【R-18】Mシチュあんこスレがないから自分で作るぞ! 小ネタ 戦闘員ライダー(メドゥーサ)

【R-18・安価・あんこ】Mシチュあんこスレがないから自分で作るぞ!5【逆転なし】(現行スレ)
-------------------------------------------------------------------------
..
3318 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 20:53:29.18 ID:xeP/zkMm
イッチが仕事中みたいなのでその間に少し長めの小ネタ投稿してみます。戦闘員ライダー(メドゥーサ)さん物です。
未熟なので質には期待しないでください。ちょっと冗長なとこがあるかも?

3319 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 20:55:19.30 ID:xeP/zkMm



   :.:. .;    :|     ___      ___
:.: :      :..:メ::|#   :||_||_||      ||_||_||             :..:メ::
           ::|    ||_||_||      ||_||_||      :.:..:;;
    /|      :|      ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄\_/
: . /  |      :|   ::メ             :.:..::#:|       :..;..     :.;...
/    |#:.:.... :|                    ∧
|    |      :|      ::.:#:..        :.:..::;
|    |:....   :|                            ;.;K;.::
|    |  #:.:.....:|;:,.
|==l  .|      :|;:;:,,.__,.::;.,___,,;;;:.,_____z______/ ̄ゝ_____
|    |   /
|    | .メ/
|__.,:;|/
|   /
|  /
|/





                                         ,イ ,イ
                                    ,イ/! レ .レ
                                     / /´
                    `     '             レ'.| |/!
                   .、   ノヾ     '        / /    __            ,‐-、
                   .)ヽ/  ヽ、ノ|ノ´        レ'.| |    /´ > ,.イ      ./ ./
                    .`r      r'            |/   .´ ̄ ./_/       / /
                       )     (                  //         .〈_./
                  ., '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /   //     ,イ,イ ,イ...<>
                        ,              キ人_,/   |/      レレ //
.   `                                )  て           /'
     .\ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.
      .)ヽ    (               、ハ,          \
  . - <       >─           ^ <  て
      .)     て              ./'Y''~ヾ
     ./^⌒`Y´^\              `

. ..
3320 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 20:57:20.45 ID:xeP/zkMm


  \\             | | |       /       /
.  \\\           .| | |        /      /
     \\          | |       /'!     /
       \\..        | |      ./ !    //
        \     |\   |     //| |___
         \    |  \ |    .// .l_   /
       ____| |\\/\//  / /
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\


                                 /
                              //
                        xニニヽ      //
                     〈⌒ ̄ ̄ \ //
                    ∨ x三ミヽ ⌒Y  ̄`
                    彡'' ̄⌒ヽ: : : : : : : : : \
                     〈 o/-‐/Χ} : : イ: |: : :ハ    _x ==ァx           /  ̄ ̄
                     ∨o /: :/ _V  |: | |: : : . x ''"   _x''"          /  //
                     //∨ /: :/_ £,__|: | ハ: : :|     _x "             /  / 〈
                     //: :/V: : X弍〕<>[=: : |ノ: : :.|/} x "           /  /  ー
              ー=≦ /: :/: : /: / 八 ̄⌒ 7: : ー/ /、     「くぅっ!?」 /  /        /了.rュ_
                 /: :/: : : :/: /|   >―/: : /:/ /ヽ ハ             /  /   __     j └┴Ц_.      __
                 /: :/ : : : : /: イ: 〉    r――‐ ´ イ――――ァ        /  /  /´ 〉   / ζ ̄ ̄~  r┐ z≦./
            /: : イ : : : : // |/    ヽ― < _  -<  ̄           |   |_ /  /_/   ̄ ̄     匸j≦ /
         ー=彡'´   ノ : : /イ: : : 八    /: /  ヽニ> \\         ヽ _ /  /__           .r‐≦ _/ _l了__
                /: : /´: : |: : :〈  `ヽ. /: /  _ ィ彡| Lノ ー'          _/ /             ̄ ̄   `7/γ ̄
           /:_: /: : : : : :|: :〈////\/: /二二 /ニニ|       ノ|       / ,/ /                        //〈/
       ー=彡'´x "/: : : : : : |: : :V ////: 厶--ミニニニリ   /:/        / .// ∧\                  〈/
           _ x "   /: : : : : : : |: : : ヽ/ ' ´ /////ハ ニニ/  /:/      / / 〈__/ / /
      _ x "     /: : : : : : : : |: :/´ ///////// } ニニイ二ニニ=―-     / /    / /
    _ x "         ; : : : : : : : : ///////////// / /彡ヘ\           |  / 〉_/ /
_ x "             |: : : : : : :/ ´\ ////// ノ '/ ミニ彡ヘ: :\           \/ /_/
             |: : : : /   // //// / // ミニニ彡へ: : \     __ / /
             |: : /   // /// イ///イ ミニニニ彡//\: : \   / / /
             |/   // // へ 二二 イー彡´/  < //\  //〈__/ 〉
        / ̄ ̄ /   //// ´       /    / /////////ヽ{/ 〉/ /
      /    _く   / // ´\      /\  / ////////,' ―x /_/
    /__∠   Χ  / ´     >―-´ 二 \ |//////// Χ〉ヽ)ニ\
     //// ヽ    }/_   _     _    _ \ _ 〈 〈 // //\ ニハ
]=[三]=[三]=[三]=[三]=〔 ニ 〕=〔 ニ 〕=〔 ニ 〕=〔 ニ 〕=〔 ニ 〕≧''ー ///////ハ ニフ
  ////////////    ̄     ̄     ̄     ̄     ̄、//////////////}




『「ここまでだな」俺は追い詰めた目の前の女―――戦闘員にそう告げた』
『多少手間取ったが戦闘は終始優勢、油断もせずに順当に勝利を得ようとしていた』


.

3321 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 20:59:04.22 ID:xeP/zkMm


『何故俺がこの女性と戦っているかというと、俺がヒーローと呼ばれる奴だからだ』
『もっとも何か特別な資格があるわけでもない、ただ個人で悪党退治をしてるだけの男だ』
『それを繰り返している内にそう呼ばれるようになった、それだけだ』


                  -──-
                    /.: : : : : : : : ヽ
                /.: : : : : : : :./Y
                  /. : : : : : |: :.:lモY
               ':. : : : : : :j: : :|-'ゝ
                j: : : : : : :;イ: : :| /|
                 /: : : : : :ノ,,,|: : |´:.|
             /'⌒¨¨¨ 弋|: : |:.:.:|
               /l         |: : |`ヽ
            /:j    r ., -一|: : |-‐弋
              /:.:./ ⌒ヽj´ , -一|: :.|-一- }
          /:.:.:.{===斗ヾ ニニニ|: :.|ニニニイ
            /:.:.:.:.{____ミ7:.:.:'ニニニ|: :.|ニニニ{t
        /:.:.:.:.:/ ニY´:.:.:.:.:.:Yニ.|: :.|ニニニlイ、
          /:.:.:.:.:イ ニニ|:.:.:.:.:.:.:.:jニ |: :.|:ニニニ}/ハ
       /:.:.:.:..:.:.| ニニ|:.:.:.:.:.:.:/ニ .|: :.|ニニニハ./ハ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:|.ニニl:.:.:.:.:./ニニ .|: :.|ニニニニ';:/ハ
     /.:. . . ..:::::|ニニ{:.:.:.:.イニニニ |: :.|ニニニニニl/ハ
    ./.:.: .: :.:.:.:.:.|ニニl:.:.:.:.辷ニニニ|: :.|ニニニニニ Yハ
    /. .:.: :. : : : :{ __ミ}:.:.:jニニニニ |: :.|ニニニニニニl ⌒ヽ   ,イ⌒Y
   ./.: .:. .:. : : : :l⌒Y:.:.:.:{ニニニニ |: :.|ニニニニニニ|Y¨¨¨ヽ/弋__ノ
   '.:.:  :. : : : :.ノ ィ j:.:.:.:.7__ |: :.|. /    ̄¨|弋 弋}イ
  {.:.:.  .: : : : :{ ミ弋〉:.:.:/    |: :.|イ-─-、 | /从ハノ
  |:.:.  : : : : :`¨¨:.:.:.:.:/三三三.|: :.| |-─ 、 `| /
  |: :.   : : : : : : : :.:.:.:/ニ三三三|: :.| |三三三|, ′


『この女もそんな悪党の一人』


                           _.:==、
                        __/´    ヽ
                 __.====-=-/ __..::==:、 .}ヽ、           ,...::へ、
                 ./ ___.{_...{=-===、___ゝ'./: ヽ       _..-:'´ /   \
          _...........:::--;'./ /,:': : : : :.`ヽ、   /: :':,: ',___..:-' ´   .,:'     \
   、..-‐‐'"´ ̄        rヽ/,イ: : : : : : ; :i:}ヽ\./、: : :'; :.',       /       \
    `>:.、          .| /'/: : : ; :.;':./:/;'_....ヽ: }:'; ; :i: '; '、     /          ヽ
        `>:、    、__'´..ノ:.:ノ: /; /ノ':´.'__ ';.}'; :.{:.{: :'; :'、   /       ____\
           .`ヽ、   ーニ:_:ノノィ芹ッ  弋z歹' |、:.';.'; :.'; : ', ./   _,:-‐'´ ̄      ̄`
               `ヽ、  ./;': :-:';`´ 、     /: :\: : : :,: }'  ,:-'´_
                `ヽ:': :-:、: ヽ.、 、 ,   ,': ;':r‐:、:,: : :}:.}-ニ´‐'´ ヽ、
            ---=ニニニ:{: :{、:、:': : :':}\ ,...:::'.__'; :':ヽ:ノ:.}: ://^--――''''''7
            .',     ヾ、:': : :.ノノ=--ラ彡:':.:.:>、二/:ノ    c===ァ .,' ':,=ァ
            .',      ``_./:.:.:.:._テテヨ:.:.:.':.:.:.:i' ノ´         .,'_r:ァ=|っ
             ,',   ,..:-:':.:.:.:.:._:.=ラ'テ:':.:.:.:.:.:.:.:.:.l'  .ヽ       .__!' ,' ,|.,ァ L___
           /`';' ', ./:.:.:.:.,.-:'´´./∥:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||  ./.',      ,:''ノ .,':::リ .'!.ノァ `"ヽ
        _..:-;'    i:':.:.:.:/'   ./  .||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',',_/   '、    ./'ヽ___!:::| /:|' /',_,=、
     _.:-‐' ´      {:,==《     .,'  .,└===-:、:.:.:.:,:.:ヾ',    ',   /   /,':::!チ:::|イ !'.´
.,.:-‐'´        _.-';´  '\、 ';/´      ヾ/:.:.:.:..!    .', .,:'   .,'!.,':::! !::|::|| .',
            ,.-'´ / ヽ、   ><_、       ノ=:、:.:.:,:!    ./    .,' | !:::! |:::|::H .',、____
     ._.:-:ン'´   ./ / ` ー‐ '´  `' ー--‐:へ--、ソ:.:',  .,:'    .,' |.!:::! .|:::|::|.', .',  `
    /./    ,イ.!、  ____===--.-.-.-:、==、 ヽ:、:.:.:', ./    /  |し'  .|:::|`',.l、}
   ,:'./     /:し!:` ̄リ-;'|:.:.:.E==ヨ:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、`ヽ.r.〉:'', .{     ./:',  |   `´  ` \
  ,'/      ./:_::::::::::::::::し':::|:.:,;''  `ヽ、;.:.:.:.:.:.:.:.:.|':,ヽ/:::::::'、    ,:'::::rヽ |
./       ./:.,'.7::::::::::::r:ァ::::}/'      `ヽ、、:.:.:.}、i、!'::::::::::::'、___/:::::-';_.';.l
        ./:./:7:.:.:.:ー-;_.,'、/リ   !     .`ヽ|} .ヽ|´|_:::::-:.:';-';.:.:.:.:.:.:':,:.';'、
       /:.:,':./:.:.:.:.:.:.;':.;':.:ノ|!   .'        ||,:=へ:.!:.:.:.:.:.:.';.:.';.:.:.:.:.:.:.';.:';.:':、
       .':.:/:./:.:.:.:.:.:.:,':.,':/ |,';':、       ._,:-'ラ';!   ヽ:.:.:.:.:.:';.:';.:.:.:.:.:.:.:';.:';.:.\
      .,':、/:./:.:.:.:.:.:.:.;':.,';' || .ヽ.\、__,.:-=-' /  ||     ヽ:.:.:.:.';.:.';.:.:.:.:._:.-;_.';:::::':、
     .,':::/:7:`"'‐-、;':.;';'  ||  ヽ `´´  ,:'    ||     ';.:.:.-';.:';:::::::::::::::':;_';::::::\


『新しくこの町に現れた組織、その幹部らしき女が連れていた手下の一人だ』
『数は多くなかったが扱いを見るからに他の組織での戦闘員の立場なのだろう』


.

3322 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:00:27.74 ID:ChFcW/kK
悪党がやばい奴らだ

3323 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:01:00.70 ID:xeP/zkMm


『今回の戦闘で幹部を見つけ追っていたのだが、この女を足止めに逃げられてしまった』
『せめてこいつは捕まえようと戦っていたのだが、量より質なのか戦闘員にしては手強い』
『他の組織の戦闘員と怪人等の強敵の中間位か?思ったよりも粘る』



      /  :::    ::::::::::::::::         .::      ..:::::           /:::::三三三三ヾ::ヘ==-、
.     /  :::    :::::::::::::          .::::    ..::::::::::         _,,z''´::::::::::::::三三三三::::::}彡´ ヽ
    /  ::::    ::::::::::::         ..::::::: ......:::::::::::         ;;z'´ ヾ::::::::::::;;;,::=ニニ=-‐'''´ヾノ-、 (二二ニニニ=‐
    ,'  :::::   ::::::::        ...:::::::::::::::::::::::::        ..::,,〆´    }:::;;,z''´           ¨´
    l  :::::   ::::::      ..:::::::::::::::::::::::::      ...::::::::::彡゙´     _,,z‐''´
    |  :::::   ::::    ...:::::::::::::::::::::::     ....:::::::::::::;;''´    __,,,-一''/三ミヽ
    ;, l  ::i''ヾ、 ::::::´ ,,;;:::::::::;;;;;;;;;;:::::::::: ......:::::::::::::::::...... _,,;-一 '''´   /三三ヾヾ
     ';ヽ l   `゙'''ー''''´´´´   `丶ミ::::::::::::::::::::::;-‐'''´         ,, '彡'ノ三ヾミi
     ヽヾi  ^ー-一''ア      ,,,;;;;;;y;;;;/ヽ´リル'            ノ彡彡从三ミミi    「このっ!!」
      `y';;,,  r-ー'¨´,,,-ー-、 ,,,;;;;;:::::::::::::i〃j ル' /     ヘ爪彡彡彡´三ニヾミ、
       ヾ::::::`辷´ ̄,,,,ヽ,,,,;;;;;;;:::::::::::::;;::::: ッ_jル'/       川辷彡ヾミモ三彡ヘ
        ヾ;;;;;;;;;::::[   ]::::::::::;;;;;;;;;;'''':::::ソf´          川           ノ
         ヽ:::;;;;;;;::::::::::::::::;;;;;::::;;;;;;;ソ /  ヽ        升        ,;'
          ヾミ≧ r___ュ:::::::::彡´  ,人   ヾ、     _,刀:::::...     /
            `ヽ、..ノ _    /  ヾミ彡´ヾミ辷壬彡:::::::::::::.  /
                ` 、__,,/         /三三三三三ミ::::::::::::.. /
                               ,,'三三三三三三ミミ::::::::::'
                          ,'三三三三三三三三ミ::::/
                         ,'三三三三三三三三三ミ/
                           ,'三三三三三三三三三シ
                           ,,'三三三三三三三三三シ
                        /三三三三三三三三三シ
                         /三三三三三三三三ニシ


『だがあくまで戦闘員にしては手強いだけ。油断しなければ問題ない』
『無理に突っ込んできた女を落ち着いて迎撃する』


.      i!               ,'
.      |}            /
.      |;!           /                 _,, ャ彡 ´
       ,{i|    i|  ,!   /                _ャ≦ ≠ ´
      i{;l;}   i{|  .i}  ,i}  /           _ ャ≦>''"´
.!  :  ,i{ l }  .,i{:}  ,i}  ,/}  /       , ャ≦>''"´
!|  : :  i{  }! . ,i| l  ,i} ,//! .,','   /  ャヤ戊"´
|.li : .! i{  }l .,il' .} ,','.,!//,' //. ィ/,.イ彡''"/
| li; l .l l{  .}|,il ;} !}///,',ィ'i/'イ ,ィ彡" ´/
  ';l : ;{   ;lil'  },.'.〃 '/〃/イ彡" ´                       _,, -=ニ二三三三  「グアッ!?」
      ; /      , ィ;彡" ´               .    ´  _,, -‐≠三三二ニ= ''' ̄
     .' / .;    ,.彳彡"               .  ´  _,, -≠三ニ= '' ̄
     {!'  ,i   ,ィ彡"             .  ´  _,, ャ≦彡'''" ̄
   i , ・; ’イ'"             .  ´  _ ャ≦彡 ''"´
.    }   ,'             ,  ´  , ィ彡 ''"´
    }  .,'            , '   , イ≦=-‐ ''
    、;//’,         /   _∠三三二ニ=ェェェェ=
     ’ ”         ≦=‐      _,, -‐≠''  ̄
     .,    ≧    _,,.. -‐  ‐=ニ三......,,,,,,,,,,,,__
     ’ ・     ̄   ‐-   = ニ ニ 二二三三=  ̄ ̄



.

3324 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:02:39.16 ID:xeP/zkMm


 r≦ l . __  __
 |  i| |k_| |k_|
 |  il____
 |    ̄ ̄_/
 |  / ̄
 |  i|
 |  i|
 .\;i
    r=,  il\
___|i l__il /___
.Ⅶ _  ___  __./
 V  |i |  |  i|
    i/  ./ ./
      / /
    ./ "

     i\i\ ∥ヽ
     .V/V/ l  i|
         / ./
       / "


『いいところに入ったのか女が倒れる。気絶したのか?』
『頭の方に攻撃したせいか女のマスクが外れてしまったようだ』


                   /: r:、:ィ: : :、: : : ,
                     /:/   }: : : }:: : :ヽ
                ,: /、 ,.. ,: : : /;; : : : :,
                ,:r ' ゝ=' /: : :/,:,: : : : ::}
                 /::} r  /: :/,::/: : : : :,
              /: : ゝ= ./:/}: ;;/: : : : :/
               ,ィ: : : : ::/ィ  ,: :/: : : : :/
            /: /: : ::/´  ̄ヽ,: : : : : ::{
          ,: : : ::/: : ::/      }: : : : : :,
           ,::': : :.>  ,     / ,: : : : : ::{
         /: ,:ィ´   /三ニ=、/  .l: : : : : : ,
          /:./    .,'三三ニ/―- |: : : : : : :,
        ./: :{-≦三::/三三ニ,: 三三{: : : : : : : ,
       /: : :l三三:::/三三 :/,: =≦三≧== 、: ::,
     ./: : : :乂三:/三三: /三三三三三三三≫: 、__
    ../: : : : : : : : /三三::/三三三三三三三三ニ 三ニミ: 、
    /: : : : : : : : /ィ =≦´ ̄     ̄≧=: : 、三三; ニ三三ニ`:::、
    /: : : : : > ´                   `≧、三三三::ム
   /: : 彡 l;{                        }/ `>:、三::ム
   / イ  :l;{                      /      ` :、:ハ
  ,イ: ::l   ,;;|                        ,:         ヽ,
.イ: : ::::::|   ,:;ハ                   ィ/          ::}
: : : : : :::,   ::ム                 .イ::/: : :._         ..:;
: : : : : : : ,    :ハ             r: : : 彡': ´: :r        ::{
: : : : : : : ::':,    ヽ         > ´  ̄,::              :,
: : : ミx 、: : :\      ≧=-.  ´       {::               ::,
: : : : : : : : :ヽ、 `―    ´          ,:
: : : : : : : : : : : '::,                     ',           =====
: : : : : : : : : : : : :ム                ,     -=≦
: : : : : : : : : : : : : ::ム                ヾ  ,イ       __
\: : : : : : : : : : : : ::ム                ヽ     .>: : : : : : : ::
  .\: : : : : : : : : : : ::ム                V/ >:´: : : : : : : : : ::
    \: : : : : : : : : : :ム                V/: : : : : : : : : : : : : ::


『際どい服に包まれた肉感的な肢体に目を奪われかけるのを抑えつつ慎重に近づく』
『気絶したかの確認と、誘拐・洗脳された人間でないか顔の照合を行うためだ』


.

3325 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:04:08.84 ID:xeP/zkMm



                               _ __
                              ´           `
                         /       :           \
                       〃          :          ヽ
                       /        .   :      \     ‘,
                         /     ,<`ヽ  :   __  \     ,
                     /       ,へヽヽヽ   //へ.  ヽ
                          ,'       / ̄`´`´` ー'`´`´ ̄ ヽ   ‘,   ,
                      '      ,/     _二ニ>    ‘,  ‘,
                      i     /     <二=<\     ‘,   ,  i
                        i    /  _            _  ,    i
                    i     ∧    `ヽ      〃´    i!  i  i
                      i    / ∧                      i!   !  i
                    ,'  ,∧ ∧.  、___,、      、___,,.   ト、. !  i
                      /  ////7z‘. ´`¨^``     ´`¨^`` ,/=!  .   i
                  /  ///////∧        :.       ///! ‘
                    /  /////////へ         '     ////,!    i
                /  /////////////>。.   ―   。</////∧ ‘,i
                  /  /////////////////L≧ 。 ≦」////////∧
                ,.'  /////////////////_「 。`]¨[ ̄  |_////////∧  ‘,
              ,. '  ,:'////////_ .-―<´ `ー┴┴一''’ `>―- ._∧  ‘
              /  ,. '//////>'´       `ー 、    , 一 ´        ̄‘, ‘,


『気絶の振りをした騙し討ちを警戒しつつ仰向けにして顔を確認する』
『マスクをつけた上からでも予想はしていたが端整な顔をしていて少し見惚れてしまう』
『軽く反応を確かめるが気絶しているように見える』


                      ,.;'"~⌒'"~
                    _ _.,_,,('"     (⌒ヾ
                  ^'ノ⌒ヽ,,._ソ''"
            _ _,.,_,人⌒`'"~
                ~^`"'ー- 'ヘ.,_,.ソ'ヽ(⌒"'
                        (.., 、
                          ヾ,....ソ
.
  __,..,_ _,.;'"'⌒'`^~(⌒ヾ、_,, _
   ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ'


『近づいたせいか女の匂いが鼻をくすぐる。男を誘うような、蠱惑的な香りだ』
『最近忙しいせいで溜まってたせいか、本能を刺激するような香りにクラクラする』


.

3326 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:06:20.76 ID:xeP/zkMm



            ,: : : : :! -   /: : :./イ: : : : : : : |
             i: :{: : : ーァ---ミ: : :/!: :|: : : : : : : :.!
             |: : : :./´  / / >、,.. -==ミ、: ',: :,
     ,,... --ー=ニ彡,   / /  //  _   ',: :',: :ヽ
   /       ',:>! 、 ! {  〃::/r≦ニミ、ヽ. i: : ',: : :\
  /       >´     >ーミ___{{///////,ハ. }': : : ヽ: : : ヽ
       /ィニ二二彡イニ三//////////ノノ : : : : :\: : : :、
        ム≦//////ニ三三///////////イ: : : : : : : : : \: : :\
      .〈////////,{ニ三三//////////、_:_:_:_:_:_: : : : : : :.\: : :\
      ヾ//////,ハニ三ノ//////,r≦三三>=≦ミ、 : : : : : : ミ:.、: :ー- ..,,_
     , --、>-==- ヘ,//////,/三三;/      ` <: : : : : : : : >=ー-- : :` .、
   .,ノ ,   ヾミ:.、/ `ヽ/////ニ/三f/          ヽ三ニミ:、: : : ー-ミ:、: : : : :`ヽ
   .(_ノ ,.  }/ハヽ    }../三ニ{ミ;/                ∨三三>= ミ、: : :\: : : : :
   .}''~´,,. '' !//,}}   /!彡三三!/                 i > ''~´ \三hヽ: : ヽ: : : :
    ゝ´_-‐-、_ ソ- < |三三i/                  |        ヽ三fヽ: : ', : : :
                j三ニ/                  ノ!       ∨三〉: : ',: : :
                  //,/                /サ        ',ニ/ヽ: : : : : :
               //イ                   ..イマ'__        ! {  \ : : :
            /ニハ                 ,,ィ彡''′      、  ,'V     '; : :
               {ニ/  ',                ´/               ヾ'ソ     ': : :
            リ'    ヽ               /i              i        ,: : :
               /三\   > ..,,_   ,,..ィ/ .i! ,. ''´  ̄ ̄ `ヽ.  !       ,: : :
           /三三ニヽ        ̄  /  |'´           ヽ ,     /: : : :
             /三三三三>=- ..,,__ ,,. イ'  .| ,,.ィ≦三三三三ミ、.  V     /: : : : :
          /三三三三三三三三三三/    i!'三三三三三三ニハ /    /イ: : : : :
           ,伝ニ三三三三三三三三/     .!三三三三三三三ニV     / ,: : : : : :
          ,坏三三三三三三三f,.イ,イ      |三三三三三三三三!     /: : :/: : :
         ム三三三三三三三/: :{         !三三三三三三三ニ'   /: : : :/: : : :


『思わず顔から目を逸らすと次はその魅惑的な肢体が目に入る。』
『戦闘中は気にしないよう努めていたが、スタイルのいいその身体』
『それを強調する、動けば見えてしまう際どい服装は男の目を奪わずにはいられない』


   {ノ              寸∨ ∧'/从 丿////////
.    ',\  ‐-       u    寸ミ/∧/{,.ィi{/h、///////
.    ', ` ヽ              \{\ミ'///,心、/////
.    '.   ノ                ‐ ̄ニ\'///,心、//,     _ 00
      ':, `ー==…‐-           ‐ ̄ニ‐寸ム)h、/∧\   └‐┐ |
        ':,  ヽ=ニ ̄`         ‐ ̄ニ‐  刈'/∧`ヽ     ┌‐┘ |...r‐‐┐
       ' ,                 ‐ ̄ ニー -二ト、//,        ̄ ̄...く,勹|
.          ':,             _ ‐ ̄ -  _,.、、、 ∟\,.、rセ          .く_ノ.[][]「l
.            、    _,,. -=ニ ̄  _,、rfニニニニニニニニ            くノ
           ```` ̄`、ニ_、rセ〔ニニニニニニニニニニ
               ,ィi{ム {ニニニニニニニニニニニニ
             _,xf(ニニ心{ニニニニニニニニニニニニ
             <ニニニニニニニニニニニニニニニニニ
              ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニ
                〉ニニニニニニニニニニニニニニニニ


『思わず唾を飲みこんだ音が大きく聞こえる』
『その身体から目が離せず、異様な興奮を不自然と思うことすらできずに心奪われる』


.

3327 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:08:14.04 ID:xeP/zkMm


『今までも女の幹部や怪人などの敵はいたし、魅力的な奴もいた』
『それに興奮することもあったが戦闘中は忘れていたし、倒した後もすぐに警察に引き渡すか』
『あるいはその時点で死亡・自爆していることが大半で、精々家に帰ってからオカズにする程度だった』


                     i⌒ヽ       /⌒Y
                             /  ,
                   i   i
                       !    !   ;   i. /⌒i
                  |    乂 ノ   l /  ,
                  i          ′ /
                  ;               ,
                     /              乂
                     /                     ̄)
      i´ ̄ ̄¨ ー一 ´                r ´
      人                           i
       `                         ヽ
            `  、                    \
                `                   `
                   `    _                  `
                         \
                        ヽ

                           \


『だが今回は違った。まるで蜜に誘われる虫の如く手を伸ばす』
『頭の隅で警戒心と良心が警告を鳴らすがそれすら止めることはできず』


                                               、
        i     /  , 、                        .,  、   iヽ
        | ,   /i   !.  i       ヽ      /      .i  ',   i ',   i
        | i  /  !  |.  !        、     /        |.  ',   !  ',  ト、
        iy !  ,'  !   !   !         、   /         |   i   }   ',  | i!/
        / ! {   !   i   ',         '.  '           i.   |  i  .i  ! !
        !  ',. !  i.  !   ',     , -、   Y    ,- 、     !.   |  /  ! /  }
        ∧  ', !  '、. ,!   ',   / ' i    |     i  ',    !   ト、/  ! /  .∧
        {  ',  ヽ!   y '    !  /  i     |    !   i   /       レ   / }
        ヽ  ',  '        \ /  :|    |    !   ! /          /  /
         ',              ヽ  |    :.    |   V           ' /
          ',                 |    / ',     !               i
          i                 .!  /  ',    !               !
           !               ノ /    、   ',              /
          !             / /      \  、            /
          y'  ̄_       /          ヽ \  _ -   ̄ ̄  -' _
         _ -  ̄     ̄  、 /               >'             \
       !   _ ─ _     \                 /   , -  ̄ ̄  -  _  !


『その胸に手を出してしまった』


.

3328 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:10:06.85 ID:xeP/zkMm



-^‐^ ´  ハ:', ヽ}:.` -ゝ           /,:'__      ゝ     〈           /\nn
      /  - 、, --` - ::. 、  , - ´ニニニニニニニ`ヽ、 ヽ    \    /  /.UU
    /'´  //ニニニニニニニニニY´ニニニニニニニニニニニニ'. ヽ:._ヾ     \.. .く  /
.  //   / ,'ニニニニニニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニ} l ヾヽ         \\   __
  / /.{  l  lニニニニニニニニニニ .lニニニニニニニuニニニニニニノ l  l lヽ         .ー' 「| |__|
 ,:ul l  l  lニニニニニニニニニニニl!ニニヽ-:!ニニニニニニニニ, '  ,l  ,' l l \         | |     _i┐
/l  '. ゝ-'  ヽニニニニニニニニニ:|ニニ´`:, ヽ、ニニニニ/   `‐' /,イ          |_| l二二l |_, _)
, ト 、 l      \__ニニニニ,:ィ!ニニニ‘ , `ー '´       ‘ /}                   └′
 '. `-'           ̄ , イニニニニニ}              ,ィ      ./\nn
u l`            /ニ.:l: ニニニニl           / j    ../  /.UU
  l ヽ          /ニニニ,:':、ニニニヽ        /ニニ/   ...く  /
  , ゝ ‘,          /ニニ/  ヽニニニニ \       { /       \\   __
     ゝ!       /-‐'     ` ー - ‐l        |         ー' 「| |__|
    /      ,7    u             l        |            | |     _i┐
                                               |_| l二二l |_, _)
                                                     └′


『一度触れればもう止まらない。そこにいるのはヒーローなどではなくただの雄だった』
『誘われるように胸を揉みしだき、その感触に溺れさらに深みに嵌まる』


                               _ __
                              ´           `
                         /       :           \
                       〃          :          ヽ
                       /        .   :      \     ‘,
                         /     ,<`ヽ  :   __  \     ,
                     /       ,へヽヽヽ   //へ.  ヽ
                          ,'       / ̄`´`´` ー'`´`´ ̄ ヽ   ‘,   ,
                      '      ,/     _二ニ>    ‘,  ‘,
                      i     /     <二=<\     ‘,   ,  i
                        i    /  _            _  ,    i
                    i     ∧    `ヽ      〃´    i!  i  i
                      i    / ∧                      i!   !  i
                    ,'  ,∧ ∧.  、___,、      、___,,.   ト、. !  i
                      /  ////7z‘. ´`¨^``     ´`¨^`` ,/=!  .   i
                  /  ///////∧        :.       ///! ‘
                    /  /////////へ         '     ////,!    i
                /  /////////////>。.   ―   。</////∧ ‘,i
                  /  /////////////////L≧ 。 ≦」////////∧
                ,.'  /////////////////_「 。`]¨[ ̄  |_////////∧  ‘,
              ,. '  ,:'////////_ .-―<´ `ー┴┴一''’ `>―- ._∧  ‘
              /  ,. '//////>'´       `ー 、    , 一 ´        ̄‘, ‘,


『手は胸から離れず、視線は再びその顔へと移る』
『先ほどまで戦っていたことすら忘れ、その美貌に見惚れる』
『圧し掛かるように顔を近づけて香りに蕩けながらもキスをしなかったのは最後の自制心か』


.

3329 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:12:23.60 ID:xeP/zkMm


『だが』


                               _ __
                              ´           `
                         /       :           \
                       〃          :          ヽ
                       /        .   :      \     ‘,
                         /     ,<`ヽ  :   __  \     ,
                     /       ,へヽヽヽ   //へ.  ヽ
                          ,'       / ̄`´`´` ー'`´`´ ̄ ヽ   ‘,   ,
                      '      ,/     _二ニ>    ‘,  ‘,
                      i     /     <二=<\     ‘,   ,  i    ../7(())
                        i    /  _            _  ,    i    // ヾ〉
                    i     ∧    `ヽ      〃´    i!  i  i     ___.....
                      i    / ∧ ┌γ=:ト、      ,.ィ=寸┐i!   !  i   ...コ匸
                    ,'  ,∧ ∧  {{_ lll ||        || lll _}}  ト、. !  i    . ̄|「´
                      /  ////7z‘ 弋_ノ        弋_ノ ,/=!  .   i
                  /  ///////∧        :.       ///! ‘
                    /  /////////へ         '     ////,!    i
                /  /////////////>。.   ―   。</////∧ ‘,i
                  /  /////////////////L≧ 。 ≦」////////∧
                ,.'  /////////////////_「 。`]¨[ ̄  |_////////∧  ‘,
              ,. '  ,:'////////_ .-―<´ `ー┴┴一''’ `>―- ._∧  ‘
              /  ,. '//////>'´       `ー 、    , 一 ´        ̄‘, ‘,


『そんなものは無駄な抵抗だった』


                               _ __
                              ´           `
                         /       :           \
                       〃          :          ヽ
                       /        .   :      \     ‘,
                         /     ,<`ヽ  :   __  \     ,
                     /       ,へヽヽヽ   //へ.  ヽ
                          ,'       / ̄`´`´` ー'`´`´ ̄ ヽ   ‘,   ,
                      '      ,/     _二ニ>    ‘,  ‘,
                      i     /     <二=<\     ‘,   ,  i
                        i    /  _            _  ,    i
                    i     ∧    `ヽ      〃´    i!  i  i
                      i    / ∧ ┌γ=:ト、      ,.ィ=寸┐i!   !  i
                    ,'  ,∧ ∧  {{_ lll ||        || lll _}}  ト、. !  i
                      /  ////7z‘ 弋_ノ        弋_ノ ,/=!  .   i
                  /  ///////∧        :.       ///! ‘
                    /  /////////へ         '     ////,!    i
                /  /////////////>。   ー‐'   。</////∧ ‘,i   クスッ
                  /  /////////////////L≧ 。 ≦」////////∧
                ,.'  /////////////////_「 。`]¨[ ̄  |_////////∧  ‘,
              ,. '  ,:'////////_ .-―<´ `ー┴┴一''’ `>―- ._∧  ‘
              /  ,. '//////>'´       `ー 、    , 一 ´        ̄‘, ‘,


『目が合い、彼女が小さな笑みを浮かべた瞬間その瞳に囚われた』


.

3330 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:14:35.39 ID:xeP/zkMm


                                               、
        i     /  , 、                        .,  、   iヽ           __n__
        | ,   /i   !.  i       ヽ      /      .i  ',   i ',   i     .,コ lニ,
        | i  /  !  |.  !        、     /        |.  ',   !  ',  ト、   ..`弋ニク
        iy !  ,'  !   !   !         、   /         |   i   }   ',  | i!/    _ _
        / ! {   !   i   ',         '.  '           i.   |  i  .i  ! !    .,コ∪∟
        !  ',. !  i.  !   ',     , -、   Y    ,- 、     !.   |  /  ! /  }    .(わ汀广´.. __n__
        ∧  ', !  '、. ,!   ',   / ' i    |     i  ',    !   ト、/  ! /  .∧      __    .,コ lニ,
        {  ',  ヽ!   y '    !  /  i     |    !   i   /       レ   / }       つ)   `弋ニク
        ヽ  ',  '        \ /  :|    |    !   ! /          /  /    (⌒⌒)    _ _
         ',              ヽ  |    :.    |   V           ' /     ..\/     ,コ∪∟
          ',                 |    / ',     !               i              (わ汀广´.
          i                 .!  /  ',    !               !                 __
           !               ノ /    、   ',              /                  つ)
          !             / /      \  、            /                  (⌒⌒)
          y'  ̄_       /          ヽ \  _ -   ̄ ̄  -' _                   \/
         _ -  ̄     ̄  、 /               >'             \
       !   _ ─ _     \                 /   , -  ̄ ̄  -  _  !



『起きてしまったというのに胸を揉む手が止まらない』
『それどころか目が合ったせいかより興奮しもっと触っていたいとさえ思う』
『そして視線は彼女の顔から外せずに』


                               _ __
                              ´           `
                         /       :           \
                       〃          :          ヽ
                       /        .   :      \     ‘,
                         /     ,<`ヽ  :   __  \     ,
                     /       ,へヽヽヽ   //へ.  ヽ
                          ,'       / ̄`´`´` ー'`´`´ ̄ ヽ   ‘,   ,
                      '      ,/     _二ニ>    ‘,  ‘,
                      i     /     <二=<\     ‘,   ,  i
                        i    /  _            _  ,    i
                    i     ∧    `ヽ      〃´    i!  i  i        「どうしたんですか?そんなに見つめて?」
                      i    / ∧ ┌γ=:ト、      ,.ィ=寸┐i!   !  i         「手も離さなくていいんですか?私は敵ですよ?」
                    ,'  ,∧ ∧  {{_ lll ||        || lll _}}  ト、. !  i       .「まあ私としては求めてもらえるのは嬉しいのですが」
                      /  ////7z‘ 弋_ノ        弋_ノ ,/=!  .   i
                  /  ///////∧        :.       ///! ‘
                    /  /////////へ         '     ////,!    i
                /  /////////////>。   ー‐'   。</////∧ ‘,i   クスクス
                  /  /////////////////L≧ 。 ≦」////////∧
                ,.'  /////////////////_「 。`]¨[ ̄  |_////////∧  ‘,
              ,. '  ,:'////////_ .-―<´ `ー┴┴一''’ `>―- ._∧  ‘
              /  ,. '//////>'´       `ー 、    , 一 ´        ̄‘, ‘,


『そう嗤われながらも嬉しそうにする彼女にさらに引き込まれる』
『何か能力もあるのだろうが、それ以外の自分の心が求めているのを否定できないでいた』


.

3331 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:16:19.61 ID:xeP/zkMm


「とは言ってもですね?」

        _
       |/|
       |/|
       |/l___     __  ___
       |/////〉   l///l ///
       |/i  ̄       ̄ ///
          V         <//ノ


『そう言われ、軽く押される』
『身体が重くなったように動かずに倒れ、体勢が逆転する』



        / .: . ./: : : .:.:.:.:Y´.:.:.:.:.⌒ヽ.:.:.:.: : : : : :.::| :.
        . .: : /: : /⌒\:|.:/.:.:.:.:xX'´\:.:.:.:.| : : : |  .
         | : : ′ √⌒>- '' "´     |.:.:.: |.:.: : :|: : |
         |/ : : : ::|''"´              |.:.:.: |:.::.:.:.|:.::.|
         {  | : : : |            _|.:.:.: |.:.:.:. |: :.|
         |  | : : : |         ´ ̄   |`.:.:.|.:. :. | : |i
         |  | : : : | / ̄       -‐ _.」____:|.:..::..| : |i
         |  | : : : |    _       ィfr沙ノ .:|.: .:.:|:.|八
         |. : | : : : |  _..二..__        ̄|.:.:..:|.:. : |.:|: : \
         |: : | : :.:込< 弋r炒    .:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.|.:.:..:|.:.、`丶、:.   「私としてもこのまま楽しみたいのですが、あなたの意思を尊重しましょう」
         |: : | : : : |/ヘ .:.:.:.:.:.:.:.:  ,      |:/: : |.:.:. |\\  \   「目を逸らせば少しすれば体は動きますから、その間に逃げれますよ?」
       /|: : | : : : |   \        _,   ,价.:.: |: :. |./ \\
     /  |: : | : : : |、   )ト   - こ '゚ ,イi:/.:.:.:.:|.:.:.:|   \\ ∨
.    .     |: : | : : : | \    )≧s。 .__/:iア |.:.:.:.:.|.:.::.:.      \\∨
.  /      |: : | : : : |  `丶、 (`'弌i:i:i:i:㌻  ∧.:.:.:.V/.:.:.:、     \_∨
 /:〉     |: : | : : : |      ̄ ̄\ ̄ / ∧.:.:.:〈\.:.:.:.、
.:.:.:.:/     |: : |: : : /               /  .:.:.:.:.、 \.:\
.:.:.:/     |: : |: /                  \.:.:\ \:.:.、
.:.:/      イ: :.レ゙           \  ′     \.:.:\ ∨:.、
:/    /: : |: : {             ヽ            \.:.`¨゙V/:.、
   イ .:.:.:.:.:|: : }                ‘,         `¨¨爪.:.::\ /
.イ: : : |i.:.:.:. : |: : {\              .            / }.:\.:.:〈
:.:|i: : : リ: : : :/: :八.:.:\              : .           /:. 从.: :\:.
.:.リ: : :/: : : /: ;//',\.:`丶、_         ; : : ...._,,..  ''".://.: :|: : : : :.
:/: : :/: :.:.:/: :/゜  寸≧s。.,____ ̄ ̄¨¨¨¨¨¨¨¨¨ ̄.:.:.:.:.:.:.:.: イi:iア: : ::|: : : : :
: : : / : : /: :/    |.:\i:i:i:i:i:i\ ̄ ̄¨¨¨ア¨¨丈¨¨¨¨ア´i:i:>'゜: : : :| : |: : :
: : / : : /: :/      |.:.:.:|iト㌣:i:i:i:\  ,.ィ(:i:i:i:i:i:i:i≧=‐‐=≦ ∨/ : : | : |: : :
: / : : /: :/       |.:.:.:|i:i:i:iうTiTT爪i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:/.:.:./   〈/: : :| : | : : :
/ : : /: :/         |.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ー==彡i:i:i:i:;'.:.:. |    ∨/|: !: : : :
:.:: :/: :/          |.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|.:.:.: |     〈:.::| : |: : : :
: :/: :/{         |.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:|.:.:.: |       '. | : |: : : :
:/: :/: {          .|.:.:.:|i:i:i:i:\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:|.:.:.: |       }: : :| : : :
: : /: /:.         |:.:.:.|i:i:i:i:i:i:i寸i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i|.:.:.: |      ; ::.::| : : :
: / :/:.:/,       |.:.:|-=ミi:i:i:i∨i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:」.: .: |       ′:/: : : :
/: /.:./ /,          |.:.:.:|   `'弌∨i:i:/彡''"~ ̄|.:.: |       .′/: : :/
: /.:./ /:∧      |.:.:|       ▽      .|.:.:.: |       ,′/: : :/
/.:. : / / ∧        |.:.:.:|      |        |.:.:.: |    /.: /: : :/
: : : ::{  / ∧     |.:.:.:l         |       |.:.:.: |    ./.: /: : :/


『そう誘うように囁かれ、敢えて動きを妨げない程度に覆いかぶさってくる』
『その魅惑の身体と顔が目に映り、蠱惑的な香りを間近で嗅ぐ』


.

3332 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:18:50.66 ID:xeP/zkMm


『蕩けかけてる頭を何とか動かし、必死に視線をずらす』
『ただ魅了されている頭では顔ではなく胸に移すのが限界だった』
『そして少しだけ体の自由が戻ったその時』


       /|: : | : : : |   \        _,   ,价.:.: |: :. |./ \\
     /  |: : | : : : |、   )ト   - こ '゚ ,イi:/.:.:.:.:|.:.:.:|   \\ ∨」
.    .     |: : | : : : | \    )≧s。 .__/:iア |.:.:.:.:.|.:.::.:.      \\∨     「ただ、ですね。私の眼は動きを止めるだけじゃないんですよ?」
.  /      |: : | : : : |  `丶、 (`'弌i:i:i:i:㌻  ∧.:.:.:.V/.:.:.:、     \_∨.    「もう一度見ていただけたら、そちらの方も使ってあげます」
 /:〉     |: : | : : : |      ̄ ̄\ ̄ / ∧.:.:.:〈\.:.:.:.、             「 き も ち よ く な れ ま す よ 」
.:.:.:.:/     |: : |: : : /               /  .:.:.:.:.、 \.:\
.:.:.:/     |: : |: /                  \.:.:\ \:.:.、
.:.:/      イ: :.レ゙           \  ′     \.:.:\ ∨:.、
:/    /: : |: : {             ヽ            \.:.`¨゙V/:.、
   イ .:.:.:.:.:|: : }                ‘,         `¨¨爪.:.::\ /
.イ: : : |i.:.:.:. : |: : {\              .            / }.:\.:.:〈
:.:|i: : : リ: : : :/: :八.:.:\              : .           /:. 从.: :\:.
.:.リ: : :/: : : /: ;//',\.:`丶、_         ; : : ...._,,..  ''".://.: :|: : : : :.
:/: : :/: :.:.:/: :/゜  寸≧s。.,____ ̄ ̄¨¨¨¨¨¨¨¨¨ ̄.:.:.:.:.:.:.:.: イi:iア: : ::|: : : : :
: : : / : : /: :/    |.:\i:i:i:i:i:i\ ̄ ̄¨¨¨ア¨¨丈¨¨¨¨ア´i:i:>'゜: : : :| : |: : :
: : / : : /: :/      |.:.:.:|iト㌣:i:i:i:\  ,.ィ(:i:i:i:i:i:i:i≧=‐‐=≦ ∨/ : : | : |: : :
: / : : /: :/       |.:.:.:|i:i:i:iうTiTT爪i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:/.:.:./   〈/: : :| : | : : :
/ : : /: :/         |.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ー==彡i:i:i:i:;'.:.:. |    ∨/|: !: : : :
:.:: :/: :/          |.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|.:.:.: |     〈:.::| : |: : : :
: :/: :/{         |.:.:.:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:|.:.:.: |       '. | : |: : : :
:/: :/: {          .|.:.:.:|i:i:i:i:\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:|.:.:.: |       }: : :| : : :
: : /: /:.         |:.:.:.|i:i:i:i:i:i:i寸i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i|.:.:.: |      ; ::.::| : : :
: / :/:.:/,       |.:.:|-=ミi:i:i:i∨i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:」.: .: |       ′:/: : : :
/: /.:./ /,          |.:.:.:|   `'弌∨i:i:/彡''"~ ̄|.:.: |       .′/: : :/
: /.:./ /:∧      |.:.:|       ▽      .|.:.:.: |       ,′/: : :/
/.:. : / / ∧        |.:.:.:|      |        |.:.:.: |    /.: /: : :/
: : : ::{  / ∧     |.:.:.:l         |       |.:.:.: |    ./.: /: : :/



『その言葉に俺は―――――――』



        / .: . ./: : : .:.:.:.:Y´.:.:.:.:.⌒ヽ.:.:.:.: : : : : :.::| :.
        . .: : /: : /⌒\:|.:/.:.:.:.:xX'´\:.:.:.:.| : : : |  .
         | : : ′ √⌒>- '' "´     |.:.:.: |.:.: : :|: : |
         |/ : : : ::|''"´              |.:.:.: |:.::.:.:.|:.::.|
         {  | : : : |            _|.:.:.: |.:.:.:. |: :.|
         |  | : : : |         ´ ̄   |`.:.:.|.:. :. | : |i
         |  | : : : | / ̄       -‐ _.」____:|.:..::..| : |i
         |  | : : : |    _       ィfr沙ノ .:|.: .:.:|:.|八
         |. : | : : : |  _..二..__        ̄|.:.:..:|.:. : |.:|: : \
         |: : | : :.:込< 弋r炒    .:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.|.:.:..:|.:.、`丶、:.
         |: : | : : : |/ヘ .:.:.:.:.:.:.:.:  ,      |:/: : |.:.:. |\\  \
       /|: : | : : : |   \        _,   ,价.:.: |: :. |./ \\
     /  |: : | : : : |、   )ト   - こ '゚ ,イi:/.:.:.:.:|.:.:.:|   \\ ∨     「はい、ありがとうございます」
.    .     |: : | : : : | \    )≧s。 .__/:iア |.:.:.:.:.|.:.::.:.      \\∨.    「そんなに気持ちよくなりたかったんですか?」
.  /      |: : | : : : |  `丶、 (`'弌i:i:i:i:㌻  ∧.:.:.:.V/.:.:.:、     \_∨..   「それとも、私を好ましく思ってくれましたか?」
 /:〉     |: : | : : : |      ̄ ̄\ ̄ / ∧.:.:.:〈\.:.:.:.、
.:.:.:.:/     |: : |: : : /               /  .:.:.:.:.、 \.:\
.:.:.:/     |: : |: /                  \.:.:\ \:.:.、
.:.:/      イ: :.レ゙           \  ′     \.:.:\ ∨:.、
:/    /: : |: : {             ヽ            \.:.`¨゙V/:.、
   イ .:.:.:.:.:|: : }                ‘,         `¨¨爪.:.::\ /
.イ: : : |i.:.:.:. : |: : {\              .            / }.:\.:.:〈
:.:|i: : : リ: : : :/: :八.:.:\              : .           /:. 从.: :\:.
.:.リ: : :/: : : /: ;//',\.:`丶、_         ; : : ...._,,..  ''".://.: :|: : : : :.
:/: : :/: :.:.:/: :/゜  寸≧s。.,____ ̄ ̄¨¨¨¨¨¨¨¨¨ ̄.:.:.:.:.:.:.:.: イi:iア: : ::|: : : : :
: : : / : : /: :/    |.:\i:i:i:i:i:i\ ̄ ̄¨¨¨ア¨¨丈¨¨¨¨ア´i:i:>'゜: : : :| : |: : :
: : / : : /: :/      |.:.:.:|iト㌣:i:i:i:\  ,.ィ(:i:i:i:i:i:i:i≧=‐‐=≦ ∨/ : : | : |: : :


『抗えなかった。いや、抗う気すらあったのかすら怪しかった』
『そして彼女の問いに、快楽の欲求と共に、心から彼女に魅了されてることに気づかされた』


.

3333 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:20:18.28 ID:xeP/zkMm


『そして彼女の眼を見た瞬間、股間に痛みを感じた』
『驚いている間も無く、素早く彼女が股間を解放すると』


    , -- `::::::::: - 、
  /::::::::::. ´ ` .::::::ヽ、
 /:::::::::::::::::...    :::::::::ヽ
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 |、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
 ヽ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/
  ヽヽ ::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/
   |ヾヽ 、::::::::::::::, - ´_:: :ソ、
   |ヽ ヾヽ```´´   , ´ 彡
   |ヾ   ヽヽニニ ニ  ´|
   | ヽ::::::::``, __-:::::::::::::,_-l、
   |:::::::::::::::r--ζ::::::::::::::::::::y
   |、、::::::::ヽ::::::::::::::::: ::::::::::ト、
  .| λ :::::::ζ:::::::::::::  ::::η、
   | ヽ-ニニ(:::::::::::   y (::ヽ
   |   `:::( ):::::::::::::   〈〈::::ヽ
   -`,   :::ι-つδ:::ノ~丿:::::ヽ
   `   丿丿 ヽ~ヽ (  :::::::::ヽ
   /_l ( ,- ´::::::::::::::::::: ヽ  :::::::::
   `´| (.__ :::::::::::::::::::::::: い :::::::
     〉ο :::::::::::::::::::::::::: ))  ::::::
    ヽ   :::__ll  ((   :::::
     ヽ     / ~)( 彡ミミ
      ヽ   /| | ~~⌒ミ彡ミ
      ヽ, . .  | レ )  ミ彡ミ彡
      ヽ   ll|  ミミ彡彡ミ
        ヽ ζ   ミミ彡彡ミ
         ヽ )    ミミミミミミミミ


『今までにないほど硬く勃起した自分の物があった』
『視線は向けられないがその感覚に戸惑うと』


│: : : : : : : : : : i  ,,.。*'"      u     ,ぅう笊うぅo。.l : : : : : : : : : : l
. : : : : : : : : : : : i .。oぅう笊うぅ‐、       .,乂_¨とノ   l : : : : : : : : : :
 !: : : : : : : : : : |  乂_¨_,ノ^          ¨¨¨   .i : : : : : : : : : .'
  : : : : : : : : : : ト     ¨¨        l::::::://////.イ : : : : : : : : :, ,
  ' : : : : : : : : l、 .//////// :::::: ///// u /! : : : : : : : : :/
   ': : : : : : : : l ヽ //////// i. '        ! ' .! : : : : : : : :/
  八: : : : : : : !〃.\                  イ} l: : : : : : : :/    「これがもう一つの力。これでもっと気持ちよくなれますね」
_   ヽ : : : : : !'   . > ,  ー= ニ =- '  / i'   l : : : : : : :'.     「といっても、興奮していただかないとここまではなりませんが」
二≧z.、ハ: : : : :|;     `ヽ、        . ´   l  l : : : : : : :'     「つまり、私に魅力を感じていたということで、すごく嬉しいです」
ニニニニ\: : : l         \>、  ∠       |   l: : : : : : :ハ
ニニニニニ`マ: !       ` .    /      l;  l : : : : : :' キ
ニニニニニ\! l           ヽ  '         !  l : : : : : ' . i
///////≧xム!               V        l  l : : : : : ' . ,
/////////ハリ               ,         l .l : : : : :' ,イ
//////////∧                        i . l : : : : ' ' ハ
///////////∧                :          l...l : : : :'ニ/ニi/
////////////∧           i          | l : : : ;=////
/////////////∧\            }ー、     l| ' : : : i/////
//////////////∧ニ≧=―-=≦⌒´ニiニ≧=―≦l:' : : ///////


『答を教えられる。確かに硬くなったことで敏感になったようで、揺れる感覚すら感じてしまう』


.

3334 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:22:18.28 ID:xeP/zkMm


『そして彼女はいつの間にか眼鏡をかけ、ペニスを胸に挟み込む』


               ,r'  ..::::::  - - - ,, _  :::::::::::::::ヽ
            ,r'’  ::::::::::        ` 、:..:::::::::::::::ヽ
          __/     ..::          ヽ:..:::::::::::::::ヽ
        ,r'´..:::::::::::.....  .:: _,,,,,,,,_         ヽ:.:::::::::::::::ヽ
       f   :::::::::.:: ___ / ,!/   ` 、  ::..       ヽ:.::::::::::::: ヽ
       l   :::::::: !ヽ、,r`'′    ` 、__;;;::::-   l:: ::::::::::::ヽ
       l    :::::::. l ̄      _,,r''¨ 入,;;;;;;_    !´` 、::::::::ヽ
        !i  :. :::::. l      ,r'´ ,r',r<'´::ヽ !/:.. : l´  !:::::::ヽ     「さあ、それでは楽しみましょう」
        !l !  ::. ::::.. !        ´! ヽ_,ノヽ :::.. :.. i/  ! :.::::::::ヽ    .「ああ、安心してください。身体の硬直は後には解けるので」
          !l !   :. :::::.._!/,r     ,r'''¨ ̄ .! ! !:::. ::. l/,丿:::.::::::ヽ
        l !   :. ::::´ l ,ri¨ヾ`  _,,i’ ::::::_,ノ l ;:: ::: l::::.::::::::::::::::::ヽ
        ! !  ::.  ::::ヽ` 、ヾ,! ̄'i `ー''''´     ! !::: l::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ! l  :::  :::::::;fヽ ¨::::::丿!     u   ! !:::liハ:::::.::::::::::::::::::.ヽ
        l  !  ::  ::::::::`ーヾ''´   -‐‐'     !l:ヽ::.::::::::::::::::::::::::::::::ヽ` =:、 ._
         ! l  ::   ::::::::i::::::::::`ー--..,,_ _ /  ヽ:..:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ '´  `` ー-、
         ! !  ::  :::.::::l::::::::::::::/    :..    ,.,:--、ヽ:.:::::::::::::::::::::::::::.:ヽ         ` ヽ、
         ! l  ::  :.::::::l:::::::::: /    :..   ー/´;'  :.ヽヽ:.::::::::::.::::::::::::::::ヽ
.         ! l  ::  :.:::::l:::::::::: !   、    |     :;;:.,l: ヽ:.:::::::::::::::::::::::.:ヽ  u
.         ! l  ::  :::.:::l:::::::::::l    ゙:    l    ::..ハ:.  ヽ:.:::..::::::::::::::::.ヽ
           ! l  ::  :::::::l::::::::: _ヽ  __゙:、   ゝ、..,,...:'".:;;!:.   ヽ:.:.::::::::::::::::::.ヽ
           ! l  ::  :::::::l::::/ ノ'"´  ``ヽ  ゙i   .::;;:!: -  ヽ:::.:::::::::::::.:::::ヽ
            ! l  ::  :::::::l::::ゝ'´         ゙!  .::::/      ヽ:::.:::::::::::::::::ヽー- 、_::..
        .:;;:ヽ  ::  :::::::l::,'            ゙:..:,:'         ヽ:::::::: ,: :-‐- 、..::ヽ__....≧=-'´
         .:;;、\   ::::::l:!             ,.'          ,.:- '"´     `"
           `:;`ヽ :.:::::l:゙、J            ;'         ( ̄  _,,...ィ"
              .;`ヽゝヽ、              :.          "" ,. '´      J
                .;;:`:ー-゙=-..、        ゙、          u  /              ,.:-‐'"
                      .:;`:`:ー:-:-'".:;;..`::....._     ../ ,.:-‐"´      _..:-‐'"´


『そういいながら胸で愛撫する彼女』
『その快楽に一瞬で飲みこまれながら―――』


    '::: ::::::|:::::::::::::::|:::::|::::::: :::::::::|:::::::::|::::! !:::::::::::::::::::::|       \::::::::::::|\:::::::::::、:::ヽ、:::::、:::::::::::: :::::::
   ,:::: :::::::!:: :::::::::::|:::::|::::::::::::::::::::::::::::|::::| ヽ:::、:::::、::::::|         \:::::::!.、ヽ:::::::::ヾヽゝ`ヾミ‐-、:::::::::
   |::::::::::::|:::::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::|:::::::ハ:::|  \ヾ:::ヽ:::!            \:| ヾ、  ̄`ヾ、       |`ヽ::
   |::::::::::::|:::::::::::::::|::::ハ::::::::::::::::::|:::::i;;| ヾ、   ヽ`ヾヾ、          `              |::::::`     「だって、身も心も骨抜きにして」
   |::::::::::::!:::::::::::::::|::::!::|:::::::::::::::::';::::|;ハ   `                     //// / ′  |:::|::::     「柔らかく、軟らかくしてあげるんですから」
   |:::::::::/|::::::::: |::::!:::|::ハ:::::::|:::::::::';::|;;;;ム //// /                         イ::::!::::
   |::::: / l::::::::::!::::|:::|::::ハ:::::';::::::::::';|ト、;;ヽ           、        ノ         ィi:i:|::::|::::
   |::::/   |:::::::::!:::::ヽ|::::::::ヽ::\:::::::\::::::::\             ` ―    ´       ..イ |/>|/;|::::;
   | /   .!::::::::|::::::::::::::::::::|!ヽ::|ヽ::::::::ヽ::::::::::>s                      ..イ     |:i:i/ハ;イ
   |;'     |::::::::iヽ::::::::::::::::!|::::`::::|:ヽ:::::::≧:::::::\:i:i:i≧:....               ..イ      ∨//八:i
   |!    ヽ::::::! \::::::::::l !::::::::::|:i:ハ ̄::::::::::::::::::ヽヾトー-7≧ァr- ___....ィ´         ,.-‐///////
   |{     ヽ|    ヽ::::| |::::ト、::|リ ヽ::::::::::::::::ゝ:::≧=- /////:i:i:i:i:}            ///////////


『―――そんな彼女の言葉を聞いた』


.

3335 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:23:53.62 ID:xeP/zkMm


『そしてその快楽に耐えられずあっという間に胸で搾り取られ』


             ! ..i,,/、  , '"          l..‐""'''''!、           l l,       l゙ l
          │ l ,i'''゙ ./           、 .! ,、,i〟  .l  | !      ,! ..l、     ゙l,! l
               l "., /              `/iリ!゙!′ ./| ./.!  _..-‐   ゝ、 `'ー-..、  、  ! .、
              ,.ノ'゛               ,/___,,, ‐'" ./.l'"..У゛        ! 广゙'‐、.l  ヽ l. ヽ、
            /     _.    .'、  i′    _,/ ,ノ'゛  ,.       `゛  `、. ,./i.l, 、´ l
        ./      ./     ー、. `^゙'ッlー'''"゙´  ,r'"  ,/゛       .、,   .`-、´ !  lL .ヽ,!
       /       、/       .\ │ l  , /  ./             リ、     .\ |  .l.l ..l.l
     .,, /  /    ″        l .!  .レ../ノ   .!'"              ,|iニコ---、     |. l ┘
    / l   /              __、 │.!  l//        | ./  _,,.. ‐'″ ヽ.!   `'-、,  | .|、
   /  l゙  │        / /  .`‐ .l,!  /           / │ .l彡'゙ ._.. ‐''''^゙ ̄´    `'-i| l .ヽ
   !  /、  ″ .、      / . l        l       ,..- !. 「 , ‐'!!"゛ 、          、 ゙'ヽ, /'、
  / ,i″  .、  \  ._,,..‐゛ l゙         !     ./   .゙L! .!.    ,!.l ._,   .、    /ノ   .゙'t-
  /i'"゙゙'.`   !  ._,,、´ .r'"ヽ |    、..   .|    ./  ._、  |,|│| ゙゙゙゙゙̄〔゙!     l ;  .'、l゙
 .| .〔 __j,i  │ ./  ヽ !  .|.│    l !    .! ..、  ! , ¬‐ .、  | .ヽi|_|_|i!,,,,,, .  .!.|   !|
 .|    \,_/.l .!   .! ヽ  ヽ}    .!!     l ゙'′ .゙し、  l′ / . l  l.|       |.|
_ .ヽ     ゙'-.ヽ)   .,! ヽ         |,!    ./、.    ゙'`-ニ.. ‐゛  `t-ニ ----.  .゙'′
 `゙゙ヽ、    .`'-、   `'''、.l     / .l 、、y |_.,、\.           、 .i ゝ、,,,_              _,,, -¬
    `"―――'' ゙''ー ..,,、..l,〉  _,,..lニxrl巛ミリ巛.l|/ lZッ、、      ll    `゙゙'''''''ニ=――‐'''"゛
                   ̄ ゙̄―ー''''''''" ̄´     `゙゙''`-~ ..,,____;;___,,,, イ'"


『そして本当に骨を抜かれたような俺を彼女は押し倒し』


                                |: : : : /ミミヾ ィイイハ: : : : : : : :ヽ
                                 |: : : :/         l: : : : : l:. :.}
                                  |: : 斗―-、    ,. --|、: : : l:l:. :,'
                  (⌒ ⌒)           |: : : :|         |: : : :.l:.l: :j
                    \/            |: : /:j、_ ,   ,.ィテjト、: : :l: l: :|
                               |/:./.  ̄ }⌒{ 弋タj: : : :.|: |: :|
                               /:./ハー‐ ' '   ー-/: : : /!: l: :|    「ただし、こちらはずっと硬いままでいてくれますよね?」
                              /: /:.: :.: \ r-v.、  ./: : : /:.|: :!.:j
                             /: :.:/|: . :.: :.: :.: >´¨ハ.. イ: : : /:.: |: :|:.l
                              {: : : :{. |: . :.: :.://; iハ-/: : : /⌒\ |:.!
                           l: . :ハ.|: : :.//; ; ;イ; ;}/: : : /; ; ; ; ; ヽ:|
                      , -―- 、  \: _,斗,イ;∠;彡; ; ;!; /: : /;/; ; ; ; ; }|
                    /; ; ; ; _; ム   /; /;./;/; ; ; 斗/ : /; ;/; ; ; ; ; ; ; l:|
                      {{; ; ; /    ̄∨; /;∠; ニ=-; ; /: :.イ; /; ; ; ; ; ; ; ; |:|
                      |ヽ; /     ri |;彡; ; ; ; ;二ニ=; ;{: : : |;/ ; ; ; ; ; ; ; ; l:.|
                    V;¨ヽ i ヽ. | し'二ニ=z -―- 、!: : :/; ; ; ; ; ; ; ; ; /: |
                     | ; ; l lヽ,_lり-―… '' 1´       |: :.j; ; ; ; ; ; ; ; ; /: : |
                     |; ; ;.し/     ,'  ..       l: :.l; ; ; ; ; ; ; ; ;/: : : |
           ,.ヘ        |; ; ; ;/      ..     ,       !: :|; ; ; ; ; ; ; ;/: : : : |
         .< l| |        |; ; ;.;{     .       、    l: :| ; ; ; ; ; ; イ: : : : :.|
          .〉 | |        |; ; ; ;ヽ ..__ .. '         ー- ヽj; ; ; ; ; ; ; ;|: : : : :.:|
        /  | |       \; ; ; ; ;l                   |; ; ; ; ; ; ; ;|、: : : : :|
       /   ∧〉´         ー‐ l                  |; ; ; ; ; ; ; ;|: ', : : : |
     ./   , /.               |              /|; ; ; ; ; ; ; ;|: ハ:.:: :.:|
    /   ///                 ハ                ,:.:|; ; ; ; ; ; ; ;l/: :}:.: :.:|
    |  / / /、ヘ             /:.ハ                 l: :| ; ; ; ; ; /: : :ヽ:. :.|
   |/  / /  ヽヽ           ./:/: j              ヽ:!; ; ; ;/: : : : : /::.:.:|
      / /    ヽ'、「l「レ>      ./:, : : !             \:;/: : : : : /:.:: : :|
     / /     `´フ/      /: : : : :〉、        `゙´       \:: : : :イ:.:.: : : : :|
    / /      /\   .    / _ /  ヽ   i    ..:    ' ´`丶、;!:.:.: : : : :.|
   / /     /  /  , ‐ "´ ̄   ヽ      i!   .J      __`ヽ、 : : :.|
    ̄     / /_ '´            、    !    n ノ  、_〕 ぐ/´  `丶、
       / /,、 |  ` ̄ ̄|          ヽ  :..    ;'´/  / ぐ ぶ/   u
       _`´ '´   _ -─┘__   c    )ヽ   :;、   (j    |ぶ ぅ/
      //_  -‐┐ | ∠,^l7/     }(   ` j  ヽー '; |   /ゅ_〈
     / ̄      レ    |」      ゝー'° )( _,、}j、__ノ{r、/⌒{'´`
    /  !                  _,... -‐じ"´ト、:::::::ゞ:::{、 \     J
   /  :j         i      ,. ‐'"     _,、ゝー'`ヽ⊆´ J c`丶、
  {            J     ,. '´       ノ´     ){`   u  `ヽ、
   ヽ,            ,. ‐ ´      u   ;'j      ゞ丶、        `


『そう言って俺を貪る彼女を見ながら、俺は意識が快楽に完全に飲まれて行った』




              ┌───────────────┐
              │                        │
              │    ┌─────────┐    │
              └──┼─────────┼──┘
                    │  ┌─────┐  │
                    └─┼─────┼─┘
                  └─────┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                     ┌─┐
                     └─┘
                      □



.

3336 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:25:59.87 ID:xeP/zkMm


『その日一人のヒーローがこの町から消えた』


   ___ : : :: :: . . . . . .
 \|;;;;;;;;;「\ . . . . . . . . . .
 \|[]![]i|\l   __   ,__.          ,‐レ /
 \|[]![]i|\|\〃..:::日ヽ」 2 !ヽ        |Hレ' /
 \|[]![]i|\|\:\::::日  |ー ト、|         |Hレ' /
 \|[]![]i|\|\:\i..l;;ト、 |::┌ 、! : : : ::: :: :┌‐lHレ' : : :
 \|[]![]i|\|\:\i..|;;ト、ヽ|ii|\ | : : ::: :: : : :||__|H| : : : :
 \|[]![]i|\|\:\i..|;;ト、ヽ|ii|l\L__r;;;;;;;ュ r'il|:::|H| /
 \|[]![]i|\|\:\i..|;;ト、ヽ|ii|l\|llllllllllllllllll| il「::|Hレ' /
 \|[]![]i|\|\:\i..|;;ト、ヽ|ii|l\|llllllllllllllllll| il「::|Hレ゙ : : : :
 \|[]![]i|\|\:\i..|;;ト、ヽ|ii|l\lllllllllllllllllll| il|、:|H|  : : :
 \|「l!「i| , ――┬、  ∠二Tヽ, r-‐‐‐-\;lH| : : : :
 .| l|L。∠___。ィlLlレ、 ゚=゚゚O-O’{iiト_≡_イii} '\;レ゙レ’
  ̄ ̄@=呂=@-‐jHr‐」     /Lt‐┸‐j」   \
     `‐' ̄`-'' `-’   /


『そして、その後その姿を見た者はいなかった』


.

3337 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:28:04.32 ID:xeP/zkMm

以上です。未熟な作品ですがいかがだったでしょうか?少しでも興奮していただけたら嬉しいです



                 /!_
        _ ___ ,.、   `y'
       / ,.、ヽ/ヘ ヽ、     _,ィ
  人_   l /‐'゙`'"'ー、 l l \    〉ヘ
 `Y    ,!ナ⌒   ⌒ヽl l  `ヽ、 __
      彡=Lr=iミ | ヽ       `丶、    _
       (⊃'´_ー'⊂⊃、 \        `ヽ'::::ノ
        !>、,ヽノ __ ,.ヘヽ、 ヽ       ,ノr'⌒ヽ
        ヽ ソ::: ̄::/:::::::\ヽ  ト--‐─'ブ::::ノヽ、 l、__,ィ
      _∠メユ:ム∠;::::::::;ゝヽ-`ニヽ、 ` ̄   `ー-‐′
       ‘==勹 ト==イ_;/:::}、___   `ゞ=‐'
         |-ト`丶ニ7:::;ノ//-.、
        r==,7、\_lス<〈,〃ヾヽ
       /´〃'| |''ヾi└rヾユ、 ,>),!l}
      { { {! c|j },!} ヾゝイノヾ‐シ
       ヽヾ、 _,.ノノ    ̄ `~´
        ` ー‐''´


ちなみにその後、彼は彼女に拉致られ組織でエロい事されまくってます。うらやましい

あと女幹部の春花さんは特に意味はありません。好みで配置しただけですね

3338 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:40:06.94 ID:rLdFm66d
いいね、元からハニトラ要員だったのか、、、しかし本当に悪の組織なのかってぐらい優しいなぁ
犯されたい

3339 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:40:38.95 ID:ciBjOh1m
すき
誘惑からのガッツリ逆レいいよね
ちょっと文章がイッチっぽくてビクッってした
やはりmが求める文章は決まっているのかな

3340 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:47:43.20 ID:rLdFm66d
イッチに汚染されている可能性がびれぞん

3341 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:56:41.58 ID:R6WPnaoR
メドゥーサさんエロすぎ問題
口のなかちゅっぱちゅっぱされたい

3342 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 21:56:43.29 ID:ChFcW/kK
良かった

3343 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 22:08:40.21 ID:R6WPnaoR
メドゥーサさんエロすぎ問題
口のなかちゅっぱちゅっぱされたい

3344 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 22:09:52.37 ID:R6WPnaoR
あばーーー!?
こんな時間にかきこんでねぇぞ

3345 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 23:00:47.67 ID:iUUoGMBR
マーベラス!

3346 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 23:47:31.00 ID:xeP/zkMm
取り敢えず思ったこと。自分のスレでもないのに(スレ持ってないけど)十数レスも使って
小ネタとはいえ書き込むのは結構疲れるな……緊張するしさ

3347 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/11(金) 23:54:28.22 ID:y4SbgX4X
お疲れさま
エロ素晴らしさに感謝

3348 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 00:10:30.67 ID:RHIlRs76
いいのだ
イッチのスレはホント自由で好き

3349 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 11:41:49.09 ID:uaIfSD2m
不思議なスレだよね

3350 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 11:52:35.18 ID:NgQPZkdp
そういえば自分はレイプしようとした男を制裁逆レって興奮しない人間なんだけど
レイプしたいと思わないから自己投影出来ないからではと気がついた

3351 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:00:05.29 ID:fiG2Pr6V
確かにそういうのはありそうかな。女性に対してレイプするイメージ持てないと乗れないか、Mだし。
自分はセクハラ・痴漢して反撃される位はいけそうかな?セクハラとかする気は起きないけどね。
ギリギリイメージ出来るレベルがそこくらい?基本、受け身か和姦か、和姦からの
実力差で受け身になるのを妄想してからなぁ

3352 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:04:19.31 ID:xatteMjo
レイプものは嫌いじゃないんだが、自分の意思ではそんなことするつもりなかったのに
相手の誘惑に屈して押し倒してしまうのが好きなんであって、端からやる気なのは違うんだよなあ

3353 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:09:36.88 ID:ehHdVVQt
分かる…。

3354 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:14:28.48 ID:fiG2Pr6V
ヤってることはレイプ()だけど、相手の魅力に負けた結果だからMに近いな。
実際相手が誘った訳だからレイプなのかは微妙だが、自分本意で動くのはMシチュでは珍しい?
大概は相手が動く、あるいは動かされるのがMシチュの基本だし。

3355 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:19:46.06 ID:K3MMioSZ
スレ持ちの奴、何人潜んでるのやら

3356 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:22:55.70 ID:fiG2Pr6V
少なくとも自分は違うな

3357 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:26:22.17 ID:4FcD1kp5
自分はそうだけどここに居ついてからMエロに方向転換した
特定やめてクレメンス!

3358 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:27:14.44 ID:NgQPZkdp
Mシチュが好きなのに読者がSシチュばかり安価して自分の性癖が満たせず性欲だけ高まるMシチュ、読者は女性

3359 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:30:09.60 ID:oOwzd+Au
このスレはSヒロインに監視されています?

3360 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:30:35.98 ID:ehHdVVQt
エロ入りを準備してるけど、多少Mは出来ても最後は男優位だからココでは言えないや

3361 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:45:11.30 ID:/+baF1iW
ちらほら心当たりある方がいらっしゃる

3362 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:51:04.19 ID:4FcD1kp5
最後が逆転でもここで言ってええんやで?
荒らしはせんやろ?

3363 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:52:54.16 ID:fiG2Pr6V
このスレでやるならアウトだけど、自分のスレでやるのは自由だからね。
そもそも人様のスレに文句言うのがあれなんだし

3364 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 12:53:27.56 ID:uaIfSD2m
自分の初スレはエタッた
初スレがここまで伸びてるのは羨ましくもあり、まあそりゃ伸びるよなと納得でもあり

3365 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 13:04:33.17 ID:ehHdVVQt
私もエタったやw 後は>>3364と同意見ですな。

3366 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 14:58:48.75 ID:fiG2Pr6V
しかし今日は衣玖さんとのエロ(戦闘)か。衣玖さんの食指くすぐるようなセリフ考えなきゃ。
命乞いで龍族の繁栄のために寵愛受けるのは今からでもありですか?って聞きたい

3367 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 15:19:24.80 ID:WYNg+lSe
首輪と鎖つけよーぜ
同人誌読み直したらさとりが男を全裸状態でペットにしてて首輪の鎖引っ張ってるのに漲った
いいよなあああいうマゾアイテムのアクセント

3368 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 15:30:47.75 ID:o/LeS4oX
逆ドラゴンライダーだ!(なんでも逆を付ければいいというものではない)

3369 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 15:34:11.09 ID:fiG2Pr6V
騎乗スキル(意味深)ですね

3370 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 15:49:31.60 ID:uaIfSD2m
あんまり従順過ぎてもつまらないからリョナられそうだな

3371 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 15:52:15.97 ID:fiG2Pr6V
ドラゴンライダー用のドラゴン(誘い受け特化)とか。特別な才能(精力)を持たないと
ドラゴンライダーになれない(腹上死する)とかMシチュでいけるかな?
ドラゴンを満足させると一緒に戦ってくれるみたいな感じで

3372 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 15:55:28.97 ID:fiG2Pr6V
>>3370
そうなるとやっぱり味方を見逃してくれるよう言うか、せめて他の教団の拠点攻略が
終わるまで猶予をくれるように言うとかの方が気に入られるかな?

3373 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 15:58:29.34 ID:fiG2Pr6V
……なんとなくだが、仲間をかばって、せめて他の皆を見逃してくれ。って言ったら、
後ろから上嬢さんによって衣玖さんに差し出される光景が頭に浮かんだんだが

3374 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 16:10:17.87 ID:xatteMjo
屈しないの精神大事ネ

3375 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 16:13:39.91 ID:fiG2Pr6V
屈せずに命乞いとか難しいよなぁ

3376 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 16:23:26.00 ID:4FcD1kp5
上嬢さんは畜生だから……
まあ、今回は1対1の対峙だろうしへーきへーき

3377 名前:名無しさん管理スレその7の>>1-6をご覧ください.[sage] 投稿日:2018/05/12(土) 17:01:15.45 ID:uaIfSD2m
上嬢さんはまともに向き合ったら193に粛清されそう

.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : やる夫系 - ジャンル : その他

コメント

上嬢さんは畜生だから…

モブメドゥーサさんエロスギ問題
これスレ主じゃないのか
こういう形式のスレなのね

No title

投下自由ってのはすげえな
スレ主に自身がないとできないだろう

No title

モブとは思えないエロさ(あたりまえ)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)