やる夫は呉で天の饅頭になるようです 第一章 一節 (前編)

【真・恋姫】やる夫は呉で天の饅頭になるようです【無双】(現行スレ)
---------------------------------------------------------------------







1 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:18:55 ID:YFBomtyU [1/67]

 やる夫物、初心者です。
 長編でかつ内容形式が変ですが宜しくお願い致します。
 月1程度で更新出来ればと思っています。

2 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:21:59 ID:YFBomtyU [2/67]





 ――後漢王朝。
 それは政治腐敗による権威失墜が長い乱世の時代。

 中国全土を統一した秦もわずか30年足らずで滅び、漢の時代の幕は上がったが
 幾つかの時が流れた頃から、少しずつ歯車が狂い始める。

 要因はその前からあったが、切っ掛けとなったのは歳若い皇帝が生まれた事だろう。
 皇帝の務めとして早い段階で奥方を貰う。
 すると当然の帰結として外戚がまた現れ、歳若い皇帝を差し置いて権力を行使し我が物顔でのさばり歩く。
 その状況に怒りを覚えた皇帝は唯一の味方と言える宦官達を使い、成人する頃には
 クーデターを起こす。

 宮廷は外戚と宦官が跋扈し、政権争いが続いては繰り返される皇帝崩御。
 その負の螺旋と言えるループ現象が200年も連綿と続けられる中では、
 真っ当な政治を出来る者が居る筈が無く、時は既に『誰が悪い』と言う単純なものではなくなっていた。

 この物語はその後漢末期――売官が盛んに行われ、極度な政治腐敗によって苦しむ民衆が
 とある占師によって予言された内容に希望を求めた頃から始まる。



3 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:22:56 ID:YFBomtyU [3/67]

┌────────────────────────────
│占師、曰く――
│黒天を切り裂いて、天より飛来する一筋の流星。
└────────────────────────────

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:. . . . . . .
::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . . .
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .       ,.   -―-  .,
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. . . .   ,.  '"         `  、
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . .     ,. '゙   .:..              ` .、
:::::.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .     , '  ..:.:.:.:.:..                 ヽ
::.:.:.:.:.:.:. . . . .    ,.'  .:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:...               ヽ
:.:.:.:.:.: . . .       ,.' ..;,;,;,; :.:.:.:.:.: ;,;,;,;,:....      .:.;,;,;,;,;,  ....;,;,;,;,'.,
:.:.. . . .        / ..;,;,;:.,;,;  :.;,;,;.:;,;,;..:.:.:.:.:.:.  ...:.:.:;,;,;..;,;,  .:.:;,;,:.,;,;..',
:.:. . .        ,' :.:.;,;,;.: ..;,;:.:.;,;.:.:.:.;,;,;.....       ..;,;,;..:.;,;,.: :,;,.. .;,;,.:.:',
:. . .       ;   .;,;,;. ..,;,;,;,;.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:..       ..,;,;,.:.:.:,;,;,;,;:.: .;,;,;.:.. ;
. .         {   .;,;,;    .:.:.: ,;,;,;:.:.       .:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;.:.:..}
         ',      .:.:.:.;,;,,;,:..          .:.;,;,;,;,.:.. .:.    ;
         ,    :.:.:....:.:.:.;,;,;,;,:.:          .:,;,;,;,;.:.:      ,'
           ,      :.:.:.:.:.:.:  ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.    .:.:.:.:.:.:.  ,'
.           '.,           ....:.:.:.:.:    .:.:.. .:.:.:.:.:.:.:.:..  /
             、        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ,.'
              丶      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ..::.:.:.:.:.:.:.../
              \      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,. '
                ' ,          ....:.:.:.:.:.:.:.:.. , '゙
                   ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''"

┌────────────────────────────
│その流星は天の御遣いを乗せ、乱世を鎮静す。
└────────────────────────────

4 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:24:15 ID:YFBomtyU [4/67]

━━【閲覧に関してのご注意】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■01/このお話の内容は『真・恋姫無双』を下地としたストーリーです。
    原作に概ね準拠するものとなっていますが、本筋に関わらない所や
    シナリオの結果とキャラクター設定の一部が大幅な改変もある事を御了承下さい。

    ※補足:作者の三国志の知識は『なんちゃって』レベルです。
         また原作が三国志と掛け離れている面が多い為、その点も含めて御了承下さい。

 ■02/このお話の内容は『真・恋姫無双』が生地なのでストロベリーです。
    比較的、甘さは控えめで、女性キャラの配役の都合上、その様な雰囲気になるのは当分先と思われます。
    また、原作に概ね準拠するものとなっていますのでハーレム物となります。全員やる夫の嫁です。

 ■03/このお話の進行速度は『作者の実力』を下地としてスローリーです。
    作者には「優雅さ――」の出だしの部分から足りていませんので
    ラディカルグットスピードには期待せぬよう御注意下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:26:41 ID:YFBomtyU [5/67]

 場所:荊州南陽 - 某所
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /    「……やれやれ、今日は随分と冷え込むな。
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・!          慣れたものとは言え、ここまで寒いとタバコの煙か
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!   /      息が白くなっているのか解らないわね」
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl   |   r―
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7   _ / :l   r'  _ノ
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  (マ;ム::::`、l  |   l
       :::|      l    l     丶.__./::マ;ム:::::\ ) ノ
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,:::::::::マム::::::::丿 (
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ:::::::::マム::/ _ノ
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::マッ´:/

              \カカカカッ/
          【姓:■ 名:■ 字:■■】



          /..:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:メ、;ミ
.           /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.'/
         /.:.:.:.:.::{:.:.:.:.:.:.:.::/.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:: ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.
         .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.: .:.:/'|:.:.:.:{:.:.:.:::! :.:.:.::}:.:.:.:.:.:.:.:.:':.:.}
          |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:{:::{ |:.:.::ハ:.:.::::! !:.::: ハ:.::.:.:.:.:.:.:.:}.:}     「何をくだらない事を言っているでありんすか。
          |:.:.:.:.:.:.:::|:.:.:.:.:.::从厂!:.:ヌ::ト、:::| i:::/jノ:.:}:.:.:.:.: ;ハ:ト、
.         j:.:.:.:.:.:.::::|:.:.:.:.:.:|K利「うト、jハ}リ j厶}-从:.:.:.:/ リ ヽ    この老骨が何も言わないと言うのに
       i:.:.:.:.:.:.:::::|:.:.:.:.:.:|`弋::タソ       ,. __,, /ノソイ 〃      随分な言い草でありんすな」
         ,! - ミ:::::|.:i.:.:.:.:|             ⌒ヾ::.:.:.://    -/,`丶、
        /     ヽ|.:i.:.:.:.:|        〉   /.:.:.:/    j/ .とニ二.__\
     /        |.:i.:.:.:.:ト、  「 ー‐ァ  . イ.::/.::.    ノ;し′ ` ー- `ヽ
     ,′      |.:i.:.:.:.:| \ ` ='  イ:厶|:/ .:.:ト .   ;: ;.:.:i}`ヽ丿   }  ,
.     ′      │i.:.:.:.:|.   ` r "  |:::.:.:/.:.:.:.:l  l  ;: :;.:.j.:i:ト、     }  ′ 
     {         |.:i.:.:.:.:|   /     !:::.:.:.:.:.:.:.:| │ ;.:. ;:.::!:i:} \     }
    |        j|.:i.:.:.:.:ト、   {  /  i::: i.:.:.:.:.:.:| │ ;.:. ;:.::!:i::}    `}     |
    |        ||.:i.:.:.:.:| \     i:::.:i.:.:.:.:.:.:| ! ,:;.:. ;.:::!::!:}    |     |
    |        ||.:i.:.:.:.:|        i:::.:i.:.:.:.:.:.:| ! ;:;.:. ;.:::!::i::}.    |     |

              \カカカカッ/
          【姓:■ 名:■ 字:■■】

6 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:27:32 ID:YFBomtyU [6/67]

 季節は春。寒さで白い吐息が零れぬとは言え
 記憶が確かであれば通年であればもう少し暖かった筈だ。


                              _ . -─‐_‐_‐_ァ
                            . ´   . '´  /
                       _ .. イ    ,.ィ:::;;   /
                       . ´     .ィ'´  ̄ ̄ ̄ ヽ
                       ∠.............___ /    / ,      \
                   /      /     / 〃      `ー─一 ァ
                    .′      /     /イ!i! /i!   !  ヽ. /
                 /      /     /レ |i!| / |   i    V
                  .′   /   .′  / /, _ニ!ハメ、 イ / 〃,′   !   「しかし、こうも寒いと考えてしまうの
                 ′   /   !   i!  !ィrぅf癶X!j/j///i!    !
                   ′   /    j!   !  i! ゝV     '´メi|   !    世の乱れに呼応するかの如く
              /    ′  / i!   i  i!        .'ァテX/j/ ! ′   気候も乱れておるようじゃ……と」
              .      ′  / i!   i  i!     :::: !ぅ’ //j/レ′
                //   j/  .′ i!  |i      ´  イ′
               /     /  /  /i!   :! | |  ヽ__ ァ  .イ .′
            ′    .′ .′〃イ   :||!      .イ: | |
              ′    /  / /∠_ヽ_::||!` ー ´|::::::|:: | |
             /     /     /       `ヽ!     |::::::|:: | |
           ′    .′    /   /     '    |::::::|:: | |
         .′  ! /     /   .′      !   !::::::  |
        ′   ,/     イ             |   |:::: :   |
        ′   /    /! |           |   |::::|:   |
       /     ′    /::||   !      |   |::::|:   |
       .′    ′     !:: ||   ヽ        ト、  i!:: !:   !
       | ! |   |    |::|| 、   \    |: !   i!:::|:  !



           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\       「あながち間違って居ないのが笑えないな。
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}      圧政、腐敗、飢饉――あらゆる災厄の整然とした足音が
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ      微かに聞こえて来そうな勢いね」
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /



 悪化する治安。増えていく賊徒。官界に蔓延する賄賂と惰性。
 力弱き民は搾取され続け、立ち向かう民は暗く濁った圧力に押し潰される。
 それがこの世の現状だった。

7 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:27:56 ID:YFBomtyU [7/67]

                       〃〃    ヾ ヽ
                    ,レ''¨¨爪|¨¨`ヽート|
                  トァー⌒ヽ__ル | ハ ハ
                   rーZ  ⌒ ´∧/ヽへへ}、__  「だからこそ私の野望も燃え尽きる事無く燃え続けていられる。
                   ソ'〃/  从/ィ     ヽ   全く……因果な世界だよ」
                /从( /从(ソ  | |. | | 、./
               / | ,イ.xtッ≧  メム_ノ ノ .ノ|
             __z-ー=彡.| |ミミミ  イ =tォイ___/lハ
          rzイ// ノ   イ| レ' 〉ミ  」   彡'ii, l | ヽ、
          (〃{/ ,,彡イ // .ム<二二ニア |\ ,|  ハー-、
          ル <   |//     -ーヾz:::::. |  >- 、 ヽ  ヽ
      r<       ,ノ./      イ´  / .|     `> 、.|
      |  \     ,リ|      /   / l |ヽ        >、
      |   \ 、.  ノ/    rーイヽ ´ ̄j | | 〉         /
        ム    ミソ ( ∧    /ミゝ    ({ |  ヽ          /
      {∧      人 ` ̄ ̄ヽ  ,  人 l l   〉       /ヽ



       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |
  /   /                  | |    「じゃが、わっち等はそんな世界で生きて行かねばならん。
  /   /  |  /  /| |  |  | | |
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |    もっとも、現状のままでは餌を与えられずに飼い殺されるだけでありんすな。
 |    ∥ | | / | /  | | レソ| / レ | /    かと言って狩りを行おうにも首輪が窮屈で堪らん」
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |
     |         / |
     |       ,.. /   /
     | ` ‐  __'´/|    /

8 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:28:41 ID:YFBomtyU [8/67]

             /´/_,>//''i‐`-、  `゙i |
             /才'"// i | ヽヘ ベ'、  | |
             〉"/ /   / |  i ヘ ヘ ゙i | |
            / / / / i   i  i  ヘ i i |.|
         _,,ノ`''''ゝ / i i  i i  i  i  i i | |    「解っているさ。このまま同志を失うのは私とて本意ではない。
        ''‐ッ, . _‐''"‐、i,,、 | ノi  i,、,,,,l,,-‐'〈 i |;    まずはあのガキ共と我々の立場を、明確にしなければならない
        _iソリ/´=゙-、,, //ヘ /゙ヘ''''  ヘ  ヘノi | ヘ   ――が」
      ,,;;≡ニニニ/`,'‐-=、 l",、 ハ ヽ i i リヽ、,リ\ 
    ,, -'"    | / / / i" ト'""'| リ l l  i iリノ゙`   \
   l        |'、  '  ゙ .|,  .リiノ lリ i リノ        `゙''‐、
   |    ヽ  :.: | ヽ     ';i '"ソノノ リノ"i           ゙i
   ゙;    ヽ、 ゙:| : i:、    ヘ,  彡リ'i | |           |
   i   '、;  : .|  .| ゙'、   ノ_, -'" | i | |           |
   〉、_,,  `'、  | :. : :| ,/    ;'"   |.i | |           |
  / ヘ  ‐-  \ ,/´、,_  /、  : : | i/ |            |
 i  : :.|,      ゙7 |  `゙''‐、」 ,,ソ|ノ i `i.          |
 ヽ  : i     : / ゙''‐-、,,()/7フ‐"/ i i  |          |
  `i  : ヽ  : : : ./ .: : : : : :`/ ゙彡/ 〈 l ,〉       |  |
   |   |  _;./  . : : .():/   〈  ヽ ヽ        .|  |


 そう言って咥えていたタバコを右手に持ち替えながら顔を覆った後
 ゆっくりと紫煙を燻らせ(くゆらせ)る、その先に視線を向けて呟く。


          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ://,、-‐┴┴: : : : : : : : ヽ: ,、 '": : :/
.         /: : : : : : : : : : : : : : : : : :,、 '": : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : /
        /: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : 'く
        ,': : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : ',
          i: : : : : : : : : : : : : : ,.': : : : : : : :/:.: : :,':.: : :.i: : : : : : : : : :i : : : : : ',
       l: : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : :.:./:.:.:.:. :i:.:. :.:.:l:.:.:.: : : ,':.: : :.l: : :.!: : :.i
.       l: : : : : : : : : : : : : ,': : : : : : :.:./:.:.l:.:i:.:.l:.:.i :./l:.:.:.: : /: : : : l:. : :l :.i: :l
       l: : : : : : : : : : : : : i: : : : : : :.:/ハ:lヽl、:l:.:.:l/ l:.i:./:.ハ:.: :./:.:.i:.:l:. :l: l
.      !: : : : : : : : : : : : :.l:: : : : : :.:.,':l  '" ̄リ ̄ハヽlル'l/  l: :/ l:.:,':.:l:.:/l:.l
      l: : : : : : : : : : : : : l: : : : : : ::l: l. r r─==、ヽ    '⌒>:.l/l:.:.l:/ l:,'
.      ,': : : : : : : : : : : : ::i::: : : : : :::i: l ヽヽ::::::ノ_     /=、/:/l lル' ,','
     /: : : : : : : : : : : : :/l:::: : : : :.:::l: l           l::://イ:.l   〃
.    /: : : : : : : : : : : : :/::l::::: : : : :i:::l: l          . :ヽ,': :l: l  /      「切っ掛け、でありんすか」
    /: : : : : : : : : : : : :/:::::l::::::: : : :.l:::l: l         . : : :〉: l l
.   /: : : : : : : : : : : :::/::::::/::ハ::::: : : ',::',:l       _.._ /: : :l i
  /: : : : : : : : : : : :::/::::::/::/ '::::: : : ヽ-──- .._  ゛/i: : : : l:l
. /: : : : : : : : : : : :::/:::::::/::/_ >'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く:::::::l: : : : li
./: : : : : : : : : : ::::::/::://::/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:l: : : : l'

9 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:29:16 ID:YFBomtyU [9/67]

         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i      「あぁ、そうだ。ただ弓を引き絞るだけなら簡単だ
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i                               ・ ・ ・ ・ ・
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./       だが獲物を狩る為ならば、そいつはきっと宜しくない」
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ



   、i、_        、!、
   `i.ヽ,`ヽ、    |.,ヘ\
    .| ; ヘ: : `ヽ__j .; ヘ: :ヽ
    .|; ,,>':'´: : : : : | ;  ヘ: : :ヽヽ、
    ,!"´: : : : : : : : : ヽ、. ヘ: : : : ヽヽ、
  ./: : : : :/: : : : : : : : : :\ ヘ: : : : : i: :ヽ
 /::/: : : ,〃: : : : : : : :ヽ: : : :ヽi : : : : : : : :ヽ
./i :{ : : :/ll.|: :i : : : :| : : :l : : : : : i : : : : : : : : i
〃: i 、: ハ:ハ: i、: : : l: : : :|: : : : : : i : : : : : : : : i
i! ! : !ヽ!! ! `-ヽ从A , : ||: : : : : : :i : : : : : : : :|  「狩猟の基本じゃの――とは言え、そうそう何か起こる訳ではなからの
  .ヽλヽ   、   `!ル'| : : : : : : :|: : : : : : : :|   難儀なものでありんすな。
   }'}‐=i   .j,,,___,,` j : : : : i : : :| : : : : : : l  
    j::| <     ̄´  | : : : : l : : | : : : : : :/   あぁ……そう言えば、こんな噂が流れているのを知っているかえ?」
    i:::! `,._        |: : : : :l : : |: : : : : :/
   i::::::`i、\7¬フ   |: : : : l : :/: : :/ : /
   i::::::::|;;;ヽ、 __,,,.-‐¬ : : : /: :/:/ : i : /
    !:::::::|;;;;;l;;;;;;;;;}  / : : : /: イ: :| : i :/|
   /`ヽ、i;;;;l;;;;;;;;;;}.ノ : : /_'_l : :l__L/_|
   '-、  ヽ;l;;;;;;/ : /  ̄___ ̄``丶、``‐、
    / `ヽ、 } {/ _,-‐'" __ ̄`ヽ、  `\ !、
  ./ .丶__i j/ /   /´   ̄ ̄``ヽ、  `、
  |   { || ̄`ll-i '"           `ヽ、 ,}
  |   `7}ーi--|!_!                l `
  |   /i i  ハ l              |
  | / i  l  l .| .|                  |

