【R-18】Mシチュあんこスレがないから自分で作るぞ! 小ネタ とある日の闘技場の一幕~ボクがわたしに堕ちた日~

【R-18・安価・あんこ】Mシチュあんこスレがないから自分で作るぞ!6【小ネタ投下自由・逆転なし】(現行スレ)
-------------------------------------------------------------------------
..

. ..
2330 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:13:17.30 ID:EKwS7H0p
ちょっと小ネタできたのでよろしいでしょうか。ちょっと長いんであれですが。
ちなみにTSレズネタなのでちょっとあれかな?

2331 名前:イッチ@外出.[] 投稿日:2018/10/02(火) 23:14:36.93 ID:Ej8V5f4M
大歓迎!
わくわくしてます

2332 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:15:39.15 ID:EKwS7H0p
では逝きまーす。TSレズ物なので見たくない人は読み飛ばしてください

2333 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:16:30.60 ID:EKwS7H0p

【小ネタ】とある日の闘技場の一幕~ボクがわたしに堕ちた日~


                                        、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_ 人
              ___                    )   ┃                              ┃ ┃..(
             x≦´ ̄ ̄ ̄`丶、                ) ┏━━ ┃                         ┃ ┃..(
          //´::::::::::/:::::::::::::::::::::\                 )      ┃                 ━━━━  ┛ ┛..(
        /:::/::::::::::::;イ:::::::::::::::ヽ::::::::::\          r'l  . )      ┃ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋         ┛ ┛..(
         .'::::l|:::::::::::::l l::::::::::::::::::::ト、::::::::::ハ         / /  . ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒YY
         l:::::||:::::::::::::|_|斗-:::::::::-|‐ト、:}__」'.     {`ヽ /_⊥_
         |::::::l:::::::::≦ レ'"´ ̄ ̄_` ̄{:::::|::|      ヽ / / /`}
         |::::::|>:r' 沂抔    r==x |:::::ト:!       } └{ r‐ ヘ
        l::::::::::::∧{{V:り     ,  .::::::.|:::::| |       |  └' ̄フ
       ヽ:::::::::::::ヘ.::::.        |:::::| |       l     /   ≪―――さあ、それでは次の試合です!≫
         \::.へ:ハ、  r  ´ア ,.イ::::/       ト、_..イ
          ∠ -─、)⊇={::::}‐′ <|`}/        ,.イ    } 、   ≪選手は入場して下さい!≫
       /─‐-`ヽ}、」 ` ー‐ {⌒   _     { `ー -‐' |
      /  厂>- 'ア   > r<ヽァ─ヘ `丶、  ヽ      |
      r{___ イ´ ̄ヽ:::>─‐-{__,Y::::::::::::'、_  ヽ  |       |
     }     |    Y{:::::::::::::::::{__}:::::::::::::::ヽ::癶 \{      {
     ∧__ノヽ、   '.ヽ、::::::::::::ト、\__/:f⌒   l     ハ
    |      |   l: : 入__/::::l、 \:::::::::)、    |     l |
    |      |   |: /::::::::::::::::::| \ |:`ー' :ヽ   {       |
     ヽ       |   l: : ̄`丶、:::|: : : ヽ、: :..::::} 、         /


                      , ---.、 _
               {  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ:.:./:..::ヽ , -――、
                  ,  \     ./:./:.ハ:.:.}/   .:.:-┼=ミ、
                ',   ≧=- /:./_ヽ:.ヘ:.!.../ィ´ / \:.:ヽ
                \    ./,:.:/:..-―.:.:⌒:.ー..、/   .\:.:.
                 ノ ヽ  ./:.:.{:.:.!:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ     ',:.:}
                {___,:.:.:ハ:.:{/:.:.:.;.::.:.i:.:.:.:.:.:..:.:',:.V    }/             ≪赤コーナーは最近活躍のマイ=ナツメ選手です!≫
                   |:.:.:.:.:;:./:.:.:.\:.:.:/、:.:.:|:.:.:.:.:.:}:.:.}:.:∨
                   |:.:.:.:.:{:i:.:.:.:.:.:|/}/_ノ',:.:!:.:.:.:./i:.イ.:.:.:i
                   |:.:.:.从{:.:.:.:.:.:|:::::::::::::V:.:/::::}/.:.:.:.:}
                  // ,.ヘ:.:.:.:.:.|::::::::::::ムイ:::::::::/:.:./:/
             _. -=彡イ.:.:.:.:ト.:.:.:ト:{      ∠:.ィ}/
        _ -= >''´ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:\!、 u r_~っ .イ:.:.:.!    「だ、大丈夫、負けなければ大丈夫……」
      /    ´   ./.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:|:.:.:.{、__>  < | }:.:.:.|
      /  /     /:.:.:.:.:.:.:./:.>:!:.:.:.|   { i元} }、| |:.:.:.:.     「チンピラ相手にもいけたんだし、何とかなるさ(震え声)」
        /     /.:.:.:.:/  ̄ 、__|:.:.:.:!iマ''ー }ト.∧\、:.:.:.:.、
     i  /    ,.:.:.:.:.:/      |:.:.:.:{ }ii「~~ |_}  \\:.:.:.:\
     |/     /:.:.:.:,        _,:.:.:./ マ, .{/,    ヽ`''<:.:\
         /:.:.:.:./      ..ィ:/:.:.:/  マ, ∨/,    \\`''<:.、
       .:.:.:.:.:.:./     /, /:.:.:/,   .iii!  ∨/>。._ / 〉 `ヽ. ヽ:.、
      /:.:.:.:./     /:.:/:.:.:./ {:.  |ii|  }`''< _i /    ', }:.:.:\
      /:.:.,       ィ〔:.:/:.:.:./ 从::.  }ii}  ノ    .}iiii}     ∨ \:.:.\


『さて皆さん初めましてマイ=ナツメです』
『突然ですが今ボクは闘技場にいます』

.

2334 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:18:03.41 ID:EKwS7H0p

『何故闘技場の試合に参加しているのか、それを語る前に先に言っておくことがあります』
『それは―――』


                       _
                         / :.:|
                   ___   /::|:.::|
                /:.::.::.::.::.:::\/:.:::|:.::|
                /:.:/⌒二>:.:{:.: /|:.::| ̄~^''<
           /:.:/  /::.:/:.::./Λ ::|:.::| :.::.::.::.::.::\
           ./:.:/  /::.::.:/ :.::.::.::.::.:: |:.::|:.::.::.::.::.::.::.:: \
          //  /::.::.::.::/:.::.: |:.::.::.::: |:.::|:.::.::.::\:.::.:::}:.::∨
         ./    //:.::.::.::.::.:::/ |:.::.::.::: |:.:八:.::.::.::.::.::.:/:/::.:∨
          ′   //:.::.::.::.::.:::/::.:|:.::.::.::: |Λ.::\:.::.::.::.:∨::/:.:|
         {     /:|:.::.::.::.:::Λ:.:::|:.::.::.:: ノ  |:.::.::.::.::.::.::.:::/:.::.:|
            / |:|:.::.::.:|  |:|:.::.:: |:.::.::|_L:|_ノ:.:|:.::.::.:|:.::.:.|
              ′ |:|:.::.::.:|-‐|八:.:: |:.::.::| _|:.:|厶:.:|:.::.::.:|:.:.:.:|
            i  |:|:.::.::.:|j7笊冗八:.::.:|厂爪万ト|:.::.::.:| Y.::!
            |   |:|:.::.::.:l〉 ヒ^ソ  \|  L^ツ |:.::.::.:|ノ.:.:!       【ビフォー:マイ=ハヅキ君】
              .|八:.::.:|ハ       \     |:.::.::.:|.:.:.:.i
                   \|八    '       |:.::.::|:.:.:.:|
              |:.:::\:丶   - -      .: |:.::.::.:|:.:.:.:|
              |:.::.::.:|:.:|个。.     イ:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:|
              |:.::.::.:|八:|   ≧=≦   |-/ ::.::.:::|:.:.:.:|
              |:.::.::.:|/ \        ./イ|:.:.:.:.|:.:.:.:|
              |:.:.::.:.|    \    /,-、.|:.:.:.:.|<:.!
               .>|:.:.:.:.:|  / ̄} ヘ  / <  .|:.:.:.:.||  ` <
           > ´  |:.:.:.:.:|/    \∨/   |:.:.:.:.||      ` <
        /   ヽ |:.:.:.:.:|        {     |:.:.:.:.|         ヽ
        /       ', |:.:.:.:.:|       | 0    .|:.:.:.:.|     /    ',


『ボクは(元)男です』


            __       __
          ,...:::::::::::::::::::::ミ、   /:::::::::\
         /:>    ̄ ̄`ヽ:', //  \::::\
       /´           マ:レ:/_    ヽ:::::}
                _.. -――<  \r..:::::::}::/ミ、
           ...::´::::::::::::::::::::::、::::::.< }-――┐:::\
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ  ̄´ {::::::::::',
        /:::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::∨::::::::V=- }::::::::::::∨
        /イ::::::::/{:::::::::::::/i::::::::::::::V::::::::}、  }::::::::::::::∨
           i:::::斗七:::::::/ー|:::::::::::::::}:::::::/ \ノ::::::::::::::::∨
            {:::::::イ沁丶/ィ=ミ、::::::::::::::;:::::/    ∧:::::::::::::∨
           ∧:::ハ  ,  v炒:/:::::::::/::ィ      .∧:::::::::::::∨
           ∧::::',     /イ::::::::/´        ∧::::::::::::::.    【アフター:マイ=ナツメちゃん】
          \{ヽ ^__ ィ/:::/{           ∧:::::::::::::.
            |::::| }_ /.--- 乂           i::::::::::::::|
             |::::| 〈_/´     `ヾ、         |::::::::::::::!
             {::::{ ./ {           マ       |:::::::::::::;
             |::::|/.ィ|            ∨      }:::::::::::/
             |://:ハ    /-     ∨     ,::::::::::/
           / // i    ′    ハ     ./::::::::/
              〃 |   i     ′ ∨   ./::::::::/
          {   {{   |    |       乂_/::::::/ ___     --- .._
         .从  人   |    !  _ -=彡" `ー ̄ ̄  -.= ----――  ≧。
                   ¨¨|    i=彡'7/        _。r< >-=ニ ニニニ=- ヽ
               `| ̄ ̄ノ   .|   {{       〃 くiiii》イニニニニ `ヽニニニ=V
             |:::|  ′___  .ヘ  ',       人  /|ニニニニニニニ',ニニニi i
             j:/  irf==.ミV  ≧>。   i /  >f}: : |ニニニニニニニ}ニニニ| }
            /   }/「: : : :}   /::::::≧=./_  ´ ,: : :.|ニニニニニニニ.从ニニ/从
              .f/ノ: : : :.|  ./:::::://     /: : : |ニニニニニニ.イニニイ ヘヘヽ
               i´ : : : : ;  ./::::/ .       /: : /ニ=-ニニニ.イニ=≦ニニニヘヽヽ
               |: : : : : ; ./:::::/ ./    /: /ニニ=-ニア^´寸ニニニニニニ \.',
               |: : : : :; /:::::/ ./   /: /ニニ/ニニ.イ     \ニニニニニニニハ
               |: : : : |./:::::/ /  /: /ニニ/ニニ/      ヽニニニニニニニ∨

.

2335 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:19:14.81 ID:EKwS7H0p

『元々は別の国から交流目的で送られてきたのだけれど―――』


                       /ヽ   ___ ,..-、
             __       /:i::::,  /:::/:::::::::>--、
           /::::::::::::ミ:.、―-- f:/|:::::! /:::::> ´   / }、
            /:::/´ ̄ ̄ {`ミ、ー |:|._!::::|=r_< _ 彡 ´  ,::::\
         .:::::/      乂 \ィ:!::|:::::}:::::::::::::`:.<   〈:::::::::::\
         i::::′      /:::::::::::::}:::/::::::::::::::::::::::::ヽ=-  Y::::::::::::\
         {:::{      ,.:::::::::::::::::::j/:::::::::::::::::::::::::::::∧   }::::::::::::::::::::.、
         |:::!      ./::::::::::{::::::::/::::::::::::::::ヽ::::/:::::::::ハ_/::::::::::::::::::::::::\
           ',::     ,:::i:::::::ハ::::::::::ト 、::::::::::::V::/::::::::::}\:::::::::::::::::::::::::::::::\
           ヾ      |:::|::`::ト ',::::::::|/_`''<__∨:::::::::::ハ  ー-<::::::::::::::::::::::
             \   {:::{::ヘ:ィfミ、::::::{ィfん¨ヾ:::::::| Y:::::/ .ヘー-    、:::::::::::::::
                   ∧:ヽ{: vリ \! vソ }}:::::::}ノ/   \:::::\  \::::::::::
                ∧::::{ヽ/// _  -、 /:::::/イ       ',::::::::\  ',::::::::
                 ハ:::{込 u v _.ノ/:::イ::::{       .∧::::::::::}_}:::::::
                  /::::/\  > _ </:.}:::::',       ∧:::::::::::::::::::::::
         ____...彡::::::/ -ュ   〈:}}ーt_t: : :{:::::::V         ',::::::::::::::::::::::
     _....::::::::::::::::::::::::::::::::::/  -三三}〃:rく\\、::::::::`''ー―-- ...__ ',::::::::::::::::::::
   /:::::::::::ア´ ̄  r= ァ'   /: :7:: :: (\\ヽ ヽー-ァ=== ミ:::::::::::`ヽ::::::::::::::::
  /::::::::::::/     }//,__.ィ }0/||:: :: :.| ト、    }/: : : : : : : :Y::::::::::::\:::::::::::
  ,:::::::::::::/      ハ/>≦=-/:: :: ー== { {: :ヽ    V}}: : : : : :イ \:::::::::::',:::::::::
  {::::::/!/      〈//   \: : :,>'' ヘ V//ゝ  /,∧i: : : : :}  }::ハ::::::,::::::::
  .',:::{           / .′      y ´    {ー―=≦///}: : : :イ  j/:::}::::::}:::::::
   ヾ        {  {      .:'      }ミ== 彡///イ: :/: /  /:::::::|:::::;::::::::
            、 .',    {       ,`ー==≦: : : : V: :/  /:::::::://:::::::::
               i≧=-r--        / /:ハ: : : : : : : : ∨  ./::::::::::´:::::::::::::::
              |: : : : } }   ゝ   __ノ__. :ィ∧: : : :: : : :/:} ./::::::::::::::::::::::::::::::
            \: : :| |0     -=/ /: : : : ハ: : : : : :/イ /:::::::::::::::::::::::::::::::::
              ーノノ    0 / /: : : : : : :} : : : : :}  /:::/::::::::::::::::::::::::::::::
              / / `ー―  〉 〉: : : : : :/ `ー―' /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::


『色々あっていつの間にか女性になってました。訳が分からないよ!』


               __    |:::::::::厂\ `\ ____/      |
               /:::::::::/\  .|::::::/.    \/:::::::: /      |
              /:::::::::/::::::::::::\|:::/ 斗――┴:::ミ/       ノ
              /::::::::::/ ̄ ̄ ̄ >::::<::: ̄~^''<:::::::\    /\
.            /::::::/       /:::::::::::::::::\ :::::::::: \/:::Λ      |
           /:::/      /:::::::::::/::::::::::: \::::::::::: ∨:::Λ.     |
.          //         /::::::::::/::::::::/:::::::::::::|\ :::::: ∨::::|       |
         /           /::::::::::/::::::::Λ:::::_|:::::|_∨ ::: |/:::| ̄`ヽ、 /
.         {        |:::::::::/::::::::/  |:::::厂/ィ⌒|:::::: |^Y|\_____)/
                  | ::: /::::::::/_ノ |: /:::::: 乂_⊂つ 八:::>‐㍉:\
                  |:: /:イ :/〃⌒|/ :::::::: / | :::: |ィ |/7 /⌒\:::\
                  | :::::: |:/V{ 乂_ノ/ ̄   | :::: | ./ニ| | ニニ-\:::\
                /::::::::::ノハ とつ   `__ノ^/::::::::|/-ニ| |ニニニニ|::::: }
                   /:::::::::::::/ 从:ノ:心、 └‐ /:::/:::::|二ニ| |ニニニニ|:::::ノ
               /:::::::::::::/ /::ィ/| |二二]I=/イ::::::: |二ニ| |ニニニニ|::/
                 /:::::::::::::/   /ニ| |ニニノi:i:i:i:|:::::::: |二ニ| |ニニニニ|/
               /:::::::::::::/   /ニ-| |ニニ/:i:i:i:i:iノ::::::::::|ニ-/ /√ニニニΛ
.            /::::::::/:::/   /ニニΛ∨/:i:i:i:i:i/::::::::::::|ニ/ /ニ| ニニニニ 〉__
         /::::::::/ :::::/  //ニニニ∨:i:i:i:i:i/:::::::::::::/\|ニ| /二二二∨-\
         /::::::::/ /:::::/:|/ニニニニニ/ ̄ ̄/:::::::::::::/   | |ニ/ニニニニニ∨二\
.      /::::::::// ./:::::::::::|ニニニニニ./  /:::::/::::::/   \/二二二二二 |ニニニ-\
    /:::::::::::::::::/ {::::::::::: |ニニニニニ{  / :::: /::::::/    |二二二二二二|ニニ\ニニ\_
   /::::::::::::::/::::::|∠ニ\:::::::|ニニニニニ{  /:: /:::/      | ニ>――‐<ニ| 二二\ニニ}


『それから襲われるとこを必死に逃げたはいいけれど、その後が問題だった』
『知り合いに事情を説明してなんとか信じて貰ったものの、性転換だから物証にはならず』
『被害を訴えることも、そのまま家に戻ることもできなくなったのだ』

.

