やる夫はミッドチルダの地で生きる魔導士のようです 小ネタ モモメノに愛されるお話

..
9157 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 21:25:57 ID:f3eUrPVk0
                      ト ^/\^ イ
                         _  /\  '__
                    . : ´ ∨/  ヘ∨: : : ` : .
                      /: : : : : :` ー-‐ ′: : : : : : \
                     .: : : : : /{ : : : : :、: : : : : `、 : : : : ヽ
                , : : : : : /: : : : : : : :\: : : : :`、 : : : : : :、
               /: : : : : , : : ∧ : : : : : | \ : : : `、: : : : : : .
             /: : : : : /: : /__: : : : : | ___ : : : \: : : : : :\
            <: : : : : :イ:/ : N ̄ ̄ : : : :|  ̄ ̄\: : }: :`ト : : : : >    【モモメノに愛されるお話】
                ̄〃: : ': : :i|r‐茅恣ミ\ : ィ竓茅┐y: : : |\  ̄
                    {{: : : i : : :圦 辷ツ   ヽ 辷ツノ/ : : : ハ:「`
                八 : :И: 小 ´^ ´   ,   ` ^`ム: : :/: :人
               /:>、ハ: 八           /:/: 厶<\ ┐
              「ー' /:ハ : 个  .   °   イ.:/: /\ ヽ_厂:\
             /`ヽ>'/:::ヽ {::::::::::::≧=≦:::::::ノイ :/::::::::丶 \ : :\
             /: : / .:.:.:.:.:.:.:.:.:``::::::::::::::ハ:::::::::::ノィ::::.:.:.:.:.:.:`、  \: : \
           . ': : :/  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ヾニ7|oヘニア/:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、  \: : \
           . : : ,. ´  / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V::7T::||:::::|l下、:V::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 、    ヽ : : : 、
        /: : /    、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::}:{{::|l::}}:o:{{::||::}}{:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      `、: : : .
.       /: : /       \::::::::::::::::::::ィ::::>=ニニ,ニ、┴くハ、_:ノ::::::_::/          `、: : : .
      /.: : '           ` ー=彡::::/ ィ^´ i }ヽ  ヾ:::::::::`7              `、 : : .
.      /: :           `、:::rく ( { :. 〈| !Y´}  ::::::::/              `、: : .
     /: :/           -≦ハ::/ } /\、  し ノ {┬ }:::_ハ≧-            ‘,: :.
.    /: :/          -ニニ/j:∨ ヾミ_/ ヽ}ノ〃 ノ V:::7::::}\ニニ=-           ‘, : :.
   /: :/        -ニ=-‐ ヽ<{:::{     ` ┴  ⌒ 〈  |:/:::::::}>/   ‐-ニニ-         ' : :.
   : :/      /-‐     〉 vハ.         ヽ   }  |':::::::人{      ‐-\      ,::
   : :    /´       / ^\iヽ   -‐-  、    |::/r‐┘          \     ; :
  i :l                  ̄|  |  V       V  Kl l\                ,   l :i
  | :|  /           ∠└ー|   }       ⅰ  ―┘ニ\            ′ | :|
  | :|            /ニニニニ|         ハ  |ニニニニニニヽ          ,  :|
  | :| /         /ニニニニニ└/       ,′ー┘ニニニニニ=ハ           ′| :|

. ..
9165 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 21:31:27 ID:f3eUrPVk0


                   ...,,,
        ,,イ'"ヾ,゙ミ州ドミ.゙;;;゙;;州ミ}ト;;,,,        『ただの猫であった時代で一番古い記憶は、空腹だった』
    ヶ‐-ァ゙´::::j i jニ{',iiミ',彡.;;;;゙ト,ミミ}ト;州ミ;:..,
    ',ミ ノヽ::::ヾ゙゙-‐'ゞT::i ,.;;;;;;;,゙トミヾ州ミ;ミ:::ミ,     『六匹兄妹の中で一番体が小さかったのが、ボクだ』
    ヾ-'ミjヾL.:::,:::::;;;::::/;;/.:;;;;ミ;;::トミ:::彡;;;;;::::,
     ';::j,:j゛ ` r‐ァ フ:;;j''  .:.:::ノトミヾ州彡ミミ;:
      ヾ-ヽ r`''´ イ   /.:.:::;;;;ミ;;´  .:.:::ミ
       ゙''゙ー゙-‐'´r'  ノヾ ,.-'´ ゙゛`   ,,,r,,
         ミ{ヾ''´゙=゙´ ゙´゙´`゙`'''゙'゛''゛ ̄