10 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:29:44 ID:YFBomtyU

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト   「それはどんな噂だい?
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/    もったいぶった言い方をすると言う事は
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /     それは面白いものを聞かせて貰えるのかしら?」
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・!
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!   /
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl   |   r―
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7   _ / :l   r'  _ノ
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  (マ;ム::::`、l  |   l
       :::|      l    l     丶.__./::マ;ム:::::\ ) ノ
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,:::::::::マム::::::::丿 (
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ:::::::::マム::/ _ノ
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::マッ´:/



      |:|.:.:.:.:.:.:|.:.い:⊥ |.:ハ: | l:|   |:.|l.:.:|.:|.:.:l:.:|:|.:.|.:.:.:.:.:.:|.:|
      |:|.:.:.:.:.:.:l从.:Ⅵ l八ヾ、リ  レⅣ レ厂|从l:イ .:.:.:.:. |.:|
      |:!:.:.:.:.:.:. l ≦アテ心      ィチテ心≧ |.:.:.:.:.:.:.|.:|
       |:|:._:.:.:.:.: |ヘ {ト-じノi}       {トじ-ノi} イ、j .:.:.:.:.: |.:| _
        |:f' l=.:キ =¨三       `三¨= ≠.:.:=.:.:l:./ }    「愉快と言えば愉快じゃの。
.       l :| :|:==.:.'. = ==        == =/.:.:.== .:.:j/ /_    なんと言ってもあの管輅の占いでありんすからな」
    /|.:.| :|:.=:.キ = ==   j:.    == ≠.:.:==.:.:.=/ / `ヽ
.   /  l:._| :'.:.:/^7:ヘ.    t――――ァ   イ.:.:./.:「`l:./ /     }
  r-トrー「 } ∨ ,' :. :. ヽ、 `ー―‐一'  イ〃.:./.:.:| レ′/'^ト、 _j
  { `! { { / │:.:.:.: ', | >  __. < |∨.:.:./.:.:.:.| .} / / }'´ )
  `ト、{ ヘ }./   .|.:.:.:.:.:.:∨        /.:.:./.:.:.:.:.l  { {. / /tイ
   l \ノじ′  :|.:.:.:.:.:.:.:.'. \   / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   ヾ:Jじ'´ j/
.    |   {     j.:.:.:.:.:.:.:.:l         l.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.{      /

11 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:30:45 ID:YFBomtyU [11/67]

                           /__i /   /   \
                      _ , ‐ ' "´   /  ̄´ト.、__  i
                 , - ー< , - 、 ,.ヘ       .! .丶\  |
              ,r- ´     /   X  |   ., ヘ, .i    ヽ ̄ ̄`)
          ___/           /    .| /  f-┴ .、   ヾ.、 h
         /             //  ∧ |/., i   !   .├ー 、丶\i
        /      /       ./  /ゞi  /彡|  i    !   !  .`、\
        .i  /  ./        / ./ ``ゞ ´ ´゙ |  !     `、ト、 .i  )
         V   /  /   // .ハ ./       ノ  .,        \ レ´
        / ,   i .i ヽ、  ,从 .i ゝリ、     L/ /|  ./      、>  「あぁ~……あの管輅(かんろ)ね
        | ./    リ.|  入 ./  り   `゙ i   ∠ -,´ /__∧       ̄,ゝ
        リ|     ト、| ソ ‐ ----‐´. !    .ミ メ- 、  |  i  i    !   そいつは確かに耳心地の良さそうな話ね」
          `ヽ、人|i .|リ ミ≡≡=="    ´`ー- ,,_ `メ_ノ   !    )   
           /{ .Y.| i i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:  /   `-==≧≧ー |ノ,イ    /|
           .i .| / .| ヾ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:  /         ̄テ≡ ノ   / ト、!
           | Y  |ヽ |.;.;.;.;.;.;.;:   ,           ・ フ   /|/.| .|
          .| .|  | ソ.;.;.;.;.;:    ゙ ´'          ケ‐┬、`) .| |
          ./ .|  ||.;.;.;.;.;.;.;:                彡//| .i ./  |.!
         ノ  .|  | |.;.;.;.;.;.;::  _ 、_           ノ/"  .|/|  .|
        /   |  .! `、.;.;.;.;.;.;,,/:::::)`ヽ、        /|   |  |   |
      .// i .|     ヽ.;.;.;/\/ ̄ ̄ヽ      /  |   |  |   .|
     / /  |  |      .X:::::::/ ``        /|i  .|    | .|   |
   /  /  |  |     ./:::::X          /  |  .| i  |  i   i
  /   ./   |  K  ./:::::/ | \    ,   ´    |  | |  .|  .i   |


 小さく吐息をこぼしながら、呆れ半分に言葉を返す。
 管輅(かんろ)――と言う占い師の話は何度か耳にした事があった。
 占う内容は必ず的中すると言われているが、実際に管輅を見た人間の話を聞いた事が無いと言う意味で
 良くも悪くも有名な占師である。

12 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:31:42 ID:YFBomtyU [12/67]

     |.  ヽ、: : : : : _,、-‐'"´ ̄: : : : :  ̄`ー-,,ィ"   |  l!
.     |!    .ゝ'"´: : : : : : : : : : : : : : : :_,,ィ'"     |  |!
      `! ,ィ'´/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、      |!ノ!ノ|!
       ゝ´: /: : : / : : : : : : : : : : : : : : : .i: : : :`、     |: : : :|!
    /:/: :./: : :./ : : : : : : : : : : : : : : : : :.|!: : : : :`ヽ   | : : :.|!、
   /:./{: : ./: : ./: : : :.ハ : i: : : : : :: |: : :: : :.|: : : : :: : :`、  | : : : |!:.'、   「相変わらず遠大な物語じゃったよ。曰く――
   // /: :.l!: : :.l!: : l!:..|!.|: :.|: : : : : :/: : :: :|: :| : :.|: : : : : :`、 |!: : : : |!: :'、
.  // |: : :.|: : :.|!: :.|: / |: :|: : : : :./: : : : .| : :|: : .|! : : : : : :`i: : : : : |: : '、  『黒天を切り裂いて、天より飛来する一筋の流星。
  l/  |: : :.|: : /!: : |:リ  |: :|: : : : /!: : :: : |!: : |: : :.|: : : : : : : :|: : : : :: : : :',  その流星は天の御遣いを乗せ、乱世を鎮静す』
  |  |: :.|:.|ハ|! |从!:リ  |: |: : : .//: : /: : : :.| : : :|: : : :: : : :|:|: : : : : : : :.|
  `  |从!| |!`_| リij  |:/: : :/ /: :/: /: : : /!: : : .|: : : : : : :.|:.| : : : : : : :.l   と言うものでありんすな」
.     | : : : :|トミョュ、  /レレ´‐//レ´!/: :/!/!: : : | : : : : : : |: | : : :../ : |!|
    | : : : :.|弋Pリ     ィュ、__   .レ´ / |: : : |! : : : : : : |: |: : :./: : /!:|!
    |: : : : :l `ー"/     lト:::又テュャ、 ./ : :.:|! : : : : : : :|:.|!: :./ : :/ |!:|!
     |: : : : :l  .ノ      弋ひ::シ 〃`/: : :.|! : : : : : :./:/: :/ : :./:l  .|:.:|!
.    _|! : : : l ヽ         ̄´´  /: : : :|! : : :/: : /:./:./: : :./!: ゝ、 |: |!
  .,ィ'´ `、: :.:∧             /:/ : :./ : : ./: : /:./:./ : : /!:l: : : :ゝ|:.l!
. l!.............'、 : : ∧ ヽー---ィ     /:/: : :/ : : :./ : :/:./:./ : :_,,-‐'´ ̄ ̄``
 |!................'、: : : ∧. `ー‐'´     /:/: : :/: : : :/ : :/:/_,,-‐'´..............................
 |....................ヘ : : : :.、       _,/:/ /: / : : :/_,、-‐'´............................................
. |!.....................∧ : : : :.ー ‐ ..T .´./:/ 7 :/:,,ィ'´´............................................................



    //       |彡へ
    /  , y  /ヽ|/∧ヽ\ー-、
    イ  イ ハ イ`''''''y/爪. | ヽ ヘ
   .|ハ  | |=| |       } |  | | 〉
  ルハミヽトミ{ミチ==イ    ムイ / j {
  彡<ニ二tテミミ、   /==ームイ / /}    「なるほど、そいつは一々最高ね。
  彡辷三三ツ´   (ミ、   〉彡イ j     ついには『天』の名を持ち出すか。
  彡彡≦イ      <_tテ // /'
  彡炎ミrチ.   r  〉  ィ彡ノノ      確かに冷静な時には聞いていられない話だな
  三ミツ       イ  z彡ソ'       どうせならば睦言として聞かされたかったわね」
  彡イ 、____      j
  彡ミi  ` <ィィィヌイイヌヌヌヌヌヌヌヌヌ(:::(::)
  彡ミム  ー- 、_つ ̄ ̄Z テ ̄ ̄ ̄
  イ彡f         /| |
  炎彡{        /| | |
  ヽ、キ}.      /| | | |
    > 、 __/| | | | |
     イ...川川川 | | | |
     /:::::::::::::::::| | | | | |ー-- 、_
     /:::::::::::::::::::| | | | | |::::::::::::::::::::


 頬を吊り上げながら、お互い愉快そうに言葉を吐き捨てる。

 それは天子が居られる時代において、平時であれば不穏な噂でしか無い。

 だが、惰性と権力の虚飾のみで繋ぎ止めた備わるべき力と理念が伽藍堂と化した
 腐敗、荒廃を刻むように繰り返す後漢王朝を生きる人々によっては
 一縷(いちる)の望みのように思え、静かに、そして確実に広がった言葉なのだろう。

13 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:32:30 ID:YFBomtyU

   、i、_        、!、
   `i.ヽ,`ヽ、    |.,ヘ\
    .| ; ヘ: : `ヽ__j .; ヘ: :ヽ
    .|; ,,>':'´: : : : : | ;  ヘ: : :ヽヽ、
    ,!"´: : : : : : : : : ヽ、. ヘ: : : : ヽヽ、
  ./: : : : :/: : : : : : : : : :\ ヘ: : : : : i: :ヽ
 /::/: : : ,〃: : : : : : : :ヽ: : : :ヽi : : : : : : : :ヽ
./i :{ : : :/ll.|: :i : : : :| : : :l : : : : : i : : : : : : : : i
〃: i 、: ハ:ハ: i、: : : l: : : :|: : : : : : i : : : : : : : : i
i! ! : !ヽ!! ! `-ヽ从A , : ||: : : : : : :i : : : : : : : :|  「妖言風説の類じゃが、明日も解らぬ身の上じゃ。
  .ヽλヽ   、   `!ル'| : : : : : : :|: : : : : : : :|   酒と林檎があれば『世はこともなし』と言って居る余裕もなかろうて」
   }'}‐=i   .j,,,___,,` j : : : : i : : :| : : : : : : l  
    j::| <     ̄´  | : : : : l : : | : : : : : :/
    i:::! `,._        |: : : : :l : : |: : : : : :/
   i::::::`i、\7¬フ   |: : : : l : :/: : :/ : /
   i::::::::|;;;ヽ、 __,,,.-‐¬ : : : /: :/:/ : i : /
    !:::::::|;;;;;l;;;;;;;;;}  / : : : /: イ: :| : i :/|
   /`ヽ、i;;;;l;;;;;;;;;;}.ノ : : /_'_l : :l__L/_|
   '-、  ヽ;l;;;;;;/ : /  ̄___ ̄``丶、``‐、
    / `ヽ、 } {/ _,-‐'" __ ̄`ヽ、  `\ !、
  ./ .丶__i j/ /   /´   ̄ ̄``ヽ、  `、
  |   { || ̄`ll-i '"           `ヽ、 ,}
  |   `7}ーi--|!_!                l `
  |   /i i  ハ l              |


 そこで言葉を区切ると首を左右に動かした後、ゆっくりと背筋を伸ばし
 笑みを浮かべながらこちらに振り向いた。


            /: : : : : :./:.:.:.:.:.:._ = - = :.:.:.:.:.:ヽ: : : : \
            ′: : : : ;/:.:.:.:> ´       `ヽ:.:.:.\ : : : ヽ
          /: : : : : :ノ:.:.:.:./     ,ハ      \:.:.:\: : :.ヘ
            /: : : : ,.ィ:.:.:.:., ´   ,ィ i   | V   、、  \:.:.:.:ゝ、ヘ
          ′: : :/:.,:′/    ムL{   |  ',   l!Lム    \:.:.:.:.:.ハ
          ′: :,イ:./:.:.:/  i  / !  V!、{  !,イ ハ! l! V    !心、:.:|
        |: : : :!:.;':.:.:/   レ!/   、! ヽ!  リ_lノィ  ハ  /l! ! }三心_}
        |:.:.:.:.|:.l:.:.:/    !ミィ = ミ、     イ"⌒ヽイ/ |リル!三三}  「さて、あらかた偵察も終わったし
          !: : :ヘ:!:.,′   !"         i      ノ}'   !三三ソ´   そろそろ帰るでありんす
        l: : : ハ:.{     l           '      ハ  !三/
         !: : : :Vヘ、   ',    r────    !   !ノ      酒の話したら飲みとうなってきたでありんす」
         }: : : : :V:.:ヽ   i   V      /     八   ト、
        ノ: : : : : :〉:.:.l   ヘ   ヽ   ソ   /    |三ゝ,
        { : : : : : :/:.:.:.L    ヘ        /       リ彡ィ!
        ゝ、: : : :{三三三三ニニニ======ー 三三ソ′
          ` ̄}ヘ三三三三三三三三三三三三三三三=メ
              ノ : : :` ー == 三三三三三三≡ <: : :}
          (: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ
           ≧ー:-: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: ;イヘー 、
       ,. .´: : : : : : : : : : : : : : : : :ー: :- _: : : : :_: -: : : : : : : : : : :ヽ
      / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :(⌒)ー:L!: : : : : : : : : : : : : : : :ハ
      ,′ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ: : : /ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : :}

14 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:32:54 ID:YFBomtyU [14/67]

 その言葉に肩を竦めながら、笑みを浮かべて言葉を返す。


                 z-へ へ──-、_
              /          ヽ \\
            , '          :  rV/l \\
           /     z-へ へ─  ─ト/^\ ヾヘ
     .      .′ //__/_/ / ,、}  /|/  ヽ \',
          fi  <┴' / / ` / ∧ヽ /, !∨,、、  \ヽ
          |i / // /   /l  /´`"`リ |/ヽ  \  \
          |i / // /   /! 从   /厶ノ,rヽ/  \ ヽ    「あら、それは良いわね。
          l  ,'   ト / //__\ト  ヽ ィ=、 !/厶/} ヽ} ゝ
          | '    i  ノイ_____,`   ` {ノ::} |  ∠ }/      良い物を最近手に入れたらしいじゃないか
          |/    | { ヽ ~~~'~ ゛  丶 `~゛lヾ/リ |  〉      勿論、私にも飲ませてくれるんだろうな?」
          {   i  |ヽ、 ゞ:.:彡7´      ノリ | / !
          l   |  }ヽ`゙彡::.ゞ{  ー一 /i∧/  ノ
          l   ,  , i  ト>-―-、   ´ イ | / l /(
          ,  /  / /     \ー ´ヽ,ヽ/ `ヽ \
         /  /  { /        i(_ヽヽ| イi イト.  ヽ
          ,    ノ/         }\`_  /イト、   ル
        i   l   //          | //    _ノ } __ノ



                        |\       |\
                        l lヽ`-‐ '´ ̄ ̄ヾゝヽ
                        シ~ /" `ヽ ヽ ` `、l
                       //, '///|! !∥ ヽハ 、_V   ;
                       〃 {_{\|」」 L|/リ| l | i|   .ガクガク.
  「……どこでその情報……を?」  レ!小l●    ● 从 |、i|  ;
                       ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                     ;:  |ヘ   {  } u .j // |
                    ガク …| /⌒l、_ ̄__ (´ヽ.// i |     ___
                     ;   | /  /ヾ、 / ∧ ∨ i |!    , ',´;.;.,r´
                     ;  .|lTTTl l丶× / |TTTl i |,、,. '";.;.;.;.ソ

15 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:33:16 ID:YFBomtyU

                                          ,.ヘ、___ __
                                       ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                                     /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                                    〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                                    ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                                   // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
                                  /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
                                  |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                                  \l,! ヘ|Z彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
  「ちょっと物事を隠すには大声過ぎたみたいね。      ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                                      |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
  そうそう、勘違いしないでね?                  | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
  これはお願いじゃないの――命令よ」             | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
                              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
                       ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
                       /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
                      /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
                     | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
                     ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
                      l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
                      |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
                      /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
                     /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::



