソ   |ソ  /         お知らせに参りました。
       ヽ     /\ィ\、 `ーァ          、ムィン
      ∧ヽ /  ハ:|: .、 ̄       ‐ー    /ノ
       {   ヾ   } |: . \          /
      |       レl、:  :` ‐ .、    /
      ヽ  ヽ   ! ヽ'ー、  : . : `T ´
       `>、  ー-ヽ  ヽ ` ‐ :、: |ト、
     ,. - "  |      ヽ. ゙、    ∧! |:\        ──────────────────────
  -‐ "\\  ヽ      :  |  / |:;}:|  \           入ってきたのは一人の少女であった。
                                    先の傭兵と同じくらいの年齢であろうか。
                              しかし傭兵とは異なり、こちらの少女は幼さが色濃く残っている。
                                        ナギの商会の者であろうか。
                                ──────────────────────

142 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:48:43 ID:hkT3lvhI


       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \      ありがとうございます。
  /    (●)  (●) \
  |        '      |     でも、その為にわざわざ貴方が?
  \      ⌒   /




               /  =ミ、  / 〃 /   ヽ.
              /ー=≧==ミ≧=≠≦=<´- - .\
             〃,.</ .,ィ  〃    :::.   \ー 、::ヘ
            /イ  / ..,:'  /      ::ハ   .\ \ハ
              /  ./ .:::/...::: /       ::::';::.    ヽ:. \
.           /   /  .::/..:::: / ,'       :::ハ:::. ヽ  }ト .∧
        ,ィ彡 ,  ,.{ ..:::,' ::::::::i ::      .: ::::::i:::.  i!:.  |:::..ハ
   `ー=-イ,' ./  .| ..:::i  : ::::|..:::      / :::: |::::  |: : . |::从.ハ
        ! ..:!  .::! ::::|! ::::::::i::::      / ..:::::;'::::  ;::::: 从:小リ       はい…
         | :::i  从 ::::ト  :::::.キ:::..,,ィ   ,,' .:::::/:イ:::: /:::: /:: ::}i!
        |: ∧ :八 -キ===彡 /   ミメx::/ !_/_:::. / リ :::i        えっと、そのですね…
        j从 ト、:{ ::\:::i |ヽ! | |ハ::::::.  .:::≠/≧テ7|:::/../ ..::リ
         入! .ヾ 从 =====ヽ::::.::.イ||=====.イ   ..; ./         もう一つ、ニューソック様に用件が…
        〃 人:::.  人 | | i  | || Vイ | |  l | | | /   ../く
        { Y::: \::.∧=-      i!   u  _,..ィ彡 ..ィ/  .',
       ∧  ...: .:乂=.ヘ  u     !     ≧ , .ィ"    ',
        /  Y:::/ .ハ   |\   r=====ァ U  イ       .ト
      ∧  ::/  :::}   .|i!  >.. .ー . ..ィ  /          ,':::\
     ./  ヽ...:{  ...:ノ    .!i!  イ::::`.ー ´   /         !::::::::::ヽ
    /   }ニニイ     |i!V/ |!::::::::/∧  ,ィ/       .:.  |:::::::::::::::




     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \    私に?
|      (__人__)    |    なにか?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |             ──────────────────────
.\ “  /__|  |                      できる夫の言葉に、
  \ /___ /                    少女は表情を青くして応えた。
                         ──────────────────────

145 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:49:18 ID:hkT3lvhI


      _, ィ'   :/  .:/ .:/ .:     .:.:.::i :', ヽ .V :}:.V    .:ヽ
      ̄7  / ./ / .:.i .:i :     ...:.:.:.:i :.:ヽ  ', V :.:.', イ  :.:.:}
       i / .:i ::i :.:.i :.:!:.i    .:.:.:.:.:.ノ :.:.::}:.  !  i :.:.i ノ .:.:ノ
       { イ :.:i :.ヽ:.:iヽ:.ト;;i_,   .:.:.:.:.:./:.:.:.:..:;イ:. .ノ /:i :.:iう .:.:イ      はい。
       ヽハ ::ト、:.:.ト弋弍ミX   .:.:.:.ナ7ヲ4く,ノ:.:イ:. /:.,' :.:レ':.:.イ.ヽ     先ほど、サガラさんが無礼を働いたようで…
        ヽ\レ\トミYてi`'ト、  :./ノノニテユくへノノ:./  :.:レ'.ノ.:.:.:}
          メ、 :.:.}^ !;じリ \{   " i::;;じi}彡イ.:/  .:.:レ' ノ .:ノ     私のほうから謝罪させて頂きます。
             { i ',:.:| :.`=‐.:      __ゞ;;;;ノ^ /::./  .:../  .:./      申し訳ありませんでした。
             ヽト、ヾ:!     /        ∠/ .:.:.:/_.:ィイ
           `ヽ`弋    `        _/...:.:.:.:/.:/:/
             r⌒\    ー-     ̄,ネ:ー ';. ' .::/
           /  (.:.:.:\       ,//.:.._:_._::.:.::::ノ
           ( ,ノ ハ:.}.:r-'个 、__ ,. . : ': : : :{`ヘ.:.:フ ̄
              /  .:ノイ} `┴―-- 、_, -< ⌒゙く




    / ̄ ̄ ̄\
  /        \      サガラ…?
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \
                ──────────────────────
                         急に出てきた名前に、
                        やる夫は一瞬考え込む。
                ──────────────────────

146 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:50:06 ID:hkT3lvhI

┌───────────────────────┐
│    ー=彡,..イ::::::::,::.:<::::/:::::::/:::I!:::::::::::::`>、       │
│      /::::::::/:::::::::::: /::::::::::/::::/::::}!::::::\:::::\     .│
│.      /:::::: /:::::::::::: /:::〃:::::/::::/::::川::::::::::::ヾー`ー    │
│    /:::::イ:::::::::::::/:://:::::〃::::::::,':/小::::::::::ヾハ      .│
│     }::/::::/:::::::::/::::イ::::/:::::/::::::::::://Vハ:i:::i::::ヽ:ハ     .│
│    Ⅵ /:::::::::/::≧≠=x:/::::::::≠=≦ニ!:::l::::i:::}::ハ   ......│
│.      八:: r7///{弋zツ./:::::/ 弋zソ,} 川::::l!::!     ......│
│.       介// / ` ̄ /::/!   ` ̄  从{::/リ        │
│       川ト }   ″ :|      レ.イV         │
│         }::ハ      `       /:::/          │
│       ,.-=>、  , - ― 、  メイハ:{          .│
│      イ{=-  .ト \   ̄  ./,ノ= >、        ...│
│ ___|::> _.     \__ /三彡 /|ト..._        │
└───────────────────────┘
              ◯
             o
            。
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      ああ、あの傭兵か。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     本人から謝罪は受けているし、
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    もう気にしてないので別に良いのだが…
  . \ ヽ           /    なぜ君が謝りに?


                  ──────────────────────
                      確か先の傭兵がそう名乗ったはずだ。
                         やる夫は得心がいったが、
                             今度は逆に
                なぜ彼の謝罪を目の前の少女が?というのが疑問になってくる。
                  ──────────────────────

147 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:50:46 ID:hkT3lvhI


  , <    y´ /  :. :::::::::::...     、   ヽ
  /   ≦=〃 /   :.. ::ヽ:::::::::...:.. ::  l::.ヽ\,)
 ,'   ´ ´l! .,'   :. :.ト、_ゝ‐ メ::::,::..::: /ヒハl lヽ
 l   ..:::::lヘ ,l :. :. :.l、_ゝ、,zてう` ヽノ゙んj l リ ソ     なぜって…
 l  .: ::::::::l:..`l ::. ::::..\,ゞ _乂ソ_    ー' )イノ
 .l :::::.:::::::::',:::..l ::::. :::ミー`        ' .Y `ヽ     部下の非礼に責任を持つのは上司の役目ですから。
  ゝ、::::::::::::::.,:::::\:::、::..::::\       ,-   l ) jソ
   ト、::::::::::::\::::(\メ、ー-- ゝ     { j  / '
   弋 ヽ:::::::::::::..、ー-≧_,、        rヽ/
    \_>、::::::::',   j  ゝ _     l l
     l `ヽ\:::ノ/       T ¨ { l
      \___.::::/__         / _rl `¨`ヽ
       弋 X   `ヽ  - ‐‐   ( `     )
        /  ¨`ヽ  ゝ     /`ゝ_   /




     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・    は?
/    (●)゛ (●) \     上司?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
             ──────────────────────
                  目の前の少女から発せられた言葉を
              聞き間違えたのかとやる夫は自分の耳を疑った。
             ──────────────────────

148 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:51:30 ID:hkT3lvhI


         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`     あっ。
    /   ( ●)  (●) \     そういえば紹介でしたね。
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /     彼女が僕の雇っている傭兵団の団長、テッサさんです。




     /    ゞ、;;;;;;;;;;/  / / /l       ヽヽ  \
     /     /ノヽ/   l  l  | |        ! ヽ ヾヽ
      {     ハ,. ノ/    |  |  l |       | | l ', ヽヽ、_,
     ヽ  / ト〈 〕,'     ハ l|__ ', ',       | l  |! ', `,` ̄
      ヽ / トY .l    l ト´l~゙__゙'ヾヽ    _,!_!_ /|  | |
      /.|  |ハ._|    | |/'ひ:;;::}`\   /ニ、`レ /| |       テレサ・テスタロッサです。
      /    l/-| l    | l、 {::ゞ:ノ   ヽ ノ'{ピ;}〉 イ∨ヾ、       当船の指揮も預かっています。
      |    |`ハ l    | l `'ー゙       ヾンイ/!  |         よろしくお願いします。
      ゙、    ヽ、ヾ、   l`‐ヽ       ソ   |ソ  /
       ヽ     /\ィ\、 `ーァ          、ムィン
      ∧ヽ /  ハ:|: .、 ̄       ‐ー    /ノ
       {   ヾ   } |: . \          /
      |       レl、:  :` ‐ .、    /           名前:テレサ・テスタロッサ
      ヽ  ヽ   ! ヽ'ー、  : . : `T ´             種族:人間
       `>、  ー-ヽ  ヽ ` ‐ :、: |ト、              年齢:16
     ,. - "  |      ヽ. ゙、    ∧! |:\            性別:女
  -‐ "\\  ヽ      :  |  / |:;}:|  \          職業:傭兵団ミスリル団長

150 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:52:01 ID:hkT3lvhI



      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \    ………
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /







      `ー=彡7   从,,ィチ≠ミ ゛  / ,"ィ≠ミメ 从  .}ハ
.         ,'    キ7必tじハ \  / ,Yじハ アi  ..从八
            !.::i:. :.  ∧弋_zン   ヽ/  弋_zン, .从  ∧}>ー'
          l::ハ::.::. .从 ¨ ̄¨       ¨ ̄¨ // ..:::::ノリ       どうかしました?
            ヽ八::::::.... ≧     :i      イ/ ...:,ィ/チ
              \ヽ::::\            -=チ彡/
            〃 > Xー    ´ ̄ `     ,./{ イ
           { ./   \          .ィ/\
             ,人  ..::r="¨!: :.、     , .イ|⌒ヽ /
         〃..::: Y ..:::) />. ` .ー ´ ,,,斗=x \        ──────────────────────
         {{ Y    ノ ∧  >z,,_,,,ュ<  从   \           できる夫も言っているということは
          ヒニミ Y  {,い   /::::::',    ハ i!     \           冗談というわけでもないようだ。
       _ ノ==Y/   |!;,,∧  /::::::::::',  / 八      ヽ      やる夫はじっと目の前の少女を観察した。
                                       ──────────────────────

151 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:52:46 ID:hkT3lvhI


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \     随分と若く見えるが…
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




       / 〃       ::ヾヽ:::. \:.. \\
      ,.'  / .i       i ::::.i::::i::::.  ヽ:::. ミ、ハ
     ./ / ,' .:::|       j ::: l : |:::::.  }ハ:. ≧ハ
     // ,' .i :::l i      ,' .::: | ::|::::::. i i ヽ :::::ー-'
.    イ i i :::l 从 :..    ./ .:::::ィ===ナ-|  .', ..:::: i
 _ ィ.彡 l! | :::ト、:::::_z=-    . ::/iィ/-―-i.∧  i ::i:::ト=-x,_     ええ、今年で16歳になりました。
  ̄ i :| ゝ :::〃 _i.-= _   : /  _x===ミ } i  ::|:::|  `ー }
    | :ト  ヽ从 "   z_、..:::/  ´    `.リ  .: j乂   /
    ゝ.:| .\ > .シ" ̄  `.イ      "" 刈  ∧/   /
     \ i> 八      {、        イ ノ .:ィ/ノ、..  /
       V  ミ≧=-   ヽ      _,ィ彡イ7.  \{
        ヽ\  \     _ -― '      //    .\
          >テ=-     ̄     ,.' V     ノ      ──────────────────────
             .>、          /   V  } ̄                若い、というより幼い。
              / >  ,    .イ   ,.<t'"             傭兵の団長どころか戦士にも見えない。
              >"  ハ `.¨ ,.<"   .∧           歩き方は隙だらけで、手には剣ダコ一つない。
             {  ..:::::::入,.<       ,..入
            , -.ヒイ=:/.∧       , イ   > ._      まだ先の傭兵が団長というほうが納得ができる。
                                       ──────────────────────

153 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:53:17 ID:hkT3lvhI


         ____
       /      \
      /  _ノ   ヽ_  \
    /   (●)  (●)  \     できる夫。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`      なんです?
    /   ( ●)  (●) \
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /

154 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:53:55 ID:hkT3lvhI


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \     私兵を雇う金までケチるのはやり過ぎじゃないか?
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /              \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
  /   `ー'´      \               )                  >
                             <   いやいやいやいや!  >
                              <                 (
                              /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^




        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\      見た目はこんなですけど、
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
    |       、__',_,   u.   |    この人は水上戦の運用もできる優秀な人なんです!
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ
                     ──────────────────────
                            流石にこれはどうなのだろう。
                   そう思ったやる夫は心からの親切心からできる夫に忠告した。

                        できる夫はそれを困ったように訂正する。
                     ──────────────────────

155 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:54:26 ID:hkT3lvhI

         /  ___ ヽ,. -- 、
        /  /:::::::::_, -r r ヘ⌒ く\
       /  {:::::::厂 / | |  ヽ ヽ \ヽ、
      {   く:: /  /  :| |   \ \ ヽ.\_,ノ
       V  イ7  /   | | ;    } ヽ ヽ〈
       ノ  〈 7   { l /| | l   ハ_」_.} | l! |
      {  ,イ7   ; ,l ィT 工ハ  ムミ.レ'.ノ lレ'     まぁ、見た目で判断されるのは慣れてますので
       |  {メ{ | ヽ ヽ.ィチハ ` },ノl入}.小イ      気にしないでください。
      ヽ  Yヽj\.ゝゝ匕り_     ヒZ. | ∧
       |:  \ヽ.   \     〉   ハ!リ      それより、もう着きますよ。
       l    ヽゝ. _≦ニ  r―ァ ∧j        甲板に───
       \  ヽ  \-― 、  ` ´/
         ヽ ー<_ヽ   ヽ‐ く
          > ―‐ 、  ヽ _ゝ ヽ
          / 7  ̄ `ー< _ ヽ.ノ7ー 、
        /  /       \  ̄ヽ{  } ノ
      /    /            \__\ノく
    /     /           /   ∨  ┌────────────────────────────
     {    ,           /     |  │.         _|      /三三三行三三三i
                           │.         \    ,イ三三三/ 川三三ミ,′
                           │       <    ,ィ三三三jl/ /三三三ミ
                           │.       /   ,ィ三三三三' ,イ三三三ミ,′
                           │          ,州三三三j/ ,'三三三三,'
                           │  _____ィ彡三三三三' /三三三三{     │││  │ │
                           │/  {ノミ三三三三三三' /三三三三,イ.        ─┘   丿 レ ツ
                           │\\  {ハ三三三三 ,/_/三三三三ミ;′
                           │.  \\  弋彡"´⌒ヾ三三三三三ミ」              ,
                           │    \\」ム⌒ヽ、.  \三三厶元ミ!              て_
                           │     `ー―ヽ. \   ∨三|ヒ:∴| ==≡≡==―     そ
                           │           丶、 \_」三入ミミリ 三三三二二=――    (
                           │             `ー―"ー=''"
                           └───────────────|\     /\     / |   //  /
                                                 _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                                                 \                     /
                                                 ∠     きゃあ!!         >
                                                 /_                 _ \
                                                  ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                                                   //   |/     \/     \|

158 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:54:58 ID:hkT3lvhI


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /                              \      ☆
                                                    |     ☆
                                                 (⌒ ⌒ヽ   /
                                           \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
                                             ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
         ____                                (´     )     ::: ) /
       /ノ   ヽ、_\                           ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
     /( ○)}liil{(○)\                            (⌒::   ::     ::⌒ )
    /     _´_    \                         / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |                  ヽ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    \    |ェェェェ|     /
                                       / ̄/ [] []
                                    .   /  ゙ー-;   / ̄ ̄/          / ̄/ ./''7
                                      /  /ー--'゙  /  ̄ ̄ ̄ /  / ̄ ̄ ̄/   ̄  / /
                                     /_/      ̄_7 / ̄    ̄ ̄ ̄   ___ノ /
                                              /__ノ            /____,./
──────────────────────
    そう言った矢先、少女が派手に転んだ。
  船は大して揺れず、足元には何も無い状態で。
──────────────────────

159 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:55:29 ID:hkT3lvhI


      ヽニ二_/ .:./ / .:./.:./ .:i: : : : : : : / :.:.:.l:.:.  ハ :.:. :ハ:.:.:.ハ   ( )
          / /.:/ / .:.:i .:.:l .:.:l: : : : : : / .:.:.:.:.l:.:. .:.i.i :.: :.ハ:.:.:.ハ
          i .:/:.:i  i :.:.;l :.:.i :.:l: : : : :/ .:.:./:.イ:.:.:.ノ l  :. :.:..i:.:.:..ハ
          l イ :.:l  :l 、l_l_ト__lノノ/ゝ、_/_/l_イ_/  : :.:.:.:.:ハ:.ハ
    ( )   l/ l :.:l  :.ヽl ゝュ'lヘ: : : : : `/7≠l//イ   :.:.:.l:.:.:ハ:.:..ヽ、_  ノ    いたたたた…
            i :.l`l l :.l. /´,r‐、ヽヽ: : / /,r‐、ヽ i l  :.:.:.:.l:.:.:.:. ヽー― '
            i\lヽl l丶 ヽニノ  `'  ヽ ヽ二ノ / :/  :.:.:.:.:.i:.:.:.:.::.(\)
         o   l .l  \ i `Nハ       ` ハN,/ ノ  .:.:.:/:./:゚:./}:.:.:.:. ヽ
           , > ト、 l`ー  __       __  -=イ  .:.:.:/:./:.:/:.:l:.:.:.:.ヽ ハ
 。   ヽー--'_/  :.:.\_\. // ` ー-- ' ´ ヽ /.:.:._:.イノ:./:.:.:.:l:.:.:.:.:.: } l
      `/ ヘー{   :.:.:i:.:丶`.i/          }  ̄フ  .:.:.:イ:.:.:.:.:.:/l:.:.:.:.oノ ノ
      / ___ヘ:. ヽ、  ヽ<ヽ\        / /´  .:.:.:/:.l, ̄ i:l:.:l:.:.:/'´  。
      ハ / ヽ:.:〉.:.:. ` 、 }}...  ̄ ¨¨¨ ー― 'ー-へ   :.:.:ヽ'   ヽ:._(
     / ヘ \:.:.:.:.:. lノ〉   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`o 、 :.:.\、_,   `ヽ
  ゚   /   ヘ:.. \:.:.:.:.:.:.:.:.......    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ヘ`ヽ:.:.:)     ヘヽ
    /     ヾ.:. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:./  .:.:./      ヘ:.:.\

                                     ──────────────────────
                                              少女らしい声を上げ、
                                             強く打った臀部を押さえる。
                                     ──────────────────────

160 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:55:53 ID:hkT3lvhI


                       ___
                     /      \
                    /ノ  \    \
                  / (●)  (●)    \   ………
                  |   (__人__)        |
                  \  ` ⌒´       /
                  ノ            \
               /´               ヽ



          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \     いや、彼女は本当に優秀でしてね?
     /      u (●)  \
     |           __´_ |    やる夫君? なんですその目は?
      \    u   .``ー/
     ノ           \

163 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:56:22 ID:hkT3lvhI


.      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
      /;    . . : : : :\       ┃|
    / ∪   . . : : : : : :\        ┃|   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.   |         . : : : : : : : :| .       ┃|  <   先に甲板に出ている。  │
    \_    . : :〃: : : :,/         ┃|   \___________/
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |




                                    ____
                                  /     \      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                 /ノ   \  \   <   ま、待ってください!   │
                               /(●) (●)  u \   \___________/
                               | u  __´__   U    |
                               \_ `ー'´    _/
                            ⊂ ヽ∩ /        \
                             '、_ \|         |
                                \ \  /  /

──────────────────────
       居た堪れなくなったやる夫が
    一声かけて、早歩きで先に部屋を出る。
     できる夫は少女の言い訳をしようと、
         慌ててそれを追った。
──────────────────────

165 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:57:07 ID:hkT3lvhI


           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         <   ちょっと聞いてくださいよ!   │
           \_____________/

                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                <   貴様が良いのなら、私は別にそれで構わない。  │
                  \_____________________/









               /  =ミ、  / 〃 /   ヽ.
              /ー=≧==ミ≧=≠≦=<´- - .\
             〃,.</ .,ィ  〃    :::.   \ー 、::ヘ
            /イ  / ..,:'  /      ::ハ   .\ \ハ
              /  ./ .:::/...::: /       ::::';::.    ヽ:. \
.           /   /  .::/..:::: / ,'       :::ハ:::. ヽ  }ト .∧
        ,ィ彡 ,  ,.{ ..:::,' ::::::::i ::      .: ::::::i:::.  i!:.  |:::..ハ
   `ー=-イ,' ./  .| ..:::i  : ::::|..:::      / :::: |::::  |: : . |::从.ハ       うう…
        ! ..:!  .::! ::::|! ::::::::i::::      / ..:::::;'::::  ;::::: 从:小リ
         | :::i  从 ::::ト  :::::.キ:::..,,ィ   ,,' .:::::/:イ:::: /:::: /:: ::}i!       お尻うっちゃいました…
        |: ∧ :八 -キ===彡 /   ミメx::/ !_/_:::. / リ :::i        痛い…
        j从 ト、:{ ::\:::i |ヽ! | |ハ::::::.  .:::≠/≧テ7|:::/../ ..::リ
         入! .ヾ 从 =====ヽ::::.::.イ||=====.イ   ..; ./
        〃 人:::.  人 | | i  | || Vイ | |  l | | | /   ../く
        { Y::: \::.∧=-      i!   u  _,..ィ彡 ..ィ/  .',
       ∧  ...: .:乂=.ヘ  u     !     ≧ , .ィ"    ',
        /  Y:::/ .ハ   |\   r=====ァ U  イ       .ト
      ∧  ::/  :::}   .|i!  >.. .ー . ..ィ  /          ,':::\
     ./  ヽ...:{  ...:ノ    .!i!  イ::::`.ー ´   /         !::::::::::ヽ
    /   }ニニイ     |i!V/ |!::::::::/∧  ,ィ/       .:.  |:::::::::::::::

166 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:57:42 ID:hkT3lvhI






         ┌───────────────────┐
         │   #12 それぞれの動向         了    .│
         └───────────────────┘





.

171 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:58:28 ID:hkT3lvhI


┏━━━━━━梨花派━━━━━━━━━━┓      ┏━━━ナギ派 ..━━┓
┃【保持勢力】                   .....┃      ┃【保持勢力】     ...┃
┃騎士やる夫                    ..┃      ┃騎士できる夫      ┃
┃ニューソック家                  ...┃      ┃ミクリヤ商会      ┃
┃コボルトとのコネ                ......┃      ┃傭兵団ミスリル     ┃
┃                          ......┃      ┃            ....┃
┃『現在』                       .┃      ┃『現在』         .┃
┃勢力拡大が困難、ドワーフ族との交渉へ    .┃      ┃絶賛金儲け中     ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛      ┗━━━━━━━━━┛


┏━━━━━みゆき派.━━━━━━━━━━┓      ┏━━━━━グレーテル派..━━━━━━━━┓
┃【保持勢力】                   .....┃     ┃【保持勢力】                   .....┃
┃騎士でっていう                 ......┃     ┃騎士ダディ                    ....┃
┃みゆき所持の犯罪組織             .┃     ┃正騎士団の一部                  ┃
┃一部地域の貴族                  ┃     ┃王国軍                       .┃
┃                          ......┃     ┃ブリタニア家を含む貴族を数家(金づる)   .┃
┃『現在』                       .┃     ┃                          ......┃
┃勢力拡大と共に陰謀をめぐらせている?  ....┃     ┃『現在』                       .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     ┃戦争に向けて武力拡大&訓練中         .┃
                                         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━テト派 .━━━━━━━━━━━━━━┓
┃【保持勢力】                         ...┃
┃騎士やらない夫                        ┃       IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
┃                                ....┃       II                       II
┃『現在』                             .┃       II    各勢力のまとめ     II
┃孤児院で美人達と平和に暮らしながら冒険者稼業  .┃       II                       II
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛       IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII

174 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:59:12 ID:hkT3lvhI [80/80]

以上で投下を終了します。
3時間もかかった…
長々とお付き合い頂きましてありがとうございました。

新話が遅くて申し訳ない。
しばらくは牛歩ですが、しばらくお待ち頂けると幸いです。



最近、プロットを管理するためにアウトラインプロセッサを導入しました。
便利ですね、これ…
今まではプロットを頭の中だけで管理してたので、
書き直しとか組み直しが多かったのですが、
これのおかげで作業が少しだけ楽になりました。

168 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:58:05 ID:8iGR9f3A [10/10]
乙です

169 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:58:10 ID:JyJdTKs. [2/2]
テッサは指揮官や技術者として優秀で合って
直接戦う戦士としては・・・・だもんなあw

177 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:59:35 ID:5ozBeAO2
ない夫達が戦うにはこれでいい気がする
やる夫みたいに貴族出身でもないし
こういう地道な人助けで知名度を稼ぐしかないな

外道組は気にしてたら何も出来ないしなw

178 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/04(土) 23:59:57 ID:LljnL9.Y [6/6]
乙ー。

ダディが想像以上にやばかったw

180 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:00:49 ID:hwPTGSv6
乙でした。図で見るとテト派の出遅れ感が半端ないw

183 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:02:41 ID:73eUFSJ2
乙!

ない夫達見てるとなごむわー

202 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 05:14:20 ID:nzAnR8JE
主人公体質という意味がよくわかったw>ない夫
これを一か所に留まらず、各所を放浪して武勲を広められたら、
侮れない評判を作れそうな気はするが、どうなることやら

203 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 08:10:56 ID:GCYrYq8s


それぞれの組が、それぞれらしい動きをしてるねぇ

204 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 08:50:52 ID:1aRLY3kw
武(狂)のダディ
絡(悪)のでっていう
商(金)のできる夫
誇(真)のやる夫

そして
情(勇)のやらない夫か・・・

972 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:05:37 ID:SAsAwC5o [1/5]
ぬあー。
超余ってる…
どうするかな、これ。

なにか質問でもありますか?
とりあえず1000になるまで。
答えられる範囲で。今後出す予定のことは沈黙しますが。

973 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:07:25 ID:D8sRhezk [1/2]
では一つ。ダディのあれって、最初の家を襲ったときに、貴族の間で大問題になって
王位継承権を剥奪されそうなもんだけど、まだ問題になってないのです?
(その辺のは、また作中で書くのかな?)

976 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:10:14 ID:TouO9SN6
好きなスレ、注目しているスレはありますか?

977 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:10:20 ID:jtOzvHD.
作者の性癖

978 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:10:45 ID:MJmE97/6 [1/2]
誠が有能っぽい流れだけど、王様として誠はどんな感じだったんでしょう?

979 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:12:11 ID:X8nSlhTs
近衛騎士の戦闘力ランクはどんな感じなんでしょうか?

981 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:25:38 ID:SAsAwC5o [2/5]
>>973
王国上層部では、王を決める為ならば全て構い無しという状態になっている設定。
誰が王に相応しいかという王選なので、その経過を止めることはありません。
グレーテル組はパッと見アレですが、
本当に戦に勝てる王になれるのであれば、領土拡大など国への恩恵も大きくなるので。

>>973
・他に作ろうとしてたスレ
  ・初短編を長編化した物、年齢差12歳のやらない夫とテトの恋愛物。
  ・ペルソナ2罪のやらない夫主人公。
・完結済みのオススメスレ
  ・初めて読んで、やる夫スレにハマルきっかけになったのが『やる夫が隣のお姉さんを孕ませたようです』
  ・書くきっかけになったのは『やる夫が妹たちのために頑張るようです』と『やる夫は騎士として生きるようです』
・布教
  ・ラノベ:川上稔全般
  ・マンガ:ドリフターズ、フダンシズム、、テルマエ・ロマエ、涼宮ハルヒちゃんの憂鬱
  ・ゲーム:アトラス系
  
>>976
  えーと…
  レッドを継ぐようですさん、シロディールの影さん、ハッカー兼サマナーさん、モグラに憧れるさん、陸上自衛隊少年工科学校さん
  あと同期の魔王の道さんとか約束を守るようですさんとか。
  他にも色々。

>>977
  声フェチ

>>978
  ガチ無能。絵画などの芸術面では天才的だけど王には向かない。

>>979
  ダディ>やらない夫≧やる夫>ギャル夫>でっていう>>>>>>できる夫

983 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:28:33 ID:dDx1Ga0U [2/3]
やる夫多方面にチートだけど弱点は?

985 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:32:18 ID:SAsAwC5o
>>983
やる夫:上級器用貧乏
やらない夫:主人公体質
ダディ:武力チート
でって:陰謀チート
できる夫:金策チート

後は今後に関わるので黙秘。

987 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:38:08 ID:ELvr6pjU
王候補のおっぱいランク

988 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:46:41 ID:r.mxbJ72
王候補の世間受けランク

990 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:55:08 ID:MJmE97/6 [2/2]
誠の奥方連中は何やってるんですか?
奥方も全滅したの?

989 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:50:03 ID:SAsAwC5o [4/5]
>>987
  ん…、キャラの体型は原作準拠で考えてます。
  イメージ的には
  みゆき>みゆきの中の人>グレーテル>テト=ナギ>梨花?
  意図したわけではないんですが、下は団子状態ですね…

>>988
  でっていうの宣伝工作後の平民の現状になりますが
  みゆき>>テト>ナギ>>>>グレーテル>梨花
  かな? もしかしたら違うかも?

991 名前: ◆ja6Rq/0cd6[sage] 投稿日:2010/12/05(日) 00:59:53 ID:SAsAwC5o [5/5]
>>990
実権があるのはあくまで"王の血を引く者"なので、
それが無い奥方達は子供が居なくなった時点でなんの権限もありません。


さて、寝ます。
起きて埋まってたら雑談スレで回答はしておきますね。
おやすみなさい。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

でっていう組は邪悪、ダディ組は外道、やらない夫組は人の良い無能って所か…
梨花ちゃんを応援してるのもあるが、グレーテルとみWikiは絶対に王位につけちゃいけないな

みwikiは清濁併せ持てる分、王としては優秀になるかもしれん。つーか一番向いてそう
グレはダメだw どうしようもないw

ない夫が鍵になってきそうだなw

なんだ、>>1もカワカミン中毒者だったのか
ますます目が離せなくなってきたな

ない夫は本当応援したくなるなw
だけどあえて主人公にしなかったのは良かったと思う。
主人公が甘っちょろくていい人過ぎるのって、多分見ててイラついてくると思うから。

戦で勝てても味方を殺すような奴が王になるの許すのはさすがに無いんじゃね?

金持ってるような高級貴族を殺して協力させるって言うのを
王選だから許容されてるって理由でフォロー出来て無い思うの

ない夫は引退して冒険者になれw

何か他の組が厄介後と全部片付けてくれた後で
民衆の支持でちゃっかりやらない夫組がおいしいとこ取りしそうな予感が

団長派は普通にマロの耳に入って内乱になると思う。むしろならない理由がそんざいしねぇ。
やる夫の耳に入る位でしか隠蔽工作してないんじゃなぁ。

ダディ派は王になれそうにないけど
敵に回すと一番恐ろしいな

ダディのやり口だが
幕末新撰組も
商家脅して金品せしめてた記録残ってるし

 

ダディ全然信用できねえw なんで信望があったんだw

*1368
みWIKIの清はただの偽装で濁が強すぎるだろ。本人は向いてるかもしれないけど
民のためにはならないだろうな

ダディの目的は先の王選<目の前の戦争になってるんだろ。
少佐みたいな奴が部下ばっかりなら、みんなついていくわなw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)