ゼロの使い魔 ブラッドレイの場合

..
816 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:29:25 ID:/C5C0jlM0
                        !
                          jしイ
                          ノ: :.:廴.ィ    /{
                          / : : : : : : :そ   }/
                    ノ'⌒ヾ: : : : : 丶
                          }: : : : : : :.:ヽ }\
                          jし': : : : : : : : :.}ハ:.:.{
                    |  ノ´:⌒ヽー-ミ: : :ノし: :.し イ        『サモン・サーヴァントは使い魔を呼ぶ儀式である』
                       jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : ノ
            !        ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./      !   『故に、魔法を使えば爆発ばかり起こす彼女を見る級友はその地に現れた
         jしイ      '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /{        jしイ   炎を見て”ゼロが爆発で炎を起こしたぞ”と大いに笑っていた』
         ノ: :.:廴.ィ     /{_//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{/        ノ: :.:廴.ィ    /{
       / : : : : : : :そ    ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: : :し イ   / : : : : : : :そ   }/
      ノ'⌒ヾ: : : : : 丶  }: {: : : :j: : : : : : :/: :ノ}: `ヽ: :.:/   ノ'⌒ヾ: : : : : 丶
          }: : : : : : :.:ヽ/:ハ: : :ノ: : : : :/ : : /: : : :}: :′ イ      }: : : : : : :.:ヽ }\
        jし': : : : : :ノし': : : : /: : : : :.!/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイし': : : : : : : : :.}ハ:.:.{
     |  ノ´:⌒ヽー-ミ: : :ノし: :.jし' : : : :j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : :ノ|  ノ´:⌒ヽー-ミ: : :ノし: :.し イ
     jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: :ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./ jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : ノ
    ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /  ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./
   '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /_//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{  '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /
     _//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: : :し イ _//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{
    ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: :}: {: : : :j: : : : : :./: :ノ}: `ヽ: :.:/ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: : :し イ
   }: {: : : :j: : : : : :./: :ノ :}` /:ハ: : :ノ: : : :./ : : /: : : :}: :′ イ {: : : :j: : : : : :./: :ノ}: `ヽ: :.:/
   /:ハ: : :ノ: : : :./ : : :ノし': : : : /: : : : :/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイ : : :./ : : /: : : :}: :′ イ
ノし': : : : /: : : : :/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイ: : : : }: :ノし': : : : /: : : : :/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイ

... ..
818 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:30:41 ID:LOtzIu5I0
使い魔(サーヴァント)

820 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:32:24 ID:199HSQJY0
サーヴァント(英霊)ですねわかります

821 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:32:59 ID:bbUj/Xsg0
サーヴァントがFATE的な件

823 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:33:49 ID:FFGZK9SI0
圧倒的覇気

825 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:37:16 ID:/C5C0jlM0
       , イ             \
       /::::::\                \
        /::::::::::::::ヽ                 ',
        |::::::::::::::::::{           u   l
        |::::_:::::::::::::〉     、         |
        |/ ,、ヽ::::/       \        {
       /  ヽ∨   ̄≧ュ、  〉    __,. ,'    『嘲笑を背後に受け、ルイズはコルベールを見た』
       {  ノ       r'::リ  ̄´  斤ォー /
       ∧ヽゝ ヽ     ̄ー' ├ー |ゞ′、/     『浮かんでいる表情は、困惑の色をしている』
     ,'  \|  |    ヽ、__ノ   !、__ノ
  _ /     l  l           }  /       『何故だ?それを疑問に思ったのか、徐々に笑いは消えていく』
 /:::::::ヾ     ヽ      __ ー' /
ノ:::::::::::::`:ー- 、 \   < _ / /         『誰かが、ぽつりと呟いた』
::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ __     /
:::::::::::_:::-──::':: ̄::::::::::::::::: ̄/ ̄ 7 、
-─'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::::::`::─- 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::::::::::::::::::::::::::::>ー───── 、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::







                   <`ヽ、
                       ヽ.: メ{
                   ,. イ  } .: .:て
                      (: . { / .:7⌒ヽ   `       \ 、 从
                    \.V .: .{        ”      ヽ V⌒`
                   ` :..、ヽ  `    ,    ヽ、   } |   ,;
                 从     ).ノ ”  \、       )`ー' ,ノ
                ⌒ヽ、  ( '  . .:    }ヽ  ,   ( . .:.:r'    ”
                   }て \  。 : ノ .: ソゝ; .  ヽ,.ソ  从
                  r人 {   ` 、 "  .:   ,; .: ., /  ⌒ヽ`-ァ   『炎とは、太陽の輝きの如き黄金色に燃えるだろうか』
                  }. :. ノ  ,  ,;:. ) .: , "       /     }/
               从,,ノ.:/   ,;.:  '   .ノし': .: ," (      /
                  ⌒ヽ .;/  .: ,,; 从    .:..,   从   ヽ    /
                }/  `,;.: ",, ;.:て , ,, ,,, .:. `,;"   〉  '
                  ノ{  ゙  、 ,”,; ,   .: ,; "   /  ,, ; ”
                 ⌒ヽ   ノ{  .: ."   ∴.:  ,;    .:"
                      \”. :. ,し'/;  ,;;:    ; :..
                 ` . ,. .:  (   .:  #. .:ノ{从:.: . "
                ___,,,.:;    ,, ,; ,;  .:.:  ,; .; ;,.; て__

826 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:37:48 ID:bmN2LGWk0
あかん

827 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:37:57 ID:.WyowJjg0
あかんやつや

828 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:38:09 ID:PY5bC/FY0
これ魔力光?

829 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:38:22 ID:bbUj/Xsg0
やばい(確信)

830 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:38:58 ID:FFGZK9SI0
魔力光が金でしたね・・・
どっからどうみても勇者(サーヴァン)です本当に(ry

833 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:39:36 ID:cxsS7b120
派手に見えるが単なる余波である(震え

841 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:42:02 ID:/C5C0jlM0

                    . . : : :―――: : : : .
               /: : : : : : : : : : : : : : : : :.`: .
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
             |: : : : : : : : :./: : :./: : : : : : : : : :| : l :l.:. .:. :.|
             |: : : : : : :. :. :. :. :.|: : : { : : :. : : /: /:/:.:l:. :.:.|                 __
             |: : : : : : : : :|: l : :Ⅳ: :{: : : :. :./: /:/: :/: : : |         ,.。s≦/////,ヽ
             |: : : : : : : : :|: ∨:| ∨:∨: : :/l:.斗-:./ : : : :|   ,..。s≦//////////////〉
.            八: : : : :. :. :.从:芹≧x: :Ⅳ:/ 斧芋ア: : /: :/ / //////////////////
            ∨: : : : : : : イ芋芋ア }/  ヒソ / /: :/ .///////////マ ////////
             从: : : : : : : :ヒソ   ノ⌒\__,/イ: :.///////////// ////////
           _/ニ∨: :∨: :∧ー‐ ´   `    /: :///////> /´////////,/  ……何か、居る
         /二二二ヘⅣ: V: :. :.     -   イ: ://////Y//////////////
           /二二二二\VⅣ: : :ト    。sくl:./:_///////八///////////  『少女が小さく呟き、杖を手に構えた』
.          /ニニニニニニニニ\ \: ト <¨´。s≦//////////l  \////> ´
         /二二二二二二ニニ\ \/////////////////ノ      ̄       『そして、まるでそれが合図だったかのように、炎が晴れていた』
.        /二二二二二二二二>イ//////////////>イ
       /ニ二二二二二>....´.........|////> ´ ̄ニニニニ|
     /ニニニニ二>..´......................> ´ニ7二二二二ニニ∧
   /ニニニニ>.........................。s≦二ニニ/l \ニニニニニニ∧
  /二二>//{.................。s≦二二二ニニ/| | ll \二二二ニニ\






              -‐… ニニ==≧==ァ===-
             r===…  / /  "≧=-- ミ
             {{≧ァ   /xく_    /}ヽ    ミ
            __x= ¨¨    ∠ _   ,>ヘ / | \    \ミx_     『そこには、一人の老人がその体に傷をつけ、倒れていた』
       r【      ィ 7  ノjiヘ    / V  {\    \ `
       {{i ≧j '´  :j _    ,ハマッ_  X  j i}  ミヘ\  \ヽ
      /  ヽllllllハ   ″   r7iiij㍉x_` rッ'"" ミx      {i
      jゞ 、i{  ー一     }}    fjijijijiハ ミx_ri 、rxハ      Ⅵ     『同じ鎧を着た、無数の死体と共に』
   xく  \\    i     , `x jijijijijijijijijijijijハjiハ{ {      ヽ}}i
 イ   ヽ  }ヘヽji ii       }jijijijijijijijijijijijijij{    \    :}}\   『それはさながら、火葬場のような光景だった』
      ii   }jijハ ||       jijijijijijijijijijijijijijiハ i|    \  ::}}
          _/}ijijijヽ}} jj     rッ}jijijijijijijijijijijijijiji{i|     ヽ  }}
         }jijijijハ}レ'    r' }jijijijijijijijijijijijijijijiヘ=x     ハ :{{
        ji }jijijij{ }{     / jijijijijijijijijijijijijiijイ__  ヽ\   \
 \  /\  i}jijijijiリij      /jijijijijijijijijijijiji{'r 7  ̄ヾ リヾ \  〃`
   / }}   ̄`  ≦}}i     / jijijijijijijijiL{L-=' r=x}ijij〃 }\ィr==`
   /         ヽ   }jijijiji「jムxく≧アjijijijijiゝイ -‐…'
  /            \ }jijiツ  /:::::::'::::::::::::::> '
/               厂 ̄  :/::::::::>… '

842 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:42:33 ID:o1fl4MpE0
そっちから来ちゃったかー…

843 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:42:38 ID:98/07QfQ0
アレ?コレってオリジナル?

844 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:42:42 ID:PY5bC/FY0
これ転生前か?

845 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:42:46 ID:0TWT4s5Q0
オリジナルだー!?

846 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:42:51 ID:wVgLJt0A0
本体来ちゃったー!!

847 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:42:51 ID:cxsS7b120
オリジナルだコレー!?

850 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:43:30 ID:W/cBvJ6w0
一番アカンやつですやん(震え声)

852 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:43:43 ID:FCj6kDcs0
オリジナルエンシェントさんか

853 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:43:45 ID:tVLiBVTc0
おい、どういうことだ本体来たぞ!!!
転生体なら那由他の彼方位に勝ち目が有ったけど、本体ならねぇぞ!!!

855 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:44:50 ID:yIKkBHvU0
オリジナルwwww

856 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:44:59 ID:PY5bC/FY0
>>853
まあ待ちたまえ
肉体的には転生体の方が動ける

859 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:45:25 ID:.WyowJjg0
>>853
転生体の方が正直強いお

860 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:46:38 ID:9DrE0md20
流石に肉体的には衰えてるからな……(それでどうにかなるとは言っていない)

863 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:47:47 ID:fat9Gjqo0
転生体=肉体が若返って、経験値据え置き状態やからなwww

865 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:48:16 ID:M7gq9Fkw0
あかんwwwwwww

866 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:48:41 ID:/C5C0jlM0
    /  /   /   |    ヽ       \
   /  /    /    ヽ. :.:.:. \  i     ',
   |  |  .:| :._」__   :.:. .:.:|\_,. L _', |  i  }
   |ハ | .::.|/| ∧|ヽ:. :.::|イ厂 _i__.:..:|:\  |  |   『生徒は悲鳴を上げ、その光景から目を逸らした』
   || |i |  .:|.:レ‐-ミ \:.:|从ィチ-、 \|:.|  .:|  |
    | ハ\| { んヘ  レ'  |ハ_r'} /|/  :.:|  |   『違うのは、それを呼び出したルイズ本人と、実戦経験を持つような貴族の子弟だけだ』
    レ∧ ::.|  辷.リ     ヾ-┘ /  :.:.:∧  |
    / | :.:.| "  '      u/  .:.:.:./.:..:', '
   /  /.:.:ハ    rァ-、   /  :.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ. \   せ、先生……
_ /  / :.:\:\   Y___.) /    :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ \
   (   :.:.:く⌒ヽ、   /    :.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ ヽ
  /\   :.:.:\ | `ー‐ {    .:.:(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ |  『コルベールに指示を仰ごうと、視線を倒れた老人に向けたまま、声に出し―――』
 /    \   :.:.:\\r く     :.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/  /
./      \   :.:.:.\|ヽ `ー‐く`ヽ‐、 :.\.:.:.:.:.:.:.:./ /
         \   ::.:.:|  「√ヽ.\ヽ∨ :.:.ヽ.:.:.:.:/ (
          ヽ.  :.| i  / |>ヘ_}ノ  :..:.',:.:(.:.:. \
            ',. /  |   / /    .:.:):.:\:.:.  \





         /:ヽ:ヽ:::ヽ::::::::|:::::::::::::::::::::::ヽ
         /x--ー/-/ ヽ__,x<---ー- x:::ヽ
       /::::/   /  / /     l l  ',  |:::::',
      <:::::::|  /=___l_|__ __. | |__ ',  |:::::::',
      |:::::/   |ー- l--|  ー-|- |-- |  l::::::::l
      |:::/ _|____,     , ___,,\:::|   ……む?
      x┤ =ヽーtッ- ,_ ヽ   / _-ー-_≡= .Yヽ
     / ヘ|  ´  ` ̄´ / l  l:::: ` ̄´ミミミ;;;;| l   『ぱちりと、目を開けた老人と、目が会った』
      l ((.|        |  |   |::::::    ミミミ|) ;l
      ヽヽ|\       l  |   |:::::     ミミ|;;/    『悲鳴を上げないだけ、良い方だと思いたかった』
      ヽ|  ゝ     l  |  |:::       ミミ|/
        .| /      ∠`ヽl_ lx´::\ \ ミミ,|
         l   〈 //////////////\ l  ミ|
          ヽ   l ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l   ノ|
        | \     ======,    / /|
         .l  ::\            /  ト.
        /ヽ |  ::::::\            /:   | ;;|
      /  ヽ   :::::`ー-------´::   / ;;;|
     /    ∧    :::::::::::::::::::::::::::::   / ;;;;;;;ヽ

870 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:50:27 ID:PY5bC/FY0
召喚の儀式をやったら
明らかの他の連中とは違うエフェクトが走って
そこから大量の死体に埋もれて気絶した老人が現れた

これは怖いわなw

871 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:51:31 ID:FFGZK9SI0
明らか格が上どころか逸脱してますね・・・

887 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 21:57:22 ID:/C5C0jlM0

                      ,.  -──‐‐- 、
                   ,. '´           `丶、
                   /                \
                   /                    \
                 /               / /        ヽ
              /      .  . : : :./: ///    / /    |
               /     . : . :.ム/∠`フメ、: . . / /     .|   『老人はタバサのシルフィードに運ばれ、モンモラシーに傷を癒されながら
                 /./ . . . : : : : / 〒trテテミ1: : /|/メ、//:. . |    学園へと先に帰っていった』
             /∧: : : :/: : : : :∧  ヒ辷ソノ |/  rテテミV.:.:. : :.}
              {: : /: : :.:l: l:.}  ヽ ___ノ ⌒Vヒッソ: /.::/. :/    『生徒たちは口々に何かを言い残し、同じように去っていく』
              l:V: : : : :l: N          ヽ`ー'V.:::/: :/
              |/\: : :{: ト、            /.:::/: :/
            ___ _ ___ _ \∧| \     `    ,.イ./l/   ……衛兵を呼んできておく
       「.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.:.:.:...:.:.:`ヽ   ヽ、      ..イ/l/      死体、粗末に扱ったらダメ……
       |.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\  /エ´/l/
       |/:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\ \`ヽ、
       /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.|\|.:.:::::.\
        /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. : |☆|.:::::::::::::|
      /.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \|.:::::::::::|





                     ___
               ,.: ´    ヽ:.ヽ
                ./       .}:::ハ
             ,'        〈:::::::::i    『残ったのは、コルベールと己、そして死体の数々だった』
              l           |::::::_:l
              ', __   _,.-  l:::/ィヽ   鎧に共通の紋章と意匠…このマントの色は、老人の服と同様の染料を使っていますな…
            ヽ.,tッi  ´ィtッr、Y! ' /    ……鋼鉄で作られた鎧に、さらに紋様……傭兵団のものとは思えない…正規軍の……
                .`(:::)¨l(:::::) / /У>、
.               ,..ィ\ー __   /イ::::::::::/.  ブツブツ
          rr<:::::::::::::ヽ`ー`ィイ::::::::::/..::
           ∨;::::::::::::::::、::: ̄i |〈:::::::::::_:::::::::  『呟きが聞こえる』
              ト、::::::::::::::::.`:::、:! ',.l::>:::::::::::::
            ∨ヽ:::::::::::::::::::::', .;.';:::::::::::::::/  『死体を粗末に扱うな、というのは、何らかの可能性を考えてのことなのだろうか』
               ';:::ハ、::::::::::::::::', ',.';::::::::::::::::::
                i::::::∧ヽ::::::::::::', ',.';:::::::::::::::::
              }:::::::ハ::.\:::::::',.:',.i::::::::::::::::
             |::::::::::∧::::::::::::::'; ',';::::::::::::::
            |l::::::::::ハ::::::::::::::', ',',::::::::::::

907 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:06:56 ID:/C5C0jlM0
                         ,. へ
                         /    ::ヽ
                   _. '     :::::ヽ-  、          『呟きを受けて、比較的綺麗な死体をルイズは見た』
                 r'"-‐.'    __  :::::::゙, ̄) )
                   l \::l  マi !.| l.7   ,-‐,.イl         『喉元に刃を差し込まれたのだろう、鎧の騎士の風体は
                (.)  ヽ',マ,.V! lリ l//> l i'  .{.)         確かに傭兵などというような者にはない高貴さというものが見て取れた』
            _.-―=ニjー―┴'---'-'゙--'--┴'―、.j二ニ=―- _
        /ニニニニニ、O  ト、   O   ,イ  o.jニニニニニニニ\  『そう、まるで王に使える騎士団のような、そんな華美さだ』
.         /ニニニ二二二二\. \ゝ __ /ノ  ,.イ二ニニニニニニニニヽ
       //ニニニニニニニ> 、 ー一 '"  /二二二二ニニニニニニニ、  『だけども、ただ美しいだけでなく、戦いに生きる者たちの
.     /ニニニニニニニニニ二V>ー---‐<ニニニニニニニニニニニニニ、   空気を、それは発しているように思えた』
    ,イニニニニニニ二/ニニニ∨二二ニニニニニニニニニニニニニニニニ、
   ,イニニニニ二二二イニニニニl∨二二二ニニニニニニニニニニニニニニヽ
.  ,イニニニニニニニニイニニニニニl ∨ニニニニニニニニニニ\ニニニニニニニ,
. ,イニニニニ二二二イニニニニニニ!   ヽ二ニニニニニニニニニニ\二ニニニニニ,
/ニニニニ二二二イニニニニ二二lo   ヽ二二二ニニニニニニニニニニニニニニニ,
ニニニニ二二二イニニニニニニ二ト、     ヽ二二二ニニニニニニニニニニニニニニ,
ニニニニニ二イニニニニ二二二l. \.    \二二二ニニニニニニニニニニニニニニ,
ニニニニニニニニニ二二二二l   \ o.  \二二二ニニニニニニニニニニニニニ,
ニニニニニ/ニニニニニニニニl  ̄ ̄ ̄\    \二ニニニニニニニニニニニニニニ,
ニニニ二/ニニニニニニニニニl          >.、 o l\二二ニニニニニニニニニニニニ\
ニ二二/ニニニニニニニニニl           >-!. \二二二二ニニニニニニニニニヽ
ニニニニニニニニニニニ二l`- _      _ -‐',   \ニニニニニニニニニニニニニ',
二二/ニニニニニニ二二二l       ̄ ̄ ̄      , , '" \二二ニニニニニニニニニニl
ニニ/ニニニニニニニニ二二l.       _           ,〈       \二二ニニニニニニニニニl
二/ニニニニニニニニ二二l、      ( )        /;.ハ.       \二ニニニニニニニニニl
=/ニニニニニニニニニニl;.;.\    `´     ,イ;.;.;.;.;ハ           \ニニニニニニニニニl
/ニニニニニニニ二二二l;.;.;.;.;.;ヽ.        /;.;.;.;.;.;.;.;.ハ           \二二二二ニニニニl
ニニニニニニニニニ二二l;.;.;.;.;.;.;.;.> __ ,..イ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ハ        lヽ  \ニニニニニニニl
ニニニニニニニ二二二l;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ハ      __l ',   \二ニニニニニl
ニニニニニニニニニニl;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ハ   , '"  ヽ jー- 、 \二ニニニニl

908 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:07:44 ID:eW1OSMfA0
というか、近衛です。

911 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:08:07 ID:PY5bC/FY0
>まるで王に使える騎士団のような
流石は公爵家の娘、目利きが出来ているな(白目

912 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:08:09 ID:FFGZK9SI0
近衛なんだよなwww

913 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:08:29 ID:dWwVFf/E0
最期まで一緒にいたってことはエンシェントさんについて行けた精鋭ですやん……

918 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:10:21 ID:/C5C0jlM0
             , : ´                      ',      ',    \
              / ,                   ',      ',    ,ハ
                /, '                     ',      l      ',
            / ;                ', ',:.、|L', |∨     |      ,
             |.l.{ ' ,'     |', |V    }'-.√ヽ}_,. zz≦l,_     l        ,   『ふと、遠くを見た』
           }' ', .{  i ', l ヾ-V }  !:||xヒ:< ,イ }7ヾ   .l      ,
                 ' ∨ ! ヘ l ,.xr=ミ', 7 }/  Ⅳ以リ ,'     ,'         l   『学院の方角には、あの老人が死と生の境目で治療を受けているだろう』
                ',{V|iハイ{ 圦l }/     ゝ='  '      .′     八
                 l ヽ,|  ',  i斗             ,'     l        \  『何故か、話してみたいと、ルイズは思った』
                  |   l   '         ,'       l            \
                  |   |           ,'       |            \
                  |  人      ̄`    '       |
                 ,.イ    :\          '       |  ,.x<二ヽ
               / j       ` :.、      .l          |イ二二二ニ\
                  / ./        ,::i: >-=r≦|          l二二二二二二ー- 、
             ,' , '       |≦ニ>'´',r 'l        l二二二二二二二二
               | ,:'          从ニ ヘ j∧l          ∨二二二二二二二
             , '        /ニニ| < ̄>',        ∨二二二二二二ニ
              , '         /二ニ〃/¬「 ̄,∧         ∨二二二二二二

925 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:14:50 ID:/C5C0jlM0
                          _≧:::::::::::::::::::::::::::::::::::\ト、
                              チ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             ,'::::::::::::::::::::::::::::::::厂 >、:::::::::::ヘ
                             ,':::::::::::__:::::::::::::::::/ /    ㍉:::::ム   『翌日の早朝、老人が目覚めたと下働きのメイドが
                             ,':::::::/-、マ:::::_彡' ノ-_    /^⌒l\   呼び出しに来て、ルイズは思わず駆け出していた』
                         l::::::〈 {:::::', }::/_ ミ --、 ̄ヽ/- ._ {.|
                        l:::::::∧ l:::f }'  -─__ t。ヘ、 :{` ーf |   『部屋に飛び込めば、学園から渡されたであろうシャツを纏う
                             l::::::::ハ ヽ   :,     `_,.>㍉」 /,ノ j   老人が一瞬だけ鋭い視線を向けたのと、目が合う』
                       /___彡' ー,   :::',::.        i^ !:′
                          /    :::::,'   :::l      , 、 l|     『ただそれだけで、息が詰まった』
                        __ /     ::::,'    ! ,'  ,. -ゝ-、  ,'
                  /  > .   从  .:l ,' ∠ニ==ミム┘      『目の前の存在が、母よりも恐ろしいと感じた瞬間だった』
                    \     > . :::>、{ {   _ -─/
                   r‐∠_\      \  {:::\     /
              _,.. イ> ´  ` <      \ ゙::ヽ::≧=- _!
          ,. <> ´             マ     ヽ  :::/ \
        /∠ --- ミ          ',       ∧ {:::::::. \
      / '´        \           ',     ∧:ト、:::::::::.. \
.     /             ∧           ',         >,:\:::::::::::. \
     ′           ∧          ,    /::::|:::::::∨:::::::/|
     ,              ',        ∨ /::::::::: ト、::::::l:::/Ⅵ:!
    ,'                ,           ゝ'   ∨::::. >、::\ Ⅵ
   . {                i     ,  /      \:::..  |:::::::〉 ヾ
   . |              / ∨:::::/ /           \: |:::∧

926 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:16:18 ID:FFGZK9SI0
実際カリンさんより数十段強い

927 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:16:41 ID:9ny0e7xE0
数十段で済めばいいな(白目)

928 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:16:54 ID:0TWT4s5Q0
ここから使い魔契約を持ちかけることができたらルイズを尊敬するかもしれん

929 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:17:20 ID:PY5bC/FY0
契約結んだら最強のプリンセスガードが誕生するな…

933 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:18:01 ID:DgRhNkfM0
精神操作の魔法って召喚の時にかけられるんだっけ、契約の時だっけ

936 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:18:52 ID:dWwVFf/E0
>>933
契約時だな
契約者の距離が近ければ近いほど精神干渉が強くなる

937 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:19:05 ID:h1Fd1Z3A0
>>933
あれはルーンの効果だから契約時だな

944 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:21:55 ID:/C5C0jlM0
          /            /   | |              ',   ハ
.        ,' ,       ,   /{    Vム     、       '   i
.         | l      l  |l  | \',  , ',∨   | | |
.        i{|      「 ト _ i ',  !     i' |_∨r─¬   l.   |    『ただ、だからこそ、己はしっかりとその老人の目を見返していた』
         ',| |   i {,zz≧x_' {∨、 ,__,. ィ,. z=ミ_,} |   !   |
            ヘ{', |:,   ィ≠´,不 ミx、', V}l  ,zチ'´ヽ`ヾミニ |  ,'   .!    『視線を逸らすことは、退くということだ』
              ',!ヘ ,ハ   {rヘ, イ ヽ リ}/ {心zチ jノヽ'  ,  |
           }! \ i  Vz斗      L__〃 厶イ  ,    |    『貴族は背中を向けず、前を向き、立ち向かう者のことを指す』
.             ,' ',   :',    ̄     ,      `    /  ,     l
            /  ',  :',                 /   ハ    ,   『ルイズは貴族の証である魔法が使えない……だからこそ、心は誰よりも貴族であらんとしている』
         イ   :',  ヘ        '⌒丶     イ  ,' ',    ヘ    
       /    /:i   >           イ   ,'  ,    \ 『だからこそ、毅然と―――足は震えたけども―――老人を見返すことがルイズは出来ていた』
.     /      / :l     ∨/:l> .__   <::/     i   ,     \
      /       ,′ }     ',i ̄ニ=v=、=ニ::/     l     ヘ        \
.     {       , ' ∠:'     ',  , ',. -- ∨ i     l- :、   ヽ      ハ
.    人     i__,y二'        ! //___,ハ_ヽ{     ∨ハ   }         }
.      Y .}'二二ニ'         l∧ /  ' /ニ',     ∨z=ミ、,'         八
      / /二二ニ'         /二∨    }'二ニi      ∨二ニl、     (






               _____
            _....‐::´:::::::::::::::::::::::::::::`:‐.._
           ,:::___ノ___ ̄ ̄/`ー-ァ、、::::::::`::::、
         彡:::::::::/    ≧x、 __ /   `^ ヽーミ、
        ,':::::::::::::::}    ̄   ` 、` ー- ___  j |丶
        }::::::::::::::ミ    _____   \ }   ̄`  |
       ,::::::::::::::/  -‐' 二二ニ=‐、_\  {    !   やぁ、君が私を喚んだ者かね?
       lノミ、::/  _= _ー= ==`ヽ   ,⌒ヽイ==ニミ)
      //ヽ|:j   /  `ー -‐'   {  }三三ニ|
      /(  | /  、         冫  ト、三三|   『それを見て、老人は何処か微笑ましそうに笑顔をルイズに見せていた』
      〈 、  ノ    ヽ     __/ _ ゝ_  ! \三|
      ヽヽ__〉     / ノ ,.=--ヽ_ -ァ  ̄)     !   『好々爺とは、こんな人を言うのかも知れない―――ルイズはふと、心の中で思っていた』
       \_      //::::::::::::::::::::`:::ー'..._   ,
       /  }     //ヽ二ニ== __:::::::::}  /
       /   |     レ   `=ニニ二三{/::l/ /
      ,    {         ___  ̄ |! /
     __/___ >、            ̄  / /
   /       ̄`ー―- _        ノ
   /              二ニ=- ___ /
.  /         /\   /   /  /  / }-、

946 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:22:39 ID:bbUj/Xsg0
ルイズさん凄いな
俺なら腰砕けになるレベル

964 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:30:09 ID:/C5C0jlM0

          //   //  、    ,    \',    i ',
          ,' i    //     ヽ i  /    ヽ !   l l   『オールド・オスマンが真面目なのを初めて見たかも知れない』
       i l   /--―、   ! l /  /`ヽ、ヾ!   l i
       | l    !}_/` 、ヽ  ',、,/ //`ヽ、ヾ!   l l   『ルイズ、コルベール、ロングビルは揃いも揃ってそんなことを考えていた』
        l |   iヽ  ソーヽヽ_ ゙' //-ヾ `/!   l l
        l l  │!=   ・`テ、 ,ーイ ・    =} |   !,'
       ! l   V ,-、`ー -´ヾ ソ ヽ`ー ´   V  ,' !、    ガレア王国、ですかな?
    ,-‐´_〉 !   l   `ー‐´  |  |  `ー-´  /    !/、:ヽ、  ガリア王国ではなくて?
   //¨ i', l   l、   ,--〉 、 ,〈--、   /|    lヽヽ、ヽ、
 //:::::::::::l !l   l ', /  ヽ、i i,ノ   ヽ / i    / i:::::::ヽ、 ヽ、   『老人…ブラッドレイの言葉は発音が微妙に違ったりしていて、聞き間違い
./.:.ヽ、:::::::::::|  l   lソ             ヾ /   /  l::::::::::_〉::::::ヽ    ではないのか、とオスマンは確認を取っていた』
ヽ:ヽ、_ニ=--!、 ヽ  イ      ノ、      ソ   / r-┴ ̄::::::::::::::ヽ
. ヽ:::::::::::: ̄ヽヽ、!   ',     /.:.:ヽ     /  / /:/:::::::::::::::::::::::/
.  }::::::::::::::::::::`ヽヽ!   !   /.:.:.:.:.ヽ、  /  ///::::::::::::::::::::/,
./:\::::::::::::::::::::`、ヽ  l  ´.:.:.:.:.:.:..:.:.:.ヽ、/  /ー´:::::::::::::::::::/:::::i





                        ___
                    ,..-‐'"//////"'‐-、
                 ,,ィ/////////////////>-,、
                ヽ////////////////////////:\
              ,-'〃、^゙゙¨¨¨¨¨`ヾ////////////////;ヽ
             / ./ j ヽ      ヾ////////////////i
                i  / /  '"', ,- 、     7///////////////7   (翻訳するには、言葉の数が足らんか…だが―――)
                  i.〈 ‐- ∠i_   ,  /////////////////;i
               〉`" fiLフ '"  `゙''ー-////////////,i
                 /   `'ー        ',///--、、////;i    違いありませぬな
                 ,'              |://  i/////i     我が王イクスヴェリア女王の国はガレア王国
                  く                ii i,  ///////i
               フ,,,,        /  = ///////'"i     ガリア王国のジョセフ王…でしたかな?
               ヾjjjjjjjj、      i    i-'"///'" ==i      性別も違えば名前も違いますな
                   〈,,  jjj、 ヽ,   i     .,'   ',, -', -‐'"|
                   j       〉  '  __ノ ,--'"      i
                    〈        -‐' '"      , -‐'" ヽ
                  ヽ---'"ヽ,i\      , -‐'"      \
                       \ ',  ,-'"
                            /|_,i-、

966 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:30:42 ID:fat9Gjqo0
翻訳してるwwwwww

967 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:31:20 ID:.WyowJjg0
自力で翻訳してるとかこんなん草生えるに決まってるだろ!!

968 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:31:21 ID:PY5bC/FY0
自力で喋ってるwww

969 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:32:00 ID:o1fl4MpE0
チートや!

970 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:32:25 ID:3cv4kb4.0
自力で翻訳www

972 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:32:50 ID:JW6d7MaY0
いちいち格の違いを出さないでくださいwww

976 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:33:54 ID:199HSQJY0
戦力だけじゃなくてスキルでもホント隙がねぇw
ここまでできてなぜ歌えないんだw

979 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:35:20 ID:yIKkBHvU0
どんなむちゃくちゃなことが出来てしまってもまぁエンシェントさんだからな、で済むエンシェントさん
どんなむちゃくちゃなことがデキてしまってもまぁ以下略

980 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:35:44 ID:fat9Gjqo0
さすがシナリオキラーと言うべきかwwwww

983 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:37:58 ID:/C5C0jlM0
       , イ             \
       /::::::\                \
        /::::::::::::::ヽ                 ',
        |::::::::::::::::::{              l
        |::::_:::::::::::::〉     、         |
        |/ ,、ヽ::::/       \        {   ガレア王国冥王近衞騎士団…ですか
       /  ヽ∨   ̄≧ュ、  〉    __,. ,'
       {  ノ       r'::リ  ̄´  斤ォー /    『そう、コルベールが呟く』
       ∧ヽゝ ヽ     ̄ー' ├ー |ゞ′、/
     ,'  \|  |    ヽ、__ノ   !、__ノ      『目の前の老人の肩書を肯定する、所属の名前だ』
  _ /     l  l           }  /
 /:::::::ヾ     ヽ      __ ー' /       『王家直属の近衞騎士団ともなれば、あれだけの装備にも納得が行く』
ノ:::::::::::::`:ー- 、 \   < _ / /
::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ __     /         『そして、老人の言葉に嘘というものは見て取れなかったのもあった』
:::::::::::_:::-──::':: ̄::::::::::::::::: ̄/ ̄ 7 、
-─'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::::::`::─- 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::::::::::::::::::::::::::::>ー───── 、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::





    / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ : : : ヽ: :∧
    ,': :/: :: :/: : : : : l: :: :{: : : : : : : : : : 、: : : : : : : : } : : : :} : : :.
.   {: :从: : i : : : i: : |: :: :!: : : : : : : : : :ハ: :: :ヽ: : : } : : : 从 : : :.
.   {八{: : : !: : : :|: : { : : !: : : : : : : : : : : }: : : :i: : : }: : : : 八: :: :}   『他国の貴族を、呼び出したという問題だ』
.   ′{: : : :| : : : ! : 从 ∧ : : : : : : : : : 人 : : リ: :: :| : : : :}: :ヽ: :|
    八: : : !: : :-‐…・・・…‐- : : : : -‐…・・・…‐-: : :: :| : : ',: !   『王家直属ともなれば、それこそ国の軍のトップに近い存在だ』
     ヽ: 从: : :N,r匕_! `ヽ: 、 : : : /  j丿 ヾ: j: : : : :!: :: :ヽ!
      ∨: :\i! 〃ト、 ̄ィヽ }: : :ノ T笊 ̄ィ`ヽ: :: :: :}: : : :∧
       冫: :}:ハ  辷斗′ j イ   辷七::リ 〃: : : :,': : : : : : :.   『オスマンも、コルベールも、そこを気にしてかこちらを庇うような
.     /: : : |: : :.        ,        /: : :: : :i: :: :、: : : : \   言動を所々に見せていたのが分かった』
.    /: :: :: :仆:: :ハ              / : : : : : | : : : ヽ : : : : \
  , : ´ : : : : : / | : : : `: :,.     ‐-      イ: : : : : : : !: : : : ハ: : : : : : ヽ
/ : : : : : : : /: ノ: : : : : : |: : r‐ 、   _     fi: : : : : : : :|于、: : :∧ : : : : : : `ヽ
: : : : : : : : ::,'〃! : : : : : : |//  /`ヽ  ∧ ̄ '|: : : : : : : :!//∧: : : ヽ: : : : : : : ハ
: : : : : : : : く,// : : : : : : ノ/\ /,. -‐===ミ  !: :: : : : :: :|///∧: : : : \ : : : : : : :.
: : : : : : : / /: : : : : : : 八 //\ _Α_ ヽ!: :: : : : :: :|/////\: : : : : : : : : : : :.
: : : : : / //: : : : : : : : i,//////\7  i´/ { : : : : : : : ヽ//////\: : : : : : : : : :}

984 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:38:37 ID:dWwVFf/E0
まあどうせ滅んでるんですけどね

992 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:44:19 ID:/C5C0jlM0
                        /三ミ 、 /'`X'゙゛"'`ハ'イ=彡`,、
                            i三三; ノ  ヽ、ヘー-‐ ノ ! ´"〉;/
                     /ヽ!ゞ´、‐=ヘ.   ヽ∨_, ⌒ /./;/   『ただ、そんな心配なんてしないで良いというように老人は笑っていた』
          __          /〃〉リ ‐=、,kzェメ、_,冫l(ヽ、,=-、 /;/
         / `i  __二二二__i匕' 、 '^` ¨´ゝイ" ^ 〉尨圭ミハ;/_
    ,==-.、.丿_,=‐ニ ̄=――― -=二ニ) 〉    / ,'  il俐}圭lノ !´,i  ですが、悲しいことに騎士団の部下は全て死に我が母国は滅びましてな
   /  i .`ヾ圦           .;;i / ,.、 _  〉,'  //`ー‐〈 /,'、!  今ではただの一人身の老人なのですよ
._/    .`_,   `∨―――――――リ, ,∠;´;;;;ヾ、,,_  ,' i    ,仆ノ/
  =、__/_〉ァ、ノ.∨:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ i  `ヾ、;;;;;;;; ̄;;;`ヽ、 /.ノ/    お気にせず、ミス・ルイズ
'      ̄  `ヾ、ー∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./=、゙  、___,、.`¨"ー‐、;;i' ,'/
,  ____   )二X二二 二二ノ:::::::ヾ、    ゙¨¨ヽ、, `ノイ、
,         ̄`Y´ '´,゙)二二二(:::〈〉/\`ー、_ ノ   ∠ノ/::〉        『そんな、何ともなしに言う言葉―――思わず、口が出た』
!   ,,____.ノ  ,.''  ̄:| ̄ ̄ ̄ト::::\/:::://゙!ー、ゝrf´::::::::/i`、
`゙ '´       ノ  /    i;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、、:::::://::|.|;;;;;;//|.|:::::::::ハ;;;;;;;;`ト
   _,ゝ―‐'"  /     i;;;;;;;;ゝ┐::::ヾ、//::::|.|;;;;//::|.| _/イ;;;;;;;;;;ト、`ヽ、
   _/      /      |;;;;;/::i..|:::::::::.┌―=ニ//.::::|__/:::::i;;;;;;;;;;;i ヽ  `ヽ、






                /,           ,'         ハ
          _, イ/          ,     l  .'         \
             ̄フ ′           l     |              丶
          , '      /      l     | |   ',   、   ヽ  , ,ハ
.          /       ト、      ,    { |   l   }  、  ', ',  i
           ′ ,   l   |  / ,   |', .Ⅳ Ⅵ   |  :'   ,ハ l  l. |  ―――何でそんなあっさり言えるのよ!!!
.           | /|  .!   |  / レV . ! V { ∨ヾ   } /  / .| l .l .|
.           |/ | ||  li ,′  V | Ⅵ ∨   _厶イ ,:!|| | .|
             l  ||  |Ⅵ≧=z_', ト、_,、',  ∨ -' }7, -z_/ }/| } | 从
              人 !:,∨ l/‐ 亠¬ミx     l r≦亠¬ ミx:| ,' .l  丶
.           /  .\ ',ト、ム             |/       j/        >、
          〃    ,ィ|ヾ 丶         '            ,'   ,         ヽ
         /   _∠=!   ∧       , zニ二ニ= 、     /   ,'          ハ
.       |  r≦ニニl     .:、     /: : : : : : : :.ハ   /   ,f===≦圦    }
.       ∨ V二ニニ,      :: .,  |: : : : : : : : : : | ,.ィ     ,'二二二二\   /
.         〉 j二二二ム  , --、   > . . . . . . . <../ , - 、 /二二二二ニニ}<
        / {二二二ニ-  ¬_ヽ ∧  \ ̄/   /Y__r ¬ミ二二二二ニニ/  ヽ
.       / /二ニニ/  ,.ィ´  `Y_ ハ/ ̄ ̄\../_(   \  ヾV二二二ニ7   ハ

1008 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:49:29 ID:/C5C0jlM0
    /  .:.:/   ..:.:.:.:.:/  : .:/  .:     :..      :.:.  \  :.:ヽ  ヽ
.   / :/ .:.:./    .:\.:.:/  .:.{ :l  .:.:   :.  :.:..  、   :.:.:.  ヽ  :.: }l:.:.:. l
   l :/ :.:.:/:.:.   .:.:.:.:.:X:.:. .:./l .:.|  :.:/    :.:. 丶:. .:.:\.: :ヽ:.:.  :l  :.:.:l|:.:.:. |
   |:ハ  .: l:.:.:  .:.:.:.:.:.:|:l:\/ !:.:.! :.:.!     :.ヽ:.:\ :.:..} ヽ.:._:ヽ-‐|  :.:.:l|:.:.:.: !
   |:l l :.:.:|:.:.: :.:.:.:.:. / l:.:..:l\|.:.:| :.:.l     :.:.!:..:.::l.:.:.:l イl :.:.:|:.:.:.|  :.:.:l|:.:.:.: l
   V l:.! :. |:.i:. :.:.:.:.:.:l ル≧ァz\l :.:.:',    .:.:.jヽ.: l∠j≦:.!.:.:∧:. l  :.:/:!:.:.:.:. ヽ     故郷が滅んで!部下が皆死んじゃって!
   /ヽ{:.:.l:.l:.:. .:.:.:.:. j彳 〃´¨ヾ\.:.:.ハ    .:.:/ ァ匕 j/ `ヾ`ミ<!:.,'  :.:.:.:lヽ:.:.:.:.. \    アンタも死ぬ寸前だったって先生から聞いたわ!!
  /  .:.:.\i小:.:.:.:.:.l:.:l ヽ |l\__ /i`ヽ{ ヽ ..:.:7´ |l \__ / i /ハ:./  :.:.:.:,':.:.:\:.:.:.:..
. / .:.:.:.:.:.:.:.\:l\:.:.∨   弋{::::::::::j.l    j.::/   代{:::::::j ,'   / j  :.:.:/:.:.:.:.:.: \:.:.    なのに、何でそんな簡単に―――!
../ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l `ヾハ    vヘ三イソ    '´    vヘ三イ/     / .:.:.∧:.:.::.:.::.:.:.: \
/ .:.:.:.:.:.:.:.:./∨l :.:.:.:.:',   '´                  ``′   / .:.:./::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 .:.:.:.:.:.:.:/::::::::l:::l :.:ヽ∧             ' ___           / .:.:.:.l::::::::::::::Y^ヽ:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::i::::} :.:.:ヽヘ         ,,ィ´___ /`ヽ     ,イ .:.:/:.: |::::::::::::/:::::::::\   『怒鳴りつけて、納得できないとルイズは叫ぶ』
ヽ:.:.:.:{::::::::::::::::::::∨  :.:.:.ヽ:.\    〃           }   //.:.:./:.:.:. l::::::::::/:::::::::::::::::
 ヾ:.:.}:::::::::::::::::::/   :.:.:.:i:.:.ヽ>.、  ゞ          _ノ イ   .:.:.:,':.:.:.:.:.|::::::::::::::::::::::::::::::   『そんなの、許容できるわけないのに、そんなことを言えるのは
  }:.:j::::::::::::::::/     :.:.:.:i:.:.:.:.}::::::ヽ>`、 ー―‐ '´ィ< 〃   :.:.:.:!:.:.:.:.:.:!::::::::::::::::::::::::::::::    おかしいと叫ぶ』






                          _≧:::::::::::::::::::::::::::::::::::\ト、
                              チ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             ,'::::::::::::::::::::::::::::::::厂 >、:::::::::::ヘ
                             ,':::::::::::__:::::::::::::::::/ /    ㍉:::::ム
                             ,':::::::/-、マ:::::_彡' ノ-_    /^⌒l\
                         l::::::〈 {:::::', }::/_ ミ --、 ̄ヽ/- ._ {.|
                        l:::::::∧ l:::f }'  -─__ t。ヘ、 :{` ーf |    『その叫びは、視線で黙らされた』
                             l::::::::ハ ヽ   :,     `_,.>㍉」 /,ノ j
                       /___彡' ー,   :::',::.        i^ !:′
                          /    :::::,'   :::l      , 、 l|
                        __ /     ::::,'    ! ,'  ,. -ゝ-、  ,'
                  /  > .   从  .:l ,' ∠ニ==ミム┘
                    \     > . :::>、{ {   _ -─/
                   r‐∠_\      \  {:::\     /
              _,.. イ> ´  ` <      \ ゙::ヽ::≧=- _!
          ,. <> ´             マ     ヽ  :::/ \
        /∠ --- ミ          ',       ∧ {:::::::. \
      / '´        \           ',     ∧:ト、:::::::::.. \

1018 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:53:01 ID:/C5C0jlM0
                          _≧:::::::::::::::::::::::::::::::::::\ト、
                              チ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             ,'::::::::::::::::::::::::::::::::厂 >、:::::::::::ヘ
                             ,':::::::::::__:::::::::::::::::/ /    ㍉:::::ム
                             ,':::::::/-、マ:::::_彡' ノ-_    /^⌒l\
                         l::::::〈 {:::::', }::/_ ミ --、 ̄ヽ/- ._ {.|    『かひゅっ、と息を吸えず、途切れた呼吸音が自分の喉から鳴った』
                        l:::::::∧ l:::f }'  -─__ t。ヘ、 :{` ーf |
                             l::::::::ハ ヽ   :,     `_,.>㍉」 /,ノ j
                       /___彡' ー,   :::',::.        i^ !:′    国が滅びた、それは悲しいことだ
                          /    :::::,'   :::l      , 、 l|      部下が死んだ、それも悲しいことだ
                        __ /     ::::,'    ! ,'  ,. -ゝ-、  ,'
                  /  > .   从  .:l ,' ∠ニ==ミム┘     だがな、ミス……我々は、死んで残すモノがあったからこそ
                    \     > . :::>、{ {   _ -─/       喜んで滅んだのだ
                   r‐∠_\      \  {:::\     /
              _,.. イ> ´  ` <      \ ゙::ヽ::≧=- _!
          ,. <> ´             マ     ヽ  :::/ \
        /∠ --- ミ          ',       ∧ {:::::::. \
      / '´        \           ',     ∧:ト、:::::::::.. \
.     /             ∧           ',         >,:\:::::::::::. \
     ′           ∧          ,    /::::|:::::::∨:::::::/|
     ,              ',        ∨ /::::::::: ト、::::::l:::/Ⅵ:!
    ,'                ,           ゝ'   ∨::::. >、::\ Ⅵ
   . {                i     ,  /      \:::..  |:::::::〉 ヾ
   . |              / ∨:::::/ /           \: |:::∧

1020 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:53:58 ID:fNtztGZo0
ここらへんアルビオンと通じるな

1026 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:55:02 ID:0TWT4s5Q0
ネギもペリーヌも部下たちも本人もみんなそうだったんだよな
なんでこんなに覚悟決まりまくってるんだ(驚愕

1028 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:55:52 ID:98/07QfQ0
>>1026
乱世だからなぁ、そんなもんだろ

1029 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:55:54 ID:N0EZSKXE0
>>1026
ベルカだから

1030 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:58:02 ID:dWwVFf/E0
>>1026
だってベルカだもの

1031 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:58:15 ID:bkPfpNN60
被害は有っただろうが民は残り、封印されたとはいえ王も残った
そして他国は全面戦争の結果疲弊
可能な限り守り切って未来に続く芽を残せたから勝ちなんだろうな

1032 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 22:58:51 ID:FFGZK9SI0
こいつら何が凄いってアルビオンみたいな誇りの為に死ぬんじゃなくて勝つ気で死んでるところだよな
実際にあの超劣勢で痛み分けとか有り得ないwww

1038 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:01:28 ID:/C5C0jlM0
 \   ` 、_ヾ.. :::::::::::/.ィ,';;;;; /  / ./ノ;ノ;l;!{    ,゙
  ` .、_ _-ニ-__;;;;/; ;;;;;; ,' // />;;; ll    /   『老人は、己の国が複数の国家の連合国に攻められたのだと語った』
‐-,.,、._._._.   /二二二'ニi;;;;; // ` ー- /;;;; /;!   /
/7- 、ヽヽヽ-、/二二二二l;/l7 、    /;;;;;/l. l| /     『老人の王であった冥王の前王の悪行と恐れにより、攻められたのだと』
'////////>-ゞ、二二/'!:::' l' /= 、_/>:::. ! }!
/\'//////////\=/ニ/.!:: | /二ニ/./ 〉:: | リ       『戦場で軍がぶつかり合い、冥王が前王の悪行を背負って消えることを選び、
゙//\///////////\" イ;:: !'l./l二/∧,'::::: レ′       老人は主である王を眠りに就かせ、老人と騎士たちは滅びることを選んだ』
//// ヽ/////////////l.!l  !、ヽl=// ヽ:::: !
///////////////////l !', l//!',ヽ∧  ヽ..!_        『そう、その時点で悪たる冥王とそれに従う騎士団は表から消えたのだ』
゙///////////////////!.!.', 、'/ヽ/V,\ ヽ.ト7ァ,._
'///////////////////,!l. ヽ ヽ,ヘ. ∨/へ、.\,ヘ,ヘ,    『ガレアの民は、冥王に脅かされたに過ぎないと―――決着こそつかなかった、
//// //////////////,l   ヽ:゙、 〉  V///,lヽ_\/ヽ'    あの黄金の男はきっと後世に伝わるほど冥王の行いを残し、民を守ってくれると
///////////////////,l   i. !〉;;;,  V//,{//ヽムヽ,'l    信じれたから、滅びたのだ』
/'//////////////////,〉   |∧;;;;;,_,l//l∨//ヽ.__ヽ
/////////////////////:ヽ .!__゙;;;;;;;, ̄l'/,!:∨//∧_ヽ
'////////////////////:::::::、 .! ̄',;;;;;;,. '!'/!:: V.//__ヽ_」.ヽ
'//////////////////. :::::.l l, !  ';;;;;;;,.l/∧:. ',/!ー-ヽ ,..,ヽ
'////////////////ィ .: : / .! ,l   ゙;;;;;;;l'/∧ l/!   /!i、’ ヽ
'////////////////.:::: ./,! l. ',!   ゙;;;;;;;V/ヽ:.V!__ヽ|ヽ 'l゙l i
゙///////////,.'// / ,ィ//! l〈〉',   ゙;;;;;;;V/,!::.V!-‐-.」 ' __.!
'//////////,i////::/,リ/,! .// } \. ';;;;;;;V,l:::::'ヽ;;;;;;リ  ', '`'.!
'//////////,リ// ! '////,l/ \.,'‐- \ l';;;;;;;;,!::::!.Vヽ;;l  .! ヘ.l
゙/////////////∧{ ///A、 /‐-  .._l l;;;;;;;;〉:! ゙;:!'/ヽ,   l/ .l
゙/////////////////l ヽ./      \';;;;;;!リ,l,::トヽ'//ヽ l 、.l
////////////////l /-ニニニ=-、  .,ll!;;;;;!V/リ'/ヾ///!l ,'

1040 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:03:57 ID:fat9Gjqo0
獣殿に託したか…

1041 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:05:10 ID:JtbDVRk.0
盛大に人選間違えてるような

1051 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:09:14 ID:/C5C0jlM0
               _____
            _....‐::´:::::::::::::::::::::::::::::`:‐.._
           ,:::___ノ___ ̄ ̄/`ー-ァ、、::::::::`::::、
         彡:::::::::/    ≧x、 __ /   `^ ヽーミ、
        ,':::::::::::::::}    ̄   ` 、` ー- ___  j |丶    『死ぬことで、守れるものがあるのだと、老人が笑う』
        }::::::::::::::ミ    _____   \ }   ̄`  |
       ,::::::::::::::/  -‐' 二二ニ=‐、_\  {    !     『王は眠り、ガレアという国は滅びた―――だが、民だけは守れたと信じている』
       lノミ、::/  _= _ー= ==`ヽ   ,⌒ヽイ==ニミ)
      //ヽ|:j   /  `ー -‐'   {  }三三ニ|
      /(  | /  、         冫  ト、三三|   だからね、ミス
      〈 、  ノ    ヽ     __/ _ ゝ_  ! \三|   君は私たちを見てこういうべきだ―――バカな奴らだ、とね
      ヽヽ__〉     / ノ ,.=--ヽ_ -ァ  ̄)     !
       \_      //::::::::::::::::::::`:::ー'..._   ,
       /  }     //ヽ二ニ== __:::::::::}  /    『そう、老人は快活に笑っていた』
       /   |     レ   `=ニニ二三{/::l/ /
      ,    {         ___  ̄ |! /
     __/___ >、            ̄  / /
   /       ̄`ー―- _        ノ
   /              二ニ=- ___ /
.  /         /\   /   /  /  / }-、








                /,           ,'         ハ
          _, イ/          ,     l  .'         \
             ̄フ ′           l     |              丶
          , '      /      l     | |   ',   、   ヽ  , ,ハ
.          /       ト、      ,    { |   l   }  、  ', ',  i  ………このっ、バカぁ―――!!
           ′ ,   l   |  / ,   |', .Ⅳ Ⅵ   |  :'   ,ハ l  l. |
.           | /|  .!   |  / レV . ! V { ∨ヾ   } /  / .| l .l .|          はっはっはっは>
.           |/ | ||  li ,′  V | Ⅵ ∨   _厶イ ,:!|| | .|
             l  ||  |Ⅵ≧=z_', ト、_,、',  ∨ -' }7, -z_/ }/| } | 从
              人 !:,∨ l/‐ 亠¬ミx     l r≦亠¬ ミx:| ,' .l  丶     『……怒っても、いいんじゃないだろうか』
.           /  .\ ',ト、ム             |/       j/        >、
          〃    ,ィ|ヾ 丶         '            ,'   ,         ヽ
         /   _∠=!   ∧       , zニ二ニ= 、     /   ,'          ハ
.       |  r≦ニニl     .:、     /: : : : : : : :.ハ   /   ,f===≦圦    }
.       ∨ V二ニニ,      :: .,  |: : : : : : : : : : | ,.ィ     ,'二二二二\   /
.         〉 j二二二ム  , --、   > . . . . . . . <../ , - 、 /二二二二ニニ}<
        / {二二二ニ-  ¬_ヽ ∧  \ ̄/   /Y__r ¬ミ二二二二ニニ/  ヽ
.       / /二ニニ/  ,.ィ´  `Y_ ハ/ ̄ ̄\../_(   \  ヾV二二二ニ7   ハ

1057 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:15:47 ID:/C5C0jlM0
               _,. -======- 、
                _/壬三三三三三三三≧ー、_
              rミ/゙ヾ,,三三三三三三三三三ミ.ヽ、
               /_/   ',ヾ三三三三三三三三三ミ.ヽ、   『結局のところ、2年生への進級は出来るようになっていた』
           /´    ',__∨/////三三三三三三ミミハ
         r'´    _/ ',/¨ミス=、=ニニ二二三三三ハ  『使い魔契約はしてないけども、恩義を返すまでは使い魔の仕事をしてくれるらしい』
         | `ヽ、 / /',,  リ゙ハ ',         ゙7三三三}
            ノ_ ,、 .\ / `ー',,-__}_ }_}_-、 _ , . {ニニニミ}
         /-ニ,ヾtッ∨     '',, | ` | | r'〈___゙r'ニV//ニニリ  私の治療費と、部下の埋葬費も代わって貰ったのだ
        ,'    ニ=ィ   r=7三三ミヽ{   .ハゝ-V/ニニタ   老い先短いが、まぁルイズ君が卒業する前に死にはせんだろうよ
          i    //  / i {三三三ニハ   '´∨ ∨/ダ
          |',〃  .i ./      V三三三三〉   \ _,.゙X_
          | '   l/    ,;;   \三三少゙ ゙ハ  '´ ∨  ハ     『学園からは、東方の亡国で討ち死にしかけた際に呼ばれて
          |  ,.心〈  ノ _,.={    `ニ ̄\ ノハ    V  ハ⌒i   命拾いし、使い魔として契約した元貴族と説明がされていた』
─────|/'弋川川く,, , ',      、 _,.-'\∧     V ハ.{ |
└┘..( ̄)/|    `¨弋川ミハ     /   r-、}ミ∧    V  V!
三三三r'   l ='´¨=、  `弋ハ 、    !  / ,'  `¬─-、 ,`i ', |
   ̄ ̄|   .|       ヾッ,,  ヾ}. 〉    _|_、_   _ -、 ', , { .ハ_
   / /|   >、     '''   /    _{ ミ    ̄ ヽ  ',  ', ',ハ\
  ./ / イ   ,. >、> 、 _     _  - ' ´ { - 、_  `ヽ ,  ',    V/\
 / //| \ i f⌒リ ,>三≠、 ̄      k  イハ       '      V/ \
./ !l! j!  | ! ! ///77`} |         ヽ_ノハ            ∨=、
{  l!ハヽ=' .i i  |f トy' / .リ         //八            /
ハ    ヽヽ-' lヽ ヽl!′/ /          //   \           /

1058 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:16:20 ID:9oUgLva.0
ちっちゃいペリーヌ見てる気分なんだろうか

1059 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:17:01 ID:FFGZK9SI0
確かに性格似てる気がしないでもない

1061 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:17:20 ID:jqMVZIwc0
胸もぺったんだしな!

1070 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:21:27 ID:/C5C0jlM0

                ,―-,
               /: : : : l
              ,i /: : : : l
      i、   ./ /: : : : : !
        Νk   l: l゙: : : : : : !   __,..-''' ̄ ̄ =-__
        !三丞_/ .l゙: : : : : : : l -'",゙.. - ..r‐ニ二三三/
        レ゙: 、: :゛: l: : : : : : : : :゙‐': : : : : : :寸三三㌢    きゅいきゅい!
      |: : : :|: : :l゙: : : : /´: : : : : : : : : : : :l.,才、      あのお爺様!もの凄い龍の加護貰ってるのね!
      !: : :: |: : !: : : /: : : : : : : : : : : : : ,./: : : : ''-..,、
      l: : : : !: :l: :/: : : : : : : : : : : : : く___r--,: : `'‐、      『その恩返し、というのは運んだタバサやモンモラシーなんかも含むらしい』
      /、: : : : : : : : : : : : :_..-―': : : : : : : : : : : :|: : : :、: : `j
     i: : : : /: : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : :__/: : : : : \_〉     『一応、使い魔契約とはいえ年上のお爺さんを束縛する気も無いので
    │rミ !       r===ミ: : : : : rニ_: : : : : : : : : : ヽ     自由にして良い時は、そうするようにして貰っている』
      l,: : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : : : :ヽ
      /: : : :|: : : : : : : : : : : : : : __ -――ー''/'、: : : : : : : : : : : ヽ
     \、: l: : : : : : : : : : : : i'"    .,/  " .ヽ: : : : : : : : : : : ヽ
       `l: l: : : : r-───′ ._,, -'゛     .ヽ: : : : : : : : : : :゙l
        \_/_ -―--v‐゛    l       .ヽ: : : : : : : : : :l
            ´゛       ゙'i、  /         l: : : : : : : : : :l
                      l^''"゛             l: : : : : : : : : l
                         l              l: : : : : : : : : l




             . . . . .――─-. . 、
      . . . .´: : : : : : : : : : : : : : : : `丶、
      / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
    / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.',    『そうして、私は激動の一年を過ごしていくことになったのだった』
   l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : : ',
    l: : : : : : : : : : / :/: : : : : :/// イイ!: : : : : : : : :!
    l: : : : : : : : :/ /: : : : : : :l/´  ̄リ.メ、::: /: ィイハ!
      l: : : : : : :./:./: : : : : l :/ -━rrl: : ,.イ:ィハ/ /   喋っちゃダメ……
     .l: : : :l: : : :l :1: : :.:.:.l/   ヽ jりl/ (:/ ′
      l: : l:l:l: : ::.l: 1: : :/l/   ,,,,`ー='  ゝ
    __.」 :/从: : :.l: :l: : :{           /
  /´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.丶、        ´ノ
 .|::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  、_ _/
 .|::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ハ ハ`ヽ
 」.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\V 」.:.:.:.:\
 {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ )::::::::::.:L

1084 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:31:59 ID:/C5C0jlM0
    /  /   /   |    ヽ       \
   /  /    /    ヽ. :.:.:. \  i     ',    『喋る剣を買い、フーケを捕え、裏切ってたはずワルドがなんかブラッドレイに心酔して…』
   |  |  .:| :._」__   :.:. .:.:|\_,. L _', |  i  }    
   |ハ | .::.|/| ∧|ヽ:. :.::|イ厂 _i__.:..:|:\  |  |
   || |i |  .:|.:レ‐-ミ \:.:|从ィチ-、 \|:.|  .:|  |   『正直、色々あったと思うことが多い』
    | ハ\| { んヘ  レ'  |ハ_r'} /|/  :.:|  |
    レ∧ ::.|  辷.リ     ヾ-┘ /  :.:.:∧  |   『そして、それらが解決されつたびに、ブラッドレイと名乗る老人の異常性が分かる』
    / | :.:.| "  '      u/  .:.:.:./.:..:', ' ,
   /  /.:.:ハ    rァ-、   /  :.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ. \  『トラブルに直面するというより、トラブルをどう解決するかを見ている、というのが
_ /  / :.:\:\   Y___.) /    :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ \ 彼と出会ってからの日々の印象だった』
   (   :.:.:く⌒ヽ、   /    :.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ ヽ
  /\   :.:.:\ | `ー‐ {    .:.:(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ |
 /    \   :.:.:\\r く     :.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/  /
./      \   :.:.:.\|ヽ `ー‐く`ヽ‐、 :.\.:.:.:.:.:.:.:./ /
         \   ::.:.:|  「√ヽ.\ヽ∨ :.:.ヽ.:.:.:.:/ (
          ヽ.  :.| i  / |>ヘ_}ノ  :..:.',:.:(.:.:. \
            ',. /  |   / /    .:.:):.:\:.:.  \





               _____
            _....‐::´:::::::::::::::::::::::::::::`:‐.._
           ,:::___ノ___ ̄ ̄/`ー-ァ、、::::::::`::::、
         彡:::::::::/    ≧x、 __ /   `^ ヽーミ、
        ,':::::::::::::::}    ̄   ` 、` ー- ___  j |丶
        }::::::::::::::ミ    _____   \ }   ̄`  |   『この人が死を選ぶほどまで忠義を尽くしたという冥王、どんな人なんだと思ってしまうくらいだった』
       ,::::::::::::::/  -‐' 二二ニ=‐、_\  {    !
       lノミ、::/  _= _ー= ==`ヽ   ,⌒ヽイ==ニミ)
      //ヽ|:j   /  `ー -‐'   {  }三三ニ|   娘かな?
      /(  | /  、         冫  ト、三三|
      〈 、  ノ    ヽ     __/ _ ゝ_  ! \三|
      ヽヽ__〉     / ノ ,.=--ヽ_ -ァ  ̄)     !    『それはそれで問題ある発言だった』
       \_      //::::::::::::::::::::`:::ー'..._   ,
       /  }     //ヽ二ニ== __:::::::::}  /
       /   |     レ   `=ニニ二三{/::l/ /
      ,    {         ___  ̄ |! /
     __/___ >、            ̄  / /
   /       ̄`ー―- _        ノ
   /              二ニ=- ___ /
.  /         /\   /   /  /  / }-、

1089 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:33:10 ID:3cv4kb4.0
ワルドwww

1092 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:34:01 ID:fat9Gjqo0
心酔wwwwwwwwwww

1093 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:34:38 ID:ZDxe5lt60
さすブラ!

1099 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:40:18 ID:/C5C0jlM0
.     /   /       ′                                  ハ
.   ′         |    ,   i             ト,               i .|   『まぁ、この空気を吸えるのはまぁ、悪くはないと思えてはいた』
   |    !      |  / ',   {              | !  ハ   |    l l
    i    |         i   i  ',  |\           i .i |  / | ハ   .!      l ‘,  『彼が居れば大丈夫、という信頼感だ』
   ',   |',     -i∨ {_ V |  \.      /  |. リ |_,/斗匕 !  リ      l  八
   入  i ∨     l Ⅵ   ̄弋ー--\    〈___,.斗/ i/    j /     l、   \  『実際、エルフと交友結んでたりと結構やらかしてるから困るけども』
.. /  \l  \    ∧ r=≡≡≡≡≡ミ\|     リ示≡≡≡≡z /     lニヽ     \
/       ,ィニi.\  ∧ゞ {へ:::::;:ィリ     i    / {へ:::::;:ィリ 〃′      lニニム     \
.      /ニ=i  .\  ‘, 乂__)ン’     ノ   /   乂__)ン’  /  /   lニニ=ム
      /二二ニi   ≧=-   ー‐       ´j/     ー‐   厶イ     l二二ニニi   まぁ、私も魔法使えるようになったからいいけどさ…
.    /二二ニム    ‘, ゙ ゙ ゙ ゙ ゙           ゙ ゙ ゙ ゙ ゙    /     /二二二二,
   _,.{二二ニニム    ‘,          `              /      /二二二ニニ人_
. γ二二二二二=ム     >、                  /       i二二二二二ニム
 {二二二二二ニニ}       ',ト .              ..´./      |二二二二二二二}
 {二二二二二二ニリ       ',   > .   '⌒   ..<  /         |二二二二二二ニ/   『そんな、平穏な日々に亀裂が奔ったのは、ある日
. }二二ニニニ=/         }   \ > - < /   {       八二二二二ニニ/    エルフの一人が報告に来たことで判明したのだった』
. /二二二二ニ/         リ      ,\    /       ム       \二二ニニニム
..{二二二ニ/        /{    /  `\_/ ´ ヽ    /ニ\         \二二二二}











.    ∨/\
     ∨//\
-―――' ∨///\
:_:_:_:_: : : : : ∨////\`ー-. . __
三三≫- _: :.∨/////\ /\: : : : : :`ヽ-- _
:`:≪三三三≧ミ////彡'_   >=--<⌒ヽ  \    己の英雄殿返せやゴルァァァァァアアア!!!
: : : : : `≪三三三三三ヲ  \{―‐ァ===ミ\__>-` ー- _
: : : : : : : : :.`≪三三≫'    \_/-----` =--- ___  ` -- __     『”門”から、精霊を従える龍が出てきて暴れてると』
: : : :\---=ニ二ヽ__ - 、\/ ̄`ー―  __/ ̄___ ̄ ̄ ̄`ヽ___>
: : : : : :\///////ハ`ヽ `ヽ1  ̄ ̄〉---// ̄}/i/i/ノ' ̄ `ヽ /
―‐r――\////彡'  }}   |i   < ,.-----------==v'ヽ厂.,,..,,.....,,,...,,.....,,,,,.,,._,,.. ,..  .  ... ....  .......
: : /: :_:_/: : /`¨´\___ノ   }   厶ィ{{´                      ゙゙゙゙'''''' '  '''' '''''  ''''
: /: /: : : /: : :∧: : :\   \__   r千';;.
:.辷辷辷辷辷辷少 、: :ヽ    ∨_/ 厶, ':;;,
               i \:..    Vフ <  ':;;,.
               |_/\     マフヽ{   ':;;..,
                \   マフ \  ':;;..,
                 \  マフフ    ':;:;;,,.
                   ヽ ∨ ̄フ    ':;;::;..,,
                    }r‐く_ノ     '::;;:;;;:..
                         \ }        '::;;:;;;:..
                      `           '::;;:;;;:..

1100 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:40:49 ID:PY5bC/FY0
来ちゃったwwww

1101 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:41:03 ID:bbUj/Xsg0
きちゃったかー

1103 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:41:05 ID:.WyowJjg0
来ちまったじゃねーかwww

1104 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:41:12 ID:iyNPk9MU0
来ちゃったwwww

1105 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:41:19 ID:0YDMeq7c0
wwwwwwwwwwww

1106 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:41:22 ID:fat9Gjqo0
来てしまったwwwwwwwwwwwwwww

1108 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:41:42 ID:FFGZK9SI0
来るよねーwww

1109 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:41:45 ID:W6tpbDnE0
ワアアアアwウワアアアアアアw

1110 名前:安価のやる夫だお[] 投稿日:2015/08/11(火) 23:41:51 ID:Pi511ldA0
超迷惑wwwwww

1111 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:41:58 ID:a5Gc50XU0
来やがったwwwww

1112 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:42:00 ID:dWwVFf/E0
帰れwww

1120 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:44:21 ID:/C5C0jlM0
             ,. -ー ' ´       `ヽ
          , -ー ′              ヽ
        /.:.:.:.:  /   l   ヽ   \  `ヽ ´ \
       /.:./.:. .: /    ヽ.:.  \  ヽ,   \  ヽ
       /.:/.:.:...:.:.:. l .:   \ \.:.:  ヽ ..:l    ',   、
      l.:ィ'.:.:.:.:.:.!.:.:.| ト;.:.  _ヽ,ィ|'ヾ, ̄「、.:|     !   l    『この程度じゃ、驚かなくなった自分が怖かった』
      | |.:.:.:.:l.:.|.:.:∧| メ;.:.  |}/  ヽ/ ヽ!:     |   !
       l.:.:.:.:|.:.ト十ヾ  ヽ.: /  ィ?鞍卞ゞ !:    |   |
       ヾ\!ヾ、ケ?鞍卞 レ'    r':::::}  l:      !    l  で、あれアンタの知り合い?
         ∨.:.:ヽ r'::}      '一'  |     |   |
          ∨.:.:.} "´ ノ           /     !、  !
          l.:.:.:.l               /     /.:.:ヽ  l    『ブラッドレイに聞いてみる』
           〉.:.:.:ヽ    ,. -、    /     /.:.:.:.:.:\ ヽ
          ∧.:.:.: .`ヽ、 ゝ-一  /     /:::l.:.:.:.:.:.:.:.ヽ \
         /.:.:.|.:.:.:.   !>、 -ー 7゙     /:::::::',.:.:.:.:.:.:.:.:.   \
        /.:.::::::::|.:.:.:.   ヽ::::|  /     /:::::::::::ヽ、.:.:.:.:.:.:.:  ヽ
.     /.:.:.:::::::::::/.:.:.:.    Y´ /.:.:.    /77 一-- 、.:.:.:..\:.:.  \
     /.:.:.:.::::::::::/.:.    /`  {.:.:.     {//      `ヽ.:.:.:..:\.:..  \
    ヽ.:.:.:.::::/.:.    /     l.:.:.     ヽ         \.:.:.:.:ヽ    ヽ
     \/.:.:    /_   _  \.:.:.    \         ヽ.:.:.:.:l.:   〉
     /.:.:    /-ー ミニ゙--`Y ´ \.:.:.    \        \.:l:   /






        ,,----、、
        //"、")"ト  知らんから討伐しよう
        (ト :‐」 ●           はいはい…>
        ゝ ┏┓_ハ
        彡\M/ミ、   『そういうことになった』
       │ l l\/> l |
 ∠二二二|G/ l\l〈〆
        ∠/___l_ゝ
          [Ц [Ц

1122 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:44:50 ID:.WyowJjg0
おいwwwルイズも図太くなったなぁwww

1124 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:45:19 ID:fat9Gjqo0
wwwwwwwwwwwwwwwwwww

1125 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:45:24 ID:XLO.B0ak0
そういうことにしちゃらめぇぇぇ!www

1127 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:45:47 ID:W/cBvJ6w0
ファーーwwwwwwwww

1128 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:46:00 ID:wVgLJt0A0
あかんww

1129 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:46:12 ID:cgbGgKoE0
拉致じゃない救助したんやw

1130 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:46:24 ID:tx2CRBDA0
やったね恋ドラ、やりすぎてもはや見知らぬ他人扱いだよ!
ルイズさんも段々と主の風格になってきましたね(白目

1133 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:46:45 ID:W6tpbDnE0
酷すwwwwww

1136 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:48:59 ID:/C5C0jlM0
.    ∨/\       ┏┓┏┓
     ∨//\   ┏┛┃┃┗┓
-―――' ∨///\ ┗━┛┗━┛
:_:_:_:_: : : : : ∨//// ┏━┓┏━┓
三三≫- _: :.∨/// ┗┓┃┃┏┛: :`ヽ-- _
:`:≪三三三≧ミ////.┗┛┗┛=--<⌒ヽ  \
: : : : : `≪三三三三三ヲ  \{―‐ァ===ミ\__>-` ー- _        |\     /\     / |   //  /
: : : : : : : : :.`≪三三≫'    \_/-----` =--- ___  ` -- __.._|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
: : : :\---=ニ二ヽ__ - 、\/ ̄`ー―  __/ ̄___ ̄ ̄ ̄`ヽ___.\                     /
: : : : : :\///////ハ`ヽ `ヽ1  ̄ ̄〉---// ̄}/i/i/ノ' ̄ `ヽ / ..∠ やっぱ貧乳なのか英雄殿ー!?>
―‐r――\////彡'  }}   |i   < ,.-----------==v'ヽ厂   ../_                 _ \
: : /: :_:_/: : /`¨´\___ノ   }   厶ィ{{                    ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
: /: /: : : /: : :∧: : :\   \__   r千                     //   |/     \/     \|
:.辷辷辷辷辷辷少 、: :ヽ    ∨_/ 厶,
               i \:..    Vフ <
               |_/\     マフヽ{
                \   マフ \
                 \  マフフ
                   ヽ ∨ ̄フ
                    }r‐く_ノ
                         \ }
                      `






                       _  -――- 、
                     , '⌒ : : : : : : : : : : \
                       / : : : : : : {: ヽハ : : :.ヽ:ヽ   おらぁ消し飛べぇぇぇぇええええ!!!
                    /イ: : {: :/{ ∧ : : : }:∧ :_}: ハ   ,.-、
                     {/|: : :Ⅳト\ハ: : ノj.斗Ⅵ : |   .{  i
                    ヽ、:小__ >j/< _/|: i:|   '、 '、   _ -‐'^)
                      _ノ :ノ:}  _.. -=ニニ>、 /: 八     }. ヽー'"´_.. -‐'´
                        '´:/ : ゝ ∨       ノ/: :ハ:ヽ   /     ^ー─----、
                /: /: : : /厶≧=rー=≦/: :/ーヘ__;>′      ‐x―---'
                   /: /: : : : /'´::::::::::ヘ☆/:/: :(::::(_...ィ、_     __>、\
                   {: :ゝ : : : :(::::::::::::\::∨::::人: : :\:::::/::::{弋三三ノ 〈 \)
     __      __ノ : : ノ\: : :\::::::::::::::爪::::::::::\: : :\::_人     /
    〃 ̄`゙ヽ  / : : : : : : /r-'ノ: : : : :):::://|ヽ\::::_ノ: : : : )_  {ヽ   ,/
.   {{     }} / : : : :ト、 ___{__:{/ : : : /'´  ̄ |  ̄/ : : : : /  i|`ー ─rく
    ゝ、__xく { : : : : | : : : : : : : : : ://    │ / : : : : : :(.   i|    |: :\
      ̄ rヘ^\rーヘ:.: : : : : ; イ´ /j     {, 八: : : : : : : :`ー-イ__   |: : : :\
       { =ヘ.{\    ̄ ̄   ' ノ |.     }   丶、 ____:_:_;/   |: : : : : :)

1137 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:49:20 ID:.WyowJjg0
こいつら仲良いなw

1138 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:49:22 ID:fat9Gjqo0
ド直球wwwwwwwwwwwwwwwwww

1139 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:49:35 ID:FFGZK9SI0
なんだこれwww

1141 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:50:43 ID:W6tpbDnE0
wwwwwwwwwwwwwww

1144 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:52:53 ID:R3riejSA0
そうとしか見えんわwwwwwwwwwwwwww

・・・やっぱり そんがダメだったのは発育よかったからかwwwwwww

1145 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:53:24 ID:cgbGgKoE0
かなC世界w

1150 名前:安価のやる夫だお[] 投稿日:2015/08/11(火) 23:55:32 ID:DfY7rroU0
ルイズさんが立派に成長してなによりです

1151 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:55:47 ID:/C5C0jlM0
                            __
                    .   ¨ ̄_xi   .ix  ̄¨   .
               ,. ´/≧=≠∨  _∨==≦\` .
              /  {/ .,.. . : :⌒i /\: :`゙'< \}:  \
              ,:'      ./: : : : : :/ ̄: : \: : : :`ヽ.     ':,
                /    ./: : : /.: : :/: ;x.: : : : :\: : : : \    ',
           ,'    /.: : : : /.: :// /`ヽ: : : : ヽ: : : : :\
            i.  .: : : : : : :厶イ/  ,′  \: : : :.',: : : : : :\ i
            l  / : : : : : :/: :/   {!  、 \: : : : : : : : :ヾ::.、    ペリーヌに微妙に似てるじゃないか!!
           | .,' : : : : : :/ ;.斗-‐='′',   `ト=..._:、 : : : : :. : | j\、   やっぱ未練あるんだろ英雄殿!!
.          {   八: : : : : : :,'  ,.二._    ',.   ,.二.._`ヽ: : : : : :}/.  \
         ゝ=彡i: : : : : :.i _〃r'丁ハ`   ヽ,.ィr'丁ハヽ_: : : : : :.!     ',  てかなんだその小娘の魔法!鱗が焦げたぞ!?
             〃| : : : : :.: ヽとつ‐'′    `'ー-⊂う´:!: : : : :.}
            /' l: : : : :.八o゜:::::::::     ,     :::::::::゚o}}: : : : :j
.           /   .l: : : : :. : \              ,仇.:. .:./ゝ='′      『虚無の一撃を焦げた程度で済ますこいつはなんだろうか』
         ,′   lV: : : :.\ :.≧=-  v⌒ヽ      //.: : : /         }
.               j/\:. : : :.父:..      ̄     ..イ/: : :;イ        j   『ブラッドレイの知り合い…というか知龍なのは分かるんだけども』
.       {!        i\: : : :.\>...     ...イ:.:/ : ; 代{          ノ
.          乂_,ノ    | : i`゙'<: :_≧=-≧‐≦: : : :.厶イ.:.|
                  | : |: : : |/⌒ヽ.<《》>'⌒\|: l : |
             ,..-‐ ノ: ∧: : :|  ./三ミx{三}彡ハ  :!: : : !  =‐- 、
.           /    /.: :/ ∧: :|/ /三/ マ三ム:\|: : : |     /: \
          ∧    /.: :/ : : ∧ |.  ∨三}  }三ニ} ,ハ: : .|:    /   ,ハ





            -──-  __
         <          `丶 \
     , : ´                 \
   イ                    、 \
<_                       ', ハ
 7                        ', ',   『全く……飽きないものだ』
 |                          ', ,
 |      l   |        ,ハ  !', l     l
. !   {    |、{、  | 、 |     , | / :}'l イ  |  l   ブラッドレイ、あんた死ぬ前にこのアホ龍どうにかしなさいよ
  ', {', ',   l ヽ',\| \|V ,i/| }' / }/ |.   | 、.l   トリスティンにはあんなバグ相手にする余裕無いんだから
.  ヘ ,V ハ:、 ==r==r=ヽ{ハ ,=r==r==リ , ! Ⅵ
    〉、ヽ Vト、 ',乂__,ノ   | /乂__,ノ 厶イ ! ∧l
.   /.   ,:{:..' \       }'´      ,'  ハ,  \
 , '   ,'-l :',                ,'   { ∧   .\
。  __,xく二l  ゝ、              , イ   .lハ_∧    .\
 〃二二ニl    :> .    . <ニ'   |二≧へ     \
 ∨二二ニ|     Vム \ ̄/ /二'.     |二ニニハ       \
  .|二ニニリ     }=ム ∧ハ /二7    .!ニ二二イ        ハ
  .|ニニニ'     |ニム'´ハ_`/ニ=l       l二ニニ!          ',
  .|二二/      从lニム∨./二ニl     Ⅵニニ!          リ
 ∧二, '      /二二∧_/ニニ=|      ∨二 l         /
. {ニ/        /二二二人二二ニl         ∨ニ{      /

1153 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:56:26 ID:.WyowJjg0
ハルゲニア最高戦力の虚無の一撃が焦げ程度www

1154 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:56:31 ID:fat9Gjqo0
そもそもブラッドレイさんがバグな件wwwwwwww

1158 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:57:54 ID:199HSQJY0
痴龍の間違いかな?

1162 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/11(火) 23:59:08 ID:FCj6kDcs0
恋ドラの鱗を焦がすって地味にすごくないか

1164 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:00:07 ID:sGXsoKjY0
    |     | |--V {_ V         / / |  ./ } |  }i:| |
Ⅳ  |     | |   Ⅵ `∨          //-- l─/ ナ!--7}i:|___,!
{.∨  i     |Ⅵ___マ- 乂_i      /´ r─ j// }  / リ:|  .!
{ ∨ i     z≦≫f?鞍芋ミx ∨     /  --─__,. ---===z_ | /|
ヽ ∨ i\  ,へ{   {/////|`ヾ\   i    ,チ千////,ハ`ヾミ≫x .|
   \! \  i.   |/////|    \ !      |//////}  Y从 リ
     i  \ !   V///,リ       丶      |/////;リ   /´ ゙./
.       | :! :::|ヽ   ̄ ̄            トミ== '’     /
.       | ./  ::|         j                    /
.       |/  .::i                          /
.      /  .:::人                            /
.    ′    ::::ヽ           _                /
    i       ::::::\       乂`ヽ、             ,.イ
    |       :::::::〕iト、      ̄         /

ということでトラブルに巻き込まれて馴れると同時に目が死んでく系ルイズさんのお話

1166 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:00:30 ID:FXw6ZwwA0
ところで他の面子はどこぞ

1167 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:00:51 ID:F5HJeHvY0
タバサとかモンモンの恩返しどうなったん

1168 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:01:04 ID:lnxj5YSc0

RでもBでも苦労するんだなルイズ

1169 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:01:17 ID:7t6XlGaQ0
一気に終わるよなぁw

1170 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:01:42 ID:g3pFzQ/A0
意外にも貴族としてブラッドレイに憧れる的な展開は無いのか

1171 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:01:49 ID:0ZYH9wxw0
頼れる仲間はみんな目が死んでる状態

1172 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:01:59 ID:sGXsoKjY0
言う必要ある…?
もう分かり切ってるやん、うん

ローウェルに女を与えるのと同じでブラッドレイにトラブルみたいなもんや

1173 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:02:28 ID:XM/MMnKw0
アッハイ

1176 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:03:12 ID:gZLLkvAY0
そのトラブルも1行で解決なんだよな

1177 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:03:17 ID:F5HJeHvY0
一蹴するのは分かりきってるけどどんな結果として残ったのかが気になるなw

1187 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:11:15 ID:sGXsoKjY0
ローウェルくん:大局を決定的にする活躍はしないけど必要な部分で活躍する、後は女の子と遊ぶのが仕事
ブラッドレイさん:もうあいつ一人でいいんじゃないかな

1201 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:18:03 ID:sGXsoKjY0
    |     | |--V {_ V         / / |  ./ } |  }i:| |
Ⅳ  |     | |   Ⅵ `∨          //-- l─/ ナ!--7}i:|___,!
{.∨  i     |Ⅵ___マ- 乂_i      /´ r─ j// }  / リ:|  .!
{ ∨ i     z≦≫f?鞍芋ミx ∨     /  --─__,. ---===z_ | /|    『RくんとBさんでルイズさんの同じ表情でも意味変わる不具合』
ヽ ∨ i\  ,へ{   {/////|`ヾ\   i    ,チ千////,ハ`ヾミ≫x .|
   \! \  i.   |/////|    \ !      |//////}  Y从 リ
     i  \ !   V///,リ       丶      |/////;リ   /´ ゙./     『結果的に故郷に戻れないので今居る世界に骨埋める
.       | :! :::|ヽ   ̄ ̄            トミ== '’     /       覚悟をすると自分の証を残そうとする生物の鑑なんだよなぁ』
.       | ./  ::|         j                    /
.       |/  .::i                          /
.      /  .:::人                            /
.    ′    ::::ヽ           _                /
    i       ::::::\       乂`ヽ、             ,.イ
    |       :::::::〕iト、      ̄         /

1202 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:18:43 ID:F5HJeHvY0
おっ、そうだな

1203 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:19:02 ID:FXw6ZwwA0
なお

1204 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:19:55 ID:gZLLkvAY0
R氏の場合:また孕ませやがった
Bさんの場合:またBさんの伝説に1ページ追加か

1205 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:22:23 ID:vm495BWE0
目の前で神話の1ページがどんどん紡がれていくって観測者からしたらたまったもんじゃないよなw

1206 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:22:36 ID:sGXsoKjY0
                . -‐==== 、
               ,. '´         ` .、
              /               ヽ
              ,.'     i  ii     ト、    ',
          i i  i  !i _」L._  i_,L」_ i. i   !
.            i !. i ィ'´Ⅵ\ト j Ⅵ `トi  i .i
             Ⅵ  Vト.ィf示  ゙ヽ 示ミx. ! ii_.|
            , ´ ̄. トハ Vツ     Vツ j  i ̄` 、    『実際問題ナンパ不可避なんだよなぁ』
             ̄`゙ー-i  :.     '      ,|  |‐i'´ ̄
.              | i   、   、 ァ    ィ |  |. |
.              | i    i.丶    .イ .! |  | !
             | .!.   |>i. ` ´ i< .! |  | |
           _ノ-:'|    !i >vv< i`ー|  |― 、
.            i:.:.:.:.:|  i i:.i/ >ii< \i:.:.: |  !:.:.:.:.:i
          i:.:.:.:. |   i/:.∧/   V/:.:.:. | .i:.:.:.:.::i
           i:.:.:.:.:.|  /:.:.:.:.:\云/ :.:.:.: | i:.:.:.:.:.:i
            |:.:.:.:.:.レレ′:.:.:.:.:ミz彡:.:.:.:.:.:.:レノ:、:.:.:.:.|
            |:.:.:/:.:.:.:.:.:;>' ´ Τ ` ゙ <:.:.:.:.:.::,:.:.:.:|
            |: /:.:.:. /    .土     ヽ:.:.:.:.:;:.:.:.|
             i:/:.:.:. /      ̄'|' ̄    V:.:.:.;:.:.:!
             i':.:.:.:.人     王     人:.:.:i:.:.i
            i:.:.:.:./ \    人    / V:.:.:i:.i
           /:/ ∧   ` V    V ´   V:.:.V
.          i:/:./!∧     .V   V  / /!V:.:.i
            i: // Ⅵ    V ji! 7    Ⅳ.V:.:i
.           i:/// Ⅵ   ヽ  i! i! !     Ⅳ/V:.i
          i///// .i     i   i       ,'`ヽ/Vi
            i///./  V     i i .i      /   VV:!
.           i// /   V    ∧!.i     /i     VVi

1207 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:23:33 ID:kAxr94Ws0
そらそうよ

1208 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:23:35 ID:F5HJeHvY0
この娘に孕まセックスするのも納得ですわ

1210 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:24:10 ID:tKglmFZ20
性的に無知なムチムチ娘とか夢中不可避

1211 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:24:13 ID:g3pFzQ/A0
でも姉はどうすんだ?>テファ

1212 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:24:25 ID:FXw6ZwwA0
これを拒むとか不能かなにか?

1213 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:24:42 ID:sGXsoKjY0
功績で孤児院を国費でやれる家を貰う→世襲しないといけない→不可避なんだよなぁ

1214 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:25:02 ID:lnxj5YSc0
シエスタをキュルケのセールスポイントを助走つけて粉砕した娘

1215 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:25:14 ID:gpZiRGEY0
こんだけ色っぽい体してるのにそっち方面の知識0とか夜の教育不可避ですわ

1216 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:25:20 ID:8zQw5pKg0
ロの字「ナンパは苦手だから」

1217 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:25:20 ID:gTBTgF2A0
シエスタも孕ませ不可避だよなw

1218 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:26:42 ID:F5HJeHvY0
ハーフエルフで色々生きにくい環境だったろうしR君に惚れるのも分かる
つうか状況だけにこの二人がくっつくのはまだ分かるさ

ただしシエスタ、キュルケ、ロイヤルビッチに手を出す理由にはなりませんよね?

1219 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:27:19 ID:sGXsoKjY0
キュルケさんは火遊びだから



なおロイヤルさんは、うん

1220 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/08/12(水) 00:27:47 ID:8zQw5pKg0
キュルケさん以外は残当なんだよ
これがw

...

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : やる夫系 - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)