  イ`ヘ
 /: :| ヽ
/ : :/  ヽ ___   _,,,:. .-: :´彡フ
_ノ\_∠: : : : : : : : :`: :-: :,:_:/彡 /
      ( : : : : : : : : : : : : : : `ゝ  /
  マ  r::/: /: : | : : : : : : : : ::\ /
      //: /: : : |: : | |: : |: _: : : :ヽ
  ジ  {/ 7|`\/i: /|:|/|´: : : : :|ヽ
     〉 ,‐-‐、`|7 || |_::|,_|: : :|:::|: |    「それは横暴でありんッ――!?」
  で / r:oヽ`    /.:oヽヽ: :|: | :|
     { {o:::::::}     {:::::0 }/: :|N
  っ  | ヾ:::ソ     ヾ:::ソ /|: : |
 !? ヽ::::ー-.. /ヽ ..ー-::: ヽ::| r--ッ
-tヽ/´|`::::::::::;/   `、 ::::::::::: /: i }  >
::∧: : :|: |J   \   /   /::i: | /_ゝ
. \ヾ: |::|` - ,, ___`-´_ ,, - ´|: : :|:::|
   ヽ: |::|\     ̄/ /|  |: : :|: |

16 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:34:52 ID:YFBomtyU

 一瞬だった。微かに音が聞こえたと思った瞬間、それは起こった。
 ――あまりにも、あまりにも突然に『流星』が飛来したのだ。


. ,i゛ / .゙                 /  /      .. ‐'' / , ''ン゛
." / . .                / /    , / ´  ,ノ/ ./             _ .-''.'."゛ ̄´. `´`'''ー
 r゛ ..             ,.    ,i゛ /   /    ,/r′,i′     _..-‐"..、 _,                 ゙'-、
.,′ .丶         /    .,, ...!'"″./      〃 .,lン'./    , '"           ".'丶...、            \
   " 、       .-〉   ...'":!、   /       ゛  /゙ /   ./     .-...-.''' .''     ` -、、        丶
   .: ./       ./.r .く.;′  ヽ../            / i'   ″..‐       . '.-、        `'-、
   .i "、      / : ."|/   ゛,! .l゙          i' i'  ,.." /  .--..,,.   `゙ヽ、       `'、
   .! .! "      .l ! ...l     ! .!             '. !  .″./,-.''"." '. 、`'、,  : ,, `'、       .'ュ,゙'、、
   / : !      ,!  l      .バ          ″..   /       .ヽ `  ゙.l''、. l           l'、.\
   .;! 冫    │ l ′     .".!               ゛   冫     .l、.l     .゙、゙Y        ヽ.ヽ ヽ
   ″ .‐     !  .-         l l               ゙‐     、.!.リ      .l      、   l, .ヽ ゝ
'、     .‐    │            l,.l               \. ." .‐.;;,rrナ/         .!      '、   .l, .ヽ
. l,     .ゝ    l   .、   .、  ...lヽ             ゙'‐   / . ゛    i'.   !      ..li,   . l
  l     . l    .!   .l'、  .'ト,  ゙' !、     .i、.       _..-'´     /ゝ i! ;   !       リ.  .l.
  .ヽ     ヽ    .l   ヽ`'-、tゞヽ  .゙ゝ.    .ヾ'-..、 .-'''"      . / ′ i' !  │          !.l .、 l
   .ヽ     ヽ.   ..l   ヽ  ″ \     .゙'<, .l、  `゙''―-....ニ〃 . ゛ ./  ./ l   ,!        八| l  !
    ヽ     ヽ.'li, ヽ   .\ v、 \,     `'-、             /  // .l゙  /       |  "!" .! l
'、    .ヽ     ゙' lレ ヽ    `'' |i,゙'ー .., \      `''ー ..,,,,,,...... --'"゛  . / ./  /    .i'   .i!     .! !
 \   .\     .`ミ>.ヽ.      ゛   `゙.''!= ..,,,             ,/  /  ./     /   !ゝ    .l.│ !
   .\、  .\      `'  .゙ゞ、、           `゙''ー- ....,,__,,....... ー''″  ./  / . ,.   /    /.l    .、.l |
     `''. 、`rヽ. ゙く¬....,,_                     ,_ `-″    / ,'"..‐./  ./    / l    .!..!.′
        `'.゙ホ、 .`'-,,. ..`゙'''ー ..,_'ッi  ........,,,,,,,,,,,,,,,,,.... -ー'''"゛      .,/ .,r‐"   . /    ./ !    .! .|
           `'   `'‐.._    `゙''!~                   ,/        /     ./  ′   .| !
                     ゙'ヘ、.,                     /     ,..ッ″ ./    /        l  ! ,
    丶.   _     `'ヘ;;..,,,    _;;__〟         ,..-'´   ._..-'゙/  /     /        ./  .l/|
      `.'-.ミニ~ ,,,、  `'-ミ"''―`-=.        . _..-'"゛  ._..-'" /   .,/     /           /    .|
            `.″  `゙'''―-....゙ニ-.       _.. ‐'"  ._.. -'"´,..-'″  .,/      ,r′       ./     ′

17 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:36:19 ID:YFBomtyU [17/67]

 二人の反応は正しく歴戦の勇と言うべき戦士の反応だった。判断は迅速に、また行動へ直結。
 互いが互いを補うべき立ち位置に瞬時に足を運び、如何なる状況へも対応出来るように警戒の色を強めた。
 結果としてそれは――無意味だった。


          00             .: :: .;:;:                        i:.:. :.:            | |
       「二^^l              ,:: :: .;:|     ;::                 |:;.:. :.:            .: l
         | | ;‐i             .: :: .;:i                   .:. :.:.          l.i   !l
        「二__lニ ニl          :: :: .;:|;.     ::;                 |.:. :.:            | l.  l!
            〈/!_| ;‐i       :: :: .;: .;:                        i:.:. :.:          li !
              lニ ニl      : :: .;:     ;::                  |;.:. :.:         | |
               〈/!_|       : :: .;:i                   :.:. :.:.            l!l
        ! :il |            : :: .;:,:|                   .:l.:. :.:            !i    il
         :| |            : :: .;:i     :;:                 |.:. :.:            i!  ... |:.
    「さッ――!!」        :: :: .;: ,:|                   |:. :.;.::                 l l
         .:: il   |!       ..: :: .;:;:                        i:.:. :.:              | |
          :: |   i:.       .,:: :: .;:|     ;::                 |:;.:. :.:                ! l
            | :|   | !       : :: .;:i    「――言われずとも解っているッ!警戒を怠るな!」 .:: |
 i        l! l   l :.       .:: :: .;:|;.     ::;                 |.:. :.:  lニ ニl           | |
 l!           | :..   | |       .: :: .;: .;:                        i:.:. :.: .〈/!_| ;‐i           l !
 l|        ||    .:; |       : :: .;:     ;::                   |;.:. :.:    lニ ニl       i ::
. l |          :!   | .:!       : :: .;:i                   :.:. :.:      〈/!_|  ._ _  | |
. | !             | |       : :: .;:,:|                   .:l.:. :.:       l .   ////  i!. |
 i|                ! i       : :: .;:i     :;:                 |.:. :.:     |l  O' O'     | |
 .:!           .:: |       : :: .;: ,:|                   |:. :.;.::     !|          .:: |
 :l            l! l       .: :: .;:;:                        i:.:. :.:     | |         l! ::
             ll |l         ,:: :: .;:|     ;::                 |:;.:. :.:    :i |        | |
 :l            l! l       .: :: .;:;:                        i:.:. :.:     | |         l! ::
             ll |l         ,:: :: .;:|     ;::                 |:;.:. :.:    :i |        | |


 視界は光の本流で満ち、自身が地面の上に立っているのかも意識しなければ解らない。
 常人の思考の外にある現象であり、この世の外から飛来した流星によって引き起こされた。
 それだけが事実として認識出来た。

18 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:36:56 ID:YFBomtyU [18/67]

 ――さほど長い時間は経って居ないだろう。感覚でそれだけは解った。
 全神経を周囲に向け、警戒の位を最大限まで引き上げながら目を開く。


      , .. .    +      。         ’‘        :: . ..      ::::
,   ,:‘.          。             +   ,..
 ’‘     +   ,..       . ..; ',   ,:‘         :::::::’’  。...::::’’
:::::  :                                     +  :::
::
:    ,:‘
.::....                                       ..;....
,:‘.    ..::..           。            ...         .....
           + , .. .              +          ’。  .......
 ,:‘. 。   .. . . :::  ' ,:‘.   , .. .    +  。  , .. .    +  . : :...
  ,   ,:‘.   ..           .   . .... ..   ..; ', . . :::  ' ,:‘.
                            ,   ,:‘.         ....
,:‘. 。   .. . .                                 , .. .
 :::::::’’  。...::::’’                    ,   ,:‘.        ..’
......                              ’‘  .......       ::::::
      ..:::                           。   .. . . :::  ' ,:‘.
; ', . . : ,:‘.                              ,:‘. 。   ..
                                      ,:‘. 。   ..
 ,:‘.  .                               . ..   ..; ', . .
...     ::                              . ..   ..; ', . .
 :::::                                  ...::..    ......
 ,   ,:‘.                       ,:‘. 。   ..    。...::::


 あの圧倒的な光は夢だったかのように、視界の先には濃紺な変わらぬ星空が広がっているだけだった。

19 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:37:23 ID:YFBomtyU

             /´/_,>//''i‐`-、  `゙i |
             /才'"// i | ヽヘ ベ'、  | |
             〉"/ /   / |  i ヘ ヘ ゙i | |
            / / / / i   i  i  ヘ i i |.|
         _,,ノ`''''ゝ / i i  i i  i  i  i i | |         「くっ――何だと言うのだッ!?」
        ''‐ッ, . _‐''"‐、i,,、 | ノi  i,、,,,,l,,-‐'〈 i |;
        _iソリ/´=゙-、,, //ヘ /゙ヘ''''  ヘ  ヘノi | ヘ
      ,,;;≡ニニニ/`,'‐-=、 l",、 ハ ヽ i i リヽ、,リ\               「大丈夫でありんすか!?」>
    ,, -'"    | / / / i" ト'""'| リ l l  i iリノ゙`   \
   l        |'、  '  ゙ .|,  .リiノ lリ i リノ        `゙''‐、
   |    ヽ  :.: | ヽ     ';i '"ソノノ リノ"i           ゙i  「あぁ、自身の不甲斐無さが目に余る以外は、な」
   ゙;    ヽ、 ゙:| : i:、    ヘ,  彡リ'i | |           |
   i   '、;  : .|  .| ゙'、   ノ_, -'" | i | |           |
   〉、_,,  `'、  | :. : :| ,/    ;'"   |.i | |           |
  / ヘ  ‐-  \ ,/´、,_  /、  : : | i/ |            |
 i  : :.|,      ゙7 |  `゙''‐、」 ,,ソ|ノ i `i.          |
 ヽ  : i     : / ゙''‐-、,,()/7フ‐"/ i i  |          |



                                       _        , -、- 、_--‐,_‐ 、
                                       t`ー;-、_  _ノ:::::::::\ニ三ハ、:..:\
                                       マr、: : :`>:'"´ ̄ ̄\/:、い\:..:.丶
                                        ぃ >:'´: : : : : : : : : : /:,r^';:∨,ヘ:..:..:..`ヽ
                                       //: : : : : : : : : : : : : `ヽ. i:: V/∧:..:..{::.}
                                     __ ,ヘ/  , ': : !: : : : : :i : : : : : : ヽ.l:: :マv∧::.::V }_
 「……それだけ言えるのであれば大丈夫じゃの」     _/:.:.`//: :/ : , i i : : : !:!: : : :ト、: : : :i: : }:}//}/ ' L、
                                ,__‐'´:.:.:.:.:.:,' ': :〃:.イ:;': ,l: : : .i |. . . '.i. i. . . . !. . {.ニ7___  '/
                               //:.ヽ:.:.:.:.:::i i: ::!i|: ト/イハ: : リ!:!:.:;イ::川: : : :.:i: :::r'´:.:.:.:.ヽ./ 
                             ,. .:'´:.:.:.:.:.::l.::::::;.イハ.:j从fトミ{ {、厶ム/-}::リ:ji: : : :::|: /:.:.:.:.:.:.:.:::}
                          ,. .:'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:::;_j/ Ⅵ`ヽベ_マリ  リ ァ示=‐                    .     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::/     !::.|: :i ^¨ノ   、 マ沙'ノマ : : ,'::i〉:.:.:.:.:.:.:.:V:..:',
                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::∠ー-<^ヽ-‐/::.:!: : 、 ヽ     ^ ̄´ /: :: /_/:.:.:.:.:.:.:.:/イ:..:..}
                      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::/:.、`ヽ三ヘ:.ヽ{:::.::.',: : :\ヽー-,   /: ;イ´/:.:.:.:.:.:.:.:.;':::::::_ノ
                      ヽ、:.:.:.:.-:一:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:マ三∧:.i`ヽ、ヽ: ::::{::ヽご -‐/: :{/,.V:.:.:.:.:.:.:.:.:i{`¨「
                        ` ‐ ::_:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.V_/_ハ !:..:..:..`ヾ、::V::r' } __厶-‐`:/;:.:.:.:.:.:.:.:.:.ji::..:.ヽ
                            丁:ー- :__ヽV-/ハ:.、:..:..:,ヘ:_いv' /:;. -―‐7:i:::.:.:.:.:.:.:.:.ハ:..:..:.i

20 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:37:53 ID:YFBomtyU [20/67]

 僅かな間。膠着状態、と言って良いだろう。


         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /   「……状況は?」
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ


 現状に置いて、自分達への脅威は少なからず無いと判断を下し、言葉少なく問い掛ける。

21 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:38:34 ID:YFBomtyU

       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |
  /   /                  | |
  /   /  |  /  /| |  |  | | |   「先程と変わりは……ん?
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |
 |    ∥ | | / | /  | | レソ| / レ | /    あそこに倒れ居ているのは人……かの?」
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |
     |         / |
     |       ,.. /   /
     | ` ‐  __'´/|    /



                                 r‐――‐ 、
                                 | r--- 、 l
            /     < / i      V/l  |└┘ ノ ノ
           ./   / /  /  / /へ   l    \i "´/
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \└┘
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿(  ┌┐\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  └┘ ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /     「人、だと?
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ       妖の類じゃないのか?」
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・!
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!   /
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl   |   r―
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7   _ / :l   r'  _ノ
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  (マ;ム::::`、l  |   l
       :::|      l    l     丶.__./::マ;ム:::::\ ) ノ
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,:::::::::マム::::::::丿 (
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ:::::::::マム::/ _ノ
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::マッ´:/


 訝しげに視線を送るその先に、確かに『人型のもの』が倒れているのが見えた。


         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜


 ただ『人間』とは断定出来ない。先程の強烈な光と共に表れた事を考えれば、その結論は当然だろう。

22 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:39:17 ID:YFBomtyU

    __   ___
   ///〃//Vヾヽ
   } !i!iミ{{{{`´}}}}
   ノノリ弋i {゙゚゙-゚ノ!{     「……ふむ。取り敢えずは、行こうかしら」
  '(('(('゙ ノiソゞy)》'、
   `゙ くノ /f __j/'i
     ん'、 じ'フ ゝ


 倒れいている『それ』を一瞥すると、ゆったりとした動きで足を一歩踏み出す。


          /      _       ,\
           / l   ,.  ´  `  、   ', ヽ
         l l / /ll l ̄ ハ ト 、 ` 、 ', 丶
            l l  /l ll l l  .l l l l l`l 、`、.  l    「珍しいの……面白そうじゃし、勿論わっちも着いて行くが
         l l/l l l Lll l L l Ll ニll.l l `、ヘ  l    普段であれば捨てて置かぬにしても、もう少し状況を見るじゃろ?」
           l 彳l lr .f 丶    f ヽ レ l l \ l
        l 〈  ', l` 弋丿   弋 ノ  l : l   〉l
        l  lヽ .,l.l〃     l     ""'l / /: l
         l  レ '´うl            イ く  Y  l
       l   Kl ´ l||ヽ   r‐-  イ|||  / >  ',
       ノ    l  l|||||| l   _  l|||||| / ',    ',
      〈     l   l   l    .l -‐ ´      ノ



      /    丿     /   j  { /⌒ヽィ公x       \_ノ
     /    /   /  /  ,.イい八!        }       く
    /    /    /  /  / -|‐==ト      ノイイ  ノ  ,ハ
  く      }   ノ { 〃l /{. 斗=ミヾ::::)  .:⌒メ j| イ     ト
    }      厶イ八八{ 八{  >セヅ`仁7  ィゼド刈  }ハ  ハノ
   ノ       {   {   ィ个ニ≧=彡ニ/   { ー= リ ノ厶イ
  (       ∧, -ヘ   |ニニニニニニニニ,′  ∨  イイ /     「そうね……そうかも知れないわね。
.  '         { く !  ├=ニニニニニニ{   , /   仏ィ′     けれど、この判断は間違いではないと断言出来るものよ」
    i    l  人 (l   卜ニニニニニr‐┘   __   ノハ|
    |    l    ヽ.|  八ニニニニ=┤   ∠二〕  / |
    |    |     l|  | トヽニニニニゝ   `こ ゚′ /l  |
    |    |     l|  | | \ニニニニニ}    フ  /⌒' ノ
    |    |     l|  | |  `ト ニニ=}      イ / .イト、
    |    |   从 |!   {  ≧=‐-r=彡'  i / !{ !\
   ノ    j   .〃   | ト、      r‐ ミ|i {   |,' 川 ! \
       /  〃     | | \   ∧   Ⅵ {   | 〃从   ヽ、
      /     {{     ノ |    ヽ /∧  ∨ ̄ ̄ ̄`ヽ'ハ    )\
          ノ    (  ト、    ∨/.ハ  |  / ̄ ̄   Ⅵ}   '   \

23 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:41:35 ID:YFBomtyU [23/67]

:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ 7: :/: : : : : : : :/: : : : : : : : : }: :}: : : : },: : : : :}: :`ト、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ハ
:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., ィ ´{: : {: :/: : : : :〃: /: /: : :: : : : : リ:イ: : : : リ: : : }: :}: : :};;;;;ヽ、:.:.:.:.:.:.:ヽ'
r´:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, r:´: {: : ィ: : ':/: :/: : 〃:イ: /: : : /: : : : : /}: : : :〃: : リ: :}: : : };;;;;;;;;;;`ヽ::.:.:.:ハ
:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., ィ:´: : : :{: : :/{: : /: :/: : 〃/ム:/: : :/: : : :リ: / リ: : : イ: ,': 7: : !: : : ト、;;;;;;;:.:.:.:.ヽ、: :}
:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ: ´: {: : __」: : :{ { i:/{: {: : 〃/ {: 〃: /: : : :〃/ }: : : :イ:/: /: : i: : : :リ: ヽ;;;;:.:.:.:.:.:.:.:ヽ}
:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: ::: : :{:  ̄ ̄{: i: {`{ !:{7 {: :イト/ {:〃: :/: : :/リノ  /: : //:イ: リ: : /: : : /: : ハ;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
r':.:.:.:.:.:.:.:.:/!i!i :!i!i: : !: : : : : ト !: | ハi:{ {: !:/{ へ,`〃: リ: : ///  /: :/ //}: /: : /: : :/,: : : :ハ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ
:.:.:.:.:.:.:.,r'!i!i!ii: : :!i!: : :|: : : : : |从リ ハ' |: i:{ }/  /: :/: :/ 〃  /:/,/:ニ:イト、:/: : /,ィヘ: : : :ハ:.:.:.:.:.:.:/
:.:.:.:.:.:r'!i!i!i!i: : : !i: : :,イ: : :ーヤー-ニニ七{/ートー' ' ノ/仆/    /' ,r〃´{' /: 〃,イ/: : :ハ: : : :ハ:.:.:.,r'
ハ:.:.:.:ハ!i!i!i!: : : !i: : :/:|: : ::´ヘハ:::' : : : : : 三=<         //ー≦ヽヤ: /从: : : : : ヘ: : : : r´
:ヘ:.:.:.:.:ヽ!i!: : : : !: :/: |: : : : 7ヽ、::.: : : :c'::ノ ,'           ' , r: :::リ //: :イ"r: : : : : : : : ハ: : : :}   「ほぉ、その心を
:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ: : : : : /: イ: : : : :|  ` ー、-_´ 、 '         /: : c、' /: : : ,r:ヘ: : : : : : : : : ハ: : :ハ   わっちに教えてくれんかのぉ?」
:.:.:.}:.:.:.:.:.:.ハ: : : :レ: /:{: : : : :|     ' `              {` ̄` r: : : : {: {:.:ヽ: : : : : : : : :}: : : ハ
:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/: : : : : :/: {: : : : :|                      、    i: : : : ,': {:.:.:./ヽ: : : : : : : }: : : ル
:.:{:.:.:.:.:.:.:.{: : : : : : /: : :{: : : : |                 '、  ノ: : : : :!:r:.:/  ヽ、: : : : : }: : :トハ
:.{:.:.:.:.:.:.::{: : : :/: : {: : : :{ : : : |    ,'、            ,//: : : : : { |/    ヘヽ: : }: :}:ト:ハ!ル
`:.`:.ー:.-'- 、_{: : /|: : : ハ: : : :|   (レ' ー 、        ´, r: : : : : : : :!/      ハ ト: :i: ,:リ: }ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.ー:.:.:、:ハ     ` ー` ==‐-', r ´: リ: : :i: : : : :{       }ハ} / }/
`:.:.ー:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ' ー 、     ´ , r ´: : : : : : }: : : :}: : : : iヽ        /  ハノ '
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.ー:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:...、 ≦´: : : : : : : : :/: : : : }: : : : |:.:.ヽ

24 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:42:11 ID:YFBomtyU

 どこか愉快気なその声に、足を止めずに悠然と歩きながら口元に笑みを浮かべて答えを返す。


                                     _ ノ    .:.:.:l    {   \、. . . :ヾヘ:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:/:.: /:./:/:
                                    j    j! .:.:八:ヾ:.:.:.:ヾ、、 ヘ. . : : :.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i―-、:. /:.:.:/:/:::
                                    〈   .:.}{ .:.:.{  } :ハ: )`ヾヾヾ. .:.:.:.:j!:.:.:.:.:.:. 、Y⌒ヽヽ :.:.::/:/::::::
                                    ノ   .:.:.:.:.ヽハ {イ-ーjノ  jソ j:.:.:.:/!|:.:.:.:.:i、:.:!ソこ} } }/:/:::::::::
                                   γイl| .:.:.:.:.:.:.{i!i!       rュ==ァイ:/ Ⅵ:.:./:.:ンl`ヽ/  ,ノ :.:/:::::::::::
                                    ノ小从 .:.:.:.Ⅶ、    イヾソ'′ ’/  /:./:.:.|!:.:l: 人  /:.:./::::::::::::/
                                      ハヽソ:.:ハネj}              /イ : /:.:|!:.:.l いソ/:.:./::::::::::::/
「この世界を満たす有象無象の情報を分析した上で        ( {{  V           /// :.:.|!:.:.:l ,イ彡′ ::::::/
 経験則に基づいてだされた結論                       /           //イi .:.:.:|!:.:.:.l j/ 'ヘ::::::::::::/
                                           /_ .....:.:.:.:..         //:|:.| :.|!:.:.:.:l二二ヘ从ソ
 ――私の『直感』が、あれは最高に宜しいものだって告げるのよ」    `ヾ;  ___ ノ     // |.:| .:|!:.:.:.:.!二二ニヾ、
                    .       /7                  └彡::::: ´     /′ |:.l :.|!:.:.:.:.l三三ニニ=\
                      il.、   / ハ    __                 _ ハ ;;;         イ.:! .:|!:.:.:.:.:!三三三ニニ=
                      ij i  /ノ:/__..:.:.:.:.:.::::::ヽ          . . : :/ :∧         //i . : :,.:.:.:.:.:.l三三三ニニ=
                    .  l_:l_/  /:::::ヾヽ:/:):ノ       /: : /  ://ハ、__ _ ...ィ////. . : , :.:.:.:.:.:i三三三ニニ=
                    ::::::::::::::/  /::::::::ノ/-イ       /: : / /∠二二ヽ////////. . : : .:.:.:.:.:.:∧三三三ニニ=
                    ::::::::: /  :/:´ /  /  ィこ>  / /.:.:.:.:/:γ三ヾ、 ::://///// // .:.:.:.:.:.:/:.∧三三三ニニ=
                     ̄l_/  .:j ./  /  / ./  / /.:.:.:.:/ ::{{:::}}: ////// / /:.:.:.:.:.:.:/:./:.∧三三三ニニ=

25 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:42:27 ID:YFBomtyU [25/67]


                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘

26 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:43:27 ID:YFBomtyU

 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、                  ,. . ´: ̄ ,二丶、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ               _/: : : : : :ノィ: : : : :ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l             ,.イ/: : : : : : :'ー┴< : : ハ
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \           `7/ : /:!|ハ: :|: |:ヽ、 : : : : !
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ           |:l l l_l_レ{ ヽト士十!: : : : |
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ           从トト{≧=  == |: | : :|
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }   「 「……」 」   |八  _ __ ..イ:j : : :|
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/              |:|: :`.了ー':.:.:.ソ/: : :|!|
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |                  从: ト: |:{:.:.:|:./イ{: : /リ
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|                    ヽ,rLjー!_{ーヘく/___
マ三:、彡               /ィ´  |  |l                   く´:::`’::::`’::::::::`フ: : `ヽ
\三彡            ノl   |   |                    `ー‐ ¨¨`ー<__Zィー′
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|


 それを何と言い表せれば良いのか、言葉に詰まった。
 単純に表現に困ったのだ。言葉に付け加えるならば、全体的な表現に、だ。

 例えば身に着けている服をとっても月光に照らされて、呼吸に合わせて波打つように光り輝き
 この世の物とは言えぬ美しさがそこにあった。また足に履いている靴も見た事が無い。


。 `゙ ̄ ̄ ̄"        `゙゙゙゙´           。     ◯  !  ./   .`''、 ,! 
           。             。             ヽ .|      . !/  
 。                                               。
        。            ◯                 。           
 ̄`'''-、           ,, --.                           ,,ィ―ー、   
     ヽ       ◯  /    `'、                    ◯  〃     l  
     |          l゙    ツヤツヤ  ピカピカ              .l     ,/.   
     l          ヽ     .+ ___+                 `;;  -'"   
   ./ .        ◯.`'―-ー'"~l|。・∀|l~ <これは ただの            
――'" , ‐                ||0__.||     しかくこうか です。       i、  ./
               。      ノ   >                 ◯      ヘ ̄゛
                     。                 /⌒'i          `"'
               , ‐'ー、                    .`ーイ
      ◯    ◯  'ヘ,ミ,  │                            、_
          ,i     .} l .'"                            .,i'"   `\
  。       |.l    / /                            l广' l      .!
             ゙'ミ―ー'' /                         -''|“゛ ゙゙. .ヽ、  .

27 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:44:19 ID:YFBomtyU [27/67]

         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜


 そして『それ』を身に着けているのは――人間、なのだろうか。
 いや、人間である事には間違いが無いのかも


       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"                             _,,. -─- .== -,..-‐、
   _ニ -‐= '                   |                              . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
  /   /                  | |                            /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
  /   /  |  /  /| |  |  | | |                   .        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |                           {イ /!仏ムヘ/ u. `ソイ リi //    |
 |    ∥ | | / | /  | | レソ| / レ | /   「……あの占いを信じるならば      Vi ハ ─     ─.^ヾイ}.リ|    |
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ     天の御遣いと考えるべき、よね」>   ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |                                 \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |                                   | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
     |         / |                                   | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
     |       ,.. /   /       <「……そう、じゃの」                | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |
     | ` ‐  __'´/|    /


 足元に仰向けに横たわる『それ』を見ながら、一度天を仰ぎ
 もう一度、改めて注視する。

28 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:45:54 ID:YFBomtyU

             /´/_,>//''i‐`-、  `゙i |
             /才'"// i | ヽヘ ベ'、  | |
             〉"/ /   / |  i ヘ ヘ ゙i | |
            / / / / i   i  i  ヘ i i |.|
         _,,ノ`''''ゝ / i i  i i  i  i  i i | |    「占いの内容は……『流星』では無く
        ''‐ッ, . _‐''"‐、i,,、 | ノi  i,、,,,,l,,-‐'〈 i |;  < ――『饅頭』だったかしら?」
        _iソリ/´=゙-、,, //ヘ /゙ヘ''''  ヘ  ヘノi | ヘ                         ,. . ´: ̄ ,二丶、
      ,,;;≡ニニニ/`,'‐-=、 l",、 ハ ヽ i i リヽ、,リ\                      _/: : : : : :ノィ: : : : :ヽ
    ,, -'"    | / / / i" ト'""'| リ l l  i iリノ゙`   \                  ,.イ/: : : : : : :'ー┴< : : ハ
   l        |'、  '  ゙ .|,  .リiノ lリ i リノ        `゙''‐、               `7/ : /:!|ハ: :|: |:ヽ、 : : : : !
   |    ヽ  :.: | ヽ     ';i '"ソノノ リノ"i           ゙i                |:l l l_l_レ{ ヽト士十!: : : : |
   ゙;    ヽ、 ゙:| : i:、    ヘ,  彡リ'i | |           |                从トト{≧=  == |: | : :|
   i   '、;  : .|  .| ゙'、   ノ_, -'" | i | |           |                  |八  _ __ ..イ:j : : :|
   〉、_,,  `'、  | :. : :| ,/    ;'"   |.i | |           |                  |:|: :`.了ー':.:.:.ソ/: : :|!|
  / ヘ  ‐-  \ ,/´、,_  /、  : : | i/ |            |                   从: ト: |:{:.:.:|:./イ{: : /リ
 i  : :.|,      ゙7 |  `゙''‐、」 ,,ソ|ノ i `i.          |        「……さて、のぉ」> ヽ,rLjー!_{ーヘく/___
 ヽ  : i     : / ゙''‐-、,,()/7フ‐"/ i i  |          |                    く´:::`’::::`’::::::::`フ: : `ヽ
                                                        `ー‐ ¨¨`ー<__Zィー′


 倒れていた『それ』は、正しく饅頭だった。
 勿論、そんな筈は無い。似ているだけで、人間だと言う事は解った。


                      _(_`Y´_)
                 / |r┬ 、l\
                     /   ` ― ´  \   (⌒ヽ、
              /            ヽ  と ,ィ_ \
                |   __/::..  `   ⌒  ̄ ̄`   >
  と⌒ヾー―――― ⌒       ̄`´ ̄    イ   - - ´
  < ゝ /、_____      ヽ、             ヽ'
   く/            ̄`ヽ                ∨
                   l             ∨
                  l             ∨
                 l                 丶
                 /                    丶
                   /       ―――‐ 、     丶
               /    /         \      丶
                  /     /           \      ヽ    ,.-、
           _    /   /                  \    ` ー ⌒ヾゝ
          { ` ̄     /                ∧           Yラ
         ∧        l                      ゝ       ノノ
            ` ー――‐'                        ̄ ̄ ̄ ̄


 それでも饅頭の化身と表現した方が正しい気がしてならない。
 だから如何した、と言う訳では無いのだが、どこか釈然としない気持ちが胸に残る。

29 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:46:56 ID:YFBomtyU [29/67]

                          _,,. -─- .== -,..-‐、
                        . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
                      /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
              .        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
                     {イ /!仏ムヘ/ u. `ソイ リi //    |
                      Vi ハ ─     ─.^ヾイ}.リ|    |
                      ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
「あぁ……まぁ良い          \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |
 ――取り敢えず連れて行く、か」   | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
                        | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
                        | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |



   / |   |L| |_||__| || ||L| |__|L|L|  |  |
  /  |   |=====ニ_~  ~ ニ=====、|  |  |
  /  |   ', 弋__ノ  ~ '´弋__ノ |  |  |    「……饅頭の妖かも知れんが
 |   |   ',〃              〃 /|  |  |     良いのでありんすか?」
 |   |    ' ,      〟      / |  |  |
 |   |    |ゝ_   / ̄\   ,.イ  |  |  |
 |   |    |  ` ‐ _ ̄ ̄ ̄,. '  |   |  |  |
             ` ‐ '



            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・!          「……饅頭の妖ならば
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!   /        如何転がっても脅威にはなりえんだろ?」
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl   |   r―
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7   _ / :l   r'  _ノ
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  (マ;ム::::`、l  |   l
       :::|      l    l     丶.__./::マ;ム:::::\ ) ノ
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,:::::::::マム::::::::丿 (
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ:::::::::マム::/ _ノ
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::マッ´:/

30 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:50:37 ID:YFBomtyU [30/67]


.           /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.'/
         /.:.:.:.:.::{:.:.:.:.:.:.:.::/.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:: ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.
         .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.: .:.:/'|:.:.:.:{:.:.:.:::! :.:.:.::}:.:.:.:.:.:.:.:.:':.:.}
          |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:{:::{ |:.:.::ハ:.:.::::! !:.::: ハ:.::.:.:.:.:.:.:.:}.:}
          |:.:.:.:.:.:.:::|:.:.:.:.:.::从厂!:.:ヌ::ト、:::| i:::/jノ:.:}:.:.:.:.: ;ハ:ト、
.         j:.:.:.:.:.:.::::|:.:.:.:.:.:|K利「うト、jハ}リ j厶}-从:.:.:.:/ リ ヽ     「ククククッ。ま、それもそうじゃの
       i:.:.:.:.:.:.:::::|:.:.:.:.:.:|`弋::タソ       ,. __,, /ノソイ 〃        して、どのように扱う予定でありんすか?」
         ,! - ミ:::::|.:i.:.:.:.:|             ⌒ヾ::.:.:.://    -/,`丶、
        /     ヽ|.:i.:.:.:.:|        〉   /.:.:.:/    j/ .とニ二.__\
     /        |.:i.:.:.:.:ト、  「 ー‐ァ  . イ.::/.::.    ノ;し′ ` ー- `ヽ
     ,′      |.:i.:.:.:.:| \ ` ='  イ:厶|:/ .:.:ト .   ;: ;.:.:i}`ヽ丿   }  ,
.     ′      │i.:.:.:.:|.   ` r "  |:::.:.:/.:.:.:.:l  l  ;: :;.:.j.:i:ト、     }  ′
     {         |.:i.:.:.:.:|   /     !:::.:.:.:.:.:.:.:| │ ;.:. ;:.::!:i:} \     }


 楽しげに笑う姿に、タバコの煙と溜め息を吐き出しながら
 自身の口の端も歪めて、普段と変わらぬ口調で答える。


                                       ,.ヘ、___ __
                                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
                               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
「適当に、だな。今は何者だろうと構わんのさ    |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                               \l,! ヘ|Z彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |
 本当に天の御遣いならば保護する           ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
 人に害をなすものならば殺せば事は済む。        |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
        ・ ・ ・ ・ ・ ・                    | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
 それこそ、天にかわって、とな」               | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
                           /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
                    ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
                    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
                   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
                  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ


 実に単純かつ明瞭。
 利ならば得る、害ならば斬る。今までもそうやってやって来たのだ。
 それは誰であろうと平等に――民も、賊徒も、名士も、必要と在らば宦官まで
 本物の天の御遣いだろうと変わらない。

 無論、友に、同士に為り得るのであればそれが最上だが、だ。

31 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:51:02 ID:YFBomtyU

      |:|.:.:.:.:.:.:|.:.い:⊥ |.:ハ: | l:|   |:.|l.:.:|.:|.:.:l:.:|:|.:.|.:.:.:.:.:.:|.:|
      |:|.:.:.:.:.:.:l从.:Ⅵ l八ヾ、リ  レⅣ レ厂|从l:イ .:.:.:.:. |.:|
      |:!:.:.:.:.:.:. l ≦アテ心      ィチテ心≧ |.:.:.:.:.:.:.|.:|
       |:|:._:.:.:.:.: |ヘ {ト-じノi}       {トじ-ノi} イ、j .:.:.:.:.: |.:| _
        |:f' l=.:キ =¨三       `三¨= ≠.:.:=.:.:l:./ }
.       l :| :|:==.:.'. = ==        == =/.:.:.== .:.:j/ /_    「なるほど、一石二鳥と言う所でありんすな」
    /|.:.| :|:.=:.キ = ==   j:.    == ≠.:.:==.:.:.=/ / `ヽ
.   /  l:._| :'.:.:/^7:ヘ.    t――――ァ   イ.:.:./.:「`l:./ /     }
  r-トrー「 } ∨ ,' :. :. ヽ、 `ー―‐一'  イ〃.:./.:.:| レ′/'^ト、 _j
  { `! { { / │:.:.:.: ', | >  __. < |∨.:.:./.:.:.:.| .} / / }'´ )
  `ト、{ ヘ }./   .|.:.:.:.:.:.:∨        /.:.:./.:.:.:.:.l  { {. / /tイ
   l \ノじ′  :|.:.:.:.:.:.:.:.'. \   / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   ヾ:Jじ'´ j/
.    |   {     j.:.:.:.:.:.:.:.:l         l.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.{      /



    //       |彡へ
    /  , y  /ヽ|/∧ヽ\ー-、
    イ  イ ハ イ`''''''y/爪. | ヽ ヘ
   .|ハ  | |=| |       } |  | | 〉
  ルハミヽトミ{ミチ==イ    ムイ / j {   「いや、天の御遣いと言う名に利が無くても
  彡<ニ二tテミミ、   /==ームイ / /}
  彡辷三三ツ´   (ミ、   〉彡イ j     ――あの饅頭狂いのガキに引き渡せば多少の利に繋がるだろうから
  彡彡≦イ      <_tテ // /'     一石三鳥と言った方が正しいわね」
  彡炎ミrチ.   r  〉  ィ彡ノノ
  三ミツ       イ  z彡ソ'
  彡イ 、____      j
  彡ミi  ` <ィィィヌイイヌヌヌヌヌヌヌヌヌ(:::(::)
  彡ミム  ー- 、_つ ̄ ̄Z テ ̄ ̄ ̄
  イ彡f         /| |
  炎彡{        /| | |
  ヽ、キ}.      /| | | |
    > 、 __/| | | | |
     イ...川川川 | | | |
     /:::::::::::::::::| | | | | |ー-- 、_

32 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:51:34 ID:YFBomtyU [32/67]

            ′: : : : ;/:.:.:.:> ´       `ヽ:.:.:.\ : : : ヽ
          /: : : : : :ノ:.:.:.:./     ,ハ      \:.:.:\: : :.ヘ
            /: : : : ,.ィ:.:.:.:., ´   ,ィ i   | V   、、  \:.:.:.:ゝ、ヘ
          ′: : :/:.,:′/    ムL{   |  ',   l!Lム    \:.:.:.:.:.ハ
          ′: :,イ:./:.:.:/  i  / !  V!、{  !,イ ハ! l! V    !心、:.:|
        |: : : :!:.;':.:.:/   レ!/   、! ヽ!  リ_lノィ  ハ  /l! ! }三心_}
        |:.:.:.:.|:.l:.:.:/    !ミィ = ミ、     イ"⌒ヽイ/ |リル!三三}
          !: : :ヘ:!:.,′   !"         i      ノ}'   !三三ソ´
        l: : : ハ:.{     l           '      ハ  !三/
         !: : : :Vヘ、   ',    r────    !   !ノ     「クックク……なるほど、それは名案じゃの。
         }: : : : :V:.:ヽ   i   V      /     八   ト、     わっちも賛成するでありんすよ」
        ノ: : : : : :〉:.:.l   ヘ   ヽ   ソ   /    |三ゝ,
        { : : : : : :/:.:.:.L    ヘ        /       リ彡ィ!
        ゝ、: : : :{三三三三ニニニ======ー 三三ソ′
          ` ̄}ヘ三三三三三三三三三三三三三三三=メ
              ノ : : :` ー == 三三三三三三≡ <: : :}
          (: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ
           ≧ー:-: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: ;イヘー 、



      < /  i   V/l \\l
     / /  / / l  l     \ゝ
    / /〈〉 l/  / ∧ l  \ l \\
   /  l / l l 彳\V/丿( ヽ\ \
   l  / .l l トiイ l \/ヽ\ )  l  ト
   / / l l l∧ i li    レハ. /人 l 丿 〉
   l  ハ  r ー-ii-、\  ,,-ーll-、l/l l/
   l l l i L-〒Tァ=  ,  ッtTゥ、/l ) /
    \ヽ ヾ丶=~"  . l   "~./レイ l         「同意を頂けた様で光栄ね
    / l、≡三イ    l      7 イ l l         それじゃ、丁重に御運びして上げて」
    / l ヾ ミ》   .-      ./l  l  l                                     x‐       ‐x
   /l l l  ヌ ミゞ ャ-=ュ〟. / l  l  l l                                   X          X
   l l l l l  \  .ゞ≡\\/\ l  l l l\                                    {⌒>==<゙⌒7
   / l l l  l\l \   ゾ\㍉ {  l  lヽ \                                  ∨从∧从:\/
  /. l  l  l\ .ヽ. . ゝ- <   lヘヽ_l\l lヽヾ \       「あい、承った、でありんすよ」       (ヽ|:Y○ ○| l/゙)
 r .l l /. l  .l \ \,    \ l l l l .  l  l\\ l\                               ∨人 `^′_| |7
r  ー/   l  ヽ\ \,     ト\ l . .l . l゙ ゙ ゙ヘーーヾミーミ                            Ⅵ、:::兀::::ノ:八
⌒/ /   l, l ヽ  L,,     .  \l l l l  //三二=彳                          /: :7〈_〉_∨: :l\
,,/  /  r ヘ\,, l  \ ,,)        l . \\l /  ll /  ∥                         /ィ∨`ー‐一ヘ N_,、
  /  / 《 / く,, l    l,,       /\ \ \ .ll  ll .∥                           |      }":ノ
                                                              (>ー―‐<厂


 そう言って互いに笑顔を浮かべたまま努めて演じるように、おどけた調子で言葉を交えながら
 無造作に転がる饅頭に似た人間の上半身を起こし始めた。

33 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:53:49 ID:YFBomtyU





                   ┻━┻┻━┻━━┻┻━┻┻━━┻

                        原作:真・恋姫†無双

                        第一章 一節 (前編)
                       『 天の饅頭(みつかい) 』

                   ┳┳━━┳━┳┳┳━━┳━┳┳━

34 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:57:21 ID:YFBomtyU


 ――そこは光で満ちていた。
 そんな現実と夢想の中を、ふわふわと、ゆらゆらと漂う。
 リズムが息衝く、理屈が躓く。
 とても心地が良い。自分と言う境界線が世界に深く深く浸透していく。
 『 I / MY / ME 』 が曖昧に、自分の内と外の境界線上があやふやになり
 感覚の境界線を上り、そして下る。





 そんな感覚にまどろんでいると、雀の鳴き声が聞こえる。
 身を任せていた光が揺れ、ゆっくりと意識が昇って行く。


           __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (●)  \        | |    (……朝、かお?)
         /  (__人__)     ヽ      | |
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                     /   |/


 今日は学校が休み。朝から母親も出かけているから、エロゲーでもやって一日過ごす。
 いや、今日は爺ちゃんと剣道の稽古が夕方からある。それまでに区切の良い所まで進めて、そこから――

 薄らぼんやりとした意識の中、思いつく限りの今日の予定を、文章にまとめずにつらつらと並べながら
 片目を開けて、ただ何となく天井を見つめる。

 そこで違和感を覚えた。

 だが起き抜けの頭ではその違和感が何なのか解らず、ぼんやりとしながら上半身を起こしす。

35 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:58:09 ID:YFBomtyU

                                          
                             γ二二二二ヽ     
                                   |l   ||   l|   
   【※ほら、中華風の部屋でしょ?】       |l   |l   !|   
                              |l==== ====!|   
                              |l   |l   !|    
        ______                |l   |l   !|    
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::\             |!__||__!|    
      |::|三三三丁三三三|::|              i二二二二二i    
      |::|::::::r=z:::::|::::::r=z:::::|::|                     - -、
      |::|======个======|::|                   ● ●) ヽ
      |::|::::::r=z:::::|::::::r=z:::::|::|                 (人__) uノ、、
      |::|======个======|::|:          ,ィァー──── 、‐ <,ハ.ヽ| |
      |::|::::::r=z:::::|::::::r=z:::::|::|         | |{ _ _ _ _ _ヽ  V〉 | |
______,|::|三三三王三三三|::|_________,| |廴_______|_| ̄| |
      |::| :::::::::::::::::::::::::::::::::: |::|         |_|─────────‐f|_|
      `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´                             \
                                               \


 最初に目に入ったのは自身の部屋とは比べ物にならない程に潔感のある、隅々まで手入れの行き届いた部屋だった。
 目線を動かして周りを観察すれば、全体的に『中華風』と印象を受ける部屋の造り。


━┓
┏┛     ⌒
・      ___⌒
    / ― 乂____    ━┓
  /ノ  (●/   ― \   ┏┛
. | (●)   |     (●) ヽ\ ・  ( ――やる夫はまだ眼が覚めて居ないのかお?)
. |    (__ノl   (⌒  (●) |
. │       〉     ̄ヽ__)   |
  \__/´      ___/
      /|          ヽ
       | |         |


 よくよく見ると、TVやゲーム機、オーディオデッキに男――『やる夫』にとって必需品であるPCすら見当たらない。
 随分と文化的では無い部屋だ。

 そんな事を考えながら首を傾げる。首を傾げる。首を傾げる。
 メトロノームのように左右に首を捻り、段々と首筋に蓄積される刺激により意識が覚醒していく。


     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


 そうして完全に覚醒した意識の中で、あまりにも単純な事を見落としている事に気が付いた。

36 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 18:59:34 ID:YFBomtyU

                      _ --― - 、
                   _,__'´    \     `ヽ、
                  (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ
                  / ̄     ̄ ̄      i
                 ,' l、_人  ノ         l
                 i    l .l  ̄  ,    u   l
                 ヽ  l l    /       /
                   `.l、_ノ__        /
                       `l        `、
   「ここ……どこ、だお?」      /       ヽ、  
                    __/     _/    `ヽ、
                    `ヽ、_/l  <_/     l
                        l              l
                        ヽ、        /
                          `l   _,-   /
                           l   /  /
                          / ./ヽ、〈


 知らない天井――いや、部屋だ。
 呆然と呟いた言葉が、無常にも部屋に響く。頬を抓るまでも無く、五感がこれを現実だと訴えてくる。
 それに関しては異論は何ら無い。ただ、異論は『疑問』と言う形で頭をぐるぐると巡っていく。
 『5W1H』を幾度と無く自身に問い掛けても、現実は何一つ変化してはくれない。


         ____
       /     \
.    /       \     「お、落ち着くお……
.  / /) ノ '  ヽ、 \    ド、ドイツ軍人はうろたえないお」
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |  「え~……と、ドッキリかお?
/  u  ∩ノ ⊃―)/   いやいや、やる夫はちょっとメタボディな男の子だお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |    そんな事をされる覚えが無いお。
  \ /___ /     けど、それなら何が一番可能性があるお?」

37 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:00:43 ID:YFBomtyU

 夢遊病で外に出ていた所を保護。いや、急に発病する何て事は無いだろう。
 なら酒に酔って外へ飛び出した。いや、それも無いだろう。酒は飲まないし、せいぜい自分に酔うぐらいだ。


     ____
   /      \    (もしかしたら拉致監禁……
  /         \   北の仕業かも知れないお。
/           \
|     \   ,_   |  いや、いっその事、天狗の仕業かも知れないお)
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


 もしかしたらば、これは恋の仕業かも知れない――
 そこまで考えを巡らしていると、突如として天才的な答えが閃いた。


     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|      `ー'´     |    「解った、ゴルゴムの仕業だおッ!」
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /                                   『ガチャ』>


 地動説に気が付いたコペルニクスの表情――そんな表情をやる夫は浮かべながら順調に気が動転していた。
 見知らぬ部屋で一人と言う状況は少なからずやる夫に負荷を与えていたのか
 普段でさえ突拍子も無い思考が、斜め上に螺旋状に突き抜ける。
 そのまま調子に乗って来たとばかりに駆けずり回る思考が、辛うじて部屋に響いた扉が開く音を拾った。


                  ____
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \     「お、起きたようでありんすな、孺子(こぞう)」>
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \  
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |   「――お?」
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |


 扉の音に続くように女性の声が聞こえてきたので、やる夫はゆっくりと首を動かした。

38 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:01:41 ID:YFBomtyU

 声を向けた先には愉快そうな笑みから、特徴的な犬歯を覗かせた美女が立っていた。
 それも滅多にお眼に掛かる事が出来ないような美女だ。


                  i,\
                  ! ゝ: \-- 、
          __ ,, /::´: : : : : : : ヽ: : : `ヽ、、
          \ ン: : : : : : : : ヾ: : : : ヽ: : : : :ゞヾゝ、
            ∨: !: : : ハ: :丶::ヽ: : : : :ゝ: : : : }  ヾ:;; 、
          ノ ハ: i: : リ: !: !|:从: :冫: : : }: : : : |    ヾ;;、
            !: :从: :卅/_V |: : : : |: : : : : |     ヾ;、
            ! }::1 !乂 ´弋;;゙;}.! |: : : : |: : : : : |      ヾ;、
              ノ::弋マ;   `゙´  !: : : : |: : : : : |       ヾ;
           / : : : i ソ      |: : : : |: : : : : |.        ;}
         //: : :/ヽ` _, イリ, |: : : ∧:: : : : {         ;}
        〆 /::::/   i\`‐=‐´ / |: : :∧ _: : !        ;}
     /   /::/.    | :ソ`ヽ- ゙::Y.: :/ ´  `ヽ i         !         ヽ
     {   /:/     /: / ノ::::::::: /: /       i ヘ       /         :;}
      !  /::/       /:/ {::::/~/.:/        |: :\     /         ノ;
     !  .{:/      //  |:/ ̄;/:/\ヘ Y     |: : : .ヾ\  /        ,,/゙
     \l:l     .//,,-=ハ=--|::|.:.:.:.\ l    |\_: :ゝ`:::゙: : : : = =,;: イ″
.       l:l    .//.{ 「廾了  |::| :.:.:.:\!     |.;.;.;.;λ: : : :< ゙゙゙゙゙´
       ヾ;   //.{ /ミミミ }   \_.:.:.:.: ̄`丶┴-,/ | : : : : : : : :\
         \ l:i  | `゙゙゙一┘    ヘ ヘ.:.:.:.:\___ ハ: : : \ヘ,,,: : \
             !:|  .}.:.:.:    .:.:.:.:.:.:.∧  ::::::::::::::::::::::::::::::〉: : : : : :.ゝ \: : \
           ヾ ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉--┬一-ニニ〆:.:ヘへ: : : : : :\ \: ゝ
    ヽ        ソ  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::∨: : : |    lゝ: : : : ヘ. \: : : : :ゝ  ヾヽ
     ゙ 、 _   ン ∧  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨: : : : ∨   l.:ゝ: : : : }  \: : : :ゝ   ヾ
        ̄ ̄  ∧    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: : : !: : ∨    l.:.:.:ゝ: : :.}   |: : : : :}   ;}
          //      .:.:.:.:.:.:.:.:|: : : / i: : !∨  .l .:.:.:.:ゝ::}    |:ヘ: : :}   :}
        /゙゙゙゙ }        .:.:.:.:.:}: / /:::/  l   l:. :.:.:\   ∥|: : :}    !}
        !゙  /        :.:.:.:.:.:|:/ /::ノ   l   l:::   ..:\ ノ゙ |: :/   /:}
         //       .:.:.:.:.:.:.:.:{ /゙´    ∨  Ⅸ   ..:.:\ ./::ソ   /ソ
   ,ヘへ一/ /:         .:.:.:.:.:.:|゙      /ソ∨  ヽ\    \   /:/
   冫    ,,/|.:.           .:.:.:}    /゙` ∨  .l  \    ` ゙、
  ⊂ 一~ ゙~´/! ::            ::∧        ∨ .l    ~`ヽ    ヽ、
       /  |  :.            ∧          |  `、     `ヽ`.:.:.  \
     /   |                }        |   `ヽ,      \.:.:.:.:.ゝ
   // / /                  }\      ヽ,   弋 へ     |.:.:.:.::i |
  / / / /                  |: : : \     ヽ,   r-イ,     |.:.:.:.:.:i|
 // //  ゞ                  |: : : ヾ: \    丶 ミニ´/      |.:.:.:.:.:!|
 }   /.:/    |ヽ                 ヘ: : : ヾ: :ヽ   .`~゙´      |.:.:.:.:.:.:!|
/ ..:.:.:.:|    |.:.:ヽ                 |: : : : ヾ::ヘ.            |.:.:.:.:.:.:.:!|
| ..:.:.:.:{     |.:.:.:.:ヽ                 ゝ: : : ヾ:: }          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
| ..:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:ヽ                 |: : : ;;: : }        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ソ
|..:.:.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:丶                !ゝ ;;;: : |       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:\                i``゙―-、_    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/


 一面に生い茂った小麦畑に風が流れたような、腰まで掛かる茶色の長い髪。
 大人の色香が漂う顔立ちと、子供のような純真な笑顔。
 それらにも眼を奪われたが、何よりも豊満な胸を惜しげなく主張するような
 肩周りを大胆に露出した服装に眼を奪われ、思わず体が硬直する。

40 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:03:30 ID:YFBomtyU

                          ____
                        /      \    
                       /  ⌒  ⌒  \   
                     /   (●) (●) u \
                     |  /// (__人__) ///  |
「えっと……誰、ですかお?」    \     ` ⌒´    _/
                      ,r'ィ    ‐ー   ,r'⌒゙i  
━【心象風景】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ___
     / ⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \
  /   ///(__人__)/// \   「お、おっぱいの
  |   u.   `Y⌒y'´    |   だ、大収穫祭だお!」
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ――それはもいだり、もんだりしてもいいのですか?
 親しい相手ならばともかく、初対面の相手にそんな世迷言を言うのは不味いと自重し
 やる夫はにやけそうになる顔の筋肉を叱咤して、出来る限り平素を装った。

41 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:05:19 ID:YFBomtyU

          /..:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:メ、;ミ
.           /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.'/
         /.:.:.:.:.::{:.:.:.:.:.:.:.::/.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:: ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.
         .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.: .:.:/'|:.:.:.:{:.:.:.:::! :.:.:.::}:.:.:.:.:.:.:.:.:':.:.}    「わっちでありんすか?
          |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:{:::{ |:.:.::ハ:.:.::::! !:.::: ハ:.::.:.:.:.:.:.:.:}.:}    わっちの名は黄蓋(こうがい)。字は公覆でありんすよ
          |:.:.:.:.:.:.:::|:.:.:.:.:.::从厂!:.:ヌ::ト、:::| i:::/jノ:.:}:.:.:.:.: ;ハ:ト、
.         j:.:.:.:.:.:.::::|:.:.:.:.:.:|K利「うト、jハ}リ j厶}-从:.:.:.:/ リ ヽ   して、そう言う孺子(こぞう)の名は何と言うのかや?」
       i:.:.:.:.:.:.:::::|:.:.:.:.:.:|`弋::タソ       ,. __,, /ノソイ 〃
         ,! - ミ:::::|.:i.:.:.:.:|             ⌒ヾ::.:.:.://    -/,`丶、
        /     ヽ|.:i.:.:.:.:|        〉   /.:.:.:/    j/ .とニ二.__\
     /        |.:i.:.:.:.:ト、  「 ー‐ァ  . イ.::/.::.    ノ;し′ ` ー- `ヽ
     ,′      |.:i.:.:.:.:| \ ` ='  イ:厶|:/ .:.:ト .   ;: ;.:.:i}`ヽ丿   }  ,
.     ′      │i.:.:.:.:|.   ` r "  |:::.:.:/.:.:.:.:l  l  ;: :;.:.j.:i:ト、     }  ′
     {         |.:i.:.:.:.:|   /     !:::.:.:.:.:.:.:.:| │ ;.:. ;:.::!:i:} \     }
    |        j|.:i.:.:.:.:ト、   {  /  i::: i.:.:.:.:.:.:| │ ;.:. ;:.::!:i::}    `}     |
    |        ||.:i.:.:.:.:| \     i:::.:i.:.:.:.:.:.:| ! ,:;.:. ;.:::!::!:}    |     |
    |        ||.:i.:.:.:.:|        i:::.:i.:.:.:.:.:.:| ! ;:;.:. ;.:::!::i::}.    |     |

                   \カカカカッ/
       NEW!【姓:黄(こう) 名:蓋(がい) 字:公覆(こうふく)】



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |      「やる夫は……北郷(ほんごう) やる夫だお。
. |   (__ノ ̄    /
. |             /        えっと、こうがい……さん?
  \_    ⊂ヽ∩\       質問をして悪いけど、ここは……何処ですかお?
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ



 おおよそ女性の名前とは思えない響きに違和感を覚え、やる夫は小さく首を傾げるが
 それは一旦思考の隅に追いやり、まずはと質問を投げ掛けた。

42 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:05:47 ID:YFBomtyU [42/67]

                  ,
              / Y
             ノ∧{         ノム
            .: :/ ミハー-- . ._ _. -彡'//
            /: :/,/ ̄: : : : : : : `:< /:/
            _/: :/: : :/: : : : : : : : : : : :`〈
         /  /. . ./, : : : : : : : 、. . . . .  ヽ
           '. .:/: : : :l:{:.:/|{: :|!:.:.:/!: : l!: : : : :ハ
        i: :.i: : : : :|:乂」ム从:./ }: :イ|!: } |:i: }!
           i:.:.!: : :!: :|トィrテミ、ヽ{ /ノィ从// }/
         i:.:|: : :|: :.ik 辷ソ    {Jリ〉/イ     「ん?ここは荊州南陽。
            i:.:|: : :i: : i `´    ヽ`¨´ム: }      我が主、孫策殿の館じゃの」
         i:.:|: : :i: : i      ′ 八:.!
          _}:ハ: : ヽ: :ト.   ´` .,イ: : :/
        (三ニヽ: : 、:.∧ ` ァ:イ:.:/. .:./
        _入\三ヽ:丶: \ {_/:.:/: : イ
       /三三\\三ニ=-/)アX⌒Y/ノ-、
     /三三三ニ≧、二>/   /ハソ ヽ三ミ、
     ,'三三三三三三三/    /  /三三ハ
    仁三三三三三三ニ|    ノ  マ三三ニ!
   ,三三三三三三三//^ヽ、/ム  ∧三三i|
   }三三三三三三∨/  ハ__,∧ ∧ マ三三!



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   「……けいしゅう、なんよう?
    /,'才.ミ) (__人__) /    そんさく――」
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


 そこでふと気が付く。
 まさか――と思いながらも、言葉のニュアンスを変えて問い掛ける。


     ____
   /      \
  /         \
/           \          ・ ・
|     \   ,_   |   「いや……孫策さんの館、かお?」
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

45 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:06:44 ID:YFBomtyU

       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |
  /   /                  | |
  /   /  |  /  /| |  |  | | |
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |
 |    ∥ | | / | /  | | レソ| / レ | /   「なんじゃ頓狂な声を出しおって
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ     荊州を知らないでありんすか?」
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |
     |         / |
     |       ,.. /   /
     | ` ‐  __'´/|    /



     ____
   /      \
  /         \
/           \   (知っていると言えば知っているお。
|     \   ,_   |    けど……)
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


 昔読んでいた『歴史』小説に出てきた地名なので、知識として知っている。


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|  「……ごめんお。やる夫は知らないお」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


 だが、敢えてやる夫はそう答えた。嘘を吐いた訳ではない。
 単純に、黄蓋と名乗った女性の質問は『そう言った類のもの』ではないと解った為だ。

46 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:08:54 ID:YFBomtyU




         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   「あの……黄蓋さんは
  | / .イ '(ー) (●) u|   東京の浅草って――知らない、ですかお?」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



                  ,
              / Y
             ノ∧{         ノム
            .: :/ ミハー-- . ._ _. -彡'//
            /: :/,/ ̄: : : : : : : `:< /:/
            _/: :/: : :/: : : : : : : : : : : :`〈
         /  /. . ./, : : : : : : : 、. . . . .  ヽ
           '. .:/: : : :l:{:.:/|{: :|!:.:.:/!: : l!: : : : :ハ
        i: :.i: : : : :|:乂」ム从:./ }: :イ|!: } |:i: }!
           i:.:.!: : :!: :|トィrテミ、ヽ{ /ノィ从// }/
         i:.:|: : :|: :.ik 辷ソ    {Jリ〉/イ    「ん?とうきょう……と、
            i:.:|: : :i: : i `´    ヽ`¨´ム: }     あさくさ……でありんすか?」
         i:.:|: : :i: : i      ′ 八:.!
          _}:ハ: : ヽ: :ト.   ´` .,イ: : :/
        (三ニヽ: : 、:.∧ ` ァ:イ:.:/. .:./
        _入\三ヽ:丶: \ {_/:.:/: : イ
       /三三\\三ニ=-/)アX⌒Y/ノ-、
     /三三三ニ≧、二>/   /ハソ ヽ三ミ、
     ,'三三三三三三三/    /  /三三ハ
    仁三三三三三三ニ|    ノ  マ三三ニ!
   ,三三三三三三三//^ヽ、/ム  ∧三三i|
   }三三三三三三∨/  ハ__,∧ ∧ マ三三!
   /三三三三三三i/ ′/  }:/ ∧》∧ X三ニ)



                                ____
                              /     \
                     iニーヽ    /─  ─   \
                    iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
 「あ……もう大丈夫ですお     ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
  その反応だけで十分ですお」      ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                           '、_ \       )
                             \ \ / /|
                              |\ ヽ /  |

47 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:09:50 ID:YFBomtyU [45/67]

  イ`ヘ            r‐――‐ 、
 /: :| ヽ           | r--- 、 l
/ : :/  ヽ ___   _,└┘ ノ ノ
_ノ\_∠: : : : : : : : :`: :-: :,:_:/i"´//
      ( : : : : : : : : : : : : : : `└┘/
  ・  r::/: /: : | : : : : : : : : :: ┌┐
      //: /: : : |: : | |: : |: _: :└┘
  ・  {/ 7|`\/i: /|:|/|´: : : : :|ヽ
     〉:|,_|: : :|7 || |_::|,_|: : :|:::|: | 
  ・ / ____.ノ     ― : :|: | :| 
    .{ rt-t'テァ   rt t'テァ /: :|N
  ? |  `  ̄     `  ̄  .|: : |
     ヽ      `     /:|
::∧: : :|: |J    ーニー  ./::i: |
. \ヾ: |::|` -,, ___   _ ,,イ、 : :|:::|
   ヽ: |::|\     ̄/ /|  |: : :|: |


 やる夫のその反応に黄蓋は胡乱な眼を向けて来た。
 少しばかり不信感を与えてしまったかも知れないが、その代わりはっきりと解った事がある。


     ____
   /      \
  /         \
/ U  _ノ    ヽ_  \   (きっと……何もかも、やる夫と黄蓋さんでは
|     (一)|lil|(ー)  |    会話の土台となる前提条件が違ってるお……)
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


 根本的に、会話の基点となる位置がおかしい。
 一部で有名な台詞を引用すれば 『情報の齟齬(そご)が発生している』 と言う事なのだろう。
 言葉が――『日本語』が通じているのに、あの質問で首を傾げているのはそう言う事なんだろう。


     ____
   /      \
  /         \
/           \  (いやいや……『そう言うこと』って、どう言う事だお?
|     \   ,_   |   結局、何が如何なって、やる夫はココに居るんだお?)
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


 頭に浮かんだ言葉に自分でツッコンで見るも、何も結局変わらない。
 冷静に、静かに『テンパ』っているのが、他人事のように解っただけだ。

48 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:10:23 ID:YFBomtyU

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |   「あ、あの……黄蓋さ――」
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |              ガチャ 「失礼するわ」>
  \ /___ /



                          、i、_        、!、
                          `i.ヽ,`ヽ、    |.,ヘ\
                          .| ; ヘ: : `ヽ__j .; ヘ: :ヽ
                          .|; ,,>':'´: : : : : | ;  ヘ: : :ヽヽ、
                          ,!"´: : : : : : : : : ヽ、. ヘ: : : : ヽヽ、
                        ./: : : : :/: : : : : : : : : :\ ヘ: : : : : i: :ヽ
                        /::/: : : ,〃: : : : : : : :ヽ: : : :ヽi : : : : : : : :ヽ
                       ./i :{ : : :/ll.|: :i : : : :| : : :l : : : : : i : : : : : : : : i
                       〃: i 、: ハ:ハ: i、: : : l: : : :|: : : : : : i : : : : : : : : i
                       i! ! : !ヽ!! ! `-ヽ从A , : ||: : : : : : :i : : : : : : : :|
                        .ヽλヽ   、   `!ル'| : : : : : : :|: : : : : : : :|
                          }'}‐=i   .j,,,___,,` j : : : : i : : :| : : : : : : l
                          j::| <     ̄´  | : : : : l : : | : : : : : :/
                          i:::! `,._        |: : : : :l : : |: : : : : :/
 「やっと来られたでありんすか、策殿」  i::::::`i、\7¬フ   |: : : : l : :/: : :/ : /
                         i::::::::|;;;ヽ、 __,,,.-‐¬ : : : /: :/:/ : i : /
                          !:::::::|;;;;;l;;;;;;;;;}  / : : : /: イ: :| : i :/|
                         /`ヽ、i;;;;l;;;;;;;;;;}.ノ : : /_'_l : :l__L/_|
                         '-、  ヽ;l;;;;;;/ : /  ̄___ ̄``丶、``‐、
                          / `ヽ、 } {/ _,-‐'" __ ̄`ヽ、  `\ !、
                         ./ .丶__i j/ /   /´   ̄ ̄``ヽ、  `、
                         |   { || ̄`ll-i '"           `ヽ、 ,}
                         |   `7}ーi--|!_!                l `
                         |   /i i  ハ l              |
                         | / i  l  l .| .|                  |


 扉が開く音が聞こえたので、言葉を止めて視線を向けた。
 そこには策殿――そう呼ばれた『女性』が立っていた。

49 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:11:26 ID:YFBomtyU [47/67]

 最初に感じたのは『熱』だった。
 その人物が持つ圧倒的な熱量が迸り、やる夫はむせ返る様な熱気を肌で感じた。


                                rfムZZマムy、
                              ,z-彡'彡イレハハハ`}、
                            __Z〃,/イ_i_f``jxj_j_jj ゝ
                               イ{| l 《ミzaxj r:ta、リイ )    「あら、御遣い殿はお目覚めのご様子ね。
.  ハ                           yYル'ミミミソ 」::.. 从イ       御機嫌麗しゅう、とでも言えば良いのかしら?
  // ,ヘ                        //∧ミミ ー==‐ ノノノ
  | レ'/                  /⌒ミニ彡///lヽミ   ///__
  | イソ                    ( (⌒ー -' /∠_」ミ;;,.><//∧.....ゝ-一辷ヽ
  | イjト、                 j  Y シ´>':::::::::::::::::、__,  人 ヘ...ヽ...〉...j.....丁.}、
  \ | }ミヽ、.....            /..::::( i ハ {::::::::::::::::::::::::\,,,, (彡辷ニ二⌒ソ..........〉.〉
   トイ__|:::::::::::::::::::::::::.................:::::::::::::::::/  〆:::::::::::::::::::::::::::::::\,,, ,,;;;;〉ーミヽ ミ彡ヽ.∧
   ∨ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ〃⌒´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\)/::::::::::::ヾ、 ( ソ/、
     ̄`>、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::) j ミヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ::::::::::::::::::::) 、ヽ:::::::::ヽ、
        `>、:::::::::::::::::::r=ニイ  ノ--一-、:::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人 ) Yフ,ソ:::::::、
            ̄ ̄ ̄( (  ア´ /  ノ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::/ Z´ ( ,(::::::::::∧
                Y{、 (  イ  ´   j∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f彡=一 ソハ、ノ::::::::::::::}
                  `ヾ、 ゝvヘ , ム ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レフ⌒<.....〉、:::::::::::::::/.
                    ノ ィ,  〉 // ,∧:::::::o::::::::::::::::::::::::::o::|.......|....|..........| ̄ ̄
                      トy/  /  i i   {,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ヘQ..∨..........|
                    ム彡 ,' Y 、 ソ ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|....ヽ...|............|、
                    ((  ハ   ) レ::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::∨...∨............|...ヽ
                    ル、( ,〉 ハ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::∨..{..............|......ヘ
                     (ハ イ y /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|....j.............ハ........}
                       リ人 ( /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|....|................ヽ.....ヽ
                       レヘゝ、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヾ|..................|........|
                             イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ハ|...................ヽ.....ヽ
                           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|....|......................ヽ......ヽ


 雰囲気だけではなく、容姿も一言で言えば――苛烈。
 二言で言えば、苛烈でかつ美人。そんな女性だった。
 見える範囲で露出している肌には、到る所に火傷の後があるが、それでも美人と言える程の美貌を持っていた。
 いや、むしろ彼女の美貌は、それで完成しているのかも知れない。

 つけ加えて言うならば、彼女もまた見事な巨乳だった。

50 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:12:58 ID:YFBomtyU [48/67]

          z-へ へ へー-
        ノ ̄i┴   /- // \
      < /  i   V/l \\l
     / /  / / l  l     \ゝ
    / /〈〉 l/  / ∧ l  \ l \\
   /  l / l l 彳\V/丿( ヽ\ \
   l  / .l l トiイ l \/ヽ\ )  l  ト
   / / l l l∧ i li    レハ. /人 l 丿 〉   「まずは先に自己紹介をさせて頂くわ。
   l  ハ  r ー-ii-、\  ,,-ーll-、l/l l/ 
   l l l i L-〒Tァ=  ,  ッtTゥ、/l ) /      私の名前は孫策(そんさく)。字は伯符(はくふ)
    \ヽ ヾ丶=~"  . l   "~./レイ l      一応、この館の主でもある。以後、宜しくお願いね。
    / l、≡三イ    l      7 イ l l
    / l ヾ ミ》   .-      ./l  l  l      あら?――お話の途中だったかしら?もしそうなら、ごめんなさいね」
   /l l l  ヌ ミゞ ャ-=ュ〟. / l  l  l l
   l l l l l  \  .ゞ≡\\/\ l  l l l\
   / l l l  l\l \   ゾ\㍉ {  l  lヽ \
  /. l  l  l\ .ヽ. . ゝ- <   lヘヽ_l\l lヽヾ \
 r .l l /. l  .l \ \,    \ l l l l .  l  l\\ l\
r  ー/   l  ヽ\ \,     ト\ l . .l . l゙ ゙ ゙ヘーーヾミーミ
⌒/ /   l, l ヽ  L,,     .  \l l l l  //三二=彳
,,/  /  r ヘ\,, l  \ ,,)        l . \\l /  ll /  ∥
  /  / 《 / く,, l    l,,       /\ \ \ .ll  ll .∥
 /  / 《 /  ,L A \l,, \ \.     l \ ゞ .> ll  ll\∥
ムヘ/ .《 /  ソL く ヘ ヘ,,    し   <\ \ l ll ll ll ∥
   \./   / l,, > y ヘ, l ミゞ\ ゙゙\  }ミ\ ヾ \ll ll ll 》

              \カカカカッ/
  NEW!【姓:孫(そん) 名:策(さく) 字:伯符(はくふ)】



                               ____
                             /      \    
                            /  ⌒  ⌒  \   
                          /   (●) (●) u \
                          |  /// (__人__) ///  |
 「い、いえ……全然、構わないですお」  \     ` ⌒´    _/
                           ,r'ィ    ‐ー   ,r'⌒゙i  
━【心象風景】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ___
         /     \
        / '`'‐ .,__,. -''`'\   
       / f'て::)`::::r''て:カ \  「綺麗なお姉さんは好きですが、何か?」
.      |      (__人__)     |
       \     `⌒´    ,/
        /      ー‐      \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

51 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:13:39 ID:YFBomtyU [49/67]

        /: : /: :.|     /: : : : : :/: : : : : : : : : : : \: : : :\
.        /: : /: : : !   /: : : : : : :/: : : :/: : : : : : : : : : ヽ: :ヽ: \
.         ,': : : : : : : i:  /: : : : : : :/:l: : : :|: : : : : : :\: : : : : : :l: :ド:ヽ
       i: : : : : : : :i / : : : : : : ,': :|: : : :|: : :l: :ヽ: : : ヽ : : l : |: :|  l|
       |: : : : : : : :∨ : : : : : : :ハ: :|: : : :|: : :| : ハ : :|_\:l : |: :l  ||
       |: : : : : : : : | : : : : : : : |: l: |: : : :|: : :|: :| | ;.イ∨从:∧/  リ
       |: : : : : : : : | : : : : : : : |: l: |: : : :|: : :|:八 j/Vィて㍉/ : !     「話の途中と言っても
.        i: : : : : : : :.| : : : : : : : l: :斗七:丁厂⌒`  fト::゚リ イ: : :|      名前ぐらいしか聞いておらんよ
       l: : : : : : : :l : : : : : : : | ∨ィチてヾ     ゞ='^ | : : |
.        l : : : : : : : i:.: : : : : : :|Y圦iド:;イリ     、   } : : |      策殿、こやつは姓はホン、名はゴウ
         l: : : : : : : : : : : : : : : :Vヾゞ辷ン^      〉  /: : : |      字がやる夫と言うらしいようじゃぞ」
        | : : : : : : : : ':, : : : : : : .            __   ′: : :|
       ハ: : : : : : : :.い : : : : : : '. 、    < _/ イ: :l: : : :|
       l : '.: : : : : : : l:ハ : : : : : : ∨> 、_   /::∧: :l : : :|
       |: : l : : : : : : /: ∧ : : : : : : '.     丁ヽ::::/::∧ l: : :.|
       |: : | : : : : : /: /::∧ : : : : : : :    { 八::::/::∧:l: :│
        /: : :l : : : : //:::/::∧: : : : : : ∨   ∨ 《Ⅸ:::/:∧: :│
.       /: : :/| : : : /ノ :::::::::/::∧: : : : :l: |-─__》 V::/::∧ │
     /: : :/│: : 〃::\::::::::/::::|: : : : :l: |:\{{二¨7__V:::::::::ヽ |



          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        「いや、違うお……
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   姓が北郷で、名がやる夫だお
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /    ……やる夫の国には、字は無いんだお」
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /

53 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:14:38 ID:YFBomtyU [50/67]

                  ,
              / Y
             ノ∧{         ノム
            .: :/ ミハー-- . ._ _. -彡'//
            /: :/,/ ̄: : : : : : : `:< /:/
            _/: :/: : :/: : : : : : : : : : : :`〈
         /  /. . ./, : : : : : : : 、. . . . .  ヽ
           '. .:/: : : :l:{:.:/|{: :|!:.:.:/!: : l!: : : : :ハ   「字が無い、でありんすか。
        i: :.i: : : : :|:乂」ム从:./ }: :イ|!: } |:i: }!
           i:.:.!: : :!: :|トィrテミ、ヽ{ /ノィ从// }/    ふむ……ならば次の質問なんじゃが、
         i:.:|: : :|: :.ik 辷ソ    {Jリ〉/イ     昨日の夜、何故あんな所に居たでありんすか?」
            i:.:|: : :i: : i `´    ヽ`¨´ム: }
         i:.:|: : :i: : i      ′ 八:.!
          _}:ハ: : ヽ: :ト.   ´` .,イ: : :/
        (三ニヽ: : 、:.∧ ` ァ:イ:.:/. .:./
        _入\三ヽ:丶: \ {_/:.:/: : イ
       /三三\\三ニ=-/)アX⌒Y/ノ-、
     /三三三ニ≧、二>/   /ハソ ヽ三ミ、
     ,'三三三三三三三/    /  /三三ハ
    仁三三三三三三ニ|    ノ  マ三三ニ!
   ,三三三三三三三//^ヽ、/ム  ∧三三i|
   }三三三三三三∨/  ハ__,∧ ∧ マ三三!



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |     「あんな所?
. |   (__ノ ̄    /      やる夫は、どんな場所に居たんだお?」
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |


 どこか特殊な場所にでも居たのだろうか。
 もっとも、『あんな所』とは何処を指しているのかてんで解らないが、少なくとも
 現状を『こんな所』と示しても間違い無い状況だろうなと、ぼんやりとやる夫は思った。

54 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:15:10 ID:YFBomtyU [51/67]

       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |
  /   /                  | |
  /   /  |  /  /| |  |  | | |      「覚えておらんのか?ほれ、この街の外れじゃ。
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |       あそこは最近は盗賊も出ると噂が出ている場所なのじゃぞ?
 |    ∥ | | / | /  | | レソ| / レ | /
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ        あのままあそこで寝ておったら、命の保障は無かったじゃろうな」
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |
     |         / |
     |       ,.. /   /
     | ` ‐  __'´/|    /



            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \      「え……や、やる夫は
      : |    (__人__)    |:      そんな物騒な所に居たのかお?」
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /


 自分の素知らぬ所で命に関わる身の危険に晒されていた事実に、思わず身震いを起こす。

55 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:16:15 ID:YFBomtyU [52/67]

                  ,
              / Y
             ノ∧{         ノム
            .: :/ ミハー-- . ._ _. -彡'//
            /: :/,/ ̄: : : : : : : `:< /:/
            _/: :/: : :/: : : : : : : : : : : :`〈
         /  /. . ./, : : : : : : : 、. . . . .  ヽ
           '. .:/: : : :l:{:.:/|{: :|!:.:.:/!: : l!: : : : :ハ
        i: :.i: : : : :|:乂」ム从:./ }: :イ|!: } |:i: }!
           i:.:.!: : :!: :|トィrテミ、ヽ{ /ノィ从// }/
         i:.:|: : :|: :.ik 辷ソ    {Jリ〉/イ
            i:.:|: : :i: : i `´    ヽ`¨´ム: }     「ん、どう言う事じゃ?」
         i:.:|: : :i: : i      ′ 八:.!
          _}:ハ: : ヽ: :ト.   ´` .,イ: : :/
        (三ニヽ: : 、:.∧ ` ァ:イ:.:/. .:./
        _入\三ヽ:丶: \ {_/:.:/: : イ
       /三三\\三ニ=-/)アX⌒Y/ノ-、
     /三三三ニ≧、二>/   /ハソ ヽ三ミ、
     ,'三三三三三三三/    /  /三三ハ
    仁三三三三三三ニ|    ノ  マ三三ニ!
   ,三三三三三三三//^ヽ、/ム  ∧三三i|
   }三三三三三三∨/  ハ__,∧ ∧ マ三三!
   /三三三三三三i/ ′/  }:/ ∧》∧ X三ニ)



         ____
       /     \
.    /       \     「あ~、良く解らないんだお
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (●) u|   やる夫は普段通りに部屋で寝て、
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   朝起きて気が付いたら――ここに居たんだお。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ  正直、今の状況が何が何だか把握出来て無いお」


 暗に幾ら質問をされても殆ど答えれないと言う事を言外に含めながら、思わず眼を伏せる。

56 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:17:55 ID:YFBomtyU [53/67]

     ____
   /      \
  /         \
/ U  _ノ    ヽ_  \   (まぁ……黄蓋さんには、ああ言ったけど……ココが何処なのか、
|     (一)|lil|(ー)  |    それだけなら仮説は一応あるんだお。
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |      けれども……それは余りにも突拍子も無い、現実離れした発想だお
.\ “  /__|  |      それに、もしもそうだとしても――黄蓋や孫策と言った武将は『男性』は筈だお)
  \ /___ /


 だが、会話の内容だけならば辻褄が合う。
 それは歯車同士がかっちりと嵌り、一つ一つの『過程/仮定』が証明へと繋がるだろう。


     ____
   /      \
  /         \                 ・ ・ ・ ・
/           \  (けれども……それが何だって言うんだお?
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/   例えそうだとしても現状は何も変わらないお。
(  \ / _ノ |  |    やる夫が何で、如何して、誰によって、何の為にココに居るんだお?)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


 さっきから悩んでばかりで、やる夫は知恵熱が出そうな思いだったが
 それでも考えるを止める事は出来ない。考えを止めたら平静を保てそうに無いからだ。

57 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:18:21 ID:YFBomtyU [54/67]

         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |  
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i     「やる夫……だったかしら?
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i      色々と思う所、悩む所がある見たいだけど
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./      先に質問して良いかしら?」
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ



                                ____
                               /     \
                     iニーヽ    /─  ─   \
                    iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
                      ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
 「や、やる夫に答えれる事ならば……」  ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                            '、_ \       )
                              \ \ / /|
                               |\ ヽ /  |


 今まで聞き役に徹していた彼女の言葉は、気遣いとは裏腹に有無を言わせぬ響きがあった。
 もっとも、それは無意識なのだろう。産まれ持っての強者のソレである。

58 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:20:03 ID:YFBomtyU [55/67]

            r'ー'´`ー// `ー 、
          ノ`(', ',l | //―-`ヽ
          }ミミ{',ヾ冖ヽ\`ヽ ̄` ,
           <// /l i ヽ' , ノ`ー'⌒`ヽ
            //l| ,' l |ヽ,rー'`ヽ \ ソ ヽ
          l_/ノ`ヽー 、/`ヽ\i ヽ',ヽヽ /\
           l´ ,Y /ノ ,ヽl/', l / .l i ヽ .}ヽY
         r' i ノv' { {゙゙ `´ヽlノl / /l // }',l,      「私は薀蓄を聞く前にまずは結論を聞きたい性分でな。
        .}Yl 丶 ,、lヽl ', 、  lフj/}/_ノl/l//l l }', 
       lノリ、 、 x 乂三、ヽ ./イ(・)ゝノ|/l |';|ヘ     手早く質問をさせて貰って悪いが、
        `ヽヘヾゝ rt・チゞ   ー '・ //l|l |i ヘ     結局の所、だ――お前は何者なんだ?」
 ,r‐――===`ヽミゝ=彡( l       / | l |.l lヘ
      、└l  i' l \彡ミ   '      ハl.| .| | ',;ヘー-、
  冫、__,ンゝノ ./ l> /l、ミヾ ,rt‐、    ハ|l il ノ ヘ/\
  ´ゝ_   ∠_ノ / /ノl |l lヘ/ミ/`  /  .| l、ヽ \
    .` ̄´ {/ ̄ヽゝlノ;;;;´/ミ/`ー'     .| l ゝ _ノ;;;ヽ
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|リ /|;;;;;/ミ/ヽ     .ノ ハ|;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j'/ l.|;;;;`゙゙',ミリ\   / l   .|、;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ /.ノ;;;;;;;;;;;;;ヽ彡 ヽ { i \ .`ヽ;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    `ヽ   ヽ };;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ミ ', }  ,r´;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ < ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ',///;;;;;;;;;;;



         ____
       /   u \
      /  \    /\   (……難しい質問だお)
    /  し (>)  (<) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /


 先程までと違う口調に、気圧されそうになる。
 質問の内容もそうだが、それだけで思わず眉根に皺が寄ったのが自分でも解った。
 何者なのか――普段は簡単な問い掛けであっても、その質問は今のやる夫には答えにくいものだった。

59 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:20:21 ID:YFBomtyU [56/67]

         ____
       /   u \
      /  \    /\ 
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |   「や、やる夫は普通の……」
    \  u   `⌒´   /



      |:|.:.:.:.:.:.:|.:.い:⊥ |.:ハ: | l:|   |:.|l.:.:|.:|.:.:l:.:|:|.:.|.:.:.:.:.:.:|.:|
      |:|.:.:.:.:.:.:l从.:Ⅵ l八ヾ、リ  レⅣ レ厂|从l:イ .:.:.:.:. |.:|
      |:!:.:.:.:.:.:. l ≦アテ心      ィチテ心≧ |.:.:.:.:.:.:.|.:| 
       |:|:._:.:.:.:.: |ヘ {ト-じノi}       {トじ-ノi} イ、j .:.:.:.:.: |.:| _
        |:f' l=.:キ =¨三       `三¨= ≠.:.:=.:.:l:./ }
.       l :| :|:==.:.'. = ==        == =/.:.:.== .:.:j/ /_
    /|.:.| :|:.=:.キ = ==   j:.    == ≠.:.:==.:.:.=/ / `ヽ    「饅頭でありんすか?」
.   /  l:._| :'.:.:/^7:ヘ.    t――――ァ   イ.:.:./.:「`l:./ /     }
  r-トrー「 } ∨ ,' :. :. ヽ、 `ー―‐一'  イ〃.:./.:.:| レ′/'^ト、 _j
  { `! { { / │:.:.:.: ', | >  __. < |∨.:.:./.:.:.:.| .} / / }'´ )
  `ト、{ ヘ }./   .|.:.:.:.:.:.:∨        /.:.:./.:.:.:.:.l  { {. / /tイ
   l \ノじ′  :|.:.:.:.:.:.:.:.'. \   / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   ヾ:Jじ'´ j/
.    |   {     j.:.:.:.:.:.:.:.:l         l.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.{      /



      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l   「そう、普通のまんじゅ……って、お?」
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l


 横からの思わぬ声に、やる夫は状況が掴めずに間抜けな声を上げた。

60 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:21:37 ID:YFBomtyU [57/67]

           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL        「……ホロ、貴方が床下に隠している
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、    酒に林檎を漬け込んだ奴、アレ没収ね」
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /
      \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /     /



     ,. . ´: ̄ ,二丶、
   _/: : : : : :ノィ: : : : :ヽ
 ,.イ/: : : : : : :'ー┴< : : ハ   「さ、策殿……今のは空気を和まそうとした、
 `7/ : /:!|ハ: :|: |:ヽ、 : : : : !   わっちのちょっとした『おちゃっぴ』じゃろうて
  |:l l l_l_レ{ ヽト士十!: : : : | 
  从トト{≧=  == |: | : :|  それは冗談がキツイでありんすよ」
    |八  _ __ ..イ:j : : :|  
    |:|: :`.了ー':.:.:.ソ/: : :|!|
     从: ト: |:{:.:.:|:./イ{: : /リ
      ヽ,rLjー!_{ーヘく/___
     く´:::`’::::`’::::::::`フ: : `ヽ
      `ー‐ ¨¨`ー<__Zィー′

61 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:22:47 ID:YFBomtyU [58/67]


 <あら、私は冗談のつもりは無いわよ?

                          ちょ、それは本当に洒落にならないでありんすよっ!?>


         ____
       /     \ 
.    /       \ 
.  / /) ノ '  ヽ、 \     (思わず頷いちまったけど
  | / .イ '(ー) (ー) u|     時代が変わっても、やる夫の評価は変わらないのかお……)
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


 なれた事だし、大した事では無いが少しばかり黄昏てしまう


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |     (そう言えば、黄蓋さんを
. |   (__ノ ̄    /      ホロって呼んだみたいだけど……あだ名か何かかお?)
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

 ふと浮かんだ疑問に首を傾げる。
 質問でもすれば簡単に解決するのだが、残念な事に状況が許さないらしい。

62 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:23:41 ID:YFBomtyU [59/67]

                                   _ ノ    .:.:.:l    {   \、. . . :ヾヘ:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:/:.: /:./:/:
                                   j    j! .:.:八:ヾ:.:.:.:ヾ、、 ヘ. . : : :.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i―-、:. /:.:.:/:/:::
                                  〈   .:.}{ .:.:.{  } :ハ: )`ヾヾヾ. .:.:.:.:j!:.:.:.:.:.:. 、Y⌒ヽヽ :.:.::/:/::::::
                                  ノ   .:.:.:.:.ヽハ {イ-ーjノ  jソ j:.:.:.:/!|:.:.:.:.:i、:.:!ソこ} } }/:/:::::::::
                                 γイl| .:.:.:.:.:.:.{i!i!       rュ==ァイ:/ Ⅵ:.:./:.:ンl`ヽ/  ,ノ :.:/:::::::::::
                                  ノ小从 .:.:.:.Ⅶ、    イヾソ'′ ’/  /:./:.:.|!:.:l: 人  /:.:./::::::::::::/
「ごめんなさいね、話の腰を折っちゃって            ハヽソ:.:ハネj}              /イ : /:.:|!:.:.l いソ/:.:./::::::::::::/
 それと彼女には『良く言って聞かせる』から許して頂戴     ( {{  V           /// :.:.|!:.:.:l ,イ彡′ ::::::/
                                          /           //イi .:.:.:|!:.:.:.l j/ 'ヘ::::::::::::/
 さて……改めてだけども――貴方は何者か、             /_ .....:.:.:.:..         //:|:.| :.|!:.:.:.:l二二ヘ从ソ
 そのお返事をお聞かせ願えるかしら?」                 `ヾ;  ___ ノ     // |.:| .:|!:.:.:.:.!二二ニヾ、
                  .       /7                  └彡::::: ´     /′ |:.l :.|!:.:.:.:.l三三ニニ=\
                    il.、   / ハ    __                 _ ハ ;;;         イ.:! .:|!:.:.:.:.:!三三三ニニ=
                    ij i  /ノ:/__..:.:.:.:.:.::::::ヽ          . . : :/ :∧         //i . : :,.:.:.:.:.:.l三三三ニニ=
                  .  l_:l_/  /:::::ヾヽ:/:):ノ       /: : /  ://ハ、__ _ ...ィ////. . : , :.:.:.:.:.:i三三三ニニ=
                  ::::::::::::::/  /::::::::ノ/-イ       /: : / /∠二二ヽ////////. . : : .:.:.:.:.:.:∧三三三ニニ=
                  ::::::::: /  :/:´ /  /  ィこ>  / /.:.:.:.:/:γ三ヾ、 ::://///// // .:.:.:.:.:.:/:.∧三三三ニニ=
                   ̄l_/  .:j ./  /  / ./  / /.:.:.:.:/ ::{{:::}}: ////// / /:.:.:.:.:.:.:/:./:.∧三三三ニニ=



         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \   「……」
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /


 見つめてくる視線の強さに、思わず体が縮こまりそうになりながら、
 やる夫は小さく深呼吸を繰り返し、焦らず、冷静に、普段通りに――言葉を口にする。
 無論、相手の言外の意図を一つ一つを探るように慎重に言葉を選ぶ。

63 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:24:06 ID:YFBomtyU [60/67]

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)   「やる夫は……普通の人間だお」
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


 そこまで答えて、一度言葉を止めた。
 間違った事は言ってない。いや、本来ならばこれ以上に正しい答えはやる夫にとっては無いだろう。


                       〃〃    ヾ ヽ
                    ,レ''¨¨爪|¨¨`ヽート|
                  トァー⌒ヽ__ル | ハ ハ
                   rーZ  ⌒ ´∧/ヽへへ}、__
                   ソ'〃/  从/ィ     ヽ
                /从( /从(ソ  | |. | | 、./
               / | ,イ.xtッ≧  メム_ノ ノ .ノ| 
             __z-ー=彡.| |ミミミ  イ =tォイ___/lハ
          rzイ// ノ   イ| レ' 〉ミ  」   彡'ii, l | ヽ、       「……」
          (〃{/ ,,彡イ // .ム<二二ニア |\ ,|  ハー-、
          ル <   |//     -ーヾz:::::. |  >- 、 ヽ  ヽ
      r<       ,ノ./      イ´  / .|     `> 、.|
      |  \     ,リ|      /   / l |ヽ        >、
      |   \ 、.  ノ/    rーイヽ ´ ̄j | | 〉         /
        ム    ミソ ( ∧    /ミゝ    ({ |  ヽ          /
      {∧      人 ` ̄ ̄ヽ  ,  人 l l   〉       /ヽ
      | ∧       /  \_ []/|\i| /  川   リ        /   〉

64 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:25:20 ID:YFBomtyU [61/67]

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \   「だけど――他とは違う、
     | ∪    (__人__)  J |    ……一つだけ違う点があるお」
    \  u   `⌒´   /


 普通の人間――求められている答えはこれじゃない。
 また、そうでなければいけない状況だと言うのが、場の空気で解った。それが嫌と言うほど肌で感じられた。

 口にすれば良い。求められているのは、解っている。
 それがどんなに突拍子も無く、奇想天外で、現実離れしていて、非常識な答えでも、
 自分の中で半ば核心に変わっているあの『仮説』を求められているんのだろう。


            r'ー'´`ー// `ー 、
          ノ`(', ',l | //―-`ヽ
          }ミミ{',ヾ冖ヽ\`ヽ ̄` ,
           <// /l i ヽ' , ノ`ー'⌒`ヽ
            //l| ,' l |ヽ,rー'`ヽ \ ソ ヽ
          l_/ノ`ヽー 、/`ヽ\i ヽ',ヽヽ /\
           l´ ,Y /ノ ,ヽl/', l / .l i ヽ .}ヽY
         r' i ノv' { {゙゙ `´ヽlノl / /l // }',l,
        .}Yl 丶 ,、lヽl ', 、  lフj/}/_ノl/l//l l }', 
       lノリ、 、 x 乂三、ヽ ./イ(・)ゝノ|/l |';|ヘ 
        `ヽヘヾゝ rt・チゞ   ー '・ //l|l |i ヘ
 ,r‐――===`ヽミゝ=彡( l       / | l |.l lヘ       「それは、何だ?」
      、└l  i' l \彡ミ   '      ハl.| .| | ',;ヘー-、
  冫、__,ンゝノ ./ l> /l、ミヾ ,rt‐、    ハ|l il ノ ヘ/\
  ´ゝ_   ∠_ノ / /ノl |l lヘ/ミ/`  /  .| l、ヽ \
    .` ̄´ {/ ̄ヽゝlノ;;;;´/ミ/`ー'     .| l ゝ _ノ;;;ヽ
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|リ /|;;;;;/ミ/ヽ     .ノ ハ|;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j'/ l.|;;;;`゙゙',ミリ\   / l   .|、;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ /.ノ;;;;;;;;;;;;;ヽ彡 ヽ { i \ .`ヽ;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    `ヽ   ヽ };;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ミ ', }  ,r´;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ < ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ',///;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ  j |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;


 ――結果として、それを一笑されたとしてもだ。

65 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:26:14 ID:YFBomtyU [62/67]



                       ___、
                  ,,, -'''"´   .`゙゙''ー 、,
            _..-'"             `''-、、
              /                   `''-、
           /                       \
       ./                             ヽ,
      ./                                 ヽ     「やる夫は……この時代の、
     ./  U                             ヽ     この世界の人間じゃ無いお。
    ./ ―-..____, i 、                            l
   /   ,..、 `  "    、                      l    何の因果か、悪戯か解らないけど
   !   ,i 、 ^ !     ,,ノ  ヽ,,_                 U      l   この時代より1800年先の未来の世界。
   .,!   .l弋フ、/ -    l  、 . 二'ー 、、                  |
   l.   ゙>'゙      " .''i.二,、 `゙'‐ `''-、                !   黄蓋さん、孫策さんが
   _|, /            l,弋ア--ヽ/               /   男性の武将として歴史に名を刻んでいる世界。
. ‐'″ ゙‐{                `゙''―-‐"   U           /
      `'- -‐|      ″                    ,/     良く解らないけど
       `' !ーミi、_.   _./                   _/'ー、,     ――やる夫はそう言った世界の人間だお」
            `'-,,`''二二コ              _,,.. -'"゛    .`''-、
           `''ー--、,       ___,,,.... -‐"゛               \
                 ̄ ̄ ゙̄´                        \


 そう言った瞬間、複雑に噛み合わさっている歯車が軽い音を立てて動き出す。
 何かの暗示か解らないが、やる夫は――そんな光景を幻視した。

67 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:27:12 ID:YFBomtyU [63/67]





                   ┻━┻┻━┻━━┻┻━┻┻━━┻

                        原作:真・恋姫†無双

                        第一章 一節 (前編)
                       『 天の饅頭(みつかい) 』

                   ┳┳━━┳━┳┳┳━━┳━┳┳━

                            終  劇

68 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:29:48 ID:YFBomtyU [64/67]
以上で短いですが、一節(前半)の終了と相成ります。
お付き合い有難う御座いました。

70 :名無しのやる夫だお:2010/08/22(日) 19:32:01 ID:nL9jTc8Y
乙!

71 :名無しのやる夫だお:2010/08/22(日) 19:32:15 ID:Zq40JjVk
乙ー
恋姫でやる夫こないかなーと思っていたら本当に来てびっくりww
応援してますんでがんばってください!

72 :名無しのやる夫だお:2010/08/22(日) 19:35:14 ID:sSIr7WwE
乙でした~

73 :名無しのやる夫だお:2010/08/22(日) 19:35:55 ID:6iLe9Pvc

手を出す人が来たか

52 :名無しのやる夫だお:2010/08/22(日) 19:13:49 ID:nL9jTc8Y
あ、やっぱ策はばらしーか。
これと対等なパートナーを務める智謀系の女性って誰だろ

69 :名無しのやる夫だお:2010/08/22(日) 19:31:30 ID:vWIe7ne6

このやる夫ってどのぐらい優秀なの?
一節見る限りじゃ結構頭の回転速そうだけど……

75 :名無しのやる夫だお:2010/08/22(日) 19:39:04 ID:6k0maRoY
乙です   

配役とキャラが俺得すぐる

78 :名無しのやる夫だお:2010/08/22(日) 19:43:13 ID:MhAypxAQ
乙でした

ところで>>1殿、AAとナレーションのセットを繰り返すコマ(>>47など)では
最初のセットと次のセットの間を5~6行ほど空けた方が見易いのではないかと愚見します
宜しければ御一考下され

80 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 19:48:06 ID:YFBomtyU [65/67]
やる夫スレ、見ているのと書くのでは想像以上に難しく頭を悩ませました。
拙作ではありますが、次回の更新も見て頂けると幸いです。

後編では、軍師勢から二名登場する予定ですので、御期待(?)下さいw

後、関係無い話ではありますが、原作を読みながらバラライカの口調を調べたのですが
意外と平時は女性言葉なのにビックリしましたw

以下、一部のレス返し。

>>52 骨が折れましたが、真っ向から対等になれるようなキャラを選んだつもりですので
    次回も御贔屓にw

>>69  原作と一番設定が変わっているのはやる夫かと思われますので、基本的に優秀です。
     やる夫=チートor駄目駄目 な印象があるので、このスレでは前者と言う事ですねw
     とは言え、性格や気概以外のチート要素少ない予定です。
     持っているチート能力は後編にて説明するつもりですし、詳しくは本編にて随時。

>>75 自陣営は基本的に、放って置いても話の中心になると言う事で、好き勝手な配役になりますw
    ほら、この原作を考えると、幅広く使わないと女性キャラクター不足になりますから……

>>78 行間を大きく開けるか、次レスに回すか、次回からはもう少し考えながらやってみます。
    アドバイス感謝ですb

87 :名無しのやる夫だお:2010/08/22(日) 20:39:51 ID:wjfhYv5.
恋姫とは期待
ところで>>39で「豊満な胸」ってあるけど
ホロって狼原作ではコルと同じくらいの残念な胸じゃなかったっけ

92 名前: ◆/Ys6KXDB5k[sage] 投稿日:2010/08/22(日) 20:53:06 ID:YFBomtyU [67/67]
>>87


                             , -一シア
                  ____,,...- ‐─='" 乂: : ミノ´
               `ミ ̄: : : :/: : : : : : : : : : : : : :\/
                `彡/: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                  V: : : : : : :/: : : : : : : :\: : : }
                 /: : : : : : :/: : ,':,、: :、: 、: ヽ: : ト、
                 l: : : : : : :/l: : / : : : : j: : }: : :|: :V ヽ
                 !:ハ: : : : :i: :{ / :{: : {: :ハ: }: :j l: : : : '.
                l:l |: : : : |: {从/:ハ:{j ム斗≦k l: : : : ハ
                 l:l |: : : : l {ぅテ≧-  込zソイl: : : ∧:!
                 レ |: : : : :l 込zソ  _    リ: : : :| .l::l
                   | : : : :ト、          /: : : : :| l::l
                   |: : : 、 :>  、. ´, イ: : : : : : :|  l::l
                  r ‐- 、: : : : rx  Y ,xl: : : : 厂了ヽll
                 {      l: : く´ `大'  `>: : :|     |
                 |     l: : : l\/ i ヽ/| : : | r   .|
                 |     r ノ从イ `ヌ∧フ´<从i ノ   .|
                /:|    .レ´              `< .|
                  /: :|   /                `ヽ
                    /: : :|   人         i         ハ
                /: : : :|  {  \          l         / i  ←このAAが全ての始まりだった。
             / : : : : |  {    "‐- 、     |   _,,....-‐''"               BGM[地上の星]
       .      /: : i: : : :|、. 入         ``丶j/        /
              .:': :/.||: : :|    ゙`i 、 __,,.. -‐''" ヽ、     _.ノ:|
             .: :{: :|:|: : :|    .| 了         ``T": : ∧|
            i;: :!: :|::|: : |   ._/  卜            ,'{: : :/ .丿
            |;: :|: :!::|: : |  />‐-| ゞ、         ノノ{: :/
            |;: :|: :レ:|: : | />‐-、|O            O{'′
            ヽハ: : :|:|: /  !   |            卜、
           ..,_ヽハ:/    l    |                | .∨
      __,,.. ー'''"゛: : : : :.:/    l    |             | ∨
    ,、''"゙: : : : : : : : : : : :.:l     l    {             }  ハ
  ,、´: : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:l     l    \              ノ } .ハ
 、'゙: : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.!=======∨   \         /  }   ハ
.、': : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:./i,      ゙ゞ    >―――<´    ノ   .ハ
.i: : : : : : : : : : : : : : :.:./   i,        ヽ              /      ハ
|!: : : : : : : : : : : : : : : l    ゝ        >、. _   __,,.. <         ハ
|: : : : : : : : : : : : : : : 丶    l、          | ̄ ̄\           ハ
i: : : : : : : : : : : : : : : ' , ヽ、   l、           |     \              ハ
. ',: : : : : : : : : : :' ,: :' ,: ' , ' ,ヽ、 l、        |      \             ハ
  ヽ: : :' ,: :' , : : : ' , ' ,    ヽ l、         |        \           ハ
   ヽ: : : ' .               l、         |         \          ハ

101 :名無しのやる夫だお:2010/08/23(月) 02:36:09 ID:5Nrd/u8Y
乙乙

やる夫板ⅡのAA作成・改変スレッドの893に部屋のAAを投下してみた。
使っていただければ嬉しい。
槍作るのしんどかったから、代わりに貼り紙的なものいれたんで
適当に文字いれちゃってくれ。

103 : ◆/Ys6KXDB5k:2010/08/23(月) 20:26:58 ID:pMMp67iI

>>101 まさかこんな支援を頂けるとは……圧倒的……圧倒的感謝……ッ!!
     さっそく使用して、喜びを表現してみたw


                                           /
\                                        /
.  \                                        /
゙   \                  ___________/||||
  |||||' \__________|__________|| ||||
  |||||  iiii|               ||彡彡彡彡彡ミミミミミミiii|| ∨/|
  ∨   iiii| ┏━┳━┳━┳━┓゙ ||彡彡彡彡  ミミミミミミi|| /  |
       | ┃  ┃  ┃  ┃  ┃゙ ||彡彡彡      ミミミミiii|| | 支 |
       | ┃  ┃  ┃  ┃  ┃゙ ||彡彡        ミミiiii|| | 援 |
       | ┃  ┃  ┃  ┃  ┃゙ ||∥              ∥ || | † |
       | ┗━┻━┻━┻━┛゙ ||∥              ∥ || | 大 |
      /⌒ヽ         /`ヽ.||ァー──── 、‐ 、,,-、| || | 感 |
 /|   ヘ    \,,-‐‐''‐,,  厂 _|゙||{            ヽ ヽ ヽ.|| | 謝 |
∥ |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./l'フ |_厂_/ .||{  _ _ _ _ ヽ ヽ''´|| | ! |
∥/        /  |.ヘ  |___|. ||,廴_______|_|‐.|| \  |
/._____/ ///〃//Vヾヽ   、,.-;ー;-、_,     -  - 、||.   \|
|┌─┐┌─┐| .イ} !i!iミ{{{{`´}}}}   ヌノハリイヌ  / (● ●)ヽ\
|│  ││  │| |ノノリ弋i {゙゚゙-゚ノ!{   リi、゚ー ゚イ`!   ゝ(_人_) ノ   \
|└─┘└─┘| '(('(('゙ ノiソゞy)》'、   く(;;V;;;(iノ   (  ∨  )       \
|二二二二二二| . `゙ くノ /f __j/'i   ノ;;;;;;;;ゝ'"~フ | \( r |       \
              ん'、 じ'フ ゝ  (_ノ ヽ_)''"´ (_| |_)



 皆さんのレス、本当にありがたいです。
 真・恋姫の知名度のお陰とは言え、ここまで見て貰えるとは思わなかった……。
 お陰で比較的早く、次の話が書けそうなので、頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

おいおいおい…こいつは、面白そうじゃないの!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)