やる夫はミッドチルダの地で生きる魔導士のようです 小ネタ 救助隊やる夫 4

..
9024 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/24(土) 23:36:51 ID:TDlusn.o0




          『二次災害という言葉がある』

        『それは一言で言えば、事の発端となった災害によって発生した被災者に対して行動を取った人物』

          『その第三者が副次的に災害に巻き込まれることで発生する、さらなる災害のことだ』




.

... ..
9027 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/24(土) 23:44:49 ID:TDlusn.o0
         /            : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
        ./  #;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.      : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ./    ####;;;;;;;;;;;;;;;;     : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        /       ####;;;;;;;       : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ./      #######         : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  『スバルと、自分』
       ./ ∧      };;::::::;;;;:}          : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /   ∧     /;;;::;ヘ;;;:}  ;     /    : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   『お互いが要救助者となった中で
    ./    ∧   /;;;;:/: };::        /       : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     頭に浮かび上がったのは一枚の板だった』
   ../       \ /;;;;:/  };;;:}     /         : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /          .\          |           : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::    『片方を捨てれば、片方は生きれる』
  ./            \         |     #;;;;;#;          };;;;::;;:::# ;  /
  ../                 \       i                  };;;;;;;ヘ;;ヾ/   『そんな、囁きの声が』
. /               `        ヽ                };;;;::;;}:<
/                   `    {;;:;\             };;;<┃     『スバルを捨てれば、俺は脱出できるだろう』
                      ` ー  _ゝ、      /   / i:j
                          };;;;;:::: ー─ ´   /.  ;        『己の肉体の状況は、一番理解しているからこそ
                          ; :  `ー-- - ´    :;         出る発想が今では恨めしかった』
                          :;
                          ;             ・
                          il:             ;i

9030 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/24(土) 23:54:30 ID:TDlusn.o0
     ヽ:{:/:.:.:.:.:.:l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:`ヽミ、
    / ̄/:.:.:.:/:.l:.l:.:.:.l:.:\:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:ヽ \   『AMFの濃度がすでにBJすら侵食していた』
.   /:./:.l:.:/:.:.l:.:|i:.l:.:.:..',-‐弋:.:.ヽ:.:.:.`丶、:\:.:\
  /:./:.:.l:.:l:.:.:ハ:.|iハヽ:.:', '´,.x=z、\:.:ヽ:.:\:.:\:.:ヽ  『それは、俺よりも膨大な魔力を持つスバルの
  !:/l:.:.:!:.:l:./ハ|i. ヽ \ ヘt匂j リlヽ:.:l^ヽ:\:.乂ミ   BJが解除されたことからも分かることだ』
.  l/ l:.:.:l:.:.l/:.l,ィf乏t.      ゞ'´ '":Viヽl/ノ:.\\
.  l l:.:.:l:.:ハ:.:lハ弋ツ   、     :::Vi:ハl':トi从ヾ   『その頃には意識が戻ったのか、薄っすらと目を明けたスバルは
.  l l:.:.:l从ヽlハ'"       __   .::::l:.l:.ヽlハ      自分を背負う俺を見て少し身じろぎしていた』
  l ヽ:.N ヽ:l:.:.:.     '´    .::::/l:.lVi、ゝ
     ヽ   ヽ:.:. ト       ..:/:::l:.l/iハl      『だが、身じろぎしただけで終わる』
           ヽ:l:.:.:.:>   _/,. zァリヽ _
            _ヽ/:.:.: ⊥zZ彡'´  /  ヽ __   『スバルの困惑した表情が脳裏に浮かぶ』
         /7ミ、 / li ,<X>、v' /    :|::::.......
          /「」::}}/l |/〈_/  \/     .:|::::::::::::  『動けないことへの動揺が背中を通して伝わっていた』
         ,. -‐‐¬Vi | ハit--.....、     .::|::::::::::::
    ィ 7  ー─ ミVi | l::::!`丶、::::::>  .::::::|ヽ::::::::
   /::/ /   ` ー 、:ヽN L⊥/     ..::::/:::::ヽ::::

9032 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 00:06:04 ID:ftIT99RE0
               , <´ ̄ ̄ ̄ ̄`> 、
             /                  \   『ラウンジは人が多く存在し、また船外に出るルートにもなる』
            /                   ' ,
              /  ;;#                ヘ  『故に、船の旅客区画には全てのスタート地点だ』
          /   ;;;,         ;#;            ,
          ,'    i;;:;}        }:;:;i             ',  『それは当然、医務室や居室にも当てはまった』
.          i     .};:(       i::;;:}            }
         {   ゞ=z、_     |;;::z≦ニ,"´       .|  『スバルを受付カウンターの内側へと入れ、医務室へと
          .i     ゝ=zュゞ  、ィ≦ヘiiiiノィ:::}         !`ヽ  一人で向かう』
          ./ ',    }:;;{    ヾ;:{ i;;:( );:{      /   \
      /   ,   {::;;!     l;:! ゞ;;} {;;:! ,;    /     \  シーツ…消毒液……包帯……
    .,イ´      {\   (   i     )  '";:     /        \
   /.       ヘ > 、`ー一^ー--‐'"   };!, <´. 〃        ヘ  『互いの怪我の状態を考え、必要なものを
  /彡'"´      \(;;:;, \` ̄ ̄ ̄´/    /   八  /      ハ  小脇に抱えてスバルの元へと戻った』
イ´          i 〃. \ ,.ィヘ    /`\   /    ∨            i
           Y    ´ O i   / ー  ヽイ      /   彡"´     ミl
'""´     `ヾヽ }}          }  /   (:;;:i.,;,    ./   〃  ィ'"´    ',
         }:::} |    i、  0ヘ/=、   '"´''     {{ ゝ、|i  /      ハ



                  ____       ヽ、
                  , イ´:.:.:.:,ヘ、:.:.:.:`:.ヽ、.    }',
                /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.ヽ:.:.´:.:.`ヽ、ヽ    i:}   『戻ると、スバルと目が合った』
            ,イ:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:ヽ //
             ,':.:/:. /:.:.:.:.:.:./:.!:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:`:.― 、  『スバルの、“金色”の瞳と』
            {:.ノ:.:/:/:.:.:.:.:.:./:./:.:/:.!:.:.:.:.:.:!:.:.!:.:.:.:.:.',:.:.\、ヽ
           /:.:/:/:----/-----:|:.:.:.:.:.:.|:.:.|:.:!:.:.:.:}:.:.:.:.ヽヾ、  『しかし、それは瞬きの内に青に戻った』
           ≠ 〃//:.:./:.:∠圷≠、 ||}:.:.:.:!:.メ、:.!:.:|:.:.|:.|:.|:.:.:.:}
          / !〃|:./{:.:.| 〃::::らミ リ i:.:// |:.メ、!:.:.|:.|:.!|:.:.:.!  『若干、目が揺れ動いていた』
             /ヽ|:i:.:!:.{. 辷zノ   |:/ 7心,:./`/リ/}:.:.:/
            ./:.:.:ヽ|:.:',:|       / ら:,'〃/:/:.:./ i:.:./  『焦点が合っていない、そんな風に』
          / //:.:.:.i:.:iヽ         , `´ /:〃/:./ |:/
         /〃/!:.:.:.l',! 、   r ゝ   /:.///:/  /   『俺はそれを思い出す』
          / /r/ヽヾ、.ヘ、      <// /
           ノ::::|: :ヘ  `ヽ、 7 ´    〃     『スバルのもう一つの力の存在、戦闘機人モード』
      ,、r:::::´::::::::::::::|: : ヘ   /ヾ,|ヽ、  /
  ,r:::´-:、::::::::::::::::::::::::::::| : : ヘ / ヽ|、ヾ`ヽ、      『AMF状況下だからこそ力を発揮する、科学の力を』
 /:::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::: | : : : ヘ  | |、ヽ ヽ:::`ヽ、
 {::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::| : : : : ヘ ヾ ヾ' }: ヽ::::::::`ヽ、
. !:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\: : : : ヘ/ ̄ヽ: : i::::::::::::::i:!
  |::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::\ : : : ヘ: : : : l : |:::::::::::/::|

9033 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 00:17:56 ID:ftIT99RE0

   『スバルの表情から読み取るに、どうにも戦闘機人の力を使えないらしい』

               ____  『俺を見て泣きそうな顔になるスバルと目が合った』
             /;:#;:;:;:;:  \
           /  _ノ   ヽ_  \  『益々以って、脱出が困難になったようだ』
          /  (―) (―);#;:;:\
            |;#;:;:;:  (__人__)   #  | 『若干の遣る瀬無さと共に、俺はスバルに手を伸ばした』
          \ //  `⌒´ ;:;:;:;: ,/
          /     ー‐    \




             ∠___:.:.:.:.:.:ヽ`´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` 、
        //:.:.:.:.:.:./:.:/ ̄:./ ̄`ー― 、:.:.:.:.:.:.:.:.`ー 、   『スバルの服を脱がせ、怪我を処置し、体を拭く』
         /:.:.:.//:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.///:/:.:|:.:i.:.:.:.|:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:ハ  『旅客の残しただろう服を着せ、断熱シートを被せた』
        // /:.:./:.:./:.:.:.:.!:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:..∧
      /´  !:.:/:.:./:.:.:.:.:.|:.:.!:.:.:.:.ト、:.:!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.\ハ 『羞恥心、なんてものはこの状況ではないだろう』
          |:.i:.:.:.|:.:.:.:.:.∧:.|:.:.:.´「\ト、:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:..「`ヽ
          |:.|:.:.:.|ヽ:.:.:ト、!:.|:.:.:.:/  \|\:.:.|:.:.:.:..i:.|:.:.:.:.:.:.:.!  『だが妙に嫌がるスバルを押さえつけ、包帯を巻く』
          ヽ!\| \!fiト、!:.:./,ィ芹芋ミx:.:.:.!::.:.:.:.N:.:.:.:.:.:.:.|
             ヽ. /|ソ  V  {爪_ノ! 》V:.:|:.:.:.:.:ハ:.:.:.|:.://  『数分後には、ただの重傷の遭難者から
              /八ヽ    弋zり ∧:.:|__/} }:.:/:.//   救助を待つ遭難者の出来上がりであった』
              |:.:/ヽ  ::::::::::::::::: /:.:.:V:./ /:.:.|:.:|:|
              j/|:.:.ハ^ヽ  U_/ イ:.:./爪:.:.:.:.:/:八!
                    |:.:.| ハ ___,.  -=≦  | }:.:/j/
              ∧:.| /: : : : :| ./:.:/  乂} ̄}
                  /V´: : : ___:j// u  /: : :∧
              /: : : : /ヽ       /: : : /: : \
              j: : :/    ,.―-- /: : : : し': : : :|
          ,.  ' ´ ̄ ̄  ι       /: : : : :/: : : :/ ヽ
      _,. '´                     /: : : : :/: : :/   :|

9034 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 00:19:33 ID:cBEOi11U0
スバル、恥ずかしがっとるなw

9035 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 00:27:25 ID:pvGK95qI0
スバルからの好感度は結構高かったしなあ

9036 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 00:34:03 ID:EpWcLXRc0
結構どころか普通に射程圏内だったような
病む程高すぎずヒロインとしてドンピシャな値だったような

9042 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 00:50:02 ID:ftIT99RE0

         , -─‐──‐-、   『続いて自分も処置を済ませ、毛布で丸まる』
          /       ゚    ヾ)
       / ;  ゜      °  \     /⌒ヽ       『ここから先は、祈るだけだ』
      l  U      ;       l    /   r l   /⌒\
       |         u.    ;   |ー‐‐--'   f、l__/     ヽ  『ガジェットが来ないことと、救助が来ること』
.      ! u.         ∪      ノ   ,;         /  ヽ
        ゝ          :: i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ  /ヽ   ト、_  『互いの体が限界を迎えないこと』
          ヽ      "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノノ  {____ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜




     ヽ:{:/:.:.:.:.:.:l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:`ヽミ、
    / ̄/:.:.:.:/:.l:.l:.:.:.l:.:\:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:ヽ \  『海の底は徐々に船内の温度を奪う』
.   /:./:.l:.:/:.:.l:.:|i:.l:.:.:..',-‐弋:.:.ヽ:.:.:.`丶、:\:.:\
  /:./:.:.l:.:l:.:.:ハ:.|iハヽ:.:', '´,.x=z、\:.:ヽ:.:\:.:\:.:ヽ 『スバルにかけた断熱シートの上にさらに布を被せてやる』
  !:/l:.:.:!:.:l:./ハ|i. ヽ \ ヘt匂j リlヽ:.:l^ヽ:\:.乂ミ
.  l/ l:.:.:l:.:.l/:.l,ィf乏t.      ゞ'´ '":Viヽl/ノ:.\\  『吐息が白くなりつつあった』
.  l l:.:.:l:.:ハ:.:lハ弋ツ   、     :::Vi:ハl':トi从ヾ
.  l l:.:.:l从ヽlハ'"       __   .::::l:.l:.ヽlハ    『スバルが動かない喉を動かし、手を伸ばす』
  l ヽ:.N ヽ:l:.:.:.     '´    .::::/l:.lVi、ゝ
     ヽ   ヽ:.:. ト       ..:/:::l:.l/iハl      『その手を、握り返す』
           ヽ:l:.:.:.:>   _/,. zァリヽ _
            _ヽ/:.:.: ⊥zZ彡'´  /  ヽ __   『小さく、スバルが笑った』
         /7ミ、 / li ,<X>、v' /    :|::::.......
          /「」::}}/l |/〈_/  \/     .:|::::::::::::  『気づけば、自分も笑っていた』
         ,. -‐‐¬Vi | ハit--.....、     .::|::::::::::::
    ィ 7  ー─ ミVi | l::::!`丶、::::::>  .::::::|ヽ::::::::
   /::/ /   ` ー 、:ヽN L⊥/     ..::::/:::::ヽ::::

9047 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:02:54 ID:ftIT99RE0


    『一時間が過ぎた、船内の気温はすでに海底の温度と同等になっていた』

    『二時間が過ぎた、酸素供給用のタンク型デバイスを破壊し、周囲へと空気を断続的に送った』

    『三時間が過ぎた、スバルは離れたがらなくなってきていた』

    『四時間が過ぎた、スバルが初めて不安のせいか手を放さなかった』

    『五時間が過ぎた、ガジェットが近くを通った音がした』

    『六時間が過ぎた、腕に抱いたスバルが俺の胸に抱きついてきていた』

    『七時間が……』

    『八時間が……』




.

9049 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:05:39 ID:ftIT99RE0



      『12時間が過ぎて、救助が来た』

      『スバルは、必死に俺の手を握っていた』





.

9050 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:07:53 ID:ftIT99RE0




             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                 ●

                                 ●

                                 ●

             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





.

9055 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:12:09 ID:ftIT99RE0
              ー‐==ニァ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,  『目が覚めたら、眼鏡の男と目が合った』
                 ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::圦:_:仆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                ′::::::::::::::::::i::::::::::::::::::i!    丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                .::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|     ヽ::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::j  やぁ、おはよう
                i::::::::::::::::::::::::i!:::::::::::::::::|  , ''゙´ ヾヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::、  気分は?
               ,::::::j::::::::::::::::::ハ::::ヘ:::::::::|  '     丶:::ヘ、::::, '^ヽ:::::::::::ヽ
               ,':::::,イ:::::::::::7:::ト、:.{  、:::::|     _  _ヽr'‘  ヽ ヾヽ:::::::::!  『最悪、と掠れたように呟く』
              // i:::::::::::ハ:i ヽ:   ヾ::! .r  ′  `ヽ }   〉  /::,^ 、i!
         ., 、.    ′  |::::::::::{ , -‐-、 ゙}`ー弋      __ノ   '  /:::::{    『場所は医務室らしく、白い空間だ』
         /  i         И:::::::!、     ノ、  `  ̄ ̄ ̄      _/:::::::::、
        ,′ |        И::ト`ー―一'  j             ′!:::::::ゞ   『記憶がはっきりしないが、どうやら
        {   !         ヽ!  `、   丶          , '  !::::::!    助かったようだった』
      ,: ¨` 、 !              .       -‐   ァ  /   j::ヾ、
    /    ヽ、             \   ヽ、   ./  /    ト、
    ′  , ' ⌒ヽ j 、             \   `ー '   /    , :′、   うん、大丈夫だよ
   {  /   ,:-、 ' ,               丶      /    , : ´     \  ちょっと仮死状態なだけだったから
   .}    /   丶 !                 `ー :´  /         / 、
    、   ´   /⌒.,/               , ‐''゙´`}   /          /  `丶   『いやちょっと待て』
    ヽ    /   / i              /   `ヽ} /          /      `丶
     \        '    ,.-‐――――‐/ r匕⌒ヽ\        /           `
       ヽ     ノ   /         /  f    / ヽ    /

9056 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:13:19 ID:EpWcLXRc0
安心と信頼の医王である
いやぁ、仮死状態なら致命傷程度かな?それなら安心だ!(感覚麻痺)

9057 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:13:44 ID:gSrZR/4c0
三途の川くらいじゃ死なせてくれませんよ

9058 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:16:34 ID:t.TDyzeE0
死んでなければ大丈夫だから(震え声

9059 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:18:07 ID:sFlvPMGw0
即死じゃなければ問題ないからな

9060 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:22:48 ID:ftIT99RE0


      _____     ━┓   『仮死、つまりは蘇生が可能かも知れない状態での
    /:::::    \    ┏┛    心肺停止状態ということだろう』
  /:::::::::      \  ・
. |:::::::::         |      『救助が来た時間と、恐らく己が仮死となった時間』
. |:::::::         /
. |::::::::::::::      /       『ざっくりと差し引いても何故生きているか不思議だった』
  \_:::::::       \
    /::::::        |     『心臓が動かず、酸素が送られてない割りに体も健康体だ』
.     |::::::::::::       |


       \:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___,. --------- 、:.:`  、
    / ̄ ̄:.:\:.:.>'´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.\:.:.:.:.\
.  /:.:,. -――:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.ヽ:.:.\:.:.:.:.\   『そこで、口元に残る違和感に気づく』
/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.,. -‐:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.ヽ:.:.:\:.:.:.:.}
 ̄/:.::.:.:.:.:.:./:.::.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.\八  『何処となくチョコレートの甘さ』
. /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.∧
/:.:.:.:./:.:.:.:._/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:ヽ:.:..!  『それは、俺が無理やりスバルの口に
:.:.:.:./ ̄ ̄/:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.--- 、|_:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.!:.:.!   突っ込んだものと何処か似た甘さ』
:.:.:./|:.:.:.:./:./:.:.:.:.:.:.,.イ,. -‐:.7 ̄:./!:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、 ̄ ヽ!:.:.:.:.:.:|:.:.:!
:.:/ !:.:.:/:/:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.∧:.:./_|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!__\:.:.:| \:.:.:!:.:.|  『頬を触れば、少しぱりっとしていた』
/  :!:.:.:|/:.:.:.:/:.:.:.:.:.!:.:.:.:/ ´ V .|:.:.:.:.:.ト、:.:.:.´ ̄:.:|`ヽ |:.∧:.!:.:.:.:!:.:.!
  ,. |:.:.:.!:.:/:|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:,ィ´ ̄ ̄`ヽ:.:.:.:! \:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:!/ |∧:.:/:./  『まるで、涙を拭わずそのまま乾かしたような』
/ |:.:.:.!/:.:.:.:!:.:.:.:.:.:∧/         \|   ヽ:.:.:.:.|.:.:.:.:|  /:.:.V V
   |:.:/|:.:.:.:./!:.:.:.:./:| 癶==‐^ヾ      癶==‐彳^/:.:.//\
   |/ !:.:.:.!ヽ:.:.:/:.:.|         :::::::::::::    \:.:.:.:.| /:.:/     ヽ
  /  \| |:.∧:.:.ト、:::::::::::::::     ,    :::::::::::ヽ:.!/.:/        !、

9061 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:24:44 ID:EpWcLXRc0
やべぇよ…この世界線のスバルがドストライクすぎる…
どうして他世界線の女性達は野獣か病みキャラへと変貌してしまうのか…(白目)

9062 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:25:35 ID:pvGK95qI0
すさまじいヒロイン力だ……(姉から目をそらしつつ)

9063 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:26:38 ID:byZrgI3k0
三期はやて・オリヴィェ・シュテるん・    n「ぐああああああああなんだこのヒロイン力は!?」

9065 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:30:59 ID:ftIT99RE0


              ゴロン         『状況からして、スバルによって命を保たれていたのは分かる』
              / ̄ ̄\/ ̄\
                / ̄ ̄ ̄`.  \ u   \  ダメだ、考えないようにしよう
             /           、    、
           /           i     l   『だが、脳裏に浮かんだのはあまりにも
        _/ 、  ,イ            /    想像したくない光景で、逃げるように布団に丸まる』
       (     )_/______ノ__ノ
       ̄ ̄                   『……だがそれは、嫌悪感やライバル心から来る逃避では無かった』

9068 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:35:16 ID:ftIT99RE0
                         ?j:人   、_ '     /少  ヾ
                          \   `¨   //lノ    『―――スバル・ナカジマはライバルである』
                              l>-  </レ
                             _人_ ィ个l_、      『少なくとも、今はまだ』
                   _ -ニ/{ 〉-r </ |ニ-_
                     /ニニニニ/ .K〉〈 ∨ /ニニニニー-_、
                 |ニiニニニ〈  l〈∧〉 ′/ニニニニニ /ニヽ
                 |ニlニ/ニニ∧ |⌒ン /ニニニニニ /ニニ}
                 lニ∨ ─-/`{ / く ---───-レ仁ニ/
                      !/     \ レ /          ハニニi
                     {         く           } |ニニ!
                 ‘,          \          / lニニl
                    Y             _ ノ/ ヽニニ」
                       |    O  O  〉     ′ /   l
                       |            /      , /   l
                       |        /      {       j
                      /     O  O/         Y
                  /         /        ∨  /
                      ′         /    ┌─‐┐}  /  ・終われ
                 :        /         ̄ ̄  ∨
                      l       ′            }

9072 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:40:20 ID:ftIT99RE0
             ,ィ
            _ (.{ _, ---- 、   『スバル』
         /--  `' / \   \
         // `ー '    ヽ    ',  『心臓停止&どんどん冷たくなるヤルオを文字通り肌で感じた』
    .    / / / ./i  l    l i   ト、
        l /! l ノ l ', ル`ヽ l l i.i .lゝ.>  『退院後、隊の寮をヤルオと同室希望する』
        レ! lル ●  V ● '小 l リ//   ヤルオ  イナ
         Vl⊃ 、_,、_, ⊂⊃ハ レヽヽ    『人形が無いと寝れない子供状態になる』
        /⌒≧|_ト   ゝ._)   j /⌒i } }
      ヽ「゛:::ヽl__>,、 __, イァ/  / ム!
.        从 l||l  >ミΤ彡くl||人 ∧
        ( ⌒ ) /::::::|.:.|:::::::<( ⌒ )

9073 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:42:15 ID:8kanglo.0
なんだこの可愛い生き物

9074 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:42:31 ID:EpWcLXRc0
全世界線の中でも屈指のバカップルやないか!!
まぁ、確かに気持ちに気づいてなくても想い人が近くで徐々に死にかけてたらそうなりますわ

9075 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:42:46 ID:byZrgI3k0
何だこの可愛い生物物凄いヒロインしてるやないか…

それに比べて    nは…

9076 名前:寝王 ◆PmTy5B66Co[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:42:48 ID:ftIT99RE0
         _____     『ヤルオ』
   _  /      \
  |  |/  _ノ  ヽ、_  \   『性別で寮の同室になるのは無理だと知っており余裕の表情』
  |  |  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |  |    (__人__)    |  『なおスバル、ヤルオと自分名義でアパートを借りた模様』
  |_|     ` ⌒´     /
   §               『どうにかしてと電話したゲンヤさんからGoサインを貰う』
  ∂
 ∽                『レスキューぷりーず』

9078 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:43:51 ID:8kanglo.0
ゲンヤさんw

9080 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 01:44:16 ID:o.R2xZl60
GOサインwww


...

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : やる夫系 - ジャンル : その他

コメント

No title

やる将、肉食の猛獣に急所を抑えられた模様ww

No title


いやいや今までの猛獣どもに比べたら、こんなんは文字通り「可愛い」レベルでしょう
つまりスバルは可愛い(確信)
こーゆーのでいいんだよ、こーゆーので

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)