【R-18】Mシチュあんこスレがないから自分で作るぞ! 小ネタ やさしいりょうて

【R-18】Mシチュあんこスレがないから自分で作るぞ!9【小ネタ投下自由・女権国家イマフレ】(現行スレ)
-------------------------------------------------------------------------
..
8029 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:10:22.49 ID:QOThXup2 [3/30]
ありがとうございます、それではお言葉に甘えまして、僭越ながら投下を開始させていただきたく存じます
タイトルは「やさしいりょうて」で、25レスほどお借り致します

8032 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:15:56.60 ID:QOThXup2 [4/30]
             ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l       ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
             ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !
               i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                 l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /
               l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´      ガ゙キュ
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }           ガキュ   
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
               ´          |     ` ー ´
              /          ‐'}
           { ` ー―――‐ ´ ‐'
            ー――――― ´

スモッグに覆われた空、月明かりに代わって疎らな街灯が照らす夜道を、一人の男が歩いている。
奇妙な響きを伴ったその足取りに迷いは無く、時間帯に相応しい酔漢の類でない事は一見して伺い知れた。

. ..
8033 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:16:28.45 ID:QOThXup2 [5/30]
      ∧: : : : : : : : : i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
    .∧: : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
    ,イ二二: : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ム
    i///l' ` <∠: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ム
   ∧//,l     ` <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ム
   マ///l     _,<>、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ム
    マ、/,L,、_ ∠三≡迩7 \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
      マyi=7'、__マ=7´  ,イ\: : : : : : : : : : : : : : : : .ム
       \7i´ 二`二二二 二二\: : : : : : : : : : : : : : : :i
         `l二二二二二二二二二>、: : : : : : : : : : : : ム
         l二二二二二二二二二二二\: : : : : : : : : : : \
        __.〉、二二二二二二二二二二二\_: : : : : : : : : /`‐-、_
    ,-‐'´ ̄/ / 又二二二二二二二二二二二l二二7  /: : : : : : : : 三>ー 、_
   〈__,イ  l l´i7`マ二二二二二二二二二二=/: :l ー/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ` ヽ 、
    /: :.i   i´ー'   マ二二二二二二二二二/: : : 7: :i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
   /: : : : : \_.i     ム二二二二二二= / ´: : : : / ー<、ヽ、: : : : : : : : : : : : : : /´<>',
   l: : : : : : : : \   マ,-,二二二二二./ : : : : : : / /: : : `ヽ、ヽ,: : : : : : : : : /: : : : : : : マム
   マ: : : : : : : : : : ``‐-、_ム二二二=/: : : : __∠_: : : : : : : : `‐ヽ、ヽ、: : /: : : : : : : : : : : マ',
   /: : : : : : : : : : : : : : : ``――-<――'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ``‐、イ: : : : : : : : : : : : : : マi
   i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : ニヽ' 7: : : : : : : : : : ',
   .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / /: :〈,イ´: : : : : : : : : : : ',
    i::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : : : : : ヽ/i: : : : : : : : : : l
   ,イ:::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : 〈,イ: : : : : : : : : : l
  /: :l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :〉'7: : : : : : : : : :l
  .l : : i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : l´i: : : : : : : : : l


もっともそれは、彼の出で立ちこそが物語っている事でもある。制服を兼ねた防塵フード付きの外套と、そこに縫い付けられた隊章。
それらは彼がこの街の災害救助隊の一員である証であり、市民からの信頼も厚い彼らのこと、酔って醜態を晒すことなどありはすまい。

8034 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:17:08.22 ID:QOThXup2 [6/30]
             ┌=================================┐
     ____|                              |    _
    |―――r=:|                              | ┐ ()_)
    |―――l: └=================================┘ |\//
    |―――|:::___________________::|―\
    |―――i゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i――|
    |―――|  |  | | ̄,゙´l| ̄ ̄| | | ̄ ̄l| ̄ ̄l |  |  |――|
    |―――|  |  | | ,.゙  l|    | | |    l|`' , -l |  |  |――|
    |―――|  |  | l__l|__| | |__l|__':_l |  |  |――|
    |―――|  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |――|
    l三三三|  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |三三l
            l:三:三:三:三:三:三:三:三 三:三:三:三:三:三:三:三:l


その足が止まったのは、一軒家を改装したと思しきごく小規模なガレージの前だった。慣れた様子で呼び鈴を押し、家主が応じるのを待つ。
そしてしばらくのとも言えない程度の間を置いて、軽快な、弾むような足音とともに―――

                      ___
              .  -‐ァ、____,..ァ‐≧=- 、
             _,.´ - ‐ ':_: __:_:_}‐ -: ,,.. _)、
            〈_彡 : : /  ` 、  ミメ、  ー{
            /}: :ァ'´        \   ヽ.: :, :{
.         . }:/ . }.   i:     ハ    ∨:.:{ .
            .′}′/,ハ  ト.    |:ト、 ヽ ∨:ノ i
          /  i| j斗‐- |、、   斗l-ヘ‐-} 「 | |    <お帰りなさい、お兄さん!
.         / / .:i| } |  〉l  \ 払 -},ハ「 |
        / /   八:: ヘニ=ミ    ≧ー=ミ^}ムノ: 「ヽ
.       / /   /i }ヘi{ 〟     i     〟 } 〉: ト、 }
       i /{   l }: :い _,.        _,. 、ムイ  l  }
       |′l   :l }ヘ 公;ノ r= ニ =‐ァ 廴√}l ,ハ丿
        、   ハ} : \ 〕ト .` ー-‐ ^ ィ〔/ ノ /
.         \{    ヽl: 个ー-‐ァ'{ノ_〈//
          ァ'´  ̄ 〉‐ァノ  ̄ -┴ァ}ー=ニ)__
            /    .′.}{ーァ'´/⌒_丿   }  ` 、
           .′   ′ }{/ }′/^ _〉   ハ    i
.         {     i  {/    _//  {〉 〉  l
.           '.  ヘノ  /     /  .:丿 /   八
           i   ′,.、}′   },√} ‐-r'´ .′  /
            l  / 〈  \ _.ノ^ ハ  j   〉  ′
.          | { ∧_〉   ^ー{    r{-≧=‐{-、 .′
.           l  '〈      /   | {三三 { i
         |  /⌒'ーヘ.,_ァ'  、 ム_-‐‐-_、ノ|
          / /     /   '⌒>  i⌒⌒⌒{ .
         ′/     /       |     l .′
         { .′    .′      l      {
       ∧{     .′      |     }
         、   ノ           、     .′
.              〕              \ _..:〈
              <      ,.  -‐          }

このガレージの主であり、気鋭の機械義肢技術者であり、彼にとっての妹分でもある楠リッカが花の咲くような笑顔で出迎えるのだった。

8035 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:18:03.20 ID:QOThXup2 [7/30]
   {ノ              寸∨ ∧'/从 丿////////
.    ',\  ‐-            寸ミ/∧/{,.ィi{/h、///////
.    ', ` ヽ              \{\ミ'///,心、///// <はい、ただいまリッカちゃん・・・じゃないって。俺はもう今は寮住まいだよ。
.    '.   ノ          U     ‐ ̄ニ\'///,心、//,    それにちゃんとカメラで誰が来たのか確認したのかい?
      ':, `ー==…‐-           ‐ ̄ニ‐寸ム)h、/∧\    毎度の事とはいえやけに出てくるのが早かったように思うんだけど。
        ':,  ヽ=ニ ̄`         ‐ ̄ニ‐  刈'/∧`ヽ
       ' ,                 ‐ ̄ ニー -二ト、//,
.          ':,             _ ‐ ̄ -  _,.、、、 ∟\,.、rセ    「大丈夫!他の人ならともかくお兄さんならすぐわかっちゃうから!」
.            、    _,,. -=ニ ̄  _,、rfニニニニニニニニ
           ```` ̄`、ニ_、rセ〔ニニニニニニニニニニ
               ,ィi{ム {ニニニニニニニニニニニニ  <少しは真面目に聞いてよ、最近物騒なんだからさぁ・・・
             _,xf(ニニ心{ニニニニニニニニニニニニ
             <ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
              ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニ
                〉ニニニニニニニニニニニニニニニニ


フードを外し、ガレージの中へ促されながらもついつい小言が口をついて出る。年若い女性の一人暮らし、
用心はどれほど重ねても過ぎる事は無いだろうにいつもこの調子だ。

                ___   __
              _{/////////Y////人
             人≧======≦:Y===≦ヽ
             {:.≧=------=:.人:. :. :. :. }
            /⌒7:. :. :. :. :. :/    ̄ ̄ ー――ァ
             |―/ー―=≦       \  \_彡'
          / |―l i|   {    |   \   >
         / /| |―i l|  ∧    |   :\ `、¨´  <それで、今日は義肢の点検?
         '  / :| |―/从 / ̄、 ̄  |\  ̄:{i\、
       /     | ∨ハ ⌒ ィぅ示㍉ 、 ィ示八 )     「うん、新型だからこまめに様子を見させてくれって前に言ってたろう?
         i /|  八 ゝ  乂 ソ \ vソト ヽ      俺は誰かさんと違って忠告は素直に聞くの」
          j' |i   ヽ  、,;;;;;;,       八
         / 八  \ }  \   r ___' イ  \
          /:\ ノ    ト  _/-、 `¨¨⌒   <あー、ひっどーい。また変な機能追加しちゃうよー?
          / ̄ヽ `、 ___    、/| i   }
        ,     i  ',  `  '  } |__/
        /    |   、     ,  {///       マタッテナンダヨ!?
         /      :|     \ __ ノ/ }//                    ア、イマノナシ クチガスベッタ
.        /    / j    \  ̄ ̄/  |/

8036 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:19:28.98 ID:QOThXup2 [8/30]
              ┌───────────────┐
              │                        │
              │    ┌─────────┐    │
              └──┼─────────┼──┘
                    │  ┌─────┐  │
                    └─┼─────┼─┘
                  └─────┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                     ┌─┐
                     └─┘
                      □
            /      ______        _、+'”
          /       〔三二ニ==ニ二三〕     _、+'”
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ``'<「 ̄ |>''" ̄ ̄ ̄ \                 _,,..  -=
       /__________Y^Y______ \         _,,.. -‐  ̄___
________________|二二二二二二二[]_ヽ__-_,,... --─ '' "__,|| ̄ ̄
          || ̄ ̄ 丁|| ̄ ̄~~丁|丁 ̄ ̄ ̄丁| ̄ | | ̄ |:|    ||-‐||¬''||“¨ || ̄  ||
____________|├── ┤||ー┬ー ┤|├───┤|─〔==〕- |:|  _||_||::: : ||:::::::||::::::::: ||
| ̄ ̄|||| ̄ ̄ |:||||     |||  l   |||      ||γ´ ̄丶 |:|γ ヘ ̄\::::::||:::::::||::::::::: ||
| ̄ ̄|||| ̄ ̄ |:|||└── ┘||_|─ー┘|└───┘|弋_ノ ̄ ̄ ̄{‐、\  \||__||__||
| ̄ ̄|||| ̄ ̄ |:||| ̄ ̄ ̄ ̄ ||丁 ̄ ̄ :| ̄ ̄¨ ||二二|二二|:| ゙̄| ̄ ヘ丿ヘ   寸二二厂 ̄ ̄
|    ||||     |:|||____  || [|      | :     ||  |     |: |   \,‐ミx   ∨ ̄
|__||||___|:||| ̄||─ー|| ||  x-─‐┴─--、||  |    Ω_,|     \) ))/
二二二二二二|||_||___|| ||/,x\:::::γ⌒ヽ: :∨===  ゑγ^'v_/ ̄ ̄xく =ュュ
|   ||─ュ  lニニ|二二二// \\(::::::::\\∨ |   |¨|:|: : : |/: : : ::/ /─比[][][]ニ=‐ _
|   ||   |  /¨∨|_|_|_   \\  __\\: : : :ヽ >>二二\|.|: : :く : : : /∠_ ̄|¨ ¬r──__
/ ̄ ̄ ̄ ̄..|::::::| ̄/||__|\\| |ヽ∠¨¨二二二¨¨\┼l|`¨´|\/|::| |  ̄|    :|   | | ::|::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  /||「「「「|  \| | :|_[]二「 ̄ ̄|二|二l|-:|ニニニ| |\ |   |  __,|   | | ::|::
            |  | / || ̄ ̄|  L_[]__厂|/ ̄ ̄ ̄ \ー‐|_,,|: : : |_L_ ̄|\>  .| /}/i|   | | ::|::
            |  |/  ||__|_」「_癶|‐く ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \|_..|: : : | ⌒≧s。|   | [|| |   | | ::|::
            |  |  /||__|_└/\\|三三三三三三」 _| ̄¨|_    ≧s。└L_|   | | ::|::
            |  | / || ̄| ̄辷〉 |\/ ̄ ̄ ̄ | | ̄ ̄\/ ̄ ̄L「         ``冖冖└L |_
            |  |/  ||Τ    γ\| ̄ ̄ ̄ V^ヽ ̄ ̄ノ             . . . . : :
            |  |  //      `7¨¨¨¨)¨¨¨¨ヘ 弋二)     . . : : : : : : : : : : : :
            |  | .//))       `¨¨¨´    \ \     厂〉_ . . : : : : : :, :, :, :,
______|_|//`´                 \ \_/ ,/シ : : : : : ::, :, :, :, :,
二二二二二二|_|/::                    ≧=‐‐=≦ : : : : : :, :, :, :, :, :, :,
:, :, :, :, :, :, :, :, :, ((__)::                   . . . . : : : : : : :, :, :, :, :, :, :,