2336 名前:イッチ@外出.[] 投稿日:2018/10/02(火) 23:19:43.83 ID:Ej8V5f4M
あ~

2337 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:20:46.21 ID:EKwS7H0p

『一応実家も当面の資金はくれたものの、本人という物証がないためそれ以上は出来ず』
『今は家と無関係の人間として生きて行くことになってしまった』


                      /´ ̄\
            __         /_   ノ}
.        ―<:.::.::.:\_  /:.:::/\/ / /⌒\
.   /   \ \:.::.::.:\`/:.::.:::/、 :.::.:| //      \
   {       \ \:.:.:__/:.::.:::/―\::|∠/_      \
   ∨.      \ /:.::|:.::.:://:.::.::/:.:\:.::.:\     }|
.    ∨      / :.::.: |:.:://:.::.::.::/:.::.::.::.:::\:.::.:\     ノ
     ∨     Λ:.::.::\|:.:|/:.::.::: /:.::.::.:ノ:.::.::.::.::.::.::.::\
    |    ′.::.::.::.:: |:.:|:.::.::: /:.://:.::.:::/:.::.::.::.::.::.:::ヽ
.     /}   ―{ノ77:.: 八 |:.::.::/:.://|:.::.::/:.: ハ:.::.::.::.::.:|
   /八   ////)::|: \ ::|: / u |:.::.:ハ::/ /:.::.::|::{::|
.   //:.::.::.: ̄{ { l/ / :.:|:.::.::.:: |/\_|:.:/v/斗=ミ:.::八|八     「流石に『うちの息子が娘になりました』では済まないって」
  /:.:::/:.::: / :{  〈 〈:.::.::| :.::.::斗==へ |/ / ()  }}/:.::.} |
. /:.:::/:.::: /:.:八     \|:.::.::.:{「 ()  ノ     == ハ:.::.| |    「一応他の下宿先も紹介してくれたけど、どうしよう……」
/:.:::/:.::.::.::.::.::.:| \      V:.::.::| == :/:/:/:/:/:/:/ {|:.::.::.| |
:.:::/:.::.::/:.::.::.:::|  \    }:.:::八:/:/:/:/:   u 小:.::.:|  厂\ _
:.::.::.:: /:.::.::.:|.、<ニニヽ .ノ:.::.:::ト u _   つ / j:.:j:.::| ィニニ|ニニニ-
:.:|:.: /:.::.::.::厂ニニニニニ| :.::.:: |> └ ⌒ /   ノイ:.::.|ニニニ|ニニニニ
:.:| :.::.::.::: / \ニニニニ.|:|:.::.:::|  //≧rく//   ノ:.::.:|ニニニ|ニニニニ
:.:|:.::|:.:/ニニニ\ニニ/|八:.:::|∨/:.::.::.:://   /:.::.: 八二二 |ニニニニ


『実家に戻るには男に戻るか、自力で女権国家から脱出しなければならない』
『無防備に男に戻れば襲われ、そのままだと身元不明者の状態で国境を越えないといけないわけだが』


           _        _
.          //⌒\  {⌒`/\:\
       //   \\ノ /:::::/ }::::}┐    / ̄ ̄|
      //       \:V::/  /:::/.ノ⌒ヽ/      |
     //       /⌒^⌒i:::::::/:::/-< /       |
.    /        /:/::::::::::::::::|::::/:::/::\:::::\      ノ
             /:::::/::::::::::::::::::::://|::::::::::∨::Λ―    く
.            /:::::/:::::: | :::::::: /::::::| :::::::::::∨::Λ       |
           /::::::::::::|::: |::::::::::::/:::: 八| ::::::::: ∨:::|     ノ
           | ::::: 、/|::八_|:::::/、__/_|ノ::::::::: |:::::|\_/
           |:::::: /≫=ミ | :/  ァ==ミ ::八 ::::|:::::|:::::|
           |:|:::::|《 {厄}|/  {厄} /::::::::::|:::::|:::::|
           |:|:::::|ハ ===::/:/:/:/:===/::/ :::: 八::|:::::|   「と、とりあえずお金を稼ごう!」
           |:|:::::|从 u ,::::~~、 /イ:/::::/ノ::ノ::::ノ
  (\      |八::|:::/   {:::::::::::::::::}   |/::::/::イ:::::/    「もしかしたら性転換させてくれる店とかあるかもだし!(願望)」
   |        \(  > ー― _.. </::::/{:::: | :: |
.   | |.       / / ニ| | :うさ| |二/::::/ニ\:|_|  /´}
\._| |  ___     / / 二| | ::::::: | |-/::::/ニニ//-/ / /冫
   γ´ /    | | 二 ノ ノ:::::::::::| |/::::/ニニ イ\ニニ/ / / /
   / /.       | |-///:::::::: // :: |ニ/ |  |ニ/ 〈__/ / /二フ
 / /      -=|_/ ./::::::::::/ {:::::: |L//.|  |/     〈./ /
  イ\  /ニ/  /:::::::::::/ 八::::::∨ニニ|  \       (
_____ノニ} /ニ//     ⌒ \/    \:::\ニ人   }  \   ニニ⊃
二二ニⅥニ| |              | |\:::\Λ       /


『というわけで生活と目標に必要(かもしれない)お金を稼ぐことにしたのだ』

.

2338 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:22:03.85 ID:EKwS7H0p

『ただ身元不明のままギルドに登録は出来るか分からないし、罠依頼とか見抜ける気がしない』
『そもそも鍛えてるから戦闘はできるが、それ以外の依頼は自信が無い』


          { .| | | |  }__       /:.:/、:.i.´ /:.:.:.\
         ヽ }_| |_{ ./   ̄`ヽ--_/:./-- }:.|_/イ{ \:.:.\
           }.八 八 {    ..:.:´.:.:/:./.:.:⌒ヽー―:..、  \:.:.:\
            〈 ´ ̄ ̄` 〉 ./:.:.:.:.V:./:.:.:/:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\  \:.:.:\
          /\  /  ∧:.:.:.:/|:.{:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:ヽ   \:.:.:ヽ
           /:.:.:.:}  {   ハ:.:.:.∨:.:.:',:|:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   \:.:∨
         .:.:.::.:.:|  | ノ i:.:.:.:V:.:.:.:..ヘ!´!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.!:.:.:.i    ヽ:.:V
          i:/:.:.|  |   |.:.:.V:.:.:.:./ ̄` ,:.:.:.i.:.:.:.:/  ',:.:.:.:.}.:.:.:.!    ',:.:.}
        /:.:./|  |ー- {:.r |:.:.:.ィf弐ミ、',:.:.:ト.:.:/ ´ ̄|:.:.:/.:.:.:.;       }/
       /:.:./ .:.:|  |:./八{ .|:.:.《 之ソ   ':.:| }/ィf斥ミ、:./:.:.:.:.;
     /:.:./:. : /:.|  |' /:.:ハ:ト、:.!       ヾ!  ゞツ./|/:./:.:/
   .:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:|  | /:.:/!  |:.:.:|      '     /:./ィ:.:./
  /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:. |  |:.:.:/:.:  .|:.:.:!ヽ   ー__ ァ  .イ:.:.:.|/:./
 ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;: : /|  |:.:ハ:.:.!  |:.:.:ト.、      ィ  |:.:.:./イ
 ':.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.//:!  !.:{ ヽ!__.|:.:.:ト,  ー≧≦ィ}_  |:.:.:.:.|
/:.:.:.:.:./:.:.:.:.//:.:.:. |  |´ ̄   、|:.:.:|:.', 、_〔|r _} }マ`ー!:.:.:.:!_
:.:.:.::../:.:.://:.:.:.:. :/|  |       |:.:.:|: :', 〈  マ- 、V\、:.:.:',`ヽ
:.:.:.:/:./ .イ:.:.:.:.: : :' |  |      |:.:.:',: :.', ∨, ',:}__}.∨ \:.:.\}
:.:.:.:./ (:.:.:.:. : {:.ノ  |  |     \:.:\:}  V:, ー' ーミ、 、:.:.\
:.:.:.∧   \:.:/   .!  !   _   \:.:\ //         \<:.:.≧=-...__
/:.:.:.:.{\ /     .|  |  /´ ',   |:\:.:.\        /, \''<:.:.:.:.:.:.>..
i:.:.:.:.:.|:.:,        |  | ..イ   }   ,: : /ヽ.:.:.:.:.、        /,  \ `''<:.:.:.:.:.>..
|:.:.:.:.:.:/          |  |':.ヽ   ,  ./: :/  \:.:.:.\         /,  ヽ  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
|:.:.:./   、__     .:|  |:.:.:.:.   i  .: : :′   \:.:.:.ヽ       /,   ,   \:.:.:.:.:.:.',
|:./      \イ:.:.|  |:.:.:.:.:.  { i: : ;       i ,:.:.:.:',       ∧i  }     ',:.:.:.:.:.:}
',:{     /ニニヽ:.:|  |:.:.:.:.:.:', ', !: : i      } ',:.:.:.:',>:..   / /.|  ,       }:.:.:.:.:.;
  、    /ニニ/\. |:.:.:.:.:.:.:.:从 : : {     ,  ',:.:.:.:'< .>:./ / {_.イ     /:.:.:.:./
    \ ,ニニ/: : : : : \.:.:.:.:.:...:ハ ゝ: :',   /   i:.:.:.:i  `''<|/  '       /ィ:.:./
     \ニニ{ : : : : : : : \:.:.:.:.:.∧  `'' <.._ .ィ〔|:.:.:.:|≧=--=≦        //
     \:` ''<: : : : : : : :.:\:.:.:.:.:}ニ{{ヨイ }      |.:.:.:.;   / |
      \:.:.:.:.` ''<: : : : : :.ヽ:/  ∨  ,    ,:.:.:.:/   イ  、
        \:.:.:.:.:|  |ヽ: : : : : :',    \ \_/:.:.:/   〈 {  ヽ
           \:.:.|  |:.:.{: : : : : :.}    く \ >、:.:.ィ∧   V.、ニニ=、
              ` |  |:.ノ: :r= ''´',   く\ >   /  ヽ   V|ニニi|
             |  |{: : :.{{_ ィ     \>   / ィ   \.  |ィ==ミ!
            .rく |  |i: : : : : : : ノ|     ',  ./ {!     |\|: : : : ',
         r〈 \.|  |.ヘニニニニ彡!       ',_/       ,: |`〉: : : : : i
        .ハ. \..| // i | |〉 }              / /∧: : : : : :|
       .′ \r__/`¨¨| .} {_ノ__r===、    __ _.ィ{{/./^ヽ: : : :.!
       i    |  |ミ=/ / /|ニニ\  ゝ--彡 /ニ/   \: :|


『噂で聞いた傭兵をやろうかとも思ったが、まだ女の身体には不慣れで実績もない』
『そのため実績作りと鍛錬の為に闘技場に参加したのだが―――』

.

2339 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:23:17.17 ID:EKwS7H0p

『思ったより体が動いたため、試しに参加した数戦で完勝したのが良かったのか悪かったのか』
『闘技場のスタッフに乗せられてあれよあれよという間に上のランク試合を組まれてしまった』


                 . :: ´:: :: :: :: :: >.、
                ,.:' :: :: :ィ:: :: :: :: :: :: :: \
                 / :: :: :/ |:: :: :: ::ハ ト:: :: :: ヽ 、
             / :: :: :/__.| | l:|:: i|_}:} ∨ :: ::ハ::}
              / :: :: :, ´ 乂从:_ハ リヽ∨:: :ト:}::!
            ,:: :: :: ::|      ィ斧ミ、 ハ:: ハリ
            |八 :: ::≧=ミ、   乂ン_ノム::}ノ:: :i!
            l :: ヽ:: ト   _'_    /ハ〉∧: |   「有望そうな選手には頑張って貰わないとですよね♪」
               ハ:ト: :: 、}   {´ `}  .ムイ::}、:ハ}
             {ハ:\:ヽ .ヽ .ノ  ィハ : 八} ′  「―――ええ、本当に有望そう(意味深)ですから」
                ヽ:}ヽ:}>  <ハリ レ′
                  /{     /ヽ、. ィ7⌒ ヽ
               _ .ィ ∧  /  //// /  ハ
           , ´ {//ハ_  ∨ .. :´: 〉 { '   i!
_   __        l  .| 〉: : : ゝ‐ィ´: : : 〈ニコV     i!
ー 、  `ヽ      |  ,|{ : : : :{、_:人 : : : ム  :.     i!
/  ̄ ´ ハ    .| / 入:/!  ハ:ヽ:ノ :ノ   }     i!
彡 ノ_ 、_ ノヽ.  〈!/  \: : |`く  }: : :/ . . '      i!
- ´   〈    ハ l {. . . . . .ヽ:j ◯〉 !/. . . .イ}       |


                  /::.::/ ̄ ̄\:\
                 /::.::/      \|
               /::.::/         j
                 /::.:/   ____
   ____      |::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
二 ̄ ::.::.::.::.::.:: 二ァ―<{// ̄ ̄ ̄ ̄`\ ::.::|
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/::.::.::./\―へ.         |::.::.|
::.::.::.::.::-‐…=7::.::.::./::.::/::.::.::.::.:\.      |::.::.|
::.::.::.::.::.::.::.::.::. /::.::.::.::.::.:/::.::.::.::.::.::.::.:      j::.::.j
::.::.::.::.::.::.::.::.::/::.::.::.::.:: / ::.::./::.::.::.::.::.|.     /::./
::.::.::.:\::.::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.::/ ::.::.::. |::.:|    //
::.::.::.::.:: \√::.::.::. |::.: \/::.::.::.::.::.|::.:|  /
::.::.:\ ::.: √::.::.::.::.|::.::./\__::.::.::.::.::|
::.::.::.::.:\√ ::.::.::.: |/   |::. /:: Λ::|
::\::.::.:: √::.::.::.::.: | 竺竺|::/::.:/ |::|
::.::.::.:Y´√::.::.::.::.::.:|u   j/ 乂_ |/
::.::.::.::| |::.::.::.::.::.::. |          }
::.::.::.人_|::.::.::.::.::.::. |  u     ノ   「うーん、なんか嫌な予感が」
::.::.:ミ  |::.::.::.::.::.::. |   { ̄
ニニニ=ー|::.::.::.::.::.::. |     ̄/      「でもお金必要だし、一度くらいなら……?」
ニニニニ八 ::.::.::.::.::. |┬―┬'′
ニニニニ二\::.::.::.::|| ::.::. |


『と、これだけなら少し無謀な挑戦、というだけで済むのだが―――』

.

2340 名前:イッチ@外出.[] 投稿日:2018/10/02(火) 23:23:32.30 ID:Ej8V5f4M
一体誰に何をされたのか…

2341 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:24:28.57 ID:EKwS7H0p

『実は二つほど不安、というか問題がある』
『一つは元の身体の癖が抜けないのか、全力を出すとすぐにバテるということ。もう一つは―――』


                 ____
                 .x≦ム>―<≧x
                . ',ィx> ´      `ヾゝ、
                //7´   }    i!_ ム、\{ヽ、
             ' l7    ハ   ´ハ从 } `} マム
               | {'  ィ7T{ ハ /ィ示ハゝ' }ヽ}
               | |  {,ィハ圦 { リ `¨ ´ / ///!
               | |  {`¨´ ` 、     イ /// |
               l八   }ト、   厂ヽ   ノイム'  !    「あら、今日はかわいらしい女の子なの?」
               |  ヽ、ト、\  Y ン /{    l
               |   >‐=ミ、ヽ 、´ ∠ミ ト,、_  |    「苛めがいがありそうね♪」
               | , ´    Vハ}r===ミ》》》ヘヽ|
               , {    ヽ}>ゝ=しヘ ン_ミ'ムハ`ヽ
           /  l    , ´    `V´ ̄ ヽ   ̄ ̄`  、
          ,   ∧03 .ィ{ 、           :.       \
            /  /  >イ/ハヘノ                    ヽ
          '   '  / /{//人ヽ          :.           ト 、
        /     / /∧////ヽ\        ::        l } 〉
          /    Vf ヽ ヽ////\ヽ       ;:       ///\
        '      '.ヽノ ノヽ、///ヽ\    人        .://∧  \
       /       乂彡≦'. >/_//\ヽ /: : 、     . :〃´ヽ ヽ  \
       /       /  /  ∧, ´/⌒ヽ.、く: :    `: . イ/    '. \  \
      ,          /  /     {_/ . - 、Vヽ\      //!´    '.  ヽ   ヽ
      /         /  /    </   ∧ ∨\ヽ    .///{      ト、  }   |
     '       /  /     /l {⌒} ∧ ∨/ヽ\ /// ム    } ∧ |   }


『先にも言った通り、ボクは元男だ。だから―――』


                     ___
           __       /::::/::::::>ミ
           ./乂ニ=--/\::::::::/::::/::::/\-―=   ̄ ヽ
          /   .ー//ヽ:::.、:::{___::::://\\__  --=彡 }
         .′  //  .>\∨::::://:::::.<\\     }
         {  /:::/  /::::>-::::::へ::::::::^:.<::::.、、::\    }
             /::/  /::::/:::::::::::::::::::::V::::::::::::::::.、:::',\:',
          ∨::/  ,:::/::::::/::::::::::::::::::::V::::::::::::::::∨} ',::',  /
          ,::::/   {/::::::::::;::::i::::::::::::::::::::ト.::::::::',::::::::∨__|::|/
          i:::|/ー/::::::::::::i::::ハ:::::::i:::::::::::| \::::',:::::::::::, |::|\ て ピクンッ
          {:::|、 ,:::::::::::i:::|斗七:::|::::::::!::|ー-ヽ}:::::::::::i |::}  > そ
            :::| .〉:::::::::::::|:::ィf= ミ、|::::::/:/,ィf= ミ、:::::i:::| }//
            ∧!/::|::ハ::::::{:::{ セ沁 }/i/  セ沁 }:::::::|::|-イ
             /:::/!{ ∧::::、::! \\\\\\,:::::/::/|/
          /:::/  _ニ∧::::ヽ u       /イ:::::/{ `''< _    「う、はい、よろしくお願いします……」
           > ´ ̄   }:::\{ ゝ.  - -  イ/::/::|      `ヽ
 :::\    ,.:/        |:::::::| リー≧ - ≦\:イ:::::::::,      V
 \::::ミ==彡:′      /::::::/〃_   .|:|>、\ユー<::',       ,
   `''<:::::::::{     /:::彡'    >|:|:|  .} }    \\     }
        ̄:,    > "´   __...-=ニ|:|:|ニ=- 、\    \<   ,
       / }  ./ /     x≦>''´ !`''<≧、 \__ \ヽ  !


::::::::::::::::::::::::::::::::::/               ', _        _.  _
:::::::::::::::::::::::::::::::/                ',\ー--…・    フ ヽ.    /il(())
::::::::::::::::::::::::::::/       J          i>    )>   ,/ヽ  \  |i/  ./Wト、
;;;;;;;;:::::::::::::::::/:         n、       |>    て . :/i:.:.:.li}   \ |i/>|/ ̄i| i>i>i7 ,,-, -、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/          |il| li|i|      |>___ : . : /.:i.:|.:.ノ:.}  て ヽ    ./  / \/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:           |il| `´       |> ̄ヾx/ヾ.: .:,'.:, '.:.:}  そ   ‘,
;;;;;;;;;;;;;;;;/:           ヾミ≡シ      |>  /,'.:.:.:./⌒ir:-、}__     ゝ,、_      .
;;;;;;;;;;;;;/              ,Jiv-      |>  iv.:.:/.:.:./.:.:|.:.:.:.:} ⌒ヽ  /  > 、,
;;;;;;;;;;/: :              ヾ|il⌒)) u  |>  ii.:.:{.:.:.:.:/.:.:.ノ.:.:.:.:i.    ヾ.:.:u.:/ ,
;;;;;;;/                 ¨o      i|、.:.:::.: :. .: 。.:.:.:.:./  .</.:.:.:.:/
;;;;/:                   o:      ilノi、.:.:.:.::::::::..:.:.:.:.:/:.://     ,
;/: :                   o     ./i | ゝ ー.:.:.:.:.:.:.:.:.// ........ _
: :                   : ♥    /ハi |ir - = - _ //
                        /  ゚。iト、ー ノ /i/
                     .<    )|iノr⌒ /i/: :    u: .
  :             : : :.<//    ゝi y⌒  <|/: : J
    ______ ......<ト、         :/   <il|: :
             \   \      .ヾ/    <iト、:


『―――まだ、女性に性的な魅力を感じてしまうのだ』

.

2342 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:26:04.35 ID:EKwS7H0p

『性転換された時に何かされたのだろうか、以前よりも性欲が増している気がする』
『男の相手をするなんて考えられないし、女性相手でも今の身体では気が引ける』
『そのためろくに発散できず、闘技場で女性と戦う度に溜まっていく気がする』


         ___,..-‐'''" ̄  7   ∨;.=、  ヘ__
   --‐==.>''´      〃     ヽ  ヽ,   ヽー
      ,..<        /          .:ヽ  ',
     / ,.ィ´ /    ,'         ;|     〈:',
   / // 〃    /|      l  l|     ∨〉
   / / ./    ,イ! li     ,'   }     ∨:',
     ,' i     /|`|ヽl|     ,'   リ   i   i::}li
     { i    ,'、__ |ハ i    /_ ハ:.  :|   }ノi|
    _,,.从i{   i〃/ヾ.ヌ!   // /ヽ}|  }    リ::}}
     八:ハ   i从 {:ャ:リ ヽ 〃//__   i  .リ   /`i:|
   ‐''´,ィt∧ ヘ'i  ー    レ′'"7 :::ァヽ | /   /≡}
   ,/    ≧ 、\  ノ       {ヘ.ーヲ.リ:/   /¬,リ
   :.〉、 /r ´ ̄ii¨           ̄ ,ノ:/  ,.イ'〃: /   「―――へぇ?なるほど、ね♥」
   :.:}i:.=y′ ,ィ:ヾヽ ヽ _ .=‐    ー/..<ノ〃.イ
   :.:|レ′ /: :::トミi|::\     _,,..イ..イ¨`〃-''::::ノ
   :.:||   {:: : ::i ゝ::il〉;ー‐  // , ィ/:/レ }::/ /
   :.:ヾ 、-'"=、: ::! {:::ナー{==≠7 .〃' /./:/ 〃 /
   >.'´:/,.':¨:.ヽヌ:!=ヽ{_.ノ_:;;::-‐∨{/ ./:/  {'   /
   : : : !{:: : /,ニ〉ー-//、ー‐.-::ヲ/  /, '  ノ:. /
   : : : ',_ー‐‐‐≦==三=ミ/´   ,.'::{   , -"
   : : : : :¨i {:: :y〃/: /:、/    ,.イ:: :|  ′   /
   : : : : : : ー.ミー.〈:.¨:/    ∧ : : :i、     /


『ましてや今回の相手は有名選手のルカさん。かなり色気のあるタイプだ』
『そして加虐的なタイプでもあり、そんな相手とこんな状態で戦えばどうなるか―――』


                           -‥…‥‐-
                      ィf7´     `ヽV/ヘ、 `ヽ
                    / {{        \v/Λ  /,
                      〃   从      |   ∨/∧  /,
                  /             i| |    'v/Λ__ /,
                    /    l! !|      | i| | _」L _ Υ厂| ,
                /'     l! !ト、     j斗匕从   | l....| | /,
                  ′ i|  l!从乂、   |リ ィ弋刈  '| l....| |  /,
                l il  i|  l!斗fチ㍉,  |     リ /人ゞj,」   /,
                | il  i|  l! {ィ弋気ヽj       j/'      |   /,
                {八 从 リハ     ′     |i   |  |   /,
                  `ヽ\、 从   、_ r‐メ   从  |  |   /,    「いいわ、気が乗ったから今日は弄んであげる♪」
                         |> 匁、   `{\    | Λ   /,
                         |    |j>-r 、 \\ ,ヘ リ /ニ=-ミ  /,                          「えっ?」>
                         |    |[ロロ] \\ \\}  /     V /,
                         |   ノ从イ r‐ \\  \     ¦  /,  「最近マンネリだったし、たまには趣向を変えてあげるわ」
                       ノγ   ヽ}   ̄`ヽ       \     |   /,
                ,..、     /__,′イ{ {二ニ=-イニ=-ゝ _     ヽ 「「|   /,
           / 、\  /..::::::::::::::::::乂__{しイリ::::::::::::::::::::≧=-   i__L_|_
            /⌒ヽ \\′'"¨~ ̄    .:' .:::〃::::::::::::::::::::::::::ハ   |二二二] /,
            |⌒' .イ `^        / / .:::::::::, 、::::::::::::::::::::l   |二二二] /,
            |  「::::l         /  ′:::::::::::::.....:::::::::::::::::::::::   |二二二] /,
         〈ヘ____|:::::l        ′ ′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ   l  l     ,/,
         Ⅹ  l::::::゚。       l  / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    l ¦   /,
.         /  \゚::。:::`ヽ    人 ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ      l |   /,
.       /     \≧z。\'"~  /へ::::::::::::::::::::::::::::::::イ/ ′     l  |    /,


『そんなことを言いながら胸元を広げたルカさんに驚いている間に試合が始まり―――』

.

2343 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:26:23.43 ID:nJb3EaWU
いいねぇ

2344 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:27:21.29 ID:EKwS7H0p


                      /    _ .. rィ=ミ、--ィ--、  `ヽ
                     /   , ィf' ´7x>---ヽ≧ >ヽ´¨ヽ. ヽ
 ___     ____.r 、__, 、    /  /r ̄ノ,. ' ´         ` <ハヽハ'.,               __,...、
¨ゝ ヽ ̄ ̄ヽ ヽ ヽ∨ \ `7//r--l- /        /       `ヽミミ',---ァヽ_r--、γγ`///////// / `¨ > 、
  ヽ ヽ ////\ \ハ\\ //  ll .//    /   /  / /         ヽlll¨´// / / .//////////// /
  - 、l l //////ヽ. \ ゝ / / / ̄〉'     /   /  /! l     l     ハヽノ  /  / //////////// /
    `ヽ ///////\ ゝ- /__l__//   /  / / /  / l l  l   !  l l  ',lト ノ / ///////////l l, --
       \___ >\_// ハ  //   / -/-./l、 l   l l l  /   / / l l   ',l ゝ   /ー--------./
        \l l l  l  | lハl //   l  /l / .l lヽ  l l l ./   / /l  l l   lヽ、__ ノ/l     / /
         \! l  .l  l l ll/l  l .l / レ  l /l. ヽl l l/   / // / .リ   l /  / .l   /              /
          / \ .l  l l ll .l  l .l トY仡::≧ミ、  l/ll  フ /¨/フ7`/     l l  / l イヽ           /
\        //::::::::\  l l /l ! l  l l゙ 辷x::::ソ_ `V / /_,...ニ.//_/ /   /リ l  .l /:::::::::ヽ\       /
  \     //::::::::::::::::〉、 lノ .l l ヽ ヽヽ           圦x辷::::ソト、 /  / / .l  .レ、、::::::::::::::::\\    /
   \ .//::::::::::::::::::::/  \ ̄l .\ ∨∧ヽ      |   ` ー ' イ ./  / /  /  ヽヽ::::::::::::::::ヽ l  /
    /ヽ'::::::::::::::::::::::/    \ヽ l .ヽヽ lハ            /イ// /./ /     \\::::::::::::l lイ   「さあ、調教を始めましょうか」
.  //:::::\::::::::::::/       ゝ\´ ヽ从! l、   `= ォ    イ´/ .// / . ./         ヽ.l:::::::::/\
  \\:::::::::::.\/             ソヽ、リl .l. \     .. < // / _/_´ /          l l::./::::::::::::ヽ  「自分からおねだりするまで頭トロトロにしてあげる♥」
   \\ //\          > ' ´  ̄  ̄ ` ミ¨、 ´ ∧ > ' ´    ` ヽ、_       /ヽ::::::::::::::/
    / \./   \    .. <./:::.、           ヽr/           .:::ヽ//`ヽ、_ / `ヽ ヽ:::::/
   /  /     l  >x,r'´////l::::::::::;            ',           ;:::::::::',/////ヽ l l l ゝ-'
   /  /     !  l | ノ////l::::::::::;               ',           ,::::::::l/////ノl l l l
.  /  /     /  / !//////l:::::::;              l           、::::::l /////ハ l l l
 /  /     /  /  l///////ヽ´              l            ` l///////ll l l
./  /     /  /  .!.////////ヽ                  l             / ///////! l l
.  /     /  /   ! /////////\               l             /////////l  l l
  /     /  /     、///////////.\               l              //////////  l ヽ
. /     /  /     ∨////////////\          l           / ///////// .l l  \
/     /  /       ヽ /////////////ヽ、.        l、         / ////////  l l   ヽ
     /  /          ヽ//////////////> 、__ __ ノ lゝ、 _____,. ' ´/////////   l l    ヽ
.    /  /        |   `</////////////> ' ´ //l .l l/////`ー-----r ' ´ l     l l     ヽ
   /  /         .l    ハ` ー----- <////////| .| !/ ///////////l   l     .l l
   /  /          !     ∨///////////////// }-l-{/////////////,   l


『そんな彼女の言葉に怖ろしさと、ほの暗い興奮と期待が湧いてくるのをボクは感じていた――――――』



       ―――======ニニニニニニニ二二二二二二二二ニニニニニニニ======―――

                  ――===ニニニニ二二二二二二ニニニニ===――

                       ―==ニニ二二二ニニ==―


.

2345 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:29:08.04 ID:EKwS7H0p

『試合開始からいくらした時、既に勝敗は決まっていた。否―――』


                     ,ィ  ̄ ̄ヽ ⌒
                   /       \  \
                  /          ヽヽ
                     /       /    マム  ヽ
                /  {        / ∨   ∨}   ゚.
                     i |      /   ∨   }ム   :    ≪さあ、意外な試合展開になってきました!なんと―――≫
               {    、 i    ム斗匕}   :iニ}
               i   i  ≧ュ、 /  斧云〉   }7¨7
               |   ハ%云孑:/     //   i /
               l   マ',`¨  ,     〃    }‐'  :}
               ゚   ∧  、  f 7,/ }  / /
                .゚,  {个    ̄   i / /    l    「さあ、マイ。教えた通りできるかしら?」
                 八 :i | l ヽ...__....イ./ /{/     : ___
                  ゚. {/ :i...ノ   ...人―7  ≠‐=ニ   ゚,
            ._   ./.\ :|
           /  ヽ ../     ..-、   ., -‐‐
.        /    { v フ./                        }
.      /   {‐=≦                {.‐=ニ二≧ 、
  ,..、_... -‐ ¨        ,. '               :.、.Ⅷ///////∨
 ..ノ.:.:.:,            , '   . : ,:、:.:.         .:.:}zzzzz////∧
...,'`           /     : :ゝ.:.::ノ          .!   ...\///7
..i            {     `   ´         ./      .7ヽ〃
...!            . :!                /     /⌒ ゚.
...',        . . : : : .           . : : /     ./
. ..、. .    . : : : : .:.:.::.ヽ         . : : .: ./       /     ゚,
.   .>、: . . .:.:.:.:::::.:.: : : : : : \ . .   . . : : :.:..ノ :      /
..     ` ー -    イ : : : : : ` ‐ -- ‐   ´ :/


                  |:::::::|          __ ____
                  |:::::::|           ./: :\:.:.:.:.:.:.:.:\
                  |:::::::|   ..____   {:. /\\>======ァ
                  |:::::::| ..ィi〔:.:.:.:.:.〕iト,:_:{:. ィ/,:. }i:i:i:i:i:i://、
                  |:::::::| //V〈 ̄ ̄ア/:.:.:\:.i:. |ミt、^  {:.:.:/,
                  |:::::::| ´  /,`、,ィ: /:.:.:.:.:.:.:/,:.:}:.:./,/,  :.:.:.:.:\
      , ´   `ヽ         |:::::::|    .∨:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:}./ノ:.:.:. /,/, |.:.:.:.:.:.:.:.:...,
.     /       、       ' ¨¨_.>     / :.:.:. {:.:.:.:.:.:..::厂`ヽ/,:.:.:.:}:.}く〕iト.,:.:.:.:.:.\
    /      ,   ,   /     ィ     .{:.:.:.:.:.Y´ヽ:.:.{/ ,r=ミ !:. :.:',.:八: : :/ :.:.:.:.:.:.: \
.   ′     ,′ :,  /     ム    八:: :::イ弋ソ∨ 弋ソ/:.://{: : ::/\:.:.:.:.:.:.:..:.:/,
. /       j    :,  ′ , イ::::::|       `、:.ゝ::::::: ,   ::::://イ} ゝく:.:.:.:.:.:/,:.:.:.:.:.:.:.:.:}  「―――はい、ルカお姉さまぁ♥」
         ;    :, ′  { |:::::::|       .\}  v ァ  /:.:.:/   }:.:.:.:.:.:.:/,:.:.:.:.:.:.}
        ,′    :,    ! |:: r:.、__     }:.:介s。__∠_.:.:/.    ,.:.:.:.:.:.:../,:.:.:.:.:/   「"わたし"のおねだりを見てください♥」
         /     :,   { |::/::::ノ  ` < ´  ヽ __   // ヽ   /:.:.:.:.:.:.:/,:.:..:.:/
.       /      :,   .',|,′       , ´  .::rt::. ヽ    Y/:.:.:.:.:.:/.:..:./
.     /         .i   ゙i        ′   、:::'::ノ ∨   |:.:.:.:.:/.:..:./
.    /l         l   .八      ノ           l     .|.:/.:..:./
.  /  |         |`_‐'__|: `::!ァ' ´    、              |.:..:./
 , '   ,!         |   |:::::::|′       ゝ      ノ l    :./
./    ,′          ;    .|:::::::|ヽ、           ̄. イ l    l         ≪新気鋭のマイ選手、ルカ選手に試合中に調教されているーー!!≫
′              ′   .|:::::::|         ,  ´ :/.:.:l     :,
    !                  |:::::::|       /.:.:.:/.:..:/l     !
ヽ             /       |:::::::|        , '.:.:./.:..:/   ,!     !
. )   ∧       /      |:::::::|.       /──<´    /     ,′
/     丶      { λ  イ  .|:::::::|     /         ,′   ./
       \    ',!/   |:::::::|.     Y        .′   /
         ` ¨゙゙ 7      .|:::::::|     l           /     /
           /      .|:::::::|    |        , '   , '
             /       |:::::::|     ;   ,. ´ ̄ `  ノ


『それは既に試合ではなく、ただの公開調教だった』

.

2346 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:30:25.47 ID:EKwS7H0p


      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


『最初にペースを取られまいと果敢に攻め込んだのだがあっさりいなされ―――』


                           _    _  、
                     /:::::::::`ヽ / ̄\ }              ___
                     /:::::://::::::::::}∥   \           /:::::::::::::::::::::::::\
                    /::::f⌒{::{ー-ミ::ァ…‐ ミ ヽ\.          /:::::∠ニ=-‐……‐ミ
                    /:::::/ \ \/::::::::::::::::::::::::`く          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
              /::::::::/   {  {\:::::::::::::::从::::|:}        /::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::::::::',
              //:::::::::/   {__,.ィ{::::::::|\:::/符::::リ    /::::::/  __      ::::::::八{
             / /:::::::::/        八:::::、苡   |イ:( _/::::::: /   /::::::::::::\     }::::/
.           ∥ ,::::::::::;′       `ミー _ノ八::\   \/ //´ ̄`\::}    ノ/
             j{ |:::::::::{、             |::::| ┌く  i\::\   `''<      )ノ   彡    「このぉ!」
          \|:::::::::|::\__,,..ニ=‐彡|::::| | }  |  \::\_   `''<
           ,,_\:::::{:::::::::::::::::: /(   j::::jア./ひV 「    \:::::::::\    \
         =-ニ..,,_ ニ'=-ァ―イ  >ノ::::ノ |㍍ | \   } 厂\::\∨  ',
             ̄ニ'=-{ノ⌒^ニ'=-ニ.彡 { |   |   \.:ノ ノ(   }:::::| { _',
                `> ̄ニ'=-ニ..,,_ ニ'=-ニ..,,_ .....:::.イく  \ ノ::::::| \ニニ
                     /::::::::/     ̄ニ'=-ニ..,,_ ニ'=-ニ廴__ 彡:::::ノ   {ニニ
                 {イ::::;′            ノ¨ニ'=-ニ..,,_ ニ'=-ニ廴_  \ニニ
                     {::::{            /   )ニニニニニニニ'=-ニ..,,_ ニ'=-ニニニ(\
                 \          , '゜  /ニニ\ニニニ\   ̄ニ'=-ニ..,,_r「「(ニ'=-ニ..,,_
                         /  / >ニニ/ ̄ ヽニ〈\    ',  ⌒¨¨ニ'=-ニ..,,_ ニ'=-ニ..,,_
                           厂 ̄  /> /     ∨:\\   ',          ̄ニ'=-ニ..,,_ ニ'=-ニ..,,_
                       〈__ //         ∨〈 \\  ,               ̄ニ'=-ニ..,,_ ニ'=-ニ..,,_
                         〈_   /             ∨\ \ \                         ̄ニ'=-ニ..,,_
                      /ニニニニ/               ∨ニ\__ー}
                       /ニニニニ/                ∨ニニニニ/,
                     /ニニニニ/                    ∨ニニニ/,
                       /ニニニニ/                    ∨ニニニ/、
                   /ニニニ/                    {ニニニニニ--、
                     /ニニ/                          乂ニニニニニニ\
                    /\_/                         `''<ニニニニニ\_
                〈    ノ                            `''<ニニニ\\
             /  /                                `''<___/ \
.               /   /                                   \    \
              /   /                                      ̄\    \


    r'   /  .:::         :: :i  \ヽ:::\     '|>!.ヾX
    l    i  ::i::.. l       ::i::lヽ  ヽ::ヽ:::i:..    ll:‐―
   .|   .: |  ::l';::. l       ::l::| `', ‐\ヽ|::. l  l レ ,ニ
   l  .:i: :l  ::| ヽ ',ヽ      :|::l/  ` _,,,..-:,:: | :::l | .l;;;;;
   |  .:l ::|  ::l--- L_':, i   ::l'l.| ,..z=- ''::´ヽ!:l .:::| l. |;;;;;
   l  :::| ::l  :|    \.ヽ   ::| l./,'´レ<)::!!:::::::i:! .::l , .| l;;;;;
   | :::|l  ::l l |=,== =z、,ヽ: :l |  .'<,,... -‐'/ .::/ l :l .|;;;;
   l i::l l '; ::';.', .ll.! レ-,:ii:::::'; `ヽ',./     ,  , / .:/./!/!.ヽ;;   「~~~♪そんなんじゃ当らないわよ?」
   | .l | '; ':, ヽ':,.!ヾ.ヾ_... - '           /.イ///::::l丶-
   .l.||l  iヽヽ. ヽヽ  ,  ,     !        ‐'゙ // / ::::;'|::                   「くっ、まだまだ!」>
    | l  | \\丶ヽ          _ .. ィ     '/./  .:::/:l:::
    l   l .l ヽ::l丶 ::>.. .._     `´    ,.ィ'//  .::::/::i:';::    「ほら、こっちこっち。こんなに近くなのに当らないの?」
    |  .|l. ! :::;|ヾニ==<二>`   '' ‐- ィ´ /'/  .:::/::::|::ヽ:..
       l ':,!:ヽ ::i'> '''''' <  r..ニ-/ニ, /ニ../  .::::/::l:::::l:::',丶
     // |ヽ.,\!ヽ     >!::::::/´j .i.l:::::/ .::::/,_,. -_,_'::;:::
     /'  .l ::/ >---<''´-‐/::::::人_ ノ':::/  .::://./´  `ヽ、
   /  /:::L../ .i'´ `>ニ三=-=>',..L.=/  .::/:::/'      __\
  /    /:::::ヽ ヽ<_ 二=_ニ-‐―-/ .::/:/:/   r ニヽLr,. l
/ /  ./:::::::::::::::::>--_..=ニ 'ヽ 丶-::i  .:/::i:l:;'    | l l.| _'-, l
 /   l:::::::::::::::::// /´::::::::::::::::: ̄::`:‐-! .::/:::l::l:l    丶ニノ '--'


『至近距離で躱され、真近で歌を聞かされ、その匂いを嗅ぎ頭が蕩けさせられ』

.

2347 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:31:42.52 ID:EKwS7H0p

              /::.、
                /::::::::\     _  ---...、
            /::::::::/、:::\ /::::::/:::::::::::::::::\
        ___/::::::::/_\::∨::::/:::::::::::::::::::::> ---  、
       /:::::::::__{:::::::/:::.< ヘ::',ニ=- =ニ --―  、 \
      /:::::::::/ .|::::/ ≧x\´::|::::::::::::::::::::::::::::`::..、_  \ \
     ,:::::::/   ハ::{  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  ̄´  }
.     /::/.     / ヘ{/:::::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::.     /
    |:/     / ./::::::::::/::::::::::{:::::::i:::::::::::::::::::|:::::::::::::V:::::}   /
    /     {_,::::::::::;::::::/:::/|:::::::{:::::::::::::::::::|:::::::::::::::V::;   }
       |.      i::::::::::|::::;::::/ ',::::::',:::::::::::::::__}__:::::::::::::∨.   }
     \、ノし ’   |::::::::::!_,,ムイ ',:::::',:::::::::`^''<,,___:::::::::i\. }
 ___)(⌒    |::::::::::::::レ'   u. ',:::::',:::::::::::/ __}:::::::::::::::}  \!
     ̄ ̄^\    |::::::::::::::| __.  ',:::::',:::::::ィf= ミ、:::::::::;i::::\ \
            |::i:::::::::cィ====ミ \{\:| んハ }::::::/::;:|:::::::::\ \
             / |::ハ:::::ト::', ///  ,    ゞソっ::イ::/::|::::::::::::::\ \
     ι    /  / \{::∧///////./イ/::::::!:::::::::::::::::::\  ー― __
        / /   ',:::::::::} 、   マ ̄ ̄ヽ u. /:::|:::::::::|::::::::::::::::::::::', ≧=-    <    「だ、だめっ。ボクはぁ!」
       / /     }::::::::| i:::. 乂:::::: ノ  ィ:::::::::|::::::::::!:::::::::::::::::::::::::.   ≧=-    、
     / /       |::::::::| |:::::|> こ. </::::::::: !:::::::::|::::::::::::::::::::::: : ∨     、    \
.   / /。   >─  -|::::::::| _ノ        {::::::::::::|::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::V       \    ヽ
   / .′  /.     /:::::::/          乂::::: : !:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::V       ',    ',
.  /  {   /.     /:::::::/.  ‐- .,,_      ```'',:::::::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      ',
  ′.    ,'     /::::/  u     ‘,  /⌒''  ',:::::::::', :::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      .}     i
    乂_.    /::::/                     ヽ:::::::::\ :::::::::::::::::::::::::::::::: :.           |
 {   /|  /::::/                       ∨、:::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::.   /   _|
    /  /::::/                            \:::::::\.:::::::::::::::::::::::::::::∨ {/´ ̄


『頭が蕩け動けなくなったところを捕まり、耳元で歌われながら調教されてしまっていた』


   rへ\「 }   γ ´ 丶、       _,..  ` ー 、二二ニニニニム
   j、\ヽ) ヽ        `¨¨`  ´¨¨´       Ⅶニニニニニニ}
    {ヽ)ノ´   l /                   ヽ   }ニニニ7二二ニ
.    `ヽ   j /   ノ       ヽ/      (ヽ } l二ニニ}二二ニ
      }  {/  /       ,       fニミ、ヽ, l二ニV二ニニ7   「はい、ダ~メ。"ボク"じゃなくて"わたし"でしょう?」
      .′ l  ,         {     :ッ::  )二'{ニニニ}二ニ7
      ,′  l                 ..と二´ニニ\ニ7ニニ7     「ほら、もう一度。~~~♪」
        l    .t:.       〉      ,:仁二_ニニ`くニニ7
         l .人    /7:イノ´ 个s。.,_  イ´  } }マニ二ヽ_7               「あっ♥あっ♥ボ、わ、わたしはぁ!♥」>
    {     j/  ` --  ^ー′               jニヽ二二7
    ヽ  イ      |             .′ 寸ニ`マア }
                             ‘,   寸二ニニム
.              j                ‘,、   `マ二二ヽ


『服もいつの間にか取られ、愛撫と共に受ける歌に"ボク"がどんどん染められていって―――』


                  ------------

           ================================

      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

.

2348 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:33:10.29 ID:EKwS7H0p

『そしてもう、取り返しのつかないところまで染められてしまっていた』


                               __
                              /:.:/\/\   ____
                              /:./   \  \/:.\\\
                              {:.:|  .>-- \-/=<:.Ⅵ:.:.:}        \、_ノし/
                              Ⅵ/:.:.:>---:.:.:.:.:.:.:.:.|:.| ̄ヽー … .、  `⌒) て
                              /:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.|\ }    }   /^
                             ./:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:. : .|:.|  /    √
                            √:.:./:.:/ {:.:.:.:.:.∧:.:.|:.:.:ノイ ,     /
                            {:.:.:.:{⌒ ̄ |:.:.:.:メ }:.:.i:.:.:.//     /
                           .人:.:.:《戌ぅ八:.:/ `}:.:√:/       /
                          /:.:..:.\{:.:.:.:::.:.:∨:ぅ芯ソ:.:/      /
          i                   /.:.::.:.:.:. |::.:i   ' :.:.:.:.:.:./:.:/
          |  ’  ゚          ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}::人 、 , ー=彡'   u   '  「わたしはルカお姉さまに見蕩れてアソコを濡らしてたエッチな子です♥」
      \、_ノし//        /:.:.:.>--<ノ:::.:ノヽ---/.:{      /
    ___)r'⌒ヾて      ._∠:.:.:.:.:/           ..{:.:.八    /      「それを否定してたのに、ちゃんと分かるように教育して貰って幸せです♥」
   .. ̄ ̄`ヽ 、  r:.、_/⌒ヽ´    ~"ー── ´        人:.:.:.:\ .イ
           .\  {  `ヽ             ./        \:.:.:.∨       「ルカお姉さま、どうかお礼にわたしの全てを受け取ってください♥」
            乂____                            \:.}
             (----)           /      : : :rっ:    V        「そして、お姉さまのペットになれるよう躾をしてください♥」
             (⌒              . {         : : : :ij :    ,て
             (フ´  ι       / 八       : : : :     .} そピクッ
             .{          ./    \              , __,,..、、、....,,_
            八                   \            ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`...、
                 ` ー- .イ          ≧=-  __ イ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                八:.:.:{                 /:.:.:.人:.:.:.:.:.::.<⌒ ̄  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
                  \{                 .{:.:.:.:{___ ̄ ̄⌒\    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
                   {                   \:.:.:.:.:.ノ      ヽ   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
                   ゚。                  <        }\/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                    .i    u              ̄ - _ .ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                ____{                         ̄ ̄ ――-- __
             /:.:.:.:.:.:...:.:.:.{     \                                 、
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       `、        .キヽ                     \
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.______{          .} キ- 、   / `ゅ.                         \
           {:.:> "~      ̄ `     ..〈 `ゅ .   〈.♥ /             u              \
           ´                  ゝん♥ノ  . )/ /                             ゚,
         ´                      ヽ(  /  /                              }
       ´                 ι   \      て i
    /                          \    そ{                   _-=         :/
   /                               ',     ',                 _ . ≦         ./
  ./           し                 {   {、  八            _-=≦         _、-= "
./                                   , ー'i| | ̄  >。.,_  <           ._ イ
                                    /`ヽ i| |     /        -―   ̄
                           _ -=≦    .} i| |      {       /
   .ー──────────── -=  _      } i| |      .',      }
\                    _ -=≦   \    \.!      }
  ` -= _            _ -=≦         `、    .}      /        |
       ⌒        .⌒               .}    }      i         {
                                  ノ  ..o }   .  ',  ー、   乂
                             r(_(_(_(⌒ /       \__ _)__)_)_)_)
                                      `¨ ⊂⊃


『身体を見せつけるように、そしていやらしくポーズを取りながらおねだりをする』
『既に脳が屈服し、おねだりする度に、その先を想像する度軽く絶頂する。』
『―――身体を弄ったのは愛撫を軽く受けた程度。それですらこうなのに、この先にいけば戻れなくなる』
『頭の片隅で理解するが、言葉もアソコから垂れる愛液も止まらなかった』

.

2349 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:33:11.73 ID:nJb3EaWU
即オチ!

2350 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:34:09.20 ID:EKwS7H0p

                     ,ィ  ̄ ̄ヽ ⌒
                   /       \  \
                  /          ヽヽ
                     /       /    マム  ヽ
                /  {        / ∨   ∨}   ゚.
                     i |      /   ∨   }ム   :
               {    、 i    ム斗匕}   :iニ}
               i   i  ≧ュ、 /  斧云〉   }7¨7    「はい、よくできたわね♥」
               |   ハ%云孑:/     //   i /
               l   マ',`¨  ,     〃    }‐'  :}           ≪マイ選手、屈服のおねだりだー!これは勝負アリでいいですね!?≫
               ゚   ∧  、  f 7,/ }  / /
                .゚,  {个    ̄   i / /    l    「ええ、だからここからは―――」
                 八 :i | l ヽ...__....イ./ /{/     : ___
                  ゚. {/ :i...ノ   ...人―7  ≠‐=ニ   ゚,
            ._   ./.\ :|
           /  ヽ ../     ..-、   ., -‐‐
.        /    { v フ./                        }
.      /   {‐=≦                {.‐=ニ二≧ 、
  ,..、_... -‐ ¨        ,. '               :.、.Ⅷ///////∨
 ..ノ.:.:.:,            , '   . : ,:、:.:.         .:.:}zzzzz////∧
...,'`           /     : :ゝ.:.::ノ          .!   ...\///7
..i            {     `   ´         ./      .7ヽ〃
...!            . :!                /     /⌒ ゚.
...',        . . : : : .           . : : /     ./


                                            r‐‐00
                                            く,勹|   _
                ___      .  -‐―‐-=ニ. ̄ ̄ `  、     く_ノ. ,ノ /
             .  ´    `7´           `  、   \     .└1_|
           /           ′    υ         丶、  ヽ         [][]「l
         , '         ∧                  \ {         くノ
           /            ,           o           \              .ヘ、_
.          /             {^                         ヾー-‐= 、    n' ´/∧   「お楽しみの時間よ♥」
         / } (             } \                         \ノ  \  〈,   /`7
‐-    . _/ し⌒         /,ィァ、 、     u.                \ ̄ ̄ ̄  .イ 〈」
       /              /. j: :: ::ヽ. \                      \_ . < l   .      ___
.     /       ∪      乂ノ::_ノ⌒j⌒`ァー‐==       ̄ ̄ ̄      ‐- .   \    、  }. _/ ‐匕_ \
     ′               ;ヘ:):(::/   /            o             ` 、\‐- . _/.  \  (乂 ) |
 u   .              ′';Y/   /                            \ \       |   /   |
    l            '  .Y   /   ∪              /          ヽ \    ..|  /⌒し  |
     l              / ゝ、 , '´         u.           , '               }   \    .\_つ_♥,ノ
    」 _            /ι  Y                        /           /      ヽ
> ´      `ヽ.     /    | ij                   /            / ___   i
   u.           /    .人                     /            /´       |
                 /‐- . <  > _          _   -‐/  ι        /          |
              /            ー- -‐=ニ二     /             /        |


  `ー‐'" /      ',   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    / /        '、 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
     /         ̄ ̄ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   / /           /; ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    /             /'゙: : :',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  / /             /: : ノ (:',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   /            .{:ノ,r'⌒:λ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   「グチャグチャになるまで犯してあ・げ・る♥」
 /  /            i:) (: : : i: :'.,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   /            ∨j: : : {: : :',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 /  /              ∨: : :{: : ノ:',: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   /        |       ゙〈: :{: ヽ(: :'.,: : : : : : : : : : : : : : : : : :
 ∠_          ν      ヽ{: : :ヾ、: ',: : : : : : : : : : : : : : : : :
                    ヽ;_:ヽ):_:_',: : : : : : : : : : : : : : : :
                   ヽ、_ノ ¨ニノ/: : : : : : : : : : : : : : : :
                    ,'"ヽ (  ヘ: : : : : : : : : : : : : : : :
                  し | l  } {   `ヽ: : : : : : : : : : : : : :
                   'J  .}.{    ',: : : : : : : : : : : : :
                      ノ {     ',: : : : : : : : : : : :

.

2351 名前:イッチ@外出.[] 投稿日:2018/10/02(火) 23:34:21.09 ID:Ej8V5f4M
心の底まで女の子(百合っこ)ですねぇ

2352 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:35:10.83 ID:H9luKYUq
また一人飲まれたか…

2353 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:35:17.44 ID:EKwS7H0p

『そこからわたしは観衆の目の前でひたすら犯された』
『まず準備運動とばかりに徹底的に胸とアソコを手で弄られイかされ続けた』


        |.:.:l.:.:.:l.:.>:.、.__  _,,ノ, '"´ ̄  `ヽ
        |.:.:l.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.ヽ  _x'‐、:.. '.
        |.:.:l.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉' li;:;.;,/´i     .:.:.:.:.:
        |.:.:l.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.;| '、:.:.l  ゝ、   .:.:.:.:.:.:
        |.:.:l.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:γ´l  \゙、  ヽ...:.:.:.:.:.:.:
        |.:.:l.:.x'´ ̄``''‐f  ヽ   ``ヽ  ゝ、.:.:.:.:.:.:.
        |.:.:l/     _,,.:〉、  .:ヽ        `ヽ.:.:.:
        ヽ.:|  , '"´ '、 `゙¨'''"           \
          l/    .:.:`゙ ‐テ               ヽ
    ,r‐、   /     .:.:.:.:.:.:.〈           ,
    l  `x´       .:.:.:.:.:.:.:.:.\_____  /
     ,゙v‐"::.      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;'::::::::`::::.ー‐" ̄ヽ
   ./ f:;-、:::.:,     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;'::::::.:.:.:..:.:. .:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
  //´  ソ:; '     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::.:.:.      .:.:.:.:.:.:ヘ
  /    ∧    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::          .:.:.:.:.:ヘ
 /   / ヘ:.:. .:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::
 ゝ /    ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:
 ゙、´ ̄ヽ,r,x=‐‐、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:
  \__ノ   >'ゝ、.:.:.:.:.:.,,ノ
     `ー'"  `゙‐'`¨"´/
               l


: :',      ',: : : : : : : l
: : ヽ    ‘,: : : : : :ヽ       /¨7
: : : :.\    `、: : : : : :\       /
: : : : : : >-.、. \: : )'‐'(っ\     l  |
: : : : : : : : : : :``ヽ=-、(⌒ヽ、\.    ノ
: : : : : : : : : : : : : /¨7: ``ヽノ__ノ_,;っ
: : : : : : : : : : : : : : /: : :u : :u:ヽ ̄
 ̄ ̄ ̄``'‐--、 l  |._: : : : : }  ,;つ
          ノ  {::{`ヽ;ノ //      二  /ll
 二  /ll        {::{:人:ヽ{//         /
  ./            ソ::イ;;t、//、       /  ‐┐
. /  ‐┐       ノ:u:/:::://、::ヽ.         ̄ ̄_O
      ̄ ̄ _O  ./;;:::/::::ヽ'::::ヾ:::ヾ、      ,,.-‐''"´/
   ,,.-‐''"´/   ノ:://!;_:-‐=;;ニヾ;;:::へ、    l.   /
\     /  .{"::ノ::{/ソ三ニY⌒ヽ;;i;;;)__,;っ !.  / ll /
  \    /.    ':::{:i:ノ/U"´o('.ヽ、ノノノ ̄ ̄  l     /
    ヽ      l::Yノ /⌒い/:'. r、 './       l >‐-、
  )  ヽ     / .イ: :i i_ヽi_: '. i__U_'.       ,' ,' .    ',
  !l.   ヽ   ノ/l|  ij U: l ',i   '.  l | / l     ',
  ij.    ヽu (/  .| l    i l)}   ‘,.(ノ/  .!       ',
          ヽ     |ノ)  u ノ(. lu   ‘,/  .人 ,.-:   '.
           ヽ,.-‐ll||、      l.    ‘, u  l′    .l
         /    ll、    ll 人_ l||   ‘,  ,'      l
        {     -`ll,  llノ  lll 卅‐‐' ヽll .,i      l
      ll卅ヽ  /    './      ||    ヽl         ‘,
      ,ll'   \     ‘,  /  ll    イ
      ll.    , \  , ‐‐ヽ/  /  ll| / l
     l!゙ 、  '   ヽ<    '.  /   /
      ll、\   ノ. へヽ   }/ / /
       ll, i\ll、/   )‐ll''"      ./
       i ヽ  ``lllll、ll′   /   .{
        i  ゙|ll         /     '.
      ,' し ゙ll             '.           ノ
      ノi') / ゙l、ll                '.          l
     し'//    \               ヽll         lll {、


『試合中のは遊びだったのだと言わんばかりのテクで責められ続ける』
『今まで怖くてあまり触らなかったそこの性感帯を一気に引きずり出された』

.

2354 名前:イッチ@外出.[] 投稿日:2018/10/02(火) 23:36:24.70 ID:Ej8V5f4M
堕ちてもやさしくならないSっぷり

2355 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:36:25.85 ID:EKwS7H0p

『次はレズセックスで犯された。アソコ同士がこすれ合う快感に飲まれ続ける』
『貝合わせなのに一方的にイかされ、上下関係を教え込まされるように犯された』


                              |´ '////  ノ/
                             人~  , ィγ
                                 `ラ  '/《
                            ,ィ,⌒` -- ´: `Y
                        ,斗‐、.r-一´,.ィ    .:i   |
                     /   (   .'´´   : :キ  |
                     ∥   γ´ノ `ー一'´: :, イ   |
                     ノ孑っ  i.:,'  ` 、: : : :, '´ |  i
                  〈_.ヾ冫  | i    : :Y´`:、  ',.  ',
                      ,'.`'    ∥′   .: :マ:::::::`:キ   ',
                       |.    ::|:     : : : ∨::::::::',   |
    . i、,=、.     ,.、     ∥ ._:_ ::::i:_ γ´ : : : ::Y´ ̄ ヾ キ
    .ミ   /キ  ァ´ _`ヽ、 .,. ′' ´   ̄ `'y′  : : : : ノ    } ヽ
    .. / `‐ヾ_戈´ k`ヾ '´斗‐ ´   '´∥  : : : : :/     ,'   キ
    ./ミ ` /       ノ.     . . .' :∥  : : : : /`¨''=‐- {ハ : Y¨''=‐-
    .,ィ`7´    ,ミ:ー彡:.:. : : ヽ、 : : : ∥  : : : :/::::::::::::::::::::::::::ヾ_ヾメ:::::::::::::_
    ..'...,′ .:.:.:八. : : : _: _:__,斗‐ 七¨¨∥  : : : ム=‐‐-ニ___::::::'⌒ヽィ≦¨
     ∥  .:.:/.  ̄             ∥ : : : :.′  : : : : : : : : : : : : : : : `ン..
     ∥  .::/ _   _ _. ェェ=-=っ   { : : : ...:::: : : : ,.,,.-‐…‐´¨二ニ¨ ̄´
     {  : : ′: : :  ̄__: : __  _ `ミ  ヽ__.-‐‐´..´
    ..ム.__..-‐=ニ ̄   ̄   ヾ′


『時折キス責めも受けた。喘ぎ声すらも飲まれるほどの深いキス』


                       、    、    __,
                             ヽ    ‘,    ̄7
                          }    ‘,    《
                         /      l ;
                             } ゜
       .....::::::::::::::::::::.....             /l  
       ....::::::::::::::::::::.........             / 、  \  ヽ ヽ
    ....::::::::::::::::::::::::::::::......              /}_ >- ‐.- 、 \ \        __//
    ...:::::::::::::::::::::::::::::::......         /: :u: : : : : :ゝ_ノ; : :丶             ̄7/-- 、
   ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::...           〃: :/: : : : : : : : : : : : : : へ           , // // 
  ......:::::::::::::::::::::::::::::::::::......       /:l: : j: : :、: : : : :ノ ): : :ヽ_j: : ヽ      /// //  //
  ........::::::::::::::::::::::::::::::::....          ,': :u: : : : : : :ー  /: : : : : :ヽ: : ',       //  ゝ ̄ /
  .......::::::::::::::::::::::::::::::::.....       ,、: {: :): : γ⌒ヽ (: : : : : : : : l: ハ    _        ̄
 ........:::::::::::::::::::::::::::::::::::....          l:.`十ノ-:.、l: : : : } l.: : : : : : : l l: :l     l l/      _
......::::::::::::::::::::::::::::::::::..........         l: : :U : : : :l`‐ 、:l  ',: : : : : : j l: :.!   /l l 〃⌒)  /l l‐=、 
......:::::::::::::::::::::::::::::::::......            l: : : : : : : : し, : `ヽ、:l : : : : :( :i: :l     し  /  //l l ノノ
......::::::::::::::::::::::::::::::.........            l: : : : l  l: : \\.: X、: : : : : U:l               l l __ 
                       八:: : / ∩ 、: :\\  ` r-T フ             r‐v /
                        { ゝ、  }: l: , :イ 丶丶 J  l ´     7| /l!     丶/
                ____       し    ̄! ̄  /        ヘ、__    / !/ | /
           _/ ‐匕_\           u  / / /           \   |   レ
           \ (乂 ) |          ,  ´  。・               ヽ      l/
            |  つ |       ,.ィ  //                    フl_   jl__
              .{ (⌒⌒)   / l ;      ├‐¨ 勹 ン ッ            ) ll,イフ
                 ` -\/  , ´   l ;      ̄                       l


『さらに抱きしめられながらのキスだけでもイかされた』
『身体の感触と口の中を蹂躙される音で蕩けた頭の中をグチャグチャにかき回された』

.

2356 名前:イッチ@外出.[] 投稿日:2018/10/02(火) 23:37:52.09 ID:Ej8V5f4M
もう視界もぼやけてルカさんしか映ってなさそう

2357 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:38:13.75 ID:EKwS7H0p

『その後はディルドで犯された』
『処女だったが性転換だったためか血は出なかった』


       .〃´     .ヽ__ .ゝァ‐=ミ、
        {          ` ′   Y
.         '     ,         \}
          |   .{         、   乂
         :    ',   .:.ゞ':.,  `ヽ    \ __     r 、 .iヽ.
         .|    }    ゝ- '    ',    .:.ゞ{     .| i  i } /´i.
          ..;   .i           ノ     `Y   }ヽi | ′j/ 八.
         |    .:.、       イ      八  ! ! |/ 〃 /      /
        ..i.;     |≧=--=≦ :.     ..イ    ! | j′/ ,:  .,ィ_ .ノ  :、   rz 、
        }|    .{ ‘.        `  ̄ ′.   リ  ,   ′ .!`ー/ i     \   .. <
.         ..j }    .| ./´        } イ    |  イ     {_ ノ /`'' 、     `¨ ´    ヽ
.        .,.イ     `、.          ′ .!   / i   、  /    ,    ヽ  _ ノ         \
.        .′ヽ    .\      {!  } . /  :.   V      /       ′   ./      ` <
.            .゙>、    ` ー           {   ',     __ /           { '´        ` <
.         /´   \       丶´ ̄ ̄ `ヾ    ー r ´    . : : : : :. `ヽ      マ≧、
        . /¨ ‐- __   .、     ト、\....   ≧z--.ィ ´     .: : r:,ッ: : :  ',.     ヽ  > 、
       ./¨ ‐- __  ¨ ‐ァ}     | `¨     /  ′     {: : :ー.:': : ,  }      \   >
.     ′.     ¨ ‐- ,'.{ | n   |            i        .ゝ: : : : ノ  .′      ',      >
      .′.         ! し| l | lJ          ',             /
     !.          :  し し                 ヽ          /            i
.   ....|   J.     !     `゙''            ≧= ー -- t ´          .: :!_
.   ....|.           i.        `''ー ..__         __,.. -― マ \         {: ;_ソ
    ..!          ::.             マ、 ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ  :≧z:.  _  ≦´
      .!             :,           ', ヽ                \


『痛みはなく、逆に強すぎる快感に翻弄されるほどだった』


                            ,,、、-ミ       ,、、  >''´:::::::::`''<
                          /::::::::::::::>''´::: ̄/::::ヽ/::::ア ̄ ̄` 、::ヽ
                         /\/::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::{::::{气::::く       ヽ::',
                      /   \:::::::/::::::::::::::::::::/{::::{::::::',:::::\’      ',}
                      {      ヽ/:::::::::::::::::/::::: ',:::',::::::l::::::::::ヽ      }!
                      {   ,--、'::::-:::: ̄/::::::::::::::ヘ乂::}::::} }:::::∨  \、_ノし/
         ゚     。            〉    ̄{:-=≦__:|::::|u:/_.イ^:::::::厂}/::::::::',   `⌒) て
      ――                 ヽ __/::',::::::::::::::{::::::|//_V:::::::,'炒っ::::::::} ;.   /^⌒
 //   ̄ ̄                  丿:::::::::::ハ:::::::::::r{:::::c≪炒}:::::/:.:.:.:.:}::::::从
      _,,、、、、、、、,,.         >''´:::::_,,、イ::::::)h、:::ゝ',::::l、、、:.//  ' 从.イ
   >''´       >''"´ ̄ ̄ ̄``''<::::::::/:::::::::::: |¨¨´≠  ヽ 〈::::ア/ }::: } ;  ゚ 。
  /        /            ` 、:::::::::::::::::|u./   。゚ ',_)こ/ /::イ
/    U⌒) , ι                  ヽ ::::::::: | {  u   } )j ./イ  o    ハ
.          /   /⌒)/´              寸:::: | l.       ハ         /:::}!
.         ,′  u  (ノ               V:从.,'    {j /:::::',   。   /::::/
{j⌒ヽ)      {                     u  V:V      ハ:::::',     /::::/
           ',                         ヽl     /  ヽ:::\_/::::/
.        ,ィ ヘ      u                  `''< / u  }ュ:::::::::::::/
 u 、___ /,,、、、ヽ                        `'<  ノ´  ̄ ̄
    ⌒{ /:::::::::ヘ ヽ              /             `'<
.  ⊂ニ=-/:::::::::::::::}ニ=-=つ       ⌒\ (                  `'< \\
 {j.   , :::::::::::::::::}  , -、           \)    u.            ` 、
、__,, {:::::::::::::::::::}彡 。 )h、                               ` 、
     {::::::::::::::::::{       )h、                               ヽ


『その後も犯され続け、調教されていたが、覚えているのはそこまでだった……』

------------=================ニニニニニ三三三三三ニニニニニニ=================------------

      ---------==============ニニニニニ三三三ニニニニニ==============---------

                -----========ニニニニ三ニニニニ========-----
                        ----====ニニニ====----
                             ---===---
                                -

.

2358 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:39:28.42 ID:EKwS7H0p

            //    ,.ィ::::>ミx、//::::::::::::::::::::::::::::
           /:::/    /::::/  \ヾx〈:::::::::::::::::::::::::::::::
           ./:::/    /::>. :\   >リ:::::::::::::::::::::::::::::::::
          {::ィ=ニマー'': :´: : : : : : ヽイ: : {:::::::::::::::::::::::::::::::::
      > ´  \ニム: : : : : : >イ!⌒::´::|:::::::::::::::::::::::::::::::::
    r ´   ヽ   Yニ}:>.::´:|::::!ハ }彡:::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::
    ヽ     \_ノ=-´i:::::|:::::|:::|rノ彡::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::
      \       、  .|:::::|:::::|:::|  彡::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::
         、      \.j:::/!::::ハ:{ィ  ィ从从イハ::::::::::::::::::::::::
        \        </r≦ニ「o ̄ ≧、 ',::::::::::::::::::::::
            、       `寸_|.o_    ト、',:::::::::::::::::::::
            \        ',      ̄i`  ',::::::::::::::::::::
       ..>=≦彡ヽ       }            ,:::::::::::::::::
      r'´ .//  ノ`ー                , ハ::::::::::::::::::
     .{  //              / /  /イ }::::::::::::::::::
     从 |i|  ,         __  ィ  ./    /   |::::::::::::::::::
   /:::::} .|i|_ /           /  {  .ィ    |::::::::::::::::::
  /:::/〈 }iレ            ´    <    ./|::::::::::::::::::
 ::::/  j 八        /   .。<       /:::|:::::::::::::::/
     / /___ 只====rzzム__ ィ         /::::::!::::::::::::;
     {/}´      `ー-=ニニ{          ,::::::::::;:::::::::::;
    〈 イ'         {    ,       /:/:::::::::::::::/
    /                ',     -=彡イ:::::::::/:::::::/
   .Y___r==ォ、_  `ヽ.ィ  \      /:::::::::::::::::/


『その後ルカさんが満足したのか解放された』
『そのまま完全に堕ちて奴隷にされなかったのは幸運だと言われた』


                        ___   /  /
              __ =-..::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ/  /
         ー-=ニ:::::::::::::::::::::::::__:::__,,,,..ノィ  ̄`i          _
                ̄.>::i´    >..::::::::::::::::::..<. {   ..>.:ァ ´ ̄  `ヽ
               _...:::´:::::::::::_}_ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\:'':´: : : :{  }     }
          ,....::´:::::::::::::::::::::{ ..::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::∨: : : : :ゝ/     .′
        /::::::::::::::::::::::::::, -∨::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::}:::::}:::::::,―-- /     /
       /::::::::::::::::::::::::::/  ,:::::;:::::::::::::::ハ:::::::::::::イ:::/::::::::i   /       '
     /:::::::::::::::::::::イ:::/    {::::{:::::::::/|/ー-',::::::/-}/}::::::::::} ./     ,′
    ,..::::::::::::::::::::::/ /::::;    .∧::',::::::::;代zメ}:/ィvzナ,::::::::∧/     ,
  /:::::::::::::::::::/   i:::::::   ./ / .ヘ::::/:::.      /ィ:::::/ ′     /
 .:::::::::::::::::::::/    {::::::{   / /  }∨::从 、  ,  .从::/!/      /
/::::::::::::::::::,        ',:::::V/ ./  ./:::::/ .i\ ___ ..ィ }/:::{       ∧
::::::::::::::::::/       ∧/  /   /:::::/ ,人ー元ヲイ{_/´:::::::',    ,イ   、
:::::::::::::::/       ./  /  _/:::::/7´  }i示i{ ノ {{  \::\ /  \  \
:::::::::::::;        く  /  //:::::/  }}   ||  ||  マ, ヽ{\:::\   \  \
::::::::::::;        }/  ./ /::::/   ,リ , -.ノ:|_|ト.ー ヽ ',  \:::\   \「
:::::::::::::               , /::/ y // .i i   γ ∨ ',\\′\:::\
::::::::::::{           / /::,'  / //  | |  = =  ∨ ', \ ヽ. \:::\
:::::::::::::',          //  .' fii|   | |      ∨ ',  iハ. ,  ',::::::',
::::::::::::::::.、       //   ィi  {ii{  | |\    /|  |  iiii| i   ',::::::',
::::::::::::::::::::\    .//'   / .{  V,/  \ \/ /  \}iii} }   }:::::::}
ヽ::::::::::::::::::::::\  }/ ./   / 八  マ,    \i/     /iii/ .从 /::::::/
  \::::::::::::::::::::::ー-r/   /___ゝ. ヽヽ    .ィ=:ゝ _∠/ィ  /:::/
   `''<::::::::::::::::::∧   ./〉::::::::::::::::≧=-- ァ≦. -=||     {ii{:::::::::..、  ̄´
      ` ̄ ̄.∧ミ==彡::::::::::::> ´ ヽ  }i}   : ||   :|iiト::::::::::::::\
         /: : :`¨¨:/ ̄ ̄     } ./i{   i ! i  }i∧V`''<:::::\
         ,: : : : : : ,           ,ノ=〈ilil\. (・ | ・)/il/ 、  \::::::\
        ./: : : : : : ′        ./  < \ilil>   ∧ <ii/ >  \  \::::::::,


『身体(と頭)に後遺症は残らなかった。といっても結局攻撃はされなかったのだが』
『記憶が飛ぶほど犯されたが、脳にもダメージはないとのこと。ルカさんの手腕だろうか、怖ろしい』
『だが、まったく影響がなかったわけではなく―――』

.

2359 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:40:46.87 ID:EKwS7H0p

                      rー:,       __
                    _{::::i:::V      /::::::ヽ
              ノ⌒  <::::::::{::::|:::::V  /:::イヽ::::::.,
             /       >',:::',:ヘ:}-/イ   )}∧::∨
               {      /::::::∧∨:::::::::`ヽ ̄  ノ ∧::∨
             ∧  -=://::::/::::/:∧∨::::::::i:::::::.  {  ハ::::V
                 }   i/:::/::::/:::::::::\::::::::}:::::::∨ }   ハ::::.
             /   /::/::::::'::::::::::/:::::::::::;':::::::::::∨    i:::}
               乂_...ィ:::/:'::::::|:::::/}/!:::::::ハ::::i::::::::}    }/
              |::::::|:/::{:::::::|、zzx、/::::::/-}从::::::;     /
              |::::::{ハ:ヘ::::::{ Vッ ヾ:/ィf=ァ::::::/
              |:::::/|、:{∧::乂      ゞ'∠::イ     _
              |::/ .|:::ハ::::マ¨¨    '  /::::/ __>. :´: : : :ヽ    「あれ、どうしたんです?私に何か御用ですか?」
              レ /!:::∧:::::',\ ` - ィ {:::r_ノ-<: : :_: : : : V
              / _/_::::::∧::::', ≧ ≦ニ=- _:::\_ Y_ ',: : : :∨  「あ、次の試合ですか?はい、受けます!」
              i/     `ヾ}::::}> ´ `''<   ニ=-- _ <: : : ∨
             .′     /::/:\     `''<≧=- /  ヽ: : :∨
             i     __/:::; ヽ ヽ       `''</    ',: : :∨
             |     /´:::/,   Vハ       .}_}      }: : : :∨.
                  , {:::{ ,   }_ }      /{ {、       八___ノニ}
               }    ム .|:::| ゝ.. /_/    ..ィ ´ヽ ヽ=-- ィマニニ>.イ
                ,    ,:::ヽ!:::!  /∧V ̄       \',  -_ `    }
                 /:::|:::|:::|、_彡⌒\\       ヽ   -_> __ノ                 _
               ,   , i:::|:::|:::| \     \\       ヽヽ {_ -_                   _ -=ニニニ=-_
                ' |:::|:::|:::|::::{::` 、   \ >-、  {{・ヽ・}} く\             _..-=ニニニニニニニ
              ′  i .;:::|:::|:::|::::|:::::|  ,   }≧ ミ、{.  ゞ ハヾ く/          _ -=ニニニニニニニニニ
               _/    | |:::!:::|:::|::::|:::::{   ヽ  `''<  }_    ′\/{        _ -=ニニニニニニニニニニニ
           /≧=---ム}:::|:::|:::|:::::!:::::!    ',    ` <}</  {  乂    _,.ィニニニニニニニニニニニニニ
          ム<ニニニニノ:::|::::!:::!::::|:::::|               `     Y_,.イ>ニニニニニニニニニ、ニニニニ
          ,: : : :`:¨;7 .;::::::::|:::|:::::!:::::|   ′      、       _ノ{{/ニニニニニニニニニニニ\ニニニ
          i: : : : : :/ ,:::::/::|:::;:::::;::::::|   i  ___,...._≧~~丁ヽ//レ/ニニニニニニニニニニニ/ ヽニニニ
          ,: : : : :/ /::::/::/:::::::/:::::::!   }ニ __ __{{:_}}>  ̄iニ=--=<ニニニニニニニニニ./    \ニニ
          /: : : :/ /:::::;:::/イ//:::::;   ノ             i!  ト<ニニニ==-- ...__ニ/       \
          ,...-,: : : :./彡:::/::::::::::::::/::::::;   .′                i!〈〉!  ト<ニニニニニニニニ=- .._
       /:::::/: : : /:::::/::::::::::::::/:::::::/                    |  |〈〉 |  |ニニニニニニニニニニニニ=- .._
      乂ノ: : : /{:::::{::::::::::://:::::::/    {                }  |  |  |ニニニニニニニニニニニニニニ


『そう、"ボク"は"私"になっていた。一人称が、ではなく心が既に【女】になっていた』
『あの時目覚めさせられた快楽、そして調教で"ボク"は完全に塗りつぶされてしまった』
『【雌】に堕ちなかった分だけマシなのかもしれないが……』

.

2360 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:42:19.28 ID:EKwS7H0p

『男に戻ること、家に帰ることを忘れたわけではない。ただ、女であることを受け入れてしまった』
『それだけで自分が全く別の物になった気がする。さらに―――』


 ___       ì',
/::/`ヽ.      |:',:::::',  _____,,.、、-‐''"`ヽ
::/ `ヽ:ヽ    |::ハ:::::',/:/::/:::/ ‐''"" /. }     ァ'⌒ヽ
/    ヽ:',__.|:| ',::::l:/::::/:::/.    ̄/    }   (   .::)
      「 くヾ  |:|\l::::l::r‐/∠__/    ハ    乂...:::ノ
    ヘ  >―<:l:::l ̄ ̄´"'' -、      /     `´
.      ∨:::::::::::::::::::l::l、::::::::::::`'<:::}:}ヽ    / \
.     ,イ:::::::::::::::::::::::l::l:::::`~、、:::::ヽ:::::ヘ      /
     /:::|:::::::::::::ヘ:::::::l::l\::::::::::::`::、:::::ヽ::ハ    ∧
.    /:::/|::::::::::::::::|\:l:l::::::\  ::::::\::::',:::',_/::∧
    ,:::/::ヘ:::::::::::::::',  l/:::::>''"´::::::::V::ヾ',:::i:::::::::::::::::',
.   ,::,':::::::ヘ ::::::::: ', ァ''゙ヽ `''ー―≧=-::::::i!:::::::::::::::::l
.   |:i::::::::::::ヘ,,、、:::: ハ  ァ,ィ茫坏ァ::::::::| }:::::}!:::::::::::::::::|
.   |ハ::::::::/uヽ::::::::', '" 乂rり〃:::::::|ノ、、八:::::::::::::: |
    i! ∨:::::/ ,ィ芯ト、::',   /:/:/:/:|:::::: |   ゝ >''¨¨¨゙''<       「ああ、もっと、もっと私を気持ちよくしてください♥」
   i! ∨::{::`《 ゞソ       |::::::::| u /        `<
    ',  ヽ(::::::ヽ/:/:/ `   , |::::::: | .ァ′          `'<   「もっとかわいがって下さい♥」
    ヽ   ∨:::)h。   ー   |:::::::::ァ'  。゚              ` 、
           ∨::::ヘ ≧=- --|::::::ア                        ` 、
  Y⌒ヽ    ∨:::::ハ    | |:::|/         _,,、、、、
 (   .:)      ',::::::::',   | >''´        ,ィiこ 、、: :
. ゝ..:.:..ノ.       |::i::::::} >'´    u    , ''´      丶、
     /´ ̄ ̄|::|>''´          , ''´               ヽ:
____/  ヘ  } ''´         , '´ ι              . :∨:
:::::::::::: { │ |⌒'´         , '´                . : : : :,: : :
>''"´ヘ │ |         ,. く {: :               . : : : : : : }: : : : : :
  (::::::ヘ│ |      , <   人: .          . . : : : : : : : : 人=-: : _
   `ヽ:::ヘ_ノゝ―<.     /:::::::)h。、: : : : : : : : : : : : : : : : : :, イ
                /:::::::::::::::/ `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´


『抑えてた性欲も受け入れるようになっていた』
『男性相手はまだ気が乗らないが、女性と交わること、犯されることを楽しむようになった』


     -| |、           --、
     く | |、`ヽ-..._   / } !
    /:ヽ| | \\::`ヽ〃  ノ__}_    〃´ ̄ ̄  ミ、
  /::: : :::| |   乂_\::)ァ.:´>.:::⌒ヽ-.、{_      ヾ
 ':::::::::::: : | |     / ⌒Y:::::::::::::::::::i:::::::\ ̄ ミx   \
/::::::::::::: ノ| | ー=./    {:::/:::_:::/:::|::::::::::::::.    \   }
:::::::::::::: 乂| |   ./!  /   !::|::::/}メ::::::::::}:::::::.     ヽ
:::::::::::::::::::::| ト..ィ/{   ′   |::{ィf=ミ、 |:::::::/::::i:::|     }
:::::::::::::::::::::| |::::/{/ゝ-|    .|::{ Vッ  }::,ィャ }:::|:::!     ノ
:::::::::::/,::::! !:/: : ー/|    ト:!    ´ゞ'イ::/}/
::::::::/ /::::| .ノ: : :./ }   ,:::{、  ー_ァ イ::|′
:::::::{ /::/ノ´! : : イ/ /,     ハ:::',>- イ::::ト::!    「さぁって、今日はどんな相手かなぁ♪」
:::::::|./::/〈乂ノ: : ノ /.′  { }:::}、ノト |:::::!
:::::::j':::;  }ト、ィ7/ / {     |:::| `~''<::|__
::::::::::::i  .Y |′/ .込    |:::|    `¨¨`~''z<
::::::::::::|  | |/   / ,\   .|:::|          `゙ミヽ
:::::::::::::, /| |   / / .ハ. |:::|  、           }}i!
:::::: : //| |         ハ .!:::!   `''-.._     ,リ ト、
::: //:: :.| |       /  ',.|:::|      `ヽ  / /, }
 /、:: ::::::| ト..  _.> ´ 、   |:::|====ozzr彡ヘ´..ィ / ノ
/   \::::| |:::/`ヽハ  / |:::ト、   `ヽ}:.:{  }ー =イ
      .ヽ| |/: : : : }/,}イ.  |:::|ノ ヽ    ,〈 〉 ,
      .| |: : :>''¨、   彡!:::!     ∨ /


『自分が徐々にナニカに染まっていく。そんな予感を感じながら今日も私は闘技場へ向かう』
『これからどうなるにせよお金は必要だ。そのために必死に勝利を得るため、私は戦うのだった』

.

2361 名前:イッチ@外出.[] 投稿日:2018/10/02(火) 23:42:57.10 ID:Ej8V5f4M
染められてしまったのだ…

2362 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:43:40.08 ID:EKwS7H0p

『いつか完全に染まってしまうその日は、あまり遠くないのかもしれない』


                 __   ___
                /    \/\:.:.:\    ______
                {     /:/\\:.:._\ .//\:\
                {     /:/:.:.:.:>:.:…<<   .}\:\
                {    ,ィ|:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:\ }  .\:\
               ./   ∧.|:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、   \:\
               {   /:/: |:.|:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.}.:.:.:.:`、    }:.:.:}
                {   √:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.::.:    |:.:/
              ./\___||:..:.:|:∨:.:.:.:.:/!:./:.:.:.:.:./|:.:.:.:.: |    .|/
              |:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.|:.:|七/ ̄|/:.:.:./:/-ト:.:.:|:.|
              |:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.|.:.:《 ♥㍉ /:.:/}/__ |:.:.:∧|
              |:.:.:|:.:.:..:|/| :!:从:/:/:  ̄ ィ♥ 》:.:/ }
              |:.:.:|:.:.:.:.|∧|:.:|       } /://イ  ノ
              |:.:.:|:.:.:./.|:.:\! u  r==ァ  .//
              |:.:.:|..:/ 八:.:.: |>o,, ゝ-' イ:イ
              |:;;;:!;;{____ノ\ |ィ-(  T´,,i .|:.:.|---  、
              ./     /\\ ̄)∧\.!:.::!    :
             ,     /\  |::::| ̄)∨\乂:乂   }
             {    /:.:.:.:.:.:.:.:./:.-'  ∨ \ ~" <}
             {   √:.:.:.:.:/} }:.:.゚,  ∨  .\    ` 、
             :   √:.:.:.:./  .} }:.:.:.i   \  .|     .}
             |  ./:.:.:.:.:.:.i   } }:.:.:.|    \/      ;
             | /:.:.:.:.:.:.:.:| ゚, / .}.:.:.:i    /:.:/      /
             | /:.:.:.:.:.:.:.:.:{ \ }::.:.:i   ノ(.:.:{\   /}
             /ニニニニニニ}、/:::{/:.:.:.:}``  ∨:|   ̄ }:゚, ゚,
             {      .}:.`、:/:.:.:.:/    ∨!    .|:.}  ゚,
            /:|   u. /:.:.:.}/:.:.:.:/      }/    .|:.|  `、
           ./:.:.     /:.:.:.:ノ:.:.:. /\     .|   /|:.|   :
           /:.:.:.:.\___/:.:.:/{:.:.:.::|\/     !   .|/!/ニニニミ}
          ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  .|/|:.:.!\i     .∧  .|/|/:.:.:.:.:.|
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    乂{\   ./} }   /{:.:.:.:.:.:.:.:!
        ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\     ヽ \/   |___/  ゚,:.:.:.:.:.:.:.|
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\.  \____              _}ヽ:.:.:.:.:            ,,..。≦
       ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:/   \___{:.:./.:\______  ↓_______/:.} .}:.:.:.:.:\      ,,...。≦>⌒
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ |i     /\/\\\// __}_)< {:.:.:.:.:.:.:.:}  ,,..。≦>⌒
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ij    /<>/::::::::::: ̄\∧/:::::::\<>:.{:.:.:.:.:}⌒i≦>⌒
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    ./  /:::::ヽ:.:.:.:.:./:.:/:./:.:.:._,,..-=ニ/Y ̄\__)T)
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.::{   /  /|:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:./:.//-==ニ>.:⌒\___/
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| /  //:::::::::::::::}::ノij≦=->.:⌒:::::::::::::::::::::::::|\ \
      \::::::::::::::::|   //\:::::::::::::::}≦>⌒{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\ `、
     ≦ニ.\:.:.: .: | //  /::::::::::::://i|::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`、
  / /iニニニ.}.:. .:.:| /  /::::::::::::::::/ {:|::i|::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
≧ニニニニニニ.|.:.:.:.:.|_____/::::::::::::::::::::::} .|:|: i|::::::::::::::::::::::`:.、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
ニニニニニニニニニニ! :.:.:.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::}/:.|:::i|:::/⌒\:::::::::/` ,,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
/        |:.:.:.:. |:::::::::::::::::::::::::::::::::::}\|:::i|::{   /⌒` .{:.:.:.:/::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
          |:.:.:.: .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::|  }:::i|: |  .|    \:.{:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::}
     ___  ノ:.:.:.::.ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::} ノ:::i|:::|___|       ̄` 、:\::::::::::::::::::::::::/
   /(____/:.:.:./\:::::::::::::::::::::::::::::::/ {:::::i|/\/ヽ        \:::::::::::::::::::::::/
   {:.:.:.:.:.:.:.:.:./   `、::::::::::::::::::::::/  \/   \ }          -──
     ̄ ̄       `、::::::::::::/     o ───'
                 ̄      ⊂⊃


【小ネタ】とある日の闘技場の一幕~ボクがわたしに堕ちた日~【END】

.

2363 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:45:02.55 ID:H9luKYUq
男は無理でも大鳳くんならいけそうw

2364 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:45:30.94 ID:EKwS7H0p
以上です。闘技場での妄想小ネタでしたー。今回はTSしてしまった元男性のマイちゃんが被害者です。
男性が被害を受けるのが多いけど、たまには女性もレズに襲われるんだろうなぁ。と思いやってみました。
後趣味。ちなみにTSさせた下手人は特に決めてません。

攻め手は前の紹介で女性もヤるというルカさんで。本来のスタイルは分かりませんが、今回は気まぐれで
洗脳・快楽堕ちメインで試合中に調教する感じに。試合前の反応で色々察したが故の気まぐれな感じで。
さんざん楽しんで女に目覚めさせた後は、この方が面白いと解放した模様。完全な雌堕ちさせなかったのも同様。

解放された後のマイちゃんは女性としての楽しみを知って今までやらなかったオナニーをしたり、
ちょっと恥ずかしいけどレズ系の娼婦にお相手して貰ったり、態と路地裏などで襲われたりしてる模様。
男性を襲うようになったかは微妙。もしかしたら大鳳くんと会う時にはやってるかもしれないし、
大鳳くんを初めての逆レ相手としてくるかもしれない感じで。完全にレズってもいいけど。

反省点としてはかなり冗長になったこと、それとエロパートがちょっと雑だったかなと。
どうにもまだエロに関しては上手く書けないんだよなぁ。

2365 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:46:33.00 ID:H9luKYUq
おつー
ts女堕ちはいいものだ

2366 名前:イッチ@外出.[] 投稿日:2018/10/02(火) 23:50:17.28 ID:Ej8V5f4M
おつでした
男である自分自身がだんだんとフェードアウトしていくようなシチュはいいですねぇ……
戻る気を奪われてしまうというのは一つ、洗脳であり男の尊厳を奪われてることでもありますからして
だんだんと塗りつぶされていく感じが素敵です

君も女の子になろうよ♪されたい(個人的願望)

2367 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:53:56.24 ID:8Ic3lXe1
おつー
確かにエロはあっさりな感じで踏み込まなかったけど
シチュ自体はいいと思いますいいと思います(大切なので)

2368 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:54:55.90 ID:iQYAwcUu
乙っした!
……大鳳くんをヤって、完全に女権国家の女になるのまで想像した

2369 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 23:56:51.04 ID:VoczwUT6
乙です
男性相手はまだ気乗りしないが、男の娘が相手だったら……?

2370 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 00:04:21.96 ID:7pIB3Q7P
TSすき

2371 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 00:07:42.09 ID:h/BzEgUr
あ、あと冗長感は特になかったと思います
というかこれが冗長だとどこを切るべきなんだ……?

あと話はかわって、イッチに聞きたいんですが
日を跨ぐイベントってどのへんまでだいじょうぶですかね?

2372 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 00:21:29.64 ID:rr9m856s
んー、この位なら冗長ではないのか?どうにも投下してると長く感じるんだよなぁ。
どれくらいが適切かもわからないし、これから精進しないとだな

2373 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 00:23:40.16 ID:fpdxXTa+
帰宅
普通に制限はありません。
連日のイベントの場合一日の始まりのダイスがなくなって淡々とイベントが続きます
日を空けてのイベントの場合はしばらく後に自動ORダイスで回収される形です

日を空けてほかのイベントや施設をやたら阻害するようでなければ制限はなしでいいかなと

2375 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 00:27:02.92 ID:fpdxXTa+
冗長というわけではないですが
一番やりたいであろう部分(今回はエロ)をさっぱりめにしているから自分では他の部分が相対的に長く感じているのでは?
エロ(ややりたい部分)を作り込むようになったら感じなくなるんじゃないかなー、と

2376 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 00:30:05.42 ID:rr9m856s
ですかね、やっぱり。エロ部分はどうにも思った通りに出来ないんですよねぇ。
やりたいことはあるけど、実際に書こうとすると形にならないし。

2377 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 00:37:25.79 ID:h/BzEgUr
ご返答ありがとうございます
それなら大丈夫かな……ちょっと一週間くらい続くイベント思いついたので
モトネタは海外進出した、ビデオが住みかな人

2378 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 00:39:02.16 ID:fpdxXTa+
エロは書き方とかはよくわからないなぁ……自己流なので

イッチ自身もアドバイスできるほどの者ではないので、気に障ったら申し訳ないけど

ぱっと見で思ったのは後半あたり
後、ほぼ全部三人称の語尾が~だった、~された、~った型なのはちょっと単調になっていたイメージ

―-することもできず、とか~~なくみたいな語尾の表現が前半は使い分けされていたけど
後半は語尾がずっと同じだなーって思った。多分描写に疲れてきたのかな


前半はエロシーンだわーい!って感じで読んでましたし特に違和感はなかったと思います。

2379 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 00:42:11.69 ID:rr9m856s
あー、確かにそうかも。>途中から疲れてきた
段々と細かい描写がしづらくなるんですよね。あと後半になるほど長さが気になって、
早く巻こうとする悪癖があるのかも。そこら辺意識してやってるみるかな?

2380 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 00:47:32.48 ID:EteltB9X
手癖ってあるよね、うん……(自分が作ったものを思い出しつつ)

2381 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 00:51:14.26 ID:fpdxXTa+
後、エロシーンの尺を飛ばすときは

「~~犯され続けた」とか「~をされ続けた」でいくつもダイジェストすると、
その様子が聞きたいんだよ!って思われがちなので、

~され続けた×5よりは、合計三つぐらいで、一つ目のシチュでねちこく責められ、責められる側が力尽きる感じで

一つ目の後、されるがままに二つ目、三つ目も詰め込まれる感じで尺を飛ばしたほうがシチュ自体は濃厚になりますね

勿論三つとも濃厚にできればいいけど大変だから……

2382 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 00:53:37.26 ID:fpdxXTa+
>>2381
これイッチ

↑は全力でケチを付けに言った場合の話なので今回のシーンと小ネタに問題があるわけではないことは申し上げておきます
多分同じように自分の書いたエロにケチを付けたら赤ペンで真っ赤になるから!

2383 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 00:58:31.02 ID:rr9m856s
お気になさらず。やっぱり他人の意見があると参考になるよなぁ

2384 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 01:02:15.19 ID:fpdxXTa+
まあ一番言えるのはアレですね
突っ込みのある環境で沢山書けば上達する
また、投下して貰えると幸せです

おやすみなさい

2386 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 02:29:53.26 ID:pAAGRDXd
おつー
ほのぼのしたスレだなぁ…
あ、犯される側主観の描写いれると没入感あると思いました

2387 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 08:30:15.25 ID:Ok3mGRM0
おつ
反復練習と人真似が基本よね
なおやっても上達しない自分

2388 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 09:04:41.84 ID:SB/JVF4k
乙でした
エロい、TSMもいいなぁ

2389 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 11:02:44.26 ID:wvOj/1pm
指導したいというよりMシチュを書くモチベを挙げてほしいっていうイッチの心遣いを感じるねぇ

2390 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 14:04:26.21 ID:VHHDigQZ
このスレ、すき(唐突な告白)

2391 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 15:28:54.29 ID:wvOj/1pm
人が増えても雰囲気がいいままだとは思わなかったねぇ

2392 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 16:26:35.10 ID:ZfQgrgMN
性癖ありきで始まってるからぶつからないんだろう
後でスレ主のニッチ性癖ぶち込んで残念なことになる作品多いし…書きたいものを書くべきとはいえさぁ

2393 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 17:06:48.86 ID:wvOj/1pm
なるほどね

2394 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 17:47:14.24 ID:NZm3J+zQ
ニッチ系はたとえM性癖といえども語る場が荒れやすいからね…
掛け持って見てるそれ系のスレッドは割と無残なことになってたりする
だから余計このスレは大切にしていきたい&され続けてほしいな…

2395 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 17:52:30.45 ID:kdCF0gNB
イッチの人柄もあるよね

2396 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 18:15:05.68 ID:ZfQgrgMN
批判っぽいのもどう改善しようかって議題にするからね
レイプ系ネタでの冗談以外でイッチが怒ったのみたことないし

2397 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 18:17:54.68 ID:NBMjqr2b
ここのスレのエロ(読者投稿を含む)はMであれど愛を感じるから、安心して見てられる
…やる夫スレは凌辱系が特に多いから、こういう所は貴重なのよ

2398 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 21:02:47.85 ID:h/BzEgUr
唐突にアイディア流していく

【アイテム】女神の料理包丁
【内容】かつて女神が愛用したと伝わる料理包丁。 今は何故か、ある女闘士の手にある。
包丁と言ってもその切れ味は尋常ではなく、古今の名剣名刀に引けを取らない。
どんな装甲や外殻も、この包丁の前には豆腐のごとく切り裂かれるだろう。

またこの包丁は、痴情のもつれも平和的に解決できる。
男性が使えば、何も斬れないなまくらになる。 そして女性が人間に向けて使えば……
素肌を斬られた対象は、傷と痛みの代わりに、激烈な性感に曝される事となるのだ。


【施設】ハクタク牧場
【内容】亜人の女性が運営する牧場。 彼女の努力によって、どうにかやっているらしい。
また従業員たちの経験を生かし、観光客や少年少女に向けて乗馬教室も行っているようだ。

ごく最近のニュースとして、良く言えば愛嬌ある顔の白馬が生まれたらしい。
見た目は馬というよりカバだが、たまに見せる走りは侮れないものがある!
きっと行く末は、ペガサスを思わせる名馬になるに違いない! ……とは、牧場長の言である。

噂では、牧場長は昔は無法の身だったそうで、最近は昔の仲間との諍いがあるようだ。
介入するかは自由だが、どうにせよ牧場長への狼藉は避けるべきだろう。
あまり度が過ぎれば……敵対者は牛馬のように、あらゆるものを搾り尽くされることになる。


※上……いわゆる敵専用装備。 キル子の包丁持ったAAから。

※下……ドラクエのラーミア枠が育てられる施設。 牧場長の想定AAは東方のけーね。
    元ネタはある西部劇のゲームから。 

2402 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 22:36:33.49 ID:gc0SB6AT
いけた…8時ごろから書き込み不能だったけど、ほかのページも重いし原因はPCっぽいですね
投下したかったけどもう結構な時間だからレス返し

確かにやる夫スレは陵辱が多い気がする
AAにS系が多いからかな?

イッチ自身もこのスレの牧歌的マゾ性癖っぷりは大好きで仕方がありません
忙しさがマックスで一日の唯一の娯楽がこのスレ、ってときでも元気をもらえるぐらいには

2403 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 22:43:08.35 ID:RISUG1bj
牧歌的マゾとかいう怪フレーズ

2404 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 22:44:36.76 ID:r9r30eKt
怪文書多すぎぃ!

2405 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 22:45:16.84 ID:FNf9P4L6
こんばんはー
やる夫側がヒロインを陵辱する話が多いのはAAの都合か
確かに雌堕ちAAや白いものだらけのAAは増えやすい

2406 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 22:50:32.52 ID:gc0SB6AT
殺伐マゾ性癖の対義語だから(白目)
表情AAとかを使えばMシチュシーンが何とか表現できるんじゃないかって思いついたのがこのスレの始まりでしたねぇ


>>2398前半

料理……包丁
料理(意味深)されてしまいそう

キル子さんにもぐもぐされるアイテムかな?


今のところ、アイテムは所持可能アイテム(大鳳くんが買ったり入手したりするアイテム)と被使用アイテム(ヒロインが大鳳くんに使ってくるアイテム)に分類されていますが
これは被使用アイテムのほうですねぇ

SHOPに並ぶのは基本的に所持可能アイテム、ヒロインがアイテム使用コマンドで使ってくるのは被使用アイテムって感じです

2407 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 22:52:14.78 ID:8OUMAC6r
男性S物が多いのは、話が作りやすいのも一助ではないかと勝手に思っている
女を倒すことと責めることとが直結しやすいから

2408 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 22:52:55.89 ID:gc0SB6AT
被使用アイテムっぽくてもヒロインに好感度アイテムとして渡せるものもあってそれは両方に入ってたりもします

2409 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 22:56:17.57 ID:gc0SB6AT
>>2407
女に倒されて犯される、
修行して強くなって今度は誘惑で倒される……話が至極つくりやすいではないですか(澄んだ瞳)
勝たなきゃ話がすすまない?まあ、うん

2410 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:03:11.70 ID:r9r30eKt
このスレの場合犯されて味方にして話が進むから

2411 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 23:03:43.68 ID:gc0SB6AT
>>2398後半
>>見た目は馬というよりカバだが、たまに見せる走りは侮れないものがある!
>>きっと行く末は、ペガサスを思わせる名馬になるに違いない!
マキバオーかな?
原作既読です。ベアナックルすき

やる夫スレでラーミア役っていうとマキバオーかでっていうのイメージですね
ほかにも何か不思議生物を買うことができるかもしれない

そしてけーねさんのおねショタいいよね!

2412 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:09:59.43 ID:8OUMAC6r
そうですね、う…こたれそうなやつです
ショタなら乗りやすいサイズですよね多分

2413 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:10:59.74 ID:FNf9P4L6
男を倒す→男の所有権獲得
男を逆レ→男が抵抗しなくなる→パートナー認定
男が抵抗か逃亡→また倒すか陵辱続行

でも確定で抵抗失敗して希望が無くなる程陵辱されるコースがいいです

2414 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:15:47.21 ID:9L8DT4Ka

             _ ___ __
           . -‐==:.:.:.:.:.:.:三二ニ:.:.:..,
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.,
       /.:.:.:.:.:.:.:.ー-:.:.:.,三二ニ:=ー-:.:...,_:.:.:.\
      {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..<:.:.:.:.:.:.:.:ー-ミ:.:.:.:.:.:.:.:.\
      {:.:.:.乂:.:.:.:.:.:.:.:.` <:.:.:.` <:.:.:.:.:ー-=ニ..,_:.:.:.:.:.:ー-....,__,
      iヘ.:.:.:.:.` <:.:.:.:.:.:.:.:.:` <:.:.:.:`ー-≠:..,_彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー-彳
      |: :.\:.:.:、.:.:.:` <:.:.:.:.:.:-=ニ二.,_:.:.:.:.: ー.ィ≠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≠
      |: : : : \:.\:ー-ミ: : ___ー-=ミ: : : : : :.|:.:.:.:.:.:.::.:.:.:/
      i: : :/乂 ーv: : : / ≠=ー\: : : : : : : : i.:.:.:.:-‐=彡      元々は僕の固有魔法だったのさ
      }/ 、_、_ミ:x,V/ィイ≠ニ二_ 冖^ー-_イ二ニ=彳
       (⌒, t f辷ヌハ  / ィrt t_ァ≫  ≠y'⌒ヾ才"
       ヽ , ^^ ̄.:7  :,  ^冖^゛  i. :  /ハ .}           後に万人向けにマイルド化した魔法書として流通したけどな
         }ハ   .:7    !       ! :   乂 /
.        八_'.   {V/, ノ       ;.  ≠--イ
         ∧   冖^          / /乂(
.        / ∧  f^ー-、        .′'.ー- ..,_
     /  / ハ  ゝ- -' ,      ,   ′                   ┌─────────┐
    /    / {{ ヘ ー-==      /   /  }                │現在も存命かは不明.│
 ,  {    {  \ ヽ      ,.. ィ    ′ /                   └─────────┘
./   :    i\  ` <≧==≠     ,.イ  .:
        '  \   ヽ        /   イ

【アイテム】『ヘブンズ・ドア』の魔法書
【内容】
〇魔法書について
魔力さえあれば、魔法書の呪文を唱える事で、誰でも書に籠められた魔法を使う事ができる

対象の人間の全身を本のページとして展開し、無力化させる 展開箇所はまともに力が入らない
本のページにはその人物の人格・記憶・経験・能力が記されており、
 ページを元通りに畳んで魔法効果を終了させない限り、自由に閲覧できる
また、展開されたページに関して追記・消込・破壊といった行為は基本行えない
これはオリジナルの魔法とは異なるが、元となった魔法が強力過ぎるといいう理由から変更されている
しかし破壊防止目的の為に、ページ自体が非常に頑丈となっており、
 多少書こう濡らそう切ろう破こう燃やそうとしても傷一つ文字一つ付かず、ある意味防御魔法に近い状態になっている

ただ、噂ではページに干渉する方法があるらしいが…

2415 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:16:02.67 ID:9L8DT4Ka
終わり。億泰みたく全身巻物状というより、全身蛇腹状のページになって動けなくなるイメージ。
ページを畳むか、自然に魔法効果が切れるまではずっと本のままです。
大鳳くんちゃんが誰かにぶつける分には良いが、逆にぶつけられると…?

       / ....... ,...... , ..../ ......... / ...|....|.!.. |...|ヽ.....|}....}.....................',
        .,........... { .... { .. {....{..... / l....|....|.!.. |...| }....|}....| ... , ............ ',
      {........... | .... | .. |....|... ,  |....|....|.!.. |...| |....|}....|.......}.............. }
      |........... | .... | .. |....|....{ |..|....|.!.. |...| |....|}....|.......|.............. |
        .| ......... |....-+-┼┼┼ |....|....|.!.. |...| ┼┼‐+--.|.............. |
       .|............| .... |.!从从...[  |....|....|.!.. |...| }l 从 ノ┃ ! ............ |
      .|.......... | ... 从 x====ミ |....|....|.!.. |从x====ミ.┃ノ.............. |     さーて大鳳くんの本には何が書かれて……
        | ........ | .. { ┃ ん冗ハ 从从从 ノ〃ん冗ハ .┃ ............... |
       |...........{ .. [_【 {しcい}::::::::::::::::::::::::: {しcい} 】...................|
.         |.........人...[_┃弋辷ソ ::::::::::::::::::::::: 弋辷ソ .┃ .... | ...... |
.         | ............ ∧┃ ´¨¨`    l     ´¨¨` ┃ .... | ...... |     えっ 自慰回数が週平均20回?
.         |................... ┃/:/:/:/     ./:/:/:/ ┃ .... | ...... |
       |................... 人       __      人 ..... | ...... |
        | .................. ┃\       `ー ´   u / ┃ .... | ...... |
      .|.................... ┃......>           イ.........┃ .... | ...... |
       .{......... |..........┃ ........... r〕>o。_ 。<  ト........┃ .... | ...... |
       .|......... |..........┃........./|`ー─┐┌─彡l \.┃ .... | ...... |
       .|......... |..........┃ 厂  |    } .{     l.   ┃`ー     |


                   _ . .-‐. .‐- . . . _     , \
                ,. . : : : : : : : : : : `: : 、: :`: . /、 .!
                 >: : : : : : : : : : : : : : : 、: : :`: 、:/:::::\'、
               /: : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : マ : : : :ヽ::::::::/: \
          /: : : : : : : : : :ヽ: :、.: : : : :ヽ: : マ : : : : :ヾ/: : : : ヽ
           /: : : : : l: : : : : : : ムマ:ヽ : : : : マ : i: : : : : : ヽ: : : : : .ヽ
      ,、 ./.: : : : : :l: : : : : : : :.ムヽ: 'マ: : : ::!: : !: : : : : : : : :: : : : : ヘ              見ないでぇえええええええええええ!!!!
        ヘⅦ: : : : !: : :l: : : : : : : : ',ム マ:lマ: : :lマ/!: : : : : : : : : : : : : : :',
        ';:!: : : : !: : : !: : : : : : : : :',:l  マ!マ: ;:!''マ:l: : : : : : : : : : : : : : : !
        l!: : : : l!: : : !: : : : : : : : :.l!!  ll ,レ:/  ';イ: : : : : : : : : : :.l: l: :.l                           見るんじゃなかったっす>
        .l!: : : : l!: : : !マ: : : : : : : :!! ー ´j/ ./ 'l: :γヽ: : : : : : !: !: :l
         !!: : : : !マ:_: ム マ: : : : : :.l!    /___l_:__.丿: : : : o: !.:.!: :l    ○
         lヘ: : : :' \¨ムーマ: : : :.!   ,´ /////,,! : : : : : : : : : :!: !: :! o   ゚                             ドン引きっす>
        l: ヘ: : :ヘ _``_____` ┘, ///////___' !: : : : : : : : : :l: !: :!
        .!: : ト、: :ヘ.    / ///////´   `'ヽ: : : : : : : :.!:!: :!
         !: : !::>. ; - 、/ /////_/       '; :', : : : : : :.!!: :! _斗 ‐ + 、         ぐふぅ!!
         l○:!:::o:::::ーヘ´////,f:::'::/         '; :l: : : : : : l!: i´     /  ヽ
.         o ! : l::::。::::::::: ハ//// V:::{.            ';': : : : : : l:l!l    /   V
         l: :.l:::::::::::::::::::ハ ' '  V:l         /:'; : : : : :.!'ll    ,      V
         .!: :!:::::::::::::::::::;::ト、   ヾ,      _ /::::/ ', : : : :l! |    l     V
          l: :!::::::::::::::::/{::! ≧‐-  ニー=...ニ/:ー ´ ∠',: : : !     l  \   `ヽ
          .!: !::::::::::::::/ .l::l    > ´   !::::::::::::::::>"三=',: :.ト、      !   `ー-  }
.            l:.!::::::::::::/  l::!  /       ト:_::>_´三三三ハ:l      !          l
           l:l:::::::::::/  l:l  {      >=ニ0三三ニ./,ハ!       .!          l

2416 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:19:06.87 ID:8OUMAC6r
過去を覗かれる羞恥プレイ好き

2417 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:20:21.15 ID:9L8DT4Ka
好みのタイプとかプレイも赤裸々に書かれてて、読み終わられるとそのプレイでがっつり犯されるんやで

2418 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:22:45.52 ID:FNf9P4L6
弱点や性癖を確実に把握されつつそこを責められる、のかもしれない

2419 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:23:59.84 ID:rr9m856s
まあ、実際にはドン引きしなさそうだけど、桃子は

2420 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 23:28:48.74 ID:gc0SB6AT
>>2398

【教えて!けーね先生!】

           ,ィ≦三三三三三三才>x─r
         ┌<三三三三三三三三>'´ ,.イ
        \__________,ィ<才
          |三三三三三三三三三才才^ 、
        , ´|三三三三三三三三三才   \
      / : :/   : :\ : : : : : : : :\     ヽ、\__,
     </ : : ′   i: : : : ト、 \: : : : : : ヽ   ,ハ\{
      ,′: :!     |、 : : ハ メ、,ィ≦≧z、 i   / l ,\             まだわからないのか?
       i : : !    |_\: : ヽ イ/   ッ Y、! ,′   l  \
       |i : :l    N ` \: :\ ヾっtzソ V:./    ′  \
     八 : : ヽ   !イ>x、\: :\   ノ /,   ,      \        それならもっと近くで教えてあげよう
       \ : : \ト、ヾtzリ  ゝ一   ´ 7! l   /          \
.      , ィ   ヽ ハヽ一    `   ,   _イ八ヽ / __    l  ヽ  ヽ
    / !/j ノイ ! ::|≧x、___`_´_/ .|  ゝ ´   ヽ  ′  ,  ハ
_    /,イノ/    l  :|////厶///ノ   L/       i ./   /   i
  ,ノ' /⌒7     l _」⊥∠ノ>'´,   /i       |/    /  ,  |
  i   r'{  { ,..-‐.:T´ _,斗─=  ´_,. <  |       |    ′ /  |
  | Z_j/` /:.:.:.::.:.:レ´,.  ´ _,. <____」/     、|/    /   |
  ヽ ( ,.:':.:.:.:.:.:.:.:.:〃_,...<::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|        \   /   |
   `Y:::::::::.:.:.:.:::::::゙":::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:|         〉       |
    {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.ノ       /  i     |
    |\::::::::::::::::::':::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::∠ _       /    |      |
    l  「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:イ ヘ\ファ‐<´     ハ     ′
    |  |:::::::::::::::;:::::-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::;ハヽ'乂__j          / }    ,′
     、 !:::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.::::// ¨´ |       //    /
     y′/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://    |  /  //      /
   /::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//     .|     //     /

【最後まで分からない、ととぼけ続けると距離が0になります】


>>2415
こういう、秘密にしていることがバレちゃうの好き

「どんなプレイが好きなのかなー?」
「よく読ませてもらうね?」
「全部やってあげるからねー!泣かないでー」
みたいな

あるいは逆転の発想で敵ヒロインにこれを使って読んでるうちに興奮してしまい、誘惑されるとかもいいかも


【夢中になって相手の得意な性技を読みふけっていたら、復活されて呼んだとおりのことを実践されてしまう】

                  -‐ ― ‐-
            ´ : : : : : : : : : : : : : : `  、
           / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       ト、/: :/: : : /: : : : : : : : : : : : :、 : : : : : : ∨`!
       |∧ : /: : : : l : : : : : : : : : : : : : } : : : : : :∧/        「キスが大好きで、一度吸い付いたら相手が骨抜きになるまで……」
       | } : : : : : : { : : : : : : : : : : : : : } : : : : V ,∧
.     ∧/ : : : : :A {: : : : : : : : }: : : : : A : : : : У !
.      l : : : : : : : l_,ノ : { : : : : : }ト、_ ム} : : : : !: : : !        あ、まずい……効果が……
.       l : : : : : : 斗=≠ミ : : : : 斗=≠ミ,} : : : : | : : :|
.       ! : : : : : : :《 んハ\ : /《,んハ 》 : : : : | : : :l
     ! : : : : : : 人弋zン  У 弋zン人,: : : : : : : :l
      ! : : : : : : 从 xxxx  `  xxxx 从 : : : : : .:/
.     | : : : : ∧{ヽ{    r- '  ̄`ヽ   ノル' : : : : .:/
.      |: : : : ,'     \  、__ ノ   イ : : : : : /
..    | : : : :l       > , __ , < l : : : : :/
     | :∧ :|_ ____〔 \    /, 〕_l : : : :/
      l :l ヽ{       ∧ ` O ´ { {   | : : /`ヽ
      l :l  ,'     /:::::`\/´::`、   | .:/   l
.    ヽ{ ノ  !  ♀ :::::::::::::::::::::::::♀  !/   :|
.      {   |  /山 :::::::::::::::::::::::::山      :|
.      ハ  Y´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ /    〉
.      ハ  ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} /   :|
.      ハ   {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::У     :|
.      ハ   ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{      .:|
.    ⊂ニ  ̄ 7ニ┐-=ニニニ=-┌ニ≦{      .:l
..   /_,ノ  /   7  \     _,ノrく ̄   /
.    {_     {    l             \     /
.    {_     入___!_________/
.    Y_/                / \)
       \                 /   ヽ



2421 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:31:45.21 ID:8OUMAC6r
ああ、敵の特徴に魅了されてしまうと……なるほど

2422 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:31:55.52 ID:9L8DT4Ka
大鳳くんちゃんのスパイ活動の分には有効なアイテムだから…
まぁ有効な分、レアアイテム扱いになっちゃうかなー

2423 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 23:34:24.01 ID:gc0SB6AT
まあ強力の極みだからレアではあるでしょうね

一回使い切りならまあ数十Mぐらいで出してもいいかな?

2424 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:37:25.20 ID:8OUMAC6r
防諜の面々とかネロちゃまあたりにぶつけられたら一気に話が進みそうな感

……アイテムの使用について思ったんですが、アイテムって基本的に全部持ち運べる感じですかね

2425 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 23:39:51.34 ID:gc0SB6AT
基本的には全部持ち運べます
超大型のものとかの一部は設置式になることがあるかも知れないけど基本はいつでも持ってるイメージ

相手もダイスで被使用アイテムをランダムで使ってきたりするので、まあ有利不利はどっこいです

2426 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:40:00.96 ID:9L8DT4Ka
1回きりでも良いし、でもどちらかというと3~7回くらいのイメージ(2回目くらいから確率消滅判定)
1回限りの使い捨てとしてスクロールとして出そうかと思ったけど、字面がぱっとしなかったので魔法書にした

2427 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 23:43:47.71 ID:gc0SB6AT
なるほど本編の乖離剣エアみたいな感じですね
複数回使用可能となるとイベントアイテムか超レアになりそうですが
効果としては絶大でしょうね

まあ那月ちゃんがしれっと値引き販売してシナリオ解剖されたらそんときはそんときよ(開きなおり)

2428 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:45:02.90 ID:9L8DT4Ka
入手時に使用回数1d6で決めちゃいます?

2429 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/10/03(水) 23:47:00.44 ID:9L8DT4Ka
好感度上がったミクネキにいきなり取られて、速攻で本にされてぶち犯されたい

2430 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 23:47:14.90 ID:gc0SB6AT
一回一回消滅判定もそれはそれで盛り上がるし迷うところですねぇ

力を失ったら、相手のデータがちょっと閲覧できるだけで無力化は出来ないとかにしてもいいですがその辺はレア度とバランス調整ですね

2431 名前:Mゲーそむりえーる ◆OKlGnwHNsM. [] 投稿日:2018/10/03(水) 23:48:06.23 ID:gc0SB6AT
何をされたいか全てバレるし、【trauma】も全部読まれるので恥辱の逆レ開始なのじゃ

.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : やる夫系 - ジャンル : その他

コメント

ts百合っほんとすき

No title

たまには百合もいいよね!

No title

スレで続編的なのが投下されたな、今日

No title

あれ作者別らしいっすね
まあ、続編っちゃあ続編だ

No title

性欲の強いショタとかエサですね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)