           ` ヽ,, ィ;; :: ;;; ,, ,  ′
         ,ィ:: ;::;  ;; ,;; ;,; .,;''.;シ;, ,
          ; ; ;; ゙ヾ ;; :; ; ;;';; :::::;;'彡    『というのも、母親の乳を吸うポジションは良く出る場所と出ない場所がある』
          ;; ,ィ'ィ‐..、: '  ' ,;; ,;;''::::; `ヽ
          ; ;; ヽ``',   r<:辺ヽ::;; ;ノ   『ボクは弱かったから、乳の出の悪い場所で必死に生きようとしてたわけである』
          ,'、 ;  ヽ..._,; ヽ ゙X;;; .':::
         ," ヽ ゝ;'''';;ヽ、_ ノ ;; ;''ヽ;;;    『仕方がない、自然の摂理だった』
         ゙;  、 ; lヽ- '//ィ''´,   ;';;;
         ,..j_ ,,; ヽヾ='´ ,, ィ   ,";
        (((t,,ノ,,);;'-゙'''''"´,ィ(r)'' tY);)
        `` ̄        `` ̄ ´

9166 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 21:33:43 ID:LF945.UU0
使い魔って獣時代の記憶あるんだ

9167 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 21:35:23 ID:f3eUrPVk0

      ____
     /―  ―\    『やる夫とは、そんなボクが迷子になった時、出会った』
   / ●   ●  \
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |  ―――親はどうした、1人なのかお?
   >           ィ’






      ____
     /―  ―\   ―――やる夫と一緒だお
   / 一   ー  \
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |  『小さな手で、小さなボクを抱き上げた際の温もりは、まだ覚えている』
   >        ィ’

9174 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 21:50:52 ID:f3eUrPVk0

                            『すずかの家からやる夫の家に連れてかれた直後の記憶は良く覚えている』
                        __
                   ,イヽⅦ iミ 、
                    /ニミ、}i}i} }i ノ∧          対子猫育成用セット
                { i /```"´ ヽ∧   ト、      従来の子猫用ではなくか弱い子猫用です
                {iY        Y} Ⅵi}i:}  }
                     {i{ニ=--   .____ i}}__}/i:/..,イ     「哺乳瓶は?」
                rⅵzx`ー=彡⌒` }ハi:i:i:ii:i:i:i:i:ミ、
                { i.汽tヵ _Y⌒ヽ }ァ}i:i:i:iⅥii:i:i:i:i:\ 森乳ワンラック細口乳首哺乳器
               ,ィ-く \{`ー if' ゝ. .イ,.|./}\i:i:Ⅵi:}八} }
          ,..  ./: : : : :∧ r-く  ソ イ} } }:i: : >i:i:i:i:i:i} } 「粉ミルクは」
        ,       {: : : : : : ∧ `ー`zx'ノ //ノ: : : : : ::::刈、
          {       {: : : : : : { .\`冖 ..,イ  }: : : : : : : /⌒   、  ワンラックゴールデンキャットミルク    
         |      .{: : : : : :/ c /`ー 彡  /: : : : : : :/      \ 
        |    /: : : ::::/{ /{i:i:i:i:i:i   /: : : : : : :/        ヽ  「シャンプーは?トリートメント込みか?ノミ対策複合か?」
          .|    ./: : : ::::/ .′ ト、/\ /: : : : : : :/          }
         .(   {: : : : :/   ./i:/   ./: : : : : ::::/      /   ./  対ノミ効果確認済み 目に入っても猫ちゃん痛くない仕様でございます
       /.\  |: : : : {i  /i:i:{   . /: : : : : : : :{      /    {
       }    {: : : :::{i /i:i:i:i:/ ./: : : : : : : : :{   ./      ヽ




        ___
     /―  ―\
   / ●   ● \    パーフェクトだ、ウォルター
    |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
   \        /      「感謝の極み」
    (  ~⌒γ⌒ )
     λ `ー'^ー'i
     〈      ノ     『良く分からないやり取りをしてたな、そういえば』
      j   厂 {
     (_ 人_ヽ

9176 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 21:52:11 ID:G8expAYk0
ウォルターさんマジウォルターさん。

9177 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 21:52:52 ID:NMIHbLmkO
パーフェクトだ、ウォルター

9178 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 21:53:17 ID:BHaxZXJA0
この頃はウォルターも胃痛がない・・・いや、両親の死からそう立ってないころだから、そっち方面の悩みがあったか

9179 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 21:53:26 ID:bvbpa8nI0
完璧だ・・・!

9180 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 21:53:28 ID:8qnxmpKs0
パーフェクトだ、ウォルター

9182 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 21:59:15 ID:f3eUrPVk0

       ____
      /―  ―\     『やる夫は、よほどでない限りウォルターの手を借りずボクを育てた』
    /  ●   ● \
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i  『良く撫で、良く語り、良く遊び、共に寝た』
  ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l /
  从l||l           |l||l从   『アリサたちの相手をするより、ボクと過ごす時間が多かったろう』
   ( ⌒ )        ( ⌒ )





                     ,. :―:‐-、 /:':i!
                      /:.::.::.::.::_;/': : : l!
                      /:._;.-‐''¨´〃-、_: : |l\
                /;.-'´:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.::.::.`::. !::.:ヽ   『そうしてボクは、すくすくと大きくなっていった』
            ー=ニ_´::.::.:.:.:.:.:.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ::.:.:i
              `ヽ:`フ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:z::.:l   『やる夫が魔法と出会った頃、ボクはちょうど10歳になっていた』
                 ,ハ:.:`t::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:__-‐ニ仁「
            /::.;.l:.:.::.!::.::.::.::.::.::.::.::.::.::_‐―‐-/--j-
         _,,.-‐'´_;.-' ̄「ニ_キ‐:__::.::.::.::.:rtジ::.::.:/::.::.:/
    _,,.. -‐''´::._;. -'´   '´.イ::.::ぃ`”゙:::.::.::.::.::.::.:/::.::.::.::,'  ナーオ
,.:'"´::_;;: -‐''¨´      ´  !_;.-tヘ::.rッ::.::ニフ仁_‐-、/
::.::.r'´                '´ゝ'´::ヽ::.`:ーt'´::r'ト、::`:/
ヽ::.`:ー-、___               \::.丶::.::.::|::.::l {::.::.::i′
  `ー-、_;;ノ            `i::.:゙i!::.::.l::.::!!::.::|
                    l::.::l|::.::.|::.:| !::.::.!
                        |::.:l|::.::.l::.:t.|::.:|
                    r'::.::! !::.::{ュ:ン l::.::.l
                   ‘'ー' ヽ:_ッ  !::.::t
                            ヽ:_;j:〉

9183 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:00:03 ID:G8expAYk0
人間の年齢に換算してはいけない。 調べてもいけない。 イイネ?

9184 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:00:32 ID:SXjYOL4Y0
猫だとBBAじゃないか

9185 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:00:42 ID:OeAM/OaE0
猫だしそろそろ寿命かな?

9186 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:04:30 ID:BHaxZXJA0
猫だとあと3,4年で早いと死ぬ年齢だな

9188 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:05:39 ID:f3eUrPVk0


          ____┘(
        /\  / ⌒     『その頃と言えば、やる夫は良く喧嘩をしていた頃だった』
      /(○) (○.) \
     /   (__人__)     \   『金髪が珍しかったのだろうか、それを揶揄われては喧嘩という有様だ』
     |      |::::::|      |
     \     l;;;;;;l     ,/   『そんなやる夫が魔法に出会った頃になると、やる夫は髪を黒にしていた』
      /ヽ   `ー´   ィ⌒ヽ
      rー'ゝ       〆ヽ .)   『戦いの訓練を受け始めた頃、喧嘩をしないで良いように突っかかってこれないように
    ノヾ ,>      ヾ_ノ,ヽ}    髪を染めたようだった』
    ヽ ヽ|        ヽ_ノ






      ___
    /     \    『それを、やる夫が屈したと感じとった一部がイジメのような嫌がらせを始めていた』
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \  『やる夫は、自分の手を見て、それを無視していたのを覚えている』
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

9190 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:08:03 ID:n29JZvLE0
自分は武器を持ってしまってると感じてるのかな

9191 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:09:22 ID:BvckkNsI0
誇り高いな……

9192 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:10:17 ID:f3eUrPVk0

                 ト、,メヾi|=-   .
                      桂三少      ヽ
                   /             .     『―――そこからは、あまり思い出したくはない』
               / |     \     |    .
               ノ   {! .乂ニ=V|  /   | }    『健康だったボクが使い魔になるようなことがあった―――そういうことだ』
            ゝー 彡乂{  .ィ yァ! /     | {
                   }  ¨´,.才   /
                      ハ.ニ .ィ!|ヘ._./ {
                        }/  }彡{/≦} .i} ゞ、
                       ノ   //ノ: : : .ハ
                      /: : : : : : :}  !
                 . : ¨ ヽ〈: : : : : : : : :|  !:.
              l     /: : : : : : : : :/|  |:}
              入   入: : : : : : : :./: | ハ
                / //¨r=彡}.: : : : :.:.ノ: : |   ',
            / / | /ヾ: : Y: : :./´: : : :}    乂
              / / .!k'ノ}.: : : : ./! !: : : : : |     ヽ
              | {  ! {  '.: : :.ノ.:! !: : : : : j! |    {`
             `¨  ゞ}¨¨ Y:¨.: .:.| |: : : : : {! |     i!
                    ∪∪.: : : : | !: : : : :.从 ト.、
                    ノ: : : : :| |: : :/: :/}{: : :.  ヽ
                く: : : : : : | |: : -=': :| }: :∧   \
                    /乂:_:_: ノ .!.: : : : : :.:| |: ,'  \   \
              //////  ¨  }笊笊/∧乂.    \
              ∧/////'     !//////∧  、     \
              ///////,      |////////≧、 \   } |





       _-―――- 、._
     ,-"´          \
    /              ヽ    『やる夫はそれ以来、銃型のデバイスを持つようになった』
    ./       ::::::::::::::::::::::::ヽ
   |      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  『―――そういう、古い話だ』
    l       :::::::::::::::::::::::::::::::::;l
   ` 、        (__人_) .;/
     `ー,、_         /
     /  `''ー─‐─''"´\

9193 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:12:12 ID:OwEDVs1M0
……ふーん、そんなことしたんだ
糞が、猫に手を出すとか百回殺しても足りんぞ愚図共

9195 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:14:29 ID:ybUlSAmw0
うへぇ…

9196 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:15:40 ID:f3eUrPVk0


        _____
      / ノ' ^ヽ_\      『使い魔となったボクが見たのは、泣いてボクを抱きしめるやる夫』
   ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°
   / o'゚~(___人___)~o°\゜   『猫時代とは違う、肌と肌が触れ合う温かさ』
    |    ゚ |/⌒ヽ|  ゚   |
   \     ` ⌒ ´     /    『使い魔と化したことで感情の幅が広がったボクがそこで感じたのは―――』
     /`         ´\
    /       ``"´       ヽ
   .|   Y            Y   |
   .|  |          |  |






                      , =- 、   、
                 (  {  、_/  \_ ,
                     \ ヽ、ヽ  - =-   }
                     \ 二ー… ―
                        ´       ヽ.    \
             、_  /                 ` ー 、
              \ _ /                  r―=-
                   / /       !     !  !  \      \
              ’ /      ∧   -1ー<-― -      \    やる夫、ボクはここに居るよ
        _  イ   /    ´ ̄__\   { ィ六j\、_        \
         \     / /1  ,ノ/} t心 ヽ. ! ゞ= ! `ヾ、__  _ こノ
.            `  ー/ノ -|  /' 从  ¨        }  1   | \
                   入    ≧´ ̄ `ヽ  . ィ'   !{   !  ヽ     『愛おしさだった』
                 { /\ r、乂       y }! ∠.._  |  /
                 }≧ _.≧ ゝ,r==x  }ノ /. : : :.ヽ,_.!_..ィ彡
                    {   | {   /   ! ヽ.!} !: : : : : :|: :.= t  )
                   ゞイ.:  | .:'   ./ .:r y:乂: : : : : : |!:{  } /
               ヘ: :/|  ト_|   ト=ゝソ: : : : : : : : : }: ヽ=={
              /  V: :!  |:/!    !  |: : : : : : : : : : /: : ィ  |
              /    ': :.|  | |    !=彡ゞ=z:_: : : : : : / !  |
.            '      /: : ::.  , |    !: . }: : : : :ヾ./ ´   !  |
         .'   /  {: : : : :..  ヾ.   |: .ゞ': : : : /      | |
.          /   /    ゞ,: :.イ\  }   |: : : : : /         !  |
          /  /    r/: : : : :/ ≧=!   != --z:.\       | |
.         /   / |....ィ≦}=!: : : :./:/ {乂ヽ. |: : : :\≧}      | |
        /  ,ィ≦ ,,イ/! ヾ.: : /.:{   !: :`ー: : : :z≦       | |
.       / X  .イ////ゞ彳ミ=-! |: : : : : イ    \     | |

9202 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:18:50 ID:f3eUrPVk0


                 ト    / |
               _|       |
                 \ . ィ=- ´ ̄   - .
                 。゚        \     \
               . ' |  \     \     ` ._
.             /   ∧   \              フ
.           /  /  \   |-―   i!        r ´
            .' /  } / \ !  \ |!      ヽ       『だから、ボクは誰よりも―――やる夫が大好きだ』
          /  !   Y  __, \ィf夾∨i! / / /   .
.        /  | |  |,ィf它X     ¨´ : ' . /    }
       /ィ― !  |  |   ¨´     ''' У/ /     ,
          |  ト.  .'''   r=ヽ ノ´{ /  _./
          |  | 乂 丶.  ∨_ン   ' |' _ _,ノ
           乂 |  }{¨乂_ ≧=- ≦: : : } {ニ} }
                  }{ _に_ノ.:/i |.:∨: : Y =Y=- 、
                  }/: : : :.∨i:i∧i;|_ :/ /,: : : :∧
                 .イ: : : : : : : :∨/ ∨: :.,' /: !: : : : :∧
            ノ: : : /: : : : : :.j': : :i!. :  .:乂: : : : : :∧
           く : :/: : : : : : /o: : :i!.:.|  |: : : '., : : : : ∧    ・ぶっちゃけると最初から100だった 終
                Y: : : : : : : :/: : : : : : :|  |: : : : i.: : : : : ∧
              |: : : : : : : :{: : : : : : : :!  !: : : : !: : : : : イ
              | : : : : : : :.|.O.: : : : :.:|  |: : : :., : : :彡´
             入 : : : : : : !.: : : : : : :.|  |: : :./ : : /
            }: :\: : : : :.!: : : : : : : |  |: :./ : : :,
             |: : :.|: : : : : |o: : : : : : |  |: : {: : : :!
             |.: : :|: : : : : |: : : : : : : |  |: : :',: : :.!

9204 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:19:13 ID:myZiPbnc0
知ってた

9205 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:19:16 ID:OeAM/OaE0
ですよねー

9208 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:20:06 ID:n29JZvLE0
変わりようのない安定感wwww

9211 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:20:17 ID:tSKxLamA0

貴重な病んでない100

9212 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:20:27 ID:iJwNC/A20
ござるよねー

9214 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:20:44 ID:OwEDVs1M0
むしろ上がる余地あったらびっくり

9215 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:20:55 ID:BvckkNsI0
クソ共が……豚箱に入って少しは後悔しやがれ
そして知ってた

9216 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:21:16 ID:0PvSGWQM0
いや~モモメノの癒し回でしたね(ハーヴェイを目逸らしつつ)

9217 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:23:08 ID:4Qo8rKj.0
それにしても寝王のミッドだと使い魔になる前の生前の記憶
引き継ぎなんだなー

9218 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 22:23:10 ID:f3eUrPVk0
実の息子にモモメノに近づくななどと完全にモモメノ上位だからね、仕方ないね


なんか募集
.



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : やる夫系 - ジャンル : その他

コメント

No title

この頃持っていたデバイスは「スキャッター」じゃないよね確か……。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)