工場のような外観の建物だが、扱うのが義肢、それも外科的な処置を伴う事もある機械式のものとなれば
設備の趣は医療のそれも混じってくる。彼はその中央に設えた、リクライニング・チェアを思わせる簡易寝台に横たわっていた。

8037 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:20:39.51 ID:QOThXup2 [9/30]
              |:i:! .〃                    |:| |:|                |:|
              | |!〃          .ix=x     !:! !:!                 |:|
         ┌:ェェェェ!ェ!ェェェェ:┐        |. \\  ./:' ./:'                    |:|
         .:| |-Vital-    :! !         | |\\\////                |:|
         .:| |:-ヘ/ーヘ/ー:| |        | |  \\\/                    |:|
         .:| |_____| |        | |   \\\                     |:|
         └‐─ v:ェ::ァ─‐┘        | |      :| :| ̄|                     |:|
              Ⅵ/         _| \   .:| :|  |_                   |:|
                 | |!          .|\\. \  | :|  |  \                 |:|
        =ニ二三三ェ三三二ニ=    .|:. \\. \ | :|  |    \      .___  .!:!
               `YY´           .|.   \\  |  |      \ _,∠_      `/:'  .
                | |          |     \\:|_|     _,.,r少x  `ヽ.:.  //
                | |          |         \ __ r ':rくゞミ';、 : : : : : i:  // /
                | |          |           !  /  {: : : : :Vハ : : : :r' ///-=
                /:∧  .       |\       .|/   _`ア¨´:ゞミ';/  // -=ニ
               .///:∧        |:. \    ..r'ェx=ニ孑ヤ´ ̄ ̄ア’ーテ彳’-:=ニ
              //ムムム________ ,r='¨´       ji    Y  /-=ニ三三三
      ___   〃¨Tl¨Ti¨Ti¨Ti¨Ti¨Ti¨Ti¨:ア        〃    }./-=ニ三三三三
__ , ・´    `マ/  | ! :| ! :| ! :| ! :| ! ∠二又        /’    /-=ニ三三三三三
       _   `'ー=¬冖¨ ̄¨冖r:f:f:TK ヾx、     .<     /-=ニ三三三三三三
ー==ニ二_                   L|_|_j」`゙  `ir--==イ\  /-=ニ三三三三三三三
         ̄冖¬=ェ、__ ,            L_ ___ >'-=ニ三三三三三三三三
     ,r========================x -=ニ三三三三三三三
    /〃¨T l¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨T i¨ヾ;ム - = ニ三三三三三三

                                           ・ ・
制服から検査衣に着替え、その袖と裾から突き出た手足は―――その全てが、金属の光沢を帯びている。

8038 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:21:33.48 ID:QOThXup2 [10/30]
 > ,
.    >フ ̄ ̄"''<
     /      ヽ
´ ̄ ̄         }
     |    --''" ',
     }.         ',
.    {          ',
     >.          ',
      {.          ',
.       ヽ.        ',
         ヽ.        ',                   ,,、
           ‘,.       ',_,--,.              ___>{::',¨'''''フ
             ‘,      /::::/"‐/:::7 ..,,,--、     /.  ,ィ=二,-、___,,,,、
.            ∧、     /ニV  /:::/ /:::ア"゙'/:::7   フ´i、_{;;;;}_,,,,,,,ノ
.             乂     /::::/  /ニ/ /ニ/  ,イニア.  ‐‐イ , ゞ{;;;;}    ̄〉
            "'===/::::/,,,,,,/:::/,,_/::::/  /::::/.     '"/ ニ{;;;}二__ ̄ノ
                ¨¨  ゞ''´  ゞイ ̄¨ゞ=' ̄"ゝ __,,__{;;;}__,_フ


           // ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;} l |       / ::::;;/ /;;i:i:i:i:;;::::::l
          /| |   `ヽ;;;;;;;;;;j j .|      /  ::::/ /;;i:i:i:i:;;;;:::::l
          . | |     };;;;;;// l     .′  ::::{ {;;;i:i:i:i:;;;;;;:::/
         .′| |  癶  ;;;;;//       .′  ::::{ {;;;i:i:i:i:;;;;:::/
         l  | |/ 癶 \//  .′    ′   :::} };;;i:i:i:/7
         |/ /  .: \ 〈  ′    .|     :::} \//′
         | /| |  :::::::/∧ ∨         / イ / ′
.         l  .| |  :::: // ∨      '._//.:::| /  .′
          l  | |  :::::| |  /       ゝ_/ .:::::| |  ,'
.          l  | |  ::::| | ,′        ,   .::::::| |  ′
           l .| |  ::// ′        ′ :::::::| |   l
          l  | |  :::| | ,:          l  :::::::| |  .l
             l .| | ::::| | ′          l  ::::::| |  l
           l .| | :::| | .|           l  :::::| |  l
.            l | | :::| | l           l  ::::| |  l
            l ノ | :::| | |           l  :::: | |  l
           {{ {__ノ ゝ、          .|_____ノ { .|
           |弋___ノ∨ハ           |ーー、 \|
           l     } l |           |  :::://ヽ|
           }      | | |           } //::::、
          /     .:| | |           /´/:::::::::::::'、
          /     ::| |リ          {'´::::::::::::::::::::::\

それらは彼が過去の事故によって失った肉体を補填するものであり、己に降りかかった悲劇から他者を守らんとする彼の相棒であり、
リッカが彼のために持てる技と才の限りを尽くした、形ある祈りそのものでもある。―――そして、彼の恐れと迷いの源でも。

8039 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:23:11.71 ID:Vkd27A1t [5/8]
女の子に体をメンテしてもらうのか!

8040 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:23:26.20 ID:QOThXup2 [11/30]
                  -―- _ -――=ミ
                /   ̄ )//,}:. :\      \
               _/ {_ イ////:.//人  ̄ ̄  \_
            /⌒人///// 彡ヘ:. :V : : :. > 、:/   }  ``丶、
           /'/ }/ | r-‐  ̄:. :. :. :><:. /:. /:. \  人       \
           { { ////:/ ̄ ̄ ̄   \   丶、/:.\         ヽ <全体的には大きな問題は無い…けど、思ったより関節部の
             Y //: |     \   _\   \:./\ |          消耗が激しいみたい、メンテの頻度を上げたほうがいいね。
            乂/:i:i| :i|     、メ      ヽ   }ヽ:./:ヽ       ヽ:i   活動記録があったらそれもちょうだい?
              \| 八   、 \ィf示ミー   |) }ヽノ:.i      ハノ
                人  < | \ { vf )ソ ∨   | / ∨:|   从 /   「メモリに入れて持ってきてるから、後で渡すよ」
                 \{ x=ミ     ´    i   |' __彡 'ヾ^ー=彡
                  \ vf:〉      |   |  \⌒        <おっけー、お願いね
                     ハ _、         |  人___`  _  ┌─┬─────
                 _ノ7::::::}::ヽ , -  / ̄ ̄ ̄ ̄\丶、 \ |  |\
                _{:::{::::{::::::〈:::::个ー /         \ \ __)|  |  \
                  {:{:::{:::::( ̄::\::::ヽ ,            `   ̄|  |   \__
                 \ー 'ハ::::::::::::::::{               '   |  |    |
   ピッ  ピッ          ー:::::::::::::::::::::,              }   |  |    |
       ./二二二二二二二二二二二二∨    /_      }   |  |    |
       |:::::::::::::::::::i三三三三i:::::::::::::::::::!::: |    /       ,    |  |    |
       |:::::::::::::::::::l三三三三l:::::::::::::::::::!::: |    ハ     /    |  |    |
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|   /  `¨¨¨¨´    ´ |  |    |.
       |::::::::::::::::::/ ̄ ̄ /i::::::::::::::::::::::|:::::|   , i       /   |  |    |:::.
       |:::::::::::::::::i ̄ ̄ ̄i:::!:::::::::::::::::::: |:::::| ̄ ̄巨巨ヽ  /      |  |    |::::.
       |:::::::::::::::::l::::::::::::::::l:::!::::::::::::::::::::::!:::::!(¨─── '  ,      |  |    |__
       ∧:::::::::::::::|:::::::::::::: l:::!::::::::::::::::::::::!:::/ ヽ   i≧=--、     |  |   /::::::::::::.、
        . ̄ ̄ .」::::::::::::::::!::「 ̄ ̄ ̄ ̄  __ ノ             |  | /
         /::::::::::¨¨¨¨¨¨¨ニニ二 \¨ ̄               └┴┴┬───
        .∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::∧                ,.p_.       r|
         ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(:::::::) ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メンテナンス用に各部に設けられたポートへケーブルを繋ぎ、時には直接装甲を外して内部を確かめたり。
作業は手際よく進み、リッカが言うようにこれといった問題も無くひと段落する。
もっとも安全のためにまだ四肢への神経接続は切ってあるため、彼の方は寝転がったまま動けはしないのだが。

8041 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:24:59.70 ID:QOThXup2 [12/30]
             -―――ュ
         ノ'":::::ノ ̄ ̄ ̄ ̄}=ミ ̄::::\
         {:::ー':::::::::/ ̄ ̄   \:::::::}
        ' |:::::|::: / '  :| ||  |  (``丶、         <・・・ね、お兄さん。やっぱりこっちに帰ってくる気は無いの?
       /  L_:.|:./ | |  :|_j|_|   :| \:::::\   _
            |:::::|'  | |  :|八 /|i` :|ヽ \::::>'"::::::ヽ
       i   |:::::| /| |  :|==ミ   :| 十  i:/  ̄ ̄\    「・・・それはもう結論が出た話だろう。
       |   l'⌒V Lノヽ从V^ソ \人/  | ||:\,,.. -‐::: ̄ヽ    俺の都合を押し付けて悪いとは思ってるけど・・・」
       |   |∨ハ}           以 ト< 从::::::::::://///
       |   |∧八  ノ;;>     / } | \:::::::// ̄ 、
       |i    };,;込 /;;;;/    _ 、 ;/八  \彡ヘ    `、  <お願い。もう一度はっきり聞かせてほしいの。
.       八    ∨  \;;;;、     イ '  \     `、   `、
    /イ   :| {    :`:.r  .,__ /∧  /'⌒ヽ      `、   `、
        |    人 、   : :|    / j '             }
     ノ  /\:\{\  :|\_彡イノ-―‐- _  -‐ '"ヽ    }
    /  " \  \_ ヽ  /、  \    /         /
   /      ',  `、  \ '  `、  \        ,,..   ´
  ,        ',   、       `、   `丶、  >'"
  i          ',     \      ハ     \
  |    /     } /   `  -- '       /  }
  |      ノ   V                 '
  |      /   {  、        {   }    /{
        '⌒ヽ  ;     ̄ ̄ ̄{   }  イ  i|
 ,      /    \} 、       ノ      、 八
 i     ,      、 トーー=≦/    \     、    カチッ
 |     i      \     :/       :\    `、           システム   キドウシマス

そして作業の手が止まり、ふと奇妙なほどに真剣な面持ちで彼女が切り出す。
問いかけたのは、彼がこの家を―――より正確に言うならば、リッカの隣を去った理由についてだ。


       }}/////心、           _,,,_  ノノ     /
       ∥ イ//// }ト、                '^     、′ 
        {/ j////,'八 \     …‐- .,_        、`  <・・・ああ、戻ってくるつもりは無いよ。
         {/// /: : : . `、           `ヽ     、`     俺は君を、俺の大切な人を傷つけてしまうのが恐ろしい。
          //, ′:;;:. :}h、`、      ` ー      、`
.           √Ξニ‐ .;_: :\ \          /
.          /ニニニニニニ‐ )h、\      _、‐゛
       _,.心ニニニニニニニニ‐)h。,_   _、‐゛
  _,,,.、rセだニニニニニニニニニニニニア゛


鉛を飲み下すような気分で、今も胸に巣食う不安を口にする。それは、彼が救助隊の一員として負った責任という重荷でもあった。


8042 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:25:42.92 ID:QOThXup2 [13/30]
        \::::∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:彡'′: : : : : : : : .     ',
          \::\i:i:i:i:i:{ ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : .    '.
           '、::::i:i:i:i:i:{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.   .
            ',:::::i:i:i:i:ム: : : : : : : : : : :_:_:_:_: : : : : : : : :.  }
            }:::::i:i:i:i:i:ム: : : : : : : : /i:i:i:i:i:i:ミs。: : : : : :  l
            {:::::::i:i:i:i:i:人: : : : : : /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム: : : : : l
            ',:::::::::i:i:i:i:i:i:i:\:_:_:_/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム: : :.:: l
             \::::::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム: : : . '.
               `ヽ、::::::::::::::::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l: : : : '.
                 `丶、:::::::::::::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{: : : : : '.
                    `ヽ::::::::::::::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム: : : : : '.
                      \:::::::::::::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:iム: : : : : ,
                        \::::::::::::::i:i:i:i:i:i:i:i:iム: : : : : ‘
                         ヽ::::::::::::i:i:i:i:|∨i:ム: : : : : :__\
                           `、::::::::::i:i:i:|: :寸リ。o≦i:i:i:i:i:i:i:≧s。
                           `、:::::::::i:i:レイi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::::::::\
                            `、:::::::::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/::::::::::/
                             `、:::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>‐‐‐ノ:::::::::,イ
                              ゚。:::::::::i:i:i:i:i:i:ゝ::::::::::::::::::::/:::ヽ
                               :::::i:i:i:i:i:i:i:i::_:_>s。._/ヽ::::::::::::.
                               /::::i:i:i:i:i:f´i:i:i:i:i:/i:i:ムi:i:::::::}:::::::::::}
                              {::::::i:i:i:i:i:i:{i:i:i:i:i:i:{i:i:i:i:i:\::::{:::::::::::
                               '.::::::i:i:i:i:i:{i:i:i:i:i:i:∨i:i:i:i:i:i:\:::::::::{
                               }:::::::i:i:i:i:乂i:i:i:i:i:∨i:i:i:i:i:i:厂 ̄
                               ゝ:::::::i:i:i:i:i:i:\i:i:人i:i:i:i:i:′

彼ら救助隊の用いる機械義肢やパワードスーツは、職業柄一般のものよりも遥かに高い出力を認可されている。
                                                      ・ ・ ・ ・ ・ ・
そして盗難の恐れが低い機械義肢については、最大の特徴としてその出力のリミッターが装着者の任意で解除できる点がある。
災害、事故、テロ・・・突発的な事態への即応性を持たせるための措置だが、それは同時に隊員らには高いモラルとともに、
自らが容易に人を害し得るという事実に耐えられる心が必要となることも意味していた。


     〈
        `ヽ、
        /
        /
       _ノ
    /、    <本当は、こうして会う事も避けるべきなんだろうけどね。
  /ノ ハ      ・・・我ながら半端な事をしてると思うよ。
 'ー ´   ノ
    イ
     |
     |
ヽ     i
ヽ\ ノ
:::ヽ、゙´


彼は優しく、実直な男だった。そしてだからこそ己が手にした暴力の重圧に徐々に心を苛まれ、
さりとて心の支えでもあった夢を諦める事も出来ず―――結果、ふらふらと境を歩むような状態に陥ってしまっている。

8043 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:27:34.08 ID:QOThXup2 [14/30]
                  __ _
              、丶`  ̄`   丶`丶
                    -=ニニ=、  丶
            /     /: :{=《  ヽ=-==─ 、
           ′  、丶`:}:}: :_>===彡ヘ={  ヽ=Y
           /  -<:{:」┘>: : : : : : :>‐、\=-彡}
         /   イ ニヽ ァ"    ̄ ̄    \: : /
        ′//.|〈 >./ >"      }   ! ハ"
        i |/ / 人_,</|_>"/ヽ  / / |  !  <そっか・・・ね、お兄さん。もう一つ聞かせてもらっていい?
        Ⅵ '| / /| ;  《 ア心>‐ ∠/_/ル′
         ∨ハ|/ / 八:.::.::...`¨´   ゞ''// ;
            }/  丶     _〉 /|/∨      「うん、どうしたんだい?」
      _  r≦7´  j  > 二 <_
    /   、/_-_′   }  ;′ }-_-|   丶
.    ′   }_-_/__    ; __.|-_-}     ,    <その”傷つけたくない”っていうの。具体的にはさ・・・
.   i    {_-_{    `´   /_-_-|     .;
      | /_-_-、   :.:   /_-_-_-}     /
   |   j/-_-_-_ > ___/_-_-_-_-{  / .′
   |  /_-_-_-_-≧=≦_-_-_-_-_-_、 j /
    l  |-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧.| ;′
       |_-_-_-_-_-_-=-_-_-_-_-_-_-_-Y


彼が語った内心はリッカもまた以前の話し合いで承知している。ゆえに、このやり取りは過去の焼き直しに終わる。
そのはずだった




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |                                        |
  | 私を怪我させたりすること”以外”の心配も、あるのかな?  |
  乂________________________ ノ





踏み込んできた彼女の言葉に心臓を掴まれるまでは、そう疑っていなかった。

8044 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:28:52.50 ID:Vkd27A1t [6/8]
実直主人公はmシチュ向き

8045 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:29:53.33 ID:QOThXup2 [15/30]
   |  i   |                     !
   i  i  i                      マ
',  i  i  .i                         ヽ   <・・・どういう、意味かな?
    i   i  i   U                   丶、
  、 i  i i      マヽ ̄丶               /  「今のじゃ伝わらなかった?それともとぼけてるだけ?」
   `.i  i .i       `丶`ヽ.\        _  ィ
.    i  ', i          ` < 、_    (
    i  .',i            `' r.f==´
\   ',  ',i\             __  j i
::::::\/ ',  'i  丶      ,.'  「  i
:::::::::::/ ∨ . ',    >   __ /   .i   i
:::::/\   ∨ ',              i   i
:/::::::::::::`ヽ .∨ ',            i   i


じわり、と冷や汗が滲む。できるのなら今すぐに立ち上がり、この場を去りたかった。だが彼の四肢は未だ眠ったままであり、
逃げ出すことはもちろん耳を塞ぐことすら出来はしない。焦燥が胸を焼く中―――



                   __   r=========ミ
               r‐=≦:. :.{==={:. :. :. :. :. :. :. :. ヽ
              /:. :. :.>'"   `ー=ミ:. :. :. :. :. :}
               {:. :/   {   \   `、\:. r={\
              ∨        \\    ¨ヽ:. :. ヽ
              '    ハ    / ̄ヽ ̄i   i:._:.  ',  <”私を襲うのを我慢できなくなりそうだったのか”って、そう聞いてるの
              i  | '/ \\   }_从ハ  |:._:|i  ;
              |  | {  _ ヽ  ̄ィv莎≫ i _|:. ハ i
              |  |  ィ'v夕       ,,,,,,, j/^ Y   :|
             人 /ハ   `      ;;;;; / ) 人   |i
                  ´  八:;;;'  v フ     /イ    八
                     ヽ           /|¨´|    {  \
                        } >    ,. ´  | 人    }
                _ ノへ  〕¨     | '   \ ,
              /    ̄ 〕}<     人    ∨
             ,  _     ノ 〉 `  ' ̄  -> 'ニヽ
         /,. '"   ``丶、'  〈        //  \
        / '"     {      \ \      /  {
    _ -‐      /\    イ ハヽ `¨¨¨¨´    、      }
   /        /   ( v / / / }  \ /       V   /
  ,       ,.     八¨⌒7ー' \  \        }   ,
  {       '"      《: ー/-‐'"   \  \     ノ   {
  ゝー ´         /  /          \  ` ̄)     ,
               {  '          \ヾ\   /
                ノ {            ヽ 人  ,

―――告発の刃が、突き付けられる。

8046 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:31:05.96 ID:QOThXup2 [16/30]
   |  : : : :|  : : : : !  : : !: : : : : : : ,: : '"゙丶: : :.ヽ: :i    : : : : : : |    |
   |  : : : :|  : : : : !  : :.i: : :,: '"´      ヽ: : :.ヽi    : : : : : : !    !   <違う、そうじゃない!俺はただ
   |  : : : i|  : : : : !  : :i/           ヽ: : : !   : : : : : : i    i  
   |  : : : ハ  : : : :j  : :i: `: :.、          ヽ: :.!   : : : : |¨|__[][]   ノ¨フ                        | ̄7| ̄7
   |  : : :j,ァ!  : : : :!| : :.!: : : : :`: :.、        !: :!   : : : :| __l  ┌一゙ /   __   .__   __   __   .__ _ _   | / | /
   |  :./: :|  : : : :i.! : :!  '"´  ̄          !:.:!   : : : :| |___ └┐.r' ./ / / /./ /./ / / / UU/7 └'゙ └'゙
   |>': : : : :i  : : :,' ! : :'               .!: i   : : : :|____l  ..|__| └1_|└1_|└1_|└1_|└1_|   くノ ○ ○
 <''''' "´  ̄:!   : : , :| : ,                 !:.i   : : : : : i    .!
   >.、   :!  : : :! :! :.'                i: i    : : : : : i    i:
   |  `ト 、i  : : :i ! :,                 !:.!   : : : : : :i    !:
   |  i   |  : : i i :,     ,.. --- 、        .!:.!   : : : : : :!   i::
   |   '  | : :.i、 i , r ≦´ァィ'.:.".:´.:.:',         !:.!   : : : : : i   .!::
   |  ,   .! : : i !| ゝ:::/,f.:.:.:.:.斗 '.ノ        !:.!.   : : : : : i   .!:::
   | ,     ! : :i   ` メ ヽ- 一 "´          !:.!  : : : : : :!   !:::
   | ,     i : :!    |                !:.!  : : : : : !   i::::
   j/     .! : i     ゝ....、--           .i:.!  : : : : : !   i::::
          i :.!      ! ム`'           j:.!  : : : : : !   !::::
         i :!      .! : :ム            !:.i  : : : : : i   i:::::
         .!|      .! : : :.ム         ,': :.!.  : : : : :.i|   .i:::::
          |       i  : : : : iヽ、       ,:': :,ィ!  : : : : :!|   i::::::
                 i  : : : :.i !ヽ     /,ィ ヽ:!  : : : : i.|   !::::::


否定の言葉は、唐突に響いた電子音にかき消された。虚を突かれて呆然とする彼の耳に、くすくすと密やかな笑い声が届く。


               x - 、
              ィi〔ィi〔ニニノ\- s。
            ィi.。s≦ニニニニ<≧x. .\
          /イニニニニ。s≦二>s。ヽ. ‘,   ,/
         <_イニ ´. . . . . .`ヽ. . . .ヽ._. \ム‘,ノ/_  <びっくりしちゃった?今のはね、お兄さんのバイタルデータが
          〈ニ.∧. . . . .'.,_. . . ヽ. . . ∨.` ヽム∨. .`ヽ  特定の反応を示した時にアラームが鳴る・・・要は嘘発見器の音なの。
         ヽ' .‘,. ヽ.. . ヽ≧x ‘, . . ∨、 . マム!、. .ヽ`\  ケーブル、繋いだままでしょう?実はこのためにそうしてるのでしたー
            |. .{ ‘:,. .\.x笊芹、! . . ‘, ∨マ ! }! . .‘,
            | . ヽ{ \{``  ゞ ' Ⅶ. . i!-ノ . /´ j! i. . .〉
           Ⅶ. 笊ぅ        ‘, . . i!y. ./   j!ハ/
             Ⅶvハ 、       ‘,. . i! Ⅶ
            ヽ |. . .、,; 、ァ     j! /  ‘,
             | . _斧s。_ ,-、/j/     、
             |!/}ニ!ニiニム_/ ヽ      _ヽ
             / ゝイノ_ノYィニ) ,}   ィi〔> ´ `ヽ
           べニニ{ニィi〔ニ/ニ- イ´ /        .
          <ア´ニ ハニニニニ/  /  , '         ':,
      />.´ニニ,:'ニ≧=_'「_ /   i             ':,
      ア´ニニ /ニニニニ/-_       !     _       、
     ハニ /ニニニニニハ―-;   ,.     、      ,ハ      \
     ,  ∨ニニニニニ/j!ム .:      .:, \   /  、       ヽ
     ノ   \ニニニ/.:.:.;j! !ム. ゝ _  イ    ヽ, '     ヽ       ‘:,
 

種明かし、と言わんばかりに笑ってみせる彼女の顔はあくまで得意げで、無邪気ですらあった。まるで玩具で遊ぶ子供のように。

8047 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:32:12.18 ID:QOThXup2 [17/30]
         _r========x __ r========x
           _{ミ三三三三彡===ミ三三三三彡}_
        |` ー―――― ´二`ー――――‐ ´.|
        人,__      /´ `\        __,人
           |__|_,. -‐ ´       ` ‐- .,_|__|
           ,.|__|            ヽ   ヽ|__|  <でも、そっかぁ・・・私の事を女として見てくれてるんだぁ。良かったぁ、
.         / |__l/    ./l',        |  i  .\!    本当は嫌われたんじゃないかって、ちょっと不安だったんだ
        | |_//|  /| | ',        | │  i i、
        l. 〉/ .!   ! ! !_ノ   .|  ヾ=zx、L  ∧i  <
        | / ∨.! | |'¨´  ',   .|\ | | │ ./ __}      <
        |' | //∨,x===ミ\ {  ,x===ミ }´う}          <
        |/|丶〈ヽ        `¨         ' 7/ | >           <
        || ! !\ヘミミミxx      xxx 彡彡'_ノ, }     > 、,_     }
        | .| | {   ',ミt 、__  '   __, 彡/  / ./   >'´     /
          Ⅵ \  \ ir´  ̄ ̄ヽi // //  >       ./
            ___\|\ _>` 二二 ´</}/ ,,>          /
        /´  `i´ `i  ノ     ヘ  <_,r !        ,
          {    |   |          _,│ |      ,
          |    |   | ̄ ̄ ヽ  ,r‐ '´ .} │ //
          {    |  '              /  .|. //
        ',     .|   \          /   |. /
        ',    .!     丶 ____ /   .|/

                    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ     |   嬉しいなぁ    |
 |   嬉しいなぁ    |      乂________ノ
  乂________ノ
                              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ          |   嬉しいなぁ    |
       |   嬉しいなぁ    |          乂________ノ
        乂________ノ
                         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                          |   嬉しいなぁ    |
  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ          乂________ノ
   |   嬉しいなぁ    |
    乂________ノ


反芻するように同じ言葉を繰り返す。ひとつ囁くごとに声と表情の喜色は濃度を増していく。それは、まるで破裂寸前の風船のように。

8048 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:33:17.68 ID:QOThXup2 [18/30]
        へ'    /―=≦≧=----:〈
      //\\` /ー ´     \:._:. :}
     (>ミ/////,〉       ,|      \
    /   ヽV//  / /__/'| |   |    ',  <ね、お兄さん!お兄さんが自分の劣情に折り合いを付けられないのが原因なら
   '     /-イ | |   '_'__V 人 |   |i十      私にいい考えがあるの!これなら全部丸く収まるよ!
 〈   ` 〈  | |/| | / /ィ斧㍉ \ 人从   i
.  、     、| |/ へ'∨ v ソ     ィ斧V   人
         `、 人(r   '''     ,ゞソ/∨ '
     、     | ト 、ノ彡       r イ  |
     `、    `、 | i \   (:::::::フ  ノ'|  ,
      `、     \ム      _  イ  | /     _
          、   i \、    〔  人   /     (/⌒ヽ
           `、      、、  ヽ=---<      し ̄
          ト  }  } \` / } 、  \     〔ノ ̄ |
          ∨ー  ,    =彡  `` 、 \    ヘし┐ ハ
          i、   /i      v       \ {//ー=//〉
             ', ー  {       i    i    〈////r―{
             ', V ∧      ,     / 、    ト =彡'
             ', V  、    /    /  ``丶、 ノ
            、    \   ,   / |
             ト  ――<   , 人
             、〈 ヘ    _ /  )、
            ノ  〉 ――     /  〉ー 、
          / 〈 ノ          /  /    }\



             ____
      r----<____ r<__>`丶、
     _{ト====彡三三ニ{=======彡人 \
     ト======イ:. :. :. { ========彡ハ   ヽ
     {:. :. :. :. : / ̄ ̄\:. :. :. :. :. :Y⌒ヽ   `、
     '^¨¨¨ 7 /'    :| ヽ  ̄ ̄ \:. i
   /     '         :|  `、       \
           i  :|   :|   ハ:|  :|    ヽ   i
   i   |   i_i|_|___:|   :l -―――:ト|   :     |  <―――私がお兄さんに上下関係を躾けて、屈服させちゃうの。
   | :|i |   l i| | :j|   :|  /  | /||   }i   {    間違っても私に歯向かおうなんて思わないくらい、徹底的に、骨の髄までね。
   | :|| |   |八| 八  :| ,    |'  |||   ハ  :八
   | 八|   ィf===ミ 、 { / ィf==ミト|  '⌒:   ',
   |'  、 `、 { 乂__ソ  /   乂__,ソ/从/{,,こ}    ',
   |    \:∧            / }/ イ ノ     ',
        } |込::,;/   '       .;;\   }i |    |: ',
      / |  、        ,   ヾ;;/ 八 |   / ハ i
     /イ | / \  `      /  / /| 人 /  }j
.   ⌒  i :|  / | 心 ___,,...       / / :| /  \ ノ'
.       l :| :/ _,|_i 「ハ       / イ /i|'  ̄ ``丶、
.       | /| ,      >ー }     /  | |ノ
        / :/   / /     _ ,,... | |:         i
      ,    /___イ    _/     / '          |
       i   ,__/{::::::{へ          '  { :}       |
       |   /{::::::',::::::',:::::.       /   V
       |  __{::、::::::::、::::::、::::、     /     }       '
       |/:::}::::\::::::\::\:\=彡'     /        /
     ノ::::::ノ: \:::\:::::`::::::`::::ヽ      /        /


うっとりとした笑顔で、実に物騒な提案を口にする。熱を帯びた視線に晒され、ごくりと唾を飲み込んだ。

8049 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:34:10.23 ID:QOThXup2 [19/30]
            --<  ̄``丶、
        /{/////ノ:::::\_     \
      __ノ _/ ̄ ̄::::::〈:::::/::::\   ヽ       「・・・冗談、だよね?さすがにちょっと笑えないよ?」
   //〈r 人::::::::::::::::::/ _::::::::::::.
    〉'::::::::ノ<  ̄ ̄``丶、  \:::::::..
.  〈:::::/ { \   \  \   ヽ:::::.     ',  <あ、お兄さん酷い!私が冗談でこんなこと言うと思ってるんだ!
   ∨      \   ヽ     ∨:i    ',
     i    、      /  ∨)ノ/^
     l      \  、¨´x=㍉ 、  〈 |    i
     |   { ノ \ ∨ う ハっ∨ ;ノヽ    |   <酷いなー、傷ついちゃうなー・・・そんな酷いお兄さんは―――
        〈 x=ミ  ̄  `¨     V     ,
     \  ヾ乂^〉 ,       }  |  |  /
         ― \    _ ノ⌒)  ∧ 人 /---- 、 _
         ヽ个   ヽ   ,   ` /  /ノ   ヽ
           \{ `¨ ア¨ 〉 _ /  /
              ノ-<、 {/-\\ i         i
             /― 、:::}:i/―::::::::::ヽ、 i     |
            ,.:::::::--}:::|、:::〉::::::::: ノ人 |     |
             {::::::r::ノ::::| 7:::::::::::::{ハ  |     |





              / ⌒人  ̄ ̄ ``丶、
          /'" ̄)廴 _7 ̄ \     \         シュルッ…
          /(彡ィ人 /==人   _〉ヽ
        / {:::::::斗 - ⌒ー 、:`   /:}  ',  ',
        //           \__Y\
      {   '   '  /   ハ  ', \\}
      i  {   | / ト  i,,、_   |\|  i  i    <―――何をされたって仕方ないよね?
      从 i;  ..x=ミ人  |  \ |   |へ|  |
       \i! .从乂ソ \| x=ミ、  |( }  |   '
        ;  i..:       ゞ ' 人ノ |   /
          l 人   '    ..:..:  ノー '|   ,
        人   \  、 _  : ィ  |  ,   イ
           \人 ` 、_ , " {  从  /-..
            V }     人'" 仆'     :}
            ノ   _..ィ         ,i
       __ --<_   '´     、      ,
    r ´               i     ,
     {        ,/      :   |    ′
    ',  ノ     / .:ゞ':.:    }   |    ム、
   _ .ィ      {  ` ´    ,:   |  ,.イア/
    ゞ:.:;    :  ',        .イ   ,!イ彡 !ノ
    i¨´   . :   ゝ    __ ,ィ彡イ  .′
    乂_ . : :    __ -=≦  ミく ′   i
   〃}  __ -=≦         V    |
    {` ̄ -= >  ̄  `マ  -==ハ    !


軽くシャツをはだけてみせる、たったそれだけで視線は釘付けになり、二の句が継げなくなってしまう。
からかうような笑みを浮かべて寝台に上がる彼女に、彼は否定も肯定もできずにいた。

8050 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:34:57.69 ID:QOThXup2 [20/30]
                        -―- _ -――=ミ
                     /   ̄ )//,}:. :\      \
                    _/ {_ イ////:.//人  ̄ ̄  \_
                 /⌒人///// 彡ヘ:. :V : : :. > 、:/   }  ``丶、
                /'/ }/ | r-‐  ̄:. :. :. :><:. /:. /:. \  人       \   <うひゃぁ、案の定もうガチガチじゃない。
                { { ////:/ ̄ ̄ ̄   \   丶、/:.\         ヽ   ひょっとして結構期待してたり?
                  Y //: |     \   _\   \:./\ |
                 乂/:i:i| :i|     、メ      ヽ   }ヽ:./:ヽ       ヽ:i
                   \| 八   、 \ィf示ミー   |) }ヽノ:.i      ハノ  「~~~~~っっ!」
                     人  < | \ { vf )ソ ∨   | / ∨:|   从 /
                      \{ x=ミ    xxxxx i   |' __彡 'ヾ^ー=彡  <あ、真っ赤になっちゃった。かわいいんだからもう
                       \ vf:〉      u|   |  \⌒
                          ハxxx′     |  人___` _ _
                           ヽ、- =ニヲ, ' ̄ ̄ ̄ ̄\丶、 \ 、
 Xノメ-、            ., --, r‐--、    个ー "/        \ \__), \
  X , \         i`‐‐< ̄`ヽ `く      .,           `   ̄ \ 、
    ,X___}       _,ノ    `、::::}ヽ.     ..{               '      ヽ
    ヾv__) >‐ ''゙´    `ヽ.,  V___}  |      u;         }        `、.
  . `ヽ.ハYi~´         ..:`アr‐- 、ヽ}  /      /_      }       ',:.
.、  Y/ ハ乂ハ、_    〃  . .::,イ | r‐‐- 7. ./      /       ,           ',:.
 ` 乂爻,爪乂爻  ==彳 ..:::://  Ll ┐ |′.,       ハ     /      -―‐ ::\
  ......`` -  、乂__,,...  ィ゙´: : i  j: `ァ′/.. .,      /  `¨¨¨¨´    ´        :i::::.
          .``  く./ j: : : : `、     ハ. .,      , i       /         }:|:::::::.
                 ``     |       /      / {     /               ,:|::::::::.

覆いかぶさるような体勢で検査衣をはぎ取られると、既に硬く張り詰めた陰茎が露わになる。まるでこれから起きるであろうことを
待ち望むかのように反り返る自身に、いたく羞恥心が刺激されるのを感じた。

          x≦三ミv=====v≦三ミx二>。.
         《      》三三三《     》 `ヽ  \
.  __   __=彡'´ ̄ ̄ ̄`ミ≧=彡'   }     :.        ー七゙―z
 /    \/ ‐匕_\ ノ ´ ̄`ヽ ____ 人    :.       /(乂 ) {
/  /      (乂 ) |/  ̄\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y  :.       {  ツ |
 ∧__ノ     っ  |      \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ   :.  .     \ ♥ /
           :  |-     _\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: / :! \  :.  .      Y⌒
.   ん      :  |i.__.   i   ` ` ──<//ト。 ヽ :.
         ___ノ´ : : :`ヽ  .ト。  |   \ \/! \   :.
   っ     |乂/ : : : : : : : ;'   | 芹ミ。  }   }イ|   ヽ
.   _:  _  | ´: : : : : : : : :ノ.   | 弋じソ\/´ ̄ヽリ !   │  <ん・・・ふっ・・・・舌が触れるたびにびくびくして・・・
\  ( `´ ) i- --- ァ ' lソリ\,{ /////, Yヽ.  ;}       !    ふふ、お兄さんとっても気持ち良さそう・・・
 \ \ /ノ::::::::::::::::::::/:::::l       u;  l  ) リ  !  j l !
.   ー ´:::::::::::::/:::::/:::::::l    .彡ミ   ノ彡イ  l / 从
.     /----' ノ::::::/::::::::/>、  .彡ミ く   ノヘハノイ/
.    j -- ≦´::::::::/::::::::// )'         ̄ 「 ≧=- _
.   /(::::::::::::::::::::::_ /::::::::/ , イ   . ´     |  |     \
  /ヽヽ:::::::::ノイ´/:::::::::/ノ r- <          !  l       丶
 /::::::). ゝ彡´::::/:::::::::/  |  l    ヽ      /   |          :.
/:::::::ノ /:::::::::::/:::::::::/|   |  ト        ノ /   :|           :.
.::::/ /::::::::::/:::::::::イ ′ |  |    ー‐     /    | u `Y    :.
..'  ノ:::::::/:::::::/..|  │: 乂      イ    人    |
:: ̄:::::::/:::::, <.  │  ∧    ー‐‐ ´         \  i       :.
::::::::/::::::/___  |  /                     \|
::::::::. <. 三三」  / :/      ̄ ̄ ̄          i !     |
../   〉 ___ / :/{       ---           l |     |
.    /    │ / マ                    リ |
   / u     !: /   \     ──        ,   |
.  /       /    } \ -  ̄ ̄ ̄ ̄ -   /  │      |
  {        /      八               ´     |      |


彼女の吐息が、舌が、陰茎を撫でまわしていく。その腰が抜けそうになるほどの快感に―――


8051 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:35:48.64 ID:QOThXup2 [21/30]
                    | ノ
                    i(             /)    「゙|_ [][]
                    |ヽ             ノ (     |┌┘
                 /⌒)  //      _/⌒、 ⌒ヽ    |_二l  匚¨l
             |  ノ //  /{   (_/     ̄ ̄ヽ      r┘└i
                  i /  i (_ノ/                     ̄ ̄¨
             |{  / /                  |¨l l¨l
             i(  //                    ノ ノ | .|ノi
             { Y )                   /'゙  .L__ノ    <わひゃぁ!?
             j  /
              / /  /)       __      _,.-、 {´Y´}
                / 。{  〃        (__ (_  と,、 /  しヘノ
            i  八 , ' /            \_)   | | /\
           人    /                 | レ ,、__)
        / )   }    〈                  ヽ、_ノY´}-、
     /  / ,ィ'⌒{ (⌒ヽ)                   ヽ´ノ_ノ
    / /⌒Y:::::::ノ:(,ヘ (:::::::::}'                 ∩ `′⊂ニ'ア
   /   ノ::::::::::::::::::::)\_:::ノ ) /^ヽ         .      | !    〈_<
  /   / `ー-=≦/ハ (  |.八.  \            ヽヽ、  r'o )
.八  イ        し ヽ{  |. ノ\   \           ノノ    ヽ-'′ノ
. ,-ゝー┴-=ミ        八 人)  )\  ヽ         〉〉
/     _ノ      ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\}   |   .      ∪
/⌒)―<   .ミ==― >――- 、   \ ヽ       (⌒'⌒)
―――                              \/

たまらず、早々と射精してしまう。こうもあっさりと果てるのは予想していなかったのだろう、彼女の驚く声が重なった。



           ___ _
        __ /ト―‐=≦ヽ ``丶、
       ///、/////∨:. :\    \
     //, イ ´    ̄ ̄ | \:. :\   \
     〈/ |     |    |  \:. :ヽ
        |   イ ̄ 人     ト‐i     ', <びっくりしたぁ・・・え、お兄さんもしかして早漏ってやつ?
     i  /   Vx=ミ    |へ         それとも溜まってたの?どっちにしてもこれはどうなの・・・
     |  | \i _' f ハ i   | }|       i
     人  ィ'沁    ゞ ' |   | ノ   /  ,   「そういうのやめて、情けなさが加速するから・・・」
      \ 、v ,      U:|   |'
          レへ::    _   |   人   ' /  <やだよ、今日はお兄さんが泣くまでいじめるって決めてるんだから
      / ∧/ }  '    / ̄\ヘ //=ミ
     ノ/\/Y个  __/     \V  ヽ \
     {//\_)'//// ヘ ,        ',\\`、
      ゞ-<_/// /         ', \__i   \
        \_/_ ,       /、      ̄ヽ  i
           ̄\,     /     i     \   |、
               /    ハ      |        ̄  \
               ,     /| }     |:: : :.       \
           /    /\ 、   ,  /     _  ┐      _
            ,      /  人 \__/ '     /    / / ̄ >'"    \_
                     ヽ  \      ――=彡  /     |  V/>‐
          i    ,       \ \     ̄ ̄ _ /'        |  i//// \
          |     /           \ \     ̄ ̄ ̄ ``丶、 _ へ  |_/////∧
        r―   _            \ \ /  _______I  \‐-====== i
        }―--=ニニ〉           \  / /\:://///////|___ノ_|__   \


既に泣きそうになってはいたりするのだが。尊厳とか諸々が砕けそうで。

8052 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:36:55.56 ID:QOThXup2 [22/30]
                     γ ⌒ ミ
                  /      ゝ、    .イ
                  /         ` T ´
                   |     丿 丶 `ー 、   <あ、でもまだ全然元気なままだね。よーし、それじゃ次はお待ちかねの・・・
                   |     , '    ヽ   ヽ
                   |   /    r=ミ: ヘ   V   「待ってリッカちゃん!?それは本当にダメだ、こんな事しちゃいけない!」
                   |   .′   ゞソ:  ’  丶
                   |   ',           }:     ヽ
                  |    ’、        /       ヽ <やめないよ。嫌ならその手で、力ずくでどうにかしてみなよ。
                 |    ト、     /      r::Y
                      l    |   ‐‐           :::ソ
                      l    |       ヘ       /
   r‐‐┐              }:   |  /   丶ヽ.--イ
  く,勹|              ,′   l        ノ
   く_ノ,⊆.己 __      .イ     |       |
     .`フ_厂 コ L     / |    |   ;;    |
.          ̄ ̄    , '  |     l    i     |
             /     |     ;       |
            /     |    ;         |
          , ´     ;; |    .′        V
        /        ',|   |        ヽ、
        /           ! |    |      丿   \
      /            V    {       /      \
    /                 j     V     /        \
  /               ′    ',   /           \
                 l        Ⅵ/                 ヽ
                     ',  vィ ) ヽ `= 、                ヽ

無論、言われるまでもなく動かそうとはしている。だが神経信号をブロックされた義肢は彼の意思には頑として従わず、力なく横たわったままだ。
・・・その一方で、奇妙な納得もあった。この手足は彼女が作り上げ、授けたもの。ならば元より、彼女の意に反することなどできようはずがないのだ、と。

                 _γう:::.―- 、 _,.. 、、、 .,_ 、 -‐―‐:::fう、_               _  /し'/
           /  /::::::::     ``             ::::::::ヽ.  \        ,r'⌒''"´  j /  /
          /  ./. . . . . . . . .             u   . . . . . . .∨  ∨      /     ,く(   {
         /     .{__. . . .                        . . ヽ}   ∨     /  ,,   ,イ l|  /
       '     /   u                            ∨    \   / // /l l|  _」     /し'/
       ./      ./                             ∨     \/ / / / l  lレ′   l⌒l|   |
``~、、 /     ./. . .       , - ―― - 、,. - ―― - 、     . . . .∨  ,、 丶"′/  ヽ レ、ゝィ.__.. -‐l l|   |
    ``~、、 ./ . . . . . . . /         ...八...    η  `~、. . . . . .、丶`     / ハ ヽ、 /     _ l l|  _」
          `` 、. . . . . /      _,.:彳イじ::ミ:、.. /)      \ /        / /  ヽ  { l  ,r''  7゙l  lレ′
              丶‐''′   ο 〃.....: :: :: :. ....ヾ//      ..:: ′        l /   ヽ-' {/  / ノレ、ゝ
              :::        / ⌒u~ ^^  /   っ  /           レ′        / /,r‐r 、
                    `、   (⌒Y;';';';';';';';';'){;';';';';ニつ     /                      l / l / ノ
. . . . .                 `、  ⌒y;';';';';';';';';'( j;';';';';| o    /       u         . . . . . .    レ | ル/´}
. . . . . . . . . . . .         ヽ  /__ ヽ';'|';';';';';'||';';'U -=つ           . . . . . . . . . . . . . | .      " / /
. . . .l. . . . . . . . . . . . . . .      \(/ |;';')|;';|';';';';';'||;';';'|   /    . . . . . . . . . . . . . . . l. . . . . . . | .       / /
. . . .|. . . . . . . . . . . . . . . .| . . . . ι\|;';'U;';|;';';';';';||;';';'|||/ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . | .|. . . . . . .|| .      i /
. . . .|. . . . . . . . . . . . . . . .| . . . . l . . |||;';';|;';';';';';';';';||;';';'|||| . | . . . . . . . . . .l . . . . . . . . . | .|. . . . . . .|| .      レ
. . . .| | . . . . . . . . . . . . . .||. . . . .| . .. . . . .ヽ:..__ .: ´ . . . . . | . . . . . . . . . .l . . . . . . . . . | .|. . . . . . .|| .
. . . .| | . . . . . . . . . . . . . .||. . . . .||. . . . ){ . .ヽ*/. . . . . U. .||. . . . . . . . . .||. . . . . . . . . .| .|. . . . . . .|| .
. . . .| | . . . . . . . . . . . . . .||. . . . .||. . . .(,,). . . Y. . . . . . . . . ||. . . . . . . . . .||. . . . . . . . . .| .|. . . . . . .|| .
. . . .| | . . . . . . . . . . . . . .||. . . . .|| . . . . . . . . .{. . . . . . . . . .||. . . . . . . . . .||. . . . . . . . . .| .|. . . . . . .|| .


そうしてもがいている間に、ついに彼女の内へ招き入れられる。既に熱く湿った内側が、歓迎するように彼の分身を柔らかく締め付けた。

8053 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:38:06.19 ID:QOThXup2 [23/30]
                         __   r=========ミ
                     r‐=≦:. :.{==={:. :. :. :. :. :. :. :. ヽ
                    /:. :. :.>'"   `ー=ミ:. :. :. :. :. :}
                     {:. :, '    {   \   `、\:. r={\
                    ∨    ;   \\   : ¨ヽ:. :. ヽ <・・・・えへへ、挿入っちゃったね、お兄さん?
                    '    ハ    / ̄ヽ ̄;   i:._:.  ',  でも今度はすぐに出しちゃわなかったね、偉い偉い♪
                    ;  i '/ \\   }_从ハ  |:._:|i  ;
                    i  : {  _ ヽ  ̄ィv莎≫ .:i _|:. ハ i  「・・・っ・・・・リッカちゃん、これ以上はもう・・・!」
                    !  :  ィ'v夕     ;;;;;;;   j/^ Y   ;i!
                   人 /ハ  ;;;; `         / ) 人  :|i <さっきも言ったよ?嫌なら払いのければいいでしょって。
                        ´  八    v フ  u  ,.:''イ    八  だって―――
                           ヽ           /l¨´i!   :{  \
                        } >     ,...:´ .:i 人    i
                         ノへ  〕.:¨.:   ,ィ'  \ ,'
                         ゙ヾ ,"  _,.=.''"´!    :::゙:.
                     _,. -―‐=、 '> '´   `ヽ!    ::::::i
                   ,.-'" _,,二三シ'゛     ...::.,!    ::::::i
                 ,' ,rッ'"   `.: :..   ..::::::::/    .:::/
                 ,' / ....::::      :::::::::::::::/     .::/
                ,' :!:::::::::  .::   u   :::/     .::/
                ,' 乂::  .::/        /     ..:::::/
               ,'  :;'   .:::;'       ,:'    .::::::/
               .i  i.   ::::i       ,:'    .:::::::i
               j  l u :::l      ./     .::. ::::l
              !  !   .:|       /      .::   :::l
               ', i     :     ,'      u .:::i
                ー!    .:l     ,'        ..::/              カチッ
                i    ::i:   ,'        .::/
 




    '::: ::::::|:::::::::::::::|:::::|::::::: :::::::::|:::::::::|::::! !:::::::::::::::::::::|       \::::::::::::|\:::::::::::、:::ヽ、:::::、:::::::::::: :::::::
   ,:::: :::::::!:: :::::::::::|:::::|::::::::::::::::::::::::::::|::::| ヽ:::、:::::、::::::|         \:::::::!.、ヽ:::::::::ヾヽゝ`ヾミ‐-、:::::::::  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   |::::::::::::|:::::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::|:::::::ハ:::|  \ヾ:::ヽ:::!            \:| ヾ、  ̄`ヾ、       |`ヽ:: <もう手足は動かせるはずだよ?
   |::::::::::::|:::::::::::::::|::::ハ::::::::::::::::::|:::::i;;| ヾ、   ヽ`ヾヾ、          `              |::::::`
   |::::::::::::!:::::::::::::::|::::!::|:::::::::::::::::';::::|;ハ   `                     //// / ′  |:::|::::
   |:::::::::/|::::::::: |::::!:::|::ハ:::::::|:::::::::';::|;;;;ム //// /                         イ::::!::::
   |::::: / l::::::::::!::::|:::|::::ハ:::::';::::::::::';|ト、;;ヽ           、        ノ         ィi:i:|::::|::::
   |::::/   |:::::::::!:::::ヽ|::::::::ヽ::\:::::::\::::::::\             ` ―    ´       ..イ |/>|/;|::::;
   | /   .!::::::::|::::::::::::::::::::|!ヽ::|ヽ::::::::ヽ::::::::::>s                      ..イ     |:i:i/ハ;イ
   |;'     |::::::::iヽ::::::::::::::::!|::::`::::|:ヽ:::::::≧:::::::\:i:i:i≧:....               ..イ      ∨//八:i
   |!    ヽ::::::! \::::::::::l !::::::::::|:i:ハ ̄::::::::::::::::::ヽヾトー-7≧ァr- ___....ィ´         ,.-‐///////
   |{     ヽ|    ヽ::::| |::::ト、::|リ ヽ::::::::::::::::ゝ:::≧=- /////:i:i:i:i:}            ///////////


きゅ、と笑みを深くして、予想もしていなかった言葉を投げかけられる。そんな馬鹿な、と半ば呆然としつつ指先に意識を向ける。

8054 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:38:53.97 ID:QOThXup2 [24/30]
          _ _
      /    `¨ヽ、
.    /ヽ.    ,   `>´⌒ヽ、
    ,ィ´ ,ノ  冫  , ´      \
   ヽ.¨´  ,/`ヽ/__      /⌒ヽ、
     ` ̄´  . //   `} ,.r'__/    `、      
          ヽ゛ー´ / /        \
            ゝ- ´ '、.|     / /  ヽ、
           /      ! ,.- 、  / /      ヽ.-、
          ノ      {.{  ,ノ ,人 ,'       ,! ト、ヽ、
        _,./       `、¨ / ∨ __   ,∠ i::!゙iヾ ヽ
   ,. -‐ "´              ̄,   { {   } /´   !::: } ! ,}
   {           ,/⌒`ー-‐弋._  ヽ.二, '     、::/ノ ノ
   \__ ,. -‐'          l.`弋   _.,イ/,/ /
                     ヽ. 卜 ̄::'ー::´/ /


すると彼女の言葉通り、確かに思い通りに手が動く。一体どうして。いつから動くようになっていたのか。独り言のような呟きに、
楽しくて愉しくてたまらない、と言わんばかりの彼女の声が返ってくる。

               _  _  _
             ////ノ: : : <///\
             r'ー '"  ̄/⌒  \: :、
                / '     /   / }    ヽ:〉
            /  /   /    ノ      :.i_  <さあ、いつからだろうね?でも私は『お兄さんが動けない今がチャンスだ!』なんて
              /   /,/|   / ヽ    |:}  \  最初から一言も言ってないから・・・まぁそういうことじゃないかな?
           '   7  ̄ト   /'  ̄ 〉 | | :ハ
           | | 'x=ミ人 {x=ミ   | 〉 }   }
           人 |  {' v少 ヽ v少 /  |ハ   /    「そん、な・・・じゃあ、俺はつまり・・・」
           {\  ゝ ,,,  ,   /イ  / ノ  /
          /ヽ:\人;''  、  ァ   ノ ' ⌒¨´
         /: : :,: : ヽノ- :>  _  イ /
        ノ: : : :`ー:∠r―,__}    ノ<_
      /、: : : : r '" _,|: : :|\_   _ノ\
.    /\: :\:.ノ    {: : : }   ´  /  { ̄ \
   <: : : \\:/     } ':  ̄:.:|     /   ;
.  /\: : : :/   -/: : : : : : 、 -       、   i
/     7  /   /: : : : : : : :i  ノ          |
     / '"     {: : : : : : : : . '           }
    ,         : : : : : : : : \        人  '
  /         :\: : : : : : :i: .、  _  '   '
¨ ´           }/: : ̄: : :|: : :.、__}    {


がつん、と頭を殴りつけられた気分だった。動けないのではなく、自分の意思で動かなかったのであれば。
それは彼自身がこうして手籠めにされるのを望んでいた証左ではないか。動けないと言い訳をして己を偽った、あまりに卑劣な行いではないか。

8055 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:39:57.29 ID:QOThXup2 [25/30]
            l ヽ       ∨
            l ヽ        V
.            l  ヽ        ヽ  <ね、お兄さん。手を繋ご?
             l   ヘ        l
             l   /        l  「あ・・・」
             l  /        i
            .l  /         l
            .l            l
            .l /           l
            l }            l
            l j    __::::      l   キュ…
            i/   /-‐、      l
            /   / }  .lヽ     l
           /   /  l   ヽ    .j
          /   ./  l   l    /
          l   ノヘ  l   l    /つ
          `-‐'  rイ.  '、__ jl   /- 、
              ヽt  ゝ__ノイ、 /-- '
              .ヘ \  ヽ  /== __
                 ̄\  ヽ、__ __ )
                   - _ ヽ
                      ` -'

自己嫌悪に沈む彼の意識を、暖かく柔らかな手の平が拾い上げる。


                      -―――ュ
                  ノ'":::::ノ ̄ ̄ ̄ ̄}=ミ ̄::::\
                  {:::ー':::::::::/ ̄ ̄   \:::::::}    _ -、 -、-..
                 ' |:::::|::: / '  :| ||  |        r_//く)ヘ)J/})
                /  L_:.|:./ | |  :|_j|_|  | \:::::\ ヽ Y////////ヽ
                     |:::::|'  | |  :|八 /|i` :|ヽ \::::/ハ_}//////////\
  __  .__           i   |:::::| /| |  :|==ミ   :| 十  i:ヽ//\///////////,
 .// 7//} __       |   l'⌒V Lノヽ从V^ソ \人/  | ||  .\/////////////
i´|/し'///Y//        |   |∨ハ}圦'  xxxx     以 ト< 从   `'' rー―<///
し|////,{_///       .|   |∧八  ノ;;>     /xxi!           i!    V
/////////,}       |i    };,;込 /;;;;/    r--ァ /八        i!     V
////////./          八    ∨/ \;;;;;、   ¨",イ '  \       i!.    ∨
//////,/        /イ   :| {/    :`:.._r_ .,_ ノ∧ /'⌒ヽ      i!      ∨
///>.´i           |    人 、   i  !{ ,/   j仆’ー--   -----{        }
//    !        ノ  /\:\{\    `ヽ_彡イ           `       ノ
/|    ,       // "     ヽ      /               _ -=≦
 !    ',       ,  ´        ` ̄`   ′       {__ _ .. -=ニ¨
 |     ',    /        __                V
 |       , /       /ヽ \             \        <よく考えてみて、これって素敵な事じゃない?
 .!      ',      . イ ハ         .:.rッ.:.         .:.rッ        こんなか弱い女の子に負けちゃうくらいなんだから、
  ,        }    .<   .∧   ',   ゝ:.:.:'          ゝ:.从       誰かを傷つけてしまうかも、なんて気にしなくていいでしょう?
  ハ       .<       ∧   ゝ                 〈
   ゝ__ -=≦           ∧      ---  ´
                   ∧             i    i       「だけど・・・それは・・・」
                       ∧               |     }
                     ノ',              ,
                   ,  ´             /   /
------- .._            /             〃   {
            ` <   /                {i    V
               ` <                       V
                    、                        i
                       \                  } _..  -――― -
                              n     /ィ ´


畳みかけるように、彼女が言葉を重ねる。それはまるで、砕いた土に水をかけるように。
奥へ奥へ、より深くに染み込ませるように。

8056 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:40:52.78 ID:QOThXup2 [26/30]
                                        ―‐ 、
.                _   /// l //// _        / ‐匕 ∨
.           / ̄   ij                   ̄`ヽ  < (乂 )|
            /      ‘,   r...:::::::::) u ノ      ‘,  }   つ |
           /           \     }{  /          ‘, |  (⌒⌒)
.          {         .u    >  __.ij <       u.     八  \/!
         ハ.    、         __    __            }    ̄ ̄
.  .ト、_人_,イ |     } __      \_/         /    .
   く .七_ 7 |  ./      ヽ      /       {    ノ
     | (乂 )| |  '      。     、: :./            ‘,  /    <強情っ張りだなぁ。いいよ、じゃあもっといじめてあげる。
    |  あ.|  /              y             {     こんな弱っちくて優しいお兄さんが他人に暴力をふるおうだなんて、
    |  / .|  {             ,'            i.   ',      そんなのは酷い思い上がりだって体に教えてあげる!
    | ./`し.|  ..::::::::..   _                    し    |
    |  つ.| 八::rォ::::  |ニ|     {                 } |
.   )(⌒⌒) |ニヽ::ン.u |ニ|       .u    ..:::::::::::..   ノ
   ノ. \/、 ニニ\  ノニ',    人     {:::::rォ:::::}    ,' __
_,,. - ̄`v-√ 八ニニニニニ.ハ___ /.u \   ij ゝ -- '´ / /: : : : : : :``~、、
   . : : : : : : : : : :`、ニニニニニ.}: : : : : : : : : .‐-==-‐   /: : : : : :u : : : : . . ヽ
. : : : : : : : : : : : : : :|\ニニニニノ: :u : : -==-: : : : :|      : : : : : : : : : : : : : : . .
. . ._ . . . . . u. . .._|  {ニニニ/:.: : : : : : : : : : i : : :|       : : : : : : : : : _: : : : : :}
: : : : :.``~、、: : _| \ \ニニ/--、.: : : : : : : :.ij.:..,-|     /: : : : : : : /: : : : : : : :
..: : : : : ‘,  `~{ \ \}.ニニ_ ノ\_:_:_:_:_:_:_/ |     /_ _,,.. イ: : : : : : : : : ノ
: : : : : .:.:.‘,  /\ ` ‐'ニ=/     |:: }i:::::|  ̄ |    ,' r、_   /: : : : u: : : :
.\: : : : :.:.‘/ニニニ ̄ニニ/._       |:: u :::|    |    {/ニ|  ./: : : : : : : :/
  \  /ニニニニニニ/ニ>''"ニニニニニミh、{    八ニ.! /: : : : : : /
.   /ニニニニニニニ.//ニニニニニニニニニ八     \| /: : : : : /


焦れたように、彼女が動きを再開する。深く、激しく、言葉と腰を叩きつける。

.      /    \  ヽ  }: ! ∨   ヽ
..   ./   {ヽ  }  ノ :ノレ  ∨
   ,:<ハ : i {{: : ヽ{レ゛/: /
  /ニニi シ゛////イ  /   ハ.   ハ
  ニニニ \ __     :j /  / ハ |  ハ
  ニニニニニ `: :)  _:{: /ィi〔   : ハ.:|   ハ  <ほら、負けちゃえ!妹みたいに思ってた娘に無理やり犯されて!
  ニニニノ人 :uヽ> ゛  ̄ ̄ `ヽ  ハj   ハ   ろくに抵抗もできずに!射精しちゃえ!屈服しちゃえ!!
  ニニニニニ./         \ハ  〈: ハ   そんな情けないお兄さんでも私は愛してあげるから!!
  ニニニニ> ´            `'<  ヽ
  ニニ.> ´       ._          ヽハ:ハ
  > ´   J  ,z≦}   `ヽ          ∨}::ハ    「リッカ・・・ちゃ・・・!!」
        イニニ!             } { } }ノ }
     _,.ィニニニニ!            ,: ∨イ
  ,.:≦ニニニニニニ\             / / ノ ノ
 ニニニ`ヽニ.ハニニ∧.        -=≦ -=≦〔、                             i
 ニニニニニ\ ヘニニ∧              \             i           |
 ニニニニニニ',ニニニ∧..{             \           |           |
 ニニニニニニ ',ニニニ∧.',                 `'' <..___ 从  j!        |
 ニニニニニニニ}ニニニニ ',                   __/ニアニア__ `<ア-、_       !
 ニニニニニニ≧ 、ニニニニヘ              ノニ/ニ/ニ/イニア   \ゝ_ヽ_
 ニニニニニニニニ\ニニニニヽ             {ニニニニニムーァ    ヽ ゝ く   i
 ',ニニニニニニニニニヽニニニニ\          ノニニニニニ r ´     .',   `ヽ .!
 ハニニニニニニニニニ ',ニニニニ≧=- "´  ../ニニニニニ/         .i      ',|
  ’ニニニニニニニニニ.',ニニ>≦..,,_,..ィ≦ニニニニ>''"´             }       ',
    ヽニニニニニニニニ.><ニニニニニニニニニ./             .!
     \ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/                    }
      `''<ニニニニニニニニニニニニニニ/      J          /      ハ
        }.> 、ニニニニニニニニニニニ/           i        /      /
      > ´     \ニニニニニニニニ> ´               |     /     i   ′ i
    /          `''<ニニニニ> ´                  | __..ィ        | ./  .|
   /       ,. z≦ニニニ≧:. 、         __,,.. -==t:'' : } |:|≧=ー-- |´    .|
  /       /ニニニニニニニニ≧=z-= ニ二 __ ニニニニ|: : :.| |:|ニニニ≧=,.z≦二二
        /ニニニニニニニニニニニニニニニニ≧、 ニニ}: : : し !ニニ><ニニニニニ


8057 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:41:59.72 ID:QOThXup2 [27/30]
       |- ''                        ___   人ィ      |- ''
        ̄ /7       人从           ,.  ´       ``  、     ̄ /7
        /         _  -―…- 、/                    丶     /
              > '' ´          /                      丶
        ,. ´               /                       丶 ’,
      ・ /   〈V7[][]       ,′                             \・
.   ,’ /     〈〈__          l
  ・  '         ̄_  _◎      {                         wv wv
   ′          .〈ハl /ヘ〉      l               __     Wil  | | | |
  /               lし/ r」l      `、              /|-″l     | |  | | | |
. / u                レl|)).  (⌒ハ          __l  ̄ュ/     | l/  | | |
/           U           ヾ/ ヽ      /|-″ _ッ/     ,ィ  /ヾ′ ¨′
フ7ァx、               o   /))⌒ヽ- 、   〉  ̄ュ |       ∠.ィ i   へ/
////〈V7[][]             U   i λ  l Y\   | ノレ |     .////| |/ /     ヘ
////〈〈__///7>            ゚ U::ヽ _人 )`ヽ.∠ ノレ |   ///////|  ./     /  |
///// ̄//ヽ〉/// \         ι∥::::{ (:::::::{ にヽ∧\ ッ./  /////////l/     ∠/ | レ'.フ
///////////////// \       /{::::::::} l::::::::l l::::::::::∧.  ̄  ///////////////////  / / _
////////////////////\  / |::::::〈 (::::::::U::u::::::::∧≧s。//////l(/////////////∠/  / ム斗.ァ
//////////////////////丶'   .l::::::::し::l:::::::::::::::::::::::::ハト川//////U/////////////    / r―i /
////////////////////////\ ィ|::::::::::::::l!:::::U:::::::::::::::::}///////////////////////   /__/  / /
//////////////////(ノ//////洲川ノ:::::::::l!::::::::::::::::::::::::::V//////////////////////       / /
//////////////////////////}州l::::::::::::::::》>::::::::::::::::::::ヽ/////////////////////      /_/
///////////////////////////ミ::::::::::::::::/冫::::::::::::::::::::::::::V////////////////U//        「l 「l
//////////////////////////ミ:::::::::::::::::::レ彡:::::::::::::::::::::::::::::V//////////////////        l」 l」 /7
/////////////////////////ミ::::::::::::::::::::::{彡::::::::::::::::::::::::::::::::}//////////////////          ∠/
////////////////////////l=:::::::::::::::::::::::::l=::::::::::::::::::::::::::::::: ノ!//////////////////
////////////////////////l=:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::/リ//////////////////
///////////////////////从ミ_:::::::::::::::::-=V__::::::::::::::::::::::ノ::///////////////////
/////////////U//////////人ミ=-   -=ヘ=-::::::::::::::-=彡///////////////////
///////////////////////////>=ニ三三ン-‐ァ---<//////////////////////
//////////////////////////////////////::{/////////////////U/////////





              i
              |  ’  ゚   _..-=≦‐ャ、___,ァ‐ 、,--、
.             \、_ノし//     ,《__ .,}==-{____}--=∧,_》
.           ___)r'⌒ヾて    ,.": : : i : : :.! : : : : :/ :: \:.\
.           ̄ ̄`ヽ 、       //-≦/{,イ´{ : : : :/: :./: : }: : :}
                 \     /.:/ :≠:/ィ==ミ、 ̄`ヽ:/: : /ミ : :,'
                    /.:/|⌒}:ア//// , ィzx./ ミヽ/  <~~~~~!!
                  イ八;i! <'' 。゚  , ィ==、 //゚。/Yト、
                  。  从/|、__    /: : : :ヽ.ハ //}!八|、
                    /{ :.l. 込   {: :)( : : :V u.  从: :.ヽ  「・・・う、ぁ・・・・!!」
             o.    i!、; :l.: i!ヘ  ゝ、:_:_:_ノ  。く: :∧: :.',
                    ハ: :}:.i!仆 \___).(_ , イ : : : :/ ∧: :}i
                      {.:|;i! /  ゚.。  {´从: : : :.ハ;  ∧八
                        ヽ;メ       ,>‐ ´  ̄`ヽ
                  ,>''''"´ ヾ ._ 、 ,_      u  i
                  ;/ u.  , ,            、.   |;
                   ,'    /´          `ヽ,  |
                ハ.    / ..ュ::        ::ッ } u. |;
                  ',   、{  `´    .:  :.   `゙ ノ   |`>、
                ;∧   ゝ             ι   {__.イ   〉
                  ∧  !   ゚。             } =‐.  ,イ
                    ,'  ゝ┤               }_/{
                     { _,__≧',               u. }≧=''へ
                ,-/_{ ィ‐`'ヘ u.              !  {⌒l´ヽ‐、
              ;_{ { j{_j  ',‐'、                ,‐ 、/  { } 〉 };
               〈 {ゝ'  !  } ./-、           ゝ、_}  ∪'_/ 〉,
               ;∧ ! {      ノ          Y¨¨´    ' 〈/ノ
          __  ',  ,,    ノ゙    j       ゝ、    、_u  ム  ____
  _ -‐''  ̄        )'     /                ヽ.      /´ u        ̄ ̄ ̄
               /    /                ',.    ∨
.               , ′.   /                   〃  ',u    ∨
              ,イ      /. `、      u.            ',.    ∨
.           /  u    /               > ´.   l     ∨    ,イ´
  ⌒''ー--- /       /   ー.、.        ,イ         l.      ∨‐=ア´  u.   ,イ
       /        /──<ニ>、_,、_,イ、___   __l         ヽ.イ       /
        /        /ニニニニι⌒) (⌒) (⌒ヽ)ニニニニニニ=‐、',.        `、    , イ

繋がったまま、深く、長い射精をしてしまう。言葉も無いまま互いに快楽に打ち震えるそれは、愛の証か、
それとも勝者と敗者を明確にするものか・・・それはお互いにしか解らない事だろう。

8058 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:42:42.63 ID:QOThXup2 [28/30]
 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □


    / ̄ >    ̄ ̄ >-r- 、___
     /⌒V::〔 ̄ ̄ ̄〕::::::::人_ 〕  i
   /     ::::::ニ=-‐    ̄ `ー 、\ |    「その、ごめん、リッカちゃ『リッカ』
.   '     i/     |  |    \}
   i |         |  |      ∨   <ちゃんは余計。リッカって呼んで?
   | {      ',   iヽ j|  l  ' | /
   | ;      ',  ̄厂从     斗-   i   「はい・・・リッカ、責任は取るから・・・」
 〈:人 i     i ∨=ミ  、  /从|
  i: : :.     : {v^ソ   ヽィf7 人 /   (逆レイプで責任も何もないと思うけど。こういう所だよね本当)
  |:\:.     :. | ,,     ,¨´ 彡'' ,
  {:. :. :.     i Vソ       人
   、: :. :     ',从  -一   イ  /
   \:.i    { ∨`   _/ /  /
     |    |  、_  { -<  ,
            Vヽ _ { \ヽ
      、     ヽ V人、    ヽ``丶、
             、: :\ ー`<     ヽ
        \     } : : :.\   T      i
         ヽ   { ',: : : :.\ , 、    ノ
          \ 人 ',: : : : :ノ ----〈、_
             {:\   r--<: : : : :====ノ{
            、: :\ノ: : : : : >: :}_/:人

その後、汗やら体液やらでえらい事になってしまった寝台や道具類を掃除して、ついでにシャワーも浴びて今に至る。
どんより、という擬音が似合う体勢で崩れ落ちている愛する人を呆れながら見つめ、これでトラウマが解消されていればいいのだがと内心で独りごちる。


              , ― 、
            /:. :.「Y⌒ヽ
             ̄{人ー=彡へ
        /    乂:. :. :. /
                  | :. 「     i
       i         |:. :.|/    |   (そもそも大半嘘だしね。嘘発見器は手動でブザーを鳴らして、
       |        ,,―/ `、 ハ|    義肢のロックもタイミングを測ってこっちで解除しただけで)
       |        (( '     |
       |       ` ト    {
       人 ノ  / 人  {-- ‐ ´
      /⌒>__彡'   メ _ヽ
        / {⌒ー  /   Y
        ,  |    ∨  /:.
.       / /|    ,  / ノ
        {  :-|     /  /イ
         \ /   i{   {_,|__
 
自分の力で人を傷つけるのが怖い。だから人を遠ざける。そんな対症療法にもならない場当たりの対応では、いずれ心が破綻するのは目に見えている。
それを解決するために一計を案じた結果が今回の一件だ。元より、誰よりも心優しい彼のこと。
そこへこうして「自分には人を傷つけられない」と刷り込んでやれば、杞憂に思い悩むことも無いだろう。

8059 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:43:59.54 ID:QOThXup2 [29/30]
                _  __
       , -‐…‐、 -―…辷三三彡' ┓
     人三三彡' ============彡ヘ
      〈------=彡::/―\::::::::::::::::::r:::、i
     〉-:::::::::::::::/    \::::::::::::|:::::::.   <ね、お兄さん
     |:::|__:::::/          ̄\::::::.
     |:::|/     {         |  ヽ::::.   「うん?どうしたのリッカちゃ・・・リッカ?」
     ハ:::'     ',        |    :::i `丶、
     i V/:|   ∧ ノ'     ー十 |- ハ:::|       <大好き、愛してる!
     | |人|   _l/ 、   | \ | |  i ヽハ     \
     | | 人 __x=ミ、\ |\ x=ミ、ノ| } |\       \
     | | 〈 ∧       ~       , ノ| |         ヽ  「・・・うん、俺もだ。愛してる、リッカ」
     |人 \ : : : :     ,     : : : 八  |   >     ,
     |  ∨^ 込   _    ┐  イ   人 /
        、 { 个  V:::::::::::::ノ/   /  '      /
        _\ 人   〕 ―  {<_,,イ ´       /
      /   | ̄|'" ノ      ヽ   | |        /
       {       __    _ ノ | |  /  ´
          i  ',    `  ´    ,  |   /
      ',    |   、        /   、 /

―――他にも色々雑念というか邪念があったのは否定しないが。まぁ、些細な事である。多分きっとメイビー。

8060 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:45:51.11 ID:QOThXup2 [30/30]
以上であります!皆さまが少しでも楽しんでいただけたならば幸いです!

8061 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:46:56.82 ID:Vkd27A1t [7/8]
あぁいい…

8062 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:49:21.49 ID:Vkd27A1t [8/8]
乙ー!
心のすきまに入られる感じの優しい話ですきぃ!

8063 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:52:26.39 ID:41wwfnJB
体メンテナンスされる相手とか肉体関係になっちゃうよね!
おつー

8065 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/02(日) 23:57:31.51 ID:MR+4tIL+ [3/3]
おつー!
元気でサッパリした娘かなって思ったら,戻ってこないの?ってところで執着が垣間見えて,それに対する返答を聞いてから
ドンドンと主人公を追い詰めて,嘘も上手く使って精神的に屈服させて,ドロドロに溶かしてしまうのとても良かった!
特に,こう,心情の籠った言動というか,そういう雰囲気がとても良かったし,個人的には嬉しい連呼のドロドロした愛情が発露するところがとてもゾクゾクして最高だった…

8066 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 00:00:53.10 ID:Z5OxcWGe

自分から屈服したようになって責任とらされちゃうの興奮する
改行をもう少しいれてもいいかも!

8067 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 09:42:32.43 ID:G8RNVRNp
同じセリフ連呼するの興奮する
乙でした

8068 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 10:14:47.38 ID:Jz2NqA1z
病み嬉しがってるのいいよね

8069 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 19:32:18.06 ID:FQX5XzfE
しかし次がイッチのまどかIFってことは
逆アナル→純愛→逆アナル産卵
になるのか落差w

8070 名前:Mゲーそむりえーる@SS及びそれに類する長文書き込みは引用スレ>>6906に ◆WRbFpp11s2 [] 投稿日:2020/02/03(月) 21:14:25.73 ID:T9TzqjoD [1/21]
きたくー
昨日は完全に力尽きて寝てしまって申し訳ありません。
投下いただけてありがとうございます。

さっそく読ませてもらいましたが、二周目を読むとセリフのところどころの裏が見えて大変面白く興奮する……
それではもう一度読み終わったら感想をば!

8072 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 21:20:04.61 ID:Jau7L6/M [1/2]
おかえりー!
本当にレベル高かったよね

8073 名前:Mゲーそむりえーる@SS及びそれに類する長文書き込みは引用スレ>>6906に ◆WRbFpp11s2 [] 投稿日:2020/02/03(月) 21:21:57.68 ID:T9TzqjoD [2/21]

>>8069


          -― ―‐- 、
    _ /.: : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ/ ̄ ヽ― 、
   / / . :/. : : :}: : : : : : {  :../. : : : : .∨ ハ
.  |  /.: : :;: :il : :|: : }: :}: : iヽ :i: : : : : : : .∨ }
.   | ,′ : :{: :|l : :|ー┼-z' ハi}  : : :. :. :. :. :.} f                   ……?
  {__:! / i斗イl : :|jィ=≠V㍉{  |: : :.:. : : : : | }
  | | l: :|: :灯ハ: :|'′{ し'}' |ー┤: : : : : : : :K          ___    結局のところ全部純愛では?
  | レ|: : : :} Vリ、{   ゞ-‐' |: : |: : :. : : :. : :ト. . 二二二二......_      `ヽ、
  レ'il |: :|: :{           |: : | : : l!: :}!: : ;‐- `ー-          ̄`ヽ  /
.  | |l |: :| 八  c      | i ハ: : l|: :ハ: :ハ‐-  ヽ、 : : : ‐-. .     }/
.   j,从{: :{{ ヽ\ ,、       /,' ハ∧ l|イ: :},' }: : :.`ヽ \‐- : : :.`ヽ、
     jハ: .V . :/ | | ̄ },ィ=/イ/`ヽ∧{ヘ: :′.:.: : : : : .\ \   `ヽ、 \
     }∧ ', /. :,| |_: : }/{ '   V\\: : : : : : : : : . ヽ、\    \: .ヽ
    /;′ヽ{|f´  { ヽ/         \ \ヽ、: : .ヾ 、 : : : ::. ヽ     ヽ: :
. /  i:. : :,/|ハ    }  }          \ ヽ}\ : . \ヽ : : !  }    }: :|
'´    '|: : ,' | ∧   イ゙y'             `ー-、 \: : :.\\|  |ヽ    |: :
   / |: :,'  | {/ i  Vニ=ミx  , - 、__ノ⌒ー'{: : : .ヽ : : :. |  |: : :.  | i|
. .:/   : :{   ! { l  ヽ\ `ヽ`ー' ,x-、__ノ^ヽ_ノ: : : : : : : . V  /.: : :i  ノイ|
./   |: :l   レ| :.   :. \/`T´ } : : : : : : : : : : : : : : }∠.__/. : : :l| '´ リ
.     |li {   } | ∧  }`iーz'  {: :/! : : : : : i: : ,'}:: : :}: :ハ: : : :i: : : :l|
.     }ル'    ∨ lV'′ |  ゙y ,′: : : : ,: :/ }: : / /  } |l: :} : : ! |
               | \__ノ   {/. : : : : :/ / /. :.イ ,′ } |l: :} : : }ノ
.             ;       \: : : :/}/ // }/  〃|: :ハ: : ′
.            /           `ヽ' ′´  /  /  j/ }: :′
          /                 \ ー=''´   /  〃  }/




8074 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 21:22:45.14 ID:BHGdW5Xi [2/6]
スッ……(対空砲構え)

8075 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 21:24:16.10 ID:Jau7L6/M [2/2]
対空砲、キレた!

8076 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 21:29:50.41 ID:EGoY8+6r
はい対空ミサイル
さやかちゃん呼びますねー

8077 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 21:32:41.40 ID:DL3NC/mW [1/10]
純愛(繁殖)

8078 名前:Mゲーそむりえーる@SS及びそれに類する長文書き込みは引用スレ>>6906に ◆WRbFpp11s2 [] 投稿日:2020/02/03(月) 21:34:49.61 ID:T9TzqjoD [3/21]

義肢を使って救助隊として活躍する主人公と義肢の整備をしてくれる昔馴染みの女の子のお話。

女の子に体の面倒を見てもらっているという距離の近づきやすい設定と

力ある故にそれを自ら危惧して距離をとりがちという病みやすい条件……素晴らしくコマが揃ってしまっている感じですが

案の定、主人公に避けられがちなことを気にしていたリッカちゃん、主人公を善意を溶かして出来た罠に堕とし込みます。
さっぱり・さばさば系の見た目ながら、その内側に拗らせて濃縮された愛情を溜め込んでしまっている、
とてもM的にツボに来るタイプの娘ですね!

見かけから病んでいる見るからにあぶない感じの娘もいいですが、
こういう病んでるように見えない娘が急に発露させてくる病みは大変M心にクるんですよね

つづく

8079 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 21:35:14.51 ID:g3h7Uvbo [1/7]
ヤンデレ,逆レイプ,逆アナル,繁殖,結局のところ全部純愛では……?

8080 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 21:37:07.88 ID:BHGdW5Xi [3/6]
>>8079
違うのだ!(前立腺ズボォ!)

8081 名前:Mゲーそむりえーる@SS及びそれに類する長文書き込みは引用スレ>>6906に ◆WRbFpp11s2 [] 投稿日:2020/02/03(月) 21:39:08.52 ID:T9TzqjoD [4/21]
>>8079

                  ,   --
              ,. r:':´: : : : : : : : : : : : : ::`ヽ.、
            ./:l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
           /: : : | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
          ./. : : : : | : : : : :i: : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : '、
         ./ . : : イ: |: : : : : : |: : : : : : : : : : l: : : : : : : : : : :.',    なんだァ?てめェ……
        ./. : : : :./:|: |:l: : : |:、: |.、: : : :i: : : : : :.l: : : : :|: : : : : :.',
       .ノ: : : : : ;|: :|: |:.l: : :|: l: :|:ヾ: : : |:、: : : :i: l: : : :|: : : : : : :l
     .//l: : : : :| : l: |:.l: : |: : l: :|:\: : :|:\: : l: l: : : :|: : : : : : :|
    -‐'´ /: /: : :|: :'´lΓ:l: :|: : 弋:|‐-\:.|:.\: |:.|: : ::l::l: : :|: : : |
       ./: /:イ: :|: .;x_‐、: ヾ:|: : : : ,ゞ--:、ヾ!: ヾ: |:l: : :l:::|: : |: : :.|
      /: /:/::l: :|:´: i;;;l : : :ヽ!: : : :  .,r;;;、ヽ: : ヾ:l: : :l, 、|: :j: : :.l
      /: : :/:::::ヾ:l: |-j. : : : : : : : :  l;;;_;;;l : : : :./: :.j.--|:.イ: : :.l
     ./: : : l:::::::::::|-.、`:': : : : : : : : : : .乂_丿: : : /: : :j フ.j/:|: : : l
    .i: イ: :l:::::::::::::l  ` '  ̄ ヽ 、: : __;.- 、:/: : /_//:::::|: :i: {
    l/.|: :l::::::::::::::::\     __         ./: ,:/""::::::イl: ハl
     |: :| |::/l:::/|::::::; ,ヽ.、, ` `     ,,ィ/: /:/;イ:/.l/ !/
     |: | .|:l |/ |/´ムィ‐‐ァ:ヽ 、__ ,. ‐ _´-.//:/' /.'
     l; | .|/          i'ヽ_/,´r' ´ | '´
     ヾl         _,,,,ノ.`l .i'´    \
            ,  '"´ヽr‐.l´.j、  , r‐'"´´~''‐ 〟_
           /    _,,,,ゝr_ヽ‐'´      ‐ -、 ヽ
          /   ´, r‐''"_,.´´ ̄``゙` ヽ 、_     ヽ,
         ./  /              `ヽ、   .l
        ,r'=-´、     _,,,,,,-- ,,,,    ,、   `ヽ、 .l




8082 名前:Mゲーそむりえーる@SS及びそれに類する長文書き込みは引用スレ>>6906に ◆WRbFpp11s2 [] 投稿日:2020/02/03(月) 21:40:24.09 ID:T9TzqjoD [5/21]


うっとりと熱を帯びた視線で動けない体を見られて、弄り回され

「今日は泣くまでいじめるって決めている」と死刑宣告をされてしまい
抵抗できるはずなのにしなかったという十字架を背負わせて自己嫌悪に折れかけたところに手を差し伸べる……

動機が善意と好意と行為なだけでまさしく洗脳にも近しいような完璧な堕としの手法!

強さゆえの孤独に向かおうと広げた羽根を毟られて地面に組み伏せられてしまうかのような、

泥濘に堕とすかのごとき容赦のないやり方にMとしての生理的な興奮を感じさせられました。
生理的なレベルでマゾを理解していらっしゃいますね。

続く

8083 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 21:40:47.10 ID:DL3NC/mW [2/10]
さやかちゃん、キレた!

8084 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 21:41:30.54 ID:g3h7Uvbo [2/7]
さやかちゃんだってヤンデレちっくに逆レしてた……いえ,なんでもありませんあれはやる夫主導の正常位で間違いありませんええ

8085 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 21:44:25.61 ID:DL3NC/mW [3/10]
やる夫主導じゃないと三日三晩追加されるから…

8086 名前:Mゲーそむりえーる@SS及びそれに類する長文書き込みは引用スレ>>6906に ◆WRbFpp11s2 [] 投稿日:2020/02/03(月) 21:44:40.15 ID:T9TzqjoD [6/21]


中でも特にハイライト
女として意識していたことを嘘発見器で皇帝された瞬間「嬉しいなぁ」と連呼する姿は
表から見れば
「好きすぎて、女として見られていたことへの嬉しさが爆発してちょっと病み気味なのね」
とまあやや微笑ましい感じの病みでありますが
実は嘘発見器が狂言だったという裏から見ると
「主人公に少しは間違いなくあるであろう女として見ている気持ちをこの機会に刻み付けて消えない刻印にしてしまおう」
というドロドロとした空恐ろしいものを感じる病み方をしていることがわかります。
一周目読んだときはうわー病んでるなぁwwってなって
二周目に読むとヒエッ……(興奮)ってなるこの手法、芸術的なまでにM好みの発想で正直絶賛もの

単純に構成としても優れていることに加え、M心を全力で刺激する展開に満ちた
肋骨の間を滑る刃のようにMへの殺意の高い小ネタをありがとうございました!

みんなも二周目、読もう!(推奨)


8087 名前:Mゲーそむりえーる@SS及びそれに類する長文書き込みは引用スレ>>6906に ◆WRbFpp11s2 [] 投稿日:2020/02/03(月) 21:48:13.81 ID:T9TzqjoD [7/21]
なんか間にいろいろ挟んでしまったけど感想以上です!
お風呂入って出たらまどかIFやっていきます22時台かな?

8088 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 21:50:14.05 ID:g3h7Uvbo [3/7]
感想おつー!
昨日の小ネタはイッチの言う通り,セリフの裏側がいい具合にチラ見していいよね!
あと,完全に主人公の性格や思考回路を理解した上で罠にハメてるところに,愛情の深さが表れててとてもいい…

8089 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 22:05:51.47 ID:gMJuFShB
新鮮なIFだヒャッハー!!
それにしてもこのスレの主も住人も読解力高過ぎない?(畏敬)

8090 名前:名無しさんスレッドの埋め立ては空いている時間に[sage] 投稿日:2020/02/03(月) 22:07:18.79 ID:DL3NC/mW [4/10]
イッチが文学畑の人だからね
こんだけ情熱もって読んでもらえるのは幸せなことよ
.
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : やる夫系 - ジャンル : その他

コメント

No title

これは良く出来てるな
二週目読むと確かに意味が違う

No title

さばさばしてる感じなんだけど病んでるし
読み返すと意味が違うのがとても面白かった

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)