やる夫は呉で天の饅頭になるようです 第一章 一節 『天の饅頭(みつかい)』 後編&支援絵&支援AA

【真・恋姫】やる夫は呉で天の饅頭になるようです【無双】(現行スレ)
-------------------------------------------------------------------

 やる夫は呉で天の饅頭になるようです 第一章 一節 (中編)





307 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 08:22:11 ID:BBOdqYfQ [1/56]
        /|  _`ヽ   どうも、おはようございます。
      |  |  |_ヽ) |   >>1です。
      |  |  __ノ
      |  |_|‐一'′  何とか目途が立ちましたので、
     xr‐ト-允<     今日の夜22:00から1時間程掛けて投下したく思います。
    / \V〈〉V_,>、
   /ヽ   ∧ハト、  \  本日は50レス程度と、簡単な安価がありますので
.  / ハ   \∨ /_/│ 御暇な方は他のスレの箸休め程度に御覧下さい。
 /    }     `{'´   l │
./   /|     o〉   '| |  以上、>>1からの連絡でした。

316 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:45:22 ID:BBOdqYfQ [4/56]
        , ィ´_>‐''    、   >、
          ┌く  '´     ー- `   、  \
        r‐'´  ̄\/二二二二ニ\   ` ー- \
        l    /フ "  ̄ ̄ ̄ ¨''¬ 、_ _ >'´
.        \  7イ    /   ヽ     「 ハ
           ! 〃 /   l.|.i ::|」ムL辻|   .|   l     孔明曰く
.          { !i.| .! . :!_斗! :.ハ|l斗-‐+  ::ト;  .|
          >!ハ |.::l::トレ-;V  `´ ̄|  .i:レ: : l     「レスの流れがわからなければ、
         /∧ Ⅵ、|ヽト'´ 丶, 、   |. : :!j::::::l/      秀作であろうと、面白くしようと、
        ,イ ./  'ヽバ、|ハ.   ヽ'  ,〃:::/::イ从      投下はすべて失敗する。
       , ' ,.イ    |l :::!`::>- 、_ ィ7イ />'⌒ヽ_     これからスレを収めるならば、
       /,イ/     ハ|..ぃ!:ノ゙´ rーY勹/ レ  __ f0ト、    このことを深く考えなければいけない」
.     /〃l    ./ !ヽ| |/  ヾ,仆ソ  / _.ゝ≧≦ハ
.     ,'/ | ヽ __ノ/ !ハ/   /ム!|  ´‐ ' ¨´ 个` }    つまりは少し早いがこれから投下すると言う事ですな、ハッハッハ
    〃 !    |  ∧_/./  ,ィ/+ム.| ∨     /
    !′|   |  | ¨l_ 彳/厂 |.ド {/ ̄ ¨ア'< ̄`ヽ
     | ....|   |  !  |>‐+'/‐ ¬!:|¨7    /´    /
     |   .!    ∨ .ト、  { __,'.' ___| レ′   ん    /
     |   ハ    .∨.!∧ |  l|   レ′   /|     ィ
     |  ∧    .∨ ∧{_l 厂 ̄ /    /_」\   |′



317 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:48:54 ID:BBOdqYfQ [5/56]





                   ┻━┻┻━┻━━┻┻━┻┻━━┻

                        原作:真・恋姫†無双

                        第一章 一節 (後編)
                       『 天の饅頭(みつかい) 』

                   ┳┳━━┳━┳┳┳━━┳━┳┳━




.

319 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:50:15 ID:BBOdqYfQ [6/56]

 先程の孫策の話を纏めると、こう言う事となる。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     - 続・悶絶!孫策先生の、もっといけない補習授業。 -

┃ ①. 天の血を呉に入れて名に箔を付ける
┃ ②. そうするとその血に肖(あや)って、庶人が有難がって。
┃ ③. そうして呉は神秘×血統=畏怖≒莫大な利益を手に入れる。
┃ ④. べ、別にそれが無くても抱かれて上げて良いんだからね!勘違いしないでよね!
┃      ///〃//Vヾヽ   
┃      } !i!iミ{{{{`´}}}}  。           E[]ヨ
┗━━━ ノノリ弋i {゙゚゙-゚ノ!{ /━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     '(('(('゙ ノiソゞy)》'つ
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |          |
       |          |
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



 説明されてみれば、実に解り易い構図である。





         ____
       /     \
.    /       \    「あぁ~……なるほど、だお。
.  / /) ノ '  ヽ、 \   『天の御遣い』と言う得体の知れないけども、
  | / .イ '(ー) (ー) u|   何だか凄そうなって『名前』の力を使って
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   畏怖の念を抱かせる、その為に……まぁ、何だお。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ  言葉は悪いけど――つまりは種馬になれ、と言う事かお」



 血統を利用して、新興宗教を起こしましょう。
 王族の血を取り入れて、家名の位を飛躍的に上げましょう。
 ――極端に言えば、そう言った『ノリ』に近いだろう。

320 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 21:51:43 ID:BBOdqYfQ [7/56]

         ____
       /     \     (なるほど、なるほど……だお。
.    /       \     それで『天の御遣い』かお。
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(●) (ー) u|   実に有効的……好手と言って差し支えないお。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   この『時代』で考えても、まず間違い無く嵌る。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \        ・ ・ ・ ・ ・
 /\ ヽ          ヽ  それは歴史が証明しているお)



 皮肉な事に肩書きや名称、血筋の効果はこの後漢王朝が体現している。
 だからこそ『漢』と『皇帝』と言う眼に見えないもので『300年も持った』のだろう。


 そして今まさに孫策達が行おうとして居るのは、『天の御遣い』と言う名を、
 それらと同様の力を持つ存在を作り上げようとしているのだ。

 国家主導の下に情報を操作し『真実』を作り上げる――所謂『プロパガンダ』と言うやつだ。
 強大な権力を持つ国家によるプロパガンダは規模や影響が大規模なものとなる。
 そして場合によってそれは、強力無比と言って良いほどの効果を及ぼし、人心を掌握、情報操作を効率的に行える。

321 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:52:38 ID:BBOdqYfQ [8/56]

━━━【図説:解りやすい情報操作】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

/フ  /;;;|::::::::i:::::::|::::::::|:::|:::::::::::::::|:::|::: ̄ l     早 私 不
   く;;;;;|',::::::|:::::::|::::::::|::}:::ヽ:::::::::|::|::::::::::|      く .の 愉
__,-┘〉:::::|:::::::|::::::|:::}:::::::ハ:::::::|:ハ::::::::|     消 視 快
::::|,,-‐''"´|:::::::',:::::ヾ:::ノノ::::::::}ヽ-‐廾}-:ハ',     え 界 だ
:::::ヘ:::::::::::::|::::::::::::::ヽソノ::::::::::} ヽ::ノ };;ノ_}ヘ     て か か
:::::::ヘ::::::::::::|ヽ::::/:/ノヽ::::_,,┘ レ勿三三ミヽ     ら .ら
::::::::::ヘ::::::::::ヽX:::::::_ゝ        , , |::::l\
ヽ:::::::::ヽ::::::/ヽ/〃⌒`          ノ:::イ::::イ`ー-、___,-‐
. ヘ::::::::::::\::::::〃 , ,      ,    ル' ノ:ノノ::ハ:::',:ト、ヽ          【職業:アイドル】
  ヽ::::::::::::::\::::::\     , -‐ ヘ   ノイ::ノ:::ハ::::i:', `ーゝ
  ヾ::::::::::::ヽ::\`ー ゝ   ヽ   ,'   /:::ノノ:::::ヘ::| ミ
.   } }:::::::::::::\::ゝ.          / |::ノノ:::::::::::::::',
/ ̄ ̄ ̄ ̄\:ヾヽ冫` 、ー-  ._/  |ヽ::::::::|ヽ:::ヾ\ゝ
         \/ `ヽ{ ヘ;;;;;;;;;;;;;    |\::::::::',\ゝ、
          ヽ  ヘ        ヽ ヽ`ー\`ヽ、 ̄ ̄ ̄
   待 1     ヽ  ヘ           \     \
   っ  0     i  ,-、ヘ`ー、__    ,-─‐'" i  ,-、 ヾ
   て 秒     |_ ィ\\_ ヽ      _|/ノヽ、 ヾ、
   あ だ     |    \', `ー-ヘ,-‐┬‐'" .|ノ     ̄
   げ け     i     人  /  l |    | i       /
   る       ノ    く .ハ     | i  ハ ',    i /
   ね      ノ     \ヾ  i   |  i //    | /


        【↓ ↓ ↓ 情報操作 ↓ ↓ ↓】


             . : :´: : : : : : : : :`.: .
          /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.           イハ.: .: : : : : : : : : : : : : : : : : :r
      {  ノ }. :/ : i:l:.: :.:l /|:.:i.: : : : :/iY^ヽ
  <⌒ ー〉イ  /i: i: : :|:| : i.:|:| {:.:|:|.:l.:|:〈   ', く
    ヽ  . '  レ:il.:l: |: : :|.|{: j:i|:|' V|:|.:l.:| l:\ト   \
     ∨  イi.:.:|l.:l: {:_: :|.|∨:l|:| |:|:|.:|_|_|.:.l: :ノ }  \
     〈/ i|:|.:.:|l.:l:.|ゝ`i'トL:j|」 イ「Ll⊥! :|/__j    〉
       j|:|.:.:|l.:l:{_込坏.   ィ芯ア7|.:.| : :| ゝ~' ′  「黙りなさい、愚民共。
         |ハ:|l.:| |、:::::::::   ::::::::::::: : : l : :         そんなに声を上げたら喉を痛めるでしょ?」
         l  }iハ{ い   、 _     ハ/.: :′
           八ハi\  ー tッ‐  イ.:./.: :/
          /イ小: : r个   _   イ/://.: :人_          【職業:閣下】
           ノ リ^V:j:::{        {厶.<八匸_
        /⌒´ ̄::::::/:::::ヽ    / .:::i::::::::::::::::ハ
.      /:::::::::::::::::::/:::::/ハ   /.:;:::::::::|::::::::::::::::::::::.
      .:::::::::::::::::::/::/:::| ::{ /.:/∧:::::l:::::::::::::::::::::::i
      :::::::::::::::}/::::::::::::::::{ ::∨.://:::::\!::::::::ヽ{:::::::::|
      ::::::::::::〃:::::::::::::::::::. _// ::::::::::::::::::::::ハ::::::::|
     {i:::::::::'′:::::::::::::::::::∨  i::::::::::::::::::::::::::::::r<¨}
    匸¨フ:::::::::::::::::::::::::::ハ |ノ::::::::::::::::::::::::| ̄「
.     | .:::::::::::::::::::::::::::::ヽ厂丁´:::::::::::::::::::::::::}  レi
.     r┴:{:::::::::::::::::::___/   !__::::::::::::::::::厂 ノ
.     `T八:::::::::::::::::::ー三L. ⊥二二::::::::_:::ノ::: ̄}
.      l:::::::`::ー==≦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::::く
.      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

323 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:54:20 ID:BBOdqYfQ [9/56]

 テレビやネットのようなメディアが発達して居ない時代ならば、情報の広がりは遅いが広がったら最後
 ――既に手遅れな状態となるだろう。

 何よりも、この『作戦』の利点は成功すれば効果は絶大で、失敗しても大したリスクを背負わずに済む点だろう。



         ____
       /     \
.    /       \    (見た事も無い服、街に広がっている流星の話題
.  / /) ノ '  ヽ、 \    得体の知れない絡繰り、等々の『証拠』があれば
  | / .イ '=・=  =・= u|   信憑性と相俟って――『天の御遣い』に仕立て上げるには十全。
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \    種馬、も妥当なのかお?)
 /\ ヽ          ヽ



 だとすれば素直に喜べは――

324 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:55:21 ID:BBOdqYfQ [10/56]

          /..:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:メ、;ミ
.           /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.'/    「なんじゃ、その態度は。
         /.:.:.:.:.::{:.:.:.:.:.:.:.::/.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:: ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.     わっち見たいな美女達と公認でヌチャニュタと
         .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.: .:.:/'|:.:.:.:{:.:.:.:::! :.:.:.::}:.:.:.:.:.:.:.:.:':.:.}     出来ると言うのにつまらん反応でありんすな……。
          |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:{:::{ |:.:.::ハ:.:.::::! !:.::: ハ:.::.:.:.:.:.:.:.:}.:}
          |:.:.:.:.:.:.:::|:.:.:.:.:.::从厂!:.:ヌ::ト、:::| i:::/jノ:.:}:.:.:.:.: ;ハ:ト、    若いくせに小難しく考え過ぎじゃないのかえ?
.         j:.:.:.:.:.:.::::|:.:.:.:.:.:|K利「うト、jハ}リ j厶}-从:.:.:.:/ リ ヽ   それとも何か、わっちの身体には興味が――」
       i:.:.:.:.:.:.:::::|:.:.:.:.:.:|`弋::タソ       ,. __,, /ノソイ 〃
         ,! - ミ:::::|.:i.:.:.:.:|             ⌒ヾ::.:.:.://    -/,`丶、
        /     ヽ|.:i.:.:.:.:|        〉   /.:.:.:/    j/ .とニ二.__\
     /        |.:i.:.:.:.:ト、  「 ー‐ァ  . イ.::/.::.    ノ;し′ ` ー- `ヽ
     ,′      |.:i.:.:.:.:| \ ` ='  イ:厶|:/ .:.:ト .   ;: ;.:.:i}`ヽ丿   }  ,
.     ′      │i.:.:.:.:|.   ` r "  |:::.:.:/.:.:.:.:l  l  ;: :;.:.j.:i:ト、     }  ′
     {         |.:i.:.:.:.:|   /     !:::.:.:.:.:.:.:.:| │ ;.:. ;:.::!:i:} \     }
    |        j|.:i.:.:.:.:ト、   {  /  i::: i.:.:.:.:.:.:| │ ;.:. ;:.::!:i::}    `}     |
    |        ||.:i.:.:.:.:| \     i:::.:i.:.:.:.:.:.:| ! ,:;.:. ;.:::!::!:}    |     |
    |        ||.:i.:.:.:.:|        i:::.:i.:.:.:.:.:.:| ! ;:;.:. ;.:::!::i::}.    |     |



               ____
           ,. -'"´      `¨ー 、
          /                ヽ、
         ,.' '⌒       ⌒ヽ      ヽ、
       /  .;'⌒ヽ     、ィ=ミ、、        ヽ、
       /   ii   l:|    〃   ハ         ヽ
      ./   .l:l  ,リ.    |:|    ,リ          ヽ   「あるお!!」
     / .   ゙'‐‐'"      ゞ、__彡'            i
     /  XX(    j       )XXX               l
    ,'     `ー-r'´`jー--‐'′             /
    i        `ー"                    /
    ',                           /
     ヽ、                       /
      ヽ、_                    /
         `i                    ヽ



 眼をキラッキラとさせながらすかさず答える。即答である。
 『喜べる』か『喜べないか』と言われれば、迷う必要も無く『喜べる』に決まっている。
  ・ ・ ・ ・ ・   ・ ・ ・ ・ ・
 それはそれ、これはこれと言うものだ。
 状況が如何であり、思惑が如何であれ、本能には嘘を吐けない。これは真理である。

 それが『女体神秘研究のソクラテス』の称号を持つ程の猛者であり、
 第一人者であるやる夫の矜持の一つだ。

 ちなみに称号は、所有する『ある特定の分野』の書籍や映像媒体や本人の知識等を、
 数十項目を十段階評価で得点付け、その総合得点によって授けられるモノである。
 ついでに加えるならば、前回までの称号は『いかがわしきヒィッツカラルド』だった。

326 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:57:32 ID:BBOdqYfQ [11/56]

                   へ'´      /:::::::::/       ,-y‐''フ∠フフ二')')!-、,
                   /'ソ::     ,,'ノ:::::::::::i    _,r'ツ"/ノ<二,::::::::::::::::::::~`‐、''`)
                   iニ゙!::..  `- 、,,`= 、,_  , ;-/ブn:''~~:「|::il゙i::::::i::::``ヽ、:::::::::::::::~ヽ
                   ゙i, >、,:::::::::::::::::::::::::,,_-,-;'i( ="‐'_゙ニ=-'ヾl| |:i!:!::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::
                    V >、,,,_,... -//,-',=ミ~  , '´ '"二`  `-l::i::::::::::::::;::ヽ:::::::::::::::
                     `-!、(,,,,//=ii~:::i.、,..=、,} /  >‐'''‐- 、  |::|::::::::::::::::i::::゙i::::::::::::;
                           lli:i::ii:l´  //         .l::|::::::/:::::::/::::::i:::::::;イ、
                          ハ:i::i::l  //         |::|::::/:::::::/:::::::ムニン
「あら……良かったわね、バラライカ      ヾゝ:::i '‐''''' -        //::/::/::/:::::/:/
 こっちの方でも頼りになさそうよ?」    ,.‐‐-亠-、 '=ー‐ ‐'''''ア .//:::/:/::/::::::/:/
                        / ,>‐ェ' /~`) `"''"´  ,. //:::/:/::/::::::/:/-、‐'"
                      ,. '´ , ' , '´,/,/,.>ヽ、__,. ‐'".//::://:/:::///'""'';:'..'':
                    , '´  ,, '_,,,,,Yニ-''" //- 、:::|  //:://,、;,'::;";"~~'";';;;....,,,
                  r'_´   ,ノ   _,`ニこニ,,_ノ‐‐-`ィ //::/,;';"    '";;;  ~`''';;...
                  '" `'‐-"  _,/ ,, , ,;;;/,!::/i::」 L/ |,;','"~   ,. '; ';"  ..,;;;;''~';;,,,
                   """'";;-'" ,,;;'' ; ;''/,/:/ |:」,.-/ ;',;';'"    ,.;;;..,  ;''  ;::;; ,;,;',.



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl 「本人が『犯(や)る時は、犯る男だ』と言っていたからな。
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l  こう言った場合は頼もしいと言えるのかどうかは解らないが、な」
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::::::/



 文章は同じでも、やる夫と孫策の間では言葉の『ニュアンス』が明らかに違っている。
 また、黄蓋と周瑜は楽しげに笑っているのに対して、やる夫の気のせいかは解らないが、
 心なしか孫策の眼が冷ややかになったように見えた。

327 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:58:35 ID:BBOdqYfQ [12/56]

  .           /      ヘ   i / /l \\ ', ヽ
        /   丶   ´ / ハi  | ,.ィ /^ \  ̄ヾヘ ヽ
    !   /     / z-へ へ/ ヘi,|//∨,、  \ヽ  \\ \
    ! //   /     / ハ/ ハii|`゙`´ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ、 ヽ、
   |/ i i   /i  │ハ  i /  i|`/    ! 、|  l ヽ  ヽ ヽ.
   .  / ,.イ  l    l_ハト! ィ:ハ i       ヾ', イリリ |  :!   |  |  ヽ
   |i l / l  l  l l斗-一-从ハ       リ/厶∠L l  |     ゝ
   |i ll │  l  l l.彡===、       -一-从  / |  |  |  }
   |i l  l   l、 ト、lィ⊃::::::::::ミ       彡=≡ / ,l  i l | | l
   |  /l   l ヽil l弋ヽ - ノ       o::::::::::::ミ i    | /  /
   l  ,' i    |l   `ー '         i:::::::::::卞》i! /    ! レ
   | '  !   ! |!丶:ゞ:、::.:.ゞ"´    ヽ `ー '  !/      !  「と、冗談はここまでにして
   |/   !   l. ! :ゞ:、::.:.ゞ"             l   /i   l
   {   l   l |:/トミ彡彡::7   /⌒ヽ、      |. i イi. | i  改めて自己紹介といこうか――」
   l  .|. i イ!i:.:!:マ三:、彡   l   /    , ′il l i  l l
    l   ,l l  i.!|l:\三彡   `ー '    /l  i | i   | i
    ,  i | i  l.!`!:: l丶ミゞ        イ   i |i. i  i   i | i
      i |i. i   !ハ|::|      -‐  ´  i/i |i. ! ||/  !   ! |/
      ! ||/   i| .j |ゞ、:.:.:´彡        |(´   ! .リ!  i   i リ
       .リ!     |-=;,;_i'          |  |`  /i / / /
       /   / リヾ、;,/     、::.:.ゞ彡|    / !./ / /  !
        /  ! /;;           :彡::.ゞ{  ト   //,./ ノ!




 ふと――目元を緩めながら孫策は言葉を区切り、改めてやる夫を見てきた。
 そうして張り詰めた空気を身に纏っていた最初の頃からは想像出来ない程に
 自然な動作で片目を瞑り、多少の茶目っ気を見せながら口を開く。




                 z-へ へ──-、_
              /          ヽ \\
            , '          :  rV/l \\
           /     z-へ へ─  ─ト/^\ ヾヘ
     .      .′ //__/_/ / ,、}  /|/  ヽ \',
          fi  <┴' / / ` / ∧ヽ /, !∨,、、  \ヽ
          |i / // /   /l  /´`"`リ |/ヽ  \  \
          |i / // /   /! 从   /厶ノ,rヽ/  \ ヽ
          l  ,'   ト / //__\ト  ヽ ィ=、 !/厶/} ヽ} ゝ
          | '    i  ノイ_____,`   ` {ノ::} |  ∠ }/   「姓は孫、名は策、字は伯符。
          |/    | { ヽ ~~~'~ ゛  丶 `~゛lヾ/リ |  〉     真名は『バラライカ』よ、以後宜しく頼むわね。
          {   i  |ヽ、 ゞ:.:彡7´      ノリ | / !
          l   |  }ヽ`゙彡::.ゞ{  ー一 /i∧/  ノ      今後は真名を呼び捨てで構わないわ」
          l   ,  , i  ト>-―-、   ´ イ | / l /(
          ,  /  / /     \ー ´ヽ,ヽ/ `ヽ \
         /  /  { /        i(_ヽヽ| イi イト.  ヽ
          ,    ノ/         }\`_  /イト、   ル
        i   l   //          | //    _ノ } __ノ
        |   | 〃{          / くく/⌒ヽ ノ´

328 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:59:44 ID:BBOdqYfQ [13/56]

      |:|.:.:.:.:.:.:|.:.い:⊥ |.:ハ: | l:|   |:.|l.:.:|.:|.:.:l:.:|:|.:.|.:.:.:.:.:.:|.:|
      |:|.:.:.:.:.:.:l从.:Ⅵ l八ヾ、リ  レⅣ レ厂|从l:イ .:.:.:.:. |.:|
      |:!:.:.:.:.:.:. l ≦アテ心      ィチテ心≧ |.:.:.:.:.:.:.|.:|
       |:|:._:.:.:.:.: |ヘ {ト-じノi}       {トじ-ノi} イ、j .:.:.:.:.: |.:| _
        |:f' l=.:キ =¨三       `三¨= ≠.:.:=.:.:l:./ }
.       l :| :|:==.:.'. = ==        == =/.:.:.== .:.:j/ /_    「ほぉ、真名を許されるでありんすか」
    /|.:.| :|:.=:.キ = ==   j:.    == ≠.:.:==.:.:.=/ / `ヽ
.   /  l:._| :'.:.:/^7:ヘ.    t――――ァ   イ.:.:./.:「`l:./ /     }
  r-トrー「 } ∨ ,' :. :. ヽ、 `ー―‐一'  イ〃.:./.:.:| レ′/'^ト、 _j
  { `! { { / │:.:.:.: ', | >  __. < |∨.:.:./.:.:.:.| .} / / }'´ )
  `ト、{ ヘ }./   .|.:.:.:.:.:.:∨        /.:.:./.:.:.:.:.l  { {. / /tイ
   l \ノじ′  :|.:.:.:.:.:.:.:.'. \   / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   ヾ:Jじ'´ j/
.    |   {     j.:.:.:.:.:.:.:.:l         l.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.{      /



 そんな孫策――バラライカを見て、格好の獲物を見つけたとばかりに
 黄蓋はにやにやと面白げに笑みを零す。





       .//i´ノ// 'ノ | ヘハ',  \`ヽ_ // / |  l | ',  ',|/ |   .l
     / /ノ//ソ /  ハ  ハ', `ヽ \_`ヽ   ,r'',  | l  ',  リ/|.   l
    /´/N/ i|/l/ | ,r'´li }\ `ヽ  \__ `ヽ//,rl  l |.  ',  l|l |   .|
   .|/ ,r'´/ l | l/|  ハ  .ヘl\ ` ̄`ヽ}`フ`//r| .l |  l  l|ソ.  |
   .l/ N__/ l /|/ r' \|`ヽ/ } ̄\l`'v|/// // | .l.|  l  l|i''   .l
    | l /N´ / / |\i' ヘハ .`i/´|/_//|/`ヽl/  ///.| .l|   .l  lil.   |
    ∨l   {\|ノヽl\ ヘ |li|/{uヽ`ヽ|/´//   /| .|  N  l|.   |
     \|ヽl\ヽハ\_`ヽ|ソ/l| |ヽ .}_ノノ  //,r.| .|  |   .|   .|
        `ヽl ',\  }/l |リ´ハ Yl l、.// / // | |  |  .| .   |   「なに、何事も誠意と言う事だ。
.             ',   / |/|/ i|ハ J /ゞ/// // /,| |  |.  ノ  /|    『今は』それ以上の他意は無い」
                ', / / .|l |liハ _ノ  彡////////||/ /  .|   / .|
                ',   /|| .,'|ハ i   ´"'ゞ  ////|/   ./  /  |
                \  .|l  ,'| l      `"'ゞ//|i   .|/   .|  |
                 \ .|  /| |           ||  l    .|  |
                   `| / | | 、         l   l   ハ  |
                   /|./  | .|_,ハ          八  ヘ  / } .|
                l |/   | .|//ハ           \_ ∨  |  |
                リ|   /.ソ///∧          `'ー-、ノ  |
                   ソ  .|,l/////ハ               } /|
               /| l`ヽ\//Y   )            ソ ./ |



 それに対して淡々と堅い口調へと戻り、言葉尻も鋭いが、言っている本人が恥ずかしげに顔を伏せてでは締まらない。
 バラライカ自身の言葉を借りるなら『まるで言葉と態度がつり合って無い』と言った所だろう。

329 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:00:21 ID:BBOdqYfQ [14/56]

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \    「質問なんですが……
  | / .イ '(●) (ー) u|    あの……『まな』って、なんですかお??」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



 そんなやり取りを二人がしている中、バラライカ達に聞こえないようにしながら気まずそうに周瑜に尋ねる。
 流石にやる夫でもそれぐらいの空気は読める。

 そんなやる夫に一瞬驚いた表情を見せた後、何かに納得するように頷くと周瑜は言葉を続けた。





                                  /  ト、                     i
                                     ト、 ヽ  \                  |
                                 | {  | ヽ ヽ   ヽ               亅
                                  ,ハ  ,{  ヽ }\__jヽ._                
                                 |l } / ! _   > '´‐- .]            !
                                 || !  トvミ_  ′ ‐=せナ|               ;
「真なる名と書いて真名と読む               }! \jい-'}i      ̄´ |
                                      }〉|l      |           {
 ――私達の誇り、生き様、信念、美学。              | jL、-    |    i          |
 そう言ったものが詰まっている神聖な名前、           |  ヽ`二 ´  |   |      !
 と思ってくれれば解り易いかしら?          / ̄ ̄ ̄¨¨,二フヽ  ,. 1     l          l
                               /  ` < ̄]      l「  |   |        !
 ちなみに、相手の真名を知っていても      /     ヽ‐- _ ̄_〕 ∥   |    li
 許されて居ない人間が言ったなら       /     ト、 \___丿  ll    |    ll           ヽ
 その場で首を切られても仕方が無いから . '      y  !/ヽ ヽ!l !   |{      八         \
 気を付けた方が良いわよ」        /      ハ {  \__)   ハ __,ノ  / ′ \_,r;.=====ミ
                               ノ-‐} !   |r1  / ̄/}   /一…ァ' /          \
                         |   ィ     `┘  /|| | j,ノ /  j /}ノ   //
                         |     |         /  j'フ~/   ^´   //              }
                         |    |      厶-‐' '´        //               ;
                         |   |     /. '´    ___,..   //                     /
                         |   |  /<´   /     ___/___ \   / ノ             /
                             | /⌒>\_,∠ -‐' て ̄)   `> \ {∠二 ヽ、      , ′

330 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:01:15 ID:BBOdqYfQ [15/56]

 さり気無く並べられるその言葉に背筋に氷柱が差し込まれたような寒さが全身を駆け巡る。

 考えるべき事が多くて、疑問を口にせずに過ごしていたから助かったようなもので、
 今になって自分が細いロープの上で綱渡りをしているような状態だった事に気が付いたからだ。



          _______ ____
         /         (__ ゝ アダナトカダトオモッテイタオ…
       /           (___ヽ_
      /   ──     ──  (__ _ ヽ_
    /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
   /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \   「そ、それを預かる……かお。
   |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )    責任重大だお……」
   |       (    i    )       |三三)
   \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
     \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
      〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|



 そして、それだけ大事な真名を預けられた意味を正しく理解した。





  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Lriヘーrr-、,、_
 |::_,..r┬‐ァ‐ァ-、_,.._::::::::::::::::::::::::::::::::::::::├'´ ̄ ̄``ヾ、Lト、、
 _j'7 ノ-'┴宀┴¬-<::_>ュ、:::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::ヾ!〉 アザナノマチガイカシラ?
T レ'‐′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`´`ー'"<_>-,、_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y,>
"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:-r:T__二ニ:;;_-__ニ-<ノ>ー,-,、_::::::::::::::::::::::::に}
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.r:゙´::::::|´ /_,,,.ニ=ミヽ`ヽ  r;ミr`'宀ー'∠ZZ)_‐r)マ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;r:'´::::::::::::::::',ィ彳_):::)),.>   ヾ}レ!:::::_ノ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::', `` "´       \!:i::{、   r‐┐
.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::,           .-,r!ト、:ヽ、_/__{       「あら、如何してかしら?」
.:.:.:.:.:イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',          _, |"ヾ;:ヾ;`ヽ、 `ヽ、
.:.:.:.:.:.|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     ー=ニ-‐′!T ̄ヾ;:戈、;:ヽ一'⌒ヽ、
.:.:.:.:.:.:';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、       ー‐' ハ ,/ ヾ;.、ゞ::}、,r'⌒ ┴i
.:.:.:.:.:.:.ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           !r<´> ,/ !::レ'´   _...- ヽ
`` '' '' " \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', 、....___ .....ノ:::`'''ヾ゛  |::j  r''´  _  `
         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ__,...、_,...,__,..、_:::::::::\  lノ、 /  / ^ヽ、
        ';::::::::::::::::::::_,..ィァ7ムu-</<∠r'フ>ァ-くノ,〃) /{
         i:::::::::::_,.-イ/-'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`´``'"ヾー<Zフ7‐rァ、..、_
         j_,.ィイム/'´::::::::_;::::--―---:::::;_:::::::::::::::::::::::::::::::```"`ー-'
      ,..,ィ7ム/'"´::::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``::丶::、::::::::::::::::::::::::::::::::::

331 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:02:44 ID:BBOdqYfQ [16/56]

                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,
               {  "'              、、 ∪ }  「それは相手から信頼された証なんだお?
.            、     ゝ-‐ ー- '      /   それを裏切る事なんて出来ないお。
            _> 、              /
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<      それに、やる夫に何かあれば
           /V,l / \ V   」/////〉     孫策――バラライカ達にも迷惑を掛けるお
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}    『鼎(かなえ)の軽重を問う』って訳じゃないけど、
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j    一応祭り上げられる体(てい)だから
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|    少し気を引き締めないとなぁ……って思っただけだお」
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j


 この人は自分を信頼している――と自覚すると、その相手の信頼に出来る限り応え、裏切らないようにしよう。
 そう思うのは人間の心理として当然の動きだろう。

 これは恋人や夫婦と言った男女間では特にその傾向があり、
 男性の浮気防止の方法として最上なのが『無条件に相手を信頼し、それを相手に確りと伝える事』で、
 二番目が男性の性欲を絞り取る事らしい。










             ,. -―――- ..
         ,. ´: : : : : : : : : : : : `ヽ.
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : :/: : : : : : : : :: : :i::、: : : : :ハ
        ,' : : : : /: : : : : : : / : : : !::ハ : : i::: :i
      i : /: : /: : : : : : : / : :/:/!i::::|: i :l::: :|
       l :/i: :/:l : : /: // : /:/ヾレ"! l: :l:::: |
       |/ :! : : |: :/_:/__/: :/':/__| l: i:l::: :l             「なんでかな……私はこんなに愛しているし、
       |: : | i : |:/! / / :///  :::::::リ:/ !::: l              こんなに、こんなに信頼しているのに……
       |: 、:ヾ: :N レ=:、/.〃 ,.ィ=‐-、レ : |::: |
       |: :ヽ: リ代::::::ノ゙ /  弋:::::;ノl:: /| ! |        , -―‐- 昨日もあんなに、あんなに、あんなに
       |: :::ハ: : :ト---、,.- 、   {i__,/::::/|::!l:::|         /  ;;;′ あんなにもこの部屋で愛し合ったのに――
      /: :く |: : :| ‐ ´ / ̄ ̄ ./:::/::|`l! :!       / .:. ;;」
.    //´ '|: : :|、   /     /:::/:: | | __ゝ、     /.:. ;;・;」    ねぇ、私は知らないから教えて、聞かせて
    /i    |: : :| }ヽ. !__   _i:::,イ::: :!/  i     /.:  ;」    ――誰なの、この部屋に居たのは。
.   //   /: : : !'    } `Y´  |::i |: : :| ;;   l.   / .:;∵」
  ハ    / : : : |   l  || / l::| l: : :| .   i.  /.: ;・;」      ……私が悪いんだよね。
  /: :::ヽ. / : : : /   /   l|  ;;|:l .|: : :!/     l /.:.:  ;」      私が、ちゃんとしてないのが駄目なんだよね。
,': : :::::,}. ': : : : /   /   __!r.、 l:| !: : |ハ ;::  |/  ;;」       もっと深く愛しあわないと、もっと満足させて上げないと
!: : :/: : : : : /   /   r { .{ {) |:! l: : |.ノ   ;/¨;`:ヾ/        もっともっと繋がっていないと――だめ、なんだよね?」
|: :/: : / : /   /、 r'{;;:l;:;!; ;Vヽ  | : | ;:::::___/__;;;;/、


 つまり――日本の心理学者は『ヤンデレ最強説』を提唱しているのである。やる夫的には異論は無い。

332 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:03:41 ID:BBOdqYfQ [17/56]

                  _        ,r─ - 、
                _,ryニL{_ヽ‐ 、  _,ノ´    、ヽ、
              _rレ'´    `'{_j`'<_        `ヽ、ヽ、
               j/         ヽノ }          ̄`ヽ、,_
            j'   ,r ' ´__  ∨ヽ             ´")、
            |   / ァ'7::::::´"''- V^'i、          ,r '´ /
                !  l! / ´し‐‐、_::::::::ヽノト、         /    /
             '、 /       7:::/:ハ| }、       /   /
             ヽ/ 〃,i_,、_,r‐v‐!|:/ |:|. K、ト、       /    /__
              l/::レ:::::::::::::::r┘l」‐、|! |::|l,| }!\   !   /`゙~`
                   l:::::::::::::::::::::l '!ーrミ、ヽl」|ヾヽ、\ヽ、  ∧
         _ _     !:::::::::::::jl:::::!  ヽニ´_ヽ ヽ l>} ト、 ヽ、`'-'゙
      ,r'´   ´' 、  j::::::::::::N::::!          i ,zチ、゙ト、 `'ー
     /       ヽノ::::::::::::l |:::l  、     l !ヾ'ニ`>し!ー、_      「へぇ……ふふふ
    /         ゙i:::::::::::::| l:::l、  ` 、_ 、_j_!  /::::::ヾーLl゙Y‐v-    中々如何して……かしらね」
   /           |l:::::::::::| |:::| ヽ、 `'-`" ,.ィ´ヽ:::::::ヾ、:、 `^'┴'
.  /             |li:::::::::l| |:::| /:::ヽ、、、 .ィl´|:::|  ',:::',ヽ:、`ヽ、
  /   i          l!l}'vi:::|| |:::|'!:::::::| ||l:::::| | |:::l   i:::::! ゛,::.、 `
  i    !          !} l!`ヾ、|:::|ト、::::| |||:::::| l l:::{   j::::::! }:::::i
  !     .l        |{i l}i、 ヾ、|l {!ヾ || !::::l | l::::.、 ´ヽ:j └ 、|
 j~ー~'!       ├!‐、j!   ヽト 、` l:::::i l 、::ヽ、
 l⌒'^i⌒´i        |_,_ `ヽ,_、 ヾ;、 ヽ`ヾ! ! `ー`
. Vて_〉v'´ !         レ´>‐、_ ヽ  ゙'、ヽ !



 やる夫の答えを聞いて、周瑜は片眉を小さく跳ね上げる。
 そして楽しげなモノを――と言うよりは、鍛え甲斐のある生徒を見つけたような表情を浮かべて笑みを濃くする。

333 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:03:57 ID:BBOdqYfQ [18/56]

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /    「如何かしたかお?」
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ



               ,r'´ ̄`` ¬‐- ..._
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:¨¨¨`ヽ
               i.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.',
             l.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.ィイ _丁フ `ト、
              |.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.r'7,.ノ_ノ´.:`⌒.:ヾ<ヽ,_
               |.:.:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ' ,.レ′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ人
                j.:.: ...:.:.:.:==―イ´ノ'__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ}
          _  〈.:.: ..:  .:.:.;.-イ,.ィヾ:「!::::::::`ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Yイ
      ,...r‐ェニ┴=7 ..:.:.:.:.;r'"|_ム-‐'_ェニぇー、:::i:::::::iヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ1
     ヒ'>、_.:.:``"´.:.:.:.:.:,r1_,// / !ヒソレ′|:::|:::::::l::::::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.ム!
     `ゝ<77ヽァ'7",.ィ<「ソト!i   ` ̄´  |::::!:::::::!::i::::::ヽ.:.:.:.:.;.ヘ′
        ``¬-''"ヽ:ヽ`'´ !l         l:::l::::::::イ:l::::::::::}.:.;/'  「そんな不思議そうな顔をしなくても大丈夫よ。
               ゙、::.、 !j  _     ノ  l:::l::::::/:l::l:::::::::;r'"     ただ、思った以上に期待が出来そうだと思っただけ。
                  ';:iヽ``--‐ '' ´    !::l:::::/:::l::l:::::::/
                  i::l::ヽ      /j::/::::/::::l::l::::::i       姓は周、名は瑜、字は公謹、真名は『ロビン』よ。
                l::|::::::ヽ... -r '´ j:/:::::/::::::l::l:::::l        改めて宜しくね、御遣いさん」
               _,.ィ:l!::::::::::::::::|  /-ー-'、:::_:|::|::::l
           , -‐ニ´;}|::|!:::::::::::::::l  j⌒ヽヾ-、 ヾ`ーァ‐ 、
                 ノrヲ:;!!:::::::::::::/  /、   ヽ;//r‐' r‐r'
             _/j !:ノj:;:::::::::/  /;;;;;;; ̄;r^ヽヾ;..、 j;L_
             '''ヾ`/ 'イ:::::ノ  4--、⊂ニ ̄`'、`ヾ';ハ;;`=-、
                    |''´   /          ヽ  ト-'''r'
                              `ート、;;;ノ

334 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:04:58 ID:BBOdqYfQ [19/56]

 周瑜――ロビンが二度目の自己紹介を終えると、すかさず黄蓋がやる夫の前に割り込んだ。



   、i、_        、!、
   `i.ヽ,`ヽ、    |.,ヘ\
    .| ; ヘ: : `ヽ__j .; ヘ: :ヽ
    .|; ,,>':'´: : : : : | ;  ヘ: : :ヽヽ、
    ,!"´: : : : : : : : : ヽ、. ヘ: : : : ヽヽ、   ワッチ、マンジュウ、マルカジリ
  ./: : : : :/: : : : : : : : : :\ ヘ: : : : : i: :ヽ
 /::/: : : ,〃: : : : : : : :ヽ: : : :ヽi : : : : : : : :ヽ
./i :{ : : :/ll.|: :i : : : :| : : :l : : : : : i : : : : : : : : i
〃: i 、: ハ:ハ: i、: : : l: : : :|: : : : : : i : : : : : : : : i
i! ! : !ヽ!! ! `-ヽ从A , : ||: : : : : : :i : : : : : : : :|  「して、最後にわっちありんすな。
  .ヽλヽ   、   `!ル'| : : : : : : :|: : : : : : : :|
   }'}‐=i   .j,,,___,,` j : : : : i : : :| : : : : : : l   名は黄蓋、字は公覆、真名は『ホロ』でありんす。
    j::| <     ̄´  | : : : : l : : | : : : : : :/   以後、よしなに……なんての」
    i:::! `,._        |: : : : :l : : |: : : : : :/
   i::::::`i、\7¬フ   |: : : : l : :/: : :/ : /
   i::::::::|;;;ヽ、 __,,,.-‐¬ : : : /: :/:/ : i : /
    !:::::::|;;;;;l;;;;;;;;;}  / : : : /: イ: :| : i :/|
   /`ヽ、i;;;;l;;;;;;;;;;}.ノ : : /_'_l : :l__L/_|
   '-、  ヽ;l;;;;;;/ : /  ̄___ ̄``丶、``‐、
    / `ヽ、 } {/ _,-‐'" __ ̄`ヽ、  `\ !、
  ./ .丶__i j/ /   /´   ̄ ̄``ヽ、  `、
  |   { || ̄`ll-i '"           `ヽ、 ,}
  |   `7}ーi--|!_!                l `
  |   /i i  ハ l              |
  | / i  l  l .| .|                  |



 そう言って黄蓋――ホロはケタケタと笑いながらペタペタとやる夫の頭を叩き、
 シュシャシュシャと軽妙な足取りで元の立ち居地に戻っていく。
 全ての行動を擬音で表現出来るような、あらゆる意味で相も変わらずブレ無い人間である。





            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l   「はは……参ったね、どうも」
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|


 そこに痺れも憧れもしないし、むしろ若干返す笑みが引き攣った。
 やる夫の嗅覚が、ホロにやる夫の『個性的』な友人や両親と同じ『人種』の匂いを感じ取ってしまった為だ。

 この手の輩は『放って置くと騒ぎを起こしてやる夫を巻き込み、最終的に傍観者の立ち位置で笑っている』と言うのが
 最近の学会での定説であり、トレンドらしい。
 西で有名な既知外(きちがい)博士並に不条理であり、人生はままならないモノだ。

335 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:05:58 ID:BBOdqYfQ [20/56]

                       〃〃    ヾ ヽ
                    ,レ''¨¨爪|¨¨`ヽート|
                  トァー⌒ヽ__ル | ハ ハ
                   rーZ  ⌒ ´∧/ヽへへ}、__
                   ソ'〃/  从/ィ     ヽ
                /从( /从(ソ  | |. | | 、./       「さて、と――
               / | ,イ.xtッ≧  メム_ノ ノ .ノ|
             __z-ー=彡.| |ミミミ  イ =tォイ___/lハ        一通り自己紹介も済んだ所で、
          rzイ// ノ   イ| レ' 〉ミ  」   彡'ii, l | ヽ、      現状とやる夫のこれからの事を話すが――」
          (〃{/ ,,彡イ // .ム<二二ニア |\ ,|  ハー-、
          ル <   |//     -ーヾz:::::. |  >- 、 ヽ  ヽ
      r<       ,ノ./      イ´  / .|     `> 、.|
      |  \     ,リ|      /   / l |ヽ        >、
      |   \ 、.  ノ/    rーイヽ ´ ̄j | | 〉         /
        ム    ミソ ( ∧    /ミゝ    ({ |  ヽ          /
      {∧      人 ` ̄ ̄ヽ  ,  人 l l   〉       /ヽ        「残念だけど、その話は後になりそうよ」>
      | ∧       /  \_ []/|\i| /  川   リ        /   〉



 バラライカがそう言って周りの意思を確認するようにゆっくりと視線を巡らせて居ると――

336 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:08:15 ID:BBOdqYfQ [21/56]

          /        >'´ /  .i!
        /     ,.-    ,,r=ソ`ヽ、i!
.       _ ./  ,.-ァ イ ,_r'=シ:::::::ヽ :::: ヽ、
      / フ  / (_ノ.i:::::::::::l :::::::::ヽ :: ヾヽ
     /  l   ゝ、_.._ノi:::::::::i |:::::::::i>i:::::::,>
     ヽ_i!ソ .iイ:::::::::::l: :l :::::::|iヽ :: 」 , イ
    </ /レ,イ::l ::::::::: l>|__l __  ̄r''} |
    /  /.(./|: :l_二イ ニ,rxiト''  ヾj l           「ケホッ……お話中、失礼するわ」
.  ,<`ー=' ./.7::::::::::::::::::代z ソ    , /、
  ヽ、ヽ/`ヽソ.ノ ::::::::::: l:::::::'`ヽ、   ,/ :: ir 、
   ソ´./ソ' ::::::::::::::: l ::::::::::::: `<´:::::::<`i),コー'/__
    /,'//::::::::::::::::::::ヽ, ::::::::::::::: `i>ヘーレi ::::::::::::: `ヽ、
   _.i!=' ァ':::::::::::::::::::::::: ヽー=' ̄ ̄>ー=>ーl`ヽ:::::::::、一
  / .i! ./:::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ      r ,.> ̄¨゙´ /、:::::::::::l
.    l .l ::: l :::::::::::::::::::::::::::::i!ヽ      (  ヽ (∨ `ヽノ
     i.l : :i.l .l :::::::::::::::::::::::: l ',',.  |,.二__,ヘ |r'一
  _r'、,.i :∧'; l :::::::::::::::::::::::: l、i! i=))   `<
  ,i i . ∨ ヽヽ:::::::l ::::::::::::: / __i_ヽ `ヽ、 l_______
  |ヾー,__l  .|ヽミ、: l!.::::::::::::,'|l::l|:;o:;;:;|    `ヾ、,:;:;:;:;:;:;:;:;o |
  ヾ_ ヾヨメ._.|::|ニl`ヽi、:::::::/:|l::l|;:;:;:;:;:;ヽ     l :;:;:;:;:;:;:;:;:;|
.  ,/´`ヾ=i=|l/ ∨.| ::: /'´|l::l|;:;:;:;:;:; |ヽ    ヽ, ;:;:;:;:;:;:; |
.  l />、 i | .|  /|,r'| :/ . ,r|l::l|;:;:;:;:;:; | ヽ .r'ヽ_r'ヽ,__ :;:;:;:;|
.  ' フi iノ     ,/ レ'  '....|l::l| ;:;: _r''   レ'´`ヾ' >;:;:;:;|
   '´ i!|    l      |l::l|;:;:;:;i!、 ,イ _   .,__ζ´;:;:;:;|
          ',.      \|:;:;o;:ヽ,=ノ )二彡ノ'ソ;:;:;:;o;|
            〉  ヽ、    ̄ ̄ ̄〉、    /ノ ̄ ̄ ̄
          ,〉     ヽ      //`l | /'´i、
          //               /  `し' / .ヽ



 咳払いをしながら、しとしとと静かな声で入ってきたのは、右手に本を持つ、
 腰まで伸びる『紫陽花』のような鮮やかな紫色の髪と、三白眼が特徴的な美少女だった。

337 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:08:45 ID:BBOdqYfQ [22/56]

 予期せぬ来客に場の空気が一瞬、浮き上がり停滞する。
 場が浮き立った、と言っても良い。



          ':,    ',   !                     \
   \      ':,      _,,.. -‐''"´ ̄`"'' ト、.,_.       ,,--,┐  \    ヽ /
 \  \\     r-、 ァ'´      _ト、.,__ノ ノ `ヽ,ヘ,   //: /::::!   <    ∠______
           ノヾ、rァ'  __,ゝ‐i"`y'__]`''ー、'    / `>t,// :/:::::::!  /     /
    \\    `'(__!r-‐i__」-‐'"´,i  `''ー、」ー-ヘ、イ'"´.!:|||||:::::::/   \     (___
       \   r‐ァ'´]-‐' '/  !  ハ /!ィ' i `''ー'、/ゝ  |:|||||:::;t'、  ミ  >  _______
 `' 、        ヽ7´ !   !/!メ、!」 レ-rァ''iT7   iヽ」`i´!:!!!」:ノ ! i   /     '´
     i´ヽ.      | .! !   !-rァ'T    '、,_,ノ !__トr┘i>'r'、`'´   ;'    \   、,_____
   (`ヽ;、 `ヽr、. └'`ゞ、, ハ. '、_ノ     ⊂⊃ ! ';./ ;'ゝ.,二二7i   <
   ,.-`ヽ  >  i_,!`ヽ、/ |   !⊃   r‐-、    /! ! ヽ._」 /      !  /    ー┼-
   `ー‐ァ (´__,ノ! |   `7!  .i'>,、.,__'--‐' ,..イ!  i ̄´ノ!       | /      ー┼-
     'ーri´ヽ_/7   〈    V7「ヽ7i ̄´'ノ ! '.、  ':、 '、       ;' \      r-iー、
 --─  ! |::::://   r-、,ゝ、!__j ';  トー'i i  ',    `ヽ.、'     /     \    `ー' '
      '、ゝ'ン___,,...->ア`ー-'、 ,' i | i i |   ヽ.   ヽソ`''ー--‐'      /   --─ァ ヽヽ
        ̄      く ./___」_';/ ! | ! ! ! i   ,ゝ-‐''ンヽ.       く       /
          rソ´`ヽ、`'ァー-‐' ,.イ/ ,' ,' ! ', く_」`7´ハ  〉        >     '、___
         _r'ー--‐''"´   / ;'  i i ,ハ ヽ !_/ヽ!__L/       く      i
        //      -イ  /! ;'/ ム       \          \.    ├‐
       rン_,,.. -      /  / ;' !レ'´ i         `ヽ.        <    r-iー、
       `ト、        !  〈 i ;' / ,ハ      ヽ.     'r、      /   `ー' '
        ノ.ノ __     ノ   i V / / /!       '.,    _r'ヘ    /       l 7 l 7
       i_|  V   /    ハ./ ;' i i '、 }><{  ン´/!/     \     |/ .|/
       ヽヽ ∧      / ;'  i  ', ヽ、 i     r'"ン:::::/     /    o  o

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
                ○
               о
             x‐   。   ‐x
         X          X
            {⌒>==<゙⌒7
           ∨从∧从:\/
           (ヽ|:Y○ ○| l/゙)    「――おぉ、なんじゃパチュリーか。
             ∨人 `^′_| |7     今日は随分と大人しいが如何したでありんすか?
           Ⅵ、:::兀::::ノ:八
           /: :7〈_〉_∨: :l\   ほれ、何時も通りこんな感じで部屋に入ってくれば良いじゃろうに」
             /ィ∨`ー‐一ヘ N_,、
                |      }":ノ
            (>ー―‐<厂



 その中で、開口一番に抜け良い口振りで言葉を繋げたのはホロだった。
 内容の是非は如何であれ、その発言で場の空気が落ち着き、また動き出した。

338 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:09:09 ID:BBOdqYfQ [23/56]

         __,,,,,,,_,,, --─ー─-----,,,   / `'7
 r---,,,,,- ,,/      ,,      ,    \_/r''~ ヽ
  i  .i' ,'    ;      ヽ,   / ,, ''    ,v-- , /
  ,彡~,,L - ...  i   __,----v__∠- ,ヽ,  `'ヽ, ヽ,
  !,,r'' _'i,,,  '',i _ノ    , ,ヽヽ   ヽ`Y''  f"'i  |   
   >、 _,..,,,,,r ''''" /   /  i 'i ヽ   ', `''T".ノ ./  
  / レ'' ,, ''   ''    /  ハ ;; '   ヽ`''''''’ .ノヽ
 ヽ,,, /   ,  /  , --─''/'! i 'i ''─-v,`''--T'"ヽ丿
  //, '',  //  //  ,/, !/ ' |   ! `iー .,ヽ `i
 i ノ   ,/ ,' `'-''",ーt――r―   ‐r―t‐iヽi ヽi/
 .Y _,,-,r'i :/   /,;λ..:::::::|     |..::::i i ソ  ./    「……ホロ、貴女が私を如何思っていたのか良く理解したわ。
 i / ,;'  'i;  , '' ,/'i ;i,`ー"     、 ` " ,,!ヽ /      あの時はたまたまだったのよ……本当よ?
 リノ /   ,l/  〃 i  i""         人 ';ヽ,
 /..:  //   ./ // ノ,,      ,、 ,. '"iiヽ ' , \     と……それはさて置き、バラライカ。
./  / ,/  ./ //,-l::::::`''--, --r '";; ;; ノ; ;ヽ, ヽ,ヽ,    袁術の所から出頭依頼が来ているわよ」
i i /  ,   / //ヽ ヽ,  /;;;;;lヽ,;;;;ヽ;;;;/; ; ヽ .i 'i,
! リ  /   ,' ,' /!, \ `'-ヘ,;;;;! i,;;;;;;ヽ// ; ; , ;  'i,
! i  /    i i i<',,  ヽ, ヽヽ,i 'i;;;//i  ; レ,',  ,i
i  i i   ,i, i | <,ヽ,,  `''7 つ ,V ,;' i  :;  / /  i
'i  V i   i i i i   '''7 r i'  / ,'  i ;  / /   i



 淡々と声色を変えず、器用にホロとバラライカに言葉を返す。
 言葉尻は鋭いが声は呟くように小さい。だが、静寂の中で響く雨音のように女性の声は妙に透っていた。

 やる夫は何気なく、そのような独特な雰囲気を持つ女性をぼんやりと眺めていた。

 『ぽやぽや』と言うよりは『あやふや』と表現した方が良いだろうか。
 言葉は雨音、雰囲気は書庫、音楽はページの捲られる音。
 日陰が似合う、純文学の世界から切り取られた様な――そんな印象を覚えた。





           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   | 「――おっ?」
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ



 そんな他愛の無い事を考えていたせいで気が付かなかったが、いつの間にか部屋の空気が重くなっている。
 肌を刺す、と言えば良いのだろうか。急に部屋が狭くなったような圧迫感すら覚えた。

339 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:10:10 ID:BBOdqYfQ [24/56]


            r'ー'´`ー// `ー 、
          ノ`(', ',l | //―-`ヽ
          }ミミ{',ヾ冖ヽ\`ヽ ̄` ,
           <// /l i ヽ' , ノ`ー'⌒`ヽ
            //l| ,' l |ヽ,rー'`ヽ \ ソ ヽ
          l_/ノ`ヽー 、/`ヽ\i ヽ',ヽヽ /\
           l´ ,Y /ノ ,ヽl/', l / .l i ヽ .}ヽY
         r' i ノv' { {゙゙ `´ヽlノl / /l // }',l,
        .}Yl 丶 ,、lヽl ', 、  lフj/}/_ノl/l//l l }', 
       lノリ、 、 x 乂三、ヽ ./イ(・)ゝノ|/l |';|ヘ
        `ヽヘヾゝ rt・チゞ   ー '・ //l|l |i ヘ
 ,r‐――===`ヽミゝ=彡( l       / | l |.l lヘ       「……要件は?」
      、└l  i' l \彡ミ   '      ハl.| .| | ',;ヘー-、
  冫、__,ンゝノ ./ l> /l、ミヾ ,rt‐、    ハ|l il ノ ヘ/\
  ´ゝ_   ∠_ノ / /ノl |l lヘ/ミ/`  /  .| l、ヽ \
    .` ̄´ {/ ̄ヽゝlノ;;;;´/ミ/`ー'     .| l ゝ _ノ;;;ヽ
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|リ /|;;;;;/ミ/ヽ     .ノ ハ|;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j'/ l.|;;;;`゙゙',ミリ\   / l   .|、;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ /.ノ;;;;;;;;;;;;;ヽ彡 ヽ { i \ .`ヽ;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    `ヽ   ヽ };;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ミ ', }  ,r´;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ < ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ',///;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ  j |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;



 その空気を作り出した人物は――バラライカだった。
 質問を投げかけてきた時とも、談笑していた時とも違う、はじめて見る姿。
 言葉は短く、発言は重い。態度は毅然とし、そこには上に立つ人間特有の独自の『華』があった。





             __,,.. ---─- 、__,. - 、,  「`ヽ,
         _,,. ''"´         ´`ヽ. ヽrノ   /ー-、
      ,.. '"´           ト、  ノ   ! ヽ/  /;
 ,   ,.'"          ノヽ、 ノ´ ̄`ヽ、ノ_,. -!、-イ」
ノヽ, / ,.へ、_rー--、_r'"  _]ア'"´`ヽ、___「`ヽ.  `ゝ┐
ト、/!`ヽ! _,.:'" `ヽ.    ,ゝ'"´           `ヽ/ _,!
:::';:::7_r'"ヽ_,. イ´`'ー‐'´    ;   ,    !  ;!   `ヾ! `ヽ.
:::::!/ヽ,r'"´./  ,   /  __ !  ハ -/!‐-/、!  ',.   ',__ノ
\!  /  /    /  ./ '7´  /! / |_,/_」='、, |   .!   i
´ r イ  ,'    .,'   ,' ._」;-='t、レ'    'iノ i ! !   ハ   !      「さぁ……解らないわ。
ノ  !  i     !  !i´ !ノ  !      '、ノ ノ ト、/i レ'´
、 _,i   ! !  |   ,ゝ  '、__,ノ   ..::;:.  ´,.,.,i.  V          ケホッ……取り敢えず、
.i  !  レ'!___,レi'´i  `'ー      ,.-、.,______ハ   ヽ、        顔を早く出した方が良いわよ。
`ヽ、.',.  ';  |   ':, '"'"'"    /  ',      `"'' ー 、
    ',  !.  i  ', `ヽ., _,,... -'"    ',          ',     また癇癪を起こされても堪らないでしょ?」
     ':,  ',  ',  ',i´ ̄          ',  , ´     `ヽ'、
     ヽ. !ン',  ', /')          ',        (ヽ. ヽ.
       '/  ',. -/ //.)/        ',         、\)、
     /´  /´i::/ / / ソ.        ',,(      ヽ、ヽ,ノ:!|
     ,'  /i  '、 ´/ /)        /:ヽ .,     `'!::/|
    ノ、 / ヽ、 \   ' / .      _,. 彡i^`,ミ三ニ;=r‐''"i/ ,'
   rく  7     \_`'ヽイ`ー--‐=;ニ´' _i   ',  _r_ンiヽヽ;:::;' /!
   ヽヘ.,'       `"'7`ヽ.   riン´ ',   `i´  | ヽ,_ン /

340 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:10:27 ID:BBOdqYfQ [25/56]

           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL         「……」
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /
      \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /     /



             , '''""``''
           /
          /  ::i
           !  :::!  ............
            ノ .::::  :::  __ ,.イ
            / .:::::: ..:_,,_、イ {_,.r''":、:::: ::::         ヾニ`
  〃>7ー;r'>-' ,.-ァ-イ_/,ィ弋゙!ヽ..:.:.ヽ;ヽ::.ヽ.::: :i::i:::i::ヽ    `
  〕ヤー'ー┴┴--r'i'''爪 ヽ;、、ゝ `'''_ニ:'' `ーャ:: l:l!: l::::`、
 ヽ弌       !::!::{ l ヽ    r"´;;:zォ云-=!:: :!l i!l: i::::`、
   ゙ヒゝ     i: i:::;!.-‐ニミヽ r  〃込!シ '゙ l: :l!: ::i::i : :i::i
    `r゙ュ   |: li〈 ,'ィ衍jヽ !!   `      |:::i!:: :!:l!: :l!::l彡彡
     `込_  !:i:l:::',`- ''´ ||          |::i!::::l::l!: :i:::i:|彡彡    「駄目よ、バラライカ。
        \ゝ';::::i::i:',     ''、 _           |::l:::リ:i!: リ:::i:|彡彡     今は雌伏の時、忍従するのが最良よ」
          `ヾ';::i::i!:',     `_, _......._     !:i:::/:!: :/:::i:!l彡彡
          ヽ:!:ヽ':,   '、= -‐,.''′   !:!/::l::::/:::i:i:l彡彡
           ゙!:::i:l::ヽ   ""´     ,. ''|:/:i!i:::/:::i::!:l_彡ィ'!
             |::::l!:::i::l\     , ''::::://:i!:l!:/:::i::!:广''"´
              |::::|::i:::i!i:::::`:ー、‐'":: :: ::/イ:::i!:l!/:::i:l:i′
           l:::/!::l:::i!!::::::::::::l  :: :::〃!!::l:l!:!:::i:::l:!
           /:/ |::||:::i:!:::::::::i::!    〃:l:|:::il!:::!:::::l:|
            //  !::!|i::il::::::::::!:!   /;i !:::::!!::l::::::l|:|
         //  /:/ !|::l:i:::::::iノ   i:l! l:|::::l:l::i:::::::ll:!

341 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:10:47 ID:BBOdqYfQ [26/56]

            r'ー'´`ー// `ー 、
          ノ`(', ',l | //―-`ヽ
          }ミミ{',ヾ冖ヽ\`ヽ ̄` ,
           <// /l i ヽ' , ノ`ー'⌒`ヽ
            //l| ,' l |ヽ,rー'`ヽ \ ソ ヽ
          l_/ノ`ヽー 、/`ヽ\i ヽ',ヽヽ /\
           l´ ,Y /ノ ,ヽl/', l / .l i ヽ .}ヽY
         r' i ノv' { {゙゙ `´ヽlノl / /l // }',l,
        .}Yl 丶 ,、lヽl ', 、  lフj/}/_ノl/l//l l }', 
       lノリ、 、 x 乂三、ヽ ./イ(・)ゝノ|/l |';|ヘ    「――解っている。今は耐えよう。
        `ヽヘヾゝ rt・チゞ   ー '・ //l|l |i ヘ    もっとも、時が来たならば……憎悪を込めて打ち滅ぼすがな」
 ,r‐――===`ヽミゝ=彡( l       / | l |.l lヘ
      、└l  i' l \彡ミ   '      ハl.| .| | ',;ヘー-、
  冫、__,ンゝノ ./ l> /l、ミヾ ,rt‐、    ハ|l il ノ ヘ/\
  ´ゝ_   ∠_ノ / /ノl |l lヘ/ミ/`  /  .| l、ヽ \
    .` ̄´ {/ ̄ヽゝlノ;;;;´/ミ/`ー'     .| l ゝ _ノ;;;ヽ
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|リ /|;;;;;/ミ/ヽ     .ノ ハ|;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j'/ l.|;;;;`゙゙',ミリ\   / l   .|、;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ /.ノ;;;;;;;;;;;;;ヽ彡 ヽ { i \ .`ヽ;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    `ヽ   ヽ };;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ミ ', }  ,r´;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ < ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ',///;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ  j |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;



             _,、-‐''"""``'' ー- 、
          ,、-'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /..:./:..:..:./..:/::::::ハ..:.ヽ..:..ヽ:..:.゙i..:..:..:.゙i
       /:::::/:/::::/..:./::::;ィ' l::i:::゙i::::::|::::::|::::゙i::::::゙!
      l::::::/:::|:::/::::::l:::::::|l:! |:|::::|:::::|:::::::|:::::|::l::::|
       |:::/::::::|:::|:::::::|:::::::l|:! |:|::::|:::::|:::::::| :::|:::l::::!
        |:::|:::::::|:::|::::::::|::::::l|l:! |:!L;|__:|:::::::| :::|:::|:::|
        |::|:|:::::l:;⊥==、ー' ,、-─‐___ |:::::::| :::|:::|:::!
       l:!|:|::::::|r'T;ッz、゙   .rで ;;y' |::::::::| ::|:::|:/
        !l:!|::::::゙i ` ̄ |      ̄  |::::::::| ::|::::j       「怖い事を言うのね」
       ! `゙ヾ;゙!    |         j::::::::| ::|::::|
          |:゙、  `__ .,   j::::|::::|::::|::::|
          |:::|:\ `二"´  /:::::j:::::|::::|::::|
          |:::|::::j::\     /|:::::/:::::j::::;`-─‐-、_
         /´|:::l::/::|::::l:!`゙"´  |:::/:::::::/      ヽ
      / ミ |::::/::::|::::|:|   /|::/::::::/ 三   三ミヽ
     /  ミ .j::/::::::|:::::l:|   ///::::;ィ'l:! 三   三 ミ !
   /      /:/:::|::::|ー'´   / l:!|:::::|l:!゙!       ミ  /
  /        l/L;:リ´|    /  ! L;;」!   ,,、-─く`ヽ__/



 言葉とは裏腹に、その笑みは酷薄で艶やかなものが仄(ほの)見える。

342 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:11:18 ID:BBOdqYfQ [27/56]

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l   「……そう言う訳で私は行くが、
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!    パチュリーの自己紹介と現状の説明だけでもしておいてくれ。
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl    今後の事に関しては私が戻ってきてから取り決めるとしよう。
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l    まぁ、当分の間は私達か、
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\   手が空いて居ない時には他の者について
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\  空気に慣れて貰う事から始まると思うがな」
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::::::/



 そう言い終るとバラライカは振り返らず悠然と部屋を出て行く。





          _______ ____
         /         (__ ゝ
       /           (___ヽ_
      /   ──     ──  (__ _ ヽ_
    /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
   /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
   |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )   「えっと……取り敢えず、
   |       (    i    )       |三三)   話の続きを聞いて良いかお?」
   \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .| 
     \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
      〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|



 後世に於いて『歴戦の将』と呼ばれる人間達の空気に呑まれ、
 去って行くバラライカに言葉を掛ける所か何一つ口を挟めなかったやる夫は、
 多少和らいだ空気に人心地をつきながら、探るように周りを見ながら質問を投げる。

 迂闊な発言は自分の立場も悪くし、必要の無いすれ違いを起こす可能性が高いのは
 今までの流れで身に染みているからだ。

 先程の流れを考えるに――如何にも『袁術』と言う単語がタブーとなっているのだろう事は推測出来た。
 が、それだけだ。他の情報が一切解らない。

343 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:11:43 ID:BBOdqYfQ [28/56]

      /!,.-`ー' ̄ `"``丶、,>ヽ_、               |
      ,ハノ          `ー< >ー、            |
     /{ /             _,...-`='-、` ヽ,、          |ZZ乙`ー-_、
   /ヽノ          ,.-‐'i´:i::::::::::::::i:::;イヾ.rく `ヽ、_      ',   ``ヽ<ニヽ
   ハ_」        ,..:':´::::::::l::::|::::::i::i:::|:::l |:::::|  `ド二ノ`ヽ、_   、      ノ-、)
   トイ         /:::::::i::::::::l::::|::::::l::l :L:」 L__ト、  |j |:「トr<_,ゝ-ニ,-、_ィイ´ソ'′
  ト、」      /:::::::::i::l:::::i:::l | :: l::l :|____ ̄``ヽ、 ` ヾ!||:::::`T='- '---‐'´
   ト{        i:::::::i:::l::l :: l i :| : l:::l :「Vハ ソ 「トヽ_! ヽ   ヽ;:::::|
  (-ヘ     |:::::: l !:l : l ::l::| : ::::l:::| ヾニ∠..._「   | ,∠"マ::::::!
    トコ、      !::: l l l::l:: :::!:::l :|:: ::::l:::|         |「ソ,ケ:/::/
    ヾヽ      !: :l: !:l::l::: ::!::::!:|::i:::::l:::|         ||`´':/::/
    弋ヘ _   l::::!::::l::!::::::!:::::::|:::::::l:::|         || /:/:/   「それもそうね、それでは私達の状況を
      `ー=Zつz!:::!:::l:::::::::::::::::::|:::::::!::|   __  ` ―'ケ:/:/     順序だてて簡単に説明するわ」
             |:::::::!::::::::::::::::::::!:::::::::|   `ニ ー` ,イ:/:/
            |::::::!:::::::::::::::::::::|:::::::::ト、    ̄ /:l::/:i
            |:::::::::::::::::::::::::::::ト;:::::::l > .__/:/::l::i::l
             |:::::::::::::::::::::::::::::| ',:::::::l/::::::::::::::〃::::;イ:!
              |::::::::::::::::::::::::::::il ヽ::::l::::::::::::::::i|::::/ |:|
          |:::::i::::::::|::i::::::::|!  \!:::::::::::::l |:::i |:|
             |:::::/i:::::::l l|::::::i:|  __` - ::__| |:└、|:|
        _,..厶‐'/l:::::/ l|::::::r':'"´:::::::: ̄``ー':::::;r‐┴'- .._
     ,... イフ //  ノ/:::/ /j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽL,      ヽ、
  /   // //  ´/:::/r-'`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ        ヽ



 そんな前置きの後、ロビンは自分達を取り巻く状況を淡々と説明し始めた。

344 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:12:59 ID:BBOdqYfQ [29/56]

 現在、やる夫達が居る場所は荊州であり、その荊州の太守に袁術と言う人物が居る。



∵━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@
┃:::::::::::::::::::::::::::::::::┌-、_____:::::::::::::::::::::::::::::   幽   ___      ┃
┃ :::::::::::::::::::::::::::_」::::::::::::::::::::::/::::::: ''''';, ,,...,.,,,;'';,,,,,,,.,..../   /    ┃
┃     ::::::::_/::::::::::::::::::::::ノ      ";      ./   .<ノ ̄ ̄...┃
┃    涼__/  ::::::::::::::::::::::/   ヘイ  ';   冀 \.  __    ┃
┃   _/ .  ::::::::::::::::::::::│''"""'';,,   ';     /ヽ┘青_>   .┃
┃__丿     ,::::::::::::::::::::::::::〉    "';,,,,,,,,,';   /""'';, _ノ       ┃
┃::::::::::   ,,;''"    雍  (;_____';__/エン';,'' "(        ┃
┃:::::::::::::::''" ,,,,,,,    ○    ';,   司隷◎';,;'"''',',',',';徐 〉        ┃
┃::::::::::::::'''""  ""'';,,,,,,,,,,,....,,  ";,,;'''"''''';;,'""   ';,   \        .┃
┃::::::::::        "';,,,,,,, ""'''"     "';  豫 ,;''''"''"""\    ..┃
┃::::::::          ,,,,...';         ,';  ,;'"    ┌─┤     ┃
┃::::           ;___        ,,,,',',',','; . __/  <_     .┃
┃::::        __/ ;,   ̄ヽへ__;'ノ ̄ ̄ ̄       )     .┃
┃     ┌─' ̄    "';,ココ→★荊 ";        揚 丿     .┃
┃    _/  益     ;"''        ;'         /"     ┃
┃     l         "';         ";     ,,,,,,〈 ̄       ┃
┃   /        ,;,,,,;"         '; ,,,;''"''""   _〉        .┃
┃__/      ;''"'"'''"  """"''''''';,,,,,,;'"''''''""     __/         ┃
┃ ::::     ,"                 _イ             ┃
┃::::::::   ,,,,;;'''         交 _「l___r─┘               ┃
┃:::::::::::''''"       ____  ./                       ┃
┃::::::::::::::::::     __/゛   (  ノ                        ┃
┃:::::::::::::::::::::    ノ     └┘                          ┃
@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━∴



 孫策の母親である『孫堅(そんけん)』が一時は荊州近くまで領土を広げていたが、
 戦死した事によって状況は変わり衰退したとの事。

345 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:14:01 ID:BBOdqYfQ [30/56]

           ナ  ナ        |l
          ン  :      |l          _ __,.-v‐v-v┬xーz,、_
           ダ         |l.        r仆、kヽⅣk/∨ハk'/レ'ノ>、
           コ           |l       <ンイ´ 「ドィiTT77ハli `T Yy'7,、
           リ          |l        「l l  |llliトklル///l li l l'V//〉
           ャ   ,.-<T'「TY^}|l       | l i  |l州lル〃"'''1l li l l Yハ
.          : r<ン´ ̄` ´⌒|l.        | l!l  |l       | ∥l l li l
  豫   メ    くン'´  lj  u  |l.       | li |l、  ,;z==キ'T l ト、jl |   ,
  州 隊 イ   /'/u l |  |│j |l         | l il トヾ、 r≠芯テラ l トl !l | , '´ ,
デ名 デ ド  '´| l l_∧」\トl_|l        | l !| rト、{'´ ̄´|「l l lノノ l ,.' ,.'´
ス 物 ス __、zx_ Nト、F〒テ三'┴'|l       | l lレイ 、`ー‐彳ll l l |イ ,.'´ ,.'、
  ;wv:、 >:::::;wv∠>lj ̄三三三|l    rー‐-く! ! ∥ 、_,.r≦メ、i l l | ,.' ,. 'l/ ⌒Y    「私が孫策の母だ。
 'fェ;o'}_, Z:::f''リ'Z父、、  tェェヨニ|l   _上ー-、| l |l、'ー-='^ヾ}jk、,' ,.' 人ヽ卜!
,.rハ吊ハ、 Y;ト罘ハ、〈、ヽ.{iトr‐-n|l   仁ニ、 ̄`l l! ilkヽ.__ ,. </, ヾリ〉´レ'^>一'ソ     ――で、私の出番はこれだけか?」
{:{;{i茆i};}:}/:{:{j茆{;j:}::iトミ、{i、トイ{」|l  _L、ノl!  l| ll lトィくレ-一'//|l/´ト〈  /::::
|::N:::::イl::||:::ハ:::::::::;ハ::{:::{ニ{i、kー‐'j/〈 ̄  ll  ll ハ.lレj>v─'´l/ l|| /ヽ∨:::::::::
|::レテ〒l::||:::| 「 ̄`| |::ト、`フ7::/ :::::::ヽフヘl| /lノ广^イ /ー‐</lル'´ ̄ノ:::::::::::
V/l  ! lハlエl/'TTハlエL.` ̄/:::::::::::::/,\ル'イ/j//ト-'ト、`ヽ、∨ ,'/ト‐-く:::::::::::::::
j::!   l::|{__「|    lkt|:i|  〉:::::::::::::∨\ソ/ //{し'_/o'│ l \_ソ '/l ト、 ̄ 〉::::::::::::
|:l    l::l l::|l|     l:||:i|  {:::::::::::::::::〈ヘ./´:://::/ ̄/y′l トr'/ ,'∧l〈´ ̄7:::::::::::::::
|:kvwwv!::||!:|」www、l:lLl 人:::::::::::::;ィン':::::::l/::/  ∧o/| l::l ,'/:::::lトヽノ:::::::::::::::::
|:::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::|ノ⌒ヽo)、:::::{ス{::::::::::{::〈、__/:::::::::::::L.」_|::V:::::::::i}ゝイ:::::::::::::::::::
|:::::::::::::::::::||:::::::::_/:::::::::::::::\、\ゝム::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::仏仆、::::::::::::::::
`]」´ ̄l.[´ ]jフ´:::::::::::::::::::::::::::::::>‐、〉:{公;、:::::::::::::::::;;;::::::::::::::::::::::::::::厶ィ l l`T ┬ r
      /::::::::::::::::::::::::::::_∠7ソィf⊂ニニニ⊃lエoニニ=- 、__::::ィ'/│l. | | l l l
     {:::::::::::::::::::::::::::::::んY^ヽ、{ム.        ノ'7o、_    _ ,//レ',ニ二ヽl l l l
     ヽ、_;: ‐:'´ ̄: :`:`¬ゝニフ-‐\__/‐〈o、__     ,.イ/厶' --'ノト、l !、|
zニZ二フ'´: :        : :``ヾ、ー----;--;‐'´ -- -‐ _.ニ 7Z´二 ̄`) l、ヽ_ヽL
/二/: :               `ヽニニ-イ ニ‐  ̄  , ハ ‐- 、斤ー亠'´::::::::::
| _/: :        . :i::l:i:.:.:.:.:: : : : : . . .\、k ̄`ー-、_彡べヽ─ヽ」ナ勹ニュ:::::::::
'´: :          . . : .::l::l::!::.:_: :__: : : : . . .ヽ\:::::::::::丶::ヽ::ヽ::\`ン'´   `〉ニ〉::::::

                  \カカカカッ/
     NEW!【孫策の母:孫堅と愉快な武将(なかま)達】  ※左側から『 祖茂 / 太史慈 / 韓当 』



 孫堅戦死と共に内乱や逃走が相次ぎ、後を継いだ孫策は仕方無く、袁術の客将と言う立場に甘んじているが、
 今の立場に甘んじているつもりは無く、天下統一に乗り出す為に現在は独立への手を打っている途中との事。

 平穏とは無縁の、血と肉と剣戟鳴り響く生活を送る事になるだろうから、
 充分に楽しめるわよ――そんな言葉を最後に添えて、簡単な周瑜の状況説明が終わった。

346 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:14:36 ID:BBOdqYfQ [31/56]

 現在に至るまでの孫家の経緯を聞いた後、やる夫も他勢力や主だった出来事等を
 二三質問し、情報を頭で整理する。そして、幾つかの事実に気が付いた。



     ____
   /      \
  /         \
/           \  (参ったお――
|     \   ,_   |   武将が女性の時点解っていたとは言え
/  u  ∩ノ ⊃―)/   歴史の流れもやる夫が知っているのと少し違うお)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



 孫堅が死んでいると言う事は、太平道の乱――黄布党関連や反董卓連合は終わっている筈なのに、
 質問の中でそれに関連する内容が一つも出てこなかった。

 それが意味する所は――場合によってはやる夫の持つ『三国志』の知識が、
 致命的に役に立たない場合もある可能性が出てきたと言う事だ。

 それを知る為に、もっと質問を重ねたい。
 曹操や劉備と言った英傑は、現在はどんな状況なのか。
 董卓の動きはどうなっているのか。孫堅はやっぱり女性で、けしからん乳をしているのか。
 時期は何時の頃なのか。木星や竜宮小町の新たな内容発表は、いったい誰が得したのか。

 聞きたい事は山ほどあった。特に最後。
 だが、どれを聞けば良いのか――また聞いて良い事なのか判断できず、やる夫は一つだけ確認しする事にした。





         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (●) u|  「取り敢えず……何だお。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   やる夫は物凄く、大変な時期に来たって事かお?」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



 万感の思いを込めて、やる夫は溜息を吐くように呟いた。





               ,.-- 、_
            j「Y'´     ``ー-y'´ ̄`!
           [ニゝイ          ヽ.  ``!
            >jユー-‐、_ ,r-、 /^ゝ!ー-、/
            フ厂「ト、厂ス-、 _」| (イ-y ,イ
            / /リ‐j-」1リ十l/´ゝソY^ニ7
             |/l 」Tヴー'Tウリ〃 l/  「
         ケホッ  | ト、' ' _ ' ' '/   j!  |
              { ヾ` ーrrュ<7  /|1   ヽ     「まぁ……そういう事になるかしらね」
             ∧ ,レ'´リ爪/  /⌒,   〉
            /rイ  l/レ'  |   l  /
             / カ〉_/,イ/   /   ト、 _f二]
             / /^Y / / ,ィ´    ヽ1 「ヽ」
              /[ニ>、 j/ソ ,ィフ´二ト、仄「ス `ヽ
             〈  ノ ///レ'ニ二」´ ̄「´ `,  |
           ,ソ ,イ   |/  ,     |  i  j
         / /^レ  ,イ   ,'    ヽ  l ,/
       _, イ  / f  ,/ }  i      ト、/ /
    // ̄ゝ-、{  l / _ノ __」ト、     ヽf j
    ,l/       ,ヽj´ ,イ「`T i     lリ /ー-、 _
    1        /    j1|  | |     レL_     `7
    \    /     |1| __」 L 、 , / ,イ ー- 、 ,/
      \ /      |1二三三ト、  ryイj    _/
       ヽ         _, -‐ゝ-f_ノノ   _/
         \ ー--‐ ' ´     _ _, -‐'´
          \ ___,.-‐ '"´ ̄



 そんなやる夫の声に対して、女性は一瞬だけ言葉に詰まると、
 先程より心なしか柔らかい声で小さな咳と共に答えた。

359 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:21:34 ID:PITcHh8Y [2/4]
アイマス2は誰得だったが
このスレは俺得

347 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:15:54 ID:BBOdqYfQ [32/56]

                  ____
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |  「えっと……具合が悪いのですかお?」
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |



 先程から咳をする姿を良く見かけたので、もしかしたら具合が悪いのかも知れない。
 そう思えての質問だった。
 また、肌の白さと相俟って、どちらかと言えば病弱な印象を覚えた、と言うのも理由としてある。





             __,,.. ---─- 、__,. - 、,  「`ヽ,
         _,,. ''"´         ´`ヽ. ヽrノ   /ー-、
      ,.. '"´           ト、  ノ   ! ヽ/  /;
 ,   ,.'"          ノヽ、 ノ´ ̄`ヽ、ノ_,. -!、-イ」
ノヽ, / ,.へ、_rー--、_r'"  _]ア'"´`ヽ、___「`ヽ.  `ゝ┐
ト、/!`ヽ! _,.:'" `ヽ.    ,ゝ'"´           `ヽ/ _,!
:::';:::7_r'"ヽ_,. イ´`'ー‐'´    ;   ,    !  ;!   `ヾ! `ヽ.
:::::!/ヽ,r'"´./  ,   /  __ !  ハ -/!‐-/、!  ',.   ',__ノ
\!  /  /    /  ./ '7´  /! / |_,/_」='、, |   .!   i
´ r イ  ,'    .,'   ,' ._」;-='t、レ'    'iノ i ! !   ハ   !
ノ  !  i     !  !i´ !ノ  !      '、ノ ノ ト、/i レ'´      「……心配してくれてありがとう。
、 _,i   ! !  |   ,ゝ  '、__,ノ   ..::;:.  ´,.,.,i.  V         だけど、気にしないで大丈夫よ。
.i  !  レ'!___,レi'´i  `'ー      ,.-、.,______ハ   ヽ、
`ヽ、.',.  ';  |   ':, '"'"'"    /  ',      `"'' ー 、     普段から埃が多い所に居るのと、
    ',  !.  i  ', `ヽ., _,,... -'"    ',          ',     運動不足がたたっているだけだから」
     ':,  ',  ',  ',i´ ̄          ',  , ´     `ヽ'、
     ヽ. !ン',  ', /')          ',        (ヽ. ヽ.
       '/  ',. -/ //.)/        ',         、\)、
     /´  /´i::/ / / ソ.        ',,(      ヽ、ヽ,ノ:!|
     ,'  /i  '、 ´/ /)        /:ヽ .,     `'!::/|
    ノ、 / ヽ、 \   ' / .      _,. 彡i^`,ミ三ニ;=r‐''"i/ ,'
   rく  7     \_`'ヽイ`ー--‐=;ニ´' _i   ',  _r_ンiヽヽ;:::;' /!
   ヽヘ.,'       `"'7`ヽ.   riン´ ',   `i´  | ヽ,_ン /



 そう言って小さく笑みを浮かべて、やる夫の顔を見る。

348 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:16:14 ID:BBOdqYfQ [33/56]

                      ____
                 __ ,,.. -- ''ヽ `ヽ`ヽ、
                  ,. ''´  {'、   ,'  ';  ヽ、-‐┐
               /     '、`'ー '´´`ヽ' ヽ/--、 _'
                /    /`ー'´ヽ  ノヽ/、_/´}⌒ヽ、」
                 / ,..'ヽ/{⌒`'''´ ̄ l \  '、` ヽ=f
           __//  l´`l |、 ハ  ll l ', ',ヽ l l l ':,_}
           ヽ、∧'ヽ'´| 从;' ヽlヽ/从 __| ', | l | |
              /=l   lヽヽ|     r辷';}ソl  }.l l | |
                l|、_ヽ从_,. ='´ ,       l ./l l | | |
               }ヽ ', xxx     xxx |/|   | | |
                / ヽ ヽ、   `    /.|  ,' .| |
                 /     | l >、   < /l    l`ヽ、    「自己紹介……してなかったわね。
              /   ,. -´ ̄ '∠...,_ l ̄ ,'    ,':.:.:.:.:';     私は姓は陸、名は遜、字は伯言
             // ,.//.:.:.:..:__ノ´ ̄´ |彡´l     ,'_,. -, l     ……真名は『パチュリー』よ。
            / ヽ'´ ,;‐ ''´  ̄ .:§.:.:.:.:.:.:.:/    /l   < |、
         { ,.. -、 \;':.:.:.:.:.:.:.:,' /|| ',.::.:.:.:,'    l ヽ_/  ヽ   皆も真名を許しているようだし……
       /l、____/l__ {.:.:.:.:.:.:.:.:{{ /..|| }:}.:.:.:.:{    l __ ,.-、__/   私の事はパチュリーと呼び捨てで良いわ」
       ∠  ___/ '; /ヽ、.::.:.:.:.:||  || :.:.:.:.:ハ   |´.:.:.:.:.:.:.:',
      / ̄    };'.:.:.:.:`'T:'.:.:.:.i!><i!:.:.:.:.:.:.:ヽ   l:.:.:___.:_.:.:.:',
    /       /;.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:i!><i :.:.:.:.:.:.:.:ヽ ,. - '´.:.:.:.:.:.:.:}
   /       /. {.:.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:i!><i ..:.:.:.:.:.:_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,. '、
 /        /    ';.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:i!><i._,,. -'´ :..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ',
./       /     ヽ、 _;{.:.:.:.:.:i!><i..'/ヽ__ :.:.:.:.:.:.:.:. /ヽ |  l
{       /          l.:.:.:.:.:.:i!><i/   /_、/:.:./ヽ  \  ',
l       ハ           / .:.:.:.: i!></  `}ヽ,_ /、   \  ヽ .',
|      { lヽ       / .:.:.:.:.:.:.:;-'´,   /ヽノ.:.:.:.:ヽ   '、 } l
ヽ       l | .}     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'/_/'l l´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  } /   ',
 \    | |'     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!>;'`'、l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', /'    ',
   \   |     ,' :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i!><i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',      l
    \,'     {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!><i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }        ',



 陸遜――パチュリーと名乗った女性ははにかむ様な笑みを浮かべた。
 こうやって見ると声の抑揚の変化は少ないが、意外と表情は豊かに思えた。

349 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:17:02 ID:BBOdqYfQ [34/56]

 そして――今まで気が付かなかったが、彼女もまた巨乳の持ち主のようだ。
 やる夫のスカウターが、バラライカ達にも引け劣らぬ数値を確りと捕らえていた。
 胸を張ったりすると、ゆったりとした体全体のラインを隠すような服の下から魅惑的な曲線が浮かび上がってくる。
 所謂、着やせするタイプなのだろう。



                                    ____
                                  /      \    
                                 /  ⌒  ⌒  \   
                               /   (●) (●) u \
                               |  /// (__人__) ///  |
 「なら、やる夫は『やる夫』と呼んで下さいだお」  \     ` ⌒´    _/
                                ,r'ィ    ‐ー   ,r'⌒゙i  
━【心象風景】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    /       /            `¨ー 、
   /...       /    .......         ヽ ヽ、インナンオブジョイトイ
  r'_,::::       !    :::(:i;;::::      `     ヽ、
  t'::::       !    ' ´ ''              ヽ、
   ゝ       ',                      ヽ   「見えるお、見えるおルルーシュ……。
   ヽ、     _,.ヽ、         /          ヽ
     ーー ' ´   ` ー-............ - '´             i   やる夫にはさぁ……服が透けて見えるんだお……
      /    i   人     ノ               l   ルルーシュのそのギアスは天賦のモノかも知れないお。
     ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               l 
     i ////  `、  _y──‐ l     ////       /   だけど、このやる夫の【眼乳(ガンパイ)】だって
     ',       i_/  / _ |            /    天から貰ったものなんだお……」
      ヽ、       ̄ ̄  U            /     
       ヽ、_                     /      
          `¨i                     ヽ      
           /                      ヽ     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

351 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:18:42 ID:.7S3KZNw [1/5]
あのエロエロな方がパチュリーだ……と……?

352 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:19:38 ID:vOJD/jYc [4/5]
おっパチュリー

353 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:19:40 ID:iIn.4Igo [2/4]
なるほどこのスレではおっパチュリーか

354 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:20:09 ID:BBOdqYfQ [35/56]

 やる夫とパチュリーが簡単な自己紹介を行い、互いの間に穏やかな空気がふわりと作られる。



            /: : : : : :./:.:.:.:.:.:._ = - = :.:.:.:.:.:ヽ: : : : \
            ′: : : : ;/:.:.:.:> ´       `ヽ:.:.:.\ : : : ヽ
          /: : : : : :ノ:.:.:.:./     ,ハ      \:.:.:\: : :.ヘ
            /: : : : ,.ィ:.:.:.:., ´   ,ィ i   | V   、、  \:.:.:.:ゝ、ヘ
          ′: : :/:.,:′/    ムL{   |  ',   l!Lム    \:.:.:.:.:.ハ
          ′: :,イ:./:.:.:/  i  / !  V!、{  !,イ ハ! l! V    !心、:.:|
        |: : : :!:.;':.:.:/   レ!/   、! ヽ!  リ_lノィ  ハ  /l! ! }三心_}
        |:.:.:.:.|:.l:.:.:/    !ミィ = ミ、     イ"⌒ヽイ/ |リル!三三}  「その調子で仲良う頼むでありんすよ。
          !: : :ヘ:!:.,′   !"         i      ノ}'   !三三ソ´
        l: : : ハ:.{     l           '      ハ  !三/     わっち達は存外に忙しくてな、
         !: : : :Vヘ、   ',    r────    !   !ノ      今後はパチュリーが主に世話をすると思うから
         }: : : : :V:.:ヽ   i   V      /     八   ト、      頑張って口説くのじゃぞ、やる夫」
        ノ: : : : : :〉:.:.l   ヘ   ヽ   ソ   /    |三ゝ,
        { : : : : : :/:.:.:.L    ヘ        /       リ彡ィ!
        ゝ、: : : :{三三三三ニニニ======ー 三三ソ′
          ` ̄}ヘ三三三三三三三三三三三三三三三=メ
              ノ : : :` ー == 三三三三三三≡ <: : :}
          (: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ
           ≧ー:-: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: ;イヘー 、
       ,. .´: : : : : : : : : : : : : : : : :ー: :- _: : : : :_: -: : : : : : : : : : :ヽ
      / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :(⌒)ー:L!: : : : : : : : : : : : : : : :ハ



 そんな状況にホロは嬉々とした笑みを浮かべて茶々を挟むと、珍しくロビンが話しに乗っかって来た。





  ,.-'"::l::l::::l::::`if'‐、廴フ-、...__   _,,.ィ''Zノr''´
::l:::::::l!:l:l:::l::├‐┘ ‐--ニ、--∠Zニ_ェニ7:/:!
::l::::::::l!l::l:::!::l:! _,,.=テ==、_  ヽ f゙/l::_;/,':/:::!
::l::::::::l!i!:l:::l::l:l  ヽ⊥" -''′   !l "´ ,':/::/
::l:::::::::l!:i!:l::l::l:l           !',  ,':/:/
l::l::::::l:l!::li!l:l:::l:l           _ ,l,! ,':/:/
.l::l::::::l!::::l:i!l::::l:l    、,_,.... -ァ ':/:/   「それに関しては問題無いとは思うわよ、ホロ。
. !::!::::l!!:::::l::l::::::ト、    ``ニ-´ ,/:/:/    パチュリーの『悪癖』を考えれば、ね」
 l:::l:::l!:!::::::::l:::::l   ` - 、_    , ':::l:::l
  !::l!:::::::::::::::l::::|       {:: ̄:::l:::::l::l
 ||:::::::::::::::::l:::|       !::l:::::::l::::l::|--―-、



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |    (悪癖、って何の事だお?)
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ



 首を傾げるやる夫が疑問を投げかける前に、ロビンはチェシャ猫のように
 口元に三日月を浮かべてパチュリーに向かって話す。

356 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:20:32 ID:BBOdqYfQ [36/56]

                                  /::::::::::| l:::::: :ヽ;: : ヽ: ヽ: : : :゙i: : : : : :i: ゙i: :
                                 ,':::/::,':.i:! ゙i::!:::: : ヽ: .:.゙、:..゙i、:.:.:::i:.:.: : :.:.:i.:.:i :
                                 l.:.:i.:.:i: i:.! ゙i:゙、:、::::゙、、:::゙i::::!l゙i:::::::i:::::.:::::::i::::i.:
                                 |: :i: :.i: :!l!  ゙、ヽ,.<ヾ`''" `' '´`i:!::::::::::::::i::::i:
                                 |.:.:i.:.:i.,._:,゙、  ヾ  ,,、===  |::::::::::::::i::::i
                                 |::::i:::/‐'}''"ヽ   '´         !::::::::::::::i::::i
                                 l::i::〈 /. ,r''' i           |:::::::::::::::i::::
「パチュリー……貴女は幸運ね。              l!、:、! i. -'")l        ,./  |:::.:::::i::::::i:::
 明日からきっと楽しいと思うわ。               ゙i l´ ,.-i l_,. -  ,. -'"    |.:.:.:.::i:::::::::::
                                    / }ヽi:、  - ''´,,,.       |: : : :i::.:.:::.::
 何と言っても天の御遣いさんと、                ヽ. \l:i:ヽ  ゙"       ,,.|: : : :i:::.: : ::
 行動を共にする事がこれから多くなるでしょうからね」    ヽ. l:!゙、-`ー--- 、 ,、-'"/!.:.: :.:i!::: : : :
                                      ゙ヽ、       ヾiヽ, |:::::::::!i::: : : :
                                       /|゙'ヽ       / / |::::::::| l:::.:.:::



         /:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽヾl  / /
        レ': : : : : : : : : : : : : __.: : : : : : : : : : : : l i!|/ /
        /: : : : : : : : : : : : : <   ヽ.: : : : : : : : : :.:.:.∨ _/_
      __ /:.:.:.:: : : : : : : _.: : : : : ヽ  l.: : : : : : : : : : : : ヾ´  .l
     l´: : >、____ノ: :_ノ´  ヽ,._ ノ  人.: : : : : : : : : : : : /  ヽ
    l: : /l__ _,r-イ|´   l   <_ _/ `l: :l.:.:.:. : : : : : : l    .l
     〉:/ l i |ヘ .| l    l  l .i 」 l   l: :`¨: :,二ニ、: :l_ _./
    l: :l l .l!| l l .l   」-十_|___|__|   `ー‐' .i ノヾ、  `ヽ、
    レト、|.  i!| l.l l  二j r ァ―::ァ |    |    ヾ、.:.:.:.ヽ、   `ヽ
.     i ト'´ i!〉', i!   ̄  __弋z::シ  i!   .| l     l`フ: :〉、   /
      |__ i! ',          /_|_.  | l .l   l ,イ: :/ ヽ   /
         `l  ',. l         7   ̄ ,l  il  トヘレ'  ヽ ./
          l.   l. '      U /    /i| .i! ├∨     ∨
 .i、._ノ|.   ,'   丶.  __     /     /ノi| .i!  |            「……それは、どう言う意味かしら?」
  |lllllll|.  ,'     丶、´   _ノ   .ノノ/i,|  i.i  |
. .|llllllll|  ,'      / `>'    ////ノi|  i i  |
.  |llllllll| .,'      / ,/     / _ _|   l  |
. . |lllllll|/      /    ///´: :`´: `|  i  i|
.   |llll,/      /     / /:.: : : : : : : : | l  i |
  .|l,/    /     // ,∧ : : ,.-、:.:.: : : | l  l l
  j|'    /    / ,/ . ,l: : ヽソ,.-、ヽ,.-、 | l   .l l
  /   /   ,. /  / /レ'个、/: : :l: : __ `i| l  i l l



 ロビンの表情に不穏なものを読み取ったのか、訝しげな表情を隠そうともせずに冷ややかな声で返す。
 が、ロビンは依然変わらぬ笑みを浮かべたままだった。
 パチュリーにとっては逆にそれが不気味に思えているのだろう。表情が困惑の色を強めている。

357 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:20:50 ID:BBOdqYfQ [37/56]



T レ'‐′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`´`ー'"<_>-,、_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y,>
"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:-r:T__二ニ:;;_-__ニ-<ノ>ー,-,、_::::::::::::::::::::::::に}
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.r:゙´::::::|´ /_,,,.ニ=ミヽ`ヽ  r;ミr`'宀ー'∠ZZ)_‐r)マ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;r:'´::::::::::::::::',ィ彳_):::)),.>   ヾ}レ!:::::_ノ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::', `` "´       \!:i::{、   r‐┐       「だって、天の御遣いさんの知識は『本物』よ。
.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::,           .-,r!ト、:ヽ、_/__{        それ以外に博識で、話も丁重で
.:.:.:.:.:イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',          _, |"ヾ;:ヾ;`ヽ、 `ヽ、      聞いているだけでも心が躍ったわ。
.:.:.:.:.:.|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     ー=ニ-‐′!T ̄ヾ;:戈、;:ヽ一'⌒ヽ、
.:.:.:.:.:.:';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、       ー‐' ハ ,/ ヾ;.、ゞ::}、,r'⌒ ┴  少なくとも――
.:.:.:.:.:.:.ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           !r<´> ,/ !::レ'´   _...- ヽ 私の知的欲求は十二分に満たされたわ」
`` '' '' " \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', 、....___ .....ノ:::`'''ヾ゛  |::j  r''´  _  `
         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ__,...、_,...,__,..、_:::::::::\  lノ、 /  / ^ヽ、
        ';::::::::::::::::::::_,..ィァ7ムu-</<∠r'フ>ァ-くノ,〃) /{
         i:::::::::::_,.-イ/-'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`´``'"ヾー<Zフ7‐rァ、..、_



 随分と褒め過ぎだと、やる夫は思ったが口には出さなかった。
 美人に褒められれば嬉しいし、わざわざ自ら否定するのも何だと思ったのもあったが――





       ,. -'''"                "'''- .._       /\
       , '        , -'" ̄ ヽ、           ヽ、    /    \
.     , '        /~"" ヽ、  ヽ           ヽ   /   , -'"´
   , '           ´     ',   ',           ヽ/, - <
    ',       ___.|,.       l   l            ヽ   ヽ.
 「 ̄7l~""''   ,/ |、 ',ヽ    .ノ    人、            ',   , ',
  ', / し_,._,,.' | |.',.  ヽ~''' ´    ノ', ', 人            l-'"´  ',
. 冫l l   |   | | | ',   `''- ..-'´ | ソ  ヽ  ____      }    ノ
 / |,'.  |    | l. l ',      ', ',    | "'-、  ___,,.ノ´', ~`l   ノ _,.-''´
  丶|  |   |  l l. ',      ', l    l     T   l.  ',/ー〆 ̄~""''' ‐,
    l 、 |.   |.  l l. ', ___|.|___|___.  |   |  ヽ、   '''- .._   /
.    l~`', l"'- 、|'、  ll 'ー,‐- .,.,|.L_|.|_  |  /|   | `~""´ > "'''./
    ` ',.`. ' `, ヽ `  ´〆ヘ;;;;;;;;ーッ.ノ  ~"ソ  / |   |  ,, -'´       「……それは、本当かしら?」
      ~ ̄ヽ  ノ     ` .゙;;;;;//       /. |  | | ,.,,',
         i ヽ    xxxxxxx /      /  |  | レ
         l   ヽ、 、      /      / ,. |  |. |
  iー,  ,i~l  /    `' - .-'''´       ノ/. .| |   |. |
.. ',.',:::::::::',', /     ///      , -'". ´  ノ |.   | |
  ',',::::::::::',',/    / /, '   _,..-'''´..-'<‐´ |     | |
   ' ' ゙゙゙゙゙゙' '    ´ /  -'''" , -'"´     ヽ |    l  |



 一番の理由は――パチュリーの雰囲気が明らかに変わったからだ。

358 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:21:16 ID:BBOdqYfQ [38/56]

            j'   ,r ' ´__  ∨ヽ             ´")、
            |   / ァ'7::::::´"''- V^'i、          ,r '´ /
                !  l! / ´し‐‐、_::::::::ヽノト、         /    /
             '、 /       7:::/:ハ| }、       /   /
             ヽ/ 〃,i_,、_,r‐v‐!|:/ |:|. K、ト、       /    /__
              l/::レ:::::::::::::::r┘l」‐、|! |::|l,| }!\   !   /`゙~`
                   l:::::::::::::::::::::l '!ーrミ、ヽl」|ヾヽ、\ヽ、  ∧
         _ _     !:::::::::::::jl:::::!  ヽニ´_ヽ ヽ l>} ト、 ヽ、`'-'゙
      ,r'´   ´' 、  j::::::::::::N::::!          i ,zチ、゙ト、 `'ー
     /       ヽノ::::::::::::l |:::l  、     l !ヾ'ニ`>し!ー、_      「ええ、きっと。
    /         ゙i:::::::::::::| l:::l、  ` 、_ 、_j_!  /::::::ヾーLl゙Y‐v-
   /           |l:::::::::::| |:::| ヽ、 `'-`" ,.ィ´ヽ:::::::ヾ、:、 `^'┴'   貴女が持つ千の古書より、万の蔵書よりも
.  /             |li:::::::::l| |:::| /:::ヽ、、、 .ィl´|:::|  ',:::',ヽ:、`ヽ、     素晴らしい話が聞けるかも知れないわね」
  /   i          l!l}'vi:::|| |:::|'!:::::::| ||l:::::| | |:::l   i:::::! ゛,::.、 `
  i    !          !} l!`ヾ、|:::|ト、::::| |||:::::| l l:::{   j::::::! }:::::i
  !     .l        |{i l}i、 ヾ、|l {!ヾ || !::::l | l::::.、 ´ヽ:j └ 、|
 j~ー~'!       ├!‐、j!   ヽト 、` l:::::i l 、::ヽ、



 ロビンの口から流れる言葉は甘い。
 蜂蜜に毒を含ませるように、粘着質があり耳元で絡み付くように囁く。
 布に水を注ぐように、じわりと部屋の空気が怪しくなっていく。具体的に言うと、百合っぽい空気だ。




          _ _,,,, --―――-- ,,,__  
        , '´         __    ゝ 
     _ , '´          ) ヽ    `ヽ、-ヘ  
    ノ oゝ== くヽ_r'_ヽ、, ノ  .),______r'´イ´o 7 
    \ / ヽ__/-['、イ_,-く,-イ  イ_,-,_ゝヽ、__〉
     く__/    , /     /!      \   ヽ  
       // /,   //| l    l l|  ヽ    ヽ  ,l  
      l | i   /|| l   l l |ヽ、  ',    l   l  
.     | |ハ /- LN、_lV__,-|     ,,|   |  「その話を……今から聞いては駄目かしら?」
.     |  ヽ| ___   ,___  ヽ|    ,|   | 
..     |、  ハ  L」    L__」フ  /     ,|  |
      ヽ- 、リ  丶\\丶   "|    ..,,,|  |
       ,_ | ゝ ,-―--―-.,,,, ノ|  __,,---丶ノ  
      / o| /         \ヽ/      ヽ 
      ヽー/              Y       ,,| 


 そんな百合風味満載の空気の中、僅かに頬の色を変えながら、
 下から伺うようにロビンにパチュリーが問い掛けると、ロビンはしなやかな動作で近付いて――

360 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:22:31 ID:BBOdqYfQ [39/56]

















          //:/::i::::::/!|  ゙i ゙i:::::::::::i::::::::i::::::::;::::;:::::i::::::::;:::::::::::::::::;:::::::::::::::::ヽ
           //:/: :i: ::::i !l  ゙|! ゙i:::::i::i::: : :i:i::::: ::: : : i:: .:::i::::::i::::::::::i::::::::::::::i::::::ヽ
           /:i: :i :i:| :: ::i !l   ゙i! ゙i! i!::i!: :i i: :: :: : :::i : :::i :: :i : : ::i::i::i:::::::::i::::::::ヽ
         i:::;i: i: :i:|i::i!::i! !l    ゙i! ゙i!ヽ:i i:.:::i::::i::: : : :: i :::::i: :: i ::: ::i:::i::i:::::::::i::::::::::ヽ
           i:::i:i: i:::i:|.|:l|:::il ゙il    ゙i! ゙|!ヽ:i ヽ::i::::iヽ:::i::: :i::::::i::::::!::::::::!:::i::i:::::::::i:::::::::::::i
          i:::::i:::!::i:| |:!l:::l l ゙il    ゙i! ゙i!゙i!ヽ ヽ」L! ヽ:ヽ::i::::::i:::::i::::::::i:::i::i::::::::::i::::::::::::::i
         i::::::i::i::i:| ゙レ+=ニ、__    i! i! _ニ-‐''ニ    ゙!ゝ!::::i:::::i::::::::::::::i::::::i::::i::::::::::::::i
         ゙i:::::::ヾ!ゝ r''''‐-、ヽ、 ,r ´ ‐'" ,,、、,,,_ヽ  ゙''''1::::i::::::::::::i::::::i::::i::::::::::::::i
            ヽ::i::i:::::! ,r ''"'''ヽ  i .'    ='´     `''=   |::::i::::::::::::!:::::i::::i:::::::::::::/
           ヽ:i::i:::::!        i.i              '"'''  |:::i:::::i::::::i:::::i:::::i::::::::::::/
          ヽ:i:i::::i        i.!                l:::!::::i::::::i::::::i::::i::::::::::/
             ヽi::::::!      i.!                l:::!::::i:::::i::::::i::::::::::::::i゙
    ,. -‐‐- 、     ヽ:::::!     ,!.j                 l::i:::::i:::::i::::::i::::::::::::i
   /   駄  ヽ     ゙i:::::i    _`'''‐ ゙'     ___,,.,    i::i:::::i:::::i:::::::i::::::::::i゙
  {    目  }     ゙i:::::i   `、 ̄"" ̄ ̄_,. - ´    i::i:i:::i::::i:::::::i:::::::::i
  |    ね  レ1   i:::::ヽ    .``゙`""´,.      ,. イ:i:i:::i::::i:::::::i:::::::i゙
  ゝ、      ノ    i:::i::::ヽ   ``"´      ,.-'::: i::ii::::i::::i:::::::i:::::::i
    `ー-―'"´       i:::i::::::::::ヽ、    ,. -':::::::::::::: i::i:::::i:::::i:::::::i::::::::i
               i:::i:::::::::::::::`"T"´::::::::::::::::::::::: i::i::::::i:::::i:::::::::::::::::i



  快刀乱麻を断つとばかりに、近年稀に見る満面の笑みでパチュリーを躊躇無くバッサリと斬り捨てた。



''"´             ト 、  ノ ', |
       ,,_,,.. .-ー''"ゝ,,ゝ、`´ ノ j    _|\∧/
,,_,,...-‐'''""      r‐tーっ `""''ヽ{     \  十 ヽ
,へ、  ,,,.. - '"'ー-''": : : `と",,. -''"`、''"|    / q_j
: : : `"´ _: : : : : i: : : : : i: : : : _: : : ',: :',\|ヽ、 \
: : : : :i: : :`''‐--;ィ: : : :,イー'''´_: : : :i: :',: :!ーミ <  キ
: : : : :Nー''''""" 三三  `"',: :''ー-V`; :i;;/ /  ヽ
: : : : :|  ⊂⊃  三 ⊂⊃ ',: : : ',: : |;/   \    ゆ
: : : : :| 。ι   三三   ゚ o',: : : ',ノ     <   |
: : : : :',      /"''"''"''i   ',: : : `、    /   .|
: : : : : `、    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:!    ,': : : : )''7  \
: : : : : : :)  /::::::::::::::::::::::| , イ: : : ;,ノ>、{   <  /
: : : : : :ノ`'''‐{ー--,--‐‐''"m、 i`"´Yヾ `、  /  /⌒し
、_,,と‐イ"´iイ`''ヽノ`''‐- ,, | 'ヾ`、__ ノ ,.i  i  \   |
  -と"'' ヘ}`"ミ()彡´{ ヾ''"´ ̄ |`|ー'"i   /  o
ーノ"ヾ、_ソ}_,,...ノiヽ、 {`、       ! |: : : :|  //\/V

361 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:23:01 ID:BBOdqYfQ [40/56]

 そんなロビンの反応に謎の鳴き声を上げて居るパチュリー。
 さっきまでの百合っぽい展開を完全に怪鳥音が掻き消している。
 百合なんて非生産的な行為は、この天の饅頭話には無いのだ。おぉ百合が怖い、百合が怖い。



        ____
      /      \
     /ノ  \   u \ !?
   / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |   「お?」
   \ u.` ⌒´      /
   ノ            \
. /´                 ヽ


        ____
      /      \!??
     /   u   ノ   \
   /      u (●)  \
    |         (__人__)|    「おっ?」
   \    u   .` ⌒/
   ノ            \
. /´                 ヽ



 パチュリーの突発的な反応に驚きながら、周りに目線を向けると、パチュリーを完全に無視して、
 ロビンとホロの二人はいそいそと帰る気満々の様子を見せている。

362 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:24:45 ID:BBOdqYfQ [41/56]

                                     l.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.ィイ _丁フ `ト、
                                     |.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.r'7,.ノ_ノ´.:`⌒.:ヾ<ヽ,_
                                     |.:.:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ' ,.レ′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ人
                                     j.:.: ...:.:.:.:==―イ´ノ'__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ}
                                  _  〈.:.: ..:  .:.:.;.-イ,.ィヾ:「!::::::::`ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Yイ
                             ,...r‐ェニ┴=7 ..:.:.:.:.;r'"|_ム-‐'_ェニぇー、:::i:::::::iヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ1
                            ヒ'>、_.:.:``"´.:.:.:.:.:,r1_,// / !ヒソレ′|:::|:::::::l::::::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.ム!
                             `ゝ<77ヽァ'7",.ィ<「ソト!i   ` ̄´  |::::!:::::::!::i::::::ヽ.:.:.:.:.;.ヘ′
「あらあら、駄目よ。                    ``¬-''"ヽ:ヽ`'´ !l         l:::l::::::::イ:l::::::::::}.:.;/'
 女の子を泣かせるような事をしたら、ね?            ゙、::.、 !j  _     ノ  l:::l::::::/:l::l:::::::::;r'"
                                       ';:iヽ``--‐ '' ´    !::l:::::/:::l::l:::::::/
 さてと――                                i::l::ヽ      /j::/::::/::::l::l::::::i
 私は明日までに話し合う内容を纏めたりするからもう行くわ。  l::|::::::ヽ... -r '´ j:/:::::/::::::l::l:::::l
 もう直ぐ落ち着くと思うから、頑張ってね。天の御遣いさん」   _,.ィ:l!::::::::::::::::|  /-ー-'、:::_:|::|::::l
                                   , -‐ニ´;}|::|!:::::::::::::::l  j⌒ヽヾ-、 ヾ`ーァ‐ 、
                                      ノrヲ:;!!:::::::::::::/  /、   ヽ;//r‐' r‐r'



                                         ,、
                                    {{\ _{{ \_
                                        〉'^: : : : :`''^: :\
                                     / : : : : : : : :ヽ : : :'
                                 _人__ イ:/ :/|∧ :八, |: :|: :|
 「そうじゃぞ、女子(おなご)を鳴かすのは         `Y´ l/L」○ |/ ○7: :|: :|   `ヽ
   床の上だけにするでありんすよ、やる夫。      、   /: '从"n{ヽ //: |:.リ  ) ノ
                                  ー' /:/:c孑ァ')ア:∠|: :|/
  ――さて、わっちも話す事は話したし           /イ: :l/c'_}〕⌒'´  }|: :|〉
  今日の所はお暇するとするでありんすよ」         |: /}: : : :ア≧≦厶イ<}\
                                    |/厶イ/¨¨¨アハ ∧ー'´ : }
                                       /   く_/} 〉 ト、_:_ノ
                                   (             〉
                                   (> ,,____,,,xく
                                               `ー┘



 言いたい放題、したい放題すると二人は雲が流れる如く、滝から水が落ちる如くに
 至極自然な動作で部屋の入り口にいつの間にか立っていた。

 一つの『お約束』として無駄に洗練された、完璧な仕上がっている動きだ。

363 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:25:07 ID:BBOdqYfQ [42/56]

                          ,r'´ ̄`` ¬‐- ..._
                          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:¨¨¨`ヽ
                         i.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.',
                         l.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.ィイ _丁フ `ト、
                         |.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.r'7,.ノ_ノ´.:`⌒.:ヾ<ヽ,_
                         |.:.:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ' ,.レ′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ人
                         j.:.: ...:.:.:.:==―イ´ノ'__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ}
                     _  〈.:.: ..:  .:.:.;.-イ,.ィヾ:「!::::::::`ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Yイ
                ,...r‐ェニ┴=7 ..:.:.:.:.;r'"|_ム-‐'_ェニぇー、:::i:::::::iヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ1
                ヒ'>、_.:.:``"´.:.:.:.:.:,r1_,// / !ヒソレ′|:::|:::::::l::::::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.ム!
                `ゝ<77ヽァ'7",.ィ<「ソト!i   ` ̄´  |::::!:::::::!::i::::::ヽ.:.:.:.:.;.ヘ′
                    ``¬-''"ヽ:ヽ`'´ !l         l:::l::::::::イ:l::::::::::}.:.;/'
                          ゙、::.、 !j  _     ノ  l:::l::::::/:l::l:::::::::;r'"
「それじゃぁね。                 ';:iヽ``--‐ '' ´    !::l:::::/:::l::l:::::::/
 また明日、宜しく御願いするわ」       i::l::ヽ      /j::/::::/::::l::l::::::i
                           l::|::::::ヽ... -r '´ j:/:::::/::::::l::l:::::l
                          _,.ィ:l!::::::::::::::::|  /-ー-'、:::_:|::|::::l
                       , -‐ニ´;}|::|!:::::::::::::::l  j⌒ヽヾ-、 ヾ`ーァ‐ 、
                          ノrヲ:;!!:::::::::::::/  /、   ヽ;//r‐' r‐r'
                        _/j !:ノj:;:::::::::/  /;;;;;;; ̄;r^ヽヾ;..、 j;L_
                        '''ヾ`/ 'イ:::::ノ  4--、⊂ニ ̄`'、`ヾ';ハ;;`=-、
                             |''´   /          ヽ  ト-'''r'
                                          `ート、;;;ノ



 、, _       /`、
 |:ヽ、ー-.,_  _./:∧:ヘ
 l::  ヽ_-‐'"::::::|:::,. ヘ:::ヘ
 ヘ_/::::: : :..:::へ!、、_l:::::l\
. //:::::::i:::..:::i:::::::::::::\l::::}:::ヘ            __
/ i::/::::-‐-|:::l:ハ:-‐-ヘ:::ヘ:::::::ヘ        _,-‐'"-‐''´ ̄二≡
 !´lイ/i´Xー´ヽy' 7'ヘ'ヽ{:::::::::ヘ      /:::::::::::::: : : : : /
  ! lル l::::}   ! l::::::}/::::i::::::::へ    ./::::::::::::::::::: : : : : :l    「それでは、また良しなに。
    {、`ー' ::::::  ー '///!:::::::::::::ヘ   l::::::::::::::::::::::: : : : |
    `丶,ー-‐', -‐イ//;;l:::::::::::::::i:ヘ .l:::::::::::::::::::::::::: : : |     と――パチュリー。
      ヽ/ヘ// l/ へ::::::::i::::i::ハ::y::::::::::::::::::::::::::: : : :/     解ってると思うが、流石に今日は止めておくでありんすよ?
    __/  ,l ヘ┤|/\ ソr‐、i::ハ:ハ/::::::::::::::::::::::::: : : /     くれぐれも暴走せんようにの」
     (__X_/.l {__}!   X、Χ:ハA/::!:::::::::::::::::::::::: : /
         }ー--‐t´ <>::::Vv:::::::::::::::::::::::::: : __,-'
      _,,,_/` ̄二-X〆〉_>-.,,,____,,,,-‐'"
      \_ヘX.__./ヽ,__>-、ヘ
        "         `´

364 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:25:43 ID:BBOdqYfQ [43/56]

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /     「え、ちょッ――」
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)



 やる夫が制止の声を上げるが二人の姿は既に無く、無常にも残響音が部屋に木霊する。
 また、何気に部屋から出て行く瞬間にホロが残した言葉が気になる。





                   ∠´⌒丶
         ,. -‐''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  ヘー‐- 、
        /              }  |   Y⌒y、
        .′          、ー‐'′ ノ    }, イ }
    __!           ` ー一 ´    .′ 」-′
    \_>ー'⌒ヽ_r冖ー'⌒ヽ,__r'⌒ー'しイ、二>
     /,イ    /  i  /    '.   ト、   ハ
    く__/ | f  { ___」__.i      |ー┼-l-i     i
        ̄|  | __l__∧   ,.イ_i_ .レ⌒) |
         |  l {「{「::::}「ヽ,/ {「::: }}.}} r゙^/  |
        ,′ l人゙'=='′   ゙'=='ソ ハノ  |
          /i  人xx ̄       ̄xx.人|   |  f´ ̄ ̄ ̄`Y
.        /|   f>. ;   ー  _ <l  }    !  |  や   |
       /  !   !   / `T ¬ ´  |_l   |    | __j   る   |
.      /  人  ノ!_,.ム.イ|     ./ ∨  !   } ヽ.   夫  |
     /   [>水フ     l|-   ノ゙フy \人   ノ!  |.   さ   |
.    /  r'⌒Y.  〉     V゙)//,/}l  [>水<] |  ん   |
   /  /   { ,イ     r' ′ `   j   7 `Y  |   :  |
.  /  /    ヘ∧゙《 ,、,ノ      /   ∧   }.   |   :  |
  /  /       人_X \.   _/   // ヘ,イ.  |      |
. /  /     ノハ∧.    \∠辷rヘ,_,ン′  ||   ゝ─── '′



              , -―ー- 、
            /ノ  ヽ、_  ヽ て
           '==   ===   、 そ
          ' =    ==   l
            {  〈_,ィ、_,ノ      }      「は、はい……だお」
          、.  レ'_,ノ     .. ノ
           >        <、
          / ー―- .、   r 、 ヽ、
           `ー―- 、_ノ   l  \  \
           ,'           l   ヽ _,ノ
            l          |
          弋           イ
            | /ー ―一、 |
           し       、_,!



 不意に呼ばれてやる夫は振り返ると、完全に落ち着きを取り戻した様子のパチュリーの姿が目に入り、
 僅かに胸を撫で下ろすが――ふと違和感を覚えた。

365 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:26:36 ID:BBOdqYfQ [44/56]

 思考する事数秒――そこ違和感の正体に気が付いた。



                                           /
\                                        /
.  \                                        /
゙   \                  ___________/||||
  |||||' \__________|__________|| ||||
  |||||  iiii|               ||彡彡彡彡彡ミミミミミミiii|| ∨/|
  ∨   iiii| ┏━┳━┳━┳━┓゙ ||彡彡彡彡  ミミミミミミi|| /  |
       | ┃  ┃  ┃  ┃  ┃゙ ||彡彡彡      ミミミミiii|| |   |
       | ┃  ┃  ┃  ┃  ┃゙ ||彡彡        ミミiiii|| | 変 |
       | ┃  ┃  ┃  ┃  ┃゙ ||∥              ∥ || | 姫 |
       | ┗━┻━┻━┻━┛゙ ||∥              ∥ || |_ † .|
      /⌒ヽ         /`ヽ.||ァー──── 、‐ 、,,-、| || | 無 |
 /|   ヘ    \,,-‐‐''‐,,  厂 _|゙||{            ヽ ヽ ヽ.|| | 常 |
∥ |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./l'フ |_厂_/ .||{  _ _ _ _ ヽ ヽ''´|| |   |
∥/        /  |.ヘ  |___|. ||,廴_______|_|‐.|| \  |
/._____/ /l. |    __........_ ||I≒≒≒≒≒.≒≒≒≒I||.   \|
|┌─┐┌─┐| .イ_|/  ,、(",、,、,、,、_)))マ ̄- -、 ̄ ̄ ̄ ̄ \
|│  ││  │| |    ソ_i´_ill ノハ_iハ  ● ●) ヽ         \
|└─┘└─┘| |     | i、|.゚ -.゚ノiノ (人__) uノ               \
|二二二二二二|/      !_,'リ_ノii、|,リ  /      ヽ            \
          .      |〈.ノ_l|} { |.〉 (|     し'
                 ´^i.ソi.ソ^   .し    J



 距離が、やる夫とパチュリーの距離が余りにも近過ぎるのだ。

366 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:28:47 ID:BBOdqYfQ [45/56]

 その距離は手を伸ばせば――と言う所ではない。
 小さく一歩踏み出せば、簡単に体が触れ合うぐらいの距離。
 しっとりと微かに濡れた瞳と、白い肌が仄かに朱色に染まっているのが視界に入る。
 零れ落ちる吐息に艶やかな色が混じる。



     /.;.;.;.;.;.;.;.;.;';.             /~フ `ヽ.
.    ζ、 ;.;.;.;.;.;.;, i、 __/ミ:;、´ `>、、 i´ (     ';.
     l  `"'ッ-/ -、_/´  ヽ-‐'   〉`ヽ、 丶.  ノ〉
     |    / ' |ソ  /      ヽ "'"~丶ヽ ̄´ ノ |__
     |、 , ./ー,.''´/   | i   ヽ    |. i  l..`-i.ヽ.彡´~ |
.      l.Y ヽ/  | ,.  .ll |ii   l |  |i. l.i | l レヽ.    |.
      'yーi'  | | ';._,..|i!ヽ;  l .i, ッ'ilッ|lト、l. l |ヾヾ."'''-/
     ´、/ |  | | ,-〈 .| l. 'ヽ :イ ノ lノ il /|'' | l Y´>、ノ
      ソ iト  l ;  |>:'"`'.i )/.l/..l~"'''-〈l.  | | i ';`'、
      l l''|ヽ |ヽヽ〈廴:::::l / / ..廴::::/〉  l  l i .l´~
        | l .| ヽ';.ヽヽ. ///     ////  /|  レi .l      「ロビンが認めたと言う事は、それだけで凄い事だわ。
      |l | l ヾヽヽ' 、    _   .,..イノ ノ |  |.i |.l      明日から――御話し聞かせて下さいね」
      il | ノ. ヽヽヽl `' ;-   ‐; ´ ノ /  |  | l.lノ
       ノ /   l';. i,.,.,. ト、 ,......l>.//l  |. | λ
       ,;ノ /   | ';.i' __,/ i:'λ // l   | | /.ヽ
      // {   / )''´   |. レ _,. | λ  | |  ヽ
     / /   l   / ノ------//--| |   ノ ト、  ヽ
.    〉、   ヽ /  /  ,.,./ 〉ン´フ 'i|  l  /  | |   ヽ
   / `'-i..,,_〉〈,.,.ノ.| ξ.ソ // //〉、__∨_,.,.j. |   ヽ
   /,  /フ||ト~''ヽ. .! 〉〈    / /|~~ソ~>ーi.   |     ';.
  /1 ,冫、 λ/ン<レ/ ヽ   ,<´ーソi<_、入   i    ';.
  //| ヽ. ,、イ 〉.-i''゙´  \ `ヾζ`ツ.、l |、λ,/   l    |
  ii .|  `i 、.∨,丿    "'''-‐´〉 .| l ,'.Y ヽ.   |   | |
 .ll |  <´〉ト;.ソ`ソ       /';._>、レ<  \  |.   | リ
  i ヽ 〈 ヽ/ i/.ヽ    /.._i 彡ト.|= )   ;ヽ |  /リ
    ヽー、/ヽiー´   /   /,、 / |__,,.,、)   : リヽ /i´
     ヽ   ノ   /      '   '       ' `



 耳元で囁かれて居ると錯覚する程の距離で、パチュリーは言った。
 その声色は艶やかで、だが『媚びる』と言うのとは違う色を持つ。
 表現するならば――熱、だろう。彼女の言葉は熱を含む。
 だからその熱に感化されて、熱を持ち始めた体を巡る血脈を、こんなにもやる夫は意識してるのだろう。

367 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:29:02 ID:BBOdqYfQ [46/56]



                     /                            /                 \
                      , ′        , "´ ̄ ̄` 、      ,..-‐=¬卞/                  ヽー
              .      /       / ,.-‐- 、   ヽ ,.  <´    ,..-‐{                        Y
                   〈        '"´      ヽ  <     >  ´     >、                       厂
                   ヽ                 '.   卞、> ´      /  ヽ                  ,. rく
                    `ゝ、                }    !           /   /`<            ,メ、  \
                     ,. <``ー- .__,.. -‐ .′  .'       /   /     ` <,.__   __,. r ´   \
                   ∠_         _,. イ   /       > 、 ∠__         ̄ ̄          \
                      \       ` ー-=‐ ´_,.   -┬=f  ̄ '. ´ ヽ  ̄¨¬rー- ._
                       `ー┬┬―‐┬rー=f´i '.    '、 ',-―‐七  ヽ  ヽ  ヽ   ¨  ー- .___,.> ´
                             ! |     {::i   i!| ヘ   ∧ ヘィ≠テ云斗 弋  ヽ  \         }  |
                             l i!     ! ',  {:::ー.、 ヽ   ヘ 弋  刈 リ イヽ_,.厶イ          ;   }
                            '. '.     !::ヘ  ト、:::..ヽ \_,.ゝ ≧-=彡 "   i            .′ .′
                             ', ',   l ::.`寸 ト::::..} ̄              }             .′ ,′
                          ヘ .ハー- .ゝー┤ ! ';:ノ        ////////    .′        /  /
                           \!     |   く                  ,′          /  /
                                    |    `ーャ  、____,     /           /  /
「私の知が、智が、血が騒ぐの……               |    i   `> 、 ̄ ̄´    ィ′          /  /     /
貴方はどんな物語を紡いで来たのか……とても興味があるの」|    |`>r.___,.イ/           /  /     /
                                     |    |     |   !    /           /  /      /
                                      |    |     i   }    /           /  /      /
                                       |    |     |  .′  /            /      /
                                  |    |     |  /   /            /      /
                                   |    |     | , ′  /            /     , ′



 そして――笑った。
 あまりにも無邪気に笑った。
 悪意の欠片も存在せず、狂気の片鱗も存在せず、異変なんて言葉がそもそも存在しない。
 無邪気過ぎて妖艶で――やはり、どっかが綻んでいるように思えた。

369 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:33:54 ID:BBOdqYfQ [47/56]

 部屋に余熱を残したまま、ふわりと離れてパチュリーは去っていく。



          _______ ____
         /         (__ ゝ
       /           (___ヽ_
      /   ──     ──  (__ _ ヽ_
    /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈     「あぁ……アレだお。
   /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
   |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )    随分と、期待されているようだお」
   |       (    i    )       |三三)
   \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
     \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
      〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|



 何と言って良いのか、上手く表現出来ない。
 いや、そもそも表現する必要は無いのかも知れないが――
 言葉に出来ないと言う煩瑣な状況は得体の知れない居心地の悪さを覚えるものだ。






                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,
               {  "'              、、 ∪ }
.            、     ゝ-‐ ー- '      /   「もうね……解らんお
            _> 、              /
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<       何が何だかサッパリだお」
           /V,l / \ V   」/////〉
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ



 解った事と言えば印象を見誤っていたと言う事だろう。
 パチュリーに最初に覚えた印象を。あれだけでは少し言葉が足りなかった様だ。

 純文学と一口で言っても色々と種類があり、パチュリーの顔もまた然り。
 先ほどの作品は随分と『耽美』的過ぎやしないだろうか。

 零れる吐息、秘たる情事に、退廃的な色香。
 ――確かに雨や古びた書庫にはそう言った印象も確かにある。
 最初の印象から根本的には変わっていないが、
 そのような側面をこのタイミングで知るのは聊か(いささか)予想外だった。

370 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:34:16 ID:BBOdqYfQ [48/56]

 一先ず、先程のパチュリーの件は頭の隅に追いやる。
 いまいち掴みあぐねるが、あれが『悪癖』と言う奴なのだろう。
 今はそう言うものだとだけ認識するだけに留める。



            ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;;;;;
          .::::/      \;;;;;;;;;;;;;;
         ::;;;;;./          ゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;
        ::::/  ─    ─    \;;;;;;;;;;;;;;;;
        ::;;;.i   (─)  (─)   u };;;;,,,,,;;;;;;;;;;
        ::;;;;::...   (__人__)   /;;;;;::;;;;;    「……ふぅ」
        ;;;:,チ''゛''::'' `⌒ ´'::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
      ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;
      ::;;;.(,    ″        '(;;;::;;;;;
       ;;;;;:`,ll'-、 \     ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;
        ::::|   ゙;,_ ,:      ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
        :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ;;;;;;;;ハ  i:::::     ....::::''   `'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′   .,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllllllllll
     .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllllli, ゙ lllllllllllllllll!゙゙llllllllllllllll
       `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllllュ,,j'llll  !.llllllllllll



 思わずその場に腰が落ちる。
 緊張の意図が切れたのか、疲れが一気に噴き出る。
 流石に今日は、色々と青天の霹靂や驚天動地な出来事が続き過ぎた。
 タフガイと呼ばれるやる夫でも、精神的な疲労は計り知れない。





                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ    「――今日は、これで終わり、かお?」
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ



 まだ何かあるんじゃないかと疑心暗鬼になるが、流石にそれは無いだろうと首を振る。

371 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:34:30 ID:BBOdqYfQ [49/56]

 暫くの間呆けて居ると、何もする事も考える内容も無くなり、
 無意識の内にこの世界に対して思考が回り始めようとする。
 孫策、黄蓋、周瑜、陸遜――三国志の武将であり、史実では男性とされている人間。

 ならばこの世界は――


         , -─‐──‐-、      ゴロン
          /         \  彡
       /             \   彡    r―、     「いや……もう良いかお。
      l   _ノ  ヾ、_         l        /    l
       | (ー )  (ー )      |-' ⌒ '"⌒ヽ /_ノ     答えの出ない内容を考えるのは、今日は終わりだお」
.      !::⌒(__人__)⌒:::::     l        V__,r‐‐、
        ゝ  )  )       ノ              l
     ( ⌒ィ⌒ヽ⌒´  /⌒`- ´'⌒ )―------――く_ノ
     `ーゝィソノ  ̄ ̄ヾy_ノ--ー"


 と、寸前の所で巡りだそうとする思考を投げ出して、同時に身体もベッドに投げ出す。
 考えなければ行けないのはこれからの事。
 自分は現状を肯定する。受け入れる。譲歩する。妥協する――そのような努力をする。
 必要なのはそれだけだ。それ以上は、精神安定を図る時ぐらいしか役に立ちそうに無い思考だ。





          __  _____           __
          | |/─  ─ \..======| |
          |/ (●) (●)   \         | |
         /  (__人__)     ヽ      | |
         |___ ` ⌒´       / ̄ヽ____| | 「取り敢えず……今日は、寝るかお」
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ    /| |
   _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ      ./  | |
  /     ヽ           `ヽ、}    ./  /| |
 ノ                   ヽ__  `ヽ/  /  .|_|
/                   ノ|  /
                   / |/



 服を脱ぐのも億劫で、そのまま布団に潜り込む。
 すると直ぐに睡魔が襲って来た。





          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (ー)  \        | |
         /  (__人__)     ヽ      | | 「あぁ、本当に――疲れたお」
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                     /   |/



 ふさがり行く天井を視界に入れながら、やる夫は最後に一言だけ呟いた

372 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:34:46 ID:BBOdqYfQ [50/56]








.                   「それにしても、何で真名が
.                    『外国語』みたいな名前なんだお……」








 心底、実に如何でもいい戯言である。

373 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:35:03 ID:BBOdqYfQ [51/56]





                   ┻━┻┻━┻━━┻┻━┻┻━━┻

                        原作:真・恋姫†無双

                        第一章 一節 (後編)
                       『 天の饅頭(みつかい) 』

                   ┳┳━━┳━┳┳┳━━┳━┳┳━

                            終  劇


.
.
.

376 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:36:42 ID:BBOdqYfQ [52/56]

以上、本日の投下終了となります。

374 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:36:08 ID:PITcHh8Y [3/4]
おつー

375 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:36:38 ID:.7S3KZNw [3/5]
乙っすー

378 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:37:15 ID:BBOdqYfQ [53/56]

        /|  _`ヽ
      |  |  |_ヽ) |
      |  |  __ノ
      |  |_|‐一'′
     xr‐ト-允<
    / \V〈〉V_,>、
   /ヽ   ∧ハト、  \
.  / ハ   \∨ /_/│
 /    }     `{'´   l │
./   /|     o〉   '| |



どうも、1ヶ月近く掛かってやっと第1章が終わったと言う現実に愕然としている>>1です。

今回は動かない大図書館であるパチュ陸遜の登場と、スタートラインに立つまででした。
原作キャラ的なポヤポヤ感が無いので、色々と恐々と書いたのですが如何でしたでしょうか?

ちなみに本や眼鏡、巨乳と色々と属性がある原作キャラ。
他にも条件が合う人が居たんですが、選んだ理由は一番『エロ』そうだからです。
退廃的なエロスは大事です。大事です。


と、ココで次回のUPは原作で御馴染みの個別シナリオ、通称『種馬タイム』の安価です。
以下からお選びください。

① 武将タッグ【バラライカ&ホロ】   内容:やる夫、黒くて硬い棒を握って頑張る。
② 軍師タッグ【ロビン&パチュリー】  内容:やる夫、内政を頑張る。城内編①

となっています。
今回に関しては、順番が上下するだけでどちらもやりますが、人数が増えてくるにつれて
選ばれないタッグが出てくるかと思います。
そこら辺は追々と言う形で、随時お知らせしたく思います。


安価ですが、取り敢えず↓3で宜しくです。

379 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:38:11 ID:.7S3KZNw [4/5]
②でー

380 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:38:56 ID:PITcHh8Y [4/4]
エロスは大事だ。大事だ。
とってもエロスな2を選ぶぜ!

381 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:39:23 ID:v4rHjvqg
2がいいな

386 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 22:45:19 ID:BBOdqYfQ [54/56]
        /|  _`ヽ
      |  |  |_ヽ) |
      |  |  __ノ
      |  |_|‐一'′
     xr‐ト-允<
    / \V〈〉V_,>、
   /ヽ   ∧ハト、  \
.  / ハ   \∨ /_/│
 /    }     `{'´   l │
./   /|     o〉   '| |

何と無く、そうなるだろうと思っていましたが「我が軍(選択肢②)は圧倒的じゃないか!」状態ですねw

と言う事で、次回の幕内は軍師タッグがメインになりました。
予定としては投下を二回に分けて 1回目『個別共通ルート』 2回目『軍師個別』と言う流れになるかと思います。

相変わらず内容はこんな感じでグダグダと長くなりそうですが……まぁ、大目に見てやって下さいw

390 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:51:06 ID:BBOdqYfQ [55/56]
        /|  _`ヽ
      |  |  |_ヽ) |
      |  |  __ノ
      |  |_|‐一'′
     xr‐ト-允<
    / \V〈〉V_,>、
   /ヽ   ∧ハト、  \
.  / ハ   \∨ /_/│
 /    }     `{'´   l │
./   /|     o〉   '| |

レスに関しては後日、まとまった時間が出来た際にでも行わせて頂きますので
今日はこれにてドロンさせて頂きます。

ではでは、皆様お身体にはお気を付けおば!

388 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:49:55 ID:i.3SHHmA
先生!
R-18が付いてないから全年齢なのかそれともR指定なシーンがあるのかがとても気になります!

393 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:52:59 ID:BBOdqYfQ [56/56]
>>388 お答えしましょう!と言っても、まだ決めかねているのが現状です。
     18は解りませんが、R指定ぐらいにはなる……んですかね?w

396 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:56:30 ID:cHWRezIo [2/2]
おつー

397 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:00:26 ID:RHh5iifo
乙にございまする。

404 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 06:31:11 ID:7Ur2zxFU
乙でした。
出るキャラが好きなキャラばかりでたまりません。
次回も楽しみにおっぱい





312 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 20:52:31 ID:cHWRezIo [1/2]
|・)<…ハキスルノモッタイナクテイロヌッタラソレッポクナッタ
孫策・バラシーに見えるといいな
|дT)<服メドイヨ

up5025.jpg


313 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 20:55:37 ID:iIn.4Igo [1/4]
なんというエロい服だ
実に興奮するな

314 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 21:18:09 ID:ffMilZeU [1/2]
原作準拠のえろい格好だからな・・・ふぅGJ

315 名前: ◆/Ys6KXDB5k[] 投稿日:2010/09/26(日) 21:25:40 ID:BBOdqYfQ [3/56]
まさかの支援絵で「はわ、はわわ」状態の>>1です。
投下30分前となりましたが、準備が整い次第、少し早めに投下したいと思います。


あ、>>312さん。代わりと言っては何ですが
孔明を置いていくんで、宜しければ好きなだけ【はわわ(原作的な意味で)】して下さい。


             _,,..........,,,,_
            ,.z.!゙ ||  ||  ||  ||`,
            ((~||  ||  ||  ||  || |
.            l ||  ||  ||  ||  || |
          | ||  ||  ||  ||  || |
          | ||  ||  ||  ||  || | 
          |'''。'"´ ̄ ̄ ̄o ̄ ゙̄|
          ,''l.T:/´  ̄ ̄ `'" ̄ `|
           l::| |/          |
             !::| | /`ヽ、,,_   _,.=ヘ|
           !ヽ!j   ',´('7`   .{ エi` |
         | 9.lj    ̄    l ̄ .! 
         !`ーll       _.j   |
          ,'::::::::l',.   〃____ ', ,'   へいらっしゃい
         ,'::::::::/ ヽ   ''      './l 
.          ゞ:/ヽ   \      /::ノ 
        __/ヽ   ヽ    ` ''iリi" |ヾ

399 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 00:17:19 ID:lCyl3/LM [1/3]
乙乙
そしてひっそりと支援AA

.        / /´\`ヽ≧__
      / / ,ハ´''´        `¨へ,,_
      / /./ / /            `ヽ、
     / // .| /.  // / / イwヽヽヽ  ゝ
      〈 { {. | / / / / / /.   | ! ゝ }
      { { {. | | 厶. ( ∧. イ ./    /.//  |
      { { { ヘ /  ハ从=≠ミ、   /]リ|| |. 》
      ,' // / /∧ |.ヘ弋込外   rテミリ ハ ゝ           ∫
.    / // /  レヘ.| ヘ',:.:.:.::ミ  , ゞ' ル'´/丿        ( ⌒ )
   / // /.  / | ヘ| \.ミ彡    , '  ノ         (~  ノ
   /...// / _,,-‐‐,|,_∧  ヾ _ _,,ヾ\             丿
..././ { / /    ヘ \''‐,,_/ ⌒ヽ\ゝ,===──¬'^´ ̄
//./ /  /ミ,,   ,彡',  |`'/ノ   | `
/./ / ,,/彡ゞ   ヾミ|  |.     ヾミ/
./ / /'ヾ  ,,   _,,-‐. |  |  ゞ彡\
. /ハ::::弋彳`¨''イ;;;;:;:.. | |,,,,,___' ,   .' ,
./   V:::::::::::::::::::::::/  リ.:::::::√ ',`リ¨'' ',
   /::::::::::::::::::::::/   , {{:::::::::弋 ,'ノ.:::::::,'
  /::::::::::::::::::/''´\_,=' ,'::::::::::::::;.::::::::::::,.'

某スレ支援
バラライカさん


孫策コスのバラライカに見えろっ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

本スレ359…全面的に同意する!
まぁ、百合は良いものだがな!